『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

埼玉・大宮で働くメリット・デメリットと転職を効果的に進めるポイント3点

[最終更新日]2022/11/11

埼玉県での転職 ●メリットとデメリット ● 失敗しない転職に向けてのポイント3つ

大宮周辺をはじめ埼玉県内への転職を検討している人にとって、仕事をどのように探したらいいのか迷ってしまうことが多いかもしれません。
とくに他の地域から埼玉へ転職しようとしている人にとって、土地勘のない中での転職活動は大変なことも多いはずです。

目次

1)埼玉で働く際のメリット・デメリットを把握しておこう

埼玉で働く場合、どのようなメリット・デメリットがあるのかを事前に把握しておくことは非常に重要です。

メリットを最大限に生かして転職活動を進めることができれば、内定を獲得するために有利になりやすい動き方ができます。
また、より良い条件で採用してもらうことができたりする可能性があるからです。
さらにデメリットの面も知っておくことで、転職後のミスマッチを防ぐ効果も期待できます。

埼玉で働く場合のメリット・デメリットには、どのようなものが考えられるのでしょうか。

埼玉で働く際のメリット

埼玉で転職するメリット。●首都圏の中では比較的求人が多い ●主要産業の製造業へ転職できるチャンス ●情報サービス業が堅調に伸びている ●都内に比べると通勤ラッシュが酷くない
  • 首都圏の中では比較的求人が多い
  • 主要産業の製造業へ転職できるチャンスがある
  • 情報サービス業が堅調に伸びている
  • 東京都内に比べると通勤ラッシュが酷くない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

首都圏の中では比較的求人が多い

埼玉は多くの転職サービスが求人を扱っている地域です。埼玉県内が就業先になるよう検索条件を指定して探せる場合も多いため、求人を効率よく探すことができるのです。

参考:首都圏の求人数
エリア 求人数
埼玉県 5,353件
千葉県 5,220件
茨城県 1,990件
群馬県 1,701件
栃木県 1,608件

リクルートエージェント2022年4月時点での公開求人数

埼玉の中でも大宮浦和といった人口が集中地域は特に求人が多く、首都圏の中でも仕事を比較的探しやすい傾向があります。
求人数だけでなく業種や職種も豊富であるため、多くの選択肢の中から通勤時間や交通の便といった事情も考慮に入れて転職先を検討することができます。

埼玉県内に本社機能がある会社など、埼玉を拠点としている企業へ転職を検討することができるのもメリットの1つと言えるでしょう。

主要産業の製造業へ転職できるチャンスがある

モノづくりに興味がある人やメーカーへの転職を検討している人は、主要産業が製造業である埼玉はチャンスの多い地域と言えます。

自動車部品メーカーのマレリ(カルソニックカンセイ)や、シートなどの内装品メーカーのテイ・エステックなど、自動車関連産業で知られる企業が埼玉にはありますので、堅調な事業内容の会社で安定して働きたいと考えている人にも選択肢がたくさん用意されています。

地理的な優位性を生かして工場を埼玉に置いている企業も多く見られますので、工場ワークに興味がある人にとっても、埼玉は仕事を探しやすい環境にあると言えます。

情報サービス業が堅調に伸びている

埼玉では主要産業の製造業以外にも、情報サービス業が堅調に伸びています。

行政としてもサービス業の振興と経営革新に注力しており、特に中小企業の支援に熱心に取り組んでいます。
情報サービス業への転職を希望している人にとって、仕事を選びやすい状況にあると言えるでしょう。

また、埼玉県外でこれまで働いてきた人にとって、情報サービス業に関わりのある仕事の経験があれば、地域が変わっても転職しやすいというメリットがあります。もしかしたら、あなたのこれまでの職務経歴や経験を求めている企業が埼玉にあるかもしれません。

東京都内に比べると通勤ラッシュが酷くない

埼玉県内全体では、車通勤の割合も高いのですが、人口が多い地域になると交通網が発達しており、電車やバスによる通勤が可能なケースもあります。都市部での電車通勤で気になるのが通勤ラッシュでしょう。

JR埼京線などは通勤ラッシュのイメージが定着している路線ですが、東京都内の通勤ラッシュに比べれば駅構内やホームの混み具合は軽い程度で済んでいると見ることもできます。

埼玉はベッドタウンとして知られていますが、埼玉県内から東京都内へ通勤することを考えれば、県内の移動は通勤時間が短くて済むというメリットもあります。職住近接によってプライベートの時間を増やすことも可能でしょう。

埼玉で働く際のデメリット

埼玉で転職するデメリット ●東京都心に比べると求人が少なく、選べる業種も限られる ●主要産業の製造業が近年伸び悩んでいる ●情報サービス業の第一線で活躍する企業は都内にあることが多い ●日常の移動手段は車に頼らざるを得ない地域が多い
  • 東京都心に比べると求人が少なく、選べる業種も限られる
  • 主要産業の製造業が近年伸び悩んでいる
  • 情報サービス業の第一線で活躍する企業は都内にあることが多い
  • 日常の移動手段は車に頼らざるを得ない

東京都心に比べると求人が少なく、選べる業種も限られる

埼玉は他県に比べると求人数が多く、選べる業種の幅も広いと言えますが、東京都心と比較してしまうと大きな差があると言わざるを得ません。
大企業の本社所在地としては圧倒的に都内が優勢であり、埼玉を拠点とする企業はあえて探して見つける必要がある、というイメージでしょう。

選べる業種に関しても、東京都内であればほぼあらゆる業種の仕事を見つけることができます。一方、たとえば学術研究や専門・技術サービス業といった一部の業種については東京都内のようにはいきません。
埼玉県内で仕事を見つけるのが難しいか、または限られた選択肢の中から選ばなくてはならないケースもあることを覚悟しておく必要があります。

主要産業の製造業が近年伸び悩んでいる

埼玉の主要産業は製造業ですが、近年は伸び悩んでいる面があり、決して好調とは言えない状況にあります
自動車関連産業はそもそもの市場規模が大きいために安定感があるように思えますが、成長性という点で見た場合、成長が鈍化しているのは否めません。

製造拠点が海外へとシフトしていく中、これまでと変わらず埼玉を拠点として経営を続けていくことができる企業は、今後さらに限られてしまう可能性もあるのです。

製造業=安定している、と安易に考えてしまわないことが大切です。近年は、情報サービス業の好調ぶりとは対照的に製造業の落ち込みが目立っている状況です。

情報サービス業の第一線で活躍する企業は都内にあることが多い

ベッドタウンという言い方があるように、埼玉在住で東京都内へ通勤している人はたくさんいます。
裏を返せば、それだけ通勤時間をかけてでも都内の企業へ勤めたほうが選べる仕事が幅広く、条件も良い場合が多いということになります。

実際、埼玉で伸びている情報サービス業についても、業界の第一線で活躍している企業はほとんどが東京都心に本社機能を持ち、都内を拠点としています。
業界のトレンドを先導しているのも都内の企業である場合がどうしても多くなるため、第一線で活躍したい人にとって、物足りなさを感じる面があるかもしれません。

日常の移動手段は車に頼らざるを得ない地域が多い

埼玉県は埼京線や東武東上線などのJR線、そのほか東武鉄道や西武鉄談の路線もあり、移動手段として電車の利用が便利な地域もあります。

一方で、路線から離れた地域も多く、その場合は日常生活の移動手段で車が欠かせません。
必然的に燃費や車検、損害保険、駐車場代といった維持費が発生することになり、コストがかさむことは覚悟しておかなくてはならないでしょう。

東京23区よりも家賃が安いとはいえ、地域によっては埼玉県内でもそれなりの家賃相場となる場合があります。さらに車の維持費がかかるため、出費と収入のバランスを考えた上で転職先を検討する必要があるでしょう。

2)埼玉で転職する際に、押さえておきたいポイント3点

埼玉で働きたいと考えている人が求人を探すときに利用するものの1つが転職サイト・エージェントでしょう。

たしかに転職サイトで勤務地を選べば、埼玉県内に事業所がある会社を絞り込むことは可能です。しかし、そのような探し方をしただけでは、埼玉で転職する上で重要なポイント見落としてしまう恐れがあります。

埼玉で転職する場合、どのようなポイントを押さえておけばいいのでしょうか。とくに重要度の高い3つのポイントについてご紹介します。

埼玉で好調な産業は何かを把握しておく

埼玉県での転職 ポイント#1 埼玉県の好調な産業を把握しておく ●埼玉県の業種構成で多いもの:製造・不動産・卸売・小売

ある地域で働きたいと考えたとき、まず確認しておくべきことはその土地の主要産業です。特定の産業によって支えられている地域であれば、主要産業に関わる仕事を優先的に探したほうが求人も多く、報酬の水準が高めであることが考えられるからです。

埼玉県の主要産業は製造業です。埼玉県の総生産の約23%は製造業が占めており※、製造業に関わる職種の募集が多いことが推察されます。

自動車メーカーの関連企業が埼玉県内に工場を置いているケースが見られ、地理的な優位性が埼玉を製造業の県にしてきた軌跡が伺えます。

※ 「埼玉県の産業と雇用のすがた(令和3年度版)」より

また、総生産額としては住宅賃貸業が最も高く、不動産関係の仕事も有望であることが分かります。下表の通り、地域によっては人口が増加しているところもあります。

とくにさいたま市は人口130万人を擁する政令指定都市ですので、不動産関係の仕事はニーズが高いと考えてよいでしょう。(参考:「令和2年国勢調査速報結果」)。

こうした埼玉県の産業状況については、埼玉県HPから確認することができます。
傾向を把握することによって、求人を探すときの優先順位も付けやすくなるでしょう。いちどじっくり見ておくことをおすすめします。

参考:埼玉県HP「埼玉県の産業と雇用のすがた(令和3年度版)」

埼玉県HP「埼玉県の産業と雇用のすがた(令和3年度版)」表紙イメージ
埼玉県の産業と雇用のすがた(資料ダウンロードリンク)

埼玉で働きたい理由を明確にしておく

その企業の仕事内容や企業文化に魅力を感じて入社したいと感じた、というのは志望動機の王道ですが、転職理由や企業への志望動機は1つだけである必要はありません。
より手近なところで「埼玉で仕事を探す必要性に迫られている」といった事情があるようなら、それも立派な転職理由になります。

たとえば、「配偶者の転勤に伴って転職することになった」「家族の事情で地元に戻って働きたい」といった事情について、支障のない範囲で応募先企業に伝えるとよいでしょう。
この人は埼玉で仕事を探すという条件で転職活動を進めているのだな」ということが明確になるからです。

埼玉に本社や営業拠点がある企業も多い一方で、同業他社は本社機能や主要拠点を東京や大阪に置いていることも少なくありません。
あえて埼玉の会社に絞って探していることを率直に伝えることで、転職にまつわる事情が採用担当者に伝わりやすくなることでしょう。

埼玉に移住後の収支イメージを持つ

移住後の収支イメージを持つ ●毎月の収入と支出がどれくらいになるか、事前にシミュレーションを。

転職を伴う移住の際は、事前に新天地における家計の収支イメージを持っておくことが大切です。

とくに地方から埼玉への移住を検討している人は、家賃をはじめとする住宅関連費や食費・日用雑貨が現在よりも多くかかる可能性があります。
東京都23区などの都市部からの移住になる人は、新たに車の購入とその維持費にかかる費用を見積もっておく必要があるでしょう。

とくに意識して見るべき点は、以下の5点です。

  • 転職後の収入はどのくらいを見込んでいるか(毎月の手取り金額を計上)
  • 住宅関連費は、毎月および年間でどのくらいになりそうか
  • 食費・日用雑貨の費用は移転前と比べてどの程度増えそうか
  • 車の維持にかかる費用はどの程度か
  • (子どもがいる場合)移転後の教育費はどの程度か

移住後の収支イメージは、いちど収支表を作成して数値を出すと整理しやすいです。
最近ではスマホから簡単に入力できる収支アプリも多く出ていますが、「まずはざっと確認したい」という人はご自身でいちど収支表を作っておくことをおすすめします。

以下にExcelの収支表テンプレートを用意していますので、宜しければご利用ください。

家庭収支表_簡易版
収支表のダウンロード

活動全体のスケジュールを立てておく

埼玉県での転職 ポイント#3 移住に向けてのスケジュールを立てる  U・Iターン転職の場合、転職─移住までの期間目途は6ヶ月前後。

遠方から埼玉県への転職・移住を検討している人は、事前のスケジューリングがとても大切です。

通常、U・Iターン転職には、おおよそ6ヶ月前後の期間がかかるといいます。

どのようなプロセスがあるかについて、詳しく見てみましょう。

  • ①情報収集(数日~数週間)
  • ②スケジューリング(数日~数週間)
  • ③求人の応募と面接(2~3ヶ月)
  • ④移転先の住居探し(2~3ヶ月 ※賃貸物件の場合)
  • ⑤現職での退職届、業務引き継ぎ(1~2ヶ月)
  • ⑥引っ越し

※カッコ内の期間は、各プロセスにかかる期間目安です。状況によって変動しますのでご注意ください。また、①~③および④と⑤は並行して進めることが多いです。

流れ 説明
①情報収集 以下について情報収集を行います。

  • 移住先で自分が求める仕事があるかどうかの確認
  • 移住先の地域情報(交通手段、家賃相場、周辺環境等)
  • 利用する転職サービス(転職エージェント)の検討
②スケジューリング 以下について大よそのスケジュールを立てておきます。

  • 事前準備(情報収集、自己分析、キャリアの棚卸し、職歴書作成等)
  • 求人の応募と面接
  • 内定承諾後の、移転先の住居探し
  • 現職での退職届、業務引き継ぎ
  • 引っ越し

「移転先の住居探し」と「業務引き継ぎ」は並行して行われることが多いです。
③求人の応募と面接 転職活動を本格的に開始します。
通常の転職活動同様に、以下の流れに沿って進めます。

  • 求人の応募(履歴書・職務経歴書の作成と提出)
  • 面接(企業によって回数は異なります)
  • 最終面接
  • 内定の承諾
転職活動~入社までの期間目安

最近ではUターン転職・Iターン転職向けにオンライン面接を実施している企業が多くなりましたが、現地での対面面接を求める企業も少なくありません(特に最終面接では現地対面とする企業は多いです)。

現地への往復が多くなると負担も増えますので、応募企業に対してオンライン面接が可能かの確認をする、現地面接の日は複数の面接ができるように調整するなどの対処を意識すると良いでしょう。
④移転先の住居探し 移転先の住居探しを行います。 賃貸の場合は大よそ2~3ヶ月ほどの期間となることが多いですが、新居購入や買い替えの場合は更に期間がかかります。

また、この間も内覧等で現地への往復が数回発生することが見込まれます。
⑤現職での退職届、業務引き継ぎ 上司への退職の申し出、退職願・退職届の提出、業務引き継ぎ、そのほか有給消化の期間を持ちます。※多くの場合、④移転先の住居探しと並行して行います。
おおよそ1~2ヶ月の期間となることが多いです。

退職願・退職届の、おおよそのスケジュールイメージ 2ヶ月前 ●上司への退職の申し出(退職交渉) ●引 継 ぎ の 実 施 →1ヶ月前 ●退職願・退職届を提出 ●有給の消化 →退職日 「退職の1.5~2ヶ月前を目途に、直属の上司に退職の意思を伝えられると良いでしょう」
⑥引っ越し 埼玉への移転をします。

また、埼玉県でどんな生活を送りたいのか、仕事はどんな職種を希望するのか、希望の年収などと、自分の今までの経歴やスキルなどを照らし合わせてこれからのキャリアプランを検討する時間も必要でしょう。

参考:キャリアプランとは

キャリアプランとは、あなたが将来に望む仕事や働き方を実現するためのプランニング(行動計画)のことをいいます。

具体的には、以下のようにプランを建てていきます。

キャリアプランの建て方 Step1 キャリアの棚卸しを行う これまで経験した業務を洗い出します。そして更に「得意なもの」「これからも続けていきたいこと」についても考えていきます。 STEP2 新たにチャレンジしたいことを考える STEP1で出したリストを見ながら、「新たにチャレンジしたいこと・実現したいこと」を考えてリストに追加します。 STEP3 実現するために、必要な知識・スキルを考える STEP2の「実現したいこと」を叶えるために、どんな知識・スキルが必要になるか、またそのために求められるアクションを考えます。 STEP4 キャリアプランのスケジュールを建てる STEP2と3で導き出した「実現したいこと」と「必要なアクション」を時系列で整理します。 ※ まず1年~3年のスパンで考えると、整理しやすいです □キャリアプランの例 1年後 実現したいこと ・リーダー職 ・ディレクターとして充分な業務遂行スキルを持つ そのためにやること ・ディレクションスキルを高める ・業界知識を深める 3年後 実現したいこと ・マネージャー職 ・プロジェクトの責任者として活躍 そのためにやること ・マネジメントスキルを高める ・育成スキルを高める 5年後 実現したいこと ・自身のサービスを手掛ける、または独立起業 そのためにやること ・事業運営の上流から下流までの経験 ・経営の知識を深める

キャリアプランは、上記の「キャリアプランの例」にあるように時期ごとに「実現したいこと」と「そのためにやること」を表形式に落とし込むと、そのイメージを整理しやすくなります

ポイントは、半年や1年ではなく、3年・5年といった中長期的な期間を見据えることです。
今のうちにマスターしておくべき知識・スキルや取得しておくべき資格が出てくるかもしれません。

数か月に1度のペースでキャリアプランを考えておくと、普段においてもキャリアの軸を持てるようになり、迷いのない判断をしやすくなります。

キャリアプランの立て方を詳しく見る

これまでのキャリアを振り返り、そして埼玉の地で実現したいキャリアプランを立てることで企業へのアピールポイントがはっきりし、面接でしっかり自己アピールをすることもできるようになります。

地方移住という大きなできごとの前に一度、職歴や自分のスキルを振り返ってみましょう。

3)埼玉で転職する際のおすすめの転職サイト・エージェント

埼玉で転職したい、といったように地域を限定して転職先を探す場合には、該当する地域に対応可能な転職サービスを活用することが重要です。

埼玉に拠点を持つ優良企業に多くのパイプを持つ転職サイト・エージェントを利用すれば、転職を効率よく進める上で非常に役に立つでしょう。

ここでは、埼玉県内で求人の多い転職サイト・エージェント6サービスを紹介します。
各サービスが独自に持つ求人もありますので、2~3サービスを並行して登録するのがおすすめです。

利用後は紹介される求人の品質、およびサービスの使い勝手や担当との相性を確認し、「ここが自分に合いそう」と感じたサービスに徐々に活用を絞っていくとよいでしょう。

 
サービス名 doda
doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
ジャーナルコネクト
キャリアクリエイト
ワークポート
ワークポート
マイナビエージェント
マイナビエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
メリット
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 地域に密着した転職支援35年
  • 応募書類作成支援に強み
  • IT/Web/ゲーム業界に強い
  • 未経験の転職サポートに定評
  • 20代・30代の転職支援に強い
  • 書類添削・面接対策が手厚い
  • サポート満足度が高い
  • 埼玉県内に4つの拠点。対面サポートに◎
デメリット
  • 提案の電話・メールが多い
  • 活動ペースを急かすことも
  • 全体の求人数は少なめ
  • 提案の電話・メールが多い
  • 転職確度高の人を優先する傾向
  • 職種によっては求人が少ない
埼玉県求人数 7,900 8,300 非公開 1,300 1,300 710
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
おすすめの人
  • 積極的に提案を受けたい人
  • 転職を早く決めたい人
  • 埼玉地元優良企業を探している人
  • IT/Web業界を目指している人
  • 求人の質より量を重視する人
  • キャリアアップを目指す人
公式サイト

表内の求人数は2022年9月時点のものです。

まとめ)埼玉県で転職するメリットを最大限に生かそう

埼玉県大宮市

東京都心など都市部は人口が多いぶん求人も多く、転職市場では注目が集まりやすくなります。しかし、埼玉のように東京以外の近隣地域で転職することにもメリットはたくさんあります。
埼玉県の産業動向や転職事情についての情報を集めることで、埼玉で転職するメリットを最大限に生かすことが大切です。

ただし、個人で情報を集めることには限界もあります。とくに県外から埼玉へ転職したいと考えている人は、転職エージェントのサポートを受けるなどして効率よく転職活動を進めていきましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]