『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

神奈川・横浜で転職する際のポイントと、お薦めの転職サービスランキングTOP3

[最終更新日]2018/11/22

あなたがもし、これから神奈川で仕事を見つけたいと考えているところで、さっそく求人を探してみようと思い始めているところだとしたら、求人を探すのはもう少し待ってください。仕事を見つけるためには求人を探すことも大切ですが、その前段階の情報収集が非常に重要です。見つかった求人は果たして条件が良いのかどうか、情報が不足していると判断できない可能性があるからです。

目次

1)神奈川で転職する際に、押さえておきたいポイント3点

転職活動は準備が重要です。しっかりとした準備を整えておけば、いざ転職活動が始まってからスムーズに事が運ぶだけでなく、不測の事態にも対応しやすくなります

まずは、神奈川で転職する上で把握しておきたい情報について見ていきましょう。次に、神奈川で働きたい理由は何なのか、自分の側の動機について客観的に伝えるための準備を進めていきます。そして最後に、転職サービスを効果的に活用することが大切です。これらの3つのポイントを押さえていきましょう。

ポイント1:神奈川で好調な産業は何かを把握しておく

地域を限定して転職活動をする場合、その地域で活況な産業を知ることがとても大切です。好調な産業は求人が多いため、必然的に選択肢が増えます。また、そういった好調な産業に携わる仕事に就きたい人も多いため企業は人材確保に注力し、良い条件で人材を募集しているケースが多いのです。

まず押さえておきたいこととして、神奈川には横浜や川崎といった京浜工業地帯があるという点です。京浜工業地帯は製造業が盛んであるため、技術職や整備士といった仕事が豊富にあります。もしこうした仕事の経験者であれば、転職活動を有利に進めることができる可能性があるのです。

また、横浜みなとみらい21や箱根といった観光客にも人気のスポットがありますので、宿泊業・観光業・接客業などの仕事がたくさんあります。中には人手不足の傾向がある業種もありますので、実務経験が浅い人もアプローチの仕方によっては採用される可能性がないわけではないと言えるでしょう。



ポイント2:神奈川で働きたい理由を明確にしておく

神奈川で働くということが仕事探しの条件になっている人もいることでしょう。もちろん、何らかの事情により神奈川限定で仕事を探したいというのは、面接などでストレートに伝えても問題ありません。

ただし、神奈川で働きたいという条件1つで転職活動を乗り切るのは、さすがに無理があります。企業としては、神奈川というだけの理由で応募してきた人よりも、その会社で働きたいという熱意をもって応募してきた人を採用したいと考えることでしょう。

仮に神奈川が就業場所ということが第一条件だったとしても、できることなら「この会社で働きたい」「この業種に興味がある」といった志望理由があると、より明確に働きたい理由を伝えることができます。

少々後付けでもいいので、神奈川という地理的な事情だけで決めたわけではなく、他にも神奈川で働きたい理由はないかを考えておくと、のちのち志望動機を書いたり、面接で聞かれたりしたとき、スムーズに伝えることができるはずです。



ポイント3:転職サービスは「複数のサービス」で活用する方が断然良い!

地域限定で転職活動を進めるのであれば、利用する転職サービスは2社以上にしておくことを強くお薦めします。転職サービスは各社に強みや長所があり、組み合わせて利用することでそれぞれの転職サービスの良いところを生かせる可能性が高くなるからです。

転職エージェントの場合、非公開求人を紹介してもらえることが大きなアドバンテージとなるわけですが、非公開ですので神奈川の求人をどのぐらい紹介してもらえるかは利用してみるまで分からないことがほとんどです。登録してみたら東京の求人ばかりだった、といったことがないよう、複数のサービスを利用することで保険をかけておくといった意味合いもあります。

また、転職エージェントのキャリアアドバイザーに「他社も利用中」であることを伝えることで、他社よりも早く求人を紹介して内定を獲得したいという競争心が働き、積極的に求人を紹介してもらえる確率を高める効果も期待できます。このように、転職サービスは複数利用することを基本としたほうがメリットが多いのです。


2)神奈川で転職する際のメリット・デメリットを把握しておこう

神奈川で転職するにあたって、そのメリットとデメリットについて知っておくことは非常に重要です。メリットを生かして転職活動を進められれば、より早期に内定を獲得するための動きを取りやすくなったり、より良い条件で採用してもらえたりする可能性があるからです。また、デメリットの面も知っておくことで、転職後のミスマッチを防ぐ効果も期待できます。

神奈川で転職する場合のメリット・デメリットには、どのようなものが考えられるのでしょうか。



神奈川で転職する際のメリット

  • 企業がたくさんあり、上場企業は東京、大阪、愛知に次いで多い
  • 観光産業が伸びており、転職のチャンスもある
  • 選べる業種・職種が都心並みに豊富
  • 東京都内に比べると通勤ラッシュが酷くない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



神奈川で転職する際のメリット#1 企業がたくさんあり、上場企業は東京、大阪、愛知に次いで多い

企業の多さという点では、東京や大阪といった大都市と比べても遜色ないほどの豊富な選択肢があります。上場企業数についても東京、大阪、愛知に次いで多い県ですので、人気企業や有名企業で働くチャンスもあります。

企業数が多いということは、常にたくさんの求人が出ていることを意味しています。業種や職種の選択肢も幅広く、神奈川で転職することを理由に選べない職種はほぼないと考えていいでしょう。選択肢が多いことは、転職活動を進めていく上で大きなメリットですから、できるだけ幅広い業種・職種を見ておくことをお薦めします。



神奈川で転職する際のメリット#2 観光産業が伸びており、転職のチャンスもある

神奈川はビジネス街の一面のほかに、観光地としての顔も持っています。よこはまみなとみらい21地区や中華街、箱根や小田原といった温泉地といったように、国内外を問わず多くの観光客が訪れる地がいくつもあります。

来日外国人のインバウンド需要が年々急激に伸びていると言われていますが、神奈川も例外ではなく、観光産業をはじめ飲食業、接客業といった関連産業も活況ぶりを見せています。他の地域と同じように人手不足が言われ始めている業界も少なくないことから、転職希望者にとっては転職できるチャンスがまだまだ残されている地域と言えるでしょう。



神奈川で転職する際のメリット#3 選べる業種・職種が都心並みに豊富

神奈川は選べる業種・職種が豊富な地域です。みなとみらい21にはホテルや結婚式場が数多くあり、結婚式場としても人気のあるスポットです。そのため、ブライダル関係の仕事が都心並みに豊富にあるほか、関連する接客業についても多くの選択肢があります

また、神奈川は工業地帯としても顔も持ち合わせています。いすゞ自動車や印刷大手の凸版印刷といった名立たる企業が工場を置いています。

人口が集中する横浜周辺では、人々の生活に密着した医療、外食、小売といったあらゆる業種がそろっています。神奈川に限って転職活動を進めたとしても、選べる業種・職種に関しては東京都心と比べて遜色ないレベルと言えるでしょう。



神奈川で転職する際のメリット#4 東京都内に比べると通勤ラッシュが酷くない

神奈川から東京へ通勤する人もたくさんいますが、通勤ラッシュは毎日のことですので、長い目で見ると大きなデメリットになりがちです。その点、神奈川県内での移動であれば通勤ラッシュは東京都内ほど酷くない上に、県内であれば職住近接を図ることもできる場合があるかもしれません

なお、横浜などの都市部を除いて、車通勤になる地域も多くあります。車を持っていない人は、神奈川で働く上で車が必要になることがありますので注意が必要です。このように、転職先を決める前に通勤経路や交通手段は確認しておくことが大切ですが、総じて東京都心に比べると快適度の高い通勤ができると考えていいでしょう。



神奈川で転職する際のデメリット

  • 人気企業や有名企業は東京都心に本社がある場合が多い
  • 有効求人倍率は全国平均よりも低めになる傾向がある
  • 住む地域によっては交通の便が良くないことがある
  • 横浜の中心地は東京都内並みの家賃になることもある

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



神奈川で転職する際のデメリット#1 人気企業や有名企業は東京都心に本社がある場合が多い

横浜など都市部に本社機能を置く企業ももちろんありますが、全体として見ると東京都心に本社を持つ企業が圧倒的に多いと言わざるを得ません。よって、少しでも条件の良いところで働きたいといった希望がある人にとっては、神奈川県内での転職という縛りがネックになる可能性があります。業界の最前線やトレンドをキャッチするには、やはり東京都心で働くアドバンテージは非常に大きいのです。

とはいえ、有名企業の支社や支店が神奈川県内にあるというケースは十分考えられますので、そういったチャンスが全くないというわけではありません。



神奈川で転職する際のデメリット#2 有効求人倍率は全国平均よりも低めになる傾向がある

これは数字上のことでもあるのですが、有効求人倍率は全国平均よりも低めになる傾向があることは知っておきましょう。平成28年3月における有効求人倍率は1.01倍で、同時期の全国平均の1.30倍と比べると一人あたりの求人数が全国よりも少ないことが分かります。

これは、神奈川県内在住で東京都内勤務の人が失業した際、在住地である神奈川県でハローワークを利用することが少なからず影響しています。つまり、実際の求人倍率はもっと高いと考えられるのです。

ただし、あながち数字上の話とも言えないところがあることは知っておきましょう。人気の業種や職種は求人が出ると応募が殺到しますので、アンテナを高くしておくことが大切です。



神奈川で転職する際のデメリット#3 住む地域によっては交通の便が良くないことがある

地理的に見ると、神奈川と東京は隣接していますので、距離的にもそれほど離れていないイメージを持つかもしれません。しかし、実は住む場所によっては都心へのアクセスが良くなかったり、日常生活で交通の便が良いとは言えなかったりする地域もあることは知っておく必要があります。引っ越してみたら「意外と不便で驚いた」といったことにならないようにしましょう。

交通の利便性を考えると、圧倒的に便利なのはやはり横浜です。横浜近隣の地域であれば、列車や地下鉄が通っていることが多いため、それほど不便は感じないでしょう。車が主な移動手段の地域の場合、通勤経路や交通手段をよく調べておく必要があります。



神奈川で転職する際のデメリット#4 横浜の中心地は東京都内並みの家賃になることもある

横浜は地価が高く、家賃や住宅購入費用も高めになりがちです。東京都内に比べたら、まだ安い家賃で住めるのでは……と思っていると、地域によっては東京都内並みの家賃相場のこともありますので注意が必要です。

一方で、職場の給与体系が地域別になっているかどうか、よく確認しておくことが大切です。職場によっては東京都内とその他の地域で手当に差をつけている場合があります。都内と同じ家賃を支払っているにも関わらず、手当は東京在住の社員よりも安いようでは、実質的に給与が目減りしていることになってしまいます。こうしたことも考慮して、住む場所や転職先を考えておくことも必要かもしれません。



3)神奈川で転職する際のお薦めの転職サービス

順位 サービス名 評価 対応エリア 拠点
1位 パソナキャリア コンサル 〇
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 全都道府県
2位 doda コンサル 〇
サポート 〇
求人の質・量 ◎
全国 北海道・宮城・東京・横浜・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
3位 マイナビエージェント コンサル 〇
サポート 〇
求人の質・量 〇
全国 東京(2箇所)・横浜・札幌・名古屋・大阪・福岡

神奈川で転職したい、といったように地域を限定して転職活動を進める場合には、キャリアアドバイザーから求人の紹介をしてもらえる転職エージェントの活用をお薦めします。

求人の紹介だけでなく、転職に向けた情報収集やキャリアプランについての相談に乗ってもらうこともでき、一人で転職活動をするよりもより効率的に進めやすいからです。ここでは、神奈川で転職する際にお薦めの3社をご紹介します。



1位 パソナキャリア  ──今回が初めての転職という方にお薦め

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
  • ◎サービス品質への利用者の評価が高い
  • ◎幅広い職種の求人がある
  • ◎神奈川に拠点があり利用しやすい

パソナキャリアは転職希望者へのサポート体制が手厚いことで知られる転職エージェントです。登録後に行われる担当キャリアアドバイザーとの面談は、他社と比べて長い時間をかけて行われるだけでなく、応募書類の添削や面接指導、キャリアプランについての相談といったサポートを受けることができます。

営業拠点が全国対応可であることも大きな特徴の1つです。神奈川での転職にももちろん対応していますので、神奈川を拠点としている企業はもちろんのこと、支社や支店が神奈川にある企業の求人を紹介してもらうことも可能です。県外からの転職を検討している人にとっても、在住している地域でパソナキャリアのサービスを受けることができるのは大きなメリットの1つでしょう。

ていねいな対応で評判のパソナキャリアは、とくに今回が初めての転職という人にお薦めの転職エージェントです。転職活動を具体的に何から始めたらいいのか分からないという人や、応募書類の書き方・面接対策で力を貸してもらいたいと考えている人にとって、パソナキャリアは心強い味方になってくれるはずです。

2位 doda ──多くの求人を比較検討して決めたい方にお薦め

転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
  • ◎求人数の多さ
  • ◎組織力が高いため、サービス品質が高い
  • ◎横浜に拠点があり、神奈川在住でも利用しやすい

dodaは国内最大級の求人数を誇る転職サービスです。転職サイトと転職エージェントが一体型になっており、転職サイトに登録後、転職エージェントにも追加で申し込めるようになっています。

dodaの営業拠点は東京のほか、全国主要都市にあるため、県外から神奈川へ転職したいと考えている人も最寄りの営業拠点で転職相談に乗ってもらうことができます。また、横浜にも営業拠点があるため、神奈川の転職事情に詳しいキャリアアドバイザーに担当してもらえる確率が高いと言えるでしょう。

地域を限定した転職活動では、どうしても「見つかった中から選ぶ」という考え方になりがちですが、多くの求人を紹介してもらい、その中から比較検討して決めることができれば選択肢も広がるはずです。dodaは公開している求人以外にも非公開求人を多数保有していますので、神奈川で働ける求人を自分で探すよりも多くの選択肢を提示してもらえる可能性が高いのです。

できるだけ多くの求人を紹介してもらい、その中から比較検討して決めたい人は、dodaに登録しておくといいでしょう。

3位 マイナビエージェント ──若手ビジネスパーソンの転職にお薦め

  • ◎利用者の評価が高く、サポート品質に定評
  • ◎横浜に拠点があり、神奈川在住でも利用しやすい
  • △20代~30代前半の若手向けの傾向がある

マイナビエージェントは登録後の転職サポートの手厚さや、他エージェントにはない独自求人の紹介で、多くの転職経験者から高く評価されている転職エージェントです。長年就活生向けのサービスで築き上げてきた企業からの信頼は厚く、大企業だけでなく知る人ぞ知る優良な中小企業との独自のパイプも持っているのが大きな特徴です。

神奈川の企業についても、他社エージェントにはない独自の求人ネットワークを持っている可能性がありますので、登録しておいて損はない転職エージェントと言えるでしょう。東京、横浜のほか、札幌、名古屋、大阪、福岡に営業拠点がありますので、最寄りの営業拠点で転職相談に乗ってもらうことができます。

マイナビエージェントは転職サポート全般の評判が高いのですが、特に20代の若手ビジネスパーソンからの評判が良く、若手の転職サポートに強い傾向があることがうかがえます。若手の方で神奈川への転職を検討している人は、ぜひ登録して活用することをお薦めします。

まとめ 神奈川の「地の利」を活かす転職を意識しよう

地方での転職活動は各地の事情や特有の産業構造に注意を払う必要があることが多いものですが、神奈川については選べる仕事の幅が広く、転職希望者にとってメリットが多い地域と言えます。こうした神奈川の「地の利」を前もって知っておくことで、メリットを活かした転職活動が可能になるのです。

ただし、自力で転職先を探すことには限界もあります。地域を限定した転職活動では、できるだけ複数の転職エージェントを活用することを強くお薦めします。

この記事を書いた人

アーティエンス株式会社 メディア事業部

アーティエンス株式会社(メディア事業・研修事業を営む会社)所属。
メディア事業部では、「サービスに携わる人たちの、”心揺さぶる瞬間”を創出していくこと」をモットーに、企画・運用活動を行っています。

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
<スポンサーリンク>