『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

北海道・札幌で働くメリットとデメリットは?U・Iターン転職成功のポイント

[最終更新日]2022/11/13

北海道の転職 ●メリットとデメリット ●失敗しない転職に向けてのポイント3つ

北海道にUターンやIターン、またはパートナー・家族の転勤など、何らかの事情で転職することになった人は、どのように仕事を探したらいいのか困っているかもしれません。

目次

1)北海道・札幌で働くメリット

北海道で働くメリット ●北海道ならではの仕事を経験できる ●生活コストを抑えられる ●通勤ラッシュのない暮らしが手に入る

はじめに、北海道で働くことのメリットについて見ていきましょう。

北海道・札幌で働くメリット

メリット1 北海道ならではの仕事を経験できる場合がある

北海道には、家具のニトリ(札幌市北区)やドラッグストアのツルハ(札幌市東区)、雪印メグミルク(札幌市東区)をはじめ、有名企業の本社や支社が複数あります。

また、カニやウニをはじめとする海産物が北海道から全国へ向けて出荷されていることからも分かる通り、漁業や水産加工に関わる産業がさかんです。

こういった、本州では経験する機会がめったにない北海道ならではの産業に携わることができるのは、北海道で働く上での大きなメリットの1つと言えるでしょう。
もちろん、札幌のような都市部であれば幅広い業種・職種から自分に合った仕事を選ぶことも可能です。

メリット2 生活コストを抑えられる

札幌市内などの都市部と郊外との違いはありますが、東京や大阪などの都市と比べて生活コストが低く抑えられる傾向があります。

とくに家賃の相場は安く、駐車場費用も抑えられるため、本州の都市部でワンルームマンションを借りるのと同じ家賃で、3LDK+駐車場を借りることができる場合もあるのです。

食材も新鮮でおいしいものが安く手に入りやすいため、本州の感覚では高級食材の部類に入るようなものでも手頃な価格で食べることができます。

そのほか、生活雑貨なども本州に比べて安く手に入ることが多いため、生活コストを抑えることができるでしょう。

メリット3 通勤ラッシュのない暮らしが手に入る

北海道は車社会です。札幌中心部などでは電車通勤が可能なケースもありますが、郊外では高い確率で車通勤となります。

ひどい渋滞に巻き込まれることもほとんどないため、これまで日々の通勤ラッシュや交通渋滞にストレスを感じていた人は、低ストレスの快適な生活を手に入れることができるでしょう。

通勤は毎日のことなので、ストレスから解放されるのは大きなメリットです。

冬季の運転には慣れが必要な部分もありますが、混雑という面で見ればストレスの少ない暮らし方がしやすいと言えます。大都市から転居する人はとくに恩恵を感じやすい部分でしょう。

2)北海道・札幌で働くデメリット

北海道で働くデメリット ●大都市に比べて求人の数・種類が少ない ●年収が下がる可能性がある ●冬の降雪に慣れるまではストレスになりやすい

転職先・移住先として魅力的な北海道・札幌ですが、デメリットとなりかねない面もあります。
次に挙げる3点は、北海道・札幌で転職する際に注意しておく必要があるでしょう。

北海道・札幌で働くデメリット

デメリット1 大都市に比べて求人の数・種類が少ない

札幌や函館、旭川など、求人数や選べる職種が比較的豊富な地域もありますが、郊外になると転職先の業種・職種が限られていたり、地域によっては求人そのものの数が少なかったりする場合があります。

東京都心の企業数や求人数と比べてしまうと、どうしても数・種類ともに少ないと言わざるを得ません。

これまで大都市で就業していた人や、住まいが都市部だった人は注意が必要です。
今現在と同じ心づもりでいると、あてが外れてしまうかもしれません。事前に転職サービスで地域を絞って求人を検索し、おおよその動向をつかんでおくことをおすすめします。

デメリット2 年収が下がる可能性がある

道内は生活コストが安く抑えられるのは前述の通りですが、平均年収も本州と比べてやや低い傾向があります。

2021年の統計によれば北海道の平均賃金は27.5万円となっており、全国平均の30.7万円と比べてやや下回っています。
なお、同じ年度の東京の平均賃金は36.4万円です(総務省統計局「小売物価統計調査(構造編)2020年(令和2年)結果」より)。

とくに本州の大都市から北海道へ転職する場合は年収が下がる可能性があることを覚悟しておいてほうがいいでしょう。

ただし、見た目上は年収が下がってしまったとしても、生活コストが抑えられるため体感としてはさほど影響がないかもしれません。必ずしも年収が下がる=生活レベルが下がるとは限らないことを考慮しておきましょう。

デメリット3 冬の降雪に慣れるまではストレスになりやすい

冬季の雪は、北海道に住む以上は宿命のようなものと受け止めるしかありません。
降雪地帯に住んだ経験のない人は、初年度の冬は大変な思いをするかもしれません。

降雪量が多くなると雪かきをする必要があったり、車に乗るときに車体に積もった雪を下ろさなくてはならなかったりと、雪が降らない地域では必要なかったことを習慣化しなくてはならないからです。

雪かきは見た目以上に重労働ですし、雪の積もった道路での運転には慣れるまで時間がかかるかもしれません。
はじめは地元の人にアドバイスしてもらうなど、お世話になることも想定しておいたほうがいいでしょう。

道外から転居する場合の冬対策について

北海道 札幌すすきのの雪

雪国で暮らしたことがある人は慣れているかもしれませんが、降雪地域での生活を経験したことがない人にとっては、何がどのぐらい大変なのか想像がつかないかもしれません。

冬季に外出するときの服装(上着、長靴など)や、雪かきに必要な道具などは現地のホームセンターなどで手に入りますので、転居前からそろえておく必要はありません。

むしろ、本州で降雪の少ない地域ではめったに見かけることのない雪かき道具もたくさんありますので、転居先で冬を迎える前に確認しておけば十分でしょう。

なお服装については、道民は部屋の中では薄着で過ごしていることが多いです。
意外に思うかもしれませんが、二重サッシで機密性が高い部屋の中でストーブを焚くため、室内はとても暖かいことが多いからです。
外出先でも屋内に入ると暑いことがあるため、厚手の外灯の下は薄着で過ごしていることがよくあります。

冬対策と聞くと何か特別な準備が必要な感じがしてしまいますが、むしろ慌てて買いそろえようとせず、現地で売られているものを購入したほうが確実です。

3)北海道・札幌への転職を有利に進めるためのポイント3点

これまで本州で働いていて北海道で暮らした経験がない人はとくに、北海道での転職事情がイメージしづらいのではないでしょうか。

北海道で転職するにあたっては、道内の地域性による求人数の違いだけでなく、道内での暮らし方など生活についての事情も知っておく必要があります。

こうした事情を知った上で転職活動を進めるのと、事前の情報が何もない中で進めるのとでは、転職活動に対する不安感が全く違います。

これから北海道で転職するために活動をスタートする人が押さえておきたい3つのポイントをまとめました。

はじめに転職・移住のスケジュールを立てておこう

北海道での転職 ポイント#1 事前準備はしっかりと。 はじめに転職・移住のスケジュールを立てておこう。

遠方から北海道への転職・移住を検討している人は、事前のスケジューリングがとても大切です。

通常、U・Iターン転職には、おおよそ6ヶ月前後の期間がかかるといいます。

どのようなプロセスがあるかについて、詳しく見てみましょう。

  • ①情報収集(数日~数週間)
  • ②スケジューリング(数日~数週間)
  • ③求人の応募と面接(2~3ヶ月)
  • ④移転先の住居探し(2~3ヶ月 ※賃貸物件の場合)
  • ⑤現職での退職届、業務引き継ぎ(1~2ヶ月)
  • ⑥引っ越し

※カッコ内の期間は、各プロセスにかかる期間目安です。状況によって変動しますのでご注意ください。また、①~③および④と⑤は並行して進めることが多いです。

流れ 説明
①情報収集 以下について情報収集を行います。

  • 移住先で自分が求める仕事があるかどうかの確認
  • 移住先の地域情報(交通手段、家賃相場、周辺環境等)
  • 利用する転職サービス(転職エージェント)の検討
②スケジューリング 以下について大よそのスケジュールを立てておきます。

  • 事前準備(情報収集、自己分析、キャリアの棚卸し、職歴書作成等)
  • 求人の応募と面接
  • 内定承諾後の、移転先の住居探し
  • 現職での退職届、業務引き継ぎ
  • 引っ越し

「移転先の住居探し」と「業務引き継ぎ」は並行して行われることが多いです。
③求人の応募と面接 転職活動を本格的に開始します。
通常の転職活動同様に、以下の流れに沿って進めます。

  • 求人の応募(履歴書・職務経歴書の作成と提出)
  • 面接(企業によって回数は異なります)
  • 最終面接
  • 内定の承諾
転職活動~入社までの期間目安

最近ではUターン転職・Iターン転職向けにオンライン面接を実施している企業が多くなりましたが、現地での対面面接を求める企業も少なくありません(特に最終面接では現地対面とする企業は多いです)。

現地への往復が多くなると負担も増えますので、応募企業に対してオンライン面接が可能かの確認をする、現地面接の日は複数の面接ができるように調整するなどの対処を意識すると良いでしょう。
④移転先の住居探し 移転先の住居探しを行います。 賃貸の場合は大よそ2~3ヶ月ほどの期間となることが多いですが、新居購入や買い替えの場合は更に期間がかかります。

また、この間も内覧等で現地への往復が数回発生することが見込まれます。
⑤現職での退職届、業務引き継ぎ 上司への退職の申し出、退職願・退職届の提出、業務引き継ぎ、そのほか有給消化の期間を持ちます。※多くの場合、④移転先の住居探しと並行して行います。
おおよそ1~2ヶ月の期間となることが多いです。

退職願・退職届の、おおよそのスケジュールイメージ 2ヶ月前 ●上司への退職の申し出(退職交渉) ●引 継 ぎ の 実 施 →1ヶ月前 ●退職願・退職届を提出 ●有給の消化 →退職日 「退職の1.5~2ヶ月前を目途に、直属の上司に退職の意思を伝えられると良いでしょう」
⑥引っ越し 北海道への移転をします。

また、北海道でどんな生活を送りたいのか、仕事はどんな職種を希望するのか、希望の年収などと、自分の今までの経歴やスキルなどを照らし合わせてこれからのキャリアプランを検討する時間も必要でしょう。

参考:キャリアプランとは

キャリアプランとは、あなたが将来に望む仕事や働き方を実現するためのプランニング(行動計画)のことをいいます。

具体的には、以下のようにプランを建てていきます。

キャリアプランの建て方 Step1 キャリアの棚卸しを行う これまで経験した業務を洗い出します。そして更に「得意なもの」「これからも続けていきたいこと」についても考えていきます。 STEP2 新たにチャレンジしたいことを考える STEP1で出したリストを見ながら、「新たにチャレンジしたいこと・実現したいこと」を考えてリストに追加します。 STEP3 実現するために、必要な知識・スキルを考える STEP2の「実現したいこと」を叶えるために、どんな知識・スキルが必要になるか、またそのために求められるアクションを考えます。 STEP4 キャリアプランのスケジュールを建てる STEP2と3で導き出した「実現したいこと」と「必要なアクション」を時系列で整理します。 ※ まず1年~3年のスパンで考えると、整理しやすいです □キャリアプランの例 1年後 実現したいこと ・リーダー職 ・ディレクターとして充分な業務遂行スキルを持つ そのためにやること ・ディレクションスキルを高める ・業界知識を深める 3年後 実現したいこと ・マネージャー職 ・プロジェクトの責任者として活躍 そのためにやること ・マネジメントスキルを高める ・育成スキルを高める 5年後 実現したいこと ・自身のサービスを手掛ける、または独立起業 そのためにやること ・事業運営の上流から下流までの経験 ・経営の知識を深める

キャリアプランは、上記の「キャリアプランの例」にあるように時期ごとに「実現したいこと」と「そのためにやること」を表形式に落とし込むと、そのイメージを整理しやすくなります

ポイントは、半年や1年ではなく、3年・5年といった中長期的な期間を見据えることです。
今のうちにマスターしておくべき知識・スキルや取得しておくべき資格が出てくるかもしれません。

数か月に1度のペースでキャリアプランを考えておくと、普段においてもキャリアの軸を持てるようになり、迷いのない判断をしやすくなります。

キャリアプランの立て方を詳しく見る

これまでのキャリアを振り返り、そして北海道の地で実現したいキャリアプランを立てることで企業へのアピールポイントがはっきりし、面接でしっかり自己アピールをすることもできるようになります。

北海道への移住という大きなできごとの前に一度、職歴や自分のスキルを振り返ってみましょう。

参考:道内では札幌市の求人が圧倒的に多い

北海道の面積は東京都の約38倍あります。札幌から道東の釧路までは約300㎞の距離があり、東京—名古屋間の距離に匹敵します。

このように面積が広大であるため、地域によって盛んな産業や人口密度が大きく異なり、転職事情にも影響を与えています。

道内で求人が多い地域としては、札幌や旭川、函館といったエリアになりますが、中でも札幌は別格で、圧倒的な数の求人が札幌に集中しています

札幌は全国5大都市の1つに数えられるほどの都会ですので、求人数が多いだけでなくさまざまな業種・職種の仕事を見つけるチャンスがあります。

反対に、人口が少ない地域になると選べる業種・職種が限られてくるほか、中には求人そのものが非常に少ない地域もありますので注意が必要です。

下表は2022年6月時点でリクルートエージェントに掲載されている求人数です。

市区郡 公開求人数 非公開求人数
札幌市 2,524件 1,540件
旭川市 185件 103件
函館市 109件 44件
帯広市 93件 32件
北見市 75件 34件
釧路市 66件 11件
網走市 10件 7件

(リクルートエージェントの求人数を元に作成)

こうした事情から、道内でも地方から札幌へと移り住んで働く人も少なくありません。まずは転居する予定の地域と、その地域での求人の状況について調べておくことが大切です。

東京から移住予定の人は、北海道の移住支援制度もチェックしておこう

北海道での転職 ポイント#2 U・Iターンの支援制度の活用を 東京圏からの移住の場合、最大100万円が支給 ※条件あり

2022年6月現在、北海道では東京圏から移住する方に「移住支援金」を支給する制度を設けています。

北海道の移住支援金制度

移住支援金は最大100万円
直近1年間または直近10年間のうち5年以上東京23区に在住または通勤した人を対象に、北海道が運営する就職マッチングサイト内の求人企業で働くことになった場合に支援金が支給されます。

【北海道公式】移住支援金対象求人/就業マッチングサイト

【北海道公式】移住支援金対象求人/就業マッチングサイト

URL:https://hokkaido.saiyo-job.jp/2jhy/recruit/

就職・転職先をマッチングサイト内の求人に限られる点にリスクを感じる人もいるかもしれませんが、「まずは道内の求人を幅広く確認したい」という人には活用メリットがあるでしょう。

気になる方は、以下に特設サイトに詳細の情報が載っていますのであわせてご確認ください。

転職サイトは北海道に拠点を持つサイトに、かつ「複数」登録しておく

北海道内に絞って転職活動を進めるのであれば、転職サイトは1つだけでなく複数を並行して活用することをおすすめします。

転職サイトには対応可能な営業拠点のほか、得意とする地域が存在します。
全国対応可、道内にも営業拠点あり、と謳っている転職サービスであっても、蓋を開けてみたら札幌など一部の地域にしか対応していなかった、といったことは十分考えられます。

また、実際に利用してみたら希望条件に近い求人がほとんど見つからないか、見つかったとしても少ないこともあり得ます。
転職サービスごとにカバーしている業種や職種が異なるほか、企業規模や各社とのパイプの強さに違いがあります。

そのため、ある転職サービスではそれほど強くない部分があったとしても、別の転職サービスも利用していればカバーできる可能性があるのです。

このように、地域を限定して転職活動を進める場合はとくに、転職サービスの強み・弱みが如実に表れやすい傾向があります。
そのため、転職サービスは1社に絞ってしまわず、できるだけ2社以上を並行して活用するようにしましょう。

4)北海道・札幌で転職する際のおすすめの転職サイト

 
サービス名 doda
doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
パソナキャリア
パソナキャリア
キャリアバンク転職
キャリアバンク転職
ワークポート
ワークポート
メリット
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • ヘッドハンターを指名できる
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 道内に拠点が4箇所
  • 地域密着サービスとして30年
  • 未経験職種のサポートに強い
  • エンジニア求人が豊富
デメリット
  • 提案の電話・メールが多い
  • 活動ペースを急かすことも
  • 急ぎの転職には不向き
  • 専門知識には強くない
  • エリアによって求人が少ない
  • 求人は「質より量」傾向
北海道求人数 4,000 3,500 2,100 960 1,100 1,000
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
おすすめの人
  • 積極的に提案を受けたい人
  • 転職を早く決めたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • 地元企業の情報を知りたい人
  • 未経験職種にジョブチェンジしたい人
公式サイト

表内の求人数は2022年4月時点のものです。

まとめ)北海道で働くメリット・デメリットと転職活動のポイントをしっかり押さえておこう

北海道 小樽運河の夜景

ここまでの内容をまとめておきましょう。

北海道・札幌で働くメリット

北海道・札幌で働くデメリット

北海道への転職を有利に進めるポイント3点

  • はじめに転職・移住のスケジュールを立てておこう
  • 東京から移住予定の人は、北海道の移住支援制度もチェックしておこう
  • 転職サイトは北海道に拠点を持つサイトに、かつ「複数」登録しておく

北海道の土地勘がない人は、本州での「当たり前」が通用しないことが出てくるなど、北海道での転職活動で戸惑うこともあるかもしれません。
できるだけ事前に道内の仕事事情について情報を得られるよう、リサーチしておくことが大切です。

ただし、個人で調べても分からないこと、見えてこないことは必ずあるはずです。

転職エージェントというプロの力を借りながら、自分に合った職場に出合えるようベストを尽くしていくことが大切です。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]