『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

静岡で転職する際のポイントと、お薦めの転職サービスランキングTOP3

[最終更新日]2018/12/05

何らかの事情で県外から静岡へ転職することになった人は、転職活動の進め方や静岡での仕事事情について、分からないことだらけで戸惑っているかもしれません。ネット上で調べても、静岡に特化した転職ノウハウはそう多くないため、情報不足で困っている人もいることでしょう。

目次

1)静岡で転職する際に、押さえておきたいポイント3点

静岡県の面積は約7,777㎢で、47都道府県中13番目に大きな県です。東西に横長の県のため、地域によって盛んな産業にそれぞれ特色があるのも静岡ならではの特徴と言えるでしょう。

地方都市の転職事情は、地元の人にとっては当たり前のことでも県外の人には未知のことが多かったり、知るための術が限られていたりします。まずは静岡の転職事情について実態を知り、転職活動を始めるにあたっての戦略を考えておくことが大切です。静岡に転職するとき押さえておきたい3つのポイントについて見ていきましょう。



ポイント1:同じ県内でも地域によって主要産業が異なる

静岡県は大きく西部・中部・東部の3つの地域に分けられます。

西部には浜松市や掛川市があり、オートバイや楽器の製造で有名なヤマハをはじめとする工業が盛んな地域です。第一次・第二次産業の就業者数が多く、政令指定都市の中ではトップとなっています。工場が多いことから、製造に携わるスタッフや製造業での事務スタッフの募集が多く見られます。

中部には静岡市や焼津市があります。旧清水市は静岡市が政令指定都市となったタイミングで清水区となっています。清水港は古くから漁港として栄え、国際貿易港としても知られています。そのため、清水区を中心として運輸業のドライバーなどの求人が多めの傾向があります。

東部には三島市、沼津市、熱海市などがあります。富士市は「紙のまち」と言われるほど製紙業が盛んな地域で、古くから豊富な水資源と木材の供給を背景に日本全国へ紙を供給しています。富士市の製造品出荷額等に占めるパルプ・紙・紙加工品関連の出荷額の割合は約3割で、同市の主要産業となっています。



ポイント2:平均年収は高め、求人倍率は全国並み

静岡県内には、日本を代表する有名企業の本社も複数あります。自動車メーカーのスズキは浜松市、プラモデルなど模型のメーカーとして知られるタミヤは静岡市にそれぞれ本社を置いています。また、県内の臨海部は東海工業地域と呼ばれ、輸送機械・電子機器・化学繊維・製紙・水産加工など、さまざまな産業の製造拠点があります。

こうした背景から、静岡県の平均年収は472.4万円(2016年度統計)となっており、全国平均と比べても高い水準を維持しています。求人倍率は1.42倍で、全高平均の1.43倍と比較してもほぼ同等のレベルとなっています。このように、平均年収が高めで求人倍率は全国並みであることが、静岡県の人材市場の傾向としてあることを知っておきましょう。

なお、静岡の平均年収はリーマンショックの前後で大きく変化していません。手堅い仕事が多く、安定的に給与を得られていることが伺えます。安定した仕事を長く続けたい人にとって、静岡という土地柄は適していると言えるでしょう。



ポイント3:転職サービスは「複数のサービス」で活用する方が断然良い!

静岡での転職活動を進めるにあたって、まず重要になるのが転職サービス選びです。大手転職サービスの中には全国に拠点を持ち、静岡での転職にも対応できるものもありますが、東京や大阪といった大都市のみに対応しているサービスも少なくありません。転職サービスに登録する前に、静岡での転職に対応可能かどうかを確認しておくことが大切です。

中には静岡に特化した転職サービスも存在します。ただし、特定の転職サービス1社のみを集中的に利用するのはお薦めしません。県内のあらゆる求人をカバーしている転職サービスは存在しないため、1社だけを利用していると見ている求人にどうしても偏りが生じてしまうからです。

地方都市への転職活動こそ、転職サービスは複数活用し、求人の「穴」をできるだけ少なくしていくことが大切です。とくに転職エージェントの場合は、複数社のキャリアアドバイザーからアドバイスしてもらうことで、比較検討するための判断基準ができるというメリットがあります



2)静岡で転職する際のメリット・デメリットを把握しておこう

どの地域で転職する場合でも、必ずその土地ならではのメリットとデメリットがあります。メリットを最大限に活かし、デメリットをできるだけ抑えておくことが大切です。

ここからは、静岡で転職する上で特有のメリットとデメリットについて見ていきましょう。これらを前もって知った上で転職活動にのぞむことで、有利な条件で転職しやすくなったり、不利な状況を避けやすくなったりするはずです。



静岡で転職する際のメリット

  • 静岡ならではの産業に携わるチャンスがある
  • 平均年収が高めで条件の良い企業もある
  • 住宅費用や生活コストが安い
  • 通勤ラッシュが少ない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



静岡で転職する際のメリット#1 静岡ならではの産業に携わるチャンスがある

静岡で転職する最大のメリットは、やはり静岡ならではの産業に携われることでしょう。製造業や水産業をはじめ、静岡を拠点として活躍を続ける企業が多数ありますので、他の地域ではなかなか得られないチャンスを手にできる可能性があります。

転職活動を始める前に、静岡に本社がある企業や、静岡を製造拠点としている企業について調べてみることをお薦めします。「この企業も静岡にあったのか」と知っておくことで、応募先として優先的に探したい求人が増えていくはずです。そのような名の知れた企業は、就業条件が良好なケースも多いので、大都市から転職する人であっても条件をあまり下げることなく転職できる可能性があります。



静岡で転職する際のメリット#2 平均年収が高めで条件の良い企業もある

地方への転職でよく言われるのが、平均年収が大都市よりも低めであるためキャリアダウンにつながるリスクがあるという点です。たしかに、地方都市のほうが総じて大都市よりも年収は低めであるケースが多いため、東京などから転職する場合はある程度覚悟が必要なこともあります。

しかし、静岡については平均年収が全国平均よりも50万円ほど高くなっていることからも分かる通り、条件の良い企業や大都市並みの条件で就業可能な企業も複数あります。はじめから「地方なので条件面は悪くなっても仕方がない」とあきらめてしまう必要はありません。



静岡で転職する際のメリット#3 住宅費用や生活コストが安い

都市部から転職する予定の人は実感するはずですが、静岡は住宅費用や駐車場にかかるコストがそれほど高くなく、生活コスト全般を都市部よりも抑えられる傾向があります。賃貸住宅の家賃を見ても、単身世帯はもちろんのこと、家族と共に転居する予定の人であっても、都市部よりもかなり費用を抑えられる可能性があります。

地方都市での就業は、たいてい生活コストが抑えられる代わりに賃金も低めになる傾向がありますが、静岡の場合は賃金の条件が良い職場も多数ありますので、生活レベルを落とすことなく暮らすことも転職先の選び方しだいで可能です。



静岡で転職する際のメリット#4 通勤ラッシュが少ない

静岡は車社会です。静岡市や浜松市などでは電車通勤する人もいますが、県内全体を見ると車通勤の人が圧倒的に多いのが実情です。一部では通勤時間帯に混み合う路線もあるにはありますが、全体を通して見ると通勤ラッシュから解放されるというメリットを得られるのは大きいでしょう。

ただし、車通勤する人は渋滞に注意が必要です。たとえば静岡市内は、東西に幹線道路が通っているものの、南北の移動の場合はあまり大きな道路がないため、どうしても混雑しやすくなっています。朝は時間に余裕をもって出発するなど、車通勤ならではの工夫が必要になることは覚悟しておきましょう。



静岡で転職する際のデメリット

  • ハードワークの職場もある
  • 大都市ほど業種・職種を選べない
  • コミュニティ内での人間関係がシビア

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



静岡で転職する際のデメリット#1 ハードワークの職場もある

都市部から地方へ転職する人の中には、「地方だからのんびり働けるのでは」といったイメージを抱く人もいるかもしれません。しかし、静岡に関しては本社機能を置いている企業や、製造拠点を県内に集中させている企業も多く、仕事がハードな場合もあることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。

もちろん、すべての職場がハードーワクというわけではありませんが、高めの給与水準と相まってハードな働き方を求められる可能性もあることを念頭に置いた上で転職活動を進める必要はありそうです。転職先に求める条件にライフワークバランスを挙げている人は、仕事内容や求められるスキルレベルに注意を払う必要があるでしょう。



静岡で転職する際のデメリット#2 大都市ほど業種・職種を選べない

静岡は、とくに静岡市など中心地になると多くの業種・職種の選択肢があり、比較的幅広い仕事を選べる地域と言えるでしょう。ただし、東京などの5大都市と比べると、どうしても選べる業種・職種に限りがあるのは否めません

転居する地域がすでに決まっている場合は、その地域で盛んな産業を前もって調べておきましょう。その仕事がどうしてもやりたくないことであれば別ですが、主要産業から求人を探した方が求人数は豊富ですので、結果的に選択の幅が広がることもあるからです。大都市ほど業種・職種を自由に選べない場合もあることを前提として、あらかじめ選びやすい業種・職種をリサーチしておくことが大切なのです。



静岡で転職する際のデメリット#3 コミュニティ内での人間関係がシビア

静岡に限ったことではありませんが、どの地域にもその地域特有のルールやマナーがあります。たとえば、都市部での暮らしに慣れている人にとって町内会は「入っても入らなくてもよい」ものかもしれませんが、小さな町では誰もが顔見知りの場合もありますので、町内会に参加しないことは「非常識」と受け取られる場合もあります。

また、職場での評判など、人間関係があっという間に地域に広がることもあります。そのため、ある職場で人間関係の構築に失敗すると、同じ地域では転職しづらくなることも考えられます。このように、コミュニティ内での人間関係は都市部以上にシビアであることを知っておくことが重要です。



3)静岡で転職する際のお薦めの転職サービス

順位 サービス名 評価 対応エリア 拠点
1位 パソナキャリア コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 全都道府県
2位 リクルートエージェント コンサル ◎
サポート 〇
求人の質・量 ◎
全国 北海道・宮城・東京(2か所)・埼玉・栃木・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡
3位 JACリクルートメント コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 〇
全国 関東・中部・関西・中国地方圏

静岡に絞って転職活動を進める場合、すでに縁故など転職先のあてがある場合を除いて、頼りになる転職エージェントを活用することを強くお薦めします。自力で調べることも大切ですが、知らない土地のことをゼロからリサーチして適職を探すのは想像以上に大変なことだからです。

ここでは、とくにお薦めの3社を紹介します。自分の転職活動の状況に近い転職エージェントを選び、できるだけ2社以上に登録しておくようにするといいでしょう。



1位 パソナキャリア  ──今回が初めての転職という方にお薦め

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

パソナキャリアは数ある転職エージェントの中でも全国に拠点を持ち、各地で質の高い転職サービスを提供していることで高い評価を得ています。静岡エリアももちろんサービス圏内ですので、静岡に絞って転職活動を進めたい人にも安心してお薦めできる転職エージェントの1つです。

パソナキャリアを利用したことのある転職経験者の感想では、登録後の面談がとてもきめ細かくていねいだったという声が多数聞かれます。求人の紹介をしてもらえるだけでなく、これまでの経歴や経験業務、さらには今後のキャリアプランについても相談に乗ってもらえますので、これまで転職の経験がない人にもお薦めできる転職エージェントです。

全国各地に拠点があるだけに、地元の企業に密着したアドバイスをもらえる可能性が高いと言えます。県外から静岡へ転職する人は、応募先の企業がこれまでどのような歴史を歩んできたのか、必ずしも知っているわけではないこともあるはずですので、キャリアアドバイザーから企業情報をシェアしてもらい、面接に備えておくといいでしょう。

サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)

2位 リクルートエージェント ──多くの求人を比較検討したい方にお薦め

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントはいわゆる大手転職エージェントのうちの1社です。主要都市に限られますが全国に拠点を持っており、静岡もそのうちの1つですので、静岡で転職活動をしたい人にお薦めした転職エージェントの1つです。

これまで東京や大阪など都市部で就業してきた人は、地方都市の求人を探し始めると「思っていた以上に求人が少ない、種類があまりない」と感じることがあるかもしれません。実際、選べる業種や職種が限られてしまうこともめずらしくないため、転職先の候補を探すのであれば、できるだけ多くの求人を見ておきたいと考えるのは自然なことでしょう。

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも随一と言えるレベルの求人保有数を誇っていますので、静岡エリアの求人もトップレベルの数を保有しています。この中からできるだけ多くの求人を紹介してもらい、自分に合ったものを比較検討して選びたい、という人にお薦めしたい転職エージェントです。

サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

3位 JACリクルートメント ──キャリアアップを目指したい方にお薦め

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。

JACリクルートメントは、一般的には「ハイキャリア向け」「外資系に強い」といったイメージのある転職エージェントかもしれませんが、実は地方にも多数の拠点を持っています。静岡エリアも拠点の1つですので、静岡で転職しつつ、できればキャリアアップも狙いたいという人は、他の転職サービスと併用することも検討しておきたい転職エージェントの1つと言えるでしょう。

静岡においても、たとえば清水地区のように貿易関係の仕事が盛んな地域もありますので、語学が得意な人であれば選択肢が広がる可能性があります。このように、地方へ転職する場合でも、自身の得意分野や発揮できるスキルに蓋をしてしまわず、「できることならキャリアアップも狙ってみたい」という気持ちを持って転職活動にのぞむことが大切です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーも、転職希望者にどのようなスキルがあるのか、今後やってみたいことはあるのか、という点は面談において重視する点ですので、得意分野や保有スキルがある人はその旨を明確に伝えるようにしましょう。

サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)

まとめ 静岡の「地の利」を活かした転職を実現しよう

静岡は西部・中部・東部それぞれのエリアで栄えている産業があり、転職先として選択肢の多い、ユニークな土地柄と言えます。静岡で就業することが決まっている人は、静岡という地の利を活かした転職活動を実現することで、これまで就業してきた土地にはなかったメリットを得られる可能性もあります。

地方での就業経験は、東京など都市部では不可能な経験ができるチャンスでもあります。ぜひ静岡で働くメリットを最大限に活かした転職活動を意識してみてください。



良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
<スポンサーリンク>