『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

静岡で転職する際のメリット・デメリットと、押えておきたいポイント3点

[最終更新日]2021/04/17

静岡県にIターン・Uターン転職する?ポイント・注意点とおすすめ転職サイト・転職エージェント

何らかの事情で静岡へ転職することになった人、またはこれから静岡に移り住もうと考えている人は、転職活動の進め方や静岡での仕事事情について、分からないことだらけで戸惑っているかもしれません。

ネット上で調べても、静岡に特化した転職ノウハウはそう多くないため、情報不足で困っている人もいることでしょう。

目次

1)静岡への転職する際に、押さえておきたいポイント3点

静岡への転職する際に、押さえておきたいポイント3点  静岡県でのあなたの働き方は?キャリアプラン・ライフプランと併せて考えておく 静岡県に拠点を持つ、実績豊富な転職サービスを利用しよう 静岡県の移住は、転職先が決まってからがベター!

静岡県は、約365万人(※2020年1月時点 47都道府県中10番目)の人口と約7,777㎢(※47都道府県中13番目)の面積を有していて、地方の中でも大きな県です。
東西に横長の県のため、県内でも地域によって産業の特色が異なってきます。静岡県がたびたび「産業のデパート」と言われるように、地域によって多様な産業があるのも静岡ならではの特徴と言えるでしょう

その中でも、特に盛んな産業は、製造業卸売業小売業宿泊・飲食サービス業などです。
伊豆や熱海など、有名な観光地がある静岡県なので、サービス業が盛んなことは想像がつくかもしれませんね。


また静岡県では、「静岡U・Iターン就職サポートセンター」が、若い世代を対象に就職支援を行っています。こういったサポートも事前に知っておくことで、転職活動に活かすことができます。


まずは静岡での転職事情における実態を知ることで、転職活動を始めるにあたっての戦略を考えておくことが大切です。

それでは、静岡に転職するとき押さえておきたい3つのポイントについて見ていきましょう。



静岡県でのあなたの働き方は?キャリアプラン・ライフプランと併せて考えておく

静岡など、地方で転職するうえでは、「自分は今後どんなふうに働いていきたいのか」「どうやって人生を歩んでいきたいのか」を考えておくことが大切です。

特に現在住んでいる場所から他県に移動して転職する場合は、環境や働き方も変わってきます。仕事だけでなく、人生全般における将来の見通しを立てておくことは、仕事選びをする際に一つの判断基準になるはずです。


実際にキャリアプランやライフプランを考える際に軸となるのが、「仕事とお金」です。
そのために押さえておきたいのが、「事業所や従業者数が多い業種・職種」「求人倍率」「平均年収」などの情報でしょう。


まず静岡で盛んな業種・職種に関しては、冒頭でも軽くご紹介したように、製造業や卸売業・小売業、宿泊・飲食サービス業のほか、医療・福祉、建設業などです。

静岡の産業構造(民間事業所数)
静岡の産業構造(従業者数)

引用元:統計センターしずおか「令和元年経済センサス―基礎調査(確報)」

一方で、IT企業などを含む情報通信業など、一部の産業はやや少なめです。希望する職種によっては求人が少ない場合があるので注意が必要です。


また、有効求人倍率は、2021年1月時点で1.10倍(※厚生労働省が発表している、公共職業安定所における数値)。昨年の新型コロナウイルスの感染拡大の影響から下降気味となっており、求職者と求人企業の数がほぼ均衡しています。
人気企業や人気職種の応募においては競争率が高まることもあるでしょう。企業研究やキャリアの棚卸しなどの準備はしっかり行っておきましょう。

静岡県の一ヶ月の平均賃金は28.7万円(厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査より)と、地方と比べるとやや高い水準にあります(※詳しくは、2章メリットの部分}で説明しています)。


静岡県で働く前の準備として、「どんな仕事に需要があるのか」「就職・転職はし易いのか」「お給料の目安はどれくらいか」などを確認し、今後のビジョンを明確にしたうえで、仕事探しを行うと良いでしょう。




静岡県に拠点を持つ、実績豊富な転職サービスを利用しよう

それでは、実際に静岡で転職する際におすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

各サービスにはそれぞれの特徴や強みがあるので、「どのサービスが自身に合っているのか」を考えてみましょう。



静岡県でのおすすめ転職エージェント・転職サイト

サービス名 特徴

リクルートエージェント
  • 転職成功実績国内No.1
  • 独自のサービス内容にも定評あり
  • 他サービスにはない非公開求人多数
  • 静岡県の公開求人数:約3,000件(2021年3月時点)

doda
  • 求人数が多く、非公開求人の質が良い
  • 職務経歴書・面接対策が好評
  • 静岡県の公開求人数:約2,600件(2021年3月時点 公開求人のみ)

マイナビエージェント
  • アドバイザーのサポートが丁寧だと評判
  • 20代前半・第二新卒の転職に強い
  • サポート期間が無期限なので(通常は3か月)、自身のペースで転職活動を進められる
  • ・静岡県の公開求人数:約750件(2021年3月時点 )

JACリクルートメント
  • アドバイザーおよびの求人の品質が高い
  • 外資系・グローバル企業の求人が豊富
  • キャリアアップ転職・ハイクラス転職向け
  • 静岡県の公開求人数:約380件(2021年3月時点 )

パソナキャリア
  • 利用者の67.1%が年収アップ
  • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い
  • ハイクラス層向けの転職サポートも行っている
  • 静岡県の公開求人数:約830件(2021年3月時点)



より多くの求人を比較検討したい方は、リクルートエージェントがおすすめ!

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する、国内最大の転職エージェントです。

抱えている求人数は国内トップで、営業職からエンジニア、クリエイティブ系の仕事まで、幅広い求人を揃えています。


静岡県で転職をする際に「より多くの選択肢を持ちたい」という方は、リクルートエージェントを活用してみると良いでしょう。



他では出会えない求人を探したいという方は、dodaがおすすめ!

転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)変えるならきっと今だ。

dodaはパーソナルキャリア株式会社が運営する、リクルートエージェントと並ぶ国内最大級の転職エージェントです。

dodaも国内で2番目に多くの求人を抱えていますが、その求人の8~9割が「非公開求人」。それだけ、dodaでしか出会えない求人が多いということです。

また、dodaは「ダイレクト・リクルーティングサービス」を採用しており、転職者側から企業に応募するだけでなく、企業側からスカウトのオファーが届くことも多いです。


静岡で転職する際、「できるだけ競争率を抑えて選考に進みたい」という方は、多くの非公開求人を有しているdodaを活用してみると良いでしょう。



20代30代で丁寧なサポートを受けたいという方は、マイナビエージェントがおすすめ!

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する、20代~30代向けの転職エージェントです。

最大の特徴は、「丁寧なサポート・アドバイス」「業界別の専任制を取っている」ことでしょう。業界ごとに特化したアドバイザーが、丁寧かつ専門的なアドバイスを行ってくれます。

特に、20代前半・第二新卒の転職における実績や満足度は、業界でもトップクラスです。


20代、または30代で静岡への転職を考えている方は、マイナビエージェントの活用を検討してみることをおすすめします。



地方転職でも収入を落としたくないという方は、JACリクルートメントがおすすめ!

JAC Recruitment。1人1人に合わせたハイクラス転職支援 JACリクルートメント。

JACリクルートメントは、株式会社ジェイエーシーリクルートメントが運営する、キャリアアップを目指す方に向けた転職サービスです。

最近では若手層のサポート実績も増えていますが、JACリクルートメントの最大の特徴は、「年収600万円からのミドル・ハイクラス層向けの転職支援に強い」ことが挙げられます

また求人紹介だけでなく、「キャリア相談」に関しても、質の高いアドバイスをしてくれると評判です。


これまでのキャリアに自信がある方は、JACリクルートメントから転職活動のサポートを受けることを検討してみても良いでしょう。



じっくりとサポートを受けたいという方は、パソナキャリアがおすすめ!

キャリアアップを叶えるならパソナキャリア。今よりもっと好条件で働くために!点転職のプロが徹底サポート!

パソナキャリアは、株式会社パソナキャリアが運営する、幅広い年齢層に向けた転職サービスです。

パソナキャリアは、「一人ひとりへのサポートが丁寧である」と評判で、しっかりと時間を割いてアドバイザーがサポートしてくれます。
支店も、静岡を含め全都道府県にあるので、地方転職者の方やUターン・Iターン転職者の方からも高い評価を得ています


「キャリアアドバイザーにじっくり相談してもらいながら転職先を決めたい」という方は、パソナキャリアの活用を検討してみると良いでしょう。




転職フェア・イベントに参加してみるのも効果的 

転職フェア(イベント)とは、就職・転職希望者を対象にして行われる合同説明会のことです。
学生時代の新卒での就職活動で合同説明会を活用したことのある方は、イメージが付きやすいかもしれません。

通常は書類選考を通過してから面接などで話をする機会が設けられますが、転職フェアでは、書類選考をすることなく、企業の担当者と話せます
複数の企業が参加しているので、1社の説明だけを聞くよりも、企業の雰囲気や待遇の違いなどを比較できるので、それぞれの違いが鮮明になることもあるでしょう。


また、会場には転職活動についての相談をしてもらえるキャリアコンサルタントのコーナーも設置されています。
先に説明したキャリアプランがなかなか明確にならない場合は、まず静岡の転職フェアに参加して、キャリアコンサルタントに実際に相談してみたり、「どんな業界・企業があるのか」などを探ってみてから、働き方や静岡での暮らしについて考えてみる、というのも一つの方法です。

以下、「合説どっとこむ」では、各地で開催されている合同説明会を掲載していますので、参考にしてみてください。

合説どっとこむ

合説どっとこむ

合説どっとこむ




静岡県の移住は、転職先が決まってからがベター!

静岡県に移住する場合は、転職先が決まった後に行いましょう。

定職がないまま移住した場合には、主に転職活動面生活面における2つのリスクが伴います。


まずは転職活動面におけるリスク。

転職活動を行ったとしても、すぐに転職先が決まるとは限りません。もし転職活動が長引いていしまった場合は、段々と金銭的に厳しい状況なってきて、「早く決めなければ…」と焦ってしまい、結果的に十分な企業研究などを怠ってブラック企業に入ってしまう…ということもあり得ます。

また、単純にブランクの期間があると、選考の際にマイナスな印象を担当者から持たれてしまうこともあるのです。


次に生活面におけるリスクです。

職がないことで金銭的に余裕がなくなってしまうと、転職活動だけでなく、家族や自分の生活にも負担が大きくなってしまいます
住まいを借りるにしても定職がない(社会的信用がない)場合には、手続きに手間がかかることもありますし、最悪の場合は家を借りられないこともあるのです。

仮に転職先がすんなりと決まり、住まいも決まっているとしても、住んでいる場所から離れているところに配属される可能性もあります。
「転職先が決まってから、住まいを探す」という順番であれば、このような事態が起こることはありません。

転職先によっては、社宅や住宅手当を利用することもできるはずです。


このように、様々なリスクを考えると、「移住は転職先が決まった後」にするのがベターでしょう。





2)移住前に知っておきたい! !静岡県で働く際のメリット・デメリット

どの地域で転職する場合でも、必ずその土地ならではのメリットとデメリットがあります。メリットを最大限に活かし、デメリットをできるだけ抑えておくことが大切です。

ここからは、静岡で転職する上で特有のメリットとデメリットについて見ていきましょう。これらを前もって知った上で転職活動にのぞむことで、有利な条件で転職しやすくなったり、不利な状況を避けやすくなったりするはずです。



静岡で転職する際のメリット

静岡ならではの産業に携わるチャンスがある 平均年収が、全国都道府県と比べて比較的高い 住宅費用や生活コストが安い 通勤ラッシュが少ないなど、ストレスが少ない
  • 静岡ならではの産業に携わるチャンスがある
  • 平均年収が、全国都道府県と比べて比較的高い
  • 住宅費用や生活コストが安い
  • 通勤ラッシュが少ないなど、ストレスが少ない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



静岡ならではの産業に携わるチャンスがある

静岡で転職する最大のメリットは、やはり静岡ならではの産業に携われることでしょう。

特に製造業宿泊・飲食サービス業をはじめ、水産業なども静岡を拠点として活躍を続ける企業が多数ありますので、他の地域ではなかなか得られないチャンスを手にできる可能性があります。

転職活動を始める前に、静岡に本社がある企業や、静岡を製造拠点としている企業について調べてみることをおすすめします。
例えば、自動車メーカーのスズキ、二輪車メーカーのディトナ、楽器メーカーのヤマハなどの大企業の本社は、静岡にあります。

この企業も静岡にあったのか」と知っておくことで、応募先として優先的に探したい求人が増えていくはずです。そのような名の知れた企業は、就業条件が良好なケースも多いので、大都市から転職する人であっても条件をあまり下げることなく転職できる可能性があります。


平均年収が、全国都道府県と比べて比較的高い

静岡の平均賃金は、比較的高い水準にあります。 以下のグラフは、労働者がひと月に稼ぐ平均賃金を都道府県別にまとめたものです。

都道府県別賃金

引用元:厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況「都道府県別」

静岡県の月の平均賃金は28.7万円となっています。東京や神奈川、大阪などの首都圏や全国平均と比べると下回ってしまいますが、他の地方と比べた場合にはそれほど低くない水準だということがわかります




住宅費用や生活コストが安い

都市部から転職する予定の人は実感するはずですが、静岡は住宅費用や駐車場にかかるコストがそれほど高くなく、生活コスト全般を都市部よりも抑えられる傾向があります。賃貸住宅の家賃を見ても、単身世帯はもちろんのこと、家族と共に転居する予定の人であっても、都市部よりもかなり費用を抑えられる可能性があります。

静岡県公式サイト「ゆとりすと静岡」によると、賃貸住宅(3.3㎡あたり)の家賃は、東京都内と比べたときに、静岡市は約4割以上安いようです。もちろん、住む地域によってこの割合は異なってきますが、それでも首都圏に比べれば生活コストは安価で済むはずです。

地方都市での就業は、たいてい生活コストが抑えられる代わりに賃金も低めになる傾向がありますが、静岡の場合は賃金の条件が良い職場も多数ありますので、生活レベルを落とすことなく暮らすことも転職先の選び方しだいで可能です。


静岡で転職する際のメリット#4 通勤ラッシュが少ない

静岡では、通勤ラッシュが少なめであるなど、生活していくうえでストレスが少ないことも、メリットとして挙げられます。

静岡は車社会です。静岡市や浜松市などでは電車通勤する人もいますが、県内全体を見ると車通勤の人が圧倒的に多いのが実情です。一部では通勤時間帯に混み合う路線もあるにはありますが、全体を通して見ると通勤ラッシュから解放されるというメリットを得られるのは大きいでしょう。

ただし、車通勤する人は渋滞に注意が必要です。たとえば静岡市内は、東西に幹線道路が通っているものの、南北の移動の場合はあまり大きな道路がないため、どうしても混雑しやすくなっています。朝は時間に余裕をもって出発するなど、車通勤ならではの工夫が必要になることは覚悟しておきましょう。


また、静岡は富士山をはじめ、伊豆や熱海などの有名な観光地も近くにあるため、休日は自然を楽しむことができるというのも、ストレスが少ない生活を送れるポイントと言えるでしょう。



静岡で転職する際のデメリット

ハードワークの職場もある 大都市ほど業種・職種を選べない コミュニティ内での人間関係がシビア
  • ハードワークの職場もある
  • 大都市ほど業種・職種を選べない
  • コミュニティ内での人間関係がシビア

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



ハードワークの職場もある

都市部から地方へ転職する人の中には、「地方だからのんびり働けるのでは」といったイメージを抱く人もいるかもしれません。しかし、静岡に関しては本社機能を置いている企業や、製造拠点を県内に集中させている企業も多く、仕事がハードな場合もあることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。

もちろん、すべての職場がハードーワクというわけではありませんが、高めの給与水準と相まってハードな働き方を求められる可能性もあることを念頭に置いた上で転職活動を進める必要はありそうです。転職先に求める条件にライフワークバランスを挙げている人は、仕事内容や求められるスキルレベルに注意を払う必要があるでしょう。



大都市ほど業種・職種を選べない

静岡は、とくに静岡市など中心地になると多くの業種・職種の選択肢があり、比較的幅広い仕事を選べる地域と言えるでしょう。ただし、東京などの5大都市と比べると、どうしても選べる業種・職種に限りがあるのは否めません

転居する地域がすでに決まっている場合は、その地域で盛んな産業を前もって調べておきましょう。その仕事がどうしてもやりたくないことであれば別ですが、主要産業から求人を探した方が求人数は豊富ですので、結果的に選択の幅が広がることもあるからです。大都市ほど業種・職種を自由に選べない場合もあることを前提として、あらかじめ選びやすい業種・職種をリサーチしておくことが大切なのです。



コミュニティ内での人間関係がシビア

静岡に限ったことではありませんが、どの地域にもその地域特有のルールやマナーがあります。たとえば、都市部での暮らしに慣れている人にとって町内会は「入っても入らなくてもよい」ものかもしれませんが、小さな町では誰もが顔見知りの場合もありますので、町内会に参加しないことは「非常識」と受け取られる場合もあります。

また、職場での評判など、人間関係があっという間に地域に広がることもあります。そのため、ある職場で人間関係の構築に失敗すると、同じ地域では転職しづらくなることも考えられます。このように、コミュニティ内での人間関係は都市部以上にシビアであることを知っておくことが重要です。



3)静岡県での転職をした人の体験談

これまで静岡で転職をする際のポイントなどをお伝えしてきましたが、実際に転職した方のエピソードも気になるところですよね。


以下、静岡で転職を下4名の方の転職体験談をご紹介しますので、参考にしてみてください。




静岡への転職ケースその1:都会でのストレス過多な働き方から脱却して──。

良かった点は、まさに田舎のスローライフの中で、精神的なストレスは一切なく仕事ができているということです。
そして残念なことは、現在の収入のままだと老後のライフプランが不安なことです。


「学んだこと」ですか?──そうですね・・・これは人それぞれ考えも違うところかもしれませんが、結局は「たかが仕事だ」ということですね。

私はこれまで、仕事の為に一生懸命やってきましたが、その為に体を壊したり、家族に心配をかけたり、毎日がつまらない生活になっては意味がない──そう思っています。

今では仕事のストレスもなく、妻や近所の人たちと楽しく暮らしています。


引用元:

私の転職体験談:都会での多忙な日々と、精神的な負担と、そして上司との確執に疲れ果てて、その結末は──

やるやるくんさんの体験談のポイントは、転職前はいつも「もっと働かないと」と思っていたのが、転職して静岡に移住した後は「仕事よりも、毎日を楽しく過ごすことが一番」と、価値観が180度変化しているところでしょうか。

人それぞれ仕事における価値観は違いますが、「現在の仕事にとてもストレスを感じている」「人生で何を大切にしていきたいのかわからない」といった方には特に響くストーリーなのではないでしょうか。

実際に転職活動を行う際には、やるやるくんさんのように地元のハローワークを活用してみるのも有効な手段かもしれませんね。




静岡への転職ケースその2:自信喪失状態だった私に、妻が提案してきたことは──。

40代で二度目の転職でした。

上司から突き放されるように前職を辞めることになり、転職活動も思うように進みません。

もう、何をやってもうまくいかないじゃないか──。
いつから自分は、こんな風になってしまったんだろう──。

そんなことをぐるぐると考える、あてのない日が続きました。


そんなある日、妻が「ねえ、思い切って住む場所を変えてみるのはどう?」と言ってきたのです。


引用元:

私の転職体験談:都内ホテルフロントマンから、Uターン転職で介護職に!

コロコロンさんの体験談では、「仕事の職種を変えたいけど、40歳からの年齢ではなかなか良い条件の仕事が見つからない」というジレンマが印象深く映ります。

「新しい仕事を始めたいが、都市部の求人は若い応募者ですぐに埋まってしまう」と感じている方は、地方で未経験者歓迎の求人にチャレンジするのは一つの選択肢かもしれません。

ただ都市部と比べると、地方や職種によって収入が著しく下がってしまことも少なくありません。事前に収入や生活がどんなものになるのかをしっかり調べておくと良いでしょう。




静岡への転職ケースその3: 飲食店ホールスタッフから、地方旅館の仲居に。

「あのさ、思い切って田舎での生活に切り替えてみないか」──あるとき、夫がそう私に言ってきました。

最初は、(この人はいったい、何を言っているんだ?)と思いました。

ですが、段々と私も、今の職場の暗い雰囲気が耐えられなくなってきていたこともあって、(たしかに、今のストレスばかりの都会の生活よりも、夫と一緒に田舎でゆっくり暮らすのも良いかもしれない…)と思うようになってきて。

そして私は、今の職場を退職することを決めました。


引用元:

私の転職体験談:都内ホールスタッフ勤務から、Iターンで地方旅館の仲居に転職!

ミーさん夫婦は都会での生活に疲れて、生活の拠点を静岡県に移しました。
ミーさんが「知らない土地での転職活動は、難しい」と経験したように、全く初めての土地での仕事探しはスムーズに行かないことを想定して動くべきなのでしょう。

ですが、新しい生活と仕事に慣れてからは、深いやりがいを感じながら毎日を過ごせているようです。




静岡への転職ケースその4:結婚を機に、臨床工学技士の資格を活かして静岡のクリニックへ。

臨床工学技士として総合病院で働きはじめて2年が過ぎた頃に、私は転職を意識するようになりました。

きっかけは、2年程お付き合いしていた男性との間で「そろそろ結婚」について考えるようになったことです。

結婚の話を進める中で問題になったのが、当時は私が関東で、彼が静岡県在住だったために、どちらかが移住しなければなりませんでした。


引用元:

転職体験談:結婚を機に地方転職。「自分の目で職場を見る」大切さを知って。

えりんぎさんの体験談のポイントは、「結婚を機に、静岡に移住・転職した」ところでしょう。

転職活動の際、えりんぎさんは「臨床工学技士」という資格を活かして静岡のクリニックに転職しています。Iターン・Uターンの転職に限らず、資格は転職において有利に働くことが少なくありません

ただ、えりんぎさんは現在その職場を退職しているようで、「実際に足を運んで職場を見るべきだった」と後悔しているようです。
転職は「とにかく早く決めたい」と思いがちです。えりんぎさんの転職体験談では、「事前準備を疎かにするべきではない」という教訓としても受けとめることができそうです。





まとめ)静岡に移住するのは、転職先が決まってから!

イメージ:まとめ)静岡に移住するのは、転職先が決まってから!

県外からの移住で生活を大きく変えるという判断をするときは、キャリアプランまたはライフプランをしっかりと考えて、「どんな仕事で、どれくらいの収入を得られるのか」を明確にしたうえで移住するのが良いでしょう。

できれば、移住前に転職先が決まっているのがベターです。

その際、「静岡に移住・転職はしたいけど、まだ具体的なプランは持っていない」という方は、転職フェアに参加してみたり、静岡での転職に強い転職サービスを活用してみたりと、まずは静岡での仕事について情報を増やしていくことから始めてみましょう。