『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

25歳で転職したほうが良いケースとは?成功談・失敗談を交えてポイント・注意点を紹介!

[最終更新日]2022/11/23

25歳の転職を成功に導くために 転職成功者の体験談とポイントを紹介

現在25歳、もしくはもうすぐ25歳で、「転職しようか迷っている」という方は多いのではないでしょうか。

転職はいつどのタイミングで行動しても、チャンスが平等に訪れるとは限りません。年齢や社会人経験年数によって、転職適齢期とも言えるタイミングが何度か訪れるものです。

目次

25歳は「転職のベストタイミング」だといわれています。
本格的に転職活動をする予定はなくても、1度は転職を検討してみても良いかもしれません。
そして転職を考えているなら積極的に転職活動することをおすすめします。

では、なぜ「25歳がベストタイミング」だといわれるのか、その理由を見てみましょう。

なぜ25歳の転職はベストタイミングなのか?

  • 「第二新卒」を積極的に採用する企業が多い
  • 3年間勤めた経験が評価される
  • 未経験の別業種への転職でも採用されやすい
  • 転職に失敗しても再挑戦がきく

明確な定義はありませんが、23~25歳は「第二新卒」として扱われます。

第二新卒は社会人としての経験がありつつ柔軟性が高く、転職しても新しい企業になじみやすい傾向にあります。

そのため第二新卒を積極的に採用する企業もあり、新卒時よりも良い条件で転職できることも少なくありません。

新卒で入社した会社で25歳まで働き続けたと仮定します。
25歳は「大卒なら3年、高卒なら7年」同じ会社で勤務したことになりますよね。

一般的に「大卒後、入社3年以内での離職率は3割以上」といわれています。
卒業後、3年または7年勤務したことは実績として認められるでしょう。

さらに25歳であれば若くて育成の余地があるので、別業種への転職でも成功率は高めです。
新しい業種や職種にチャレンジするなら、このタイミングがベストだといえます。

25歳で転職した方が良いケース
  • チャレンジしたい業界・職種がある
  • ここ1年間での成長があまり感じられない
  • 忙しさやストレスで体調に支障をきたしている
いったん再検討する方が良いケース
  • 転職後に目指したい分野が見つかっていない
  • 「転職せずに留まった場合」を考えていない

25歳で転職した方が良いケース

チャレンジしたい業界・職種がある

転職した方が良いケース#1 チャレンジしたい業界・職種がある 25歳は、未経験可の求人も比較的多い!

25歳で転職した方が良いケース1つめは「チャレンジしたい業界・職種がある」場合です。
新卒で就職した段階では分からなかったことに25歳前後で気付くかもしれません。

「事務として入社したが営業の仕事に強い興味がある」「仕事で知った別な業種にチャレンジしたい」、いずれも考えられますよね。

前述の通り、25歳なら未経験でも別な業界や職種で採用される場合も珍しくありません。
「20代前半までは未経験者の応募も可」という企業も多数あります。

ここ1年間での成長があまり感じられない

転職した方が良いケース#2 ここ1年間で成長があまり感じられない 本来、20代半ばは「成長しやすい」時期

25歳で転職した方が良いケース2つめは「ここ1年間での成長があまり感じられない」場合です。
若くて吸収も良く柔軟性がある23~25歳の段階で成長が感じられないと、仕事に対する意欲も下がりがちです。

この場合は、まず「現在の仕事が自分に向いているのか」を考えてみる必要があるでしょう。

憧れていた職種であっても、向いていないという可能性は考えられます。
今後の成長も見込めないと感じるのなら前向きに転職を検討してみても良いかもしれません。

忙しさやストレスで体調に支障をきたしている

転職した方が良いケース#3忙しさやストレスで体調に支障がある  「眠れない」「食べる気力がない」「胃痛がある」「気分が沈む」という症状が続いているなら要注意

25歳で転職した方が良いケース3つめは「忙しさやストレスで体調に支障をきたしている」場合です。
仕事の忙しさや人間関係のストレスは、自力での解決が難しいものです。

無理をし過ぎて病気になれば苦労し続ける可能性があります。
「眠れない」「食べる気力がない」「胃痛がある」「気分が沈む」という症状が続いているなら要注意です。
働いていれば多少ストレスを感じるものとはいえ、体調に支障をきたしているなら転職を考えましょう。

いったん再検討する方が良いケース

転職後に目指したい分野が見つかっていない

転職を再検討した方が良いケース#1目指したい分野が見つかっていない 「今が嫌だから」の理由だけで転職をするのは危険

再検討する方が良いケース1つめは「転職後に目指したい分野が見つかっていない」場合です。
興味を持てなければ、新しい分野に行っても何も身に付かないで終わってしまう可能性があります。
すぐに転職したくなってしまうことも考えられます。

そのため何も目指したい分野が見つかっていないのに漠然と転職するのは、おすすめできません。
現在の職場でスキルアップを目指した方が良い場合もあります。
焦らずに、しっかり再検討しましょう。

「転職せずに留まった場合」を考えていない

転職を再検討した方が良いケース#2「転職しなかった場合」を考えていない 現職の強み・優位性も見据えたうえで、転職に踏み切るように。

再検討する方が良いケース2つめは「転職せずに留まった場合を考えていない」場合です。
若い世代の転職では、「現職の強みや優位性」が分からないままに転職してしまう人も少なくありません。

転職をするなら、現職について改めて見直す必要性があります。
その結果として「前職の方が良かった」「転職が失敗だった」と感じる人もいます。

後悔しないよう、転職せずに留まった場合についても考えてみる必要があるでしょう。

ここからは「25歳の転職で成功するためのポイント」を4つ紹介します。
しっかり下準備を行って転職活動することで、理想に近い仕事が見つけやすくなるでしょう。

それでは、転職活動のポイントを1つずつ見ていきましょう。

自分の強み・適性を明確にする(キャリアの棚卸し)

転職を再検討した方が良いケース#2「転職しなかった場合」を考えていない 現職の強み・優位性も見据えたうえで、転職に踏み切るように。

25歳の時期に転職をする際にまず行うことは、「キャリアの棚卸し」です。
これまで業務で対応した内容を洗い出し、まとめてみましょう。

キャリアの棚卸しとは、これまで携わってきたすべての仕事について書き出し、整理することです。 キャリアの棚卸しを行うことによって、以下の効果が期待できます。

  • 自分の強みと適性、そして今後目指すべきキャリアの方向性が明確になりやすい
  • 転職時の職務経歴書作成や面接で、PRポイントを作りやすくなる

キャリアの棚卸しは、以下のステップで進めていきます。

キャリアの棚卸しの進め方 ①これまで経験した業務をすべて書き出していく ②書き出した業務について、それら業務に求められる知識・スキルは何かを考える ③出てきた知識・スキルの中で、「これからも続けていきたいこと・伸ばしていきたいこと」が何かを考える

  • これまで経験した業務をすべて書き出していく
     例)「営業事務作業、企画書・提案書の作成、サービス進捗のデータ入力」等
  • 書き出した業務について、それら業務に求められる知識・スキルは何かを考える
     例)「営業事務作業」=ヒアリング力、数値管理能力、PC操作の知識等
  • 出てきた知識・スキルの中で、「これからも続けていきたいこと・伸ばしていきたいこと」が何かを考える
  • それらを実現できる働き方について考える

大切なポイントは、①と③です。

まず、①の「これまで経験した業務」とは、あなたのひとつの「資産」として考えるべきでしょう。経験していない人が持つことのない知識や技巧が必ずあるはずです。

そして、③の「これからも続けていきたいと思えること」は、ここにその人の強み・適性が現れます。
良く勘違いされることですが、人の強みとは、他の人と比べて優れている点を指すのではありません。困難や障害があっても「継続できる」こと、それがその人の強みです。

そして、そうした強みを仕事にしていくことで、自ずと価値発揮や活躍の場が増えていきます。

周囲の人の体験談を聴き、「ロールモデル」を作る

転職成功のポイント 周囲の人の活動や体験談から、ロールモデルを作る ロールモデルとは…自分の行動や考え方など、キャリア形成の上でお手本になる人物のこと ※「その人の一部分」でもOK

人は生き方や働き方について、「身近な他者」を参考に決めることが多いものです。
こうした「ロールモデル」を持つことは、転職の軸を見出すうえでも有効です。

特に25歳の時期においてはまだまだ社会人としての経験が浅く、自分の経験だけでこれから長い人生のキャリアを考え決めることは困難なはずです。

キャリアとは本来、無数の道があります
多くの道をイメージして、その中から自分に合ったキャリアを選んでいくうえでも、他者の働き方や体験談は参考にするべきでしょう。

「周りに参考になりそうな人がいない」という方は、以下に25歳で転職を果たした人たちの体験談を一部紹介します。

完全にあなたと同じ状況でなくとも、「なるほど、こういう考え方や行動は参考になる」といった気づきがきっと見つかるはずです。

「やりたいことがある」「将来が見えない」ことで、25歳の転職に踏み切るケース

アパレル販売員から、Webディレクターに転職 たきさん 女性 東京都
好きなことを、仕事にしたい!「残業も、新人の離職も、仕事とはそんなもの」 という諦めの気持ちを、私は捨てた。

私が想像していた以上に、仕事は過酷でした。
毎日当たり前のような残業が課せられるうえ、残業代は固定で長く働いても給与は一切増えませんでした。
また、最初の3か月はまともな休みが貰えず、丸1日休みが頂けるのが1か月に2,3日程度で。

アルバイトは若い子が多く、少し注意するだけですぐ無断欠勤したり、急なシフト変更が多く、そしてそれをカバーするのが全て私です。

(まあ、仕事なんてそんなもんだよね・・・)
はじめはそんな気持ちもあって・・・というか、自分にそう言い聞かせ働き続けていたのですが、段々とストレスが溜まっていってしまって。

就職して1年後には、(・・・もう無理、耐えられない)と思い、私は転職を決意しました。

私の転職体験談:「好きなことを仕事にしたい…!」アパレル販売員から、ECサイト運営に転職!

25歳の人材が、企業から見てどう映っているのか、イメージしてみたことがあるでしょうか。

大卒の人であれば、社会人3年目。社会人として仕事にも慣れてきて、気持ちの余裕が出てくる頃です。
社会人としての基本的な振る舞いが身についているので、仮に中途採用で入社してきたとしても、新卒1年目のように社会人としてのマナーから研修を行う必要はありません。

一方で、最初に入った会社での勤務は3年に満たないはずですので、まだその会社の「色」に染まり切っておらず、扱いやすい年代とも言えます

このように、25歳の人材は企業にとって大変魅力的で、積極的に採用したいと考える会社が少なくないのです。

やりたいことがある人、今の職場で未来が見えないと感じている人は、25歳のタイミングでいちど「転職」という選択をしてみてはいかがでしょうか。

自分自身の市場価値は、特定の企業内で働いているとよく分からないものです。

ところが、転職活動を始めてみると自分でも気づいていなかった面が評価され、より良い環境で働けるチャンスを手にできることもあるからです。

未経験業種・職種を目指して、25歳で転職するケース

不動産業界から、IT業界に転職 ココ太郎さん 男性 東京
「お前のその会社、 どう聞いてもブラックだよ」 友人からそう警告されるまで、自分でそれを 認められなかった。

転職を始めてみてこれまでの間で、思うことは転職してよかったということですね。

もし、営業にずっといた場合今の自分はなかったと思います。営業を続けていた自分はきっと今の自分と完全に別人になっていたと思います。

新しい刺激は、最初はとても辛いことも多いですが、乗り越えてくると楽になります。
初めはIT関係に転職など無理だと思いましたが、全然そんなことはなかったです。

私の転職体験談:天職だと思ってた「営業」が、不適性だった!?IT系に未経験で転職して、気付いたこと

エンターテイメント業からIT営業に転職 ひろみさん(男性 25歳) 東京都
これまでの経験は、無駄ではなかった。今回の転職で、「営業力は業種問わず通用する」ということに気付くことができた。

今回転職を行って、「営業能力は業種問わず通用する」ということに気付くことができました。

業種が違えば、売るものが違うのでクライアント、ターゲット層なども変わってきますが、根本的に「商品を売る」ということに関していえば、すべて一緒です。

このことに気づけたのが、一番の収穫であったと思います。

私の転職体験談:「培った営業力は、どこに行っても通用する」エンターテイメント事業から、IT会社に転職!

エンターテイメント業界からIT業界へと転職した事例です。業界は異なりますが、営業職として職種は変えずに転職したところが大きなポイントでしょう。

この事例のように、別の業界で培った経験や能力を発揮してほしい、という意味合いで業界未経験者を受け入れる企業も少なくありません

営業にとって商材が変わっても「商品を売る」ことに関しては同じ、とあるように、職種が同じなら必要とされる能力や資質には共通しているところが必ずあります。そのことに自信を持ち、異業種であっても臆さずこれまでの経験をアピールすることが大切です。

経験をもとに異業種で成功することができれば、さらなる自信につながることでしょう。必要以上に「異業種」を意識しないほうが、うまくいく場合もあるのかもしれません。

年収アップを目指して、25歳で転職するケース

人材派遣会社営業から、メーカー営業に転職 ふ さん 男性 福岡
「年収アップの転職」それが、いちばんの目的だったのだけど──。

新しい会社の社員規模は1500名。──前の会社の50倍です。
前職よりはるかに大規模の会社に入社できたということもあり、(ここからもっとステップアップしていけるぞ)と息巻いていました。

ですが、いざ入社したら中途入社がほとんどで、かつ人間的に尊敬できる人は誰一人いませんでした。

表向きには「みんなで頑張ろう的」なムードなんです。だけど、ふと裏に回れば、そこでは陰口や文句のオンパレード。──さすがに落胆しました。

肩書は営業職でしたが、商品のPRをすることもなく、日々電話で受注や見積もり依頼を受け、その対応に追われて。

製品納品時には土日祝日も関係なくお客様の希望スケジュールに沿った立会と業者の手伝いです。

とにかく、忙しかったですね。

私の転職体験談:人材派遣営業から、メーカー営業に転職!

転職したことでかえって収入が下がったり、その後のキャリアプランに響いたりすることはないのか?という点は、多くの人が気になっているところでしょう。反対に、せっかく転職するなら年収アップを狙いたい、という考えの人もいるかもしれません。

正直なところ、25歳で転職して年収アップを狙えるかと言うと、「絶対に無理ということはないものの、年収アップそのものを目的化するのは危ない」と言わざるを得ません。

企業の採用担当者から見たとき、25歳の人材はまだ「若手」の部類に入り、第二新卒の扱いとなります。これまでの経験をもとに即戦力として活躍することを期待し、高めの報酬で迎えられるのは、ミドルと呼ばれる30歳前後の年代が多いでしょう。

むしろ、25歳で転職するのであれば、目の前の年収よりも「今後何をしたいのか」「本当に目指したいことは何か」という視点で転職先を選んだほうが、長い目で見たとき良い方向に向かう可能性が高いはずです。

入念な企業研究を行う

転職成功のポイント 企業研究を念入りに行う

2020年以降、企業は若手社会人に対しても「即戦力人材」を求める機運が強まっています。

一方で、「その会社で、自分がどれだけ活躍できるか」については、求人情報を見ただけではわかりません。
応募する会社が、果たしてあなたの掲げた強みや適性、そして目指す働き方に合致するかについて、事前に入念に調査することが大切です。

企業研究で観るべきポイント 転職者の強み、企業の求める人物像とで重なる領域がどれだけあるかをチェックする

以下に企業研究を進める際のポイントも紹介します。
転職活動を行う場合は、以下に注意して企業研究を行ってみてください。

企業研究をする際のチェックポイント

企業研究を行う際に、優先して見るべきポイントは以下の通りです。

チェック項目 確認ポイント どこで確認するか
事業内容 自分自身の知識領域にあるか、また今後も興味・関心を持続して持ち続けられる内容かを確認する 企業HP
主力商品・サービス その商品・サービスの開発・運用を自身が携わることになる際に、どの範囲まで知っていて、どの範囲を知らないかを確認する 企業HP、業界ニュース、四季報、業界地図、競合他社のHP等
強み・独自性 同業他社をいくつか確認し、「この会社ならではの特色・強み」がどこにあるかを見出す
企業理念 企業理念から、求められる人物像(主にスタンス面)をイメージし、自身との適合性を家訓する
社風・雰囲気 歓迎される人物像や業務への取り組み姿勢をイメージする インタビュー記事、口コミサイト等
求められる知識・スキル 現在の自身の知識・スキルと照らし合わせて、過不足を確認する 企業HP、求人票等

こうしたリサーチを重ねた結果、「この企業で働いてみたい」「こういった文化の会社なら馴染めそうだ」といった手応えを得ることができれば、入社後のミスマッチを軽減する効果が期待できます。

企業研究のチェックポイントについて詳しく見る

転職エージェントの有効活用

転職成功のポイント 転職エージェントからアドバイスを受ける  転職エージェントでは キャリア相談をしたい と伝えれば、無料で相談に乗ってくれます。

転職の意思が明確にあるという25歳の方は、転職エージェントを使っての活動が望ましいでしょう。

なぜなら、転職エージェントでは求人紹介をしてくれるだけでなく、先に紹介したキャリアの棚卸し(キャリアプランの策定)や企業の詳しい状況についても提供してくれるからです。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

また、「どういう人が書類や面接の選考で通りやすく、どういう人が落ちやすいか」についてイメージを持てない人は是非とも転職エージェントを利用するべきです。

転職エージェントはこれまで数多くの転職支援を行った実績から、企業や業界ごとの選考通過のポイントを熟知していることが多いです。

ですが、転職エージェントは会社や担当アドバイザーによって業界や年齢層などの得意分野があるため、どこに登録するか、またどのアドバイザーが担当に付くかによってサポート内容が少なからず変わります。

次章では、25歳の転職におすすめの転職エージェントを7点紹介しています。
ここが自分に合いそう」と思えるサービスがあったら、出来たらリスクヘッジを兼ねて2~3つほど登録を検討してみてください。

4)25歳の転職におすすめの転職サイト・エージェント8点

この章では、25歳の転職におすすめの転職サイト・エージェントを8社、紹介します。

ここで紹介する転職サイト・エージェントはどれも実績豊富ですが、サービスや時期によっては希望する分野の求人が少ない場合もあります。

そうしたリスクを軽減するためにも、はじめに2~3つ登録し、しっかり比較してからメインで利用するサービスを見定めていくことをおすすめします

参考:転職エージェントを利用する際のポイント

Point1 「自分に合いそう」と思える転職エージェント2~3つに登録する。Point2 面談やメール・電話のやり取りから「相性」と「やりやすさ」を確認する

また、自分に合ったキャリアアドバイザーを見分けるポイントとして、以下の3つを意識しておくと良いでしょう。

特に2点目の「何故その求人がおすすめなのか」明確な理由をもって説明できるアドバイザーは「転職者ファースト」でサポートを行ってくれていることが窺えます。

転職エージェントの利用で自分に合ったアドバイザーを見分けるポイント3つ ●キャリア相談に、親身に乗ってくれるか ●求人を紹介する際に、「何故おすすめなのか」についてきちんと納得できる説明をしてくれるか ●求人紹介の量・その後の連絡ペースが、適切と感じられるか

転職エージェントの利用で自分に合ったアドバイザーを見分けるポイント3つ

  • キャリア相談に、親身に乗ってくれるか
  • 求人を紹介する際に、「何故おすすめなのか」についてきちんと納得できる説明をしてくれるか
  • 求人紹介の量・その後の連絡ペースが、適切と感じられるか
転職エージェントを利用する際のポイントを詳しく見る

マイナビエージェント

書類作成、面接準備のサポートの手厚さが特徴。とくに「はじめての転職で、不安…」という人におすすめです。

マイナビエージェントは専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

また、マイナビエージェントは業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、専門知識を持つプロからアドバイスしてもらえるのが特徴です。
業界・職種に特有の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーに相談したい人に適しています。

マイナビエージェントの特徴

特徴
  • 国内企業とのリレーションが強く、優良求人の紹介を受けやすい
  • 特に20代~30代の若手社会人への転職支援に強み
  • 書類添削や面接対策などの支援サポートをじっくり丁寧に行ってくれる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約4.2万件(2022年11月現在)
とくに多い職種 営業職|マーケティング|広報|人事|経理|クリエイティブ(Web・編集・制作など)|ITコンサルタント|システムエンジニア|金融アナリスト|調査・分析|看護師|薬剤師|保育士|不動産専門職|建築・設計アシスタント|デザイナーなど
ワンポイントアドバイス

登録時に「転職理由」と「希望条件(優先したいこと・叶えたいこと)」を丁寧に記入しておくと、その後の求人紹介やサポートもスムーズに進みます。

20代の利用満足度No1
登録は5~10分程で完了します。

doda(デューダ)

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

豊富な求人と、担当からの積極的な提案が特徴。「本気でいい求人を探したい!」ならぜひ登録しておきたい転職サイトです。

dodaは国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。
保有求人は常時10万件以上、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でじっくり求人チェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

また、dodaは「レジュメビルダー(職務経歴書作成ツール)」や「年収査定」など、転職活動をサポートしてくれるツールも豊富です。これらを無料で利用するメリットだけでもdodaに登録する価値はあるでしょう。

dodaの特徴

特徴
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約17万件(2022年11月現在)
とくに多い職種 営業職|企画・管理|技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)|技術職(組み込みソフトウェア)|技術職(機械・電気)|専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)|クリエイター・クリエイティブ職|販売・サービス職|公務員・教員・農林水産関連職|事務・アシスタント|医療系専門職|金融系専門職など
ワンポイントアドバイス

dodaを活用する際は「受け身」にならないこと!スカウトや求人紹介を待つだけでなく、自分からも情報を「取りに行く」姿勢が大切です。

転職者満足度 No1
登録は5~10分程で完了します。

リクルートエージェント

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

国内No1の求人数の豊富さ!転職支援ツールも豊富で、「正しい転職活動を知りたい」人にもおすすめのエージェントです。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

とくに活用したい支援ツールは、企業の特徴から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」です。
25歳での転職では、ミスマッチのない職場選びをするためにも企業研究が非常に重要です。その際、レポート情報はあなたの活動に大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとに25歳への転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェント登録後に無料で活用できる、職務経歴書を自動で作成できる「職務経歴書エディタ」や無料の「面接力向上セミナー」のサービスもおすすめです。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • エージェントレポートや面接力向上セミナー等の「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
公開求人数 約30万件(2022年11月現在)
とくに多い職種 営業・販売・カスタマーサービス|企画・マーケティング・経営|管理・事務|物流・購買・貿易・店舗開発|コンサルタント|金融専門職|不動産専門職|クリエイティブ|SE・ITエンジニア|エンジニア(設計・生産技術・品質管理)|建築・土木|医療・医薬・化粧品など
ワンポイントアドバイス

リクルートエージェントのサポートは効率的かつスピーディに進みます。日頃の活動にかけられる時間を確保しておくと、より有意義にサービスを受けられるでしょう。

求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。

JAIC(ジェイック)

利用者の81.1%が正社員転職に成功!20代の既卒・フリーターにおすすめの転職エージェントです。

JAIC(ジェイック)は、既卒・第二新卒・フリーターに特化した転職支援サービスです。

ジェイックの特徴は、正社員への就職に向けての体制が非常に充実している点が挙げられます。

ジェイックを利用された方のうち、実に81.1%以上※が正社員就職を実現させているのです(※2022年11月現在 公式サイトより)。

ジェイックなら、フリーター・既卒の通常の就職成功率の2倍!
 

画像引用元:ジェイック公式HP

「正社員への就職に向けての体制」としてまず挙げられるのが、無料の研修サービスです。
社会人に必要なスキルやスタンスであったり、営業職に求められる知識・スキルに関するノウハウを、無料で学ぶことができます。

その他、面接対策をはじめとする活動サポートも充実しています。

また、ジェイックが保有する多くの求人は、メーカー・商社業界などの「営業職」です。
内定後の定着率を重視しているため、金融・不動産・飲食などの離職率の高い求人に関しては紹介しない、という方針を取っています。

JAIC(ジェイック)の特徴

特徴
  • 社会人経験の浅い人の転職、特に営業未経験の転職を手厚くサポート
  • 若手育成への意識が高い企業の求人が多く、社会人未経験でも採用されやすい
  • 求職者の「働きたい!」を適える就職支援サービス「カレッジ」
   
サービス対応地域 関東・関西・東北・中部・中国・九州
公開求人数 非公開
とくに多い業種 メーカー|商社|サービス|不動産|IT|広告など
ワンポイントアドバイス

社会人未経験の方は、ジェイック登録後に5日間の無料研修があります(オンライン)。事前にスケジュールを調整しておくとスムーズでしょう。

社会人経験0から正社員に
登録は1分程で完了します。

Re就活

Re就活──第二新卒・既卒・フリーター向けの転職サイト

第二新卒・既卒・フリーターへの転職支援に特化した転職サイト。ポテンシャル重視の企業からのスカウトも届きます!

Re就活の活用メリットは、大きく以下の点が挙げられるでしょう。

  • スカウトサービスで、実務経験のない人でもポテンシャル採用の可能性が高まる
  • 転職イベント・特集ページで業界・企業への知識・理解を深められる

とくに一点目の「スカウトサービス」では、既卒・フリーター向けのスカウト機能を適用する転職サービスはRe就活を除いてほとんどありません。 どんな企業があなたのポテンシャルを求めるのかを知るのにも役立つでしょう。

また、Re就活は転職イベントもふんだんに行われています。登録後のマイページでは近日開催のイベントや業界・領域ごとの特集ページが常時掲載されているので、業界・企業研究にも役立ちます。

Re就活の特徴

特徴
  • 実務経験よりもポテンシャル重視の求人が豊富
  • 大手企業・上場企業の求人も多数
  • 企業からのスカウト機能もあり
サービス対応地域 全国
公開求人数 約1万件 ※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出(2022年11月現在)
とくに多い職種 営業系|企画・事務・管理系|販売・サービス系(ファッション、フード、小売)|ITエンジニア系(SE・システム開発・インフラ)|技術系(電気、電子、機械)|専門サービス系(医療、福祉、教育、その他)など
ワンポイントアドバイス

Re就活は「転職サイト」として求人探しをはじめとする情報収集に有効です。担当者からのサポートはありませんので、マイナビエージェントやdodaなどの転職エージェントの併用がおすすめです。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's。20代・第二新卒向け転職エージェント

第二新卒・フリーターへの転職支援に特化したサービス。求人の7割が「未経験OK」なので、ジョブチェンジしたい人にぴったりです!

マイナビジョブ20’sは若手社会人に特化した転職サービスです。
今回が初めての転職という人や、社会人としての経験が浅い第二新卒・既卒の人におすすめのサービスです。

社会人経験の浅い人や未経験者向けの求人が充実しており、今回が初めての転職という人も、「経験が浅い」「社会人経験が短い」ことを理由に転職支援を断られることはありません。

実際、マイナビジョブ20’sで紹介される求人の約70%は、「未経験OK」の求人です。

マイナビジョブ20'sの求人:約2,500件。そのうち1,700件は「未経験OK」求人

参考:マイナビジョブ20’s公式HP

未経験でも意欲を重視して採用する企業を紹介してもらえますので、社会経験を問わず転職先を見つけやすいのが特徴です。

マイナビジョブ20’sの特徴

特徴
  • 保有求人の7割が「未経験OK」の求人
  • スカウトサービスにより企業から直接オファーが届くことも
  • 転職後の定着率93.6%
サービス対応地域 東京・神奈川・札幌・大阪・愛知
公開求人数 約3,700件(2022年11月現在)
とくに多い職種 営業|事務・管理・企画・経営|販売・フード・アミューズメント|美容・ブライダル・ホテル・交通|WEB・インターネット・ゲーム|クリエイティブ|ITエンジニア|電気・電子・機械・半導体|医薬・食品・化学・素材|建築・土木|コンサルタント・金融・不動産専門職・士業など
ワンポイントアドバイス

転職の方向性が定まっていない人は、登録後に無料で利用できる「Web適性診断」を試してみましょう。診断内容を踏まえ、担当エージェントに相談することもできます。

転職後の定着率93.6%
登録は5~10分程で完了します。

就職ショップ

あなたの可能性はあなたが思うよりもずっと大きい。就職ショップ

未経験からの正社員内定率80%以上!はじめての正社員転職の際におすすめです。

就職ショップは20代・既卒・フリーターを中心とした若手人材向けに特化したサービスとなっています。

扱っている求人はすべて未経験者歓迎・人物重視のため、社会人経験が短い人や経歴にあまり自信がない人でも問題なく利用できるのが特徴です。

「あなたの可能性は、あなたが思うよりずっと大きい」というキャッチフレーズの通り、キャリアコーディネーターが就職・転職希望者の可能性を十分に引き出し、若手育成に力を注ぐ企業を紹介してくれます。

また、就職ショップでは応募時に書類選考「なし」で直接面接へと進むことができる求人が多いといいます。

就職ショップの特徴

特徴
  • 他の就職支援サービスと比べて、未経験向けの求人数が多い
  • 書類選考がなく、確実に面接まで進める求人が多い
  • 就職全般を通してのサポート体制が手厚い
サービス対応地域 関東、関西
拠点 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、神戸
求人数 非公開
とくに多い職種 営業|製造|接客・販売|事務|ITなど
ワンポイントアドバイス

就職ショップは「模擬面接」が強み。練習を通じて担当コーディネーターに「良かった点・悪かった点」の両方をフィードバックしてもらうとよいでしょう。

書類選考なしで面接に進める
登録は1分程で完了します。

目指す業種・職種が定まっている人は「特化型」エージェントの非公開求人もチェックしよう

目指す業界・職種等の分野が明確にある20代の方は「特化型」の転職エージェントがおすすめです。

総合型と特化型の違い

特化型の転職エージェントは、特定の分野に精通したエージェントがサポートと求人紹介をしてくれます。
「この分野における業界や市場について、詳しく知りたい」という方や、「これまで培った知識・スキルを活かせる働き方について相談したい」という方で、目指す分野に特化したエージェントがある場合は、いちど試してみることをおすすめします。

各分野別のおすすめ特化型転職エージェント

   
タイプ ITエンジニア ITエンジニア IT・Web系職種 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門 外資・グローバル 外資・グローバル 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
サービス名 マイナビITエージェント
マイナビITエージェント
レバテックキャリア
ワークポート
ワークポート
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
マスメディアン
マスメディアン
クリーデンス
クリーデンス
MS-Agent
MS-Agent
エンワールド
エンワールド
ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズ
メイテックネクスト
メイテックネクスト
きらケア
きらケア
かいご畑
かいご畑
メリット
  • 書類添削・面接対策が充実
  • 優良企業やレア求人が豊富
  • 求人のマッチング率が高い
  • 担当は全員エンジニア経験者
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 未経験転職への支援に強い
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 企業からのスカウトが多い
  • 都市部から地方までハイクラス層求人が豊富
  • 会計、税務、経理分野に強み
  • 担当から専門性の高いサポート
  • マスコミ・メディア系転職に強い
  • 独占求人・非公開求人が多い
  • アパレル・販売系業界に特化
  • 業界経験ある担当のサポート
  • 管理部門・士業の転職支援専門
  • 管理部門支援実績は業界No1
  • 外資系・グローバル転職に強い
  • 入社後も定期的なフォロー・定着支援
  • 選考突破率の高さで評判
  • 英文レジュメの作成支援あり
  • 製造系エンジニア支援実績No1
  • 模擬面接サポートが手厚い
  • 職場環境を詳しく聞ける
  • 担当から専門性の高いサポート
  • 未経験向け求人豊富
  • 資格取得の支援制度あり
デメリット
  • 求人は都市部に寄っている
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 求人は質よりも量を重視
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 急ぎの転職には不向き
  • 全ての求人を見るには有料会員になる必要あり
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 正社員求人は少なめ
公開求人数 1.6万 1.6万 6.1万 1.5万 30万 8.4万 3,500 4,100 1,200 7,500 1,000 2,000 3,000 2.9万 1万
得意業界/職種 IT・Web IT・Web 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門・士業 外資系 外資系 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・中部(東海) 東京・大阪 関東・関西・東海 全都道府県 東京・愛知・大阪+海外 東京・愛知・大阪+海外 東京・名古屋・大阪・福岡 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策のサポートをしっかり受けたい人
  • キャリアアップ・年収アップを目指す人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 企業からスカウトを多く欲しい人
  • 会計、税務、経理、財務分野を目指す人
  • マスコミ・メディア系職種の人
  • アパレル・ファッション系業種の人
  • 管理部門・士業での転職を検討している人
  • ハイクラス・グローバル系企業を目指す人
  • 英語力を生かした転職をしたい人
  • ものづくり・製造系エンジニアの人
  • 職場環境を重要視する人
  • 未経験から介護職を目指す人
公式サイト

表内の求人数は2022年11月時点のものです。

まとめ)キャリアや強みを見直して転職するかしっかり検討しよう

はじめに紹介した通り、25歳は転職にはベストなタイミングです。
そこで転職も視野に入れながら、どんな業界や職種があるのか、積極的にチェックしてみましょう。

もちろん「必ず転職しなくてはならない」というわけではありません。
転職が必要か、まずはキャリアや強みを見直したうえで検討してみてください。

さらに転職エージェントを利用すると、現在の仕事と求人を比較できるため便利です。
的確なアドバイスも受けられるため、転職エージェントを利用するメリットは少なくありません。

現在の職場の良い部分を再認識できる可能性もあります。
たとえ転職しないと決めた場合でも、きっと今後の役に立つことでしょう。

目次[ 閉じる ]