『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職エージェントを上手に活用するために、必ず押さえたいポイント4つ──転職の裏側(2)

[最終更新日]2019/02/13


15

「転職エージェントを有効活用しよう」──とはよく聞きますが、どういう風に活用すればよいか、今一つイメージが付かなかったりしませんか?

今回は、そんな「転職エージェントの上手な活用方法」について実際にキャリアアドバイザーとして転職エージェントで働いている人の観点から、インタビュー形式で確認していきます。

目次

今回のインタビュイー(インタビューを受ける人)

宮野木 哲(仮)

30代 男性
某大手人材紹介会社のキャリアアドバイザー。毎月50~60名もの求職者との面談を行い、転職に関するアドバイス・サポートを行う。

1)転職エージェントを上手に活用する為に、必ず押さえたいポイント4つ

宮野木さん、それでは今回もよろしくお願いします。
今回は、「転職エージェントを上手に活用するために」というテーマでお話しできればと思っております。

宮野木さん

よろしくお願いします。──確かに、転職される方がそのあたりを知れていると、転職活動はより有意義になりそうですね。

「転職エージェントを上手に活用するためのポイント」みたいなものって、あるんでしょうか。

宮野木さん

そうですね──。
以下の4点あたりを意識すると良いと思います。

①キャリアアドバイザーから「有益な企業情報」を入手する
②キャリアアドバイザーと「転職理由」を一緒に創る
③「面談対策」のメリットを知る
④転職エージェントの強みと弱みを知る


ざっとこの4点を見て、具体的にどういう行動を指すか充分にイメージ付くという方は、すでに転職エージェントを上手に活用できている方でしょう。
逆に、「これってどういうこと?」と思われた方は、まだ転職エージェントを上手に活用できていない可能性があります。

なるほど──。それぞれ、なかなか興味のある内容ですね。
では、具体的にそれぞれの項目について、教えていただいても良いでしょうか。

2)キャリアアドバイザーから「有益な企業情報」を入手する

宮野木さん

まず一点目、「キャリアアドバイザーから『有益な企業情報』を入手する」について。まあ、転職エージェントを活用するとしたら、当然の話にはなるのですが。

これは、求人票の情報を共有してもらえる──ということですよね?

宮野木さん

もちろんそれも含まれますが、それだけではありません。具体的には、以下の内容も含まれます。

・組織の構成比率(男女比率、年齢比率等)
・具体的な仕事内容(1日のタイムスケジュール)
・昇給、昇格に関しての詳細情報(評価条件等)
・社員のキャリアアップのモデルケース
・会社・事業の風土、雰囲気
・求める人物像の詳細


※ 上記情報の範囲は、転職エージェントにより異なりますのでご注意ください。

──これら情報は、基本その会社のHPや求人票には書かれていません。転職エージェントが実際に企業の採用担当の方にヒアリングして得られる情報です。

たしかに、こういった情報は貴重そうですね。
ちなみに、これら企業情報を転職活動者に伝える目的はなんでしょう?

宮野木さん

転職される方々に、「この会社を選んでよいのかな」という判断をしやすくしてもらう為です。
もちろん、企業研究はある程度転職者の方々のほうで自主的に取り組んでもらう必要はあります。ですが、企業研究では知りえない、その企業の内部情報を私たち転職エージェントの方でお伝えすることができます

「どこでも良いから転職したい」という人は殆どいませんよね。
誰もが、転職後の職場がしっかりマッチングして、やりがい・働きがいのある環境で働きたいと思っているはずです。ですが、その為の適切な判断をするには、個人で行う企業研究には限りがあります。
そういった、「この企業は、本当はどんな会社なんだろう」のイメージが付くところまで情報を掘り下げて伝えていけるのは、転職エージェントの一つの大きな強みと言えるのでは、と。

3)「転職理由」を一緒に創る

──転職エージェントから得られる企業情報が、転職成功の一番の決め手になるんでしょうか?

宮野木さん

うーーん、企業情報自体が「転職成功」の決め手になるかは、まあ難しいところですね。
成功云々で言うならば、良く言われるのが「転職理由」をどこまで精査できるか──ですね。

今回の「転職エージェントを上手に活用する」というテーマでお話するとしたら、「転職理由」自体も「転職エージェントと一緒に創る」ことを意識されると良いでしょう

ああ、前回もそのようなことをお話していましたよね。

宮野木さん

ええ。やっぱり企業は転職者の「転職理由」を一番意識します。──理由の「なぜ(WHY)」には、転職者の「将来こうなりたいから」「こんな成長がしたいから」といったポジティブなものから、「こういう仕事は苦手だったから」「前職の職場のここが嫌だったから」といったネガティブなものまで含まれます。かつ、大体にして人が転職する時って、その理由は一つではないんですよね。

そして、言ってしまえばそれらは「現在の職場を辞める理由」がほぼほぼメインです。ですが、転職される方がひとつの求人企業に応募する際には、更に「その会社を選んだ理由」も「転職理由」に付加する必要があるわけですよね。

企業が求める「転職理由」のイメージ(図挿入)

宮野木さん

転職エージェントでは、上記「転職理由」を考えていく際に、特に「新しい会社を選んだ理由」を一緒に考えていくことができます。この部分は、転職者自身はなかなかイメージを持ちにくいところでしょう。

なるほど。だから転職理由は転職エージェントと一緒に「創る」のが望ましいんですね。

宮野木さん

そうですね。転職エージェントの方では、「新しい会社」になる企業の特徴や、企業が求めている人材についても知見がありますので、この部分を転職者ひとりで創っていくよりも圧倒的に効率的です。

4)「面談対策」のメリットを知る

「面談対策」って、よく転職エージェントのサービスでありますけど、やっぱり対策をやったほうが成功率は高まるんですかね?

宮野木さん

そうですね。面談対策までやられた方の方が、内定を得られる確率は高まります。
一緒に進めていても、その感覚は強く感じますね。
もちろん、面談対策なしで内定を貰える人もいますが、全体的に見るとやはり面談対策の効果を活用すべきかな、と。

なぜ、面談対策は効果があるんでしょう?

宮野木さん

まず、企業ごとに転職面談の進め方って大きく変わってきます。
特に、ベンチャー系企業の方々はその傾向が強いですね。きっと、色々試しながらの採用をされているのでしょう。

例えば、面接官を複数にしているであったり、冒頭の15分を筆記ワークにしている、志望者に「10分間プレゼン」を求めるであったり──。また、質問内容はも企業によって特徴が分かれます。
自分が思っていた面談形式でないと、結構焦ったりしますからね。

転職エージェントでは、そういった面談の進め方や質問内容を教えてくれるってことでしょうか。

宮野木さん

そうですね。さすがに未来の面談内容をすべて予言することは不可能ですが、これまでの特徴から予測を立てることは可能です。
──なぜそれが出来るのかというと、企業さんによってはそれら面接の進め方を共有してくれるところもあるので。それから、私たちの方でも過去の応募者の方々に「さっきの面談、どうでしたか?どんなことを聞かれましたか?」といったことをヒアリングして、そこで聞いた内容をDBに蓄積していってるんですね。

なるほど。だから企業の転職面談の特徴が分かるということですね。

宮野木さん

そうですね。よく転職される方々が誤解されるのですが、転職エージェントで受ける「面談対策」は、面談のスキル向上が主の目標ではなく、メインは「その企業に関する情報提供」なんです。

コミュニケーションは、相手を知っているほど活性しますよね。転職面談もしかりです。
そして、その点のサポートを受けられるのが転職エージェントの最たる特徴と言えるでしょう。

5)転職エージェントごとの強みと弱みを知る

ここまで、転職エージェントの上手な活用方法について、

・有益な企業情報を得ること
・転職理由を一緒に創ること
・面談対策を上手く活用すること

の3点についてお話しいただきましたが、これらの手法はどの転職エージェントに申し込んでも同じように受けられるのでしょうか?

宮野木さん

いえ。転職エージェントによって、享受できるメリットは少なからず異なります。
例えば、実績が豊富な大手転職エージェント(例えばリクルートエージェントdodaマイナビエージェント等)でしたら、各求人企業との取引実績も多くなり、転職者にアドバイスできる情報も多くなるでしょうからね。かつ、これまでの経験から事業もシステマチックになっていて、スピード感もあります。

──となると、転職エージェントは「大手有利」となるのでしょうか。

宮野木さん

いえ、そうとも言い切れなくて。
後発の転職エージェントの場合、「実績」や「数」では勝負できないので、その分「品質」にこだわる傾向が強いです。その結果、大手転職エージェントよりも、転職者や企業に対して「じっくり向き合う」形式をとることが多い。──いわば、転職者と企業との「両想い」のケースを沢山作っていこう、という感じでしょうか笑。

もし、「転職エージェントからの、親身で手厚いサポートが欲しい」というニーズがある場合は、大手転職エージェントよりも規模の小さい転職エージェントの方がおすすめの場合もあります。良く言われる「特化型転職エージェント」もこちらの部類に含まれます。

逆に大手転職エージェントは、各キャリアアドバイザーに転職成功の「ノルマ」が課せられているケースが多いんですよね。だから、その分スピーディに対応してくれますが、じっくり向き合ってくれるかどうかは「大手だから安心」とは言い切れない場合も少なくありません

参考:大手転職エージェントとそれ以外の転職エージェントのメリット比較

メリット
大手転職エージェント ・求人数が多い
・実績豊富で、提供できるアドバイスも多い
・スピーディな対応が可能
中小規模の転職エージェント
(または特化型転職エージェント)
・じっくり向き合った対応をしてもらえる
・専門分野がある場合、アドバイザーの深い知見でサポートしてくれる

なるほどですね。──転職者は具体的に、これら大手転職エージェントと中小規模の転職エージェントで、どう活用していくと良いのでしょうか。

宮野木さん

基本は、「大手転職エージェントと中小規模の転職エージェント、両方登録しておくこと」をおすすめします。
どちらも強み・弱みがありますからね。両方登録しておけば、それぞれの弱みを補完できますから。

しばらく使ってみて、相性の合うキャリアアドバイザーが見つかったら、段々とそちらに比重を置いていくと良いでしょう。

参考:転職で後悔しない&失敗しない転職エージェントの選び方!

まとめ エージェントを「活用する」ことが、転職成功への近道

今回も詳細にお話いただき、ありがとうございました。
最後に、現在まさに転職活動を始めようとされている方に向けて、メッセージをお願いできますでしょうか。

宮野木さん

とにかく、「転職エージェントを上手く使おう」と考えていただければと思います。
転職エージェントは、転職活動している方から「活用される」ことに存在意義がありますので。

今回挙げた4つの活用ポイントの、特に最初の3つ「有益な企業情報を得ること」、「転職理由を一緒に創ること」、「面談対策を上手く活用すること」については、活用しないと逆に勿体ないですね。遠慮せずに、どんどん試してほしいなと思います。

そうすることによって、転職エージェントの方でも転職活動者に対する事例が蓄積していきますので。──転職がうまく行った、行かなかったについても変に転職エージェントに気を遣いすぎず、どんどん活用するよう意識されることをおすすめします。

長時間のインタビュー、どうもありがとうございました!
次回もまたよろしくお願いいたします!

参考:おすすめの転職エージェント

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)
サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)
サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)