『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

33歳 転職のポイントと体験談事例、おすすめの転職サービスランキングTOP3

[最終更新日]2019/04/15


10
33歳の転職を成功に導くために 転職成功者の体験談とポイントを紹介

「33歳になるけど、転職をしようかどうしようか」と迷っていませんか。

33歳での転職は、時期的に決して悪いタイミングではありません。

20代で転職経験がある33歳が再び活動を始めると、企業側が求めるものが変化したことに気づくはずです。
というのも、企業が30代の社員を中途採用する場合、即戦力として活躍してくれることを期待しているからです。

そこを掛け違うと、20代のようにキャリアチェンジがうまくいくとは限りません。

目次

1)33歳転職のポイントは「キャリアプランを設計」しておくこと

33歳の転職は、「キャリアの棚卸し」が大切!

33歳での転職は、明暗がくっきり分かれます。

転職を成功させたいと思うなら、自己分析をきちんと行い、キャリアの棚卸しをしたうえで、将来についてきちんと考えておくことが重要です。

自分が持つスキルとキャリアを踏まえて、今後どんな仕事をし、何を実現したいのか、キャリアプランを設計するのが大原則となります。

自ら描く将来像に近づくためには、どんな企業を選ぶのかという観点で求人を取捨選択できれば、入社後のミスマッチをなくすことにもつながります。

また、希望の会社で自分はどんな仕事がしたいのか、どんな貢献ができるのかを説明できるように、企業研究と面接対策もしておくのがセオリーです。

面接官のどんな質問に対しても、自分らしい回答ができれば、内定に近づくこと間違いなしです。
そこで、キャリアプランの設計を行ったことで、転職に成功した先輩の事例を紹介しておきましょう。



33歳の転職体験談① システムエンジニアからITコンサルタントに転職! のぶたさん 東京

30歳を過ぎたあたりから、「これから何をやりがいに、生きがいにしていけば良いんだろう・・・」──と、思うようになりました。
転職前 転職後
職業 システム・インテグレーション ITソリューション
職種 システムエンジニア ITコンサルンタント
従業員規模 10,000~20,000名 1,000~1,500名
年収 500~600万円 600~800万円

31歳の私は、都内のIT企業でシステムエンジニアとして働いていました。

クライアントの要望を叶えるシステムを導入するため、幅広い業務に関わる仕事に充実感がありましたし、自分でタイムマネジメントができたので、ストレスを感じることもありませんでした。

しかし、そのまま経験を積めば、先輩たちと同じようにプロジェクトリーダーを任させることになるとわかっていました。

そうなれば、さらにやりやすい環境はつくれても、自社製品をカスタマイズして導入することのくり返しにやりがいを感じられるかどうか、疑問に思うようになったのです。

それをきっかけに熟考を重ね、私は次のステージに向かいたいという気持ちは固まったのですが、本当に転職すべきかどうかの判断がつかず、キャリアプランの再構築には時間がかかりました。

それで辿り着いたのが、自分の強みであるITの知識とスキルを生かして、経験を積んでキャリアの幅を広げられそうな「ITコンサルタント」を目指すことにしたのです。

転職エージェントの尽力もあって、ITコンサルティングを行っている会社に転職できました。
キャリアの棚卸しを行い、自分が本当にやりたいことは何かに気づいたことで、満足のいく転職ができたと思います。

私の転職体験談:システムエンジニアのプロジェクトリーダーの道を捨て、ITコンサルタントに転職!

自分が歩みたい未来を明確に描くことで転職を成功

システムエンジニアからITコンサルタントに転職したのぶたさんは、「これが自分がやりたかったことだった」と実感したといいます。

要件が決まった後でクライアントに依頼されるシステムエンジニアとは違い、ITコンサルタントは構想段階から関わることができます。

市場や社内の環境を踏まえた提案を行ったり、クライアントのニーズは考慮しながらも、一歩進んだ提案をするなど仕事の幅も広がり、人との出会いを通して多様な価値観を知り、日々勉強だと感じているのぶたさん。
それが実現できたのは、自分のキャリアを踏まえて、何がやりたいかが明確に決まっていたからです。

33歳の転職で、見習いたい事例の一つといえるでしょう。



33歳の転職体験談② 「もっと未来を【選べる】人生」にしていくこと。 ゆうたながさん 東京

転職後の、現在の私の目標は「自分のキャリアを、もっと選べる人生にする」ということこと。
転職前 転職後
職業 医療系人材紹介 人材紹介
職種 営業 営業
従業員規模 301~500名 5,001名以上
年収 500万~550万 650万~700万

3度目の転職活動を始めたとき、私と妻は31歳、6歳と4歳の子どもがいました。

仕事自体にはやりがいを感じていたものの、勤務先は親会社からの出向者が多く、優秀でない人が戻れずにポジションを独占していたり、仕事に慣れてルーティン化してきたり、将来の待遇面で大きな夢を描けない現実が重なり、徐々に転職の意思が固まっていったのです。

とはいえ、家族がいての転職ですから、待遇を落とすことはできません。
そこで、自分のキャリアを生かした転職をするために、2つの転職エージェントに登録。応募を始めました。

転職活動で苦労したのは、面接時間をつくることです。仕事を続けながらの活動だったので、結局4社しか受けられず、内定をいただいた現在の会社に決めました。

振り返ると、もっとたくさんの企業を受ければよかったと思います。
きちんと比較検討をしたうえで、自分に本当に合う職場かどうかを考えたかったからです。
だからこそ現在の目標は、「自分のキャリアをもっと『選べる』未来にしていくこと」です。

これからもさまざまな出会いのなかでいろいろな価値観に触れ、ワークライフバランスのとれた生き方をしていけたらと考えています。

私の転職体験談:人材紹介会社で10年働いて、今思うことは「もっと未来を【選べる】人生」にしていくこと。

「何が改善されれば転職成功か」を明確にする

前職と同じ人材紹介業で、ハイクラス転職を実現したゆうたながさんの転職体験記を紹介しました。

新卒で入社した不動産会社はリーマンショックの影響でリストラ、2社目の外資系保険会社では成果を上げられず5カ月で退社。

3社目の医療系人材紹介の会社でようやく成果をあげたものの、福岡から東京に転勤したことをきっかけに、このままでよいのかと自問自答をくり返すようになったといいます。

在職中の転職活動だったため、時間は限られていましたが、組織のトップのビジョンや方向性、組織づくりに共感できた会社に入社を決めます。

しかし、考えを深めることなく転職活動を終わらせてしまったという気持ちがぬぐえないといいます。
この経験をムダにせず、いずれ戻る予定の田舎で、一つではなく、パラレルキャリアを目指す予定だそうです。

不満はないけれど、満足ともいいきれない転職をしないために、選択肢を多く持つ重要性に気づかせてくれるエピソードでした。



2)33歳、やむを得ない理由での転職は?

非正規社員と比べると、正社員の雇用が守られているのは事実です。
しかし、それが日本企業全般に行き渡っているかというと、そうではありません。

労働組合があって、コンプライアンスを遵守している大企業はともかく、中小企業ましてや同族企業の場合、オーナーの一存で、正社員の生殺与奪が決まることも少なくないのが現実です。

会社の業績が悪化して、社員をリストラしなければならなくなったとき、大企業であれば給与の高いシニアから候補にあげていくことが多そうです。

しかし中小企業の場合、年齢による給与格差が少ないことも多く、オーナーの考え方によっては、33歳でもリストラの対象になりえます。
つまり、33歳で正社員雇用されているからといって、一生安泰なわけではないということです。

また、労働力を搾取するブラック企業に勤務し、安い給料で心身をすり減らすくらいなら、ホワイト企業への転職を目指した方がよいに決まっています。

そこで、やむを得ない理由で33歳の転職を果たした先輩たちの体験談をご紹介します。



33歳の転職体験談③  「暗くて長いトンネルを潜り抜けるような日々」 まさみさん 福岡県

リストラの宣告を受けたときのイメージは、「自分という人間を完全に否定された」というものでした。
転職前 転職後
職業 建設会社 法律事務所
職種 一般事務・総務関係 一般事務(法律事務)
従業員規模 100人前後 5人
年収 300万円 270万

建設会社の事務職員として勤務していた私は、社員を裏で支える仕事にやりがいを感じていました。
しかし、会社の業績不振の影響で、突然リストラの宣告を受けたのです。
その直前に、社員の給与が下がるという噂は耳にしていて、総務部に通達があったことを教えてもらいました。

数十人規模の社員がリストラ対象として上司と面談していましたが、自分の身に及ぶとは想像もしておらず、「自分を完全に否定された」という気持ちだけが残りました。

精神的なショックも大きく、在職中もリストラ後も、何もする気にならない日々が続いたのです。

転職活動を始めようと思えたのは、友人の言葉がきっかけです。
何もできずにふさぎこんでいる私に対し、「リストラされてさらに腐っていたままでは、人生がもったいないのでは?」といわれ、「このまま人生を終わらせたくない」と強く思ったのです。

その後は、リストラされた会社よりよいところに就職することを目標に、ハローワークや転職サービスなど、ありとあらゆるものに登録・活用し、4カ月後に再就職を果たすことができました。

現職もよいことばかりではありませんが、自分が努力することで悩みが軽くなってきたので、今後もがんばっていこうと思っています。

私の転職体験談:退職勧告を受け、そして転職活動──「暗くて長いトンネルを潜り抜けるような日々」

「前よりもいい会社に」リストラ後も前向きな活動が大切

前職でリストラにあい、辛く落ち込む日々を経て転職を果たした、まさみさんの体験談でした。

リストラ後の転職活動は、自分に自信を持つことができず、モチベーションが低い状態で取り組みがちです。
そのため、希望にあった求人を見つけて応募しても、「前職で否定された自分には無理なのではないか」という自信喪失状態に陥り、それが応募書類や面接時の受け答えに顕れてしまうケースも少なくありません。

しかし、まさみさんは友人のひと言で、暗いトンネルを抜け出します。
そして、前職よりよい会社に転職するという目標を達成したのです。

現在のまさみさんは、「長い人生を考えれば、リストラも悪いようでよい経験だったのかもしれないと思えるようになった」といいます。

リストラという事実にとらわれるのではなく、それをステップに前向きに転職活動を行えば、事態を好転させてくれることもあると、教えてくれるエピソードでした。



33歳の転職体験談④ リストラ後も、前職(人材紹介会社)での経験を活かして ぶたさん 東京都

会社はイザというときは非情であるということを知りました。「存亡の淵に立たされた時、会社は社員の人生なんて考えない」ということです。
転職前 転職後
職業 人材紹介会社 大手鉄鋼メーカー子会社
職種 法人営業 資材調達・購買
従業員規模 600名 1000名
年収 400万~450万 350万~400万

新卒で入社した人材紹介会社は当時活況で、目が回るほど忙しい毎日を過ごしていました。
昼は新規のテレアポとりと企業訪問、夕方に会社に戻って残務整理と、帰宅が21時を過ぎるのは当たり前。

それでも、さまざまな企業の人事担当者から話を伺い、登録されている単色希望者との間に入りながら折衝を行うという仕事を通して、1年でサラリーマンとして成長することができたと思います。

しかし、2008年9月にリーマンショックが起こり、状況が一変。クライアントが採用活動を中止したことで、会社の業績がみるみる悪化し、私も退職勧告を受けました。

入社してわずか1年でのリストラだったうえ、転職市場も冷え込んでいる状況でしたが、商材が求職中の他人から自分に変わっただけで、営業はこれまでの仕事と同じだと考えたからです。

職種は前職のスキルを生かせる営業に絞り、業界を人材紹介からメーカーに変更。人材紹介会社で培ったノウハウを駆使しながら、転職サービスを利用して50社ほど応募しました。

ですが、面接に進めたのは約20社で、手ごたえを感じても最終まで残れたのは数社だけでした。
企業側としては、即戦力を採用したかった結果だと思います。

その後、中堅製薬メーカーのMR職と、大手鉄鋼メーカーの総合職の内定をいただき、安定性を重視して後者を選択しました。

この経験を通して学んだのは、いざとなれば会社は非常であること。そして、短期間でも仕事で得たスキルは、転職活動を切り開く武器になることの2つです。

私の転職体験記:リストラ後も、前職(人材紹介会社)での経験を活かして

前職のスキルを何に活かせるか、しっかりと吟味する

スキルを得るためには、目の前の仕事に一生懸命取り組むことが大事だ」という言葉が印象的なぶたさんは、新卒入社し1年でリストラという憂き目にあいます。

しかし、入社してからずっと、クライアントである企業と求職者の間に入り、がむしゃらに仕事をしていたことで、営業のスキルが磨かれたことが功を奏しました。

前職で得た「相手の懐に入り込む」「役員や人事の採用基準を見極める」「面接で相手が納得するストーリーづくり」「自己アピールを聞いてもらうための方法」など、得たノウハウを駆使して、前向きに転職活動に取り組んだのです。

内定が出るまでの道のりは決して楽なものではありませんでしたが、腰を落ち着けて働けそうな会社への転職が決まります。

真面目に仕事に取り組んで身につけたスキルがあれば、それを通して武器に転職活動で戦えることを教えてくれる体験談でした。



3)33歳で転職ではなく、起業したいなら

会社員を10年も続けていると、職位も上がり、社内での自分の将来も見えてくるようになります。

会社員だから安定できる世の中ではないからこそ、30代前半で起業をする人が多いのは事実です。
しかし、起業した全員が成功するわけではありません。

会社員のうちに、起業を成功させるために必要なスキルやノウハウを、いかに得ておくかが大事なのです。

まず、起業準備は在職中に始めることをおすすめします。
仕事を続けながら、朝や夜、休日などのプライベートタイムを使って、副業として仕事を始めましょう。

また、会社でリーダー職やマネージャー職を経験しておくのも役立ちます。
そうした経験を通して、人間性が磨かれるからです。
上司や同僚、部下と協力関係を築いて協働する、仕事のために我慢するという経験は、起業後に役立つからです。

では、33歳で起業した人の体験談を紹介しておきましょう。



33歳の転職体験談⑤  「起業したい!」自分で障害福祉サービスを立ち上げて 第一さん 北海道

「起業したい」───でも、何から手を付けて良いかわからない。
転職前 転職後
職業 職業指導員 合同会社 代表
職種 障害福祉サービス 障害福祉サービス
従業員規模 5名程度 4名
年収 230万 400万円

障害福祉サービスの会社で5年間、職業指導員として働いていました。

障害を持っている人の就労支援を行っていましたが、周囲に対する関心は低く、誰に対しても当たり障りのない対応をするだけで、やりがいを感じることもありませんでした。

職場で特定の同僚との関係が悪いうえ、上司は仕事を部下に丸投げという環境では自分が成長することがなく、次第に支援されている方に申し訳ないと考えるようになったのです。
そんな閉塞感を抱えていたとき、ネットサーフィンをしていて「起業」という言葉が目についたのです。

当時は別な会社への転職を検討していましたが、起業した方が人生が充実するのではないかと思い、何をすべきかを調べることから始めました。

起業や福祉サービスの許認可の取得、開業資金の準備などを調べ、知り合いに行政書士の方を紹介してもらい、準備に入りました。

その後も、スタッフや利用者さんの募集、物件探し、内装、設備の搬入に奔走し、無事に開業することができたのです。

今後は利用者さんが就労まで進めるようサービスの充実を図りながら、収益を上げ、事業所数を増やしていけるよう、がんばっていきたいと思います。

私の転職体験談:「起業したい!」自分で障害福祉サービスを立ち上げて

起業では、必要な知識と頼れる人脈の確保が不可欠

会社員から自分で起業した、第一さんの体験談でした。

ネットで情報収集し、やるべきことがわかっても、それを一人でやりきるのは大変なことです。
そんなときに第一さんを助けてくれたのは、周囲の人たちでした。

起業や福祉サービスの許認可を担当する行政書士、物件を探してくれた不動産屋の方などを、知り合いに紹介してもらえたことは、大きな力になったはずです。

起業するためには、知識や人脈が不可欠です。

第一さんは会社員時代に意識してそれらを確保したわけではありませんが、周囲の方々の協力があって、現実の問題を一つひとつクリアしていきました。

とはいえ、起業後に知識不足を感じたこともあったようです。
いきなり起業するのではなく、段階的に必要なものを確保しながら準備する大切さを教えてくれるエピソードだったといえるでしょう。



4)33歳の転職で、おすすめの転職サービス ランキングTOP3

”転職エージェントとの面談シーン”

33歳で転職をするからには、将来のキャリアにつながる選択をする必要があります。
ですが、個人で集められる情報には限りがあるため、転職サービスを活用するのがおすすめです。

得意とする業界や職種、エリア、扱う求人などにも違いがあるので、転職サービスは複数を併用するのがセオリーです。
そこで、33歳におすすめしたい転職サービスをご紹介しておきましょう。

順位 サービス名 評価 対応エリア 拠点
1位 パソナキャリア コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 全都道府県
2位 JACリクルートメント コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 〇
関東・中部・関西・中国地方圏 東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島
3位 doda コンサル ◎
サポート 〇
求人の質・量 ◎
全国 北海道・宮城・東京・横浜・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡

1位 パソナキャリア ──手厚い転職支援を希望する方におすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
  • ◎サービス品質への利用者の評価が高い
  • ◎幅広い職種の求人がある

33歳の求職者のなかでも、初めて転職をする人に特におすすめしたいのが、パソナキャリアです。
取引のある企業が16,000社以上、転職支援をした延べ人数が25万人と豊富な実績を誇り、女性の転職にも強いと評判です。

33歳での転職は、業界や職種が幅広いものですが、パソナキャリアでは専門に精通したキャリアアドバイザーを配置。
キャリアカウンセリングを通して、キャリアの棚卸しから今後のプランの再構築まで、親身に対応してくれます。

企業との関わりが深いことから、どのような人材を求めているかをリサーチしたうえで、的確な応募書類の添削や面接指導を行ってくれるのも魅力です。
合わせて、面接日や入社日の調整や給与の交渉は、パソナキャリアが企業と責任をもって行ってくれます。

転職するにあたり、親身になってサポートしてくれるプロを探している人におすすめです。

サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)

2位 JACリクルートメント ──ハイキャリア転職を実現したい方におすすめ

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。
  • ◎エージェントの品質が高い
  • ◎ハイキャリア層のサポートに強い

転職するにあたり、年収600万円以上の求人を探しているなら、JACリクルートメントがピッタリです。

JACリクルートメントの特徴は、30代のハイキャリア並びにエグゼクティブ層に特化した、外資系転職サービスを提供していることです。

外資系企業だけでなく、日系の大手優良企業の求人も取り扱っており、求人の年収は600万円から1000万円と幅広いのが魅力です。

ハイキャリア専門の転職支援を支えてくれるのは、業界や職種に精通したキャリアアドバイザーで、クライアントの評価も高いといいます。

ただし、33歳であっても経歴やスキル、キャリアが浅いと判断されれば、求人の紹介すらしてもらえない可能性があります。
とはいえ、登録することで自分の市場価値を知ることができるので、年収アップを目指して転職活動を行いたいと考えているなら、登録することをおすすめします。

サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)

3位 doda  ──希望の求人がなかなか見つからない方におすすめ

転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
  • ◎求人数の多さ
  • ◎組織力が高いため、サービス品質が高い

人材紹介の先駆けであるパーソナルキャリア社が運営しているdodaは、知名度も実績も高い転職エージェントの一つです。
取り扱っている求人数の豊富さに定評があり、80%以上が非公開求人といわれています。

あらゆる業界や職種、エリアの求人が集まっているため、自分の希望条件に合ったものが探しやすいと好評です。

さらに他社では見ることのない非公開求人が豊富なので、33歳の求職者のスキルや経歴、キャリアプランを考慮して、最適な案件を紹介してくれるのは魅力です。

また、dodaは年間18,000人以上の求職者の転職を実現しており、応募者の人間性や長所を記載した推薦書を用意して企業に提出するなど、内定するまできめ細かなサポートをしてくれます。

転職活動を始めるからには、絶対に登録しておきたい、転職サービスといえます。

サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

まとめ 33歳という年齢に即した転職活動を実践しよう

さて、ここまでの内容をざっとまとめてみましょう。

33歳で転職する際のポイント

  • 「転職してどうなりたいのか」キャリアプランを立てておく
  • リストラなどのやむを得ない転職活動でも、自分のスキルを活かし前向きに取り組むことが必要
  • 起業する際は、きちんとした知識の習得と頼れる人脈づくりを

33歳で転職活動を始めるきっかけが自発的であっても、リストラであっても、応募する企業が求めることは同じです。
それは、入社後に即戦力として活躍できるスキルやキャリアがあるかどうかです。

さらに、自社に貢献してくれると感じられるやる気も不可欠といえます。

転職市場での自分の年齢と求められるものについて理解し、どんな決断をするうえでもきちんと情報収集し、再構築したキャリアプランを実現すべく、前向きに活動するのがポイントです。

この記事が、これから転職あるいは起業しようと考えている33歳の人の参考になれば幸いです。