『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

29歳の転職を成功させるには?意識すべきポイントと、成功談・失敗談事例を紹介

[最終更新日]2021/09/03

29歳で転職したほうが良いケースとは?成功談・失敗談を交えてポイント、注意点を紹介!

29歳という年齢に差し掛かり、やがて訪れる30代に向け転職を考えているという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ある程度のスキルやキャリアを積んだ29歳ともなると、自分の勤めている会社の実情や目指したいキャリアプランなどが見えてきて、転職について検討するのは珍しいことではありません

目次

1)29歳転職の判断軸は?「転職」が良いケースと「再検討」が良いケース

29歳で転職した方が良いケース:・チャレンジしたい業界職種がある・現職でキャリアアップが見込めそうにない・今後のライフステージの変化を見据えている。いったん再検討する方が良いケース:・既に複数回転職をしている・人間関係を理由にした転職

29歳は若さと実績を兼ね備えた「即戦力」を期待できる人材として、企業側からも需要が高い年齢です。
ですが、29歳の転職においてもその理由の如何によっては、すぐに転職した方が良いケースと、一旦転職を考え直した方が良いケースがあるでしょう。

まずは29歳の「転職したほうが良いケース」、「いったん再検討する方が良いケース」とはどういうものかについて、詳しく見ていきましょう。

29歳で転職した方が良いケース ・チャレンジしたい業界・職種がある
・現職ではキャリアアップが見込めそうにない
・今後のライフステージの変化を見据えている
いったん再検討する方が良いケース ・既に複数回の転職を繰り返している
・「気の合わない上司がいる」などの人間関係を理由とした転職

29歳で転職した方が良いケース

チャレンジしたい業界・職種がある

ポテンシャルを加味してもらえる最後のチャンス!

30代以降は、20代に比べると未経験へのキャリアチェンジ転職への難易度は上がっていきます。
そのため29歳でチャレンジしたい業界・職種があるという方は、ポテンシャルを加味してもらえる「最後のチャンス」と捉え、転職に踏み切ってみるのも良いでしょう。

しかし、一定の社会人経験やスキルを有した人材として、ポテンシャルだけではなく「できるだけ早く業務を覚え、即戦力となって活躍してくれるか」「ゆくゆくは管理職・リーダーとしてのポストを任せられる人材か」といった企業側の求める人材像についても意識しておくことが大切です。

現職ではキャリアアップが見込めそうにない

現職では望むキャリアが叶えられそうにない場合

30代を目前に控えている中、今後のキャリアイメージを持っており、かつ「現職ではそれが叶えられそうにない」と感じている方は、転職を検討すべきタイミングかもしれません。

採用面接の場でも、「5年後、10年後のキャリアプラン」について尋ねられる機会は多くあります。
自身が思い描く具体的なキャリアプランを示すことで、企業側もあなたを採用した後の活躍をイメージしやすくなります。

今後のライフステージの変化を見据えている

結婚や出産、育児などライフステージを見越した転職の場合

29歳ともなると、社会人生活としてだけでなく、結婚や出産・育児など、私生活においても様々な変化が訪れる可能性があります

そのような変化が訪れた際に、現職では十分なサポートが期待できるか、今の会社でキャリアを積んでいっても大丈夫か、などといった点も転職すべきかどうかの1つの判断ポイントとなるでしょう。

いざ結婚や出産を経験してから転職活動を始めるのは体力面・収入面ともに負担も大きくなるため、早いうちにライフプランを見直し、現職での福利厚生面や収入面で不十分だと感じた場合は、今のうちに転職活動を始めてみても良いでしょう。

いったん再検討する方が良いケース

既に複数回の転職を繰り返している

既に複数回転職している場合、企業側は懸念を抱きやすい

29歳現時点で、今回が初めての転職ではない方もいらっしゃるかもしれません。
「転職回数が多いから転職できない」とは一概には言えませんが、転職回数が時に「懸念点」として企業側に受け取られる可能性についても考えておく必要があります。

年代別転職回数グラフ

出典:リクナビNEXT「年代別の転職回数はどのくらい?」を元に社内で作成

上記図は転職サイト「リクナビNEXT」による調査を元にしていますが、8割近くの20代の方が、転職せず一つの会社に勤め続けていることが分かります。

同じ29歳でも、これまでに3回~4回と転職を繰り返している場合、企業側は「十分なスキルが身についていないのでは?」「忍耐力が無さそう」といった懸念を抱きやすくなります。

こうした懸念点を加味したうえで、転職を思いとどまるべきか、もしくは企業側の懸念点を払しょくできるような志望動機や自己PRの方法を探っていく必要があるでしょう。

「気の合わない上司がいる」などの人間関係を理由とした転職

人間関係が理由で転職したい時は他の解決策もないか模索する

29歳という年齢になって、現職の人間関係や労働環境に不満を感じると、求人が豊富なうちに転職してしまおうと考えがちです。

ですが、現職で抱える不満を解消する努力をせずに転職しても、新たな職場でまた似たような問題が起こることが予想されます。
つまり、29歳での転職が自分の将来のためのチャレンジなのか、現状からの逃げなのかを見極めることが大切です。

2)これまでの仕事人生を「エピソード」で伝えられる29歳転職者は、転職成功しやすい

29歳という年齢は、社会人として相応の実績とポテンシャルを併せ持った時期でもあります。採用する企業の方でも部下や後輩の育成といった働きかけや、前職で培ったスキルを活かして「即戦力」として活躍してくれることを期待する傾向があります。

29歳の転職者に対して、企業はどういう見方をする?

29歳の転職者は企業にどう見られている?基本的なビジネススキル・コミュニケーションが可能ポテンシャルと即戦力への期待前職の経験が豊富で、部下を指導した経験もある
  • 基本的なビジネススキル・コミュニケーション能力を備えている
  • 20代としてのポテンシャルと、即戦力への期待
  • 前職での経験が豊富で、部下・後輩を指導した経験もある

上記にある通り、29歳転職者に対する企業側の期待は相応に大きいです。
転職の際はその期待に応えられるよう、自身のこれまでの社会人人生をしっかり振り返り、転職面接の際はそれらをひとつの「エピソード(物語)」として伝えられるように準備しておくことが求められるでしょう

転職面接の際に、自身のこれまでの経歴をエピソードとして伝えることのメリットは以下の3点です。

  • 採用担当は、転職者に対して感情面からも接しすくなる
  • 「この人と一緒に働いたらどんな感じになるか」の想像を持ちやすくなる
  • 転職者側でも自己分析・自己理解を促進しやすい

みんなの転職「体験談」。に寄せられた転職者の方々の体験談においても、20代後半の転職成功者の方々に多く共通しているのが「自身のこれまでの仕事内容をエピソード・ストーリーとして上手に伝えられている」ことです。

ただし、エピソードといっても単に面白く伝えればよいということではありません。これまででどのような経験をし、どのようなスキルを身につけたかを、具体的な数値なども交え伝えられるよう準備しておくことが大切です。

そのために、これまでの経験・スキルを踏まえた「キャリアの棚卸し」は必須です。
また、どの分野での経験・スキルを求められるかは、当然企業によって異なりますので、「企業が求める人材」についてもしっかり見据えていくべきでしょう。

次章では、「29歳の転職を成功するための方法・進め方」について、より具体的なお話をしていきます。
転職成功の角度を更に高めていく為に、ぜひチェックしてみてください。

3)29歳の転職を成功するためのポイント3つ

ここからは29歳の転職活動を成功させるための3つのポイントについて解説していきます。

5年後、10年後のキャリアプランを立てる企業・業界研究は入念に転職エージェントを活用する
  • 5年後、10年後の具体的なキャリアプランを立てよう
  • 企業研究・業界研究は入念に
  • 転職エージェントのサービスを活用しよう

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

5年後、10年後の具体的なキャリアプランを立てよう

29歳の転職では、これまで培ってきた経歴やスキルを振り返ることはもちろん、それらを踏まえ5年後、10年後にどのようなキャリアを歩んでいきたいかといった具体的なプランにまで落とし込む必要があります

同業界・職種での転職であれば前職での知識をそのまま活かすことも可能かもしれませんが、いずれにしても転職では今までのキャリアを一度手放し、新しい職場でキャリアを積み直すことになります。

具体的なキャリアプランが不明確なまま転職をしてしまうと、入社後にミスマッチを感じ、再度転職を繰り返す可能性も無いとは言い切れません。

キャリアプランの立て方については、以下のような記入シートを作成することで、自身の目指すべきキャリアが可視化できます。

キャリアプラン記入シート。STEP1:・得意だったもの・苦手だったもの・努力したものSTEP2:・楽しめるもの・身につけた知識・スキル・克服したことSTEP3:・10年後の自分はどうなっていたい?STEP4:・将来の理想を叶える為に「今からやるべきこと」は?

キャリアプランを立てる4つのステップ

  • STEP1 過去の自分を客観的に振り返る
  • STEP2 現在の自分の「スキル」「楽しいこと」を掘り下げる
  • STEP3 10年後の自分はどうなっていたいかを考える
  • STEP4 10年後の理想を叶えるために、今何が必要かを考える

まずは現職を振り返り、「得意だったもの」「苦手だったもの」を洗い出します。
その中からさらに「自身が楽しいと感じられるもの」や得られた知識・スキル、「苦手だったけど克服できたもの」を見つけます。

それらの要素を活かし、自身がありたい5年後、10年後の姿を明確にし、それを叶えるために「今やるべきこと」を探っていきます。

これらの4つのステップに沿って必要箇所を記入していくことで、自身が目指すべき転職先の方向性も定まってくるはずです。

企業研究・業界研究は入念に

”企業研究イメージ”

キャリアプランがある程度見えてきたら、続いて理想のキャリアを叶えられる企業を探します。
ここで重視しておくべきは、企業研究・業界研究を怠らないことです。

主に以下のポイントに注目しながら企業研究・業界研究を進めていくことをおすすめします。

企業研究の見るべきポイント

  • 業績、企業情報
  • 事業内容(直近のプレスリリースや業界ニュースを含む)
  • 業務内容(求められる/歓迎されるスキルを含む)
  • 条件(給与、福利厚生)
  • オフィス環境や社風、一緒に働く人たち

これらについて入念に情報収集を行うことにより、企業が納得できる志望動機を練ることができます。
また、その企業の業務内容や条件・社風が「自身が目指している働き方を実現できるかどうか」の見極めにも役立ちます。

調査には企業のHP、求人票以外にも、「企業口コミサイト」などでも詳細な情報を集めることができます。

転職エージェントのサービスを活用しよう

入念な企業研究・業界研究には相応の時間を要するのもまた事実です。
現職に勤めながら転職活動を進める際に、時間を捻出するのが困難な方もいらっしゃることでしょう。
この場合、転職エージェントサービスを活用することにより、スムーズな転職活動を行うことができます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、業界の最新動向や各企業の詳細な情報を有しており、キャリアプランへのアドバイスなどの転職活動の総合的なサポートを行っています。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

転職エージェントは一部を除き無料で登録・利用が可能なので、現職が忙しくなかなか転職活動に時間が割けない方や、転職活動の進め方において不安や悩みを抱えている方は、「転職のプロ」であるエージェントサービスの活用をおすすめします。

4)29歳の転職におすすめの転職エージェント6点

ここでは29歳の転職活動に役立つおすすめの転職エージェントサービスを6つご紹介します。

転職エージェントサービスには2~3つ登録しておくことによって、各サービスのメリットを活用でき、転職成功への可能性もより高まります。

複数のキャリアアドバイザーとやりとりをすることで自身の強み・弱みも客観的に見つめ直すことができるため、応募書類や面接の場での自己PRに役立てることもできるでしょう。

参考:転職エージェントを利用する際のポイント

Point1 「自分に合いそう」と思える転職エージェント2~3つに登録する。Point2 面談やメール・電話のやり取りから「相性」と「やりやすさ」を確認する

29歳の転職におすすめの転職エージェント

サービス名 特徴

doda
・求人数の多さとサポート体制の手厚さが◎
・企業からのスカウト・オファーも貰いやすい

リクルートエージェント
・国内TOPの求人数と転職支援実績
・アドバイザーの的確なサポート支援

マイナビエージェント
・20~30代の転職支援に強い
・転職者一人一人へのサポート体制が充実

JACリクルートメント
・ミドル・ハイクラス層へのサポートに強い
・外資系・グローバル企業の求人が豊富

type転職エージェント
・東京・神奈川・埼玉・千葉の転職支援に強い
・年収アップ転職に向けての支援が得意

パソナキャリア
・利用者の年収アップ率67.1%
・書類添削・面接対策などのサポートが手厚い

多くの求人の比較・検討を希望する人は「doda」

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

dodaは国内でもトップクラスの求人数で、かつ一般には出回らない「非公開求人」の割合も全求人の8~9割と高いのが特徴です(※公式サイトより)。
非公開求人は好条件かつ応募者が限定されていることが多く、低い競争率で応募に臨むことができます。

また、キャリアアドバイザーを介しての求人紹介のほかに、企業からの直接の「スカウトメール」も多く、どのような企業からメールが届いているのか傾向を探ることで、自身の市場価値を確認することもできます。

実績豊富なアドバイザーからの支援を希望する人は「リクルートエージェント」

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは国内No.1の求人数・転職成功実績を誇る転職エージェントサービスです。

これまでにおよそ30万人を転職成功に導いてきたノウハウを活用し、キャリアプランへのアドバイスやマッチ度の高い求人紹介、書類添削や面接対策などの手厚いサポートを可能にしています。

リクルートエージェントだけの非公開求人の数も豊富なため、転職活動にあたって登録して間違いはないサービスと言えるでしょう。

アドバイザーの丁寧かつきめ細やかなサポートを希望する人は「マイナビエージェント」

マイナビエージェントはキャリアアドバイザーによる「丁寧かつきめ細やかな」サポートに定評があり、中でも20~30代の若手社員の転職支援を得意としています。

多くの企業の人事担当者との間に太いパイプを持っていることから、マイナビエージェント独自の求人も多く、誰もが知る大手企業から優良中小企業まで幅広い求人を扱っています

今後のキャリアプランが明確に定まっていない、初めての転職活動に不安がある方におすすめのサービスです。

キャリアアップを念頭に置く人は「JACリクルートメント」

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。

JACリクルートメントは「年収600万円以上」や「管理職・管理部門」などの求人が多く、キャリアアップを念頭に転職活動を進めている方におすすめの転職エージェントサービスです。

在籍するキャリアコンサルタントが直接求人企業へ伺いリサーチをしているため、企業文化や事業戦略について詳しい情報を集めることができます。

海外にも支店を持っていることから、外資系・グリーバル企業の求人も豊富に取り扱っています。

東京・神奈川・千葉・埼玉での、年収UP転職を目指す人は「type転職エージェント」

type転職エージェント。ひとつ上を目指すあなたの転職アドバイザー。

30代を目前にした転職では、将来的なキャリアプランも見据えて年収等の条件を考慮している方も多いでしょう。
type転職エージェントでは、利用者のおよそ71%が内定後の年収アップを果たしており、企業との条件交渉において高い成約実績を残していることが窺えます(※公式サイトより)。

また、面接対策やIT・通信業界への転職成約においても高い実績を残しており、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県をメインに転職活動を進めたい方は、登録を検討されると良いでしょう。

キャリアアドバイザーの品質の高いサポートを希望する人は「パソナキャリア」

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

パソナキャリアは、キャリアアドバイザーの高品質なサポート内容に定評のある転職エージェントサービスです。
人材派遣事業から数えれば40年以上の実績のある老舗エージェントのため、各求人に対しての情報の精通度も高く、様々な企業との間に信頼関係を築いています。

こうした実績は面接対策や「独占求人」の数に反映されており、転職活動を進めるうえでの強い味方となってくれるでしょう。

目指す業種・職種が定まっている人は「特化型」エージェントの非公開求人もチェックしよう

目指す業界・職種等の分野が明確にある20代の方は「特化型」の転職エージェントがおすすめです。

総合型と特化型の違い

特化型の転職エージェントは、特定の分野に精通したエージェントがサポートと求人紹介をしてくれます。
「この分野における業界や市場について、詳しく知りたい」という方や、「これまで培った知識・スキルを活かせる働き方について相談したい」という方で、目指す分野に特化したエージェントがある場合は、いちど試してみることをおすすめします。

各分野のおすすめ特化型転職エージェント

分野 サービス名 特徴
IT・Web
マイナビITエージェント
■ITエンジニア実務経験者におすすめ
  • 業界の最新情報を熟知した専門のアドバイザーによる適切な支援
  • 書類添削、面接対策、企業への推薦紹介、内定後の条件交渉まで一貫して手厚いサポートをしてくれる

ワークポート
■ITエンジニア未経験者~実務経験者全般におすすめ
  • ITエンジニア、Webクリエイター(プロデューサ、ディレクター、プランナー)への転職支援に強い
  • 未経験職種・業種への転職支援に強く、積極的な求人提案を受けられる

レバテックキャリア
■ITエンジニア実務経験者におすすめ
  • エンジニア実務経験のあるアドバイザーからのサポート
  • 書類添削、面接対策のサポート品質が高い
マスコミ
マスメディアン
■テレビ・書籍・Web等のメディア系事業を目指す転職者におすすめ
  • 業界に精通したコンサルタントによる充実のサポート
  • 「宣伝会議」グループの人脈・情報を駆使して集めた良質な求人
アパレル
クリーデンス
■アパレル・ファッション業界を目指す転職者におすすめ
  • 業界に精通したコンサルタントによる充実のサポート
  • 他の転職サービスでは出会えない「非公開求人」も多数
管理業務
MS-Japan
■管理部門(経理・財務・人事・総務・法務等)の転職におすすめ
  • 職種の専門知識を持つアドバイザーがキャリア相談から転職支援まで手厚くサポート
  • 求人企業への情報に精通しており、優良企業に紹介してもらいやすい
外資系
ロバート・ウォルターズ
■外資系企業・日経グローバル企業の転職におすすめ
  • 外資系・グローバル人材に熟知したコンサルタントからのサポート
  • 選考から採用まで、スピード感のある対応
製造系エンジニア
メイテックネクスト
■製造系エンジニアへの転職を目指す人におすすめ
  • 製造系エンジニアの転職支援実績No.1
  • 応募企業に合わせた模擬面接のサポートが好評
介護
きらケア
■介護・福祉分野への転職を目指す人におすすめ
  • 業界に特化したアドバイザーが、マッチング度の高い求人を紹介してくれる
  • 条件交渉から内定後のアフターフォローまで、きめ細やかなサポート

5)29歳で転職した人達の、様々なケースでの体験談事例を参考にしよう

ここからは、実際に29歳で転職した人達の体験談事例を紹介していきます。
あなたと近しい環境・状況での体験談もあるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

29歳、今後のキャリアを考えて転職したケース

29歳の転職体験談① 「モノづくり」の働き方を目指して。建設業から、車両部品の製造への転職 バッカーキ さん 愛知県

仕事で、一時期ミスが重なってしまったことがありました。そのときから、職場での人間関係がギクシャクしていったのです。
転職前 転職後
職業 建設業 産業用車両部品の製造
職種 建築士・ビル関係建築 溶接工・ブレーキペダル溶接
従業員規模 60名 80名
年収 480万円 535万円

建設業に就いていた私は、仕事に失敗しても人のせいにはせず、きちんと振り返るとともに、誰に対しても分け隔てなく、誠意をもって接するように心がけていました。

子どものころからラジコンが趣味で、社会人になっても組み立てや改造を行い、年に数回はレースにも参加するほどで、まさに生きがいでした。

ビルの施工の仕事に携わり、完成間近だった時期に、自分が何度も失敗したことで作業が遅れ、結果的に納期が間に合わないという失敗がありました。

それをきっかけに、職場の人間関係が悪化し、社内で孤立。「ここには自分の居場所はない」と感じ、会社を退職して転職活動を始めました。

転職活動を始めたものの、面接で落とされることが続き、両親に相談。父に「お前はこれからどんな仕事をして、どんな人生を歩んでいきたいのだ」と聞かれ、自分が答えられないことに気づいたのです。

その後、自分なりに考え、「ものづくりを一生の仕事として人生を歩みたい」という気持ちが固まり、転職サービスに登録。紹介していただいた、車両部品の製造会社に転職することができました。

現在はチームが一丸となって作業する環境のなかで、いつか自分で製品開発を行い、世の中の役に立ちたいという新たな目標に向かって、日々がんばっています。

私の転職体験談:「ものづくり」の働き方を目指して。建設業から、車両部品の製造への転職

体験談を読む
「これからどんな仕事をして、どんな人生を歩んでいきたいか」

建設業から車両部品の製造にキャリアチェンジした、パッカーキさんの転職体験談です。

真面目に仕事に取り組んでいたものの、自分のミスが原因で納期ずれを起こし、職場の人間関係が悪化したことで職場を退職しました。

すぐに転職活動を始めるのですが、友人に紹介してもらった会社でも、面接で落とされることが続きます。
そんな時に同居しているお父さまに「これからどんな仕事をして、どんな人生を歩いていきたいのだ」と問いかけられ、自分の考えの浅さに気が付いたといいます。

その後、自分がやりたい仕事は何か、それが自分にどう役立つのかを考え、ラジコンが趣味だったこともあり、モノづくりを一生の仕事にしたいと考えるようになったそうです。

キャリアチェンジができる29歳だからこそ、自分のキャリアプランだけでなく、ライフプランについて考えて決断することが重要だと、教えてくれる一例でした。

29歳の転職体験談② 不動産会社の駐車場事業部門から、社有不動産の営業に転職!  チキチキ さん 東京都

前職の会社はThe 日本企業という雰囲気で、年功序列・終身雇用・家族主義 を モットーとしておりました。
転職前 転職後
職業 会社員 会社員
職種 不動産業 不動産業
従業員規模 7,000名 1,500人
年収 440万円 550万円

新卒で不動産会社の子会社に入社し、時間貸し駐車場事業部門の法人営業を担当していました。

電話営業でアポイントをとり、実際に企業を訪問してヒアリングのうえで解決策を提案する仕事は、クライアントにもその利用者にも喜ばれるので、やりがいはありました。

しかし6年目を迎えても、年功序列・終身雇用・家族主義をモットーとする会社で、結果を出しても給与があがるわけでもなく、オーナー一族が利益を得ることが優先で、従業員に還元される割合が低く、将来に不安を感じるようになり、dodaに登録しました。

求人を探すにあたり、社風や給与体などを重視し、業界や職種にはこだわらないという漠然とした要望しかありませんでした。

ですがdodaは多様な業界や職種の求人を消化してくださり、それぞれの企業の特徴や強み、弱み、デメリットを説明したうえで、アドバイスしてくれました。

最終的に、紹介していただいた社有不動産の営業に転職したのですが、額が大きいので、商談を始めてから契約を成立するまでもっていくのは難しいものです。

とはいえ、売買契約は仲介手数料が多く計上でき、それが給与に反映されるのは魅力です。

不動産業界は人間らしいドロドロした部分があり、特に数億円が動く現在の仕事をするにはそれなりの覚悟も必要ですが、クライアントとの絆と信頼を高めて契約を勝ち取る仕事は面白いです。
将来は、さらに視野を広げた活動をしたいと考えています。

私の転職体験談:不動産会社の駐車場事業部門から、社有不動産の営業に転職! /

体験談を読む
「自身の視野・認知を広げられる」ことを意識した転職

同じ不動産業界で転職をした、チキチキさんの転職体験談をご紹介しました。

チキチキさんが転職にあたって大切にしたのは、新しい視点や考え方を持ち、格上の他社から学ぶ姿勢のある、自分が成長できる職場かどうかでした。

将来性や働き心地を優先して求人を探すことができた背景には、転職エージェントとの密なキャリアカウンセリングとサポートがあります。

企業とのつながりが深い転職エージェントから、丁寧でわかりやすい説明を受けたことで、チキチキさんは納得のいく転職を実現しました。

仕事は前職よりさまざまなスキルが求められるものでしたが、努力が給与として反映され、人間力を磨くために趣味を持ち、遊びを大切にしながら充実した日々を送っています。

また、超高齢化社会を迎えた日本ではなく、東南アジアをはじめとする外国の不動産を扱う営業マンになりたいと、新たな目標も見つけました。

転職活動で重視した、自身の視野と認知を広げたいという思いが、この先につながっていくことでしょう。

29歳で、職場の人間関係・労働環境を変えるために転職したケース

29歳の転職体験談③ 食品工場勤務から、スーパーの青果チーフに転職! ラカ さん 茨城

「もう辞めて転職しよう」と思った理由は、「人間関係」でした。
転職前 転職後
職業 食品製造業 スーパーマーケット事業
職種 製造・製造管理 スーパーの青果チーフ
従業員規模 400名 2,000人
年収 300万円 300万円

食品会社に正社員として勤めていた私は、市販されるお弁当の製造管理を担当していました。

そのほとんどは機械作業なのですが、機器が複雑なので、機械音痴の私には把握できない操作も多く、パートやアルバイトへの指示出しやトラブルの際のサポートもあり、仕事がなかなか覚えられずにいました。

新人や若手という年齢を過ぎたころから、上司には「こんな基本的なこともできないのか」、パートの女性から「正社員で私たちより給料をもらっているのだから、もっとがんばりなさい」「あなたは指示を出すのが仕事かもしれないけれど、私たちの方が職歴は長いのだから黙っていて」といわれることが増えるなど、人間関係が悪化していきました。

自分なりに努力したつもりですが、それが認められず、責められてばかりなので、次の転職先も決まらないまま、勢いで退職。

何のスキルもなく転職活動が難航していたときに、大学時代のキャリアセンターの方に「転職は20代前半まででなければ難しい」といわれて、がんばる気力がわかなくなりました。

そんなときに友人の一人が、「大丈夫。俺の周りでも転職に成功しているやつがいるからがんばれ」と言ってくれたのがきっかけでやる気になり、ジョブカフェに登録。地元で有名なスーパーに採用され、青果エリアでがんばっています。

一緒に働くパートの女性もおおらかで優しい方々が多く、上司も丁寧に仕事を教えてくれるのはもちろん、できるようになったときにほめてくれたのがうれしかったです。

今の職場に巡りあえて、本当によかったと思っています。

私の転職体験談:食品工場勤務から、スーパーの青果チーフに転職!

体験談を読む
ネガティブな気持ちだけで転職活動は続かない。ポジティブ感情を大切に育てていく

前職を退職してから転職活動を始めた、ラカさんの体験談をご紹介しました。

20代後半で特別なスキルもないまま転職活動を始めたラカさんは、卒業した母校の大学で20代前半まででなければ転職は厳しいといわれ、一度は気力をなくします。
しかし、友人の「何を言っているの?まだ20代でしょ」という一言で、がんばる気持ちを取り戻したそうです。

そして若者が集うジョブカフェで、同年代の求職者を目の当たりにしながら、応募書類の添削や面接指導を受け、求人への応募をくり返し、内定を勝ち取りました。

この体験談が教えてくれるのは、ネガティブな気持ちで転職活動を行っても、うまくいかないことです。

自分がポジティブに転職活動を行うことで、ジョブカフェのサポートスタッフの方々も、より力を入れてくれたことは想像に難くありません。

過去をステップにし、どんな転職を果たしたいかを考え、前向きに取り組むことが大事だと教えてくれるエピソードでした。

29歳の転職体験談④ 図書館司書の「絵本の読み聞かせ」の仕事から、スーパーのレジに転職!  なお子 さん 高知県

仕事でも、働いてもすぐに辞めて…の繰り返し。「一体、なんでこうなっちゃったんだろう?」と悩む日も少なくなかったです。
転職前 転職後
職業 図書館の司書(臨時) スーパーマーケット
職種 本の貸し出し・整理・読み聞かせ等 レジ業務
従業員規模 10人 30人
年収 160万円 120万円

4人家族で弟のいる姉として生まれた私は、「長女の割にしっかりしていないよね」といわれることが多く、働いてもすぐに辞めることをくり返していました。

やりがいのある仕事がしたいと考えて、そう思えない職場を退職していたのですが、前職の図書館の臨時司書は子どもたちへの絵本の読み聞かせも担当できるとあり、希望に満ちて応募。採用されたときには、「心機一転がんばろう」と意気込んだものです。

しかし、その仕事も1年も経たずにリストラ。以前にも同じ目にあっていたので、悔しいというより、「私はどこにも受け入れてもらえない」と強く感じつつも、ホッとした気持ちもあったのです。
その理由は、子どもたちや職員の方に指摘を受けるほど、絵本の読み聞かせに向いていなかったことです。

リストラのダメージで引きこもっていた私への父の当たりが強くなり、母は私をかばうので、家庭の雰囲気が暗くなりつつあったころ、学生時代の先輩から連絡がきて、彼女も転職活動を行っていることを知りました。

その後、過去の仕事やそれにまつわる出来事について先輩に話を聞いてもらい、ようやく転職活動を始める気持ちになり、転職サービスに登録。2か月後には、現在の職場から内定をいただきました。

私の転職体験談:図書館司書の「絵本の読み聞かせ」の仕事から、スーパーのレジに転職! /

体験談を読む
その仕事は、「自分に合っている」かどうか

やりがいを求めて就職するものの、働いてもすぐ辞めることをくり返していた、なお子さんの転職体験談をご紹介しました。

なお子さんは前職の臨時の図書館司書以外でも、リストラの経験があります。
その際、「どこにいっても受け入れられない」という想いと同時に、「向いていない仕事から解放される」という少しの安心感があったと振り返ります。

その後、スーパーのレジとして働き始めて感じたのは、仕事に求めるのは「やりがい」や「給料」ではなく、「自分に合っているかどうか」ということです。

自分に合っている仕事で職場の役に立ち、周囲に受け入れてもらえる大切さを、なお子さんの体験談が教えてくれました。

29歳の転職にあたっては、長く仕事を続けていくためにも、自分に合った仕事であるかどうかという視点が大切になるという一例でした。

29歳、フリーター・非正規雇用から正社員転職を目指すケース

29歳の転職体験談⑤  派遣社員の経理から、正社員・事務職への転職に成功!──だったけれど・・・? あい さん 東京都

──転職して、「世の中にこんな人たちもいるんだな」と、しみじみと思いました。
転職前 転職後
職業 教育・保育 メーカー
職種 経理 事務
従業員規模 501~1,000名 5,001名以上
年収 200万未満 250万~300万

簿記の資格を取得した私は26歳から、契約社員として学校法人の経理の仕事を始めました。
業務をほぼ一人で行っていたため、正社員以上に忙しい時期もあり、スキルアップはできました。
ですが、正社員が退社した後に自分だけ残業になることを不満に感じるようになっていったのです。

29歳になり、契約満了日が近づくうちに、その後の転職活動が難しくなるのではないかという不安にとらわれるようになりました。

そして、上司に「長く勤める気持ちがない」と伝えたところ、紹介予定派遣の若いスタッフを採用し、私より役職を上にしたのです。
そこでやる気をなくし、仕事をやりきった感もあったので、退職を決意。

複数の転職サービスを利用しながら、結構な数の求人に応募しましたが、面接で落とされることも多く、転職活動を始めて2カ月で、上場企業であるメーカーに正社員として入社しました。

期待に胸をふくらませて出社した初日に私が目にしたものは、ホコリが積もり乱雑なオフィスと、日に何度も怒鳴る上司でした。

さらに、既存社員の方に話を聞くと、精神的に追い詰められて何度も休職と復職をくり返している人は何人もいるとわかり、叱られないように社風に合わせようと無理をした結果、疲労が蓄積。身体が壊れる前に結婚して辞めようと、心に誓ったこともあります。

現在は職場にも慣れて、人のやさしさのありがたさを知り、「好きな人を支える仕事がしたい」と考えるようになりました。

今回の転職はゴールではなく、次のステップへのつなぎなのかもしれません。

私の転職体験談:派遣社員の経理から、正社員・事務職への転職に成功!──だったけれど・・・?

体験談を読む
「正社員になれれば万事OK」とは限らない

29歳で契約社員から正社員への転職を果たした、あいさんの体験談をご紹介しました。

同じ仕事をするなら、フリーターや契約社員より、給料の高い正社員の方がよいのはいうまでもありません。
ですが、上場企業だから職場環境がよいとはいいきれず、「規模が小さい会社の方が自分の将来のことを考えて助言してくれる人の割合が多いのではないか」と、考えるようになったとあいさんはいいます。

また、これまでは生活のために稼ぐことが優先で、やりがいは少し感じられればよいと考えていましたが、転職を通していろいろな人と出会い、誰かを支える仕事がしたいと自然に考えるようになったそうです。

とはいえ、「現在の新しい環境でも成長することはできる」と、あいさんはいいます。
その想いがあれば、次の転職活動に大いに役立つのではないでしょうか。

まとめ)仕事も私生活も変化の時期。キャリアプランを明確にし、一歩を踏み出そう

歩き出すイメージ

ここまでの内容を振り返ってみましょう。

29歳の転職の転職を成功させるポイント

  • 5年後、10年後の具体的なキャリアプランを立てよう
  • 企業研究・業界研究は入念に
  • 転職エージェントのサービスを活用しよう

29歳には、キャリアアップやキャリアチェンジ、私生活の面でも、さまざまな選択肢が広がっています。

ですが、転職の目的や理想のキャリアプランが明確でなければ、入社後のミスマッチが起こる可能性も高く、再び活動を始めても、思うような結果が出ないこともありえます。

そのため、確実に自分の将来に繋がる転職ができるよう、キャリアプランの構築や企業研究・業界研究、転職エージェントのサポートなどが重要です。

この記事があなたの理想のキャリアに近づくための一助となれば幸いです。

<>