『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

コンサルタントってどんな仕事?未経験・異業種からコンサル会社に転職するには

[最終更新日]2019/08/16


15
コンサルタントって、どんな仕事?未経験から目指す際のポイントを解説

コンサルタントはその華々しいイメージから、現在もなお人気職種の1つとして知られています。

未経験者が異業種からコンサルティングファームに転職することは可能なのでしょうか。また、未経験でも転職が可能なのであれば、どのようなスキルが必要になるのでしょうか。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)コンサルタントって、具体的にどんな仕事なの?

コンサルタント業界について

コンサルタント業界について戦略系ファーム企業の経営課題の分析・解決策の提案総合系ファーム企業の業務改善案の提案IT系ファームIT関連の導入・見直し戦略系ファームは頭脳が必要総合系ファームは報酬が高い

コンサルティングファームを大きく3つに分けた場合、戦略系ファーム総合系ファームIT系ファームに分類できます。

戦略系ファームは企業の経営課題を本質的に分析し、改善策を提案します。「選択と集中」という言葉を聞いたことがあるビジネスパーソンは多いはずですが、これはBCGが提唱したPPMマトリックスが発端であり、現在でも多くの企業に影響を与えています。戦略系ファームの代表例として、マッキンゼー、BCG、ベインアンドカンパニー、ローランドベルガーなどがあります。

総合系ファーム・IT系ファームは企業の業務改善やIT関連の導入・見直しなど、戦略系ファームよりもやや下流に位置する現場寄りの問題解決を行います。そのため、戦略系ファームが短期間で質の高いアウトプットを求められるのに対して、総合系ファームはそれほどシビアでない案件も多く引き受けることが多いと言えます。

アウトプットに求められる質としては戦略系ファームのほうが高度な頭脳を必要とすると言えますが、報酬としては総合系ファームのほうが高いことも多く、企業としての安定感という意味では総合系ファームに軍配が上がることも少なくありません。



コンサルタント業務の具体的な仕事内容

コンサルタントの仕事内容を端的に表すとすれば、

  • 企業の課題をヒアリング
  • 課題解決のための策を講じる
  • 解決策をプレゼン資料にまとめる
  • クライアントに提案

といった流れになります。

ここで重要なのが、クライアントが抱えている問題を解決するための方策に「正解」はないという点です。とくに戦略系ファームに舞い込んでくる依頼のほとんどは、企業の経営陣をもってしても解決策が見当たらず、やむなくコンサルティングファームに依頼してきた、というケースです。

簡単に解決策が見出せるものではなく、クライアント企業に関するあらゆる情報を収集し、最適と思われる解決策を自分の手で決め、提案しなくてはなりません。プレゼン内容によってクライアント企業の将来の明暗を分けることになりますので、責任重大です。

こうした高い要求に応えるため、コンサルタントの仕事は激務になりがちです。短期間で質の高いアウトプットを実現するため、深夜まで資料作成に追われる日々が続くこともあり得ます。



「万金に値する」と言われている、コンサルタントの成果物(プレゼン資料)は──

コンサルタントの仕事の成果が最も試されるとき、それはクライアントへのプレゼンテーションです。あらゆる情報収集の成果や戦略の立案は、プレゼン資料に集約されていると言ってもいいでしょう。

以下、2点のプレゼン資料を例として挙げます。それぞれ資料の作り込み方にも目を見張るものがありますが、資料の裏付けとなる情報収集の緻密さ、課題解決に向けて考え抜いた軌跡が滲み出ているようにも感じられるのではないでしょうか。

事例1:ローランド・ベルガー「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(クールジャパン関連分野における国別・分野別目標の設定に向けた基礎調査)報告書

経済産業省のクールジャパン関連分野において、国別・分野別目標の指針を示した基礎調査プロジェクトです。

ファッション、コンテンツ、食といった日本に競争優位性のあるものの分析や、中国・タイ・アメリカ・フランス・インドネシアといった重点国の可処分所得やライフスタイルの分析を行うなど、幅広い視点で課題解決のための提案を行っています。全189ページにも及ぶ資料のボリュームと作り込み方には圧倒されるものがあります。



事例2:A.T. カーニー「平成25年度電源立地推進調整等事業(電力システム改革の電気料金への影響の詳細分析)調査報告書」

経済産業省 資源エネルギー庁向けのプレゼンテーションのため、A.T.カーニーが作成したプレゼン資料です。電力自由化の代表例として挙げられることの多いイギリス、ドイツ、アメリカ(ペンシルバニア州)について、各国の詳細なデータ収集により電気料金への影響を分析しています。

A.T.カーニーは世界中に拠点を持つグローバルファームですので、他国に関する情報収集という点でその優位性が存分に発揮されたプレゼン資料と言えるでしょう。



2)コンサルタント・コンサル会社での業務では、どんな知識やスキルが必要?

コンサルティングファームでの仕事の概要が分かってきたところで、コンサルタントになるにはどのような知識やスキルが必要なのか、確認しておきましょう。

なお、コンサルタントへの転職は、未経験者の場合は社会人10年目ぐらいまでが限度と言われています。前職の経験がコンサル業界で活かせるものであれば、年齢がやや上でも採用される可能性があります。

ここでは、コンサルタントとして根本的に必要とされる能力について、大きく分けて3つご紹介します。



状況把握力

コンサルタントがクライアントから仕事の依頼を受けたとき、ほとんどのケースでクライアントの内情をほぼ全く知らない状態からスタートすることになります。全く知らない相手の情報を収集し、現状ではどういった状態にあるのかを掴むことから始めるのです。

ここで重要なのは、先入観を排除することです。仮にクライアントが問題点として挙げていることがいくつかあったとしても、実はそれらは本質的な問題ではなく、もっと根が深いところからテコ入れしなくてはならないかもしれません。

状況の読みを誤ると、プレゼンそのものが的外れなものになりかねません。いかに問題の本質を見極め、どういった方向性で解決していくのが適切であるのかを判断する高度な状況把握力が求められます。



提案力・コミュニケーションスキル

コンサルタントは高い成果を期待されていますが、クライアントとの折衝という面では対人間の仕事です。論理的思考力に支えられた提案を行うことが求められる反面、相手の考えを否定せず必要な部分を取り入れ、うまく課題の本質を引き出すか、といった意味でのコミュニケーション能力が必要になります。

コンサルティングファームに依頼してくる企業等は、もちろんコンサル会社として有名なので看板を信頼しているという面もありますが、最終的にはコンサルタント個人を信頼し、人間関係を構築できるかどうかにかかっていると言っていいでしょう。クライアントから信頼を得た上で、考えを引き出すための質問を投げかけ、課題の本質に迫っていく粘り強いやりとりが必要になるのです。



向上心と知的好奇心

コンサルタントは「もともと見ず知らずだった」クライアントの課題解決に取り組むのですから、クライアントへの興味関心、好奇心を失うことなく持ち続けることが非常に重要になります。相手のことを知りたいという思いが、良質なアウトプットへとつながっていくからです。そうした深い洞察から、企業のトップすら気づかなかった課題点の掘り起こしや、解決策の提示へと結実していきます。

また、読書や日ごろの情報収集を通じて分野を限定しないインプットを続け、自身の血肉にしていくことも大切です。現状に満足せずより良くありたいと考える向上心と、あらゆることに対する知的好奇心を持ち続けることが、コンサルタントとしては重要な素養なのです。



3)未経験からコンサル会社に転職する際の、準備しておきたい3つのポイント

  • キャリアの棚卸しを徹底して行う
  • 転職理由をきちんと整理しておく
  • 有力な資格があれば取得しておく

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



キャリアの棚卸しを徹底して行う

コンサル業界未経験者がこの業界を志望する場合、「前職で得た知識・経験がどの程度活かせるか」が重要になります。たとえば、ITベンダーで働いていた人であれば、IT系ファームでその知識を活かせる可能性があるのです。

ITベンダーは分かりやすい例ですが、これ以外にも前職までの経験で活かせるものがあるかもしれません。キャリアの棚卸しを徹底して行い、コンサルタントとしての資質に寄与する経験はないか、チェックしていきましょう。

キャリアの棚卸しは、次の項で触れる転職理由にも大きく関わってくるものです。「なぜコンサル業界なのか」を、これまでのキャリアを振り返って掘り下げておくことが大切です。なお、棚卸しをした結果、コンサル業界で活かせそうな知識・経験がほとんどない場合、年齢にもよりますが、未経験でコンサルタントへ転身することは非常に難しいと覚悟しておいたほうがいいでしょう。



転職理由をきちんと整理しておく

コンサル業界は一生涯同じコンサルティングファームに在籍し続けるというよりは、コンサル業界で得た知見や経験を活かして独立するなど、次のステップを見据えて入社する場所です。これまでの仕事を辞めてコンサル業界に入りたいと考える人は、それなりの覚悟をもって飛び込んでいく必要があります。

そこで重要なのが、コンサル業界に転職したい理由です。論理的思考や戦略立案はコンサル業界では当然持っているべき資質で、他の業界でも発揮できる能力ですので、志望理由として弱いと言わざるを得ません。

前職までの業務知識を活かせることや、それによってクライアントを裏側から支えられること、さらには手掛けてみたい分野の仕事など、具体的な転職理由があるほど、採用担当者の目に留まりやすくなります。



有力な資格があれば取得しておく

コンサル業界で有利になる可能性のある資格としては、士業系、ベンダー系、語学系、MBAがあります。

士業系とは、公認会計士や税理士中小企業診断士といった資格が挙げられます。専門性が高く、コンサルティングファームで要求される知識の一部を持っていることをアピールする材料になるはずです。

ベンダー系とは、SAP認定コンサルタントやオラクル認定コンサルタントといったERPベンダーの公認資格です。特に志望先がIT系ファームの場合、役立つ可能性が高いでしょう。

語学系とは、TOEICやTOEFLのスコアのことです。外資系コンサルではほとんど必須のスキルとなっていると言えるでしょう。

MBAは資格ではなく修士号ですが、経営コンサルや戦略コンサルとして活躍したいのであれば、取得していると有利になるはずです。

ただし、これらの資格は取得に期間を要するため、すぐに転職活動を始めたほうがいいか、資格取得を待ったほうがいいか、よく見極めることが大切です。



4)コンサル会社・コンサルタントに転職する際の、おすすめの転職サービス

コンサル会社に転職する場合、とくに未経験者であれば転職エージェントを活用することを強くおすすめします。自力で求人を検索して応募することも不可能ではありませんが、未経験者という点で他の応募者に埋もれてしまう可能性があることと、キャリアアドバイザーからのプッシュがあったほうが面接に漕ぎ着けやすいと考えられるからです。

ここでは、コンサル業界を志望する上でおすすめしたい転職サービス4社をご紹介します。できるだけ2社以上の転職サービスに登録し、各社の強みを上手に活かすと、転職の成功率も上がるでしょう。



外資系コンサルを目指したい人は、JACリクルートメントがおすすめ

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。

JACリクルートメントはコンサル業界に限らず、いわゆるハイキャリア向けの転職サービスとして知られています。外資系の人材サービス会社ですので、外資系コンサルティングファームともパイプを持っており、他社にはない独自の求人も多数抱えていると考えられます。

また、キャリアアドバイザーの質が高く、専門的な領域まで踏み込んでアドバイスをしてもらえるのも特長の1つです。コンサル志望の方であれば、コンサル業界に強いキャリアアドバイザーに担当してもらえる可能性が高いのです。

外資系コンサルで働きたい人であれば、まずJACリクルートメントには登録しておくべきでしょう。キャリアの棚卸しや応募書類の添削などもキャリアアドバイザーとの面談時に行ってもらえますので、自力で進めるよりも効率よく転職活動を展開できるはずです。

サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)

総合系ファームを含め幅広く探したい人は、リクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

とくに20代の方で、総合系ファームを含め幅広くコンサル業界の仕事を探しておきたいという人には、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントはその求人数と在籍キャリアアドバイザー数の多さで有名ですが、コンサル業界の求人も多数保有していると考えられます。戦略系ファームに限らず、総合系ファームも視野に入れて求人を探したい人は、リクルートエージェントで非公開求人も含めてマッチングしてもらうといいでしょう。

また、リクルートエージェントはキャリアアドバイザーによる面接対策が充実していますので、コンサル会社との面接に不安を感じている人でも、事前に対策を練っておくことで自信を持って取り組めるはずです。

サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

IT系ファームを中心に探したい人は、dodaがおすすめ

転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

dodaは大手転職サービスの1つとして知られていますが、ITコンサルタントやシステムコンサルタントといった、いわゆるIT系ファームの求人が充実しています。前職がIT業界だった、などIT系ファームを志望する理由が明確にある人は、dodaを活用して転職活動を進めるといいでしょう。

dodaは転職サイトと転職エージェントが一体型になっている、めずらしいタイプの転職サービスです。はじめは自分で求人を検索し、より多くの求人を紹介して欲しい場合は転職エージェントサービスに申し込むことで、担当キャリアアドバイザーについてもらうことができるようになります。

dodaが抱えるそもそもの求人数が豊富なので、自力で探してもIT系ファームの求人は複数見つかるはずです。ただ、非公開求人にはよりレアな求人もあるかもしれませんので、転職エージェントも併用することをおすすめします。

サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

語学力に自信がある人は、ロバート・ウォルターズがおすすめ

外資系・日系グローバル企業の転職・求人なら。ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは世界28ヶ国で人材紹介ビジネスを行っている企業です。グローバル企業への転職事例が豊富で、ハイキャリア人材からは絶大な評価を得ています。

ロバート・ウォルターズの特徴として、語学力を重視している点が挙げられます。紹介先がグローバル企業であることもめずらしくないため、英語がネイティブレベルで話せるなど語学に長けた人材が有利になる傾向があります。コンサル業界においても例外ではなく、外資系企業の場合は実質的に語学力が必須とされているコンサルティングファームも少なくありません。

すでに英語を活用してビジネスに携わっているなど、語学力に自信がある人にはとくに、ロバート・ウォルターズはおすすめの転職エージェントです。

サービス名 ロバート・ウォルターズ
特徴 ロバート・ウォルターズは、外資系の転職・求人、日系グローバル企業への転職・求人に強い、世界の主要都市にオフィスを構える転職サービス!

外資系への転職市場を熟知したキャリアコンサルタントによって、丁寧で確実なキャリアプランのアドバイスを受けられます。
企業名 ロバート・ウォルターズ・ジャパン(2000年)

まとめ)コンサル業界への転職は「覚悟」をもって臨もう

コンサル業界はハードワークで有名です。また、一度転職したらずっと同じコンサルティングファームで働き続けるわけではなく、ほとんどの人が次のキャリアへステップアップしていきます。じっくり腰を据えて働きたいといったタイプの人には向いているとは言えない業界です。

しかし、コンサルタントとして得る幅広い知見や、企業のトップと直接対峙する経験は、他の職種ではなかなか経験できるものではありません。コンサル業界に魅せられ、転職したいと強く思う人は「覚悟」を持って臨むようにしましょう。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー