『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

34歳の転職はまだ間に合う?転職成功のポイントと体験談・おすすめの転職サービスを紹介!

[最終更新日]2022/11/03

34歳の転職を成功していく為に役立つポイントと体験談事例を紹介

現在34歳、またはもうすぐ34歳の方で、「そろそろ転職しようと思っている」という方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか

34歳といえば、30代のちょうど折り返し地点。
これまでの経験・実績に自信を持たれている方もいらっしゃるでしょうし、一方で「34歳は、売り手市場で転職ができるラストチャンスかもしれない」と考える方もいらっしゃることでしょう。

また、求人企業のほうでも多くが34歳転職者を求めている一方、その条件として「即戦力として活躍できるキャリアやスキル」を要求してくることも少なくありません。

目次

1)34歳の転職で、スキル面に不安がある場合

34歳の転職で、「スキル面の不安」を克服していくために大切なポイントは──。●「会社に貢献しよう」という想い、 「ここで働きたい」という熱意を持つこと ● 応募企業のリサーチをしっかりしておくこと ●入社後に自分はどんな貢献ができるかをイメージし、面接時に伝えていくこと

34歳になって転職したいと考えた際に、専門スキルやキャリアが不足していると感じる人もいることでしょう。

ですが、応募条件に明記されているスキルやキャリアを満たしていなくても、採用される人もいるのです。

企業が中途採用のうえで重視しているのは、即戦力となりうるスキル以上に、「会社に貢献しよう」という想い、「ここで働きたい」という熱意です。

そのうえで、きちんと企業研究を行い、どんな人材を求めているかをリサーチしたうえで、なぜ自分がその会社に入社したいのか、スキルやキャリアが足りない分、入社後に自分はどう会社に貢献していこうと考えているのかを、しっかりアピールすることが大事です。

ここからは、34歳で転職に成功した先輩たちの体験談を、いくつかご紹介しましょう。

34歳の転職体験談① 公務員から、未経験で経理事務に転職 たぐちさん 女性 岡山県

転職エージェントから、「これまでの経験や資格は転職活動の役に立たないでしょう」と言われてしまいました…。

公務員志望だった私は大学卒業後1年間、市役所でアルバイトとして働き、翌年には正職員として採用されました。

赴任先は職員が10名ほどの職場だったので、いろいろな職務を経験しました。

同僚やお客さまに頼られることも多かったのですが、唯一苦手だったのが窓口営業です。

業務知識には自信がありましたは、お客さまを前にしての営業だけは、どんなに頑張っても、うまくいかなかったのです。
その後、結婚を機に転勤した職場では、主な業務が窓口営業でした。

前職では私の成績が振るわなくても、ほかの職員が頑張ってくれて、それ以外の得意分野で努力することで、自分の存在価値を発揮できていました。
ですが新しい職場では、「営業成績がすべて」という感じで、そのプレッシャーで自宅でも笑えなくなって…。それで、夫に転職を勧められたのです。

それをきっかけに転職エージェントに登録しますが、そこで「これまでの経験や資格は活動の役に立たないでしょう」と言われてしまいました。

転職するためと考え、ハローワークの職業訓練で経理事務の講座を受講。日商簿記3級という資格を取得してから、転職活動を再開し、経理事務として転職を果たしました。

参考:https://min-ten.com/age30/job_change_story_1313/

今からでも遅くない。「ハローワークの職業訓練」などを活用して、スキルアップする方法も

たぐちさんの体験談でわかるのが、34歳で特筆するスキルやキャリアがない場合、応募できる求人を探すのも難しいという現実です。
ですがたぐちさんは、現実を踏まえたうえで、転職活動に役立つ資格を取得するために職業訓練を受けます。
資格は、採用側の企業が求めるスキルを証明する手段です。

日商簿記3級資格を取得したたぐちさんは、それを役立てる経理事務の仕事に応募。見事内定します。

その後、働き始めたたぐちさんは窓口営業が向かない反面、くり返しの多い経理業務が自分に合っていることに気がついたといいます。

転職活動は、始めたいと思ったときのスキルやキャリアがすべてではないと、教えてくれる体験談です。

2)34歳で過労などが原因で転職を余儀なくされた場合

34歳で過労などが原因で転職を余儀なくされた場合、原因を追及し、次の転職活動に生かす

34歳で転職活動を始めるきっかけが、キャリアアップややりがいを求めてなど、前向きな理由であるとは限りません。

ストレスや過労を理由に転職をする──ということもあるでしょう。

その際に大切なことは、「なぜストレス・過労がそんなに蓄積されたのか」の原因を明らかにしておくことです。

それがわかっていれば、転職の際の企業選びや新しい職場での働きかたのプランニングに生かすことができます。

34歳の転職体験談② メイクアップアーティストから介護職に転職 ゆかりんさん 女性 東京都

仕事で多忙な生活を長く続けた影響で、身体を壊してしまって…。そのため、実家に戻って療養生活を送ることになりました。

高校時代、夢だったアイドルになることを諦めた私は、芸能界と関わりの深いメイクアップアーティストを目指して、専門学校に入学。卒業後は、修行を始めました。
ですが、現実は甘くありません。

メイクアップアーティストの仕事では食べていくことができず、アルバイトをしながらの生活が続きました。
それでも、経験と実績を積むうちに、目標としていた芸能界の仕事にも少しずつ携われるようになります。

しかし、多忙な生活を長く続けた影響で、身体を壊してしまったのです。
そのため実家に戻って療養生活を送り、一息つくころにようやく、いかに自分が心身ともにすり減っていたかがわかりました。

療養生活の間、近所に散歩に出かけることが多かったのですが、公園で寛いでいる高齢者を話をするようになったのです。

話をするうちに、自分が身体を壊したことで、世の中の弱者の気持ちがわかるようになったと感じ、介護関連の仕事への興味がわいたのです…。

参考:https://min-ten.com/age30/job_change_story_2094/

療養期間を、自分の「やりたいこと」と向き合う時間に

ゆかりんさんの転職は、偶然の産物ともいえるものでした。

療養生活のなかで高齢者と交流し、介護の仕事に興味を覚えたタイミングで、実家近くに高待遇の介護施設が求人していることを知ります。
そして、高待遇の求人に興味を惹かれて、直接話を聞きに行きます。

担当者から丁寧な説明を受けたことに加え、デイケアに参加している利用者の満足げな顔を見たことで気持ちが固まり、求人に応募したのです。
ですが、実際に仕事を始めてみて、その仕事にやりがいを感じ、現在は介護の資格を取得する勉強も始めたといいます。

自分が過労で身体を壊す経験をしなければ、介護の仕事に興味を惹かれることもなかったでしょう。

34歳の転職体験談③ 体調不良をきっかけに、福祉施設のカウンセラーに転職 ガマグチさん 女性 宮城県

スタッフから、「採血しかできないの?」「いつもボーッとしているよね」「採血が下手」などと言われるようになって──。

私は求人広告で見つけた眼科医院に、「ここいいかも」という軽い気持ちで応募しました。

眼科は初めてでしたが、「君を2年でゆっくり育てる」という院長の言葉とやさしそうな雰囲気に惹かれて入社を決めたのです。
ですが、2カ月経ったころに医療事務員に「診療介助が下手だ」と指摘され、その人がその役を追われ、採決と検査、機材滅菌の担当に回されます。

さらに1ヵ月を過ぎたときに、医療事務員に「採血しかできないの?いつもボーッとしているよね」といわれ、よりあたりがきつくなり、ほかの看護師にも「採血が下手」といわれ、看護師としての仕事を外され、玄関掃除や雑用に回されてしまいました。

そのストレスが原因で蕁麻疹を発症。右顔が腫れあがったときに、院長に裏方に回るか帰宅するように言われ、1人で病院に向かいました。

アレルギーの点滴をしていた担当医師に、「身体が悲鳴をあげたんでしょうね」といわれ、「でも仕事を頑張らなければいけないんです」と反論した私に、「看護師の会社は、そこだけではないですからね。だから、もう行かないでください。自分を守ってください」といわれ、涙が出ました。

両親に職場について相談したときにも退職を勧められ、郵送で退職願いを送ったのです…。

参考:https://min-ten.com/age30/job_change_story_1839/

ストレスからくる体調不良がキャリアを見直すきっかけに

ガマグチさんが転職活動を始めたのは、アレルギー症状が治まってからです。
転職サイトに登録することが、活動のスタートでした。

その後、ガマグチさんはターミナルケアの福祉施設の求人に応募し、看護師として再就職します。

最初は職場の人間関係に不安を覚えたものの、持っていたカウンセラーの資格も生かせる仕事にはやりがいを感じていました。
時間の経過とともに、スタッフも利用者の方も自分を医療の専門職としてみてくれていることがわかり、現在はお互いを尊重しながら働けるようになったといいます。

ガマグチさんの体験談からわかることは、資格をもった専門職であっても、職場の雰囲気が悪ければ、業務を全うできない可能性があることです。
そして、自分が困ったときに相談相手がない職場で、働き続けるのが難しいという現実です。

自分がつらい思いをしたガマグチさんは、その経験を生かして、利用者の方の相談にのるにあたり、自分と同じ気持ちを味わわせないことを意識しているといいます。

辛い経験を通して、人にやさしく接することを意識するガマグチさんだからできることが、いまの仕事に生かされたということでしょう。

3)34歳で、転職により年収が下がる可能性が高い場合

34歳で、転職により年収が下がる可能性が高くても失敗とは限らない!

34歳で転職をする際、必ず年収がアップするとは限りません。
それまでのキャリアを生かしてハイクラス転職をするなら別ですが、会社を変わることで年収ダウンの可能性はあります。

ですが、年収がダウンするからといって、それが失敗とも限らないのです。

34歳で転職をするからには、現在だけでなく、将来を見据えた決断をすることが大切です。
そこで、転職によって年収がダウンした先輩たちの体験談をご紹介しておきましょう。

34歳の転職体験談④ 正社員販売職から、派遣営業事務に転職 ぐぅ さん 女性 東京都

お客さまに「最近、顔色が悪いけど大丈夫?」と声をかけられたとき、現状に疑問を持つようになって──。

私はアクティブな性格で、学生時代にアルバイトでお金を貯め、卒業後に1年間バックパックの世界旅行に出かけました。

帰国後に美容部員として正社員採用され、大好きな化粧品に囲まれ、お客さまから「ありがとう」という言葉を直接聞ける仕事に満足していました。
ですが、留学するという夢を叶えるため、5年間働いた会社を退職したのです。

2年間の留学を経て帰国して、英語を生かせる仕事を探すものの、職歴が美容部員だけだったので、就職先がなかなか見つかりませんでした。
そんななかで採用されたのが、高級カーディーラーのレセプション兼営業アシスタントの仕事です。

最初は接客好きの自分にピッタリだと思っていましたが、毎日昼休憩もままならず、12時間近い労働が続き、疲労が蓄積していきました。

お客さまに「最近、顔色が悪いけど大丈夫?」と声をかけられたとき、現状に疑問を持つようになり、転職を決意したのです…。

参考:https://min-ten.com/age30/job_change_story_430/

「正社員」にこだわならいほうが、長い目で見て良い結果につながることも

ぐぅさんは、在職中に転職活動をスタートしています。

結婚していたこともあり、英語を生かせる事務職の正社員に絞って応募するものの、不採用が続きました。
それは、32歳で事務経験がほとんどなかったことも影響していたようです。

そんなときに留学生仲間に「いま正社員にこだわるより、2~3年後を見据えて派遣で経験を積んだら」とアドバイスされ、派遣社員に登録。
登録先の派遣会社で歓迎会を開くなど、温かく迎えてもらえて、現在の職場にも満足しているといいます。

ぐぅさんの体験談が教えてくれるのは、転職するにあたって、正社員がいいというこだわりやプライドより、大切なものがあることです。
特に異業種への転職の場合、30代の未経験者を採用しようと考える企業は稀有なのは事実です。

心身にゆとりのある働き方をすることが転職の目的なら、派遣社員で職歴を積んだ後に、正社員転職を目指せばよいのです。

自分にとって、転職時に求める希望が何かを明確にしておくと、雇用形態より重視すべきポイントがわかります。

34歳の転職体験談⑤ スーパーの総合職から福祉業界に転職 ズミさん 男性 佐賀県

いつしか「ずっと仕事だけの人生でいいのだろうか」と考えるようになり、職場の上司との関係が悪化したこともあって──。

大手スーパーマーケットに総合職として就職した私は、部門のチーフ兼店長代理として、仕事一筋の毎日を過ごしていました。

当時は勤務地近くのアパートで独り暮らしをしていましたが、シフト制の勤務で休日は月に9日あるものの、休みの日も半日は出勤するという状態で、たまにサッカーの試合を見に行くのが息抜きという毎日…。

「ずっと仕事だけの人生でいいのだろうか」と考えるようになり、職場の上司との関係が悪化したこともあって、働き続けることが辛くなっていました。
そんななか29歳のとき、お母さまが脳梗塞に倒れます。早期治療のため大事には至りませんでしたが、身体には軽い障害が残りました。

それをきっかけに、日本の福祉システムについて考えるようになり、勉強したいという気持ちが芽生えたのです。
その気持ちは日に日に大きくなり、上司との関係に嫌気がさしていたことから、両親や恋人に相談のうえ、退職して福祉を学ぶことに決めました。

しかし実際には、退職を認めてもらうまでに半年以上の月日がかかりました。

そのため、退職せざるをえない状況をつくるために、私は転職活動を開始。職場でマーケティングリサーチをするという名目で時間をつくり、転職活動に充てました。
そして、ハローワークのトライアル雇用制度を利用して、福祉施設のソーシャルワーカーとして内定したのです。

参考:https://min-ten.com/age20/job_change_story_2852/

収入はダウンしたものの「目指したい場所に向かって進めている」という実感を得て

ズミさんは転職後、通信制の専門学校に1年半在籍し、仕事と勉強を両立する日々を送っています。

厳しい状況でもがんばりぬくことができたのは、職場の理解があり、学業のためにまとまって休む必要がある時期も、出勤扱いにするなどのサポートをしてくれたからだといいます。

異業種転職に伴い、スキルの習得や資格取得を求められることもありますが、職場によってはそれを受け入れてもらえるケースもあるのです。

入社後のミスマッチがないように、雇用トライアル制度を利用するなど、在職中でもセルフコントロールしながら転職活動を行う大切さが、このエピソードから学べます。
とはいえ、ズミさんの年収は転職を機に、450万円から250万円に大幅ダウンしています。

これは、管理職ではなく、平社員としての採用だったことも理由の一つで、生活は少し苦しくなったそうです。
ですが、自分が目指したい場所に向かっているという実感があるズミさんは、社会福祉士の資格を取得して、さらなるキャリアアップを目指しています。

4)34歳の転職では、転職エージェントを活用するべき!

34歳の転職では転職エージェントの活用がおすすめ!

34歳で転職活動を行うなら、自分のキャリアプランの再構築し、将来につながる求人を見つけることを重視すべきでしょう。
そんなときに活用してほしいのが、転職エージェントです。

プロでしか収集できない情報や蓄積されたノウハウが、34歳の転職をサポートしてくれるからです。

参考:転職エージェントの仕組み

転職エージェントサービスの仕組み

転職エージェントが具体的にサポートしてくれる内容としては、求人の紹介をはじめ、書類添削や面接対策など、転職活動に必要などです。 また、得意とする業界や職種、エリア、扱う求人などにも違いがあるので、転職サービスは複数を併用するのがセオリーです

参考:転職エージェントの複数登録と選び方

30代の転職で、転職エージェントを有効活用するポイント3つ Point1 主な転職エージェントの特徴を知っておく
Point2 早いタイミングで2~3つ複数の転職エージェントに登録しておく Point3 面談及び電話のやりとりで相性とやりやすさを見極める

30代の転職で、転職エージェントを活用するポイントは以下の3点です。

  • Point1 30代向けの主要な転職エージェントの、それぞれの特徴を知っておく
  • Point2 はじめに2~3つ「複数」の転職エージェントに登録しておく
  • Point3 担当アドバイザーとのやりとりで「相性」と「やりやすさ」を確認する

特にポイント3つ目の「相性とやりやすさ」は、就職活動を成功に導くためにとても重要な要素となってきます。

というのも、担当するキャリアアドバイザーの知識があなたの求めているレベルではなかったり、相性等の不一致から活動を進めにくくなるといった問題が出てくる可能性もあるからです。

そのような場合で他の選択肢を残しておき、転職活動に支障をきたさないためにも、転職エージェントには複数登録しておくと良いでしょう。

転職エージェントの利用で、自分に合ったアドバイザーを見分けるポイント3つ

自分に合う担当アドバイザーを見つけるには、以下のポイントについて確認すると良いでしょう。

  • 「親身に相談に乗ってくれるか」
  • 「紹介する求人について、おすすめの理由をきちんと説明してくれるか」
  • 「紹介・連絡のペースは適切か」

もちろん、他にも「性格的に合うか」といった問題もありますが、最低限以上のような点からポジティブな印象を抱くことができれば信頼できる可能性は高いと言えるでしょう

30代の転職の際は、幅広い業種・職種から求人を紹介してもらえる「総合型」の転職エージェントと、特定の業種・職種に特化した「特化型」の転職エージェントを組み合わせて利用するのがおすすめです。

転職エージェントの複数登録と選び方について詳しく見る

以下、総合型・特化型それぞれの、30代の転職におすすめの転職エージェントを紹介します。どのサービスも無料で利用できますので、「自分に合いそう」と思ったものから試しに登録してみると良いでしょう。

「総合型」の転職エージェントおすすめ一覧

マイナビエージェント

書類作成、面接準備のサポートの手厚さが特徴。とくに「はじめての転職で、不安…」という人におすすめです。

マイナビエージェントはキャリアアドバイザーによる丁寧なサポートとアドバイスに定評のある転職エージェントです。

なかでも20~30代の若手転職希望者のサポート力に長けており、転職に関する不安やお悩みを解決に導いてくれるでしょう。

株式会社マイナビが運営するサービスは企業からの信頼も厚く、多くの人事担当者とのパイプを築いています。

また、マイナビエージェントは業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、専門知識を持つプロからアドバイスしてもらえるのが特徴です。業界・職種に特有の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーに相談したい人に適しています。

マイナビエージェント主な専門領域
 

引用元:マイナビエージェント公式HP

マイナビエージェントの特徴
特徴
  • 国内企業とのリレーションが強く、優良求人の紹介を受けやすい
  • 特に20代~30代の若手社会人への転職支援に強み
  • 書類添削や面接対策などの支援サポートをじっくり丁寧に行ってくれる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約4.1万件(2022年10月現在)
とくに多い職種 営業職|マーケティング|広報|人事|経理|クリエイティブ(Web・編集・制作など)|ITコンサルタント|システムエンジニア|金融アナリスト|調査・分析|看護師|薬剤師|保育士|不動産専門職|建築・設計アシスタント|デザイナーなど
ワンポイントアドバイス

登録時に「転職理由」と「希望条件(優先したいこと・叶えたいこと)」を丁寧に記入しておくと、その後の求人紹介やサポートもスムーズに進みます。

20代の利用満足度No1
登録は5~10分程で完了します。

リクルートエージェント

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

国内No1の求人数の豊富さ!転職支援ツールも豊富で、「正しい転職活動を知りたい」人にもおすすめのエージェントです。

リクルートエージェントは、求人数、サポート品質、転職成功実績と、いずれもNo.1を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントでは、志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」を用意してくれます。
30代の転職では、企業から「どれだけうちの会社をしっかり調べてきているか」を見られることが非常に多いです。その際、レポート情報はあなたの活動に大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとに34歳時期の転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェント登録後に無料で活用できる、職務経歴書を自動で作成できる「職務経歴書エディタ」や無料の「面接力向上セミナー」のサービスもおすすめです。

職務経歴書エディター
職務経歴書エディタ
テンプレートや入力例に沿って、職務経歴書を半自動で作成できるサービス。作成後にWordファイルにダウンロードして利用することも可能。
面接力向上セミナー
面接力向上セミナー
企業が「採用したい」と思える面接の必勝法が学べるセミナー。参加者の99%が「満足」以上の回答。
現在(2022年11月)はLIVE配信(オンライン)で行われている。
リクルートエージェントの特徴
特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • エージェントレポートや面接力向上セミナー等の「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
公開求人数 約28万件(2022年10月現在)
とくに多い職種 営業・販売・カスタマーサービス|企画・マーケティング・経営|管理・事務|物流・購買・貿易・店舗開発|コンサルタント|金融専門職|不動産専門職|クリエイティブ|SE・ITエンジニア|エンジニア(設計・生産技術・品質管理)|建築・土木|医療・医薬・化粧品など
ワンポイントアドバイス

リクルートエージェントのサポートは効率的かつスピーディに進みます。日頃の活動にかけられる時間を確保しておくと、より有意義にサービスを受けられるでしょう。

求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。

doda(デューダ)

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

豊富な求人と、担当からの積極的な提案が特徴。「本気でいい求人を探したい!」ならぜひ登録しておきたい転職サイトです。

dodaは国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。
保有求人は常時10万件以上、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でじっくり求人チェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

また、dodaでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため企業から熱意あるスカウトメールが届きやすいです。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

dodaに登録すれば、「自分が今どんな企業から関心を持たれているか」について、スカウトメールの傾向から確認することができるでしょう。

dodaの特徴
特徴
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約16万件(2022年10月現在)
とくに多い職種 営業職|企画・管理|技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)|技術職(組み込みソフトウェア)|技術職(機械・電気)|専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)|クリエイター・クリエイティブ職|販売・サービス職|公務員・教員・農林水産関連職|事務・アシスタント|医療系専門職|金融系専門職など
ワンポイントアドバイス

dodaを活用する際は「受け身」にならないこと!スカウトや求人紹介を待つだけでなく、自分からも情報を「取りに行く」姿勢が大切です。

転職者満足度 No1
登録は5~10分程で完了します。

パソナキャリア

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!イチ押し

ひとりの転職者に平均20時間のサポート。「じっくり丁寧なサポート」を求める人におすすめです。

求人数が約4.0万件と、常時豊富な候補から求人紹介を可能としているのがパソナキャリアです。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、さらには自己分析やキャリアの棚卸しについても、キャリアアドバイザーが親身になって二人三脚で取り組んでくれるので、「転職活動をひとりで進めるのは不安…」という人には特に心強いパートナーとなるでしょう。

また、人材サービスを総合的に手掛けるパソナグループならではの特色として、拠点が全国の都道府県にある点が挙げられます。
拠点が各地にあることで、キャリアアドバイザーによるサポートも受けやすくなるはずです。

転職サービスによっては首都圏や大都市部のみが対象エリアとなっていることも少なくない中、地方での転職にも対応できるのは大きなメリットといえるでしょう。

パソナキャリアの特徴
特徴
  • 全都道府県に支店あり。対面サポートを受けやすく、UIターン転職にも強い
  • 「担当者がじっくり相談に乗ってくれる」という評判が多い
  • 企業への交渉力が強く、転職者の年収アップ成功実績が豊富
サービス対応地域 全国
公開求人数 約3.9万件(2022年10月現在)
公開求人数とくに多い職種 営業職|管理・事務|IT・Webエンジニア|技術職(電気・電子・機械・化学)|クリエイティブ|マーケティング・企画|コンサルタント・士業|販売員・サービススタッフ|研究・開発(メディカル)|専門職(Web・IT・ゲーム|金融|不動産・建設)など
ワンポイントアドバイス

転職するにあたって「これだけは譲れない」という希望条件を整理しておくと、担当エージェントも求人紹介がしやすくなります。

利用者満足度4年連続【1位】
登録は3分程で完了します。

JACリクルートメント

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。

管理職・役員クラスの転職で4年連続No.1!キャリア相談の手厚さに定評があり、キャリアアップ転職におすすめです。

これまでのキャリアを生かして、ハイクラス転職を目指す34歳におすすめのサービスはJACリクルートメントです。

JACリクルートメントを活用するメリットとして筆頭に挙げられるのが「ハイクラス向け求人の充実度」です。とくに年収600万円以上など好条件の求人を多数保有していることから、ハイクラス人材を求める企業と転職者のマッチングを得意としているのです。

高年収帯の求人や、重要なポジションを募集する求人を探している人にとって、登録を検討する有力な理由となるはずです。

JACリクルートメントの特徴
特徴
  • 「年収600万円以上」のミドル・ハイクラス向け転職エージェント
  • ベテランのキャリアアドバイザーが多く、キャリア相談の品質が高い
  • じっくりと転職者のペースに合わせたサポート。好条件求人も多い
サービス対応地域 全国
公開求人数 約1.5万件(2022年10月現在)
とくに多い職種 サービス|商社|流通|消費財|マスコミ|建設・不動産|金融|IT・通信|WEB|EMC|コンサルティング・シンクタンク・事務所|メディカル・バイオ|医療・介護・福祉など
ワンポイントアドバイス

サポートの充実がウリのJACリクルートメントですが、求人数は少なめです。登録の際は希望条件をやや広めに&他の転職サービスにも登録しておくのがおすすめです。

43万人の転職支援実績あり
登録は5~10分程で完了します。

「特化型」の転職エージェントおすすめ一覧

   
タイプ ITエンジニア ITエンジニア IT・Web系職種 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門 外資・グローバル 外資・グローバル 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
サービス名 マイナビITエージェント
マイナビITエージェント
レバテックキャリア
ワークポート
ワークポート
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
マスメディアン
マスメディアン
クリーデンス
クリーデンス
MS-Agent
MS-Agent
エンワールド
エンワールド
ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズ
メイテックネクスト
メイテックネクスト
きらケア
きらケア
かいご畑
かいご畑
メリット
  • 書類添削・面接対策が充実
  • 優良企業やレア求人が豊富
  • 求人のマッチング率が高い
  • 担当は全員エンジニア経験者
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 未経験転職への支援に強い
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 企業からのスカウトが多い
  • 都市部から地方までハイクラス層求人が豊富
  • 会計、税務、経理分野に強み
  • 担当から専門性の高いサポート
  • マスコミ・メディア系転職に強い
  • 独占求人・非公開求人が多い
  • アパレル・販売系業界に特化
  • 業界経験ある担当のサポート
  • 管理部門・士業の転職支援専門
  • 管理部門支援実績は業界No1
  • 外資系・グローバル転職に強い
  • 入社後も定期的なフォロー・定着支援
  • 選考突破率の高さで評判
  • 英文レジュメの作成支援あり
  • 製造系エンジニア支援実績No1
  • 模擬面接サポートが手厚い
  • 職場環境を詳しく聞ける
  • 担当から専門性の高いサポート
  • 未経験向け求人豊富
  • 資格取得の支援制度あり
デメリット
  • 求人は都市部に寄っている
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 求人は質よりも量を重視
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 急ぎの転職には不向き
  • 全ての求人を見るには有料会員になる必要あり
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 正社員求人は少なめ
公開求人数 1.5万 1.7万 6.2万 1.5万 37万 8.5万 3,400 4,000 1,300 7,800 1,000 2,000 2,800 2.9万 1万
得意業界/職種 IT・Web IT・Web 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門・士業 外資系 外資系 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・中部(東海) 東京・大阪 関東・関西・東海 全都道府県 東京・愛知・大阪+海外 東京・愛知・大阪+海外 東京・名古屋・大阪・福岡 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策のサポートをしっかり受けたい人
  • キャリアアップ・年収アップを目指す人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 企業からスカウトを多く欲しい人
  • 会計、税務、経理、財務分野を目指す人
  • マスコミ・メディア系職種の人
  • アパレル・ファッション系業種の人
  • 管理部門・士業での転職を検討している人
  • ハイクラス・グローバル系企業を目指す人
  • 英語力を生かした転職をしたい人
  • ものづくり・製造系エンジニアの人
  • 職場環境を重要視する人
  • 未経験から介護職を目指す人
公式サイト

表内の求人数は2022年12月時点のものです。

まとめ)34歳の転職は、現在だけでなく「将来を見据えた転職」を意識しよう

歩き出すイメージ

ここまでの内容をざっとまとめてみましょう。

34歳の転職をする際のポイント

  • スキルや職歴のブランクを埋める努力が不可欠
  • 転職の目的によっては、雇用形態の変化や年収ダウンも視野に入れる必要がある
  • 現在だけでなく、将来のキャリアを見越して活動するのがポイント

34歳での転職は、それまでのキャリアや持っているスキルが問われます。
そのため、異業種転職が難しくなるのも事実です。

ですが、足りないスキルを資格取得などで補ったり、希望の正社員就職を果たすために、派遣社員になって職歴を積むなど、いろいろな方法があります。

この記事を参考に、5年後・10年後のキャリア実現を見据えて、将来につながる転職をするきっかけをつかんでくれたら幸いです。

目次[ 閉じる ]