『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

【ITエンジニア向け転職エージェント】おすすめ8選と活用法

[最終更新日]2019/08/16


10
ITエンジニアおすすめ転職エージェントin2019

ITエンジニアの仕事は、近年人手不足の状況が続いています。人手不足を根本的に解決する打開策は今のところないため、2019年も売り手市場の状態が続くと考えられます。

こうした中、人材業界各社はIT・Webエンジニアをターゲットとした転職サービスに力を入れています。そのうちの1つが、IT業界に特化した転職エージェントです。さまざまな業界・職種を対象とした総合型転職エージェントに対して、IT業界など特定の業界を専門とする転職エージェントは特化型転職エージェントと呼ばれます。

特化型エージェントは業界を絞って求人情報を得られるだけでなく、業界に関する専門知識を持つキャリアアドバイザーが在籍しているなど、ITエンジニアで転職を検討している人にとって多くのメリットがあります。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)ITエンジニアの転職エージェント選びは「4つのパターン」から選択を

ITエンジニアの転職成功に不可欠な条件は、「転職方針」を明確に定めておくことです。
いわば「どのような転職をしたいか」という指針のようなものです。

代表的には、以下の4つのような内容が挙げられると思います。

ITエンジニアが転職活動を行う際の、 主な「転職方針」パターン1「実務未経験」からの転職成功を目指す→実務未経験でも受け入れてくれる企業を探す。パターン2自身のスキル・方向性にあった職場を探す→より多くのITエンジニア向けの求人情報に触れる。パターン3ITスキル・業界知識を深めながら活動する→専門のコンサルタントから、密なサポートを受ける。パターン4ITエンジニアとしての待遇・年収UPを 目指す→高収入案件・ハイキャリア案件を中心に志望する

この4つのパターンのどれに当てはまるかは、人によって様々かと思います。どれか1つにぴったりと合致する方もいれば、複数のパターンが当てはまる方もいるでしょう。

なぜこのように「転職方針」を事前に決めておく必要があるかというと、転職エージェントにはそれぞれ得意とするサポートの種類に違いがあるからです。
自身の転職方針に見合わないサポートを受けては意味がありません。

まずは「転職方針」を明確に、それから、その方針に沿ったサポートを受けられるエージェントを利用することが、スムーズな転職活動を行うカギとなるのです。

主なITエンジニア向け転職エージェント

ITエンジニアを対象とした転職エージェントは、他の職種と比べて数多く存在します。選択肢が多いのは良いことなのですが、各エージェントが対応しているエリアや対象となる職種を確認しておかないと、転職エージェントに登録してみたものの対象外だった、といったことになりかねません。

この記事では8社の転職エージェントをピックアップし、ご紹介します。まずは各社の対応エリアと対象となる職種について概要を確認しておきましょう。



未経験からITエンジニアになりたい ・マイナビエージェント
・リクルートエージェント
・ワークポート
経験者だが、さらにスキルを深めたい ・doda ITエンジニア
・マイナビエージェントIT
これまでのスキル・方向性を活かした転職がしたい ・レバテックキャリア
・ギークリー
待遇・年収アップを目指したい ・JACリクルートメント
・ビズリーチ

ITエンジニアが転職をする際は、2~3社の転職エージェント利用がおすすめ

ITエンジニアは転職ニーズが豊富にあることから、数多くの特化型エージェントが群雄割拠の状態です。そのため、各社は独自性のあるサービスを提供することで他社との差別化を図ろうとしています。転職エージェントによって得意とする分野に違いがあったり、ターゲットとする転職希望者の年齢帯などが異なっていたりする場合があるのです。

転職希望者の側からすると、それぞれの転職エージェントに強みがあるわけですから、できるだけ各社の「いいとこ取り」をしたいところです。そこで、1社だけに登録するのではなく、2〜3社の転職エージェントに登録することによって、各社の強みやメリットを活かすのがおすすめです。

総合型エージェントはITエンジニアの求人数も豊富で、それだけ転職の可能性も広がりやすいといったメリットがありますが、反面、エンジニアの専門知識に特化したキャリアアドバイザーが少なく、具体的なアドバイスは得られにくい、といったデメリットもあります。

一方のIT特化型エージェントは、各アドバイザーの専門知識が豊富でアドバイスももらいやすい反面、エンジニア未経験者向けの求人が少ない、という場合もあります。

そこで効果的な組み合わせとしては、求人数の多い総合型エージェント+ITの専門性の高い特化型エージェント、といったように、タイプが異なるエージェントを組み合わせることでシナジーを得やすくなります。



2)ITにおすすめの転職エージェント【タイプ別8選】

ITエンジニアが転職活動を行う際の、パターン別おすすめ転職エージェント。パターン1未経験からITエンジニアになりたいパターン2経験者だが、さらにスキルを深めたいパターン3これまでのスキルを活かした転職がしたいパターン4待遇・年収アップを目指したい

ここからは、前に挙げたITエンジニアを対象とした転職エージェント8社の、おすすめポイントやサービスの特徴について詳しく見ていきましょう。
エージェントを選ぶ際に特に意識しておきたいのは以下の4つです。

  • 未経験からITエンジニアになりたい
  • 経験者だが、さらにスキルを深めたい
  • これまでのスキル・方向性を活かした転職がしたい
  • 待遇・年収アップを目指したい

転職するにあたって転職理由や転職先の希望条件があるはずですので、自身の転職方針に合ったエージェントを選ぶことが大切です。また、前述のように転職エージェントを組み合わせてシナジーを得る意味でも、各エージェントの特徴やターゲット層について知っておくと、より効果的に転職エージェントを活用しやすくなるでしょう。



未経験からITエンジニアになりたい人におすすめの転職エージェント

未経験からITエンジニアへおすすめ転職エージェント。マイナビエージェント。非公開求人が豊富。リクルートエージェント。スピード内定の事例が多い。ワークポート。ITエンジニアサポートに強い

大手だからこその豊富な非公開求人が見たいならマイナビエージェントがおすすめ

おすすめの年齢層 20~30代
対応エリア 東京・横浜・大阪・名古屋・札幌・福岡
おすすめのポイント ・「マイナビだけの非公開求人」が豊富
・転職者一人一人へのサポート体制がばっちり
・応募書類添削・模擬面接で通過率UP
・20~30代エンジニアへのサポートが強い
デメリット 必ずしもITの専門知識を持ったアドバイザーが担当につくとは限らない

20~30代のITエンジニアで、首都圏在住の転職者には、マイナビエージェントのサポートがぴったりです。

大手転職エージェントだからこその企業との太いパイプと、豊富な非公開求人により、転職活動をスムーズに進めることが可能でしょう。

IT業界出身者、専門知識に特化したアドバイザーも多数在籍しており「転職のプロ」ならではの視点から、転職者一人一人の強み・スキルを引き出す能力に長けています。

ITエンジニアとしてのスキル・経歴が伝わりやすい職務経歴書の書き方や、自己PRの方法もしっかりと行われます。

ITエンジニアとしてのキャリアアップへの意識が強い20代・30代の転職者にはうってつけのエージェントでしょう。

マイナビエージェントの特徴

  • 20~30代のITエンジニアへのサポートに強い
  • 転職者一人一人へのサポートが手厚い
  • IT系企業とのパイプが太い

マイナビエージェントの評判

  • 担当のキャリアアドバイザーのアドバイスが的確。
  • 応募先企業の詳しい情報をたくさん教えてもらえた
  • 非公開求人の数が多かった
  • こちらの要望を丁寧にヒアリングしてくれた
サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)




転職活動のスピード感を重視するならリクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
おすすめの年齢層 20~40代
対応エリア 全国
おすすめのポイント ・30万人を転職成功へと導いてきた圧倒的な実績
・セミナーやエージェントレポートなど充実のサポート体制
・自分専用の頁「Personal Desktop」で効率的に情報を整理
・登録から内定までの期間が短いスピード内定の事例も多い
デメリット ・希望条件が絞り切れていないと大量の求人を紹介される場合がある
・IT業界に詳しい人に担当してもらえるとは限らない

リクルートエージェントは総合型転職エージェントとして国内屈指の規模と実績を誇っています。キャリアアドバイザーに優秀な人が多く、的確なアドバイスと迅速な対応でスピード感によって効率的に転職活動を進めることができます。

登録後に利用スタートとなるPersonal Desktopなど、他のエージェントとは一線を画した便利なサービスが用意されているのも大手エージェントならではの特徴と言えるでしょう。転職活動に期間をかけられない人や、早く次の職場を見つけておきたい人と考えている人は、リクルートエージェントを活用することをおすすめします。

リクルートエージェントの特徴

  • 国内転職エージェントでトップの実績と言われるサービスの質の高さ
  • 特化型エージェントにはない、圧倒的な求人情報の多さ
  • エンジニアだけでなく、IT業界の営業職やマーケティング職など多様な職種の求人の取扱いあり
  • IT業界専門ではないため、担当キャリアアドバイザーが業界事情に詳しいとは限らない

リクルートエージェントの評判

  • 希望条件以外にもキャリアアドバイザーが提案してくれたので、選択肢の幅を広げることができた。
  • 求人の紹介数が他社と比べて多く、しかも求人の質も高いものが多かった。
  • 転職は初めての経験だったが、分かりやすい説明でサポートしてもらうことができた。
  • 対応が迅速で助かった反面、ときどき転職を急かされているような印象を受けたこともあった。
サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)




現職が忙しい方にはワークポートがおすすめ

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
おすすめの年齢層 20~40代
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・宮城・愛知・大阪・兵庫・福岡
おすすめのポイント ITエンジニアやゲーム、Web関連の求人が充実
・特化型エージェントではないものの、IT・Web系には強い
・転職コンシェルジュのサポート力と情報収集力が優秀
・eコンシェルで応募求人や面接日程を一括管理
デメリット ・求人を多く紹介する方針のため、条件に合わないものもある
・対応がスピーディーな反面、事務的でドライな面もある

ワークポートはもともとIT系の転職エージェントだったのですが、現在は幅広い職種を対象としたエージェントへと成長しています。IT・Web系の職種についてもワークポートの得意分野に入っていますので、転職コンシェルジュの専門性の高さにおいては一般的な総合型転職エージェントとは一線を画すものがあります

登録時の入力項目が必要最小限に抑えられている上に、面談後に紹介される案件の多さや選考以降の対応の速さには定評がありますので、現職が忙しい中で合間を縫って転職活動を進めていきたい人におすすめの転職エージェントです。

ワークポートの特徴

  • IT・Web系への転職に強い老舗の転職エージェント
  • エンジニアのほか、ゲームやWeb関連の職種にも対応
  • 迅速な対応で在職中の転職活動でも機を逃すことなくサポート
  • eコンシェルで転職活動のスケジュールを一括管理

ワークポートの評判

  • IT業界に強いという評判通り、IT系の求人をたくさん紹介してもらうことができた。
  • 他の転職エージェントも並行して利用していたが、ワークポートはどこよりも対応が速かった。
  • 紹介求人数は多い。希望条件を面談で明確に伝えていないと、大量の求人情報が送られてくる。
  • 短期間で転職先が決まったが、やや急かされた感があった。
サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)




経験者だが、さらにスキルを深めたい人におすすめの転職エージェント

ITエンジニアでスキルアップおすすめ転職エージェント。doda ITエンジニア。ベンチャー・大手求人豊富。マイナビエージェントIT。高い面接通過率

多くの企業を比較検討したいならdoda ITエンジニアがおすすめ

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda
おすすめの年齢層 20~40代
対応エリア 全国
おすすめのポイント ・大手転職サービスから派生したITエンジニア特化型エージェント
・キャリアアドバイザー+プロジェクト担当の2名体制でサポート
・転職サイト+転職エージェントのダブル効果で圧倒的な求人数
・圧倒的な非公開求人の保有数
デメリット ・紹介求人数が多すぎて目移りしてしまう可能性あり
・ITエンジニア以外の職種は求人の扱いがあまりない

転職サービスdodaの名前は、おそらく誰もが聞いたことがあるでしょう。国内随一の求人数を誇る転職サービスから派生した特化型エージェントですので、求人数の豊富さとアドバイザーの専門知識という両面のメリットを得ることができるのが特徴です。

ITエンジニアというサービス名の通り、対象としているのはITエンジニアとなっています。プロデューサやディレクター、クリーエターの求人も全くないわけではありませんが、主力ではないというイメージでとらえておくといいでしょう。

転職にはリスクがつきものです。転職後にミスマッチに気づいて後悔することのないよう、できるだけ多くの企業を比較検討しておきたいという人におすすめの転職エージェントです。

doda IT エンジニアの特徴

  • ITエンジニアに特化した転職エージェント。
  • 転職サイト+転職エージェントの非公開求人で圧倒的な求人紹介数を実現。
  • 企業が求める人材についてプロジェクト担当から情報を得ることができる。
  • ベンチャーから大手企業まで、さまざまなタイプの企業への人材紹介実績あり。

doda IT エンジニアの評判

  • エンジニアとしてのスキルアップや今後のキャリアアップのことも考えてアドバイスしてくれた。
  • 中小企業やベンチャーで可能性を秘めた企業、エンジニアにとって魅力のある案件を紹介してくれた。
  • 面接指導をしてくれたので、面接本番で落ち着いて対応し、しっかりと自己PRができた。
  • 紹介される企業数が多いため、情報を整理するのが少々大変だった。
サービス名 doda ITエンジニア
特徴 国内最大級の求人案件と信頼を誇るdodaで、さらにITエンジニア向けの転職に特化したサービスが、この「doda ITエンジニア」です。 大企業や上場企業から中小、ベンチャーに至るまで多種多様なITエンジニア向けの求人にアプローチできるほか、業界に詳しい専任アドバイザーがしっかりサポートしてくれます。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)




異業種からIT・Web業界へ転職するならマイナビエージェント(IT特化)がおすすめ

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
おすすめの年齢層 20~40代
対応エリア 東京・神奈川・北海道・愛知・大阪・福岡
おすすめのポイント ・大手企業や有名企業の求人が豊富
・未経験者や経験の浅いエンジニア向けの求人が充実
・非公開求人には他社にはない優良企業の独自求人も多数
・充実のサポートで高い面接通過率を実現
デメリット ・都市部の求人が中心で地域によっては求人の取り扱いが少ない
・未経験者や経験の浅い人は第二新卒なら可の案件が多い

マイナビエージェントは新卒採用で有名なマイナビ社が運営する転職エージェントです。就活市場で築いてきた各企業との信頼関係は厚く、マイナビグループだからこそキャッチできる独自の求人情報も多いのが特徴です。

特化型エージェントの場合、高い専門性が求められるポジションの求人が集まりやすいことから、どうしても経験者が対象となる求人が中心になりがちです。マイナビエージェントは他社と比べると未経験者や経験の浅いエンジニアでもチャレンジ可能な案件を多めに保有しているため、異業種からIT・Web業界へ転職したいと考えている人にとって頼りになる存在でしょう。

マイナビエージェント(IT特化)の特徴

  • 国内最大規模と言われる求人数とキャリアアドバイザー数による充実のサポート
  • 他社エージェントにはない独自求人を含む非公開求人を多数保有
  • キャリアアドバイザーによる応募書類の添削や面接対策も万全
  • 首都圏をはじめ都市部での転職に強い

マイナビエージェント(IT特化)の評判

  • PG→SEなど職種転換を伴う転職の場合も、的確にアドバイスをしてもらえる。
  • キャリアアドバイザーの業界知識や実務に関する知識が豊富。
  • 他の求人サイトや転職エージェントでは見かけない求人を紹介してもらうことができた。
  • エンジニアとして実務経験がなかったが、プログラミングの知識を評価してくれる企業を紹介してもらえた。
サービス名 マイナビエージェント(IT特化)
特徴 マイナビエージェントITは、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)




これまでのスキル・方向性を活かした転職がしたい

これまでのスキルを活かし転職。おすすめ転職エージェント。レバテックキャリア。エンジニア経験者専門。ギークリー。コンサルタントの質が高い

待遇改善が転職の主目的ならレバテックキャリアがおすすめ

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
おすすめの年齢層 20~40代
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・宮城・愛知・大阪・兵庫・福岡
おすすめのポイント ・業界でも珍しいIT・Webエンジニア経験者専門のエージェント
・IT・Webに関する専門知識を持ったキャリアコンサルタント
・エンジニアが働く現場にも足を運ぶ徹底したヒアリング
・他社にはない独自の案件も多数保有
デメリット ・都市部の求人が中心で地域によっては対応が難しい場合あり
・職種を特化しているため求人数としては限られている

特化型エージェントの中にはIT業界を対象としたものがありますが、「IT・Webエンジニア経験者」を専門とするエージェントはめずらしく、ユニークなサービスと言えます。対象となる職種を限定しているだけに、キャリアコンサルタントはIT・Web業界に関する最新情報を日々取り入れており、エンジニアと話しても遜色のないレベルの専門知識を身につけています

また、エンジニアが働く現場にも足を運んでヒアリングを行っており、エンジニアにとって働きやすい環境やエンジニアが望む条件についてキャリアコンサルタントが熟知しているのも特徴の1つです。

わずか30秒でサービスに登録できる手軽さと、事前に「これまでの経歴」の記入を済ませておくことで(所要時間1~2分)「非公開求人」を優先的に紹介してもらえるなどのメリットも、レバテックキャリアが人気の理由です。

エンジニアとして働く上での待遇改善が転職の主目的という人は、レバテックキャリアへの登録を検討してみるといいでしょう。

レバテックキャリアの特徴

  • IT・Webエンジニア経験者に特化した転職エージェント
  • キャリアコンサルタントがエンジニアの働く現場を熟知
  • エンジニアのことを第一に考えた待遇改善サポート
  • 大手転職エージェントにはない独自の案件が多数

レバテックキャリアの評判

  • キャリアコンサルタントがエンジニアの実務をしっかりと理解していて、アドバイスが的確。
  • エンジニアとしての将来的なキャリア形成のことを考えてアドバイスをしてくれた。
  • 過去に面接を受けた人やコンサルタントが直接聞いてきた話をまとめた「面接詳細」が参考になった。
  • キャリアコンサルタントはフランクに接してくれたが、人によっては馴れ馴れしいと感じるかもしれない。
サービス名 レバテックキャリア
特徴 IT・Web系のエンジニア経験者に特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)




スキルに自信のあるエンジニアにはGeeklyがおすすめ

GEEKLY(ギークリー)。IT・web・ゲーム業界専門の人材総合会社。
おすすめの年齢層 20~50代
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
おすすめのポイント IT、Web、ゲーム業界が専門の特化型エージェント
・コンサルタントの質が高く業界知識が豊富
・幅広い年齢層への転職支援に実績あり
・他サイトにはない優良企業の非公開求人もあり
デメリット ・経験が浅い場合は紹介できる会社がないと判断される可能性あり
・大手と比べるとサイトの情報量や昨日は簡素

GeeklyはIT、Web、ゲーム業界を専門とする特化型エージェントです。運営会社は2011年設立の新興企業ですが、すでにIT業界の転職希望者の間ではよく知られる転職サービスとして定着しつつあります。

特化型エージェントならではの濃い情報やアドバイスが特徴で、コンサルタントは業界に関する知識や最新動向を常に注視しているため、今現在の転職市場を踏まえてアドバイスをしてもらえます。

どちらかと言えば経験のあるエンジニア向けのサービスで、一定以上のスキルを求める企業が求人を掲載しているケースが多いと言えます。そのため、スキルの高い人材であれば幅広い年齢層に仕事を紹介している反面、スキル面で不安が残る人は紹介可能な案件がごく限られたものになる可能性があります。

Geeklyの特徴

  • IT、Web、ゲーム業界に特化しているため、専門性の高いコアな情報を持っている。
  • スキルがあれば幅広い年齢層の転職希望者に仕事を紹介してくれる。
  • 求人検索では開発分野が細かく分かれているので、自分に合った条件で探しやすい。
  • 非公開求人の中には、Geekly独自のパイプによる独占求人もある。

Geeklyの評判

  • IT業界やWeb業界に詳しく、最新の動向をしっかりとキャッチしているコンサルタントだった。
  • 希望条件を伝えると、自分に合った働き方やマッチしそうな企業を提案してくれた。
  • コンサルタントはIT業界の厳しい面も熟知しているため、厳しいアドバイスもしてくれて信頼できた。
  • スキルや実績がある人にとっては選べる案件も多いので、転職活動を実りあるものにできると思う。
サービス名 GEEKLY(ギークリー)
特徴 ギークリーは、I​T​・W​E​B​・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス。大手を中心に非公開求人数は2​0​0​0​以上!
独占求人案件も多数扱っており、転職希望者のスキルや経験を元に、多角的に分析してのマッチングが人気です。
企業名 株式会社GEEKLY(ギークリー)(2011年8月)




待遇・年収アップを目指したい

待遇・年収アップ。おすすめ転職エージェント。JACリクルートメント。グローバル求人も多数。ビズリーチ。企業からのスカウトがある

キャリアアップを目的とした転職にしたい人にはJACリクルートメントがおすすめ

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。
おすすめの年齢層 30~50代
対応エリア 東京・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島
おすすめのポイント ・転職エージェントに特化した事業内容のためサービスの質が高い
・ミドル層の転職者のキャリアアップに強い
・年収アップや管理職採用などキャリアアップに強い
・グローバル企業への転職も可能
デメリット ・ハイクラス人材向けのため、対象となる層が限られる
・求人数は大手総合転職エージェントと比べると少なめ

外資系人材紹介サービスとして知られるJACリクルートメントは、いわゆるハイクラス人材を対象とした転職エージェントです。IT・Web系の人材に関しては、たとえば高スキルの人材や管理職経験者、語学力の高い人材などがターゲット層となります。

転職を機にキャリアアップを図りたいと考えている人にとっては、年収アップや管理職ポジションでの採用、グローバル企業での就業といった大きなチャンスをつかむきっかけになる可能性があります。キャリアアップを実現したいと考えている人は、JACリクルートメントへの登録を検討するといいでしょう。

JACリクルートメントの特徴

  • 高スキル、マネジメント経験、語学力などを持ちあわせたハイクラス人材向けのサービス
  • 高年収、高ポジションを求める企業の紹介が豊富
  • キャリアアップを実現したいミドル層の転職希望者に最適
  • 外資系企業やグローバル企業への人材紹介も実績あり

JACリクルートメントの評判

  • サポートの質が高く、コンサルタントの知識が豊富だった。
  • 転職を急かすようなことはなく、こちらのペースにじっくりと付き合ってくれた。
  • 報酬が高い案件や重要なポジションを募集する求人がたくさんあった。
  • 一定以上のスキルや経験を持っている人でないと、仕事の紹介は難しいと言われることがある。
サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)




ヘッドハンターによるスカウトに興味があるに人はビズリーチがおすすめ

ビズリーチ。年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1
おすすめの年齢層 30~50代
対応エリア 全国
おすすめのポイント ・ハイクラス人材を対象とした転職サービス
・ヘッドハンターや企業によるスカウトがメイン・ヘッドハンターを選んで指名することも可能
・タレント会員・
ハイクラス会員(有料会員)のコースあり
デメリット ・スカウトを待つスタイルのため、急ぎの転職には向かない
・現在の年収が750万円以上の人材が実質的なターゲットとなる

ビズリーチはいわゆる転職エージェントとは異なり、ヘッドハンターによるスカウトがメインの転職サービスです。転職希望者はビズリーチに登録後、企業またはヘッドハンターからのスカウトが届くのを待つのが基本的な利用方法です。対象となるのはハイクラス人材で、高いスキルやマネジメント能力を持つ人材をヘッドハンティングしたいと考えている企業へ紹介してもらうことになります。

また、転職サービスの中でいち早く有料プランを導入したことでも話題になりました。タレント会員やハイクラス会員といった有料のプレミアムコースを選択することで、ヘッドハンターの指名や非公開求人への応募も可能になります。

ビズリーチの特徴

  • ハイクラス人材向けスカウトサービス
  • ヘッドハンターまたは企業からのスカウトを受け取ることができる
  • 年収1,000万円以上など好待遇のポジションも多数
  • 有料のプレミアムコースを選択すると、ヘッドハンターの逆指名や非公開企業への応募ができる

ビズリーチの評判

  • 要求が高い代わりに報酬も高い案件が多く、年収アップを実現できた。
  • ヘッドハンターは業界専門なので、業界知識が驚くほど豊富だった。
  • 専門職なので技術的な知識があるヘッドハンターを指名できる仕組みがある点が助かった。
  • 年収や役職経験などがビズリーチの基準を満たしていないためか、ヘッドハンティングされなかった。
サービス名 BIZREACH(ビズリーチ)
特徴 BIZREACH(ビズリーチ)は、国内最大級のエグゼクティブ・ハイクラス向け転職サービスです。

国内外の優良企業と、厳正な審査基準をクリアした一流ヘッドハンターたちが、転職活動をされている方々に直接スカウトします。
企業名 株式会社ビズリーチ(2007年)




3)IT・Web系の転職をする際に意識したいポイント3点

ITエンジニアが転職活動を行う際に、意識しておきたい3つのポイント。ポイント1。スキルセット(実績)・経歴の棚卸し。ポイント2.これからの働き方を見据える。ポイント3.コミュニケーションスキルは重要。最終的に判断を下すのはあなた自身!正しいポイントを見極めましょう

IT・Web系の転職を成功させるために、転職エージェントを上手に活用するのは1つの有力な手段です。

ただし、転職エージェントに頼り切ってしまうのは得策とは言えません。最終的に面接選考を受けるのは自分自身であり、転職エージェントから紹介された企業が転職先としてふさわしいかどうかを判断するのは自分自身だからです。

真の意味で転職を成功させるためにも、主体的に転職活動に取り組むことが重要です。次の3点についてはとくに意識しておきたいポイントですので、転職活動を始めるにあたって必ず確認しておきましょう。

  • スキルセット(実績)・経歴の棚卸しは丁寧に
  • これからの働き方を見据える(現場業務を極めるか、より上流の仕事を目指すか)
  • コミュニケーションスキルはとても重要!

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



スキルセット(実績)・経歴の棚卸しは丁寧に

転職エージェントとの面談や企業での面接選考時には、持っているスキルセットやこれまでの経歴について詳しく聞かれることになります。自分にとっては毎日のように携わっている仕事であっても、初めて聞く相手にとっては順を追って丁寧に説明されないと伝わらないことも多いはずです。

たとえば前職でシステムエンジニアをしていた、と伝えた場合、他社へ出向し、下りてきた仕事をこなす立場だったのか、社内SEとして半ばプロデューサーを兼ねるような形でチームを引っぱっていたのかによって、貢献度や持っているスキルにはかなりの差があります。プロデューサー業務としても関わっていたにも関わらず、「実務だけを担当していたらしい」と伝わってしまうのは非常にもったいないことです。

自身のスキルセットや経歴が細部まで伝わるよう、棚卸しは丁寧に行っておく必要があります。



これからの働き方を見据える(現場業務を極めるか、より上流の仕事を目指すか)

転職するにあたって、「今までやってきた仕事」で身につけてきたスキルを活かせるかどうか、という部分を重視したいのは山々ですが、「」を基準に考えるべきことと先々の展望を見据えて考えておくべきことがある点に注意しておく必要があります。

IT・Web系の仕事においては、現場業務を極めてスペシャリストとしてのキャリアを築いていくか、より上流のプランナーやプロデューサーとしての仕事を目指していくかによって、伸ばしていくべきスキルの優先度や重要度が変わっていきます。

年齢や経験年数によっては、どちらの道へ進むのか決断しなくてはならないタイミングがやってきますので、今だけでなく今後も見据えたキャリアプランを考えておくことが重要です



コミュニケーションスキルはとても重要!

IT・Web系の仕事において、とくに技術寄りの仕事がメインの人ほど、技術的な話に関心を寄せる傾向があります。そのこと自体は悪いことではありませんが、「対人」の部分を見過ごすことがあってはなりません。

転職における面接だけでなく、転職後に働き始めてから、周囲の同僚や上司、顧客とコミュニケーションを図りながら人間関係をうまくやりくりしていくのは非常に重要なことです。スキルさえ高められればいい、という考え方では、一定以上のポジションで活躍することが難しくなってしまう可能性があります。

転職活動では初対面の相手と話す場面が多く、自身のコミュニケーションスキルについて客観視する絶好の機会です。この機会にコミュニケーションスキルについて振り返りを行い、よりブラッシュアップしていくためのきっかけにしましょう。



まとめ)転職エージェントという心強い伴走者を見つけよう

転職活動は一人で進めることもできますが、独力で得られる情報には限界があります。業界知識の豊富なキャリアアドバイザーの力を借りながら、各エージェントの長所を上手に引き出して活用していくことで、転職活動の精度を劇的に高めることも可能になるのです。

転職希望者にとって、転職エージェントはマラソンの伴走者のようなものです。心強い伴走者を見つけることで、自分にとってベストな転職の実現へと導いてくれるはずです。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー