『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

40代におすすめの転職エージェント 【タイプ別8選】比較と活用のポイント

[最終更新日]2019/08/16

40代のビジネスパーソンが転職を検討するとき、どのような転職サービスを使って求人を探せばいいのか、応募先企業はどのような判断基準で選んだらいいのか、迷ってしまう場合があるかもしれません。

巷には転職ノウハウが溢れていますが、大部分は若手〜30代半ば頃までの人を対象とした情報です。40代の転職ノウハウがないわけではありませんが、絶対数としては若手よりも少なくなります。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)40代の転職に「転職エージェント」をおすすめする理由

40代の転職はなぜ「難しい」と言われるのか

近年、40代でも転職が可能な時代になっていると言われることがあります。ただし、はじめにはっきりさせておくべきことがあります。それは、

「40代が転職可能になった」には「昔と比べると」という前置きがあるという点です。

かつては35歳限界説などと言われたこともあるように、40代での転職はほぼ不可能に近い実態がありました。ただ、最近は管理職クラスの即戦力を発揮できる人材を募集する企業もあるため、40代での転職も「以前よりは可能性がある」という状況になってきたのです。

40代の転職が依然として難しいものであることに変わりはありません。40代の中途採用者に企業が求める能力として、次のようなものが挙げられます。

  • 即戦力(実務レベルは研修不要のレベル)
  • 業界経験
  • 人脈
  • マネジメントスキル

つまり、「与えられた仕事はきちんとこなせます」というレベルの能力を持っているのは当たり前のことであり、人脈やマネジメントスキルを駆使して転職先の企業の売上伸張や事業拡大に貢献できるような人材が求められているのです。



転職エージェントで客観的な情報・アドバイスを得ることで、転職成功率が上がる

40代の方が転職活動をするのであれば、在職中に転職先を決めてから退職すること、転職エージェントを必ず活用することの2点を強くおすすめします。

転職エージェントを活用することで、以下のようなメリットを得られます。

  • 保有スキルや経験について客観的に分析し、棚卸しできる
  • 今後のキャリアプランについて相談できる
  • 第三者の視点からマッチする求人を紹介してもらえる
  • 一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえる
  • 紹介される求人の傾向やレベルから、自分の市場価値が把握できる

現在の勤務先での勤続年数が長めの方や、転職が初めてという方はとくに、第三者からのアドバイスを得ることが重要です。自分の中での感覚や常識の範囲内で応募すると、どうしても偏りが生じたり、知らない情報を知らないまま過ごしてしまったりすることになりやすいからです。

転職エージェントは、登録後にキャリアアドバイザーとの面談を行い、客観的なアドバイスや転職事情についての最新情報を得ることができます。転職エージェントを活用することで、転職成功率を高めることができるのです。



2)40代で管理職経験がない・キャリアに自信がない方におすすめの転職エージェント

40代の転職では、管理職経験を活かしたステップアップや、これまでのキャリアで培ったスキルのアピールが王道ですが、中には「管理職経験がない」「キャリアに自信がない」という方もいるでしょう。

そういった方ができるだけ有利な条件で転職先を決めるには、転職活動における戦略が必要になります。同世代のビジネスパーソンと差をつけるための工夫が必要になるのです。次の4つの転職エージェントを活用し、「情報の量」で差をつけていきましょう。

対応エリア 求人数 アドバイザーの質 対応スピード
doda 全国 ★★★ ★★★ ★★★
パソナキャリア 全国 ★★ ★★★ ★★
リクルートエージェント 全国 ★★★ ★★ ★★★
enミドルの転職 東京・千葉・埼玉・神奈川 ★★ ★★★ ★★


求人情報の量にこだわりたい方にはdodaがおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

転職活動とは、転職希望者と人材募集企業とのマッチングです。自分の能力や経験を求めている企業に「見つけてもらう」ための活動ですから、ある程度の数をこなさないとマッチング成功率も高まっていきません。そういった意味で、一定以上の量の求人情報に触れることは非常に重要です。

40代の転職となると、年齢の面で対象となる求人が限られてきます。dodaのように、規模が大きく保有求人数も屈指のレベルの転職エージェントを活用するのが得策です。dodaは転職サイトとして求人検索用に活用することができるほか、転職エージェントサービスへ登録してキャリアアドバイザーから求人を紹介してもらうこともできます。

エージェントでは非公開求人も紹介してもらえるので、求人情報の裾野を広げておくためにも活用したい転職エージェントの1つと言えるでしょう。

サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

キャリア相談の情報量にこだわりたい方にはパソナキャリアがおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

これまでのキャリアやスキルに自信を持てない人は、もしかしたら転職エージェントへの登録時に「ご紹介可能なお仕事がわずかしかありません」などと言われてしまうかもしれません。じっくりと話を聞いてもらい、これまでのキャリアと今後の方向性について相談することで、応募先の業種や職種を慎重に決めていく必要があります。

パソナキャリアは登録後の面談が充実しており、他社エージェントと比べて時間をかけて相談に乗ってくれると評判です。客観的なアドバイスをたくさん得ることで、面接選考にも自信をもってのぞむことができるでしょう。自分一人で転職活動を進めるのが不安な人や、何をアピールしたらいいのか分からない人は、パソナキャリアへ登録しておくといいでしょう。

サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア

幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)

面接対策の情報量にこだわりたい方にはリクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

中途採用では、面接で採否が決まることがほとんどです。つまり、応募時に提出する書類と、面接での受け答えしだいで、本来採用に至ったはずの企業で不採用になってしまうこともあり得るのです。そうならないためにも、面接で重視されるポイントや、募集企業が求めている人材像について正確に把握しておくことが重要です。

自分一人で転職活動を進めた場合、応募先企業がどのような人材を求めているのかについては求人から読み取り、推測するしかありません。そこで、リクルートエージェントでは応募先企業の情報や求められるスキル・人材像について、面接前に転職希望者へ伝えています。これにより、企業が求めるポイントを外すことなくアピールしやすくなるため、採用される確率を高めることが可能になるのです。

サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

関東圏の求人情報量にこだわりたい方にはenミドルの転職がおすすめ

ミドル世代の可能性を広げる。enミドルの転職

関東の一都三県で転職したい人は、全国規模の転職エージェントと併せて、関東圏での転職に特化している転職エージェントを併用することをおすすめします。これにより、全国対応可の転職エージェントが取りこぼしている求人に出合える可能性があるからです。

enミドルの転職は、30代・40代のビジネスパーソンを対象とした転職エージェントで、一都三県の求人を扱っています。どちらかと言えばハイクラス人材向けのサービスですが、管理職経験を必須としていない求人も多く保有していますので、登録しておいて損はありません。

関東での転職に限定している人にとって、他の転職エージェントと組み合わせて併用するには最適なサービスと言えるでしょう。

サービス名 enミドルの転職
特徴 エン ミドルの転職」は、各専門分野に精通したキャリアコンサルタントが転職活動を支援する、ミドル世代向け転職サービスです。

非公開求人、スカウトも多数あり、転職成功を実現するための「自分に合った」コンサルトを選んでの転職活動を進めていくことが出来ます。
企業名 エン・ジャパン株式会社(2000年1月)

3)40代で管理職経験がない・キャリアに自信がない方におすすめの転職エージェント活用法

キャリアアドバイザーが紹介する求人の意図や理由をよく聞く

転職エージェントを活用した際によくあるケースとして、「希望条件に合わない求人を紹介された」という声を聞くことがあります。このとき、「こちらの意向通りにしてくれない」と憤るのではなく、「なぜその求人を紹介したのか」を考え、分からなければ質問してみましょう。

多くの場合、希望条件のレベルが高すぎるか、適正でないことが原因です。希望条件通りの求人が見つからないので、やむを得ず条件とは異なる求人を紹介している可能性があります。つまり、自分自身が思っている市場価値と、第三者から見た市場価値に食い違いがあるということなのです。



場合によっては条件が悪くなることも覚悟しておく

40代の転職は求人の絶対数が少ないため、場合によっては前職よりも年収が下がるなど、条件が悪くなることも覚悟しておくべきでしょう。初年度から年収アップとはいかなくても、入社後の働きが評価されて昇進し、報酬がアップする可能性もあります。初めから高望みし過ぎると、マッチする求人がずっと見つからないままになってしまいます。

また、転職エージェントを活用しつつ、友人・知人のコネクションやハローワーク、企業HPへの直接応募といったように、あらゆる手段を講じて自分で求人を探す努力をすることも必要です。強力にアピールできるスキルや経験がないのであれば、活動量を増やすことで成功率を上げる工夫を加えることが大切です。



4)40代でキャリアを活かした転職をしたい方におすすめの転職エージェント

専門スキルや管理職経験など、これまでのキャリアを活かした転職をしたいと思っている方には、ハイクラス人材を対象とした転職エージェントの活用をおすすめします。

管理職採用や高度な専門スキルを要するポジションの採用は重要度が高いため、競合他社に知られないよう非公開求人で募集をかける企業が少なくありません。つまり、一般公開されている求人を検索していてもたどり着くことができない情報なのです。

キャリアを活かした転職をしたい方は、次の4つの転職エージェントを活用して「情報の質」で差をつけていきましょう。

対応エリア 求人数 アドバイザーの質 対応スピード
JACリクルートメント 全国 ★★ ★★★ ★★★
CAREER CARVER 全国 ★★★ ★★★ ★★
dodaエグゼクティブ 全国 ★★★ ★★ ★★★
ビズリーチ 全国 ★★★ ★★ ★★★


語学力に自信あり!という方にはJACリクルートメントがおすすめ

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。

海外勤務の経験があるなど語学力に自信があれば、転職において大きなアドバンテージとなります。海外展開を図る日本企業や世界中に拠点を持つグローバル企業だけでなく、近年では日本国内に拠点がある日本企業でも国籍を問わず優秀な人材を採用する企業は増えています。

語学力がないと仕事にならないというケースはめずらしくなくなっているのです。ビジネス会話レベルの英会話が可能な人は、迷わず登録しておきたい転職エージェントの1つと言えるでしょう。

JACリクルートメントは外資系人材紹介会社で、外資系企業や海外勤務の案件に強みがあります。世界11ヶ国に拠点があり、各国の有力な企業が優秀な人材を求めているという情報をキャッチしていますので、チャンスを逃さず応募することが可能なのです。

サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)

ヘッドハンティングに興味のある方にはCAREERCARVER(キャリアカーバー)がおすすめ

キャリアカーバー。リクルートが提携した、ハイクラス専門の厳選ヘッドハンターへキャリアの相談をしてみませんか?

ハイクラス人材向けの転職サービスには大きく分けて2種類あり、キャリアエージェントが求人案件を紹介してくれるパターンと、外部のヘッドハンターが転職希望者を直接ヘッドハントするパターンがあります。キャリアカーバーは後者のタイプで、登録後はヘッドハンターから声がかかるのを「待つ」ことになります。

できる限り早く転職したいと考えている人には不向きですが、「良い条件の仕事があれば考えるつもり」といったスタンスで転職活動をしていきたい人には最適なサービスと言えるでしょう。

ヘッドハンターは人材の市場価値を見抜く力に長けています。ヘッドハンターから声がかかったということは、プロからのお墨付きで企業に推薦してもらえるということですから、自信を持って面接にのぞめるはずです。

サービス名 CAREER CARVER(キャリアカーバー)
特徴 国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

キャリアプランが未確定の方にはdodaエグゼクティブがおすすめ

dodaエグゼクティブ。エグゼクティブ転職。ハイクラス・管理職の求人情報

マネジメント経験者や専門スキルを持つ人材は、属する業界を変えても活躍できる可能性があります。選択肢が広い反面、自分にとって最適な選択肢を見極めるのが難しいとも言えるでしょう。

転職活動を始めるにあたって、キャリアプランが十分に固まっていないという人もいるでしょう。まずはキャリアプランについて相談に乗ってもらってから、具体的な案件の話をしたいと考えている人もいるかもしれません。

dodaエグゼクティブはキャリアアドバイザーの担当制になっていますので、一般的な転職エージェントと同様に面談が行われ、キャリアプランや希望条件についての相談に乗ってもらうことができます。キャリアプランが未確定の人は、dodaエグゼクティブに相談してみるといいでしょう。

サービス名 dodaエグゼクティブ
特徴 国内求人数TOPクラス、かつ全国展開の「doda」が展開する、ハイクラス・エグゼクティブに特化した転職支援サービス

次のステージにステップアップしたい」30代~50代の方に、熟練のキャリアアドバイザーが「満足いく転職」を共に目指してくれます。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

キャリアアップが転職の主な目的という方にはビズリーチがおすすめ

ビズリーチ。年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1

年収アップやより高いポジションでの活躍など、キャリアアップが転職の主な目的という人は、ビズリーチをおすすめします。ビズリーチはハイクラス人材向けの転職エージェントの中でもとくに年収1,000万円以上など「高年収」案件に力を入れています。他の転職エージェントでは見つからなかった好条件の企業が見つかる可能性もあるでしょう。

また、転職エージェントの中でもめずらしく、有料プランが用意されている点も特徴です。有料プランを利用することで、ビズリーチが保有している非公開求人に転職希望者が自ら応募することもできるようになります。「キャリアアップのために、あらゆる手を尽くしたい」という人にとって、最適なサービスと言えるでしょう。

サービス名 BIZREACH(ビズリーチ)
特徴 BIZREACH(ビズリーチ)は、国内最大級のエグゼクティブ・ハイクラス向け転職サービスです。

国内外の優良企業と、厳正な審査基準をクリアした一流ヘッドハンターたちが、転職活動をされている方々に直接スカウトします。
企業名 株式会社ビズリーチ(2007年)

5)40代でキャリアを活かしたい方におすすめの転職エージェント活用法

転職エージェントは特徴の異なる2社以上に登録するのがベター

キャリアを活かしてキャリアアップを図る場合、転職エージェントが保有する非公開求人が重要になります。各社がどのような非公開求人を保有しているのか確認する方法はなく、キャリアアドバイザーから紹介された中から選ぶしかないのが実情です。

そのため、「紹介された案件が自分の市場価値に合っているのか」「これ以上良い条件の企業はないのか」といったことを確認するには、2社以上の転職エージェントに登録しておくのが最も近道なのです。



「これまでの経験を活かした転職」に執着し過ぎないこと

40代のビジネスパーソンにとって、築き上げてきたキャリアは財産そのものです。これまでの経験を無駄にしないためにも、できる限り経験を活かして転職したいと考えるのは自然なことです。

ただし、経験を活かすためには必ずしも「前職と同じ業種・職種」にこだわらないほうがよい場合もあります。転職エージェントに希望条件を伝える際、初めから業種・職種を限定してしまうなど、選択肢の幅を狭めてしまわないよう注意が必要です。ステップアップするための新天地は、もしかしたらあなた自身が想像もしないような業界のポジションにあるかもしれないのです。



まとめ)現代のビジネスパーソンにとって40代こそ伸びしろのある時期

40代の転職においては、自覚していた市場価値と第三者から見た市場価値に食い違っている場合があります。理想が高すぎる場合はもちろんですが、思っていたよりも条件の良い案件を提示されるようであれば、今後のキャリアプランを見直すことをおすすめします。

定年退職の年齢が上がり、ビジネスパーソンとして活躍する期間も長くなりつつあります。40代こそ大きな伸びしろのある時期かもしれません。現状に満足することなく、さらに高みを目指すための転職にしていきましょう。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー