『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

20代におすすめの転職エージェント 【初めての転職にも】状況別10選と活用のポイント

[最終更新日]2019/08/30

初めての転職に挑戦しようとしている20代の方々にとって、転職活動は分からないことの連続のはずです。
そんな初めての転職活動では、転職エージェントの存在は不可欠と言っても過言ではありません。

新卒の就職活動とは違い、多かれ少なかれ社会人経験があることから、転職活動は自分の社会人としてのプレゼンの場でもあります。

自分自身を正しく売り込み、企業側から求められる人材になれるよう、転職エージェントの「プロの目線」も頼りにしつつ、効果的に転職活動を進めていきましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)【20代の転職】転職エージェントのおすすめ活用法

【20代】転職エージェントのおすすめ活用法● 求人票では分からない情報をもらい、企業の実態を知る●「面接対策」=「企業の情報提供の場」として活用する● 転職後に後悔しないために、キャリアアドバイザーには「本音」を● 転職エージェントは複数社登録を

20代の転職者が上手にエージェントを活用していくためには、以下の4つのポイントを意識されるとよいでしょう。

  • 求人票ではわからない情報を提供してもらい、企業の実態を知る
  • 「面接対策」=「企業の情報を提供してもらう場」として活用する
  • 転職後に後悔しないために、キャリアアドバイザーには「本音」を伝える
  • 転職エージェントは複数社登録がおすすめ

それぞれのポイントについて、解説していきます。



おすすめ活用法1)求人票ではわからない情報を提供してもらい、企業の実態を知る

一人で転職活動を進めていくことと、転職エージェントを活用しつつ進めていくことの最も大きな違いは「事前に知ることのできる情報量」です。

転職エージェントを通じて知ることのできる情報には、以下のようなものがあります。

  • 求人企業の詳しい業務内容・職場の雰囲気・福利厚生・休日数など
  • 企業が求める人材像
  • 求職者の強み・面接や応募書類でのアピールの方法
  • 内定後の現職の退職手続きの進め方

これらは、求職者一人で転職活動を進めていく中では、なかなか得ることの難しい内容です。

求職者自身の希望の転職先を見つけやすいこと、詳しい企業の内実を事前に知っておけることで入社後のギャップが生じにくいことなどが、転職エージェントを利用するメリットと言えるでしょう。




おすすめ活用法2)「面接対策」=「企業の情報を提供してもらう場」として活用する

どの転職エージェントに登録するか検討する中で「面接対策」を強みに謳ったエージェントを多数お見かけすることがあるかもしれません。

しかし「面接対策」とは具体的にどのようなものか、なかなかイメージがつきづらいですよね。

転職に伴う「面接」は、多くの企業が取り入れていますが、面接で聞かれる質問や進め方に関しては、企業によって様々なやり方があります。

そのため、転職エージェントによる「面接対策」とは、転職者自身の面接スキルを向上することに留まらず、求人企業がどのようなスタイルで面接を行うのか「企業の特徴から予測し、求職者に情報を提供する場」でもあるのです。

実際に当日の面接内容を100%予言することは難しいですが、面接に臨むうえでの大きな心構えになることは間違いないでしょう。




おすすめ活用法3)転職後に後悔しないために、キャリアアドバイザーには「本音」を伝える

転職に至った理由は人によって様々なはずです。

「キャリアアップ」を目標にしている方もいれば「残業が少ない職場」「休日の多い職場」を目的に転職活動に踏み切る方もいらっしゃるはずです。

転職理由に「良い」も「悪い」もありません。
したがって、

エージェントさんに残業が少ない職場がいいと伝えたら、マイナスなイメージを持たれてしまうのでは

と、本音を伝えずに進めてしまうと、結果として後悔の残る転職になってしまう可能性があります。

転職エージェントは求職者の要望をもとに、それに見合った企業を紹介する仕事です。
本音を出し惜しみせず、ありのままを伝えることで、より希望に即した企業に出会える確率が高まるのです。

転職活動のゴールが「内定をもらうこと」ではなく「希望に見合った場所で働くこと」であることを念頭に、後悔のない転職活動を進めていきましょう。






おすすめ活用法4)転職エージェントは複数社登録がおすすめ

転職エージェントを1社だけの利用ではなく、2~3社登録することで、転職の成功率が高まる傾向があります。

なぜそのようなことが言えるのかというと、たとえば1社だけに登録していたとして、その1社から必ずしも希望に即した企業を紹介してもらえるとは限らないからです。

いわば転職エージェントを複数社利用するということは、転職の可能性の幅を広げるという意味において、やっておいて損はありません。

しかし、登録しているエージェントが多ければ多いほど、転職成功の確率が高まるかと言うと、そうとも限らないので注意は必要です。

複数のエージェントを併用するということは、それだけ面談やスケジュール管理の工数も増えることになりますので、自分で進めていて混乱の生じない程度、2~3社の登録がベストと言えます。



2)転職エージェント利用前に知っておきたい、20代の転職市場について

20代前半と20代後半で転職市場価値は変わる?

20代の転職で注意しなければいけないのが、20代前半と後半では企業が求めるものが異なるということです。

その差を詳しく見ていきましょう。

20代前半の転職は、経験よりもポテンシャル重視

年齢が上がれば上がるほど、転職市場では「キャリア・経験」が重視されるようになります。
しかし、20代前半を採用したいと考える企業は、人材に「伸びしろ」や、まだどの企業の色にも染まっていない「柔軟な思考」を求めます

そのため経験がなくても「この会社で働きたい」「こんなことをしたい」という熱意を伝えることが重要です。
また、1つの会社に努めてきた期間が1年未満など短すぎる場合は「またすぐに辞めてしまうのでは?」と思われ、マイナスにはたらく傾向があります。
特に20代前半で転職する際は、このことを想定した上で転職活動を行うようにしましょう。



20代後半の転職は、キャリアとポテンシャルの両方を問われる

20代後半の人材は、転職市場で最も需要のある年代です。

20代前半に不足している実務経験を積みながらも、30代よりも柔軟性を持って新たな環境に対応できるため、企業としても採用しやすいのです。

社会人としてのマナーや実務内容の基礎を身に着けており、さらに後輩の指導・リーダーといった「人をまとめる経験」を積んでいる人材を企業は求めています

転職の際は熱意を伝えることはもちろん、チームの中心的な役割を担った経験などをアピールすると、企業から好印象を持ってもらえるでしょう。



3)【状況別】20代におすすめの転職エージェント

20代の転職希望者の方を対象とした転職エージェントは、実は全年代の中で最もたくさんあります。このことは、20代は転職を成功させるチャンスが豊富にあることを意味しているのです。

ただし、20代向けの転職エージェントが多いからと言って、利用するのは「どれでもいい」というわけではありません。自分の今の状況や転職の目的に応じて、転職エージェントを使い分けることが重要です。

そこで、20代の方におすすめの転職エージェントを状況別にご紹介していきます。

20代向け求人が豊富 ・doda
・リクルートエージェント
・マイナビエージェント
正社員未経験 ・ハタラクティブ
・JAIC(ジェイック)
第二新卒 ・第二新卒エージェントneo
・ウズキャリ
キャリアアップ転職 ・キャリトレ
・JACリクルートメント
・ミイダス

【20代向け求人が豊富】おすすめ総合型エージェント3選

20代向け求人が豊富おすすめ総合型エージェント/doda:求人が豊富。リクルートエージェント:サポート体制が抜群。マイナビエージェント:企業との太いパイプ

まずは、20代初めての転職活動でも利用しやすい、大手の転職エージェント3社の特長をご紹介します。

相性の良いキャリアアドバイザーが見つかれば、転職成功の確率を大幅に引き上げられます。複数の転職エージェントに登録して、相性の良いアドバイザーを見つけましょう。

目指したい業界・職種が決まっていない方にはdodaがおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

dodaは全年代の転職希望者を対象とした転職サービスですが、とくに20代の方の求人を豊富に扱っていることで知られています。カバーしている業界・職種も幅広いので、今のところどの業界・職種を目指そうか明確に決まっていない人におすすめしたい転職サービスです。

dodaには、転職サイトとしての使い方と転職エージェントとしての使い方の2種類があります。まずは転職サイトとして登録し、自分で求人を検索してみて、より多くの求人を見たい場合やキャリアアドバイザーのアドバイスを受けたい場合に転職エージェントとして利用する、といった使い方ができるのもメリットの1つです。

転職エージェントとして利用する場合は、一般公開されていない非公開求人を含めて紹介してもらうことができますので、選考過程での競争率が低めになる傾向があり、内定に至るチャンスをより多く手にすることができます。

サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

充実したサポートを受けたい方にはリクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

初めての転職活動で、自己分析のやり方や応募書類の書き方が分からないという人には、リクルートエージェントの利用をおすすめします。リクルートエージェントはリクルートグループが運営する大手転職エージェントの1つですが、求人数が多いだけでなく、キャリアアドバイザーによるサポート体制がしっかりしている点でも多くの転職経験者から支持されています。

職務経歴書の書き方が分からない」「面接の受け答えに自信がない」という人は、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーにその悩みをぶつけてみてください。プロによる的確なアドバイスを受けることができ、自信をもって選考にのぞむことができるはずです。20代を対象とした求人も豊富なので、20代の転職希望者にとくにおすすめです。

サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

他エージェントにはない求人情報が欲しい方にはマイナビエージェントがおすすめ

第二新卒で転職したいと考えている人の中には、現職での職場環境や就業条件に不満を持っている人もいるかもしれません。転職するのであれば職場環境の良いところへ行きたいと思っている人もいることでしょう。

マイナビエージェントは新卒採用で築き上げた企業との独自のパイプを駆使して、他エージェントにはない独自の求人を多数保有していることで知られています。とくに中小規模の優良企業の求人が充実していますので、職場環境にこだわって転職先を検討したい人に適した転職エージェントと言えるでしょう。

世の中であまり知られていない優良企業やレア求人に応募したい人は、マイナビエージェントに登録して非公開求人を紹介してもらうといいでしょう。

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)


【未経験から正社員に】おすすめ転職エージェント2選

未経験から正社員におすすめ転職エージェント。ハタラクティブ:内定率80%の実績。JAIC:営業スキル研修あり

続いては「社会人未経験」のサポートに特化したエージェント2社をご紹介します。

20代で転職することのリスクとして、「転職したものの、また短期間で辞めたくなる」という点が挙げられます。

応募先企業の採用担当者と接点のあるキャリアアドバイザーから客観的な意見をもらい、「合わない」職場に転職してしまうリスクをできる限り抑えることが大切です。

フリーターや非正規雇用で働いていた方にはハタラクティブがおすすめ

ハタラクティブ。20代に特化した就職支援サービス。未経験からの正社員就職サポート。あなただけの仕事がきっとみつかる。

新卒採用の競争は熾烈です。就活では大手企業や有名企業に応募者が殺到する傾向があるため、ちょっとした印象の違いで正社員としてのキャリアをスタートが叶わない人がいるのも事実です。

ハタラクティブは、こうした事情で正社員として就業したことのなく、フリーターや派遣社員として働いてきた20代の転職希望者を対象とした転職エージェントです。前職での経歴を問わない点が最大の特徴で、正社員としての就業経験がない人や業界・職種未経験者に対しても、じっくりとキャリア相談に乗った上で求人を紹介してもらえます。

転職エージェントによっては、正社員未経験者に対して登録時点で「紹介できる求人がない」と返答する場合がありますが、ハタラクティブは違います。初めての正社員で不安を感じている人は、ぜひハタラクティブに相談してみてください。

サービス名 ハタラクティブ
特徴 ハタラクティブは、株式会社レバレジーズの運営する、20代に特化した就職・転職支援サービスです。
職歴がない方、正社員未経験の方含め、これまでの就職成功実績50,000人!若年専門のプロがパートナーとなって、就職・転職支援をサポートします。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)

営業職に転職したい方にはJAIC(ジェイック)がおすすめ

20代で他業種に転職する場合、チャンスの多い職種の1つに営業職があります。顧客との信頼関係を築き、説得して契約を獲得するプロセスは、どの業界においても通用する場合が多く、潰しの利く職種とよく言われますので、将来的なキャリアプランを考える上でも営業職は有利な面があります。

JAICは、営業職を求める企業に対して若手の人材を紹介することを得意とする転職エージェントです。単に求人を紹介するだけでなく、登録後に営業研修を実施しており、営業職としての実践的なスキルを学んだ上で営業職に応募できる点が大きな特徴です。「営業職は未経験だけれど、本当に大丈夫だろうか……?」と不安に感じている人は、JAICを検討してみるといいでしょう。

サービス名 JAIC(ジェイック)
特徴 JAICは、既卒・第二新卒・フリーターの方(29歳以下)に特化した就職支援サービス
これまでの転職支援で、既卒・第二新卒向けの転職成功率は80.3%!これまでの実績で培ったノウハウで、適切なサポートが期待できます。
企業名 株式会社ジェイック(1991年3月)


【第二新卒向け】おすすめ転職エージェント2選

第二新卒向けおすすめ転職エージェント。第二新卒エージェントneo:「優良企業」案件多数。ウズキャリ:丁寧なカウンセリング

新卒で入社し、社会人経験3年未満の人材を一般的には「第二新卒」と呼びます。
社会人としての経験もあり、なおかつ若さもあることから、社会人としての「伸びしろ」を期待して採用を決める企業も多いのです。

転職エージェントでは、そうした転職者の「強み」をもとに、自己PRや応募書類の書き方などへの具体的なアドバイスをもらうことができます。

エージェントからの「推薦状」をもらえることも多く、求人への募集の際に有利に働きます。

未経験の業界に挑戦したい方には第二新卒エージェントneoがおすすめ

第二新卒エージェントneo。既卒・フリーターでも就職成功できる!

20代の転職希望者は、前職での経験が浅い代わりに以前の職場での文化や仕事のやり方に染まり切っていないという強みがあります。そのため、未経験者を採用したとしても自社で育成していくことで戦力にしていきたいと考える企業も少なくありません。20代の転職は「自分を変えるチャンス」にあふれているのです。

第二新卒エージェントneoは、主に第二新卒にあたる20代半ば前後の転職希望者を対象とした転職エージェントです。業界・職種未経験者でも応募可能な企業で、職場環境の良いいわゆるホワイト企業の案件を多数保有しています。転職を機に未経験の業界で再スタートを切りたいと考えている人は、第二新卒エージェントneoへの登録を検討してみるといいでしょう。

サービス名 第二新卒エージェントneo
特徴 第二新卒エージェントn​e​o​は、1​人あたり平均1​0​時間の手厚いサポート・企業担当による面説対策。だからスピーディーに内定が取れる!

幅広い求人のご紹介では、ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して就活。内定後はもちろん、入社後もサポートいたします。

スタッフは全員第二新卒。豊富な経験を持つキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介。選考では、履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行います。不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!だから高い内定率!
企業名 株式会社ネオキャリア(2000年)

離職率の高い会社は避けたい方にはウズキャリがおすすめ

第二新卒ナビ。個別就活サポートにより、高い内定率83%。高い定着率92%

転職に際して不安を感じることがあるとすれば、「ブラック企業に入社してしまうかもしれない」という心配をしている人がいるかもしれません。せっかく転職しても、就業環境が劣悪だったり長時間労働が慢性化していたりするようでは、長く続けることができないかもしれないからです。

ウズキャリは第二新卒をはじめ、20代の転職希望者を対象とした転職エージェントです。転職希望者に紹介する企業に対して、ウズキャリ独自の審査基準を設けることにより、長時間労働が慢性化している職場や離職率が高い職場を排除しているのが大きな特徴です。これにより、いわゆるブラック企業に転職してしまうリスクを低く抑えることができるようになっています。

サービス名 ウズキャリ
特徴 ウズキャリは、大学を卒業してからまだ就職していない「既卒・フリーター」と、新卒入社後、3年以内に退職した「第二新卒」に特化した就職支援サービスです。一人ひとりにしっかり面接時間を設ける、マンツーマン式カウンセラーサポートが利用者からとても高い人気を得ています。
企業名 株式会社UZUZ(2012年2月)


【キャリアアップ転職】おすすめ転職エージェント3選

キャリアアップ転職おすすめ転職エージェント。キャリトレ:プラチナスカウトあり。JACリクルートメント:外資系求人が豊富。ミイダス:スマホで簡単登録可能

最後に、「キャリアアップ転職」を念頭に置く転職者におすすめのエージェント3社をご紹介します。

転職エージェントには、大勢の転職希望者が登録しています。そのため、同じ年代のビジネスパーソンの中で自分の市場価値はどの程度であるのか、第三者の視点から判断してもらえるというメリットがあります。

自分の市場価値を知った上で転職活動を進めれば、マッチ度の高い案件に応募する精度が高まり、採用に至る確率を高めることにもつながります。

企業からのスカウトを受けたい方にはキャリトレがおすすめ

1日5分、レコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる「挑戦する20代の転職サイト」。

転職におけるマッチングには2パターンがあります。1つは転職希望者側が興味のある企業へ応募するパターン、もう1つは企業側が求める人材に近いと思われる転職希望者に直接声をかける、いわゆる「スカウト」です。

キャリトレはスカウト機能が充実している転職エージェントです。希望の業種や職種にマッチしている企業を人工知能がマッチングし、スカウトメッセージが送られてくる仕組みを取り入れている点も特徴的です。

さらに、プラチナスカウトでは企業の採用担当者やヘッドハンターが転職希望者の経歴を見てスカウトメッセージを送ってくれます。スカウトされるということは、第三者から見て採用可能性が高い案件ですので、選考がスムーズに進みやすく内定を獲得できる確率も高いと言えます。

サービス名 キャリトレ
特徴 キャリトレは、20代~30代前半向けの「これからのキャリアアップ、新しいチャレンジ」を目指す社会人におすすめの転職サービスです。

1日5分、レコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や新しい可能性を発見できます。
企業名 株式会社ビズリーチ(2007年)

外資系企業を希望する方にはJACリクルートメントがおすすめ

JAC Recruitment。30~50代で後悔しない転職を。JACリクルートメント。

会社員の宿命として、「成果をあげても給与が突然上がるわけではない」という面があります。固定給で安定が保証されている反面、めざましい成果をあげたとしても全てが評価に跳ね返ってくるわけではありません。もっと成果を正当に評価して欲しい、という人は、成果報酬を採用している外資系企業への転職を検討するといいでしょう。

JACリクルートメントは外資系企業への転職に強みがあるハイクラス人材向けの転職エージェントです。主に30代以上の転職希望者を対象にしていますが、20代後半であればキャリアアップにつながる案件を紹介してもらえる可能性があります。

チームリーダーやOJT担当などマネジメント要素のあるポジションを経験したことのある人は、マネジメントスキルもアピールすると優良な案件を紹介してもらえる可能性が増すでしょう。

サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)

転職を急いでいない方にはミイダスがおすすめ

ミイダス。あなたの本当の価値を見いだす。市場価値からあなたのキャリアを見いだすアプリ。

ミイダスは面接確約のオファーに特化した転職エージェントです。企業側から転職希望者にオファーが送られ、興味のある企業に対して応募する仕組みになっています。自分で求人を検索したり、キャリアアドバイザーを通じて案件を紹介してもらったりするわけではありませんので、基本的に「オファーを待つ」ことになります。

どのタイミングでオファーが来るかは分かりませんので、今すぐ転職したい人や自分から企業へアピールしたい人には向かないサービスですが、転職を急いでいない人、自分の持つスキルに関心を寄せてくれる企業に応募したい人にとっては適したサービスと言えます

ミイダスには、登録前に5分程度で完了する想定年収の査定があります。自身の市場価値を知るきっかけにもなりますので、まずは年収査定だけでも試してみるといいでしょう。

サービス名 ミイダス
特徴 200万人の転職実績データから傾向を分析し、転職者の市場調査を確認できるという、ミイダス株式会社が運営する転職支援サービス。
「面接確約」のオファーメールが届くのも、他の転職サイトにはない嬉しいポイントです。
企業名 ミイダス株式会社(2019年4月)




4)転職エージェントを利用する際に注意したいポイント

定期的に連絡する

転職活動が長期化した場合、連絡をまめにとるエージェントとそうでないエージェントができてきます。
そんなとき、あまり連絡をとっていない転職エージェントにも定期的にアプローチするようにしましょう。

連絡せずにいると、「転職活動が終了している可能性が高い」とみなされ、案件の紹介が来なくなります。
そのため、メインで利用している転職エージェントでは紹介されていない良求人と巡り会うチャンスがなくなってしまうのです。

「担当アドバイザーにメールで良い案件がないか聞く」といった程度の軽い連絡で構いませんので、2週間に1回程度はアプローチするよう心がけましょう

転職時期を聞かれたら「良い企業があればすぐに転職したい」と伝える

キャリアアドバイザーに相談するなかで、転職する時期については必ず質問されます。
現職と並行して転職活動を進めている場合などは、転職時期を明確に伝えづらいかと思います。
そんなときは、「良い企業があればいつでも転職したい」と伝えましょう

「条件次第ではすぐにでも転職可能である」とキャリアアドバイザーに認識してもらうことで、優先順位を上げて良い求人を紹介してもらえるようになります。



条件に合う求人を見つけるために転職サービスの併用がおすすめ

転職活動で意識したいことは、「多くの求人を見る」ということです。転職サービスでも「独占求人」として他のサービスには掲載のない募集がされていることもありますので、なるべく転職エージェントだけではなく転職サービスに登録しておくと良いでしょう。

転職エージェントと併用する際、全国でも最も求人情報が多く掲載されている「リクナビNEXT」を利用されることをおすすめします。

リクナビNEXT 求人を見つける あなたの志向に合った求人

リクナビNEXTは、「職種」、「業種」、「勤務地(地域)」はじめ求人検索時に細かい指定ができ、かつ「特定の条件での求人情報が出た際にアラートメールで知らせてくれる」という機能もあります(「新着求人お知らせメール」)。

つまり、「現在希望職種どんな求人があるか確認したい」といった今現在の確認だけでなく、「今現在通える地域内で、良い求人が出たら応募したい」といった、これから先の企業情報収集や進捗確認においてもリクナビNEXTは役立てられるということですね。

リクナビNEXTの一番のメリットは、新着求人の更新頻度の速さ、そしてそのボリューム数です。
具体的に求人企業を確認していく際には、リクナビNEXTはマストで登録しておくべきでしょう。

サービス名 リクナビNEXT(リクナビネクスト)
特徴 求人企業の多さは安定の国内No1!。転職を少しでも検討し始めたら、まずは登録して間違いのない、ブランド力、実績共に信頼できる転職サイト
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

5)転職エージェントを利用して転職に成功した方の体験談

ケース1)希望業界に詳しいエージェントのおかげで未経験転職に成功(たきんぎょさん/男性/27歳)

転職ではマイナビエージェントを利用しました。

現職の面接も、求人誌に載っていたところに自分で電話をかけただけでしたから、私はその時まで転職エージェントというものの存在を知りませんでした

ネットで検索したところ、一番最初に出てきたのがマイナビエージェントでしたので、とりあえず登録をしたのです。

すぐにエージェントの方から面談の旨の連絡を受けたので、対応の早さに驚きました。

「看護師の仕事を探している」ことを伝えると、その業界に詳しいエージェントの方が担当になってくださりました。

求人も自分で探すことの比ではないくらいたくさん紹介してくれました。

とにかく初めてずくしの経験の中で、面接の対策や給与の交渉までしてくれ、とても頼りになりました。

まともな就職活動すらしたことがなかったので、ましてや転職など夢のまた夢だと思っていました。

一人で転職活動をしていたら、どこかでまた挫折していたと思います。

転職エージェントさんは「プロ」という安心感がありましたし、何より孤独や悩みを吐き出せる相手がいるだけでも、心は軽くなります

私の担当エージェントさんは医療の現場での勤務経験もあったことから、より実感の伴ったアドバイスをもらうことができました。

とても素晴らしいサポートでした。

マイナビエージェントさんをおすすめします。


>体験談を最初から読む

未経験転職に挑戦するなら、アドバイザーから情報収集を

たきんぎょさんは未経験からの転職となり、希望する業界の情報に乏しい状態にありました。
未経験から異業種への転職を希望する方は、転職エージェントへの相談は必須と言えるでしょう。
転職エージェントでは、各業界に詳しいアドバイザーに転職をサポートしてもらうことができます。
業界での実務経験を積んだアドバイザーが在籍している転職エージェントも多く、リアルな現場の状況を知ることができるのです。

未経験転職は、その道に詳しい第三者のサポートがあるだけで大きく状況が好転します。ぜひ、たきんぎょさんのように転職エージェントを活用してみましょう。

ケース2)先行き不安な転職活動で、アドバイザーのサポートが心の支えに(ひまこさん/女性/24歳)

転職活動に伴い、近くのハローワークに通ってみましたが、思わしい求人が無かったため、少し焦りを感じました。

そこで、学生の頃、就職活動のために利用していたリクルートエージェントに、改めて登録をし直したのです。

リクルートエージェントさんのいいところは、やはりキャリアアドバイザーの方のサポートが丁寧なことです。

私に適した仕事を、面談の中で確実に見つけてくださるのはもちろんのこと、
面接の前日には、模擬面談や、当日の朝には「頑張ってください!」と電話をくださったりもしました。

「早く仕事を決めなきゃ」と焦っていた私にとっては、とても頼りになる存在でした。


リクルートエージェントさんは、とにかく紹介してくださる求人が膨大です。

私は転職までの期間を短めに設定していたことと、たくさんの可能性を検討したいということがありましたので、
質の高いサポートと、膨大な求人数は、私にとって「願ったり叶ったり」のサービスでした。

また、転職活動は基本的に個人での活動ですので、先行きの不安を感じやすいと思います。

そんなときに、背後にプロのアドバイザーさんが控えてくれている、と思うと、心強く感じます。

新しい職場は、「人と関わることができる」「人間関係のストレスが無い」「給与が上がった
私の欲求をすべて果たせている職場です。

そのような働き先を紹介してくださったリクルートエージェントさんにはとても感謝しています。


>体験談を最初から読む

転職成功のポイントは「質の高いサポートと膨大な求人数」

求人を探す際にハローワークや転職サイトを見る方も多いと思いますが、それに加えて転職エージェントを利用することで、質の高い求人が見つかる可能性が高まります。

ひまこさんのように、短期間で仕事を探さなければ行けない場合、リクルートエージェントのような求人数の多い大手転職エージェントに登録をすることで、選択肢が広がり条件に合う求人を見つけやすくなります

リクルートエージェントの利用をきっかけに「欲求をすべて果たせる」求人を見つけることができたひまこさんのように、アドバイザーに相談しながら様々な求人を見せてもらうことがおすすめです。

まとめ)転職エージェントを上手に活用して、転職成功を勝ち取ろう

転職エージェントは転職希望者と募集企業の間に介在し、マッチングを行うビジネスです。ただし、転職エージェントに登録さえすれば、自動的に適職を探してくれるわけではありません。転職エージェントには各社特徴があり、自分に合った転職エージェントに登録した上で上手に活用することが非常に重要なのです。

転職エージェントを上手に活用すれば、転職成功の確率を高めることができます。20代の転職こそ、転職エージェントを効果的に活用して転職成功を勝ち取りましょう。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

この記事を書いた人

Ash.

会社員として勤務しつつ、覆面ライターとして活動。 度重なる転職で「人生詰んだ」と思っていたところ、転職の経験を記事にすることを思いつく。 「何度でもやり直せる」がモットー。

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー