『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職活動に最適な「相談相手」は?転職について、相談できる場所総まとめ

[最終更新日]2019/08/16

効果的な転職活動は、頼りになる 相談相手 探しから?

転職を有意義に進める際は、信頼できる「相談相手」を得ることが何よりも役立ちます。

特に転職が初めての方にとっては、転職活動はまさしく「分からないことだらけ」のはずです。

そもそも何から始めたらいい?
本当に転職すべきタイミングなのか?
自分にはどんな仕事が向いているだろう?
転職にあたって抱える悩みは一人一人異なります。ネットで調べたり、ノウハウ本を読んだりしても、自分にとって本当に必要な情報が得られるとは限りません。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)転職について相談することで得られるメリット

転職のこと、相談してよかった…。

転職を考え始めていること、転職活動を始めようとしていることについて、誰かに打ち明けるのは少々勇気が要ることかもしれません。

本心では「転職したい」という気持ちを抱えながら、一人で悩んでしまう人も多いことでしょう。

では、転職について思い切って人に相談したとして、どのようなメリットを得られるのでしょうか。
一人で悩んでいる場合と比べて、人に相談することで得られる可能性の高いメリットについて見ていきましょう。

転職について「相談」することで、得られるメリットは──。 □ 第三者からの客観的なアドバイス・意見がもらえる  □ 孤独が解消され、気持ちが楽になる  □ 転職先の内情を、「事前」に知ることができる

第三者からの客観的なアドバイス・意見がもらえる

人に相談する大きなメリットの1つが、自分のものの考え方とは異なる第三者の考えを知ることができる点にあります。

自分の視野の範囲では見えていなかったことをアドバイスしてもらえたり、異なる立場・視点から意見をもらえたりすることによって、問題の解決に向かって大きく前進することもあるのです。

たとえば、「転職したい」と考えていた本当の理由が、実は目の前の困難から逃げようとしているだけだったとします。

自分一人で考えていると、「逃げたいだけなのかもしれない」と自己批判するのは容易ではありません。
しかし、人からアドバイスしてもらうことで、「本当は今の仕事を辞めたいだけでは?」という本音の部分に気づかされることがあるのです。

もちろん、最終的には自分で決断することが大切ですが、参考意見を聞いておくことはバランスの取れた判断を下す上でも役立つことが多いのです。



孤独が解消され、気持ちが楽になる

転職のように、大っぴらに話すようなことではない個人的な問題に関しては、一人で悩んでしまう人も少なくありません。

楽しいはずの場所にいても、ふと「これからどうやって働いていこうか」「転職するのは間違った判断かもしれない」などといった考えが浮かんできて、心から楽しめない、といった経験をした人もいるかもしれません。

こうしたとき、「自分一人で考えるしかない」「他の人は自分の辛さを分かってくれない」といった孤独感そのものがストレスになるケースがあります。

そんなとき、転職について人に相談することで少なくとも孤独ではなくなり、自分の悩みの一端を知っていてくれる人がいるという安心感が生まれます。

相談した相手が意外にも転職を経験していたり、自分と同じように転職を検討したりといった偶然が重なれば、「悩んでいるのは自分だけではないんだ」と気持ちが楽になることもあるでしょう。



転職先の内情を事前に知ることができる

相談する相手が転職エージェントなどのプロであれば、転職を希望する業界や応募を検討している企業について、一般人では知り得ないような詳しい事情を教えてもらえることがあります。

それもそのはずで、転職エージェントのキャリアアドバイザーは日頃から企業情報を収集し、場合によっては企業の採用担当者と直接話して情報を仕入れているのです。
求人票には書かれていない事柄や、人材募集に至った経緯など、希少性の高い情報を持っていることもあります。

そのため、応募を検討している企業があれば、その会社の内情を入社前に知ることができる場合があります。
働く上での環境や人間関係、職場の雰囲気といった社内の実態については入社してみないと分からないことも多いものですが、前もって情報を得ておくことによって入社後のミスマッチを抑える効果も期待できます。

2)転職について相談する時の注意点

転職について誰かに相談するとして、誰にどのようなに相談を持ちかけるかは少し慎重に判断する必要があるでしょう。
内容が内容だけに、誰にでも気軽に相談できることではありません。また、相談するからにはよく聞いてもらい、本音でアドバイスをして欲しいと思うはずです。

では、転職について相談する場合、どのようなことに注意したらいいのでしょうか。

ここでは、代表的な3つの注意点を挙げますので、相談する際には事前にチェックしておきましょう。

転職について相談する時の「注意点」 □ 「なぜ転職したいと思ったか」を説明できるように。  □ 本音を伝えること。  □ 現職の同僚・上司への相談は慎重に。

「なぜ転職したいと思ったか」を時系列順に整理する

転職について相談を持ちかけられる相手にとって、あなたが抱えている悩みは「その場で初めて聞いたこと」です。

唐突に「転職しようと思っている」「どうしても転職したい」と言っても、なぜそう思っているのか相手には伝わりづらい可能性があります。

まずは、なぜ転職したいと考えるに至ったのか、時系列で理由を整理し、順序立てて伝えられるようにしておきましょう。

たとえば、半年前の出来事がきっかけでずっと転職を検討してきた場合と、昨日上司に怒られたという理由で辞めようとしている場合では、聞く側にとってアドバイスすべき内容が全く異なります。

できるだけ客観的に、事実を時系列で整理してみましょう。

転職したい理由を整理していくと、実は自分で考えていた転職理由とは別のところに転職したい気持ちが隠れていることがあります。
転職について相談した際、そのことを相談相手から指摘されるかもしれませんが、「そんなことはない」「本当の理由はそれではない」と拒まず、「他の人からはそういうふうに見えるのか」と参考にするぐらいの気持ちでいましょう。

本音を伝える

転職についての相談は企業の採用試験とはちがいます。

本当は仕事が辛くて辞めたいから転職したいのに、「キャリアアップのために転職したいと考えている」などと別の理由をつけて本音を隠す必要はないのです。
むしろ、情報を盛ってしまうと相談を持ちかけられた相手もどこまでが本音なのか判断しづらくなり、的確なアドバイスができない可能性があります。

とくに転職エージェントに相談する際、身構えてしまい「聞こえのいい転職理由」や「少々オーバーな意欲」を見せてしまう人がいます。

転職について悩んでいるのなら、転職理由や今後の働き方について良いことばかりを伝えられるわけでもないはずです。
中にはネガティブな感情も含まれていたり、考えが甘いと思われかねない一面が見えたりすることがあるかもしれません。

しかし、「相談」のレベルであれば、フラットな心の状態で本音を伝えたほうが、結果的に有益なアドバイスを得られる確率が高まるのです。

現職の同僚・上司への相談は慎重に

現在働いている職場の同僚や上司には、「転職しようと思っている」「転職しようか悩んでいる」といった悩みを打ち明けないほうがいいでしょう。
さらに上役の耳に入って評価を下げられてしまう、同僚から「裏切り者」として見られてしまう、といったリスクが伴うからです。

転職を考えている=今の仕事に身が入っていない、といった捉え方をする人も案外多くいますので、基本的に同じ職場の人や取引先の人に対して転職についての相談を持ちかけるのは禁物です。

近年は転職する人の数も増え、転職そのものはめずらしいことではなくなりつつありますが、やはり転職と聞くとネガティブなイメージを持つ人もまだまだ少なくないのです。

ただ、同じ職場の人だからこそ理解し合える悩みや不満も多いことでしょう。個人的に信頼できる先輩や同僚であれば、こっそり相談してもいいでしょう。
悩みを聞いてもらった結果、今の職場でもう少し頑張ってみよう、という前向きな気持ちになれるかもしれません。

3)転職について相談できる6つの場所

転職について相談するメリットは分かったけれど、実際どこで誰に相談したらいいのだろう?」と感じている人は案外たくさんいるのかもしれません。
たしかに、転職の相談となると込み入った話になりますし、誰にでも気軽に相談するわけにはいかないように思うはずです。

ところが、実は転職について相談できる場所は意外にもたくさんあるのです。
相談できる場所があることを知っていれば、たとえ悩みを抱えたとしても不安に押しつぶされずに済むかもしれません。

ここでは次に挙げる5つの場所を紹介します。

転職について相談できる6つの場所

  • 身近な知人・友人・家族
  • 仕事の同僚や上司
  • ハローワーク(職業安定所)
  • ふるさとハローワーク(地域職業相談室)
  • おしごとアドバイザー(厚労省運営の電話・メール相談窓口)
  • 転職エージェント(転職相談所)

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



身近な知人・友人・家族

まずは、身近にいる人の中で信頼できる相手に相談するのが最も手軽で確実です。

あなたのことをよく知っている相手なら、今のあなたが転職すべきかどうか、これまでの付き合いや仕事ぶりを踏まえてアドバイスしてくれるでしょう。
また、あなたのことを本当に心配して親身になってくれたり、まるで自分のことのように真剣に考えてくれたりする人もいるかもしれません。

一方で、身近な人だからこそ生じるデメリットもあります。

とくに家族の場合、パートナーの転職は生活環境が変化することを意味します。
勤務時間や勤務地、収入といった条件が変わり、場合によっては現状よりも悪くなるリスクを踏まえて「転職するのは反対」と言われてしまう可能性もあります。

「嫁ブロック」という言葉が登場するなど、パートナーに理解を得られなかったことで転職を断念する人は決して少なくありません。身近な人に相談するのであれば、理解を求める努力も必要になります。

仕事の同僚や上司

同じ職場で働く同僚や上司は、ふだんの仕事の様子を見ていると同時に、仕事に対する悩みや不満を共有しやすい相手と言えます。

とくに今の職場に対する不満が転職の検討理由となっている人は、同じ思いを抱えているケースが多い同僚は理解を得やすいでしょう。
転職経験者であれば、今のあなたが転職すべきタイミングなのかどうか具体的なアドバイスをしてくれる可能性もあります。

ただし、本来であれば同じ職場の人に転職についての相談を持ちかけるのはNGです。
「辞めたがっている」という噂が広まるリスクや、「うちの会社を裏切ろうとしている」といった捉え方をされてしまう恐れもあるからです。

口が固いと思っていた人が、転職に対しては保守的な考えの持ち主だった、といったこともあり得ますので、同僚や上司に相談する場合はかなり慎重に相手を選ぶ必要があるでしょう。



ハローワーク(職業安定所)

ハローワークと聞くと、すでに離職した人が相談に行く場所をイメージするかもしれません。

たしかに、ハローワークで求人の紹介を受けるには離職票を受け取っている必要がありますが、転職に相談であれば在職中でも利用可能です。

ハローワークを利用する大きなメリットの1つは「無料」である点です。コストをかけることなく、地元の転職事情をよく知る相談員から情報を得ることができます。

一方で、ハローワークに相談することにはデメリットもあります。
ハローワークの正式名称が「公共職業安定所」であることからも分かる通り、相談員の仕事は「失業中の人に仕事に就いてもらうこと」です。
相談員は転職相談のプロではないため、「転職しようと思っているが、迷っている」と相談すれば、「今の仕事をどうにかして続けたほうがいい」という答えが返ってくる可能性が高くなります。

ふるさとハローワーク(地域職業相談室)

ふるさとハローワークは「ミニハローワーク」と位置づけられる施設で、ハローワークのない人口5万人以上の市町村に設置されています。

ハローワークの一部の機能が利用できるといったイメージで、求人検索や応募が可能です。
自治体との共同運営のため、職員のうち1人は市町村の職員、他はハローワークの相談員という構成になっています。転職に関する相談を受け付けてもらえるのもハローワークと同様です。

機能としてはハローワークと同様の施設ですので、転職の相談をする場合のデメリットもハローワークとほぼ同様です。

相談員にもよるところもありますが、基本的には積極的に転職を勧めたり、転職のプロとしてキャリアアップに結びつくアドバイスをしてくれたりするようなことは、あまり期待できないでしょう。

「話を聞いてもらうことで、自分の考えを整理したい」「転職活動の実態を知りたい」といった人に適しています。



おしごとアドバイザー(厚労省運営の電話・メール相談窓口)

「おしごとアドバイザー」とは厚生労働省が運営する、若者への就職・転職の悩み・相談に応じる電話・メール窓口です。

おしごとアドバイザー



電話での相談

電話番号:0120-987-754 (フリーダイヤル)

受付時間:
平日|午後5時~午後10時 休日|午前10時~午後5時

メールでの相談

メール相談フォーム:https://oshigoto.mhlw.go.jp/mail/#

Webサイト:https://oshigoto.mhlw.go.jp

おしごとアドバイザーでは、例えば「今の会社、辞めるべきかどうか」や、「転職活動って、具体的にどう進めるのが良いのか」といった根本的または抽象度の高い質問についても、相談に乗ってくれます。 匿名で質問することもできますので、「こんな質問、ちょっと恥ずかしくてしにくい…」という内容をおしごとアドバイザーで訊ねてみるのもよいかもしれませんね。 一方、「現在の自分の実績やスキルから、最適な求人企業を見出したい」であったり、「これからのキャリアパスの描き方を相談したい」といったあなた自身の具体的な質問・相談については(電話・メールのみのコミュニケーション)ということもあって、おしごとアドバイザーはあまり適しません。 本格的に転職活動を進めた際の疑問や不安については、おしごとアドバイザーよりもこの次に説明する「転職エージェント(転職相談所)」のほうが適しているでしょう。



転職エージェント(転職相談所)

転職エージェントとは、いわゆる人材紹介会社のことです。

転職エージェントが紹介した会社に入社が決まった場合、入社した企業から報酬を受け取る仕組みになっています。つまり、転職する人自身は無料で利用することができるのです。

転職エージェントの役割は、企業を紹介することだけではありません。
応募書類の書き方や面接で役立つ情報、さらにはキャリアに関する相談にも乗ってもらうことができます。
転職エージェントの担当者によっては、「あなたはまだ転職するタイミングではありません。今の仕事を続けたほうがいいですよ」と言ってくれる人もいるようです。

転職エージェントは転職のプロですので、日々多くの転職希望者の相談に乗っています。
転職の悩みに対してプロからのアドバイスを求めるには最適な場所と言えるでしょう。

転職しようかどうか迷っている段階の人も、一度転職エージェントに相談してみる価値は十分にあるはずです。



4) 初めての転職サポートに強い、おすすめの転職エージェント

初めての転職サポートに強い / 相談相手に適したおすすめの転職エージェント

プロによる客観的なアドバイスを受けたい場合、転職エージェントが最も有力な相談先です。

世の中にはたくさんの転職エージェントがあり、各社が強みや得意分野を持っています。中には、管理職経験者や専門スキルを有する人材に特化した、比較的ハードルが高めの転職エージェントも存在します。

今回初めて転職しようとしている人にとって、おすすめできる転職エージェント3社をまとめました。

2箇所以上に登録しておくと、異なる意見が聞けたりアドバイスを比較できたりするメリットを得られますので、可能であれば2箇所以上の転職エージェントを利用してみるといいでしょう。



20代~30代前半で、業界知識をまったく持ち合わせていない人は、マイナビエージェントがおすすめ

マイナビの人材紹介・転職エージェント あなたの転職に 転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビだからできる転職サービス
マイナビエージェントの特徴 20代(第二新卒)~若手に向けての転職支援に強い。
豊富な求人数と、キャリアアドバイザーの親身なサポート&アドバイスが評判
対応地域 全国(拠点:東京(2か所)、横浜、札幌、名古屋、大阪、福岡)
転職の「相談相手」おすすめ度 ★★★★★
サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

キャリアアドバイザーの丁寧かつ高品質なサポート・アドバイスを期待する人は、パソナキャリアがおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
パソナキャリアの特徴 キャリアアドバイザーのスキル・サポート品質が非常に高く、ミドル世代・女性転職者からの評判も高い。
全国都道府県に支店があり、地方転職、Uターン・Iターン転職にもおすすめ。
対応地域 全国(47都道府県)
転職の「相談相手」おすすめ度 ★★★★★
サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア

幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)

業界に詳しいキャリアアドバイザーによるサポートが欲しい方は、dodaがおすすめ

doda 転職が、みんなのフツウになってきた。理想の「はたらく」は、人それぞれ。dodaは、そのひとつひとつにこたえたい。
dodaの特徴 求人数の多さは国内TOPクラス。
および転職サイト「doda」との併用で、転職者はキャリアアドバイザーのサポートを受けつつ、自身からもどんどん求人情報を探していける。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡)
転職の「相談相手」おすすめ度 ★★★★☆
サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

なるべく多くの非公開求人を見たい方は、リクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント そうか、だから転職したかったんだ。転職には、対話が効く。
リクルートエージェントの特徴 国内の転職エージェントの中でも求人数と実績の多さで常にTOPに立つ、最大手転職エージェント。
キャリアアドバイザーの適切かつスピーディな対応が評判。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)
転職の「相談相手」おすすめ度 ★★★★☆
サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

キャリアアップ、年収UP狙いの転職を検討している人は、JACリクルートメントがおすすめ

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。
JACリクルートメントの特徴 ・キャリアアドバイザーの品質・紹介求人の品質がともに高い
・管理職・ハイキャリア層の転職サポートに強く、外資系・金融系求人が多い
対応地域 全国(拠点:東京(2か所)、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島)
転職の「相談相手」おすすめ度 ★★★★★
サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)

まとめ)転職の際は、一人で悩まず相談して解決していきましょう

新卒の就職と違い、転職を実現するには「今の仕事を辞める」というプロセスが必要になります。そのため、転職を検討すること自体に罪悪感を覚え、悩んでしまいやすい傾向があります。

昔と比べて近年は世の中が転職に対して寛容になりつつありますが、それでも転職が大きな節目であることに変わりはなく、決断するには勇気が要るはずです。

一人で悩みを抱えていると、ついネガティブな方向へと思考が向いてしまうこともあり得ます。誰かに相談すれば解決に向かうことも大いにあり得ますので、一人で抱え込まないようにすることが大切です。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー