『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職を成功させた人の体験談と、 成功のための5つの秘訣

[最終更新日]2019/07/25

転職成功者の体験談と、成功のための5つの秘訣。

転職活動は大変な労力を必要とします。
志望動機の作成や業界の研究にも時間がかかりますし、何社も受けるとなると精神的にも疲労します。

こうした苦労をするうちに、「転職のゴール」が見えなくなってはいませんでしょうか?

転職の目標をしっかり定めていなければ、せっかく苦労したものの不本意な結果に終わってしまうこともあります。

目次

1)そもそも、何をもって「転職成功」とするのか

転職活動のゴールとも言える「転職成功」ですが、何をもって成功と考えますか?
内定をもらうことでしょうか?

転職活動にがむしゃらに取り組んでいるうちに、転職活動のゴールを見失ってしまうことがあります。

ゴールの見えないまま転職活動を続けると、いざ内定をもらっても、「本当にこの会社でよいのか」と悩んでしまい、自分にとってベストな判断ができないかもしれません。

まずは転職活動のゴールとも言える、「転職成功」の定義についてご説明します。



「内定をもらうこと」=成功とは限らない

転職活動のゴールは内定をもらうことでしょうか?確かに内定をもらうことができれば、現在の仕事を辞め、新たな仕事をすることができます。

しかしその新しい仕事が自分に合っていない場合、また転職活動をしなければなりません。

内定をもらうことは過程に過ぎません。
普段から内定をゴールと考えていると、内定に対する回答の期日に焦って判断を誤ってしまう可能性があります。

以下に当てはまるタイプは無意識のうちに内定をゴールとしてしまっているので要注意です。

周囲の意見に流されている
周囲の意見を聞くことは重要ですが、自分としっかり向き合えているでしょうか?転職したい理由、新しい職場への希望条件は自分にしかわからないことです。周囲が受けるべきと思った内定でも、自分にとってはミスマッチかもしれません。

情報をきちんと整理できていない
希望する条件や志望する会社の情報は整理できているでしょうか?自分の希望する条件に照らし合わせて各社を比較しておかないと、安易に内定に飛びついてしまい、後悔する可能性があります。



真の転職成功は、「後悔しない転職」をすること

後悔のない転職をするために。・転職に対する熱意・自分との対峙

内定をもらうことは転職活動のゴールへの過程に過ぎません。

転職活動のゴール、つまり転職成功とは、「後悔のない転職先を決定する」ことです。

新しい仕事に求める条件は人それぞれですが、自分は満足のいく転職ができたと言える人は、自分の判断に後悔がないことは間違いないでしょう。「後悔の無い転職」のためには、以下の2つがポイントとなります。

転職に対する熱意
転職活動は精神的にも時間的にも大変な苦労を要します。
しかしそれでも自分が納得できるまで企業を研究したり、面接を受けたりする「熱意」が、後悔のない転職のためには不可欠です。「あれだけ自分は一生懸命取り組んだ」という気持ちが満足に繋がります。

自分との対峙
自分の希望と真摯に向き合い、正しい方向へ熱意を導くことが重要です。
実はやりがいではなく収入を求めているかもしれません。自分の本音での希望は何かを探り出すことで、後悔しない転職活動となるでしょう。



2)転職を成功に導く5つの秘訣

転職成功に導く5つの秘訣✓「譲れない条件」と「諦めてもよい条件」✓自分の「市場価値」✓転職活動を在職中に✓応募先を1つに絞らない✓転職エージェントを複数利用する

転職成功の定義は、「後悔しない転職」をすることです。後悔しないためには「熱意」と「自分との対峙」が重要ですが、具体的にはどのようなことをすればよいのでしょうか?

転職はほとんどの方にとって初めての経験であり、人によって状況も様々ですが、後悔しないために共通して取り組むべき秘訣があります。転職に後悔しないための5つの具体的な方法についてご紹介します。



「譲れない条件」と「諦めてもよい条件」を明確にしておく

まずは自分と対峙し、自分の新しい仕事に求める希望条件をリストアップしてみましょう。

そのリストを元に転職先を探すこととなりますが、おそらく全ての希望条件を満たす転職先を見つけるのは困難です。そこでリストアップした希望条件に優先順位をつけることが重要です。

優先順位を決める際、「譲れない条件」と「諦めてもよい条件」の線引きもしておきましょう。条件を順序付けると以下のメリットがあります。

希望度の高い条件の選択肢を効率よく探すことができる
多くの選択肢がある中で、情報を整理することは必須です。効率よく探すことで時間の節約になります。

優先順位の理由を文章化しておくと、志望動機の記載に使用できる
「家から近い」条件だと「家事や育児と両立できるため」など、ポジティブな理由を考えておくと役立ちます。

複数の転職先で迷った時の自分の基準となる
同じ軸で全ての会社を比較できるので、イメージや周囲の意見に流されにくくなります。



自分の「市場価値」を正確に理解する

市場価値を測るには、経験と資格

年収や役職などについては、自分の熱意や希望に加え、「実力」も関係することとなります。

多くの転職先があるとはいえ、自分の希望が高すぎると選択肢を狭めることとなってしまいます。また逆に自分の実力を過小評価してしまうと、自分に見合っていない仕事を選んでしまう危険もあります。

そこで自分の「市場価値」について正確に理解することが重要です。市場価値のポイントとしては以下の通りです。

経験
今まで何人規模の部下を持ちマネジメントしたのか、どのようなプロジェクトに携わり結果はどうであったかなど、経験は市場価値のベースとなります。

資格
あれば安心というわけではありませんが、希望する業務に資格が必須とされている場合があります。資格を持った上で、その資格を使用した仕事の経験があればさらに良いでしょう。

基本的に経験と資格についてはどの市場でも価値あるものとされていますが、例えば年齢など市場次第で価値が左右されるものもあります。市場で求められているものを調査し、自分と照らし合わせることが重要です。



転職活動は在職中に行う

転職活動は在職中に。✓金銭面の安定✓現職を続けるという選択肢✓ブランクなしでの転職

在職中に転職活動をするのはご想像の通り、簡単にはいかないかもしれません。自己分析や面接など、在職中の転職活動であれば「時間」が最大のネックになると思われます。

しかし逆を言えば時間さえ捻出できるなら、転職活動は在職中にするのがおすすめです。在職中に転職活動をするメリットは以下の通りです。

金銭面の安定
転職活動は説明会や面接などの交通費により出費がかさむ場合があります。

また退職後だと貯金を切り崩す形となるため、金銭面の不安から判断を焦るかもしれません。在職中であれば収入源を確保したまま転職活動を続けることができます。

現職を続けるという選択肢
退職後に転職活動を始め「やはり現職の方が良い」と思っても、元の仕事に戻ることはできない場合はほとんどです。在職中であれば現職という選択肢を残すことができます。

ブランクなしでの転職
在職中である場合、新しい職までの期間を調整することができるため、ブランクなく転職できる可能性が高いです。企業によっては退職後のブランクを気にするところもあるため、ブランクはない方が望ましいです。



応募する先を1つに絞らない

転職先を調べるうちに、一番働きたい転職先が見つかると思いますが、複数の候補に応募するのがおすすめです。以下が複数に応募する場合のメリットです。

面接の練習になる
一番志望度の高い転職先の面接を受ける前に、他の候補の面接を受けて面接に慣れておくのが良いでしょう。場数をこなし緊張に慣れ、質問のパターンを把握することで、面接のスキルを高めることができます。

精神の安定となる
もし一番志望度の高い転職先から内定をもらえなかった場合、また他の候補に1からエントリーするところから始めるのは、精神的に追い込まれる可能性があります。

複数の候補に応募しておくと、たとえ1社から内定をもらえなかったとしても「後面接は〇社残っている」というように、気持ちが少し楽になります。そもそも書類選考時点での通過率が25%とされているので、多めに応募を出しておいて損はないでしょう。



転職エージェントを複数活用している

転職活動では転職エージェントを利用することが必須です。転職エージェントに登録すれば、効率的に自分の条件に合った転職先を検索することができます。

特に自力で見つけるのが困難なBtoBの優良企業とも出会える確率も高くなります。また転職エージェントが転職先と交渉することも可能なので、自分では聞きづらい条件を調整してもらえます。

転職エージェントを利用する際は複数のサイトに登録することがおすすめです。複数の転職エージェントを活用するメリットは以下の通りです。

転職エージェントごとの専門性を活用できる
転職エージェントごとで得意分野が異なるため、1つのみの登録だと偏った情報しか得られない可能性があります。複数登録することでそれぞれの専門性を活かしたサービスを利用することができます。

複数のプロの意見を聞くことができる
転職エージェントの担当者に相談したい時、1社だけである場合担当者1人の意見しか聞けない場合が多数です。複数社に登録しておくと、困った時に多数の意見を集めることができます。



3)実際に転職を成功させた方の体験談

転職活動の方法論はなんとなく理解できていても、やはり具体的に成功体験をイメージすることはなかなか難しいと思います。

転職のゴールはキャリアアップだけではなく、働きやすさや自分のやりたいことを重視するなど、人によって様々です。他の人はどのような状況で、どんなふうに転職に成功したのか気になりますよね。

いくつかの転職活動成功例とその成功のカギについてご紹介します。



育休後、保育園事務へ転職成功!(ちっちさん/29歳女性)

「子育ての必要があるので、自由な働き方がしたいです」

育休から復帰した一年前、私は仕事と育児に悪戦苦闘していました。

子供の体調があまり良くなかったので、付き添いのため会社を欠勤したり早退したりを繰り返さねばならず、
また、そんな私の状況を受け入れてくれる会社ではなかったため、転職を決めました。

夫婦共働きで、家庭のこともありますので、転職活動は在職中に行いました。

面接では「子育てをする必要があるため、なるべく自由な働き方をしたい」という旨を正直に伝えていました。
企業によっては面接日を土日に合わせていただいたり、理解を示してくれる会社も多かったです。

幸い機会に恵まれていたために、保育園の事務の仕事に就くことができました。

参考:https://min-ten.com/age20/job_change_story_4163/

成功のカギ:希望条件を定めてしっかり伝えること

現職に対する不満をしっかりと分析し、自分の希望する条件を正直に転職先に提示したことが成功のカギとなった例です。

こんなことを言ってしまうと内定がもらえないのでは」と不安になるかもしれませんが、転職活動を「成功」させるためにも自分の譲れない条件は正直に伝えるようにしましょう。

また夫婦共働きで育児にも追われているので、なかなか転職に踏み切れないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?今や共働きが主流となりつつあり、育児をしながら働く方もたくさんいます。

ちっちさんの例を見ると、自分にもできるかもしれないと勇気が湧きますね。まずは気軽に転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。



かねてからの夢であった「広告業界」に転職成功!(かれいさん/25歳女性)

私はどうしても広告の仕事がしたい!

新卒採用の時、「広告業界」を目指していたのですが、狭き門で面接は落ちるばかり。
結局諦めて別の業界で働いていました。

しかし、働き始めてみると「やっぱり私は広告業界がいい!」という思いを断ち切ることができず、
再度チャレンジしてみることにしたのです。

昔からの夢であるこの業界に携われるのなら、「正社員かどうかは気にしない!」と心に誓い、
広告業界の派遣社員募集を探し、広告会社のアシスタントとして転職に成功しました。

参考:https://min-ten.com/age20/job_change_story_3839/

成功のカギ:条件の優先順位を明確にしたこと

転職活動でも時には妥協することがあると思われます。

しかし自分の優先順位を明確にできていなければ、妥協したことで後から後悔することになるでしょう。
自分が本当に重要視している条件は何か、そのためなら妥協してもよい条件は何かということを明確にすることが重要です。

今の仕事の条件は悪くないのに、それでも自分のやりたかった仕事に転職したいと考えてしまう自分に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かれいさんのように、自分の本当にやりたいことのために転職する方も数多くいます。自分の優先順位が何なのかを考えた上で、転職活動を行うならきっと後悔はないでしょう。



「女性専門」のエージェントを活用し、転職成功!(すずさん/35歳女性)

女性のエージェントさんでよかった…!

大学院を卒業後、人材コンサルティング会社の営業をしていました。

はじめのうちはやる気を持って勤めていたものの、営業職ゆえの「競争」の雰囲気や、連日の残業に疑問を抱き、転職を決意しました。

転職活動は一人でやり切る自身が無かったので、「type女性の転職エージェント」を利用しました。

アドバイザーの方は同じ女性で相談がしやすく、女性向けの求人を多数紹介してくださりました。

内定後も入社日の設定や給与の交渉など、本当にお世話になりました。

参考:https://min-ten.com/age30/job_change_story_4045/

成功のカギ:自分に合った転職エージェントの利用

転職活動において転職エージェントの利用は必須ですが、自分と転職エージェントとの相性を考慮することも必要です。

転職エージェントは自分の人生の大きな転機を相談する相手です。「この人は話しづらい」と思うようであれば、担当者を変更してもらう、もしくは他社の転職エージェントを利用することがおすすめです。

自分の目的に合った、信頼できるエージェントを選ぶようにしましょう。
すずさんのように、現職より条件の良い所で働くために転職する方も多いかと思われます。

この場合なかなか志望理由を言いづらいといった悩みがあるかもしれませんが、信頼できるエージェントに志望理由についても相談してみましょう。

自己分析を手伝ってもらうなど、もっとポジティブな理由を探し出す手助けをしてもらえます。



4)転職を成功に導く、おすすめエージェント

転職活動には転職エージェントを利用することが重要であることをご紹介しました。

あまり知られていないようなマイナーな転職エージェントに登録することも重要ですが、専門分野に特化している場合が多いです。まずは大手の転職エージェントに登録することをおすすめします。

大手転職エージェントも多数ありそれぞれに特徴があるとはいえ、なかなか自分ではどこも同じように見えてしまいますよね。今回は大手転職エージェントの特徴をご紹介します。



20代~30代前半で、業界知識をまったく持ち合わせていない方は、マイナビエージェントがおすすめ

マイナビエージェントの特徴 20代(第二新卒)~若手に向けての転職支援に強い。
豊富な求人数と、キャリアアドバイザーの親身なサポート&アドバイスが評判
対応地域 全国(拠点:東京(2か所)、横浜、札幌、名古屋、大阪、福岡)
転職おすすめ度 ★★★★★
サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)




業界に詳しいキャリアアドバイザーによるサポートが欲しい方は、dodaがおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
dodaの特徴 求人数の多さは国内TOPクラス。および転職サイト「doda」との併用で、転職者はキャリアアドバイザーのサポートを受けつつ、自身からもどんどん求人情報を探していける。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡)
転職おすすめ度 ★★★★☆
サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)




なるべく多くの非公開求人を見たい方は、リクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
リクルートエージェントの特徴 国内の転職エージェントの中でも求人数と実績の多さで常にTOPに立つ、最大手転職エージェント。キャリアアドバイザーの適切かつスピーディな対応が評判。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)
転職おすすめ度 ★★★★☆
サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)




キャリアアドバイザーからの丁寧かつ適切なサポートを期待する人は、パソナキャリアがおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
パソナキャリアの特徴 キャリアアドバイザーのスキル・サポート品質が高い。かつ、全国都道府県に支店があり、支店数は国内TOPの転職エージェント。
対応地域 全国(47都道府県)
転職おすすめ度 ★★★★★
サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア

幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)




キャリアアップ、ハイクラスの転職を目指し、その為のサポートを転職エージェントに求める方はJACリクルートメントがおすすめ

JAC Recruitment。30~50代で後悔しない転職を。JACリクルートメント。
JACリクルートメントの特徴 管理職・ハイキャリア層の転職サポートに強く、外資系・金融系求人が多い
対応地域 全国(拠点:東京(2か所)、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島)
転職おすすめ度 ★★★★★
サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)




まとめ 転職成功後の充実した未来のために

転職活動に成功するためには、多大な苦労を要します。

自分の希望に沿った転職先が見つからない、またあったとしても内定がもらえないなど、諦めたくなる時が何度もあると思います。
そんなときは転職成功後の充実した生活を思い描きましょう。

どんな生活を夢見て転職活動を決意しましたか?

その時の情熱を思い出し、転職のゴールを明確にしましょう。また転職エージェントに相談するなど、1人で抱え込まないことも大切です。

大変な苦労の分、きっと転職に成功した未来の自分は、あのとき頑張っていて良かったと思うはずです。