『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職活動の第一歩はここから! 転職の「軸」の見つけ方

[最終更新日]2020/04/16

転職の軸見つけよう

これから初めての転職活動に踏み出そうとしている皆さんにとって、分からないことや不安に感じることは決して少なくないはずです。

「そもそも何から始めたらいいのか分からない」と思っている人もいるかもしれません。

転職活動は新卒の就職活動とは異なり、活動のスケジュールやノウハウに画一的な基準がありません。そのため、転職活動を始めてみたものの、「自分が何を目指したいのか、だんだんと分からなくなってきた」といった心境になりやすいのも事実です。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 1 レビュー
転職中さん

この記事を読む前と読んだ後では気持ちがガラリと変わりました。どうすべきなのかを考え、理解し、納得できたから大きな不安が取り除けました。星の評価を満点にしたかったですがやり方が、、

目次

● 現在転職活動中の方へ


現在、新型コロナウィルスの感染拡大防止に向けて、都市部の多くの企業また転職エージェントサービスにて電話面談、またはオンライン面談の利用を促しています。
在宅においても転職活動は可能ですので、「なるべく早く転職活動を進めたい」という方は、以下転職エージェントサービスへの電話相談をされることをおすすめします。

<電話相談が可能な、全国対応のおすすめ転職エージェントサービス>

doda
マイナビエージェント
リクルートエージェント
Spring転職
パソナキャリア
JACリクルートメント
ワークポート

登録後、それぞれの転職サービスから連絡が来ますので、電話で状況を伝えアドバイスをもらいます。
また、登録の際はなるべく複数のサービスに登録をして、あなたにとって一番「相性が良さそう」と感じた転職サービスを見極めて利用されることをおすすめします。

1)転職の「軸」って何?

転職の「軸」という言葉が初耳という人もいることでしょう。

そもそもなぜ転職活動を始めるにあたって「軸」を見つけておくことが大切だと言えるのか、いまいちピンとこないと感じる人もいるかもしれません。

ただし、多くの転職希望者にとって転職の「軸」という考え方は必要なものですので、意識しておいて損はないはずです。

転職の「軸」とは何であるのか、また「軸」を持つことでどのようなメリットを得られるのか、といった点について、まずは確認しておきましょう。



そもそも、転職の「軸」とは何か?

転職の「軸」の例「待遇」について「環境」について「働き方」について「将来性」について

転職の「軸」とは、言い換えるとすれば「転職するにあたっての理由や動機の核心部分」のようなものです。

「転職しよう」と思ったきっかけや、転職を機に実現したいこと、今後目指していきたいキャリアプランといったように、転職に期待することはさまざまでしょう。たとえば、次のような転職の「軸」が考えられます。

転職の「軸」の例

■待遇

  • 給与アップ
  • 残業時間の縮小
  • 時短勤務や育児休業の取得

■環境

  • 若手が活躍できる
  • 実力主義
  • プロセスを評価してもらえる
  • 社会貢献度が高い

■働き方

  • ワークライフバランス
  • やりがい重視
  • 全国区・海外勤務
  • 地域密着

■将来性

  • キャリアアップを目指せる
  • 伸び盛りの業界
  • スペシャリストを目指せる

このように、転職に求めるものは人それぞれであるため、「これが正解」というものは存在しないのです。
だからこそ、自分にとっての「軸」を明確にしておき、何を実現するための転職であるかを意識して活動を進めることが大切なのです。



転職の「軸」があることで得られるメリット

転職の軸が定まることで、自分が転職を通じて何を実現したいのかが明確になります。つまり、自分がどのような企業で働きたいのか、理想とするモデルが完成するのです。

モデルが決まれば、その理想像を実現することが困難と思われる企業や目指すものが明らかに異なる企業は転職先の候補から除外されます。

これにより、求人を探す際の基準がはっきりし、応募する企業を効率的に探すことへとつながります。

また、応募後に採用選考がスタートしてからも、どのような目的で転職したいのかがはっきりしているため、志望動機や転職後に実現したいことを伝えやすく、書類選考や面接選考をパスできる確率が高まります。

反対に、転職の軸が曖昧なまま求人を探し始めると、「この企業は良さそう」「こっちの企業も待遇が良いようだ」「ここにも働きがいのありそうな仕事があった」といったように優柔不断な状態に陥りやすく、何を実現するための転職なのかが見えにくくなってしまいます。

仮に応募したとしても、「求人を見てぜひ入社したいと思った」といった以上の動機を伝えられなくなる可能性が高く、選考にも通りづらくなりやすいのです。



2)転職の軸を見つけるための3つの方法

転職の「軸」の見つけ方・ハリネズミの概念で考える⇒Will(やりたいこと)⇒Can(得意なこと)⇒Must(役に立てること)・どの「軸」を優先すべきか、順位を決める・転職エージェントからアドバイスを受ける

転職の「軸」を見つけると言っても、すぐには見つけられないこともあるはずです。そこで、転職の軸を見つけるための3つのヒントを挙げてみます。

  • ハリネズミの概念で考える
    ⇒Will(やりたいこと)
    ⇒Can(得意なこと) ⇒Must(役に立てること)
  • どの「軸」を優先すべきか、順位を決める
  • 転職エージェントからアドバイスを受ける

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



ハリネズミの概念で考える

ハリネズミは非力な生き物ですが、全身の棘を武器として外敵から身を守り生き延びることができています。このように、自分にとって強みとなる分野を持つことで、キャリアを切り拓いていくための「軸」にできる可能性があるのです。これを「ハリネズミの概念」と言います。

上の図は、自分と仕事との関わりにおける3つの要素を表しています。3つの要素が重なりあった④の状態を見つけ出すことで、転職の「軸」が定まる可能性があります。



Must(役に立てること)

「この仕事なら貢献できる」という要素です。周囲に対して自分の経験やスキルが役に立つだろうと思えること、あるいは周囲から期待されていると感じられることがこれに該当します。

たとえば、前職で店舗責任者として実績をあげた経歴から、同様の店舗マネージャーの仕事であれば役に立てる可能性が高い、といったことです。

どちらかと言えば客観的事実や数値に表れている実績が裏付けとなることが多く、自分自身が本当は何をしたいのかという価値観とは必ずしも合致しないことがあります。

先の例で言えば、「たしかに前職では店舗責任者として実績をあげることができたけれども、転職先でも同じように店舗責任者をやりたいわけではない」と考える可能性もあるというわけです。



Can(できること)

「現状できること」「今後できるようになりたいこと」に該当する要素です。
自分にとって得意なことや、平均よりも優れていると自負していることがこれに当たります。

自分にとって「強み」となりやすい要素であり、転職活動においても重要な位置を占めています。職務経歴書を作成する際などに、アピールポイントとして挙げる人もいることでしょう。

ただし、あくまで現状における「強み」ですので、その範囲内だけで転職先を探そうとすると、選択の幅が狭くなりがちなだけでなく、今後の成長やキャリア形成の面で広がりが期待できない可能性があります。

現状よりも発展させて、今後できるようになっていきたいことや、これからできるようになる必要があることも踏まえておくといいでしょう。



Will(やりたいこと)

「今後やっていきたいこと」「こうなりたいという理想像」についての要素です。

周囲から見た現状の期待度や自身が今できることの範囲をいったん取り払い、理想としてはどうなりたいのか、情熱を持って取り組めるのは何であるのかを考えてみましょう。

この点こそが、転職するにあたっての志望動機となる部分であり、前職までの働き方ではなく転職して別の仕事を選び取っていく必要性にあたります。

ここが弱いと、「わざわざ転職しなくても、今までの職場で頑張っていけば実現できるのでは?」と思われてしまいがちです。

自分は本当は何がしたいのか、どうなっていきたいのか、理想を追求していく中でやりたいこと(Will)が浮かび上がってくることでしょう。



どの「軸」を優先すべきか、順位を決める

転職の「軸」がはじめから1つに絞られていれば問題ありませんが、たいていの場合、転職によって実現したいことは複数あり、軸も1つに絞られないことのほうが多いでしょう。

軸が複数あること自体は悪いことではありませんが、転職活動においてどの軸を優先すべきか決めておいたほうがいいでしょう。

たとえば「社会貢献度が高い」「やりがい重視」「キャリアアップを目指せる」の3つの軸が挙がったとすれば、キャリアアップを志向することで結果的にやりがいや社会貢献度はついてくる可能性が高いことから、今回の転職においては「キャリアアップ」を最優先の「軸」として定める、といった具合です。

優先すべき軸をどれにしたらいいか迷ってしまう場合は、どうしても譲れないものは何かを考えて軸を絞っていくといいでしょう。



転職エージェントからアドバイスを受ける

転職の「軸」を自分で探すことも大切ですが、自分のことを客観視するのは誰でも限界があります。
そこで、第三者の視点からアドバイスをしてもらうためにも転職エージェントの活用をおすすめします。

転職を希望している人の多くは、自分がこれまで培ってきたスキルや経験の真価に気づいていないことも多く、経験したことのある仕事や事情が分かっている業界の仕事に偏って求人を探してしまいがちです。

しかし、今後のキャリアを考えた場合、自身の興味関心や適性を総合的に判断した上で転職先を検討する必要があります。

このとき第三者からアドバイスを得ることで、自分一人の視野の中では気づいていなかった可能性を発見したり、これまで考えたこともなかったようなキャリアを検討したりするきっかけになることもあり得るのです。



3)実際に「軸」を見出し、転職を成功させた方の体験談

ここからは、実際に転職の「軸」を見出したことで転職を成功させた方々の体験談を見ていきましょう。

どのような視点や考え方が「軸」を発見するきっかけになったのか、その「軸」が転職成功にどう寄与したのか、といった点に注目して読んでみてください。

「なるほど、こういう思いも寄らないことがきっかけで転職の「軸」が見つかることもあるのか」といった気づきは、きっとご自身にとって転職の「軸」を見つける際のヒントにもなるはずです。



「書く」ことの楽しみを諦めなかった結果、ライターに転職。 不可思議さん(男性/24歳/東京都)

やっぱり自分は、物書きになりたい。

前職を退職から一年を経てから転職活動に臨みましたが、まずは「自分がやりたい仕事は何か」を考えました。

学生の頃は物書きを目指していましたし、退職後の一年間はライターのアルバイトをしていました。
そこから考えて、やはり自分は

「自分の好きなことで、仕事にできるのは、やっぱりライターの仕事しかないな」

という結論に至ったのです。

ライターの求人は決して多くはありませんでしたが、諦めず続けていくうちに、ある一社と出会いました。
それが、今私が通う会社です。 参照:https://min-ten.com/age20/job_change_story_3085/

「自分が本当にやりたい仕事は何か」で考える

転職先を選ぶにあたって、できれば実現したいと思える条件は1つとは限りません。

「生活を安定させたい」「プライベートの時間を確保したい」「物書きの仕事をしたい」——これらは転職先を探すにあたっての「条件」にはなり得ますが、マストかどうか?を考えると、必ずしも全てが絶対に必要ではないのかもしれません。

この体験談では、自分が本当にやりたいことを実現するための一過的な手段として印刷会社の営業職を選んだものの、うまくいかなかったというエピソードが印象的です。

自分にとっては妥協の結果でしかなくても、一緒に働いていく同僚の中には「ここで働いていること」に全力投球している人もいます。どんなにうまく取り繕おうとしても、全力で取り組んでいる人にはかないません。

自分ができること・期待されていることと「やりたいこと」が乖離していると感じている人は、一度思い切って「本当にやりたいことは何か?」を起点に考えてみると、これまでとは違った方向性が見えてくるかもしれません。



「私にできることって……_」そんな私が転職したのは。 幸ママさん(女性/29歳/奈良県)

1人でコツコツ。そんな働き方が得意な私にぴったりの仕事は?

転職活動はまず、「私にできることってなんだろう?」から考えなければなりませんでした。

私は接客業も好きでしたが、それ以上に、「一人でコツコツと進める仕事」が得意でした。
私の性格的にも、後者の方が合っていると思いました。

その結果、「コツコツできる仕事=事務職」というイメージに結び付き、転職活動を本格化させていきました。

目標が明確化したため、それに向けて、まずは職業訓練校に通い、PCスキルを習得しました。
その訓練校から紹介された求人企業のうちの一つに、無事内定をいただくことができました。 参照:https://min-ten.com/age20/job_change_story_4027/

「どんな仕事で役に立てるか」で考える

自分にとって「やりたい仕事」「好きな仕事」という考え方はストレートで分かりやすい反面、ほぼ全てが主観によって決まっている面があります。

一方、周囲の人からの反響や評価を振り返ったとき、自分が役に立ってきたと思える仕事や、貢献できると思える仕事はないでしょうか。

もしあれば、たとえ自分の中では自己評価が高くなかったとしても、周囲に貢献できる可能性がある仕事として転職先を検討する際に候補に挙げておく価値があるでしょう。

この体験談の「幸ママ」さんは、おそらく異なるタイプの仕事もこなすことができる器用な一面を持った方なのでしょう。販売や接客の仕事をこなす傍らで、在庫管理の仕事にもしっかりと取り組んでいたことが、事務職という選択肢を検討するきっかけになっています。

このように、周囲からの反響や評価を振り返り、自分ができること・貢献できそうなことを整理してみると、意外なところで転機となる気づきが訪れることもあるのです。



一杯のコーヒーが、私の転職を決めた…。 イントロデューサーさん(男性/40歳/東京都)

エージェントさんからの提案は、まさに「目からウロコ」でした。

転職活動を始めた時、私は36歳でした。
年齢的な問題も感じつつ、一番は「どの職種で転職すればいいのか」すら決められなくて……。

そんな時、転職エージェントに相談をしたところ、

「キャリアを活かすという意味でも、今まで営業をかけていたお客さんの立場で考えてみませんか?」

と言われて。

以前は証券会社の営業をしていたのですが、エージェントさんの考えに則るとすると、転職すべきはつまり、上場企業の投資家向け広報業務の仕事ということになります。
通称、IR担当者ですね。

正直、目からウロコと言いますか、自分でもまったく念頭に無かった分野でしたし、すごく魅力的な仕事に感じられました。 参照:https://min-ten.com/age30/job_change_story_1663/

「転職エージェントからのアドバイス」で軸を見つけた

日々数多くの転職希望者と面談し、企業とのやりとりを行っている転職エージェントのキャリアアドバイザー。

彼ら・彼女らは転職市場におけるプロですので、転職希望者が思いもよらないような切り口のアドバイスをしてくれることがあります。

この体験談にあるように、転職希望者の多くは「自分に合った業界はあるだろうか?」「どの職種がいいだろうか?」といった、「選ばれる側」の立場で応募先を検討するはずです。

ところが、キャリアの棚卸しを客観的な見地から行っていくことで、実は自身が企業を「選べる」側にいることに気づく場合もあるのです。

ただし、自身のキャリアについての希少性や保有スキルに対する需要は、自分では気づけないことも多々あるのが現実です。

転職市場のプロである転職エージェントに相談することで、自身のキャリアを客観的に評価してもらうことができるだけでなく、自分では気づかなかった可能性を引き出してもらえることもあるのです。



4)転職の「軸」に関するアドバイスをもらえる、おすすめ転職エージェント

転職の「軸」を定めるためのヒントとなるアドバイスをしてもらうには、とにかくじっくりと面談で話せる環境が整っている転職エージェントを選ぶのがコツです。

これまでの経験業務や保有スキルについて知ってもらうと同時に、やりたい仕事やこれから進んでいきたい方向性についても知ってもらうためにも、十分な面談時間を確保してもらうことが大切です。

また、転職エージェントごとに保有している非公開求人が異なるため、同じ転職希望者の希望や経歴を見た場合であっても、紹介することを想定している企業の候補が異なる場合があります。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、紹介された企業を比較検討することが可能になりますので、転職エージェントにはできるだけ複数社に登録しておくことをおすすめします。



多くの非公開求人をもとに転職先を検討したい方はリクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
リクルートエージェントの特徴 国内の転職エージェントの中でも求人数と実績の多さで常にTOPに立つ、最大手転職エージェント。キャリアアドバイザーの適切かつスピーディな対応が評判。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)
転職おすすめ度 ★★★★☆
サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)




経歴書・面接等の詳しいアドバイスが欲しい人は、dodaがおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
dodaの特徴 求人数の多さは国内TOPクラス。および転職サイト「doda」との併用で、転職者はキャリアアドバイザーのサポートを受けつつ、自身からもどんどん求人情報を探していける。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡)
転職おすすめ度 ★★★★☆
サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)




20代~30代前半で、転職活動の進め方に不安があるという人は、マイナビエージェントがおすすめ

マイナビエージェントの特徴 20代(第二新卒)~若手に向けての転職支援に強い。
豊富な求人数と、キャリアアドバイザーの親身なサポート&アドバイスが評判
対応地域 全国(拠点:東京(2か所)、横浜、札幌、名古屋、大阪、福岡)
転職おすすめ度 ★★★★★
サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)




地方在住や、専門分野の情報を知りたい人は、パソナキャリアがおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
パソナキャリアの特徴 キャリアアドバイザーのスキル・サポート品質が高い。かつ、全国都道府県に支店があり、支店数は国内TOPの転職エージェント。
対応地域 全国(47都道府県)
転職おすすめ度 ★★★★★
サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア

幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)




キャリアアップ、年収アップを念頭に置く人は、JACリクルートメントがおすすめ

JAC Recruitment。30~50代で後悔しない転職を。JACリクルートメント。
JACリクルートメントの特徴 管理職・ハイキャリア層向け求人が豊富
外資系・金融系企業の転職に強い
対応地域 全国(拠点:東京、横浜、札幌、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島)
転職おすすめ度 ★★★★★
サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)




まとめ)転職の「軸」が見つかれば、転職活動の方向性は決まったようなもの

転職の「軸」は、求人検索・書類選考・面接選考・内定承諾といったあらゆる段階において、「この方向で行こう」と自分の中での判断基準となり得ます。

言い換えれば、転職の「軸」さえ見つかってしまえば、転職活動の方向性全体が定まったようなものです。あとは目的に向かって邁進するだけなのです。

このように、転職の「軸」を見つけておくことは転職活動を始める準備として必要なだけでなく。転職活動全体を通じて立ち返るための判断基準を固めておくためにも非常に重要なプロセスです。

早く求人を検索してしまいたくなる気持ちを抑えてでも、転職の「軸」を見つけることからスタートしておくことで、転職活動開始後は迷うことなく突き進んでいけるはずです。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 1 レビュー
転職中さん

この記事を読む前と読んだ後では気持ちがガラリと変わりました。どうすべきなのかを考え、理解し、納得できたから大きな不安が取り除けました。星の評価を満点にしたかったですがやり方が、、