『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

30代の転職で、年収を上げるためには?年収アップを成功するための ポイント・注意点

[最終更新日]2021/06/27

30代からの年収UPの方法

30代の転職で、「年収アップを視野に入れている」という方は多くいらっしゃることでしょう。

社会人として一定の経験を経てきた30代となると、今後のキャリアやライフスタイルを見据えて転職を考えるのは決して珍しいことではありません。

ただし、「30代での転職は必ず年収アップする」というわけではありません。状況によっては「前より年収がダウンしてしまった…」、「年収はアップしたけれど、思っていたような働き方ではなかった…」というケースもあります。

後悔のない転職を成功させるためには、事前にチェックしておきたいポイントがいくつか存在します。

目次

[PR]現在 「転職しようかな…」と考えている方へ

転職活動の第一歩は、「信頼できる転職支援パートナーを見つけること」です。
現在「まだ信頼できるパートナーを見つけられていない」という方は、以下の診断ツールを使って、あなたに合ったパートナーを見つけてみてください。

転職成功の角度を一気に高める、あなたに合った転職サイトは?

1)30代社会人の平均年収は──?

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査の概況」によると、30代の年収は以下のようになっています。

20代後半 30代前半 30代後半
男性平均 301.9万円 349.0万円 394.8万円
女性平均 279.5万円 296.9万円 307.4万円

参考データ:厚生労働省「厚生労働省『令和元年賃金構造基本統計調査の概況』をもとに弊社表作成

男女ともに20代後半から30代にかけて平均年収が大きく上昇しています。

また男性の平均年収では30代の前半・後半にかけて更に大きく上昇しています。
30代女性の平均年収推移が男性と比べて大きな上昇が見られないのは、この時期に出産等のライフイベントによって働き方を変える女性が多いことも関連しているでしょう。
近年では女性活躍推進を掲げ、男女の賃金格差を是正する企業も増えてきています。

転職は職場や仕事内容を変えるだけでなく、これまでに培った経験やスキルが再評価される機会でもあります。そのため、30代時期の転職は年収アップを狙いやすいのです。

平均年収は「業種」によっても大きく変わるので、注意を

人々イメージ

30代の平均年収は業種・職種によっても大きく変わります。主な業種ごとの平均年収は以下の通りです。

30代前半 30代後半
建設業 362.4万円 396.0万円
製造業 325.2万円 366.0万円
情報通信業 387.6万円 446.4万円
運輸業・郵便業 331.2万円 358.8万円
卸売業・小売業 345.6万円 394.8万円
金融業・保険業 462.0万円 579.6万円
学術研究、専門・技術サービス業 410.4万円 492.0万円
宿泊業・飲食サービス業 309.6万円 338.4万円
生活関連サービス業・娯楽業 324.0万円 375.6万円
教育・学習支援業 393.6万円 462.0万円
医療・福祉 349.2万円 392.4万円
サービス業(他に分類されないもの) 301.2万円 324.0万円

参考データ:厚生労働省「『平成 30 年賃金構造基本統計調査の概況』

「情報通信業」や「金融・保険業」など、専門性の高い職種や現代に高い需要が見込める職種は、特に平均年収が高くなっています。

ここでも注目しておきたいのは、30代前半から30代後半における年収の「上昇率」でしょう。
高いところでは30代前半から後半にかけて約20%もの上昇を記録しています。

つまり、どの職種においても30代という年齢は年収上昇における「ターニングポイント」になりやすいということですね。

2)30代が「年収アップ転職」を目指す際の注意点

さて、ここからは具体的に30代の転職者の方々が年収を上げていくための「年収アップ転職」を目指す際の、注意点について見ていきましょう。

特に意識したいのは、以下の3点です。

転職で必ず年収アップするとは限らない基本給・諸手当などの給与構成をチェック今だけでなく、これから先の推移もイメージ
  • 「30代の転職だから、必ず年収アップする」というわけではない
  • 給与構成は必ずチェックを!「基本給・諸手当・残業代」
  • 年収は、転職時だけでなく「これから先」の推移もイメージして

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

「30代の転職だから、必ず年収が上がる、年収アップする」というわけではない

さて、前章では「30代以降は年収アップしやすい」とお伝えしましたが、実際に30代の転職で年収アップする人の割合はどれくらいなのでしょうか。

これまで「みんなの転職「体験談」。」に転職エピソードを提供いただいた30代174名※の転職後の年収変化について調べてみたところ、以下のような結果となりました(※2017年3月~2021年2月までのもの)。

参考:30代の正社員転職における、年収変化の割合

30代の正社員転職における、年収変化の割合
割合
年収アップした 55.2%
変わらない 6.9%
年収ダウンした 37.9%

※「みんなの転職「体験談」。」に転職エピソードを提供いただいた30代の方174名のデータをもとに作成(集計期間:2017年3月~2021年2月までのもの)

30代の転職において、年収アップした人の割合は55.7%でした。
たしかに年収ダウンした割合よりも高いですですが、「30代の転職は、高い確率で年収アップする」とまでは言い切れないことが数値から見て取れます。

また、前職と同じ職種に転職した人と異なる職種に転職した人それぞれの年収アップ・ダウンの割合は、以下表の通りとなりました。

参考:30代の正社員転職における、同職種・異職種別 年収変化の割合

全体 前職と同じ職種で転職 前職と異なる職種で転職
年収アップした 55.2% 61.5% 48.2%
変わらない 6.9% 7.7% 6.0%
年収ダウンした 37.9% 30.8% 45.8%

※「みんなの転職「体験談」。」に転職エピソードを提供いただいた30代の方174名のデータをもとに作成(集計期間:2017年3月~2021年2月までのもの)

前職と異なる職種で転職した場合、年収アップした人の割合と年収ダウンした人の割合はほぼ同じくらいです。このことから、「未経験での転職」は年収ダウンになるリスクが大きくなることが伺えます。

ただし、前職と同じ職種で転職した場合でも10人に3人が年収ダウンとなっていますので、「同職種だから年収アップする、異職種だから年収ダウンする」という見方もすべきではないでしょう。また、前職と異なる職種で転職した方のうち半分近くが年収アップとなっています。

年収アップを果たした30代の方々の体験談を見ていると、同職種・異職種での転職に関わらず、以下の点が共通されていることが多いです。

  • これまで培った知識・経験(または強み)を活かした仕事選びをしていること
  • 転職前にその企業や業界の調査・研究を時間をかけて行っていること

もし、現在転職活動をされている方で、「上記2点への意識があまりない」という場合は要注意です。

30代の転職においても年収ダウンになる可能性は少なからずあり、年収アップをしていく為にはしかるべき準備・対策を取る必要があると認識しておきましょう。

給与構成は必ずチェックを!「基本給・諸手当・残業代」

給与構成は必ずチェックを!・給与の構成(内訳)は示されているか・基本給はいくらか・どのような手当てが付くか・残業代は別途支給か・役職手当はどうであるか

基本給・残業代ルール・その他諸手当といった給与構成を確認しておくことも、年収アップを目指す転職での重要ポイントです。

たとえ基本給が低くても、家賃補助などのサポートが手厚い企業であれば、結果的に生活にかかるお金の負担が軽くなることもあります。

基本給、手当、残業代、その他福利厚生はどうなのかについて、求人票でしっかりチェックし、不明点は面接の場等で企業に確認するようにしましょう。

参考:給与の確認ポイント

  • 基本給はいくらか
  • 残業代は含まれているか(みなし残業制の有無)
  • 加入保険・年金は何か(雇用保険、健康保険、厚生年金、その他企業年金等)
  • 諸手当はどのようなものがあるか
  • おおよその残業時間はどのくらいか・休日出勤はあるか
  • 退職金はあるか

給与構成を確認する際には、現在勤めている会社の内容と比較してみると、転職後の報酬をイメージしやすくなります。

年収は、転職時だけでなく「これから先」の推移もイメージして

年収は、転職時での増減だけでなく、その業界・業種では40〜50代になるにつれてどのように年収が上昇していくのかを把握して、長期的なプランを立てられるように意識しておきましょう。

転職時に年収アップが成功したからといって、その後も順調に年収が上がっていくとは限りません。年齢を重ねるほどに転職のハードルは上がっていきますので、10年20年後といった長期的な視野で企業を選ぶようにしましょう。

40代や50代になると、その企業での重要なポジションが与えられ、働き方が大きく変わることも考えられます。転職する業界や業種については、その点も含めて調査をしておくようにしましょう。

3)30代転職者が「年収アップ転職」を成功する為の3つのポイント

続いては、30代の転職者の方々が年収を上げていく為の、具体的な対策・ポイントを見ていきましょう。

応募先企業の「求めているもの」を把握する自身の経歴・スキルでアピールする点を明確に年収UPの実績ある転職エージェントの活用
  • 応募する企業が、年収の対価として「求めているもの」を理解・把握する
  • 自身の経験・実績・スキルから、どこをアピールしていくかを明確にする
  • 実績豊富な転職エージェントを利用し、かつ「年収アップ」希望をきちんと伝える

応募する企業が、年収の対価として「求めているもの」を理解・把握する

転職成功に際しては、応募先の企業がどのような人材を求めているのかを把握しておくことが重要です。
スキル、知識、労働に対する姿勢など、その企業が重視する点を事前に確認しておけば、今以上の年収を得られる可能性も上がります。

前述したように、30代での転職では、企業側は「即戦力になりそうな人材か」という視点も踏まえて採用活動を行っています。
特に「マネジメント経験」の有無やプロジェクトのリーダーの経験がある場合は、それが評価され年収アップの可能性も高まるでしょう。

具体的な役職に就いたことがなくても、特筆すべき実績があればそれを証明できるようなエピソードを準備することが、年収アップにおけるひとつのポイントになるでしょう。

また、企業ごとに異なった具体性のある人物像を確認することもポイントです。

転職先の企業が求めているものを具体的に知るために、求人票だけでなく以下のような情報源をチェックして、企業研究を進めることをおすすめします。

投資家向けのIR情報その企業が提供する商品・サービス情報HPや説明会資料の社員情報
  • 投資家向けのIR情報
  • その企業が提供する商品やサービスの情報
  • ホームページや説明会資料の社員情報

これらの情報をリサーチすることで、企業が求める潜在的なニーズをイメージできるようになります。

自身の経験・実績・スキルから、どこをアピールしていくかを明確にする

企業が求める人材像が見えてきたら、続いて自身のこれまでの経歴や知識・スキル、その他強みや関心の高さと照らし合わせて、マッチするポイントを見出していきます。

具体的には、以下の図にある「領域の重なり(広がり)」を意識しておくと良いでしょう。

30代の転職者が、企業に自身の価値を伝えていく為には。領域の重なり(広がり)を意識する!

このように、転職者側と企業側で需要と供給の関係が成り立つ部分こそ、あなたが企業へ積極的にアピールしていくべきポイントとなるのです

わかりやすいアピールポイントの提示は、年収の高い企業に目を留めてもらうきっかけとなるので、自己分析にはしっかりと時間を取ることをおすすめします。

実績豊富な転職エージェントを利用し、かつ「年収アップ」希望をきちんと伝える

年収アップの確率を高めていくには、転職エージェントの活用がおすすめです。
転職エージェントでは担当のキャリアアドバイザーによるキャリア相談、求人紹介、年収交渉などのサポートが無料で受けられます。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

キャリアアドバイザーは各業界の詳細な情報を持っているため、転職者自身の経歴や希望条件も踏まえ、的確な求人紹介を行ってくれます。
また、採用面接の場での自己PRの方法などについてもプロの目線からアドバイスがもらえるため、転職活動の強力なバックアップとなるでしょう。

転職エージェントにはそれぞれ得意とする業界や年代等のに分野に違いがあります。
転職の選択肢を広げたり、数人のアドバイザーから意見をもらいたい方は、1社に絞らず2~3つ複数の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします

次章では、年収アップを目指す30代転職者におすすすめの代表的な転職エージェントをご紹介します。

4)年収アップを目指す30代転職者におすすめの転職エージェント

ミドルクラスの転職には「JACリクルートメント」がおすすめ

JAC Recruitment。30~50代で後悔しない転職を。JACリクルートメント。
JACリクルートメントの特徴 求人情報・キャリアアドバイザーのサポートともに品質の高さで人気の転職エージェント。管理職・ハイキャリア層のサポートにも強く、外資系・金融系企業の求人を多数扱っている。
対応地域 全国(拠点:東京(2か所)、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島)
30代の年収アップ転職おすすめ度 ★★★★★

JACリクルートメントは「これまでのキャリアを活かしつつ、さらなるキャリアアップがしたい」という30~40代のミドル層のサポートに強い転職エージェントです。

プロのキャリアコンサルタントのサポートにより、転職者自身の市場価値や、気になる業界の市場動向についても詳しい情報を知ることができます。

また、保有する求人の多くは「年収600万円以上」のものが多く、アジア7か国に拠点を持つことから海外勤務も見据えた「外資系・グローバル企業」の求人も多数扱っています。

求人情報の豊富さなら「doda」がおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
dodaの特徴 求人数の多さは国内TOPクラス。および転職サイト「doda」との併用で、転職者はキャリアアドバイザーのサポートを受けつつ、自身からもどんどん求人情報を探していける。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡)
30代の年収アップ転職おすすめ度 ★★★★☆

転職活動にあたって「なるべく多くの選択肢から、自分に合った企業を探したい」という方は、dodaがおすすめです。
保有する求人は15万件以上と国内でもトップクラスで、他のエージェントにはない「非公開求人」も豊富です(※2021年3月時点)。

非公開求人の中には企業の重要ポジションの求人や、大手企業・人気職種の案件が含まれていることが多く、競争倍率が低い状態で選考に臨むことができます。

企業からのスカウトメールの頻度も高く、どのような企業に需要が高いのかといった自身の市場価値の確認にも繋がります。

確かなサポート実績なら「リクルートエージェント」がおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
リクルートエージェントの特徴 国内の転職エージェントの中でも求人数と実績の多さで常にTOPに立つ、最大手転職エージェント。キャリアアドバイザーの適切かつスピーディな対応が評判。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)
30代の年収アップ転職おすすめ度 ★★★★☆

リクルートエージェントは求人数・サポート実績ともに国内でNo.1の転職エージェントです。
中でもキャリアアドバイザーによるサポート満足度は非常に高く、年収アップ転職においても多くの実績を残しています。

独自のサービスとして「面接力向上セミナー」や企業の社風や選考状況が分かる「エージェントレポート」など、転職者をバックアップする仕組みが充実しています。

非公開求人の数も2021年3月時点でおよそ10万件以上。年収・キャリアアップの可能性を高めたい方は、実績の豊富なリクルートエージェントの活用をおすすめします。

年収700万円以上を目指したい人は「パソナキャリアハイクラス」がおすすめ

パソナキャリアハイクラス。あなたに相応しい役割と報酬がある。そして、次のステージへ。
パソナキャリアハイクラスの特徴 主に、年収700万円以上の求人を扱っていて、利用者の67.1%が年収アップに成功していて、アドバイザーのサポートも丁寧であると評判。
対応地域 関東(東京・埼玉・千葉・神奈川)
関西(大阪・京都・滋賀・和歌山・奈良・兵庫)
東海(静岡・愛知・岐阜・三重)
※拠点:東京(2つ)、神奈川、横浜、名古屋、静岡、大阪、広島、福岡)
30代の年収アップ転職おすすめ度 ★★★★☆

パソナキャリア ハイクラスは管理職・役員クラスをターゲットに絞りサポートを行っており、扱う求人のほとんどが「年収700万円以上」の高年収帯のものです。
サービス利用者のおよそ67.1%が、パソナキャリア ハイクラスを通じて年収アップを実現させています(※公式サイトより)。

入社後のミスマッチが無いよう、キャリアアドバイザーによるヒアリングに十分な時間をかけていることが特徴で、企業へ直接ヒアリングした職場環境、企業文化なども事前に知っておくことができます。

また、首都圏限定で自身に合ったキャリアアドバイザーを転職者側で指名できるシステムも導入されています。

ヘッドハンティングを狙うなら「ビズリーチ」がおすすめ

ビズリーチ。年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1
ビズリーチの特徴 ハイクラス・エグゼクティブ向けの求人情報が豊富。企業からもビズリーチ会員転職者への関心が高く、オファー・スカウトも盛ん。
対応地域 全国
30代の年収アップ転職おすすめ度 ★★★★★

ビズリーチはミドル・ハイクラス層をターゲットに「ヘッドハンティング型」のサービスを提供しています。
転職者の経歴をもとに、担当のヘッドハンターが求人を厳選し紹介してくれます。

一般的な転職エージェントとは違いキャリアアドバイザーによるサポートはありませんが、高年収の求人の紹介を受け身で待つことができるため、現職でなかなか転職活動に時間が割けない方でも利用しやすいサービスになっています。

自身が目指す業界・職種に詳しいヘッドハンターをHPから判断し、転職者側で担当となるヘッドハンターを選ぶこともできます。

これからの多様な働き方を検討するなら「iX転職」がおすすめ

キャリアに戦略を。パーソル発、ハイクラス転職サービス
iX転職の特徴 iX転職は、dodaを運営しているパーソルキャリアによるハイクラス向けのヘッドハンティングサービス。現在の年収が600万円以上の方にターゲットを絞っている。
対応地域 全国
30代の年収アップ転職おすすめ度 ★★★★☆

iX転職もまた、ビズリーチと同様ヘッドハンティングを主流とする転職サービスです。
転職マーケットを熟知した厳選されたヘッドハンターにより、自身の適性に合った求人の紹介を行ってくれます。

2018年の「働き方改革」により、多様な働き方を承認する企業も増えてきました。
2019年にサービスを開始したばかりのiX転職では、こうした多様な働き方を取り入れた企業の求人も多く扱っているため、時代にマッチしたサービスと言えるでしょう。

より専門分野に関わるサポート・アドバイスを受けたい人は「特化型」の転職エージェントも利用しよう

総合型・特化型の違いを知り、それぞれの強みを有効活用する

目指す業界・職種等の分野が明確にある人や、上記に紹介した転職エージェントを既に利用していて、「あまり適切なサポートを受けられなかった」という方は「特化型」の転職エージェントがおすすめです。

特化型の転職エージェントは、特定の分野に精通したエージェントがサポートと求人紹介をしてくれます。
これからのキャリア形成・働き方について、「この分野に詳しい人に相談したい」という人にもおすすめでしょう。

各分野のおすすめ特化型転職エージェント

分野 サービス名 特徴
IT・Web
マイナビITエージェント
■ITエンジニア実務経験者におすすめ
  • 業界の最新情報を熟知した専門のアドバイザーによる適切な支援
  • 書類添削、面接対策、企業への推薦紹介、内定後の条件交渉まで一貫して手厚いサポートをしてくれる

ワークポート
■ITエンジニア未経験者~実務経験者全般におすすめ
  • ITエンジニア、Webクリエイター(プロデューサ、ディレクター、プランナー)への転職支援に強い
  • 未経験職種・業種への転職支援に強く、積極的な求人提案を受けられる

レバテックキャリア
■ITエンジニア実務経験者におすすめ
  • エンジニア実務経験のあるアドバイザーからのサポート
  • 書類添削、面接対策のサポート品質が高い
20代・若手 JAIC(ジェイック)ロゴ
JAIC(ジェイック)
■20代~30代前半のフリーター・既卒・若手社員におすすめ
  • 「はじめての正社員」の就職・転職支援に強い
  • 無料の研修サービスも実施。社会人としてのスキルやスタンスを学ことができる
就職Shopロゴ
就職Shop
■20代のフリーター・既卒・第二新卒におすすめ
  • リクルートが運営する20代未経験に特化した転職サービス
  • 紹介する求人は全て直接訪問して取材した企業で、ホワイト企業多数
マスコミ
マスメディアン
■テレビ・書籍・Web等のメディア系事業を目指す転職者におすすめ
  • 業界に精通したコンサルタントによる充実のサポート
  • 「宣伝会議」グループの人脈・情報を駆使して集めた良質な求人
アパレル
クリーデンス
■アパレル・ファッション業界を目指す転職者におすすめ
  • 業界に精通したコンサルタントによる充実のサポート
  • 他の転職サービスでは出会えない「非公開求人」も多数
管理業務
MS-Japan
■管理部門(経理・財務・人事・総務・法務等)の転職におすすめ
  • 職種の専門知識を持つアドバイザーがキャリア相談から転職支援まで手厚くサポート
  • 求人企業への情報に精通しており、優良企業に紹介してもらいやすい
外資系
ロバート・ウォルターズ
■外資系企業・日経グローバル企業の転職におすすめ
  • 外資系・グローバル人材に熟知したコンサルタントからのサポート
  • 選考から採用まで、スピード感のある対応
製造系エンジニア
メイテックネクスト
■製造系エンジニアへの転職を目指す人におすすめ
  • 製造系エンジニアの転職支援実績No.1
  • 応募企業に合わせた模擬面接のサポートが好評
介護
きらケア
■介護・福祉分野への転職を目指す人におすすめ
  • 業界に特化したアドバイザーが、マッチング度の高い求人を紹介してくれる
  • 条件交渉から内定後のアフターフォローまで、きめ細やかなサポート

まとめ)30代の年収アップ転職成功に必要なものは、適切な準備と心構え!

心構えイメージ

30代の転職は、ポイントをしっかり押さえることができれば年収アップも十分に可能です。

30代転職者が「年収アップ転職」を成功する為の3つのポイント

  • 応募する企業が、年収の対価として「求めているもの」を理解・把握する
  • 自身の経験・実績・スキルから、どこをアピールしていくかを明確にする
  • 実績豊富な転職エージェントを利用し、かつ「年収アップ」希望をきちんと伝える

「現状に満足せずさらなるキャリアアップを目指したい」「自分のスキルに見合った報酬が欲しい」という人は、この記事で紹介したポイントを意識しつつ、転職活動に臨んでみてください。

30代の転職に必要なのは、適切な準備と心構えです。皆さんが30代の転職を後悔のないように進めていけることを、心より願っています。

<>