『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

ITエンジニアは転職回数が多いと不利になる? 転職回数を強みに変えるポイント

[最終更新日]2021/05/20

ITエンジニアは転職回数が多いと不利になる?

ITエンジニアは、転職回数が多い職種といわれています。転職者が活躍することも多く、なかには「転職を重ねて年収やスキルを上げていくもの」と考えている人もいます。

しかし、無意味な転職を重ねてしまうと、かえってあなた自身の評価を下げてしまうことにも繋がりかねません。

今現在、自身の転職回数に不安を覚えている方でも、いくつかのポイントを押さえることによって次の転職を成功させられる可能性は高まります。

目次

1)「ITエンジニア は転職回数が多くても大丈夫」はウソ?ホント?

ITエンジニアが転職する際、転職の回数それ自体よりも、「転職の内容・動機」が問われることが多くなります。

そのため同じ転職回数のITエンジニアでも、1人は引く手あまたとなる一方、もう1人はひたすら応募してもなかなか内定が得られないといったことが起こり得ます。

このような差はどこで生じるのでしょうか。
ここではその理由について、考えていきます。



転職回数が多いITエンジニアを企業はどう評価する?

企業側の懸念 ■職場の人間関係などでまたすぐに辞めてしまうのでは? ■辛い仕事があるとすぐに投げ出してしまうのでは? ■転職回数とスキルが比例していないのではないか? ■その人自身の人間性に問題があるのではないか?

IT業界はもともと転職が多い業界と言われており、転職者も多く活躍しています。そのため、複数回転職していることだけを理由として門前払いされることはありません。この点では、転職経験のある応募者に対して寛容な業界といえます。

とはいえIT業界の多くの企業は他の業界と同様、「せっかく入社するのならばできるだけ長く働いてもらい、仕事で活躍して業績アップに貢献して欲しい」と考えています。とりわけ転職回数の多い方は、以下のような評価を受けがちです。

  • せっかく転職しても、職場の人間関係を理由としてまた辞めてしまうのではないか
  • 辛い仕事があると、すぐに投げ出してしまうのではないか
  • 転職回数の割には、目立ったスキルアップができていないのでは
  • その人の人間性に何か問題があるのではないか

このような企業側の視点から、転職回数が多い、もしくは入社しても短期間で離職するといったITエンジニアはマイナス評価を受けてしまう可能性はあります。



ITエンジニアに許される一般的な転職回数は?

転職回数が多いと思われる目安 ■20代は3回以上 ■30代は5回以上

それでは、ITエンジニアが転職する上で許される転職回数はどのくらいなのでしょうか。

この数字は、年代によって変わります。一例としてマイナビがGMOインターネット株式会社にインタビューした際の記事によると、転職回数は「20代は3回、30代は5回以上で多いと感じます」という所感があります。

もちろん転職回数が多い方でも正当な理由や、その企業で求められるスキルを持っている場合は採用される可能性があります。

しかし企業は一般的な傾向として、転職者にいきなり重要な仕事を任せるということはなかなかありません。転職回数が多い方は必然的に会社ごとの勤続年数も短くなるため、高いレベルの業務を経験する機会が少なくなります。

先に挙げたように、転職回数が多い方は、企業から「腰を落ち着けて仕事に取り組む意識がない」「嫌なことがあったらすぐに辞める」といった印象を持たれがちです。
目安としては20代なら3回以上、30代は5回以上の転職歴は、やや不利になりやすいといえるでしょう。



転職回数が多くても「欲しい」と思われるのはどんなITエンジニア?

転職回数が多くとも採用されやすいエンジニア ・転職の軸が一貫している ・転職のたびにスキルアップしている

一方で、以下のようなITエンジニアは転職回数が多くても企業に「欲しい」と思われる傾向にあります。

  • 転職の軸が一貫している
  • 転職するたびにスキルアップを行い、できる範囲を広げている

このような方は転職回数が多くても企業から求められ、希望する転職を実現しやすくなります。例えば、以下のようなケースです。

Webプログラマー・SEの分野で転職をしたAさんのケース

1社目 一定のプログラミングスキルを身につけられた。次はより上流工程に携わりたいと考え、転職
2社目 開発案件の要件定義、設計の経験を深められた。次は依頼主である顧客と直にコミュニケーションを取れる立ち位置で仕事がしたいと考え、転職
3社目 顧客の要望を受けつつの開発業務を行う中で、業界への理解を深められたとともにITソリューションの経験を積むことができた。次はよりITソリューションによる課題解決に取り組める企画・開発に携わりたいと思い、転職



サーバー・インフラの分野で転職をしたBさんのケース

1社目 サーバーの運用・管理エンジニアで、主に監視を担当。サーバー構築も携わりたいという理由で、転職
2社目 サーバーの設計も担当。サーバーの設計・構築を行う過程で、セキュリティの重要性を痛感。セキュリティシステムの構築に携わりたいという理由で、転職
3社目 セキュリティへの理解を深められ、より大規模システムでの経験を積める職場へと、4社目に転職

上記のような方は、転職のたびにスキルアップを実現し、また業務実績も着実にあげていることが伝わります。「スキルアップしたい」という転職の軸が明確で、企業から求められる人材であると言えるでしょう。



2)転職回数が多いエンジニアが、転職に成功するために見直したいポイント

何度も転職を繰り返すITエンジニアのなかには、「次を最後の転職にしたい」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし今までと同じ転職の進め方では、また同じことを繰り返してしまいかねません。

次の転職を成功させるためには、これまでの進め方を見直し、修正すべきポイントがあります。ここではどのようなポイントを見直せば転職に成功し職場で高い評価を得られるのか、4つのポイントに分けて解説していきます。

  • これまでの転職によって得られたスキルに「軸」を通す
  • 自分の市場価値を理解できているか
  • 転職理由が「他責」になっていないか
  • 転職すべきか迷ったら、1人で悩まず転職エージェントに相談する




これまでの転職によって得られたスキルを「軸」にする

POINT1 これまでの転職で得たスキルを元にキャリアパスを意識する

書類選考や面接の場で、転職回数をネガティブに捉えられないようにするには、前章でもお伝えしたとおり、「それらの転職によって、どのようなスキルアップや経験を重ねることができたのか」を一貫性のある軸にして、アピールすることです。

「一貫性の軸」とは、いわゆるキャリアパスのことです。ITエンジニアのキャリアパスとしては、例えば以下のようなものがあるでしょう。

  • SEからプロジェクトマネージャへの道を目指す
  • 開発を究める(プログラマー、フルスタックエンジニアなど)
  • スペシャリストを目指す(ネットワーク、サーバー、クラウド、セキュリティなど)
  • ITコンサルタントを目指す
  • 社内SEや情報システム部門を目指す
  • ITスキルを営業などの他職種に活かす(セールスエンジニア、UI・UXデザイナー、DX推進など)

これまで培ったスキル・経験を振り返ってみたとき、「自分はこの分野でスキル・経験を積んでいくことができた」という箇所がかならず一つはあるものです。そして、「今後もこの分野の仕事で活躍したい」と思えるのなら、それをキャリアの軸(キャリアパス)にしていくことを意識してみてください。

キャリアの軸があると、転職面接の際もこれまでの経歴の際に要点にフォーカスしてのアピールがしやすくなり、企業からも好意的に受けとめてもらえる機会を多く創出していけるでしょう。





自分の市場価値を理解できているか

POINT2 目指す企業にどれだけ貢献できるか自身の市場価値を正しく判断する

ITエンジニアの転職で、企業が求めているのは「即戦力」となる人材です。
そのため、自身の市場価値を正確に把握しておくことが大切です。

市場価値とは、目指す企業であなたが「どれだけの価値を発揮できるか」を予測して年収ベースの数値に置き換えたものです。

たとえあなたがこれまで培ったスキルや知識などでアピールできる点があっても、それらが企業の求めている分野でなかったり、または要求するレベルに達していなかったとしたら、採用されるのは難しいでしょう。



以下のような方は今一度、自身の市場価値を振り返り、場合によっては現職で知識・スキルを養うことを優先したほうが良いかもしれません。

  • 転職先企業で求められるスキルが乏しいのに転職しようとする方
  • ある分野で優れたスキルを持っているので、未経験の分野でも転職できると思っている方
  • 能力はあるが、その能力を生かした実務経験に乏しい方

また、自身の市場価値および即戦力人材の確認をする際は、事前の企業研究が不可欠です。
企業研究は、「どれだけその企業を深く理解するか」の観点も大事ですが、それよりも「あなたがその企業で活躍できそうか」の観点でチェックしていった方が、選考通過の可能性を高めること、およびミスマッチ転職の防止に役立てられます。
例えば、以下の点については応募や面接の前にしっかりチェックしておくと良いでしょう。

チェック項目 確認ポイント どこで確認するか
事業内容 自分自身の知識領域にあるか、また今後も興味・関心を持続して持ち続けられる内容かを確認する 企業HP
主力商品・サービス その商品・サービスの開発・運用を自身が携わることになる際に、どの範囲まで知っていて、どの範囲を知らないかを確認する 企業HP、業界ニュース、競合他社のHP等
強み・独自性 同業他社をいくつか確認し、「この会社ならではの特色・強み」がどこにあるかを見出す
企業理念 企業理念から、求められる人物像(主にスタンス面)をイメージし、自身との適合性を家訓する
社風・雰囲気 歓迎される人物像や業務への取り組み姿勢をイメージする 口コミサイト
求められる知識・スキル 現在の自身の知識・スキルと照らし合わせて、過不足を確認する 求人票




転職理由が「他責」になっていないか

POINT3 転職理由は「他責」にしない。転職で何を実現したいのか伝える。

転職を希望する方のなかには、希望する仕事を任されない、キャリアアップできないといった理由が、会社や環境にあると考える方もいるかもしれません。

履歴書や採用面接の際に、こうした「他責」の転職理由を伝えてしまうと、企業側に「この人を採用しても、きっとまた同じように理由をつけて辞めてしまうだろう」といった印象を抱かせる可能性があります。

転職の際、採用企業が必ず転職理由を訊いてくるのは、「前職を辞めたい理由」ではなく「なぜうちの会社に入りたいと思ったのかの理由」を知りたいからです。

「転職理由」の全体イメージ

ITエンジニアの転職に限らず、転職理由が「他責」に寄り過ぎていたり「退職理由」の範疇に留まっている場合、転職面接で選考通過する可能性はかなり低いです。

「今回の転職は、何のために行うのか」、「今回の転職で、自分は何を実現したいのか」について考え、転職理由はあなたが望むポジティブな未来像として伝えられるように意識しましょう。





転職すべきか迷ったら、1人で悩まず転職エージェントに相談する

POINT4 転職すべきかどうか迷ったら転職エージェントに相談する

転職すべきかどうか迷ったとき、1人で悩むことはあまり良い方法とはいえません。1人で得られる情報には限りがありますし、視野が狭くなってしまいがちです。客観的な視点を得るためにも、第三者に相談することがおすすめです。

仕事や能力に関する相談は、会社を変えることにより解決できることも少なくありません。
これは企業ごとに得意とする分野が異なるため、あなたがやりたいことと企業が得意なことがマッチすれば、高い評価に結びつき得るからです。そのためさまざまな企業の実情を知っている、転職エージェントがおすすめです。

自身の今の職場環境が、転職すべき状態にあるかどうかも、転職エージェントを通じて適切なアドバイスをもらうことができます。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。




3)IT業界の支援に強いおすすめの転職エージェント

ITエンジニアの転職を応援する専門の転職エージェントは、多数あります。サービスごとにサポートの特徴や保有する求人、担当アドバイザーのタイプなどの違いがありますので、まずは「自分に合いそう」と感じた2~3のエージェントに登録しておき、徐々に使い勝手の良いと感じられるサービスに利用を絞っていくのがおすすめです

ここではITエンジニアの転職支援に強いおすすめの転職エージェントを5つ紹介し、それぞれの特徴とおすすめのポイントを解説していきます。



地方やベンチャーの転職を目指す方にはマイナビITエージェントがおすすめ

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ

マイナビITエージェントは、株式会社マイナビが運営するIT・Webエンジニアの支援に特化した転職エージェントです。
大手企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業の求人も多く扱っているため、伸び盛りの企業に転職し、「やりがいや責任のあるポストに就いて、チャレンジの機会を増やしていきたい」というITエンジニアの方におすすめでしょう。

またITエンジニアの求人は大都市圏に集中しがちといわれていますが、マイナビITエージェントは地方の優良企業案件も多く持っています。このため、地方在住の方に対しても適切な求人を紹介できる点もメリットにあげられます。

マイナビITエージェントのでは「IT業界に特化した専任制チーム」を編成していることもあり、在籍するキャリアアドバイザーはいずれもエンジニアの抱える悩みや、業界の最新情報も熟知しています。
また独占求人も多く保有しているため、落ち着いて転職活動を進め、よい企業への転職を成功させたい方にもおすすめです。





これまでのキャリアを活かして転職したい方にはレバテックキャリアがおすすめ

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門

レバテックキャリアはおよそ11,000件のエンジニア求人を保有する(※2021年5月現在)、エンジニア実務経験者向けの転職エージェントです。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは転職希望者に適切なアドバイスができるよう、ITやWeb分野に関する技術的な知識を豊富に身につけています。このため、ITエンジニアの細かい要望にも十分に対応し、希望に沿った企業を適切に紹介しています。

レバテックキャリアが持つもう1つの魅力は、転職希望者とじっくり時間をかけて面談することで、自分でも知らずにいた強みを引き出してくれます。

書類添削や模擬面接でも充実したサポートを行っており、特に書類選考の通過率は64.6%と、高い水準を記録しています(※公式サイトより)。

これまで培ってきたエンジニアとしてのキャリアを十分に活かした転職をしたい方は、レバテックキャリアがおすすめです。





ゲーム・Web系の企業や、よりレベルの高い求人にチャレンジしたい方にはワークポートがおすすめ

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。

ワークポートはさまざまな職種の求人を保有する総合型の転職エージェントですが、なかでもITエンジニアの転職支援に強いことで知られています。
保有するITエンジニア系の求人件数は、2021年5月時点で約8,500件あり、他のIT特化型の転職エージェントと遜色ありません。

またワークポートは企業の求めるスキルにマッチしなくても、「検討の余地があるなら求人を紹介する」というスタンスを取っています。

このため現状のスキルよりレベルの高い求人に対しても、チャレンジできる機会が拓かれています。「目指す分野において実務経験はまだ浅いけれど、ポテンシャル採用を狙っていきたい」という方は、ワークポートのサポートがフィットしやすいかもしれません。





親身な対応や豊富な求人数を求める方にはdoda ITエンジニアがおすすめ

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda

パーソルキャリア株式会社が運営するdoda ITエンジニアは、1人の転職希望者に対して「キャリアアドバイザー」と「プロジェクト担当」という2種類の担当者がつくことが特徴です。

「プロジェクト担当」は、採用する企業側の視点で企業の本音や採用のポイントなどを説明してくれますので、自身と企業の相性をより客観的に見直すことができ、入社後のミスマッチを最大限に防ぐことが期待できます

加えてキャリアアドバイザーが保有する情報だけでなく、「転職サイト」として転職者自身で求人の検索・応募が可能なのもdoda ITエンジニアのメリットの一つです。
他のサービスには掲載されていない非公開求人も全体の9割と豊富なため、転職先の選択肢も広がることでしょう。





若手社員のエンジニア転職なら、DYM IT転職がおすすめ

DYM IT転職。若手エンジニア向けの転職エージェント。

DYM IT転職は若手のITエンジニア経験者・未経験者それぞれに対応した転職支援を展開しています。
運営会社であるDYMは転職事業の他にも研修事業、コンサルティング事業なども行っているため、それらのパイプを活かし、他のエージェントにはない独自の求人紹介を可能としています。

IT・Web業界特化型の転職エージェントでは、登録時の経歴やスキルによって紹介できない求人もあるものですが、DYM IT転職では「多少のスキル不足があってもポテンシャルでカバーする」というスタンスで求人紹介を行っています。

平日は22時まで、土日も面談に対応してくれるため現職が忙しく転職活動にあまり時間を割けない方にもおすすめです。









まとめ)せっかく転職をするなら、あなたにとって意味のある転職を実現しよう

エンジニア転職イメージ

IT業界は転職回数が多い傾向があるとはいえ、一貫性がなくただ回数を重ねただけの転職はおすすめできません。
せっかく転職するなら、まずはあなたのやりたいことを整理し、転職先で実現できる企業に応募することが重要です。

これによりあなたにとって意味のある転職を実現でき、キャリアアップやスキルアップにつながります。

また転職したいと思った場合は1人で考えず、第三者に相談することがおすすめです。なかでも今回紹介しましたIT系の転職エージェントは、業界の事情や応募先企業の内情もよく理解していますから、積極的に活用することで、転職の成功率も高まることでしょう。



<>