『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職エージェントのサポートは、「対面サポート」「電話サポート」どっちがおすすめ?

[最終更新日]2019/10/15

転職エージェントは対面と電話どっちがいいの?

転職エージェントのサービスを受ける際に、「対面サポート」「電話サポート」どちらにするかで迷っていませんか。

地方転職者の方の中には、「転職エージェントのオフィスまでかなりの距離があるので、対面サポートは難しい」という方もいらっしゃることでしょう。または、都市部の転職者の方においても、「忙しくてあまり時間は割けないので、サポートは電話が望ましい」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、結論から先にお伝えしますと、せっかく転職エージェントのサービスを利用するのでしたらなるべく「対面」でのサポートを活用すべきです

目次

1)転職エージェントの「対面サポート」と「電話サポート」比較

さて、冒頭にて「転職エージェントは電話サポートよりも対面サポートが望ましい」とお伝えしましたが、まずは対面サポートと電話サポートそれぞれの性質について、メリット・デメリットを中心に見ていきましょう。



対面サポートのメリットとデメリット

対面サポートのメリット・担当アドバイザーが、転職者への理解を深めやすい・コミュニケーションを通じて信頼・関係性が深まるデメリット・時間がかかる・交通費等の費用

対面サポートはその名の通り、転職エージェントのオフィス等で、キャリアアドバイザーと「対面」して転職支援を受ける行為を指します。

初回の対面サポートで行う内容は、多くの場合以下の通りです。

・求職者へのリアリング(45分~1時間)
 >これまでの経歴、所有スキル、転職理由、今後目指したいキャリア、いつまでに転職したいか等

・求人紹介(45分~1時間)
 >ヒアリング内容をもとに、マッチしそうな求人情報を数点用意し、求職者の意向確認

・これからのステップ説明(30分)
 >その場で応募したい求人があった場合は書類提出および面接のスケジュール確認
 >履歴書や職務経歴書へのアドバイス等

ちなみに、サポートの事前に転職エージェントの担当アドバイザーあてに履歴書・職務経歴書を送っておくことが通常ですが、転職するかまだ完全に決めきれていない場合、書類なしでのサポートをしてくれる転職エージェントもあります。



対面サポートのメリット

  • 担当キャリアアドバイザーのほうで、転職者への理解が深まりやすい
  • 対面コミュニケーションを経て、相互信頼・関係性を育みやすい

対面サポートのメリットには、転職者と担当キャリアアドバイザー「双方が理解し合える」ことがあげられるでしょう。

キャリアアドバイザーと対話する時間を通して、「ありのままの自分」を理解してもらいやすくなり、そのことが「真にマッチングする企業」探しに役立ちます。

また、対話を通してキャリアプランの再構築や仕事への適性などを行ってくれるので、登録時に考えていたのとは違う選択肢を提案してもらえることも多いです。

対面サポートのデメリット

  • 時間を要する
  • 交通費等の費用も発生する

一方、対面サポートのデメリットは「時間を要する」「交通費等の費用も発生する」といった点が挙げられます。

先に紹介しました「対面サポートの流れ」においても、トータルで要する時間は2時間強です。仮に転職エージェントのオフィスまで自宅から片道1時間として、往復の時間を含めると4時間以上。対面サポートを受けるためには、半日近くの時間を費やす必要があるということですね。



電話サポートのメリットとデメリット

電話サポートメリット・短時間のコミュニケーションで済ませられる・アポイントを取りやすい・移動の時間や費用がかからないデメリット・情報伝達の難易度が高い・転職の希望や思いの細かなニュアンスが伝えづらい・担当アドバイザーが、転職者の真意を汲み取りにくい

電話サポートにおいても、実施することは対面サポートと同様です。

ただし、「求職者へのリアリング」を行った後に一旦電話を終了し、「求人紹介」、「これからのステップ説明」については次回以降の電話サポートになる場合が多いです。

(または、事前に担当のキャリアアドバイザーが転職者の履歴書・職務経歴書を参考にしておすすめの求人情報を用意し、初回の電話で紹介する場合もあります。)

また、最近ではSkype電話等で映像やデータを共有しながらサポートを行う転職エージェントも出てきています。

電話サポートのメリット

  • 対面サポートと比べて、短時間でコミュニケーションを終わらせられる
  • 時間の融通を付けやすい(アポイントを取りやすい)
  • 移動にかかる時間・費用をかけずに済む

電話サポートのメリットといえば、訪問する必要がなく、かつ対面サポートと比べて面談にかかる時間も短くできる(ある程度コントロールできる)ことが挙げられるでしょう。

また、対面よりアポが取りやすいので、早期に活動を始めることもできます。
対面でのカウンセリングのように交通費がかからない点も、メリットといえます。

電話サポートのデメリット

  • 対面コミュニケーションと比べて、情報伝達の難易度が高くなる
  • 希望や想いに関する細かいニュアンスを共有しきれない
  • 担当アドバイザー側で、転職者の真意を推しはかりにくくなる

電話サポートのデメリットは、一言でいうと「対面サポートと比べて、担当キャリアアドバイザーとの意思疎通が遅くなる・深まりにくい」ことにあります。

その結果、マッチする求人情報の紹介が(対面サポートと比べて)やや品質の劣るものになってしまう可能性もあるでしょう。



電話より対面の方が望ましい理由とは

可能な限り、対面サポートがおすすめ!

さて、ここまでの内容で対面サポートと電話サポート、どちらも一長一短ありそうだと感じられた方もいらっしゃるでしょうが、結論はやはり「対面サポート」のほうが望ましいと言えます。

その理由についてお話する前に、まずは現職キャリアアドバイザーの方の意見も伺ってみましょう。

「可能な限り、対面サポートをおすすめします」キャリアアドバイザー 宮野木さん

キャリアアドバイザー宮野木 哲さん

30代 男性
某大手人材紹介会社のキャリアアドバイザー。毎月50~60名もの求職者との面談を行い、転職に関するアドバイス・サポートを行う。
「一人ひとりに寄り添う」をモットーとした熱意ある対応が転職者に好評。

時間や距離的な都合から、転職エージェントのサポートを「電話のみ」で希望する方は少なくありません。
ですが、可能な限り最低一回は「対面サポート」を受けられることをおすすめします。

というのは、キャリアアドバイザーの方でも、その方が転職者の方々の本音や方向性を確認しやすいんですね。

例えば、おすすめの求人票を2~3つお渡しして、「どちらがよりご希望ですか?」と聞いたとき、電話サポートの場合はその返答を確認するのみですが、対面サポートの場合は、その求人票を選ぶときの転職者の方の表情や、どこに意識が向かっているか等の所作を確認しやすい。

それによって、「あ、この人はきっとこういう転職を求めているんだな」というのがこちらの方で把握できるのです。

あとはやっぱり、転職者の方々の熱意も伝わりやすくなるので、こちらも支援したくなるというか、熱量・モチベーションも高まります。──もちろん、電話サポートだから手を抜くということは一切ありませんが。

それから、これまで電話サポートのみのサービスを受けた人と、対面サポートも実施された人で比べたときに、対面サポートを経験された人の方が面接通過率および内定獲得率は確実に高まっています。

対面サポートを受ける人の方がより時間をかけて転職活動をしているから、ということもあるでしょうが、転職エージェントの支援効果を発揮しやすかったという点も少なからずあるでしょう。

上記キャリアアドバイザーのコメントで、特に注目したいのが以下の2点です。

  • キャリアアドバイザーは、転職者をより深く知ることによって、マッチする求人情報を紹介できる
  • 対面サポートの方が、電話サポートと比べて「面接通過率」、「内定獲得率」が高い傾向にある

一点目の「キャリアアドバイザーは、転職者をより深く知ることによって、マッチする求人情報を紹介できる」については、キャリアアドバイザー側に立って考えれば大いに納得できます。

そしてそのことは、二点目の「対面サポートの方が、電話サポートと比べて『面接通過率』、『内定獲得率』が高い傾向にある」にも少なからず影響を与えているところでしょう。

──もちろん、「自力で転職活動を成功させる」という意気込み・自信のある方は「対面サポート」にこだわらなくても良いでしょう。

ですが、転職に関して不安や自信のなさを感じている方は、電話サポートよりも対面サポートのほうが有利になりやすいということは、意識しておくと良いように思えます。



2)地方転職者も安心!地方拠点数が多く、かつアドバイザーの対応も親切なおすすめエージェント

対面サポートが望ましいとわかっていても、その実現が難しい方がいるのも事実です。

例えば、カウンセリングを行う転職エージェントの拠点がない地方にお住いの方であったり、また、UターンやIターンを希望している場合も、その地域での対面サポートは難しいでしょう。

そこで、続いては「対面サポート、電話サポートどちらにも対応しうる」、つまり「対面・電話に関わらず丁寧にサポートをしてくれる」と評判の転職エージェントをご紹介します。

ちなみに、転職エージェントの活用は「複数利用」が基本です。
転職エージェントによって紹介できる求人に若干違いがあることと、担当キャリアアドバイザーとの「相性」の問題もある為、ひとつの転職エージェントに頼るよりも複数利用の方がリスクヘッジしやすいということですね。

以下に紹介する転職エージェントのうち、「ここは自分と合いそう」と思えるものを2~3つピックアップし、登録のご検討をされると良いでしょう。



拠点数の多さ&キャリアアドバイザーの丁寧な対応が評判の「パソナキャリア」は、男女全世代におすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

パソナキャリアは、人材派遣業の老舗として有名な株式会社パソナが運営する転職エージェントです。

関東・関西・東海が中心ではあるものの、全国各地に拠点を持っているため、地方での転職支援にも定評があります。

取り扱っている求人は業界も対象年齢も幅広く、どの地域でも対面サポートを受けられる点が魅力です。
また、キャリアアドバイザーの質が高いことでも有名で、登録者一人ひとりへの対応時間が長いです。

企業とのマッチングはもちろん、応募企業が求める人物像を念頭に置いた応募書類の添削や面接指導を徹底するなど、きめ細かなサポートを行ってくれます。

初めて転職する人をはじめ、男女全世代におすすめしたい転職エージェントです。





求人数の多さ、キャリアアドバイザーのスピーディーな対応を期待する方はリクルートエージェントを

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは、言わずと知れた業界最大手の転職エージェントです。

同業他社と比べると、求人数と転職実績は追随を許さないといっても過言ではないでしょう。

職種の中では「営業職」「ITエンジニア」「電気・機械・化学エンジニア」の求人が多いといわれています。

リクルートエージェントのおすすめポイントは、対応のスピーディーさです。
北海道から福岡まで対応エリアが幅広く、社内で分業化が確立されているので、登録からカウンセリング、求人の紹介までの期間が短くすみます。

また過去の実績が豊富なので、キャリアアドバイザーから登録者に伝えられる企業情報が多く、業界や市場を考慮したアドバイスをしてくれると評判です。

短期間で納得のいく転職をしたい人には、リクルートエージェントは特におすすめでしょう。





20代~30代前半の方は、キャリアアドバイザーの丁寧な対応が評判のマイナビエージェントがおすすめ

マイナビエージェントは、国内3位の求人数を誇り、全国でサービスを展開しています。

新卒向けの就活サイトの運営に定評があることもあり、20代から30代前半という若い世代の求人が豊富で、特に首都圏と関西に強いとされています。

また、登録者一人ひとりに対する相談やサポートへの満足度が高い転職エージェントでもあります。

その理由は「営業向け」「IT・Webエンジニア向け」「女性向け」など、対象者が細分化されているからです。

業界や職種に精通したキャリアアドバイザーが、登録者の立場にたって求人のマッチングやアドバイスを行ってくれるので、満読度があがるのです。

初めての転職で丁寧なサポートを希望する人には、マイナビエージェントがおすすめです。





メーカー系・外資系・医療系分野を目指す方は、全国拠点90以上のランスタッドも検討を

randsatad find what's next ランスタッドの求人サーチ

ランスタッドとは、オランダで1960年に設立された、外資系の転職エージェントです。

世界39カ国に4700以上の拠点を持っており、キャリアアップまたはハイクラス転職に強いという特徴があります。

ランスタッドで公開されているハイクラス向け求人の80%以上が、年収800万円以上なのは驚きです。

「外資系」はもちろん「メーカー系」「医療系」の転職支援にも定評があり、ミドル世代の転職実績が豊富です。

その背景には、企業の欠員を埋めるという求人ではなく、登録者が活躍できるポジションを提案するというスタンスで、求人紹介を行っていることがあげられます。

また、キャリアアップ転職を実現できるよう、各業界に精通した専任コンサルタントがおり、カウンセリングから転職までのサポートを行ってくれます。

ランスタッドは、ハイクラスあるいはキャリアアップ転職を目指す人におすすめです。





3)どうしても「電話サポートしか受けられない」(対面サポートが難しい)という場合は

対面サポートが望ましいのはわかっていても、在職中に転職活動を行っているなどの理由で、電話サポートしか受けられない方もいます。

その場合は、電話でも対面と変わらないサポートが受けられるように、登録者側がきちんと準備して臨むことを意識されると良いでしょう。

ここでは、電話面談を成功させるための注意点を紹介します。



電話面談前に、希望条件、転職理由、スキル・キャリアを説明する準備をしておこう

転職を希望する理由希望する業界や職種これまでの職務経歴仕事のスキル 希望条件転職を希望する時期転職にあたっての不安・質問

電話での面談は、対話と比べると時間が短めになるケースが多いです。
そのため、限られた時間で情報をきちんと伝えられるように、あらかじめ準備をしておきましょう。

電話面談の際にキャリアアドバイザーに聞かれることが多いのは、

  • 転職を希望する理由
  • 希望する業界や職種
  • これまでの職務経歴
  • 仕事のスキル
  • 希望条件
  • 転職を希望する時期
  • 転職にあたっての不安や質問

などです。
こうした定番の質問には、簡潔に答えられるように準備するのが基本です。

特にスキルとキャリアの棚卸しをしっかりしておくと、電話面談で役立ちます。

過去に経験した業務や得意だと感じた仕事については、具体的なエピソードも用意しておくとより伝わりやすくなるはずです。

異業種転職希望者や初めての転職で自分の転職希望が定まっていない場合は、自分のスキルやキャリアを話したうえで、キャリアアドバイザーにアドバイスを求めてみるとよいでしょう。





キャリアアドバイザーとの「信頼関係」を育むコミュニケーションを意識する

自分の考えを整理しておく約束の時間に必ず電話する集中できる環境で電話する能動的に会話をする

電話面談を希望する際、対面カウンセリングではないことで、転職活動へのやる気を疑われるのではないかと、心配する人もいらっしゃることでしょう。

しかし近年は在職中に転職活動を始める人も多く、時間の兼ね合いで電話面談をする登録者は逆に増えてきてもいるのです。

ただし、前述の通り電話サポートは対面と違って微妙なニュアンスが伝わりにくい傾向にあります。
その為にも、電話サポートを受ける際は、キャリアアドバイザーとの信頼関係を築けることを意識したコミュニケーションの取っていくと良いでしょう。

具体的には、

  • 効率よく話ができるように自分の考えを整理しておく
  • 約束した時間に必ず電話をする
  • 電話面談に集中できる環境で電話をする
  • 受け身ではなく能動的に会話する

などです。

登録者の熱意と要望がきちんと伝われば、キャリアアドバイザーはマッチする求人を探しやすくなります。

また、キャリアアドバイザーと信頼関係が築ければ、応募企業に対してもプッシュしてくれたりといった支援・援護の働きかけも強まるものです。

つまり、電話サポートの際は、「自分からキャリアアドバイザーに歩み寄る」ことを心掛けることが大切になる、ということですね。



「電話」ならではの利点を活かす!コミュニケーション頻度を高めていく

人間関係は関わる回数が増えれば増えるほど、相手に対する理解度が深まり、情が生まれてくるものです。

そう考えると対面カウンセリングを1回だけ行うより、電話面談を何度も行う方が、登録者とキャリアアドバイザーの相互理解が深まるはずです。

そこで対面カウンセリングが叶わない時には、折に触れてキャリアアドバイザーに電話する機会を持つことをおすすめします。

例えば新たに希望・検討したい求人、または職種や業種といった方向性が出てきた際や、企業研究を行っていて疑問点が浮かんだ時などに、連絡をしてみるのです。

1回のカウンセリング時間は短くても、コミュニケーションの頻度が上がれば、担当のキャリアアドバイザーもその登録者を気に掛けるようになります。

一緒に転職を成功させるという強い気持ちを、キャリアアドバイザーとの共通認識にできるよう、自らコミュニケーションをはかることをおすすめします。



キャリアアドバイザーとの「相性」を見極めるうえでも、複数の転職エージェント利用を

これまでいくつかの転職エージェントを紹介してきましたが、それを生かせるかどうかのポイントに、キャリアアドバイザーとの相性があります。

自分が希望する業界や職種に強い転職エージェントであっても、登録者とキャリアアドバイザーの相性が悪ければ、満足のいく転職にはつながりにくいものです。

先にもお伝えしましたが、転職エージェントに登録する時には、複数を併用することをおすすめします。

対面でも電話でも、様々な転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談すると、話しやすい人とそうでない人がいることがわかります。

自分の話をきちんと聞いてくれるか、アドバイスに納得がいくか、気軽に相談できるかなど、キャリアアドバイザーを比較してみてもよいでしょう。

自分が信頼できるキャリアアドバイザーを見つけ、蜜にコミュニケーションをはかることで、よりマッチする求人を見つけやすくなります。

また、特徴の異なる転職エージェントを併用することで、より多くのアドバイスがもらえることも、転職活動のプラスになるはずです。



まとめ)対面サポートが望ましいが、できない場合は成果につながる電話面談をしよう!

今回は、転職エージェントのサポートを受ける場合、対面と電話のどちらがよいのかについて考えてみました。
この記事をまとめると

  • 「対面サポート」は、担当キャリアアドバイザーとの相互理解が深まりやすく、適切なアドバイス・サポートを受けやすくなる
  • 「電話サポート」は、時間をかけずに実施できるメリットはあるが担当キャリアアドバイザーとの相互理解は深まりにくい
  • 「対面サポート」のほうが、「電話サポート」よりも面接通過率・内定獲得率は高くなる傾向にある
  • 電話サポートの場合は担当アドバイザーとのスムーズなコミュニケーションや関係性構築を目指した事前準備が重要となる

の3つです。

キャリアアドバイザーを味方につければ、転職成功の確率はぐっと上がります。
この記事を参考に自分らしいサポート方法を見つけ、転職活動に役立てていただけたら幸いです。