『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

UI/UXエンジニアに転職したい!転職成功のポイント3点

[最終更新日]2020/01/20

UI / UXエンジニアになるには?

これまでIT技術に求められてきたことは、スピードや正確性が主体でした。これは同じことを繰り返し行うことが得意なコンピューターの特性を生かしたものです。

しかし技術の進展に伴い、ITはユーザーの使いやすさや楽しさ、満足などを実現するために使われるようにもなりました。これにより、UIエンジニアUXエンジニアといった職種が重要性を増しています。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

【2020年1月 ITエンジニアの転職 最新情報】


現在、非常に多くの企業が精力的にITエンジニアの採用を行っています。
ITエンジニアの方にとっては「転職有利」な状況が続いていますが、より良い求人に出会えるように、これから転職を検討されている方は以下の「ITエンジニア転職に強い転職サービス」に登録されると良いでしょう。

■エンジニアの実務経験がある方におすすめの転職サービス
マイナビエージェントIT
レバテックキャリア
doda ITエンジニア

■エンジニアの実務経験が浅い方におすすめの転職サービス
ワークポート
リクルートエージェント
doda

また、転職サービスはそれぞれ抱える求人情報や得意分野の違い、そのほか担当に付くキャリアアドバイザーの相性もありますので、なるべく複数に登録しておくことをおすすめします。

1)そもそも、UI/UXとは何を指すのか?

UIとUXは、どちらも利用者に関わる部分です。そのため両者は相互に関連し合っていますが、異なる部分もあります。

UIはユーザーインターフェースと呼ばれ、コンピューターと利用者との間で情報をやり取りする仕組みの総称をいいます。Webサイトやスマートフォンアプリの「見た目」は、代表的なUIです。UIを構成する項目には、以下のものがあげられます。

文字のレイアウト、フォント、大きさボタン・テキストボックスの種類や配置アイコンやイラスト、写真、ロゴの配置
  • 文字のレイアウトやフォント、大きさ
  • ボタンやテキストボックスの種類や配置
  • アイコンやイラスト、写真、ロゴなどの配置

一方でUXはユーザーエクスペリエンス(利用体験)と呼ばれています。Webサイトやスマートフォンアプリにおいてはこれらを利用した際に感じた、あるいは得られた体験のことを指します。以下の項目はその一例です。

読みやすさ・使いやすさデザイン回遊性・手続きのスムーズさ
  • 読みやすさやわかりやすさ、使いやすさ
  • デザイン
  • サイトの回遊性や、手続きのスムーズさ

上記の通り、幅広い体験がUXに該当することがわかります。



UXデザイナーとUXエンジニアの「境」はなくなりつつある

他のシステムと同じように、UXでもデザイナーとエンジニアの分業が一般的でした。しかし現在ではその垣根もなくなりつつあります。なぜなら利用者が満足するUXデザインを実現するためには、プログラミングのスキルやセキュリティなど、ITエンジニアとしてのスキルが不可欠であるためです。

たとえば「うっかり」を防ぐ方法として、ATMでおつりがあるときに「この後、おつりが出ます」というメッセージを表示する方法があげられます。これを適切なフェーズで、かつ見やすく表現するには、ITエンジニアとデザインのスキルが必要です。

このため、UXデザイナーとUXエンジニアの境はなくなりつつあります。



2)UI/UXエンジニアの仕事の流れ

それでは、UI/UXエンジニアの仕事は、どのような流れで進められるのでしょうか。この点について「ユーザー体験に関わるデザインの5段階モデル」に触れた上で、解説を進めていきます。



ユーザー体験に関わるデザインの5段階モデル

ユーザー体験を構成する要素は、5つに分けられます。それぞれの要素について、以下の図に示しました。

表層ビジュアルデザイン骨格レイアウトデザインナビゲーションデザイン構造モデリング要件要件定義戦略目的設定目標設定

画像参考元:Jesse James Garrett氏 “The Elements of User Experience”

上図の通りUXデザインは5つの段階に分けられ、それぞれが積み上げられた形となっています。

ユーザーに満足するデザインを作るためには、どのような目的で作り、どのような効果を目指すべきかという設計が欠かせません。このため「ユーザーの目に見える部分だけを作ればよい」などと軽んじることなく、下層にあるユーザーに見えない部分の段階からしっかりデザインを考えることが重要です。



UI/UXエンジニアの仕事の流れ

さきほど解説した通り、UI/UXエンジニアの仕事は大きく5つの段階に分けられます。それぞれの仕事の流れは以下の通りです。

前の段階を完璧に終わらせなければ次の段階に進めないというほどがんじがらめではありませんが、おおむね以下の段階に沿って進むことは覚えておきましょう。

段階 特徴と主に行う内容
戦略 開発プロジェクトの目的を定める上で、最も重要な工程。どのようなサービスにするのか、ターゲットは誰なのか、想定されるユーザー体験などを決める。
リサーチや競合調査、インタビューなどが行われるのもこの段階。
要件 戦略段階で決めた内容をもとに、サービスに必要な機能を洗い出し、要件を決める。検討においてはさまざまな手法を用いて、ユーザーが体験するストーリーの想定も行なわれる。
ユーザーに必要なインターフェースを決めるのもこの段階。
構造 ユーザー体験に必要な機能やインターフェースを実現するため、モデリングや情報の関連性、概念図などを決める段階。
UIモデリング図やUIクラス図などが作られる。
骨格 サイトの設計図を作成し、サービスの枠組みを決める段階。
操作性や画面レイアウト、表示するメッセージはこの段階で決まるため、ユーザー体験に直接関わるフェーズとして重要。
表層 見た目や印象など、感性に関わる部分を決める工程。
色やモーションの選定、ロゴやページ全体のデザインなどがあげられる。

上記の通り進めることで、ユーザーに支持され続ける製品やサービスをスムーズにつくることができます。



3)UI/UXエンジニアリングで求められるスキル

UI/UXは、さまざまな技術や手法を組み合わせて実現されています。
このため、デザインやプログラミングだけを知っていればよいわけではありません。

UI/UXエンジニアとして活躍するためには、以下に示す通りさまざまなスキルが求められます。

プログラミングの技術Webデザインのスキルマーケティングのスキルコミュニケーションスキル
  • プログラミングの技術
  • Webデザインのスキル
  • マーケティングのスキル
  • コミュニケーションスキル

ITエンジニアのなかには「デザインは苦手」「マーケティングは営業みたいで嫌」という方もいるかもしれません。

しかしUI/UXエンジニアとして働くためには、上記にあげた4つのスキルが必要です。それぞれのスキルについて、順にみていきましょう。



プログラミングの技術

UIやUXを用いるシステムは、Webサービスとして提供されることが多いです。このため他のシステムと同様、UI/UXエンジニアにはプログラミング技術が求められます。

代表的なプログラミング言語には、以下のものがあげられます。このうちHTMLやCSSはWeb技術の基本といえますから、どの立場で関わる場合でも積極的に習得しておきましょう。

種類 代表的な言語
フロントエンド HTML、CSS、JavaScript
バックエンド PHP、Java、Ruby

近年の開発ではLaravelなど、フレームワークを用いた開発が主流です。よく使われるフレームワークは言語ごとに異なりますから、プログラミング言語とセットで習得することをおすすめします。



Webデザインのスキル

UI/UXエンジニアが他のエンジニアと異なる特徴の1つに、Webデザインのスキルも求められる点があげられます。ここまで解説した通り、UIやUXは見た目も重要なことがその理由です。

必要なスキルは、大きく以下の2点に分けられます。プログラミングと異なるスキルであるため習得も大変ですが、頑張りましょう。

IllustratorやPhotoshopを用いてWebデザインを行うスキルサイトの設計図・プロトタイプ作成のためのスキル
  • IllustratorやPhotoshopなどのソフトを用いて、Webデザインを行うスキル
  • サイトの設計図(ワイヤーフレーム)やプロトタイプ を作成するため、ツールを使えるスキル

なおデザインは芸術作品ではないため、自分の好きなものを描けばよいわけではありません。あくまでも利用者に好まれるものを作るという視点を持つことを心掛けましょう。絵が得意な方は、この点に特に注意が必要です。



マーケティングのスキル

さきに解説した通り、事業の発展に貢献するUIやUXを作るためには、市場のニーズやウォンツに沿ったものでなければなりません。したがってUI/UXエンジニアには市場を正しく把握するため、以下にあげるマーケティングのスキルも求められます。

統計に関する基本的な知識Google AnalyticsやGoogleウェブマスターツール等のスキルデータの収集や分析を行うスキルSEO(検索エンジン最適化)のスキル
  • 統計に関する基本的な知識
  • Google AnalyticsやGoogleウェブマスターツールなどを使えるスキル
  • データの収集や分析を行うスキル
  • SEO(検索エンジン最適化)のスキル

上記はいずれも戦略段階で使われますから、数字の解釈を誤るとシステム自体の方向性を誤ることになります。せっかく作ったシステムを意味あるものにするためにも、しっかり習得しておきましょう。



コミュニケーションスキル

UI/UXエンジニアは他のIT系職種以上に、仕事を進める上でさまざまな方との会話が発生します。このため、UI/UXエンジニアはコミュニケーションスキルが欠かせません。

コミュニケーションを取る方々は、大きく以下の3種類に分けられます。

開発プロジェクト内社内の他職種社外の方
  • 開発プロジェクト内(メンバーやプロジェクトリーダーなど。協力会社のエンジニアも含む)
  • 社内の他職種(デザイナー、営業、マーケティング部門など)
  • 社外の方(クライアント企業や市場調査会社など)

それぞれ、持っているITやマーケティングに関する知識は異なります。

そのため、相手に合わせたレベルで話せるように工夫することも求められます。もちろんプロジェクトを成功させるため、建設的にコミュニケーションを行うことも欠かせないスキルです。



4)未経験からUI/UXエンジニアに転職するための3つのポイント

UI / UXデザインに関する基礎知識を学ぶUXを届けるべき相手をイメージするWebマーケティングに関する知識を習得

未経験といえどもUI/UXエンジニアに転職するためには、プログラミング技術の習得は欠かせません。あわせて、以下にあげる3つのポイントも押さえる必要があります。

どの項目も、UIやUXエンジニアとして仕事をするためには欠かせない項目です。それぞれについて詳しく解説しますので、しっかり理解しておきましょう。



ポイント1)UI・UXデザインに関する基礎知識を学んでおく

UI/UXエンジニアは、見栄えや使いやすさ、ユーザーが抱く印象を左右する仕事です。
いわば製品やサービスの成否を左右する、大変重要な職種といえるでしょう。このためプログラミングと同じように、UIやUXデザインに関する基礎知識を持つことも重要です。

とはいえUIやUXデザインを学ぶ方法は、プログラミングを学ぶ手段と大きく変わりません。一例として、以下の方法があげられます。

書籍や雑誌で学ぶWeb上のコンテンツで学ぶセミナーや講習会を利用する
  • 書籍や雑誌で学ぶ
  • Web上のコンテンツで学ぶ(Slideshareが便利)
  • セミナーや講習会を利用する

時代の最先端を追いかけるためには、Web上のコンテンツを活用することが欠かせません。

しかし未経験の方は、基本的な知識を正しく、また効率よく学ぶことが重要です。そのためお金はかかりますが、セミナーや講習会を利用することも1つの方法です。独学ができる方なら、書籍や雑誌で学ぶ方法も効率的といえるでしょう。



ポイント2)UXを届けるべき相手(ペルソナ)をイメージする力を養う

多くのサービスは万人向けではなく、ある一定のターゲットが存在します。この際、どのような方に届けるかというイメージが明確でなければ、適切なUIやUXを作ることもできません。

したがってプロジェクトを進める上ではさまざまな調査結果などをもとに、UXを届けるべき代表的な人物像をイメージする必要があります。それが「ペルソナ」です。

ペルソナには、以下のような内容が示されます。

年齢・性別大まかな居住地のエリア職業・年収家族構成サービスを利用しようと思った背景サービスに求める内容
  • 年齢、性別
  • 大まかな居住地のエリア
  • 職業、年収
  • 家族構成
  • サービスを利用しようと思った背景
  • サービスに求める内容(意識していること、意識していないが重要なこと)

上記の内容を見ると、1人の社会人として人物像が示されていることがわかるでしょう。

ペルソナを考える際には、売り手の都合だけで考えないことが重要です。したがってペルソナを想定したら、本当にこの人は自社が提供するサービスを求めるのか、よく確認することが大切です。



ポイント3)Webマーケティングに関する知識を習得する

UIやUXを活用する目的は、Webを活用して企業の収益を向上させることです。
Webサイトを設置しただけでは集客に結びつきにくいため、仕事を進める上ではWebマーケティングに関する知識の習得も欠かせません

Webマーケティングには、独特の手法があります。一例として、以下のものがあげられます。

SEOリスティング広告サイト最適化
  • SEO
  • リスティング広告(検索結果ページに掲載される広告)
  • サイト最適化(ページ表示速度の改善、ランディングページを最適化して離脱率を下げるなど)

これらの手法は、頻繁にアップデートされています。
SEOはその代表的な例で、3~4年前はとにかくキーワードを散りばめることが重要とされていました。

しかし現在では「コンテンツマーケティング」の時代であり、いかにペルソナにとって役立つ情報を届けられるかどうかが重要とされています。

したがってWebマーケティングを学ぶ際には、最新の情報であるかどうかをチェックすることが欠かせません。



5)UI/UXエンジニアの転職支援に強い転職エージェントサービス

未経験からUI/UXエンジニアに転職するには、さまざまな方法があります。

転職エージェントは経験者だけのものと思われがちですが、未経験者でも利用できます。

転職エージェントは企業の内情も理解していますから、満足する転職を実現するなら、むしろ転職エージェントの活用が最適といえるでしょう。

ここではUI/UXエンジニアの転職支援に強い転職エージェントを4社取り上げ、それぞれの特徴と強みを解説していきます。



大手~優良中小企業までの求人情報を幅広くチェックしたい方は、マイナビエージェントITがおすすめ

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
マイナビエージェントITの特徴 業界の最新情報を熟知した専門のアドバイザーによる手厚いサポートにより、IT・Webエンジニアが求める「年収アップ」「ワークライフバランス」などの条件を満たした転職ができると評判
対応地域 東京・横浜・大阪・名古屋・札幌・福岡
UI/UXエンジニア未経験の転職者おすすめ度 ★★★★★




エンジニア専門の見地からのアドバイスも受けつつ転職活動をしたい方は、レバテックキャリアがおすすめ

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
レバテックキャリアの特徴 エンジニア経験者向けの好待遇求人が多い
エンジニアの市場・実情を熟知したキャリアコンサルタントがサポート
対応地域 全国(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・福岡)
UI/UXエンジニア未経験の転職者おすすめ度 ★★★★☆




キャリアアドバイザーのサポートに「じっくり・丁寧」さを求める場合は、GeekOutがおすすめ

エンジニアの転職活動をもっとシンプルに。
GeekOutの特徴 エンジニア向け求人の量・質ともに高い
サポートするアドバイザーの品質が高い
対応地域 全国(全都道府県)
UI/UXエンジニア未経験の転職おすすめ度 ★★★★☆




未経験者向けへのサポートを求めたい方は、ワークポートがおすすめ

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
ワークポートの特徴 各業種・職種の求人紹介数が多く、実務未経験者に対してもキャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる
特に、IT・Web向けの転職支援に強い。
対応地域 全国(東京・神奈川・埼玉・大阪・九州・愛知・岩手・兵庫)
UI/UXエンジニア未経験のおすすめ度 ★★★★★




まとめ)UI/UXエンジニアを目指すなら、幅広いスキルが求められる

いかがでしょうか?UI/UXエンジニアは他の職種と比べて、また想像していたよりもはるかに多くのスキルが求められることに、お気づきの方も多いと思います。

一方でUI/UXエンジニアになることで、これからの社会人に求められるさまざまなスキルを身につけることができます。この点では、あなた自身の市場価値を上げることにもつながります。

身に着けるべきスキルが多い仕事ですから、効率化できるところはできるだけ効率化したいものです。

その点で転職エージェントの活用はおすすめです。転職のプロからアドバイスを受けることで、より少ない手間でよい職場に就職することができるでしょう。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー