『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

正社員・契約社員・派遣社員|それぞれの雇用形態のメリット・デメリットとおすすめの人は?

[最終更新日]2022/08/11

正社員契約社員派遣社員働き方の違いは?

「雇用形態」、簡単に言うと「働き方」について、みなさんはどのようなものをイメージされるでしょうか?

一昔前までは「サラリーマンとしてばりばり働く正社員」か「家事をしながら働くパート」の2択というイメージが強い印象でしたが、近年では働き方において多様な選択肢があります。

正社員でなくとも、例えば派遣社員や契約社員など様々な雇用形態がありますが、選ぶ前にそれぞれのメリット・デメリットについて知っておきたいですよね。

目次

1)正社員・契約社員・派遣社員それぞれの特徴・メリット・デメリットについて

みなさんはそれぞれの正社員、契約社員、派遣社員にそれぞれどんなイメージをお持ちでしょうか?

「なんとなく正社員が一番稼げそう」「派遣社員は定時に帰れそう」など様々なイメージがあると思われますが、正社員・契約社員・派遣社員の大きな違いは雇用形態の違いです

まずはどのような雇用形態なのかをご紹介します。

正社員とは

会社との直接雇用雇用期間に定めがない
  • 会社との直接雇用
  • 雇用期間に定めがない

正社員とは「会社との直接雇用」で「雇用期間に定めのない」雇用形態です。自分の働きたいと思う会社に応募し、採用されれば特別な事情がない限りずっとその会社の一員として働くことができる雇用形態です。

月給もしくは年俸制、賞与・昇給があるなど、一般的なサラリーマンのイメージに当てはまるのが正社員です。

近年では短時間労働などもありますが、基本はフルタイム労働がほとんどです。会社も無期雇用かつフルタイムで働く正社員に、裁量のある仕事やマネジメント関係の仕事を任せることが多いです。

仕事の範囲が他雇用形態より広い分、転勤や異動、また残業も想定されます。

正社員がおすすめの人

  • マネージャー職やリーダー職など、組織(チーム)・人を指導・育成する働き方をしたい人
  • 安定した雇用条件で働き続けたい人
  • 一つの会社(または職場)で長く働き続けたい人

契約社員とは

会社との直接雇用雇用期間が決まっている
  • 会社との直接雇用
  • 雇用期間が決まっている

契約社員は正社員と同じく「会社との直接雇用」ですが、「雇用期間の定めのある」雇用です。

つまり契約が更新されなければ職を失ってしまうこととなります。期間の定めがあるため、一時的な人員補強や定年後の再雇用によく見られる雇用形態です。

正社員より見劣りする待遇のように感じますが、産業医など専門性の高い職種は高額の給与で契約社員となることもあります。

契約社員は基本的に異動や転勤はありません。
雇用期間とともにその他の労働条件についても正社員とは個別の内容で決められる傾向にあり、会社との交渉次第では希望の条件で雇用される場合もあります。

また契約内容によっては複数の会社と契約することもできます。

契約社員がおすすめの人

  • 複数の企業と契約して働きたい人
  • 働きたい職場があり、契約社員からのスタートで入社が可能な場合
  • アルバイトから正社員へのステップアップとして、経験を積みたい人

派遣社員とは

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結び、雇用契約のない他社へ派遣され勤務するという雇用形態です。

派遣社員のしくみ

派遣の仕組みは以下の3種類のタイプに分かれています。一口に派遣社員と言っても、雇用期間や想定されるキャリアが種類によって変わります。

常用型派遣 無期限で派遣会社との雇用契約を結ぶ仕組みです。派遣先が決まっていなくても安定して給与が支払われます。
登録型派遣 派遣契約が成立する間のみ雇用契約を結ぶ形態です。派遣先会社との契約期間が終われば、派遣会社との雇用契約も解消されます。
紹介予定派遣 派遣契約終了後、派遣先会社と本人の合意をもって、派遣先会社の社員として働くことを前提とした派遣契約のことです。合意に至らなければ社員とならない場合もあります。

派遣社員がおすすめの人

  • 様々な業務・職場を経験したい人
  • 自分のライフスタイルに合わせて、働き方を調整していきたい人
  • 未経験職種について、まずは実務経験を積みたい人

正社員・契約社員・派遣社員・パートそれぞれのメリット・デメリット

世の中ではなんとなく「正社員じゃないと…」という雰囲気がありますが、それぞれの雇用形態にメリット・デメリットがあります。

自分は仕事に何を求めるのか、どのようなキャリアを歩みたいのかよってベストな雇用形態は変わります。以下のメリット・デメリットの表を参考にしてみてください。

メリット デメリット
正社員
  • 企業から一方的に契約解除されるリスクが少なく、長期間安定して働ける
  • 昇進、昇格のチャンスがある
  • 福利厚生や教育制度が充実している
  • 社会的にも信用されやすい
  • 職場によっては残業や休日出勤等、時間的な制約を課せられる場合がある
  • 転勤/異動を命じられる場合がある
契約社員
  • 契約内容を交渉できる場合もある
  • 複数の契約を掛け持ちできる場合もある
  • 雇用が不安定になりがち
  • 正社員と比べて昇給・昇格がされにくい
派遣社員
  • 残業がない場合が多い
  • 様々な職場で働く機会を持てる
  • 派遣会社によっては正社員同等の福利厚生を受けられる
  • 同じ職場で働き続けることは難しい
  • 雇用が不安定になりがち
パート
  • 自分の都合に合ったシフトを選ぶことができるため、生活と両立しやすい
  • 応募資格のハードルが低い
  • 仕事の掛け持ちがしやすい
  • シフト次第で収入が安定しない
  • 他雇用形態と比較して給与が低い傾向にある

正社員は賞与、昇給、福利厚生など、手厚い補償で安定した収入が見込まれますが、その分残業や転勤、異動が拒めない等、働き方の自由度は低くなります。

一方契約社員は契約期間の定めがある、派遣社員は同じ職場で働き続けられない、パートは時給が低い傾向にあるなどそれぞれデメリットはありますが、これらの働き方は正社員と比較して契約内容を交渉できる、他職場も経験できる、シフトを選ぶことができるなど、働き方の自由度は高くなります。

自分に合ったものはどれなのか見極めることが重要です。

2)各雇用形態を選ぶ際に、知っておきたいポイント4点

働き方が多様化するにしたがって、法律の改正や人材サービスの動きなども複雑になっています。

各雇用形態にイレギュラーが発生する場合もあり、「自分に合った雇用形態」とは言ってもどんな観点で考えればよいのか難しいですよね。そこで各雇用形態を選ぶ際に知っておきたい以下のポイントをご紹介します。

正社員と非正規社員で年収に開きが「改正労働契約法の無期転換ルール」副業・フリーランスは派遣社員が有利人材紹介サービスの活用
  • 正社員と非正規社員とでは、生涯年収が「数千万円」単位で差が出る
  • 契約社員で働く際は「改正労働契約法の無期転換ルール」も知っておくこと
  • 副業・パラレルワーク、フリーランスを目指す方には、派遣社員のフレキシビリティが有利になることも
  • 正社員(契約社員)向けの人材紹介サービスと、派遣社員向けの人材紹介サービスは異なる

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

正社員と非正規社員とでは、生涯年収が「数千万円」単位で差が出る

正社員と派遣社員の賃金格差(時給換算)

参考:厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況」

厚生労働省の調査によると、正社員と非正規雇用社員(正社員以外の雇用形態の社員)とでは、生涯年収が数千万円単位で差が出るということです。これは以下が原因だと考えられます。

労働時間の差

正社員は基本フルタイム勤務ですが、他雇用形態は必ずしもフルタイムではない場合も多々あります。
また正社員の場合残業が多いケースもよく見られるので、労働時間に比例して給与に差が出ると考えられます。

基本給・賞与・昇給の差

正社員の中には経営層やマネジメントする社員も多数含まれますが、他雇用形態ではそのように高額な収入となる層はあまり見られないのが現状です。また非正規雇用では賞与・昇給がある場合もめずらしいため、年収で見た時に差が出ると考えられます。

仕事をして対価を得る以上、収入も重要なポイントです。あくまで平均ですが差があるという現状を知っておきましょう。

契約社員で働く際は「改正労働契約法の無期転換ルール」も知っておくこと

雇用契約期間が決まっている場合、会社から突然更新しないと言われるかもしれないという不安がずっとありますよね。そこで労働契約法が改正され、「無期転換ルール」というものができました。

無期転換ルールとは(厚生労働省HPより)

無期転換ルールは、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が5年を超えて更新された場合、 有期契約労働者からの申込みにより、期間の定めのない労働契約 (無期労働契約)に転換されるルールのことです。

契約期間が1年の場合、5回目の更新後の1年間に、 契約期間が3年の場合、1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。有期契約労働者が使用者(企業)に対して無期転換の申込みをした場合、無期労働契約が成立します (使用者は断ることができません)。

引用:https://muki.mhlw.go.jp/part_time_job/

簡単に言うと、同じ会社と契約し続けて5年目になる時に「契約期間の定めをなくしてください」という申し出をすれば、無期雇用契約となるという法律です。

したがって、契約社員として働いていても、条件を満たせば期間の定めのない契約に変えることもできるということです。

副業・パラレルワーク、フリーランスを目指す方には、派遣社員のフレキシビリティが有利になることも

派遣社員の中でも、例えば登録型派遣は派遣先企業との契約期間が終了すれば、派遣企業との雇用契約も終了となります。これは短くて数か月しか働くことが保障されない状況で、安定した雇用を求める方にとっては不安かもしれません。

しかし逆に決まった期間のみ集中して働くことができるとも言えます。
そのため例えばネイルサロンを自分で経営したい、ユーチューバーとして活躍したいなど「会社で働くこと以外の仕事を持っている」方にとって、この気軽さは逆に役に立つでしょう。

派遣社員はパートと比較するとシフトを選べない場合が多いですが、パートよりも時給が高い傾向にあるため、短期間で資金を集めたい時には派遣社員の方が向いていると考えられます。

正社員(契約社員)向けの人材紹介サービスと、派遣社員向けの人材紹介サービスは異なる

様々な働き方が浸透するにつれ、人材紹介サービスも雇用形態それぞれに特化したサービスを展開しています。

一般的に会社との直接雇用(正社員・契約社員)の求人の場合は「転職エージェント」「転職サイト」で、派遣社員の求人の場合は「派遣登録会社」「派遣登録サービス」で扱われています。
パートについてもアルバイト社員専用の求人サイトが展開されています。

このことを踏まえていなければ、「派遣社員の募集を探したいのに見つけられない」といったようなことになるので知っておくと便利ですね。ちなみに応募の仕組みとしては以下のようになっています。

正社員(契約社員)向けの人材紹介サービスと、派遣社員向けの人材紹介サービスは異なる

3)正社員(契約社員)への転職、派遣社員としての転職、それぞれおすすめのサービス

正社員や契約社員への転職と派遣社員への転職は、求人を取り扱っているサービスが異なることをご紹介しました。

検索されてみるとわかる通り、転職を扱うサービスは「どれを選べばいいの」と迷ってしまうほどたくさんあります。そこでおすすめのサービスを特徴と一緒にご紹介します。

正社員(契約社員)への転職におすすめのサービス

リクルートエージェント──求人数は国内No1・転職支援ツールが充実

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは、「求人情報の多さ」と「転職支援サービスの質の高さ(成約実績)」において、国内No.1を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントの「ココ」が違う!

2022年1月時点での保有求人数は約360,000件あり、転職先の選択肢を大きく広げられるでしょう。

これから初めて正社員を目指す方、未経験で異業種を目指す方にとって、転職活動への不安はつきものでしょう。
リクルートエージェントでは、職務経歴書を自動で作成できる「職務経歴書エディタ」や無料の「面接力向上セミナー」など、転職活動を強力にバックアップしてくれるツール・サービスが充実しています。

職務経歴書エディター
職務経歴書エディタ
テンプレートや入力例に沿って、職務経歴書を半自動で作成できるサービス。作成後にWordファイルにダウンロードして利用することも可能。
面接力向上セミナー
面接力向上セミナー
企業が「採用したい」と思える面接の必勝法が学べるセミナー。参加者の99%が「満足」以上の回答。
現在(2022年3月)はLIVE配信(オンライン)で行われている。

より多くの求人数に触れたい方、キャリアアドバイザーのサポート品質を重要視される方はもちろん、そのほかリクルートエージェントのこうした転職支援ツールを活用するうえでも、登録のメリットは十分にあるでしょう

求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。
リクルートエージェントの特徴、おすすめポイントを詳しく見る

doda──アドバイザーのスピーディな対応と求人の幅広さ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

dodaは国内トップレベルの求人数と、「スピーディかつ充実したサポート」に定評があります。
そのため、転職までのスケジュール感をタイトに済ませたいと考えている方にはうってつけのサービスと言えるでしょう。

dodaの「ココ」が違う!

dodaは「転職サイト」「転職エージェント」両方の性質を兼ねたサービスを展開しており、転職者自身で気になる企業の求人を検索することもできますし、プロのアドバイザーによる的確なサポートも受けられる「転職活動のトータルサポート」を実現しています。

転職サイト:転職者自身がサイト上の求人を検索・応募・選考を進めていくサービス 転職エージェント:担当のアドバイザーが転職者の希望を聞き、求人紹介・応募~面接までをサポートする 「dodaは両方利用できる!」

2021年12月時点での保有求人数は150,435件。
他のサービスには掲載されていない非公開求人も多数保有していますので、転職先の選択肢を広げたい方にもおすすめです。

転職者満足度 No1
登録は5~10分程で完了します。
dodaの特徴、おすすめポイントを詳しく見る

マイナビエージェント──20代~30代の若手社会人の支援に強い

マイナビエージェントは「サポートの丁寧さ」で評判を勝ち得ている転職エージェントです。
特に20代~30代前半と言った若年層の転職支援に強く、また大手企業だけでなく中小規模の優良企業に独自のパイプを持ち、独占案件として保有しています。

マイナビエージェントの「ココ」が違う!

イメージ図:●転職状況のヒアリング ご職歴をヒアリングさせていただき、あなたの強みや転職活動のプランを一緒に考えます。 ●あなたに合わせた求人紹介 あなたのご状況に合わせて最適な求人をご提案。マイナビエージェントでしか取り扱いのない企業も多数! ●書類添削・模擬面接で内定率UP 応募書類の添削から模擬面接まで、内定獲得のための対策をキャリアアドバイザーと二人三脚で行います。

引用元:マイナビエージェント公式サイト

また、国内に10か所の拠点※を持つマイナビエージェントは、それぞれの地域にて企業の人事担当者からの信頼も厚く、多くのパイプを持っています(※東京、神奈川、北海道、宮城、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡)。

マイナビエージェントでしか見られない「非公開の求人」も含め、たくさんの求人に触れつつ転職の選択肢を広げることができるでしょう。

20代の利用満足度No1
登録は5~10分程で完了します。
マイナビエージェントの特徴、おすすめポイントを詳しく見る

派遣社員への転職におすすめのサービス

Adeco(アデコ)──コーディネーターの丁寧なサポート

アデコ。派遣のメリットはそのままに「期間制限が”ない”」という安心感を。

アデコは「派遣社員」の案件を専門的に取り扱う転職サービスです。
日本だけでなく、世界60か国以上でビジネスを展開するグローバル企業です。

幅広い業種で、特に女性のデスクワーク(事務職、経理等)の案件が多く、30年以上にわたり人材紹介を行っている老舗企業ということもありコーディネーターの知識やノウハウもしっかりと蓄積されています。

アデコの「ココ」が違う!

アデコでは、グローバル企業ならではの企業との太いパイプで、派遣社員が危惧しがちな「時給」「残業時間」といった問題もクリアし、好案件の求人を紹介することを可能にしています。

独占求人も多く、中には正社員登用も見越した「紹介予定案件」も多数あります。
派遣社員からの正社員登用が難しいとされる現代において、かなりの好条件となるでしょう。

アデコ:紹介予定派遣の仕組み

引用元: アデコ公式サイト

高時給で働きたい方、いずれ正社員として働きたい方は、ぜひアデコを利用してみてください。

キャリアコーチの丁寧なサポート
登録は3分ほどで完了します。
Adeco(アデコ)の特徴、おすすめポイントを詳しく見る

スタッフサービス──国内No1の案件数、スキルアップ支援も充実

スタッフサービス

スタッフサービスは派遣会社の中でも最多の求人数を誇り、2021年9月時点でおよそ140,000件以上の案件を保有しています。

全国都道府県に97か所の拠点を展開しているため、地方で派遣社員として働きたい方にもおすすめのサービスです。

スタッフサービスの「ココ」が違う!

スタッフサービスの特徴として、派遣社員のスキルアップ制度が充実している点が挙げられます。

たとえば「スタッフサービスeラーニング」と呼ばれる無料ツールでは、WordやExcelなどのPCスキル、IT系スキルなど全35種類の講座をネット上で受講することが可能です。

スタッフサービスeラーニング

引用元:スタッフサービス公式サイト

提携スクールも豊富なので、資格や語学なども習得でき、派遣社員としてのキャリアの選択肢も広がることでしょう。

スタッフサービスの特徴、おすすめポイントを詳しく見る

リクルートスタッフィング──登録型/紹介予定派遣を自由に選べる、福利厚生が充実

リクルートスタッフィング。希望に合ったお仕事がきっと見つかる!

リクルートスタッフィングは、その名の通り大手人材事業グループ「リクルート」が運営している派遣向け転職サービスです。

大手運営会社ならではの充実した福利厚生と教育制度が魅力です。

リクルートスタッフィングの「ココ」が違う!

派遣社員には大きく「登録型派遣」「紹介予定派遣」という2つの働きがありますが、リクルートスタッフィングは2つの働き方から、求職者が希望に適った働き方を選択することができます。

  • 登録型派遣…派遣先が決まったところから労働契約が始まる
  • 紹介予定派遣…一定の派遣期間を終えた後、正社員として直接雇用契約を結べる

また、リクルートスタッフィングはマイクロソフト、楽天など、大手優良企業の求人も多数扱っており、派遣社員としてステップアップを目指す女性の方にもぴったりのサービスと言えそうです。

大手企業をはじめ、優良企業のお仕事ばかりで安心!

引用元:リクルートスタッフィング公式サイト

リクルートスタッフィングの特徴、おすすめポイントを詳しく見る

まとめ) 自分に合った雇用形態を選ぶことが大事

社会の風潮として、「非正規雇用」と呼ばれるように「正社員でない働き方はちょっと…」と思われる傾向にあります。

もちろん正社員は他雇用形態と比較して最も収入が見込め、また社会的信用の高い雇用形態ではありますが、その分時間の制約が多い等デメリットもあり、ライフスタイルやキャリアプランによっては正社員という働き方が合わない方も多数いらっしゃいます。

「やっぱり正社員でないと」というバイアスを外して一旦考えてみると、自分にとってベストな働き方が見えてくるでしょう。

もしくは正社員の良さを改めて理解し、自分が仕事に何を求めているのかがはっきりすることとなるでしょう。自分の希望する働き方は何か、見つめなおしてみましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]