『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

ハイクラス転職の「条件交渉」はどのタイミングで行うべき?内定前?後?

[最終更新日]2020/09/30


10
ハイクラス転職での「条件交渉」ベストなタイミングは?

ハイクラスやエグゼクティブ層の転職をされる方は、転職先企業に対して「より良い待遇・条件を求めて」の条件交渉することも充分可能です。

しかし交渉できる機会があるとは言え、必ずしもその要望が叶うという保証はありません。かつ、条件交渉を成功させるためには、「交渉するタイミング」もしっかり見計らう必要があります。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)結論:条件交渉は基本「内定後」に行うべき

ハイクラス・エグゼクティブ転職に関わらず、転職活動における条件交渉のベストなタイミングは、「内定後」だと言えます。その理由は2つあります。

  • 内定を出していない状況下では、条件交渉のコミュニケーションがときにマイナス評価に繋がることも

面接の場は確かに応募者が転職先企業を評価する場でもありますが、応募者が企業へアピールする場でもあります。

条件交渉が必ずしも悪印象に繋がるわけではありませんが、ハイクラス転職で意識すべきは、「他の応募者」の存在です。

仮に先方が想定している条件(年収)よりもやや高めの年収を提示した場合、あなたは「今回の応募者のなかで、やや高い年収を求める求職者」という印象を持たれやすくなります。

そして、他の応募者とあなたの面接評価がほぼ同等であった場合、企業・面接官によっては、「より条件が想定内に収まるであろう転職者」を優先することは大いに考えられます。

また、いくらスキルやキャリアがあったとしても、謙虚な姿勢の方が好印象を与えやすくなります。そういった意味でも、条件交渉は転職者と企業双方の信頼関係が高まり、内定が確実になったタイミングで行うことが望ましいのです。


  • 内定後であれば比較的低いリスク条件交渉できる

前述の通り、面接時に条件交渉をすることは、選考においてマイナス評価をされるリスクをはらんでいます。

しかし内定が出てしまえば、特別なことがない限り内定取り消しとなることはないので、リスクの低い状況で条件交渉することができます。

参考:キャリアアドバイザーの意見「条件交渉は内定が出てからがベスト」

キャリアアドバイザー宮野木 哲さん

30代 男性
某大手人材紹介会社のキャリアアドバイザー。毎月50~60名もの求職者との面談を行い、転職に関するアドバイス・サポートを行う。
「一人ひとりに寄り添う」をモットーとした熱意ある対応が転職者に好評。

基本的に、ハイクラス転職では内定が出たタイミングで求職者側に分があり、条件交渉も非常にしやすい環境にあります。

なぜかというと、ハイクラス転職というのは「一ポジションのオファー」であって、通常替えは効きません。内定を出した後となっては、企業としては「どうしても入れたい」という意識が働きやすくなります。

逆に、内定前の面接時に「より高い年収」を求めて交渉するのはリスクがあります。その時点では必ず他の候補者もいるわけですからね。また、企業側でもリスクヘッジの観点から、年収の高い人材に関してはどうしても慎重になるでしょう。

ちなみに、(当然といえば当然かもしれませんが)企業は第二新卒・既卒の転職者や未経験分野の転職者の条件交渉を敬遠する傾向があります。

つまり、ハイクラス転職は(特に内定後においては)他の転職と比較しても条件交渉を実現しやすいものと言えるでしょう。





内定前に企業側から「希望年収」を訊かれた場合は?

内定前の面接時に希望年収を訊かれた場合、回答する際のポイントは以下の通りです。
どれも条件に執着しているように見せないのが好印象のコツです。
その時の状況やあなた自身にあう回答を選んで使うと良いでしょう。

求人情報にあわせて回答前職と比較しつつ回答相手企業にあわせて回答
  • 求人情報に合わせて回答

求人情報には基本的に年収も記載されているので、「御社の求人情報に記載がありました通り…」と合わせるのが無難です。


  • 前職と比較しつつの回答

「前職ではこれだけの給与を頂いていましたので、最低でもこの分は下回ることが無いようにできればと思っています」のように、前職の給与と比較して答えるのもおすすめです。このとき「もちろんこれぐらいは貰って当たり前!」というような表現にならないよう気を付けましょう。


  • 相手(企業)に合わせての回答

「まずは御社の規定に沿う形でご提示いただければと思っております」など、金額を明示せず相手に合わせた表現も良いでしょう。



2)条件交渉をつつがなく進めるためのポイント3点

無事に内定をもらい「いざ条件交渉!」とは言え、実際に入社するかもしれない相手との条件交渉は気が引けてしまう方も多いと思われます。特に年収など金額面に関しては伝えづらい条件ですよね。

そこで条件交渉をつつがなく進めるためのポイントをご紹介します。

✓客観的評価と業界の給与水準✓採用担当者との関係性✓交渉はエージェント・ヘッドハンター経由
  • 客観的な自己評価と業界の給与水準を意識する
  • 採用担当者との関係性を高めていく
  • 条件交渉は基本エージェントまたはヘッドハンター経由で!

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



客観的な自己評価と業界の給与水準を意識する

いくら内定後とはいえ、破格の年収金額を要望してしまうと、入社後にやりづらくなってしまうかもしれません。自分の経験・スキルを客観的に考慮した金額を交渉するようにすることをおすすめします。

また業界の給与水準を意識することも重要です。同じ名称のポストでも業界や会社規模人よっては年収に大きな差が開くこともあります。

条件を交渉する前に、事前に業界やその企業の平均年収を調べておきましょう。転職エージェントに相談してみることもおすすめです。



採用担当者との関係性を高めていく

採用担当者との関係性は重要です。同じ表現でも採用担当者がこちらに抱く印象によっては「上から目線のように聞こえた」「できれば上げてほしいという感じだった」など、捉え方が変わってくるでしょう。

謙虚な姿勢でいることを心がけましょう。採用担当者との仲を深めることができれば、同じ役職の方の年収はどのくらいなのかも参考に教えてもらえるかもしれません。

また条件に関して長引く交渉をするのはあまり印象のいいものではありません。
もし粘り勝ちしたとしても、入社後に気まずくなってしまったり、もしくは会社に都合良く調整されたりすることも考えられます。交渉はあまり長引かせないことをおすすめします。



条件交渉は基本エージェントまたはヘッドハンター経由で!

転職エージェントやヘッドハンターを利用しての転職活動の場合、担当アドバイザーのほうで条件交渉を代行してくれることが多いです。
この場合、自分が直接言わなくても良いので、気まずい思いをしなくて良いというメリットがあります。

また転職エージェントやヘッドハンターはこうした条件交渉を何度も行っている、いわばプロフェッショナルです。どれほどの金額なら交渉できそうかなど、相談しながら悪印象を与えないように交渉してもらえるでしょう。

いわば、転職エージェントやヘッドハンター経由でお願いするのが条件交渉するうえでベストな方法です。

参考:キャリアアドバイザーの意見「条件交渉は転職エージェントにどんどん頼るべき」

キャリアアドバイザー宮野木 哲さん

30代 男性
某大手人材紹介会社のキャリアアドバイザー。毎月50~60名もの求職者との面談を行い、転職に関するアドバイス・サポートを行う。
「一人ひとりに寄り添う」をモットーとした熱意ある対応が転職者に好評。

内定が出た場合の条件交渉は、本人から行うよりは転職エージェントの担当キャリアアドバイザーまたは担当ヘッドハンター経由で行ったほうがスムーズです。

キャリアアドバイザーもヘッドハンターも、これまで転職者の代行で条件交渉を行った経験は相応にありますので、転職者本人が行うよりも当然ながら「うまく」やってくれるはずです。

また、働く上で「条件」や「お金」はとても大切な要素です。転職エージェントもヘッドハンターもそれは重々理解していますので、ぜひとも相談すべきでしょう。

それから、転職の際に年収が高まれば、転職エージェント・ヘッドハンターともに企業からもらえるフィー(報酬)も上がりますからね笑。つまり、転職時の条件交渉を成功するということは、転職エージェント・ヘッドハンターにとっても望ましいことなのです。





3)条件交渉を強力にサポートしてくれる転職サービス

条件交渉は、その条件を希望する理由の説明や相手との温度感の探り合いなど、気苦労の多い行動となります。

そのため気まずい思いをしなくても済む、また転職のプロの意見ももらえるなど、転職サービスに条件交渉を代行してもらう方法が、応募者にとっては一番良い方法だと言えます。

そこで条件交渉をサポートしてくれる転職サービスをご紹介します。



エージェントサポートの総合的な品質の高さを求める場合は【JACリクルートメント】がおすすめ

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。

JACリクルートメントはロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、ハイキャリア・高収入の転職ではナンバーワンの実績を誇っています。

ハイキャリア案件に特化しているため、ハイキャリア・エグゼクティブ転職希望の方にとっては使いやすい転職サービスです。JACでしか扱っていないハイキャリア案件も多数あり、ハイキャリア紹介系の転職サービスのかなではかなり多くの案件を扱っています。

また専門性を持ったコンサルタントが多く、質の高いアドバイスをもらえることで好評を得ています。条件交渉も安心して任せることができますね。





実績のある優秀なヘッドハンターからの支援を求める方は、【CAREER CARVER】がおすすめ

Career Carverキャリアカーバー リクルートのヘッドハンティングサービス

CAREER CARVER(キャリアカーバー)は、転職サービス最大手のリクルートキャリア株式会社が、年収800万円以上のハイクラス転職に特化したサービスです。

ヘッドハンター型のサービスを展開しているのが特徴であり、まず登録者はスキルや経験・希望条件等について、転職エージェントと面談をします。

それらの内容をまとめたレジュメが匿名で公開され、レジュメを見て興味を持った企業からエージェント経由でスカウトされるという流れになります。

優秀なヘッドハンターが多数在籍していることで有名であり、ヘッドハンターにはキャリア相談もできることで好評を得ています。





多くの求人情報と、キャリアアドバイザーのスピーディな対応を期待する人は【doda エグゼクティブ】がおすすめ

doda エグゼクティブ転職、ハイクラス・管理職の求人情報 年収1,000万円以上の求人と、非公開求人

dodaエグゼクティブは、転職サービスdodaがハイクラス転職に特化した転職サービスです。

年収800万円を超える求人のみを厳選していますが、多種多様な求人を紹介しており、中にはハイレベルな専門職などの求人も多数紹介されています。

ハイレベルな求人に合わせ、キャリアアドバイザーもハイレベルな人材が厳選されています。対応がスピーディなことで有名なので、登録者はストレスなく転職活動を進めることができます。

条件交渉もあまり長引くのは良くないので、スピーディに対応してもらえるのはありがたいですね。





自分に合うパートナー(ヘッドハンター)を選んで転職活動と条件交渉に臨みたい人は【ビズリーチ】がおすすめ

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH(ビズリーチ) 年収2,000万円以上の求人特集

ビズリーチは年収600万円以上のハイキャリア層をターゲットとし、ヘッドハンティングの仕組みに特化した転職サービスです。

有料・無料の2種類のプランに分かれており、無料プランはヘッドハンティングを基本的に待つ、有料プランはエージェントへの相談や自分から求人の検索・応募ができる仕組みとなっています。

有料プランの中でもハイクラス会員になると年収1,000万円以上の求人に応募できるため、1,000万円以上の年収を求める方におすすめです。

ビズリーチは登録者がヘッドハンターを選ぶことができるので、自分に合ったヘッドハンターと一緒に転職活動を進めることができるというメリットもあります。





キャリアアドバイザーからの親身で丁寧なサポート・支援を求める方は【パソナキャリア】がおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

パソナキャリアは元々人材派遣事業を行っていた株式会社パソナが転職事業として設立した転職サービスです。「エグゼクティブ」という分類があり、ハイクラス向けの求人を探すことも可能です。

「正しい就職、正しい転職、正しい再就職」を企業理念として運営しており、企業の利益優先よりも、転職活動者のことを第一に考えることが徹底されています。

そのためパソナキャリアの手厚いサポートは利用した転職者の評判・満足度が非常に高いという結果も出ています。

条件交渉と言うデリケートな内容も手厚くサポートできしてもらえるので安心感がありますね。





まとめ)条件交渉は内定後、転職サービスに頼むのがベスト

ハイクラスやエグゼクティブ転職だと多くなる条件交渉。レベルの高いスキルや経験など、交渉の材料はそろっているとは言え、やはり条件交渉を自分で行うのは気が引けてしまいますよね。

まずリスクを回避するためにも、内定をもらった後にするのがベストです。

企業によっては内定後に条件交渉の面談を設けてくれる場合もあります。

しかし自分で交渉するというのは表現方法や理由付けが難しいものです。そこで多くの転職サービスが条件交渉の代行をしているので、転職サービスに任せるのがおすすめです。プロの力を借りて、効率よく進めていきましょう。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー