『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

未経験からAndroidエンジニアに転職するには?必要な知識・スキルと準備すること

[最終更新日]2022/07/29

未経験からAndroidエンジニアに転職するには?必要な知識・スキルと準備すること

スマートフォンに関わる仕事にはiPhoneの他に、Androidエンジニアもあげられます。
Androidは主なスマートフォンOSであるため、時代の流れに乗れる仕事とお考えの方もいるのではないでしょうか。

一方でAndroidエンジニアへの転職は、経験豊富なJavaエンジニアとの競争になりうることも留意しておくべき点です。

とはいえ人手不足という点は、Androidエンジニアも変わりません。そのため未経験でも工夫次第で、転職できる可能性は十分にあります。

目次

1)Androidエンジニアの仕事内容・需要のある業界は?

Androidエンジニアを目指すなら、あなたがその仕事で活躍可能かどうか事前に検討することがおすすめです。そのためには「仕事でのやりがい」はもちろん、以下の内容を知った上で転職活動を始めることが求められます。

  • 任される仕事の種類
  • キャリアパス
  • どのような業界が募集しているか
  • 年収や、将来アップする可能性があるか

それぞれの項目について、順に解説していきます。

Androidエンジニアの概要・仕事内容

Androidエンジニアとは…スマートフォンのAndroidで動くアプリを開発すること

Androidエンジニアの主な仕事は、スマートフォンの1つ「Android」で動くアプリを開発することです。

AndroidはGoogleが開発したスマートフォンOSであり、iPhoneを動かすiOSとあわせて、スマートフォンOSの2強を形成しています。その他の仕事として、Webサービスの開発に携わる可能性もあります。

主な開発言語には、JavaやKotlinがあげられます。以前はAndroidの開発といえば、Javaが主流でした。

しかし2017年にGoogleがKotlinをサポートして以降、Kotlinの需要が急速に高まっています。2019年5月には、過半数のAndroidデベロッパーでKotlinが使われています。

またAndroidエンジニアの仕事内容は他の開発エンジニアと同様、以下のような仕事があります。

  • コーディング
  • テスト
  • 設計や要件定義
  • 運用・保守

未経験者が入社した場合はコーディングやテスト、既存プログラムの修正から始め、実力に応じて他の役割も任されると考えておくとよいでしょう。

Androidエンジニアの需要がある業界やサービスは──。

Androidエンジニアを求めている業界はSI企業・ベンチャー・スタートアップ企業・SES企業

Androidエンジニアは、スマートフォンアプリの業界やWebサービスで求められています。

とはいえ、選択肢が限られるとはいえません。Google Playでダウンロードできるアプリには、さまざまなジャンルがあります。

もちろん製作する企業も多数にのぼりますから、さまざまな企業が人材を募集しています。人手不足が深刻化していることもあり、未経験者でも就職できるチャンスはあります。

Androidエンジニアを求める企業には、大きく以下の3種類に分かれます。

このため応募前に企業のことやどのような仕事ができるか知っておくと、転職に失敗するリスクを下げられます。

2)Androidエンジニアのキャリアパスと年収イメージ

Androidエンジニアのキャリアパスと年収イメージ

Androidエンジニアを目指すときに、どのようなキャリアパスがあるか知ることは大変重要です。

それはあなたが就く仕事が、人生における重要な部分を占めることにほかなりません。

やりがいのある仕事を任され、高い年収を得られれば、充実した人生を送れることでしょう。この点では仕事内容のみならず、年収も重要です。

キャリアパスは企業により異なりますが、ここでは代表的なAndroidエンジニアのキャリアパスと年収イメージを解説します。

Androidエンジニアのキャリアパス

Androidエンジニアのキャリアパスは他のITエンジニアと同様に、以下の通りとなることが一般的です。

  • 経験の浅いエンジニアは、コーディングやテストなどの下流工程を担当
  • 経験を積んだエンジニアは、設計や要件定義などの上流工程も任される。クライアントとの折衝も行う場合もある
  • さらに上を目指す方にはプロジェクトマネージャや管理職、プログラミングを究める道もある

このようにAndroidエンジニアは実力しだいで、あなたに合った道を選ぶことが可能です。

Androidエンジニアの年収イメージ

求人検索エンジン「スタンバイ」調べによると、Kotlinエンジニアの年収は以下のとおりとなっています。

●2017年の平均年収は577万円(最大1,050万円)
●2018年の年収中央値は575万円(最大1,200万円)

また2017年の調査では、Javaエンジニアの平均年収が552万円(最大2,000万円)となっています。

もっとも、全員がこの金額を受け取れるわけではありません。特に入社直後は、年収が300万円台となることも想定に入れておきましょう。

一方で上級者ともなると、年収1,000万円に届く可能性があります。

3)Androidエンジニアに必要な知識・スキルは?

Androidエンジニアになるために必要な知識やスキルには、以下の4点があります。

いずれの項目も、チームで開発し評価を得るためには欠かせない項目です。それぞれのポイントについて、順に解説していきます。

Androidの仕組みを理解していること。操作経験があればベター

Android OSやGoogle Playの仕組みについて学ぶ努力が必要

Androidは、パソコンと異なるOSです。加えてiPhoneなどに使われるiOSと異なり、さまざまなメーカーの端末で稼働することも特徴です。

このためAndroidエンジニアとして仕事をするなら、まず仕組みの理解が求められます。

特にアプリのインストールは「Google Play」を介して行う場合が多いため、アプリの公開方法なども理解しておく必要があります。

これらの内容は、Android OSが搭載されたスマートフォンを利用されている方ならイメージがつきやすいかもしれません。

一方でこの記事をお読みの方は、iPhoneをお使いの方も多いのではないでしょうか。このような方がAndroidエンジニアになりたい場合は、Androidについて学ぶ努力が必要です。

Androidアプリの開発言語を習得していること

JavaやKotlinのどちらかの修得が必須!アプリを1人で作れるレベルまでスキルを高めて置く

Androidエンジニアとして仕事をするなら、プログラム開発のスキルは必須です。
「Androidエンジニアには興味があります。でも言語は知らないので、入社後教わりながら頑張ります」では通らないのは、他の開発エンジニアと同じです。

このため応募する前に、JavaやKotlinのどちらかを習得している必要があります。1人で何らかのアプリを作れるレベルまで、スキルを高めておきましょう。

チームで開発するため、コミュニケーションスキルも重要

相手の話をきちんと理解し伝えるべきことをきちんと伝えるコミュニケーションスキルが必要

企業で行うAndroidの開発は、チームを組んで行われる場合が多いです。そのため定期的にミーティングが行われ、進捗状況などを報告する場面が生じます。

加えて問題点やよりよくできる点などについて、随時相談することも求められるでしょう。このとき円滑にコミュニケーションができていれば、仕事もスムーズに進めることが可能です。

そのため、相手の話をきちんと理解するスキルも求められます。

もし報告すべき事項や問題点をきちんと報告・相談できないと、プロジェクトの状況を正しく把握できません。そのため実際は大幅な遅れが出ているのに「スケジュール通り」と判断することになり、発覚した際にはあなただけでなく、開発チームにもマイナスの影響を与えてしまいます。

このため、伝えるべきことをきちんと伝えるスキルも欠かせません。

特に経験の浅い方は、つい仕事を抱え込んでしまいがちです。しかしこれは往々にして悪い結果となりがちですから、ためらわずに報告することが重要です。

新しい技術を自ら試し、学び取る意欲

技術の変化が激しい業界で活躍する為にも新しい技術を常に学び取る意欲が重要

他のIT系職種と同様、Androidエンジニアも技術の変化は激しいものがあります。
特にKotlinはGoogleがサポートした時期が2017年であり、まだ新しい言語です。そのため、今後も機能の追加や仕様変更などが行われることでしょう。

変化が激しい業界であるため、「教えてもらう」という姿勢では他のエンジニアに二歩も三歩も出遅れてしまいます。

このため新しい技術が公表されたら自ら試し、学び取る意欲が求められます。プロジェクト内で誰も知らない新機能を他の方に情報交換できるようになると、一目置かれる存在となることが期待できます。

4)未経験からAndroidエンジニアへ転職する際に意識したい4つのポイント

未経験からAndroidエンジニアを目指す場合には、以下にあげる4つのポイントを意識する必要があります。

それぞれのポイントについてなぜ重要なのか、詳しく解説していきます。

JavaかKotlinのどちらかを使えるようにしておく。両方使えればベター

JavaかKotlinどちらかを好みにあわせて選び習得しておく

さきほど解説したとおり、Androidアプリは主にJavaまたはKotlinを使って開発されます。このためどちらかの言語を学び、開発できるスキルが求められます。実務上では、以下のケースが多くなっています。

●新規開発では、Kotlinの採用が多い
●既存システムの改修などでは、Javaが使われる場合も多い

ところでJavaとKotlinのどちらがよいかは、一概にはいえません。それぞれ、以下の強みがあります。

●JavaはAndroidアプリ以外にも、さまざまなシステムの開発が可能。歴史ある言語であり安定している
●KotlinはJavaよりも学びやすい。またAndroidでの開発に使われやすい

このため、好みにあわせて選ぶとよいでしょう。学びやすさという観点では、Kotlinを選ぶことも1つの方法です。もちろん、両方使えるようになればそれに越したことはありません。

簡単なものでよいので、アプリを作ってみる

自分でプログラムを組んでアプリを作りGoogle Playで公開する作業まで行うと採用担当者からの評価も高い

未経験者がAndroidエンジニアに転職しようと思っても、「本で勉強しました」「セミナーで学びました」というだけでは、なかなか採用に結びつきにくいものです。

それは、企業が求める能力が「現場でプログラミングできるスキル」であるためです。このため転職を成功させるには、プログラミング経験を積むことが欠かせません。

幸いにもKotlinは、無料で開発環境を整えられます。またJavaも、無料で入手し開発に使える方法があります。このため自分でプログラムを組み、アプリを作ることも可能です。なにより「Androidエンジニアを目指す本気度」も示せますから、ぜひトライしてみましょう。

可能であれば、作成したプログラムをGoogle Playで公開する作業も行うとよいでしょう。

初回のみGoogle Play Developerのアカウント取得費用として数千円がかかりますが、2回目以降は無料で公開できますので大きな負担にはならないと思います。それよりも公開した経験をアピールできれば、採用担当者からの評価も高まるでしょう。

システム開発ライフサイクル、およびマテリアルデザインの基本的な考え方を身に付けておく

開発における各段階と、「整然と、かつ感覚的に理解できる表示」のためのマテリアルデザインを理解する

システム開発ではさまざまな段階があり、多くのエンジニアがそれぞれの持ち場で働いています。

各段階は関連しているため、発注を受けたらすぐにプログラミングに取り掛かれるわけではありません。またプログラミングを行ったらすぐに顧客へ提供されるわけではなく、テストやアプリの公開などの段階を踏まなければなりません。

あなたが携わったシステムに不具合があると顧客はもちろん、保守・運用の工程にも影響を与えます。このため業務でAndroidの開発に携わるならば、システム開発ライフサイクルの理解は欠かせません。

システム開発ライフサイクルイメージ

加えてAndroidに適する画面の表示方法は、パソコンのWebページと異なります。

このためAndroidでも、コンテンツを整然と、かつ感覚的に理解できる表示が求められます。Googleはこの目的を達成するため、「マテリアルデザイン」と呼ばれるガイドラインを定めています。

スマートフォンはサイトの見た目が重要なため、マテリアルデザインの基本的な考え方を理解することも欠かせません。

IT業界に強い転職エージェントを活用する

ミスマッチ転職を避けるためにもIT業界に強い転職エージェントの活用する

Androidエンジニアの開発に使われるJavaは、メジャーな開発言語の1つです。

一方でAndroidエンジニアを希望する方に対してどのような求人を紹介するかは、転職エージェントにより大きく異なります。ITエンジニアの転職事情をよく理解している転職エージェントならば、適切な案件を紹介できるでしょう。

一方で事情に疎いエージェントの場合は「ITエンジニアはみな同じ」という理解をしてしまい、業務系システムの開発案件を紹介してくるかもしれません。

またKotlinで開発したい方の場合は、より注意が必要です。
Androidエンジニアの転職事情に明るい転職エージェントならば、要望にマッチした案件の紹介が可能です。しかしそうでない場合は、「Kotlinって何?」と言われかねません。これでは困ります。

せっかく転職するならば、よい会社に巡りあいたいものです。そのためAndroidエンジニアを目指すなら、IT業界に強い転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントサービスの仕組み

5)未経験からAndroidエンジニアを目指す際におすすめの転職エージェントと選び方・活用法

Androidエンジニア向けの求人を取り扱う転職エージェントは多くあります。
選ぶ際は、「Androidエンジニアの求人が豊富か」「希望する転職地域に対応しているか」「担当者はこちらの希望をしっかり聴いて理解してくれるか」の3点を意識すると良いでしょう。

1点目の求人数と2点目の対応エリアについては、本記事が紹介するおすすめサービスにてあわせて説明します。
3点目の「担当者の品質」については、まずは「ここが良さそう」と感じたサービスを2~3つ登録して、そのうえで自分に合った担当者を見出して利用を絞っていくのがおすすめです。

ITエンジニアの方が転職エージェントを利用する際の選び方・活用法を紹介します。「自分に合った転職エージェントを見つけたい」という方は、以下ご参考ください。

ITエンジニアの転職で転職エージェントを有効活用するポイント1
ITエンジニアの転職で転職エージェントを有効活用するポイント2、ポイント3

Androidエンジニアでの転職で、転職エージェントを活用するポイントは以下の3点です。

  • Point1 各ITエンジニア向け転職エージェントの、それぞれの特徴を知っておく
  • Point2 はじめに2~3つ「複数」の転職エージェントに登録しておく
  • Point3 何度かのやりとりで「相性」と「やりやすさ」を確認する

特にポイント3つ目の「相性とやりやすさ」は重要です。転職エージェントの担当者とは、転職期間中はずっと付き合いを続けていきますので、「自分に合った担当アドバイザー」を早めに見出していくことが、転職成功のひとつの要となるでしょう。

ITエンジニアの転職で自分に合ったアドバイザーを見分けるポイント3つ

ITエンジニア向けの転職エージェントの選び方について詳しく見る

マイナビITエージェント──丁寧かつ親身なサポートを受けたい人におすすめ

マイナビITエージェント
Androidエンジニアの求人数 約1,200件(2022年7月時点)
特徴
  • 大手人材会社マイナビが運営
  • アドバイザーがIT・Webエンジニアの転職事情に精通している
  • 年収・スキルアップも目指せる
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/it/

マイナビITエージェントは、マイナビが運営するIT・Webエンジニアの転職支援に特化した転職エージェントです。

在籍するキャリアアドバイザーはいずれもIT・Webエンジニアの転職事情に精通しており、エンジニアの視点からキャリア相談や求人紹介を行ってくれます。

マイナビITエージェントのAndroidエンジニアへの転職おすすめポイント

エンジニア系の求人を常時豊富に取り揃えており、2022年7月時点での保有求人数は約19,000件。
そのうち、Androidエンジニアに関わる求人は約1,200件あります。

大手から中小企業まで幅広い求人を持ち、注目企業の求人があった場合は個別の説明会や、ITエンジニア向けのWebセミナーも常時実施しています

マイナビIT AGENT テーマ別転職相談会

引用元:マイナビIT AGENT テーマ別転職相談会

特に都市部在住の方は、求人企業の選択肢の豊富さとサポートの「質の高さ」が期待できるでしょう。

エンジニアのジョブチェンジの提案も含めて、キャリアについて手厚なサポートを受けたい人におすすめです。

ITエンジニア求人トップクラス
登録は3分程で完了します。
マイナビITエージェントのサービス特徴を詳しく見る

レバテックキャリア──キャリアアップ・年収アップを目指すエンジニアにおすすめ

レバテックキャリア
Androidエンジニアの求人数 約1,600件(2022年7月時点)
特徴
  • アドバイザーが全員エンジニア経験者
  • IT系企業情報に詳しい
  • 書類添削・面接対策のサポートも手厚く、選考通過率が高い
対応エリア 全国
公式サイト https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、レバテック株式会社が運営する転職エージェントです。

同サービスの特徴としては、アドバイザーの殆どが「エンジニア実務経験者」であること。IT業界についてエンジニアリングの技術的な事柄についても通じた担当が付いてくれる可能性が高いです。

レバテックキャリアのAndroidエンジニアへの転職おすすめポイント

レバテックキャリアでは年3,000回以上の企業ヒアリングから得た最新情報をもとに企業別に対策を行っています。
そのため、転職希望者のスキルや希望にマッチした求人紹介を得意とし、ヒアリング後の初回マッチング率(内定率)は90%にものぼるといいます(同社担当より)

初回の提案での内定率は90%。決してズレのないマッチング精度

引用元:レバテックキャリア公式HP

「Androidエンジニアとしての知識・経験をどういった事業分野で発展させていくか」についてしっかり把握して転職活動をするうえで、自分だけの調査・研究では不安だという方はレバテックキャリアのサポートが役立つでしょう。

保有する求人の職種も幅広く、Androidエンジニアに関わる求人は約1,600件あります(2022年7月現在)。

利用者の8割が年収アップ
登録は5~10分程で完了します。
レバテックキャリアのサービス特徴を詳しく見る

ワークポート──未経験からのチャレンジ転職の支援に強い

ワークポート
Androidエンジニアの求人数 約1,300件(2022年7月時点)
特徴
  • IT・Web・ゲーム業界の求人が多い
  • 20代・30代への転職支援実績が豊富
  • 未経験の転職サポートに定評
対応エリア 全国
公式サイト https://www.workport.co.jp/

ワークポートは総合型転職エージェントですが、中でも「IT・Web・ゲーム業界」の支援実績の豊富な転職サービスです。

エリアごとに特化したキャリアアドバイザーがいるので、対応エリアの付近の企業を探したい方にもメリットがあります。

ワークポートのAndroidエンジニアへの転職おすすめポイント

ワークポートは「未経験職種」へのサポートが手厚いことでも知られています。 他の分野や業界からAndroidエンジニアへジョブチェンジを検討している方は、ワークポートのアドバイザーから、他のエージェントサービス以上に積極的な支援を受けられる可能性があります。

ワークポートのここが強み!「あなたの可能性を最大限に引き出すプロの力」「個別の面接対策、書類作成のアドバイス」
 

参照元:ワークポート 「転職コンシェルジュの転職相談サービス

「検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、転職先の選択肢を広げる際にもおすすめです。

エンジニア系の求人を常時豊富に取り揃えており、2022年7月時点での保有求人数は約19,000件。 そのうち、Androidエンジニアに関わる求人は約1,300件あります。

転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。
ワークポートのサービス特徴を詳しく見る

リクルートエージェント──未経験者・経験者どちらも対応可。豊富な求人とスピーディな対応

リクルートエージェント
Androidエンジニアの求人数 約7,000件(2022年7月時点)
特徴
  • キャリアカウンセリングや条件交渉などのサポート品質が高い
  • 「面接力向上セミナー」や「レジュメビルダー」のサポートツールも充実
  • 国内転職サービストップの求人保有数
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは国内でも最大の求人数と転職支援実績を誇る全国展開の転職エージェントです。
「リクルート」のブランドの信頼性の高さから、企業に転職者を紹介する営業力・提案力の高さに定評があります。

リクルートエージェントのAndroidエンジニアへの転職おすすめポイント

転職活動を進めていくにあたり、不安はつきものでしょう。
たとえば面接での受け答えについて。リクルートエージェントでは面接の必勝法が学べる「面接力向上セミナー」を開催しています。

リクルートエージェント「面接力向上セミナー」

引用元:リクルートエージェント公式サイト

また、「企業が求める人材はどういったものなのか」という悩みに対しても、実績豊富なキャリアアドバイザーがポイントを記した「エージェントレポート」を提供してくれます。

リクルートエージェントはITエンジニアの転職支援実績も豊富です。ITエンジニア各分野の求人も多く取り揃えており、2022年7月時点でのAndroidエンジニアに関わる求人は約7,000件あります。

求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。
リクルートエージェントのサービス特徴を詳しく見る

まとめ)Androidエンジニアへの転職は未経験者の成功者も多い!積極的なチャレンジがポイント

Androidエンジニアになるために習得すべきこと、やるべきことはさまざまです。

一方で、はじめは誰でも初心者であったことには変わりありません。特にKotlinは歴史の浅い言語ですから、発表されたばかりの頃はベテランのエンジニアといえども、マニュアルを見ながら試行錯誤していたことでしょう。

そのため未経験だからといって遠慮せず、積極的に取り組むことが重要です。

新しい情報や技術を知った場合は自ら試し学び取る姿勢が、第一線で活躍するためには重要なスキルです。加えてIT業界に強い転職エージェントを活用することで、あなたがAndroidエンジニアとして活躍しやすくなる点は見逃せないメリットですから、積極的に活用することをおすすめします。

目次[ 閉じる ]