『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

47歳 転職のポイントと体験談、おすすめの転職サービスランキングTOP5

[最終更新日]2020/07/23

47歳転職のポイントとおすすめ転職サービス

40代後半に入り、そろそろ50代が見えてくる47歳という年代——。この時期に転職を検討する人は、昔と比べて増えてきているとはいえ、年齢の壁を意識せざるを得ない面もあることは否めません。

それでも、何らかの事情を抱えていたり、どうしても実現したいことがあったりと、転職という選択肢を取る人はいます。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

参考:47歳の転職で、おすすめの転職サービス ランキング

順位 サービス名 評価 対応エリア 拠点
1位 doda コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 北海道・宮城・東京・横浜・名古屋・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
2位 JACリクルートメント コンサル 〇
サポート ◎
求人の質・量 ◎
関東・中部・関西・中国地方圏 東京・埼玉・横浜・静岡・大阪・京都・神戸・広島
3位 リクルートエージェント コンサル 〇
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
4位 パソナキャリア コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 〇
全国 全都道府県
5位 CAREER CARVER コンサル ◎
サポート △
求人の質・量 〇
全国 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡

1)47歳の転職は、「活動期間にゆとりを持つ」・「企業研究を入念に行う」ことが大事

ミドル〜シニア層の転職は、近年増加傾向にあります。企業の中には、前職で培った経験や人脈を活かして、若手にはできない活躍をしてもらいたいと期待を寄せるケースもあるようです。

しかし、50代も間近の年代から新天地を目指すにあたり、厳しい現実に直面することもあります。依然として「できるだけ若い人材」を求める企業は多く、年齢がネックとなって書類選考に通りにくかったり、面接で不採用となってしまったりすることも少なくないのです。

一般的に、年齢が上がれば上がるほど転職活動期間は長めになっていく傾向があります。応募しても不採用となり、また応募することの繰り返し——。

そのような状況になることも十分に考えられます。予想している以上に転職活動期間が長期化することも想定して、活動期間にゆとりを持っておくことが大切です。

また、転職に成功し、次の職場に移ってからもキャリアは続いていきます。
もしミスマッチが生じて次の職場を辞めなくてはならなくなったとしたら、次に転職するときには今以上に年齢を重ねていることになります。

「また次の転職を」と考えづらくなることも多いため、ミスマッチが起こらないようあらかじめ入念な企業研究をしておくことが求められます。





47歳の転職体験談① 約1年かけて、ようやく獲れた内定。 トンチャンさん 兵庫県

不採用通知の山。自分はどこにも必要とされていないんじゃないか?

転職活動を始めた時点で45歳と言う年齢もあり、なかなか決まらないとは覚悟していました。
ですが、まさか自分の年齢と同じくらいの数の会社に応募しなければ決まらないなどとは、全くもって想像すらしていませんでした。

ハローワークの求人情報が転職活動の中心でしたが、一応他の転職サイトにも数多く登録はしておきました。
ただ、どうもそちらの方は自分にとって非現実的な求人ばかりで、最終的には見るのを止めてしまいました。

家のPCで求人情報を見て、これはと言うものがあれば出向いて紹介を受けると言う感じでしたが、探している業種では書類選考からのところが多く、その書類選考すら突破できない日々が長く続きました。

そんな不採用通知が届き続ける日々が続くと、そのうちに(自分は、世の中から必要とされていない人間なのでは・・・)と考える様にもなり、事務所をたたんだ後の休養でほぼ完治したうつ病がまた再発しないかと心配になる程でした。

ですが、本当にそのギリギリのところで、私は1社から内定を受け取ることが出来たのです。

その会社は、工事用の看板製作を主事業とするデザイン会社でした。


引用元:転職体験談:「私の転職体験談:ようやく転職が決まったデザイン会社。──入社5日目でクビに。

転職活動が長期化した場合でも「焦り」に押しつぶされないように注意

思いもよらず前職で会社経営を引き継ぐことになってしまい、慣れない社長業を経験したことで軽いうつ病を患ってしまったトンちゃんさん。

「自分の年齢と同じくらいの数の会社に応募」したとのことですから、相当な苦労を味わい、多大なストレスにさらされていたことと推察できます。

体験談の中にあるように、転職活動が長期化し、数々の企業から不採用通知が届くようになると、精神的に追い詰められそうになることがあります。

そのようなとき、内定欲しさから希望していない職種に応募してしまったり、内定をもらえた会社の就業条件をよく確認しないまま入社を承諾してしまったりすると、入社後にミスマッチに苦しむ事態にもなりかねません

年齢的な面でも、転職後に「また次」と気軽に踏み切れないことを考慮に入れ、企業研究は入念に行っておくことが大切です。



2)47歳の転職は、「キャリア(できること)の拡がり」「必要なチャレンジ」も意識して

仕事をしていく上で「経験」は重要なものです。経験してきたことや身につけてきた能力は自分にとっての資産となり、若手には真似のできない仕事を実現することにつながるからです。

一方で、仕事において「絶対的」な能力というものは存在しません。
現代は変化の激しい時代になっていますので、一度身につけた能力が古くなってしまうことは決してめずらしくないからです。

一度身につけた能力や経験してきた事柄にこだわりすぎてしまうと、新しいチャレンジをしていく決意が阻まれてしまうこともないとは言い切れません。

苦労して培ってきたこと、一度は「この道で生きていく」と決めたことだったとしても、そこに固執するあまり今後のキャリアを考えられなくなってしまうようでは本末転倒です。

現役時代は昔と比べて長くなっています。47歳はまだまだ社会人人生を折り返したところです。

47歳の転職は、「守り」に入り過ぎてしまうのではなく、これからのキャリアの拡がりや必要なチャレンジについても意識しておく必要があるのです。





47歳の転職体験談② コンビニ経営から、運送業に転職。 由美子さん 東京都

これからどうすればいいか、まったくわかりませんでしたが、この辛い時を乗り越えたのだからなんだってやれると、そう思いました。

夫と2人で始めたコンビニ経営でしたが、激務への過労から夫は体調を崩し、他界しました。

店を譲るか、たたむかについてずいぶん悩みました。ですが、辞めるとなると違約金が発生します。

それに、2人の子どももまだ育ち盛りだったため、(とにかく、自分が働いて稼がなければ)という思いで、「続けていこう」と決めました。

しかし、苦しい日々は依然続きます。

競合店は更にその数を増やし、働いても働いても売り上げは激減。本当に、辛い毎日でした。

そのうち、私も過労で倒れてしまったのです。

幸いに、長年、一緒に働いてくれた信頼できる人がいて、お店を守ってくれたので、なんとか苦境は切り抜けられましたが、さすがにもう気持ちも折れてしまって。
こんな生活をずっと一人で続けていく自信は、もうありませんでした。

また、子どもたちもそれぞれの目標があって、私と共にコンビニで働く意思はなさそうでした。

そこで私は、とうとうコンビニ経営を辞める決断をしました。

幸いなことに、「店を引き継ぎたい」という方が現れ、違約金も発生せず、予想よりも大分低いコストで辞めることができました。

辞めたその日は、感無量でした。
──嬉しいとか、悲しいとか、そういうのではなく、ただただ「終わったんだ」という気持ちが大きなさざ波のように絶え間なく顕れて。

次にどんな仕事をするかはまだ未定のままでしたが、(この辛い日々を乗り切れたのであれば、他のどんな仕事でもやっていける)と、そんな気持ちにもなりました。


引用元:私の転職体験談:コンビニ経営をチャレンジ!そしてその後、宅配便ドライバーに転職して。

「どんな仕事でもやっていける」という吹っ切れた思いが成功につながる

コンビニ経営から運送会社でのドライバーへと、全くの異業種へ転職することを決意した由美子さん。

ご主人を亡くされ、一人で必死に切り盛りしてきたコンビニの店舗を人に譲ったとき、「どんな仕事でもやっていける」という気持ちになったと仰っています。

この心境は、47歳というタイミングでの転職において重要な意味を持っています。

キャリアが長くなると、ついつい「今までの経験の範囲内でできる仕事がいい」「今さら新しい仕事など覚えられない」と考えがちですが、たとえ同業種であっても勤務先が変われば新しく覚えなくはならないことだらけです。過去の遺産だけでは生きていけない——。これが現実なのです。

積み重ねてきた経験や能力は、決してなくなることはありません。だからこそ、そこにこだわり続けるのではなく、もう一度ゼロからスタートするという気持ちでのぞむことも大切です。



3)47歳の転職では、これまでの会社・新しい会社両方の「人間関係」を大切に

転職に際して、前職を円満退職しておいたほうがいいとよく言われます。47歳というタイミングでの転職では、いっそうこの点に注意を払っておいたほうがいいでしょう。

47歳の人材を採用するにあたって、採用する側の企業にはいろいろな期待があるはずです。そのうちの1つに「人脈」が挙げられます。

大卒の新卒から働いている人であれば、実に25年もの月日を社会人として過ごしてきたわけですから、いろいろなところで恩義を感じている人がいたり、お世話になったと感じている人がいたりしても不思議ではありません。

そういった人のつながりが、思わぬところで次の仕事に活かされていくことは十分に考えられるのです。

人間関係を大切にするという点では、新天地においても同様です。前職ではどんな立場だったのか、どんな知人がいたのか、といったことは一旦横に置いておき、新たな人間関係を地道に構築していくことに集中しましょう。

ベテランに相当する年齢の方が転職してくるとなれば、元からその職場で働いていた人は少なからず警戒し、様子を見ようとします。周囲の方々の名前を覚えたり、話しやすい関係性を築いたりといった努力を積み重ねていくことが大切です。



47歳の転職体験談③ 前職の社長からは「裏切者!」と罵られましたが…。 ヤマさん 東京都

人は石垣 人は城。

何かの昔の歌に「人は石垣 人は城」という歌詞がありますよね。
今回の転職を通して、何かをする時に力になるのは「人」の力だと思いました。

それまでは、努力をしていけば必ず報われると信じてやってきましたが、努力と共に、人を大事にしていくことが必要だと。

「人に恩を売っておけ」──先代の社長から、良く言われた言葉です。

若いころは、(仕事は人間関係よりも、技術を磨くことが大事な仕事だろう)と思ってきましたが、先代の社長からそのように言われ、その言葉を信じて、面倒な仕事でも嫌な顔をせずやってきました。

転職先がなかなか決まらないという時に、仕事の知り合いが助けてくれたのは、その結果ではないかと思っています。


引用元:私の転職体験談:歯科技工士として、40代の時に初めての転職!

いざというとき助けてくれるのは、長い年月をかけて培った関係性

前職の若社長に裏切り者呼ばわりされながらも、競合他社からの誘いで転職を決意したヤマさん。先代の社長に言われた「人に恩を売っておけ」という言葉を胸に刻み、信じてきたのでした。

同業の仲間は、ある意味でその人自身の信頼度を知るバロメーターになるのかもしれません。競合他社であるにも関わらず同業に親しい知人がいること、本当に困っているときは助けてくれること——。これらは、表面的な付き合いをしていたのではまずあり得ないことです。

ただし、人間関係における信頼は一気に高まるものではありません。ヤマさんが先代の社長の言葉を信じて面倒な仕事でも快く引き受けてきたことで、年月をかけて少しずつ信頼が積み上がっていったのでしょう。まさに「情けは人のためならず」です。



47歳の転職体験談④ コールセンターの派遣社員から、個人事業主に! happy1222さん 広島県

人とのつながりが大切だと、改めて気づかされました。

長年勤めていたコールセンターが閉鎖となり、その際に上司から「在宅(個人事業主)として、この仕事を続けてみないか」と誘われ、私は個人事業主になる決意を持ちました。

ですが、決めたからといってすぐに仕事があるわけではありません。
個人事業主でやっていくためには、そのための試験をパスする必要がありました。

試験は一次から三次までありました。
要領の悪い私に果たしてできるのかと不安になりましたが、今回ばかりは攻めの姿勢でいくことにしました。

前職の上司の助けも借りました。
知人に在宅で勤務している方がいるらしく、その方にどうやって試験をクリアすればいいのかを聞いて、情報を集めてくれたりしました。

人とのつながりが大切だと、改めて認識しました。

そして様々な人の支えもあり、私は無事に個人事業主として自宅で働くことができるようになったのです。


引用元:私の転職体験談:要領の悪さをカバーするための作業が、未来のための糧になって。

あなたにとっての「協力者」はだれか、改めて考える。

47歳という時期は、さまざまな事情からライフステージの変化に直面し、働き方を見直す必要に迫られる人も少なくないはずです。

自分自身の希望によるものだけでなく、家族の介護など自分以外の事情で20代、30代の頃とは同じ働き方を続けられなくなることも考えられます。

働き方を変えるのは勇気が要ることですし、周囲の理解やサポートが必要になることもあります。
そういったとき、快く理解を示してもらえるかどうか、温かく見守ってもらえるかどうかは、周囲との人間関係による部分が大きいと言わざるを得ません。

上の体験談では前職の上司の方が、おそらく自身の損得を抜きにして、純粋に「サポートしたい」という思いから協力してくれたのでしょう。こうした協力者の存在は、転職に際してとても大きな助けになることはめずらしくないのです。



4)47歳の転職で、お薦めの転職サービス ランキングTOP5

体験談の中にもあったように、47歳での転職は思いのほか活動に期間を要する場合がありますので、希望条件や理想とする働き方をしっかりと持って進めることが大切です。

また、周囲の理解を得てスムーズに転職するためにも、なぜ転職するのか、転職を通じて何を実現させたいのか、といったことを言葉にして説明できるようにしておく必要があります。

自力で全てを実現さえるのが厳しそうな場合は、転職サービスに相談してみるといいでしょう。
さまざまな特徴をもつ転職サービスがありますので、できるだけ2箇所以上に登録し、それぞれの「いいところ取り」ができるようにしておくと、より効率よく転職活動を進められます。

順位 サービス名 評価 対応エリア 拠点
1位 doda コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 北海道・宮城・東京・横浜・名古屋・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
2位 JACリクルートメント コンサル 〇
サポート ◎
求人の質・量 ◎
関東・中部・関西・中国地方圏 東京・埼玉・横浜・静岡・大阪・京都・神戸・広島
3位 リクルートエージェント コンサル 〇
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
4位 パソナキャリア コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 〇
全国 全都道府県
5位 CAREER CARVER コンサル ◎
サポート △
求人の質・量 〇
全国 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡

1位 doda  ──スカウトを待ちつつ自分でも求人を探したい方にお薦め

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

「自分に何ができるのか」「今後どのように働いていきたいのか」をよく考えておくことは大切ですが、時には思いも寄らないスカウトを受けたことで視野が広がり、新たなチャレンジへと結びつくこともあり得ます。

また、自分で求人を探しつつスカウトも受信していくことで、さまざまな視点から業界や企業を見る目を養うことにもつながりますので、「スカウトと自力で求人検索」の併用は転職活動の進め方としておすすめです。

dodaは転職サイトですが、転職エージェントに申し込むことでキャリアアドバイザーのサポートも受けることができます。

もちろん、転職エージェントに登録後も自分で求人を検索したり応募したりすることはできますので、スカウトを待ちつつ自分でも求人を探したい人はdodaを活用するといいでしょう。





2位 JACリクルートメント ──今後のキャリアをチャレンジングなものにしたい方にお薦め

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。

これまでの経験やキャリアを活かして、より高い目標を掲げていきたいと考えている人もいることでしょう。キャリアアップや年収アップを目指したい方は、JACリクルートメントへの登録をおすすめします。

JACリクルートメントは、そもそものサービスコンセプトがハイキャリア人材向けです。

そのため、若手よりも経験豊富なミドル〜ベテランの年齢層を対象にしている面があります。これまでのキャリアで蓄えた経験や実績を、次のキャリアで存分に活かせたら——。

このように考えている人にとって、「まさにこういう会社・ポジションを求めていた」という求人を紹介してもらえる可能性があります。

今後のキャリアをさらにチャレンジングなものにしたいと考えている人は、JACリクルートメントに登録しておきましょう。





3位 リクルートエージェント  ──求人をじっくりと比較検討したい方にお薦め

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

47歳の転職において、企業研究を入念に行っておくことは非常に重要です。

たとえ以前から社名を知っている企業だったとしても、配属される部署によって働き方や仕事内容が大きく変わることはめずらしくありません。

1つの企業についてしっかりとリサーチしておくのはもちろんのこと、複数社を比較しながら並行してリサーチしていくことが大切です。

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも国内屈指の規模を誇るサービスとして知られています。
保有求人数はトップレベルですので、複数の企業を紹介してもらった上で、仕事内容や条件を比較検討したいと考えている人におすすめです。

もちろんキャリアアドバイザーに相談することもできますので、興味のある企業についてはより詳しい情報を教えてもらうことも可能です。





4位 パソナキャリア ──企業研究やキャリアプランの策定に力を入れたい方にお薦め

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

パソナキャリアは登録後の面談にしっかりと時間をかけてくれる点が好評な転職エージェントです。

これまでのキャリアと今後の希望について、きめ細やかにヒアリングしてくれますので、経験や能力を存分に活かした転職先が見つかりやすくなるのです。

企業研究についても、キャリアアドバイザーが情報提供をしてくれますので、全てを自力で調べ尽くそうとしなくても、一定以上の情報を得ることができます。

こうしたサポートにより、面接などの採用選考に落ち着いてのぞめるだけでなく、転職後の働き方やキャリアプランをより具体的にイメージしながら転職活動を進めることが可能になるのです。

47歳の転職——。失敗したくない、不本意な結果に終わらせたくないと思う方は、パソナキャリアの強力なサポートで転職成功を勝ち取っていきましょう。





5位 キャリアカーバー  ──時間がかかっても良い職場に巡り合いたい方にお薦め

Career Carverキャリアカーバー リクルートのヘッドハンティングサービス

47歳の転職は活動期間を要することも想定しておくべきと述べましたが、見方を変えれば「時間をかけてでも良い職場に巡り合いたい」という姿勢でのぞむことが転職成功につながります。

あえて結論を急がず、少々の期間がかかっても焦らず「縁」を待つというのも1つの考え方です。

キャリアカーバーは日本ではまだめずらしいヘッドハンティング特化型の転職サービスです。

ヘッドハンターや企業が登録者を直接スカウトする仕組みになっていますので、自分から応募する転職サービスと比べると声がかかるまでに期間が必要になることも少なくありません。

しかし、スカウトされた場合には企業やヘッドハンターが「この人と話してみたい」と考えていますので、その後の選考はスムーズに進むことも多いのです

時間がかかっても良い職場に巡り合い、納得度の高い転職活動にしたい人は、キャリアカーバーを活用してみましょう。





まとめ)47歳の転職はリスク回避とリスクテイクをバランス良く意識して

さて、ここまでの内容をざっとまとめてみましょう。

47歳の転職をする際のポイント

  • 転職活動期間にゆとりを持ち、企業研究を入念に行う
  • 自分にできることだけでなく、これからやっていきたいことも意識する
  • 前職・新天地の両方で、人間関係を大切に

今回紹介した体験談の中には、大変な苦労をされたエピソードがある一方で、人の縁に支えられた心温まるメッセージが込められたエピソードもありました。

47歳の転職に伴うリスクは、若手の人材と比べると否応なく大きくなっているかもしれません。しかし、リスク回避をしっかりと考慮しつつも、今後のキャリアを実りあるものにするためにリスクを取るという選択をする覚悟もときには必要になるはずです。

できる準備は万全にした上で、リスク回避とリスクテイクのバランスを意識して、47歳の転職を成功させていきましょう。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー