『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

これからPerlエンジニアに転職するのはあり?Perl開発の将来性・求められる業界・準備のポイント

[最終更新日]2023/01/03

これからPerlエンジニアに転職するのはあり?Perl開発の将来性・求められる業界・準備のポイント

みなさまのなかにはPerlを学び、転職しようと考える方もいるのではないでしょうか。Perlは以前より案件が少なくなったものの開発現場でよく使われる言語の1つであり、実際に求人数も多くなっています。

一方で求人数が多いからといって、転職しやすいとは限りません。
特にPerlは30年以上の歴史がありますので、転職活動の際は「Perl一筋20年」といった、いわば「匠」と競合する可能性もないとはいえません。加えてPerlはそれなりに難しい言語ですから、事前の心構えも必要です。

目次

あなたがPerlエンジニアで働こうとするならば、まずPerlエンジニアとはどのような仕事か、事前に知っておくことが求められます。ここでは以下のポイントを取り上げ、解説していきます。

  • Perl言語の概要
  • Perlエンジニアの仕事内容
  • Perlエンジニアの年収
  • Perlエンジニアを求める業界やサービス

それぞれについて、順にみていきましょう。

Perl言語の概要

・テキスト処理が高速 ・コンパイルが不要 ・プログラムが読みやすい ・後方互換性が高い ・プラットフォームを選ばず利用できる ・CPANモジュールが多数公開されている

Perlは1987年に登場したプログラミング言語で、以下のとおりさまざまな特徴があります。

  • テキスト処理が高速
  • コンパイルが不要なので、書いたらすぐ動かせる
  • プログラムが読みやすいため、ミスを見つけやすい
  • Perlのバージョンが上がっても、既存のプログラムをそのまま活用しやすい(後方互換性が高い)
  • UNIXやWindows、Macなど、プラットフォームに関わらず利用できる
  • CPANモジュールが多数公開されている。これらを利用することで、コーディング量を下げられる

一方で、Perlは良いところばかりとは限りません。学習の難易度はPHPやJavaよりも高いといわれていますから、未経験者にとって簡単な言語とはいえません。

また目的の動作をさまざまな書き方で表現できるため、人によりコーディングがばらばらになりやすい点にも注意が必要です。

Perlエンジニアの仕事内容

Perlエンジニアの仕事内容 ●新規開発 ●保守開発 ●運用 保守開発の案件が多く、最初は既存のコードを修正する業務を任される可能性が高い

Perlエンジニアが担当する仕事は、以下の3つに分けられます。

  • 新規開発
  • 保守開発(運用中のプログラムに新しい機能を追加したり、不具合を修正したりする)
  • 運用(トラブル対応など)

どの業務でも、プロジェクトリーダーなど業務を統括する役割のエンジニアと、メンバーとして働くエンジニアがいます。

加えて開発を担当する場合は、設計など上流工程を担当するエンジニアと、コーディングなど下流工程を担当するエンジニアに分かれます。

Perlは長い歴史があることから、保守開発の案件が多いことが特徴です。あなたがPerlエンジニアとして転職した場合、最初は既存のコードを修正する業務を任される可能性が高いでしょう。

Perlエンジニアとして働くならば、収入は気になるところです。またどのような業界やサービスで活用できるかも気になるところです。この点について、どのような状況かみていきましょう。

Perlエンジニアの年収イメージ

Perlエンジニアの平均年収

ITエンジニア転職サイト「マイナビIT AGENT」の求人情報をもとに作成(2022年10月)

Perlエンジニアの年収のボリュームゾーンは600万円~1,000万円となっています。
他のエンジニア職と比べると、300万円~500万円の年収が少なくなっているのが確認できます。

求人検索エンジン「スタンバイ」によると、Perlエンジニアの年収中央値は525万円となっています。数あるプログラミング言語のなかでベスト10に入っていることから、Perlは高い年収が期待できる言語といえます。

ただし、高年収帯の求人は「Perl言語とプラスαの言語を使用」という業務条件のものが多いです。また、未経験者向けの求人はかなり少なめです。

つまり、Perlエンジニアの求人には以下の特徴があります。

  • 未経験者向けの求人は少なめ
  • Perl言語のほかにPythonやRuby、JAVAなどのプラスαの言語スキルが求められやすい

Perlエンジニアの需要のある業界やサービス

Perlエンジニアの需要のある業界やサービス ●Web、スマホアプリの開発 ●グラフィック処理 ●システムユーティリティやデータベース、ネットワークに関するシステム ●データ処理やデータ分析に関するサービス ●文書処理

PerlはWebアプリケーションの作成が主な用途としてあげられますが、それだけではありません。以下のように、さまざまな業界やサービスで求められています。

  • Web・スマートフォンアプリの開発
  • グラフィック処理
  • システムユーティリティやデータベース、ネットワークに関するシステム
  • データ処理やデータ分析に関するサービス
  • 文書処理

このため、特定の業界やサービスに依存しないことはメリットの1つにあげられます。

Perlエンジニアの将来性

長い歴史と高いパフォーマンスとスケーラビリティを誇るPerl言語ですが、2022年現在において需要は以前よりやや低下ぎみです。
その理由は、改良を重ねた後発の言語(PythonRubyGoなど)にシェアを取られつつあるからです。

ただし、現在においてPerlが利用されている著名サービスは多くあります。
すぐにPerl言語が他の言語にとって代わるということは起きにくいでしょう。

Perlエンジニアとして働くために必要な知識やスキルには、以下の4点があげられます。

●Perlのプログラミングスキルは大前提(自力で何らかの成果物を製作できるスキル) ●既存のコードを読み解くスキル(保守開発の現場などで求められる) ●すでに公開されているモジュールを組み合わせ、開発するスキル(CPANモジュールを使うためにはある程度の英語力も必要) ●Webシステムに関する知識を養っておく(ストレスなく正常に表示されるコンテンツをつくるために必要)

いずれも、Perlエンジニアとして活躍するためには欠かせません。それぞれのポイントについて、順に説明していきます。

Perlのプログラミングスキルは大前提

Perlエンジニアとして仕事をするならば、当然のことながらPerlのプログラミングスキルは必須です。目安としては、自力で何らかの成果物を製作できるスキルと考えるとよいでしょう。

特にIT業界未経験の方は転職活動を始める前に、上記で示したレベルに到達できるまでしっかり学ぶことが重要です。

入社後に会社のサポートを得て学ぶよりも、あらかじめスキルを身につけた後で転職活動に取り掛かったほうが、より満足できる結果を得やすくなります。

これからPerlのプログラミング言語を学ぶという人は、以下に紹介する書籍・学習サイトを参考にされるとよいでしょう。

Perlの学習におすすめの書籍

Perlの学習におすすめの学習サイト

学習サイトは、思い立ったときに学び始められるメリットがあります。
Perlの学習サイトややや古いものが多いのですが、以下に紹介する2サイトは最近まで更新が続いており、おすすめです。

学習サイト名 特徴
Perlゼミ_Perlの基礎をインストールからサンプルで丁寧に解説 Perlのインストールからはじめて、Perlプログラミングの基礎を学べる初心者向けの無料Web講座です。Perlの変数、配列、ハッシュ、if文、for文などの基本文法、ファイル入出力、日本語対応の検索・置換などの正規表現を使ったテキスト処理を学習できます。
Perl入門 ~Perlのインストール方法やPerlを使ったプログラミングの方法について解説します~ _ Let’sプログラミング プログラミング言語として Perl を使った方法を学習される方を対象として、 Perl によるプログラム記述方法について解説します。 Perl のプログラミングとしては CGI として Web サーバと連携した利用方法がよく使われますが、まず単独で動作するプログラムの作成を通して Perl の文法などについて学習していきます。

既存のコードを読み解くスキル

Perlは歴史ある言語ですから、すでに実務で運用されているシステムにも数多く使われています。

そのため開発業務においては新規ではなく、既存システムの改善などを行う「保守開発」も多いことが特徴です。特に転職したばかりの方は、このような現場に配属される可能性もおおいにあるといえます。

保守開発は、1からコードを書く必要がありません。一方ですでに動作しているシステムをレベルダウンさせないように注意を払いつつ、開発することが求められます。

このためには既存のプログラムに何が書かれているか、正しく理解することが欠かせません。そのため仕事をする上では、他人が書いたコードを読み解くスキルも求められます

すでに公開されているモジュールを組み合わせ、開発するスキル

Perlの開発はすべて自前でコードを書くのではなく、すでに公開されているモジュール、いわば「部品」を組み合わせることが一般的です。

プロジェクトによってはスピード開発が求められる場合もあり、この場合は極力新規で書くコードを減らすことが求められます。

PerlではCPANモジュールに、多種多様なモジュールが用意されています。モジュールを探し出して「use (モジュール名);」と入力するだけで、便利な機能をすぐに活用できる点は見逃せません。

CPANモジュールを使うためにはある程度の英語力が必要ですが、その苦労を上回るメリットが得られます。

Webシステムに関する知識を養っておく

Perlは、Webで動的なコンテンツを作成する「CGI」の実装によく使われてきました。ストレスなく正常に表示されるコンテンツをつくるためには、PerlだけでなくWebシステム全体の知識を持つことも欠かせません。

Webシステムは以下のように、さまざまなテクノロジーの組み合わせでつくられています。

  • Webにおける通信のしくみ
  • HTML、CSS
  • Webブラウザの特徴
  • Webシステムを構成するサーバー(Webサーバー、データベースサーバーなど)

上記のそれぞれについて、深く知る必要があるとは必ずしもいえません。しかし上記にあげた情報を概要レベルで押さえておくことは、効果的なプログラムを作るために欠かせません。

未経験からPerlエンジニアを目指す場合は、必要な知識やスキルを身につけることはもちろん、以下のポイントを押さえておくことも重要です。

それぞれのポイントについて、順にみていきましょう。

Perlで実際にコードを書き、ポートフォリオを作成する

Perlでプログラムを作って、ポートフォリオを作成すると転職活動の際にも役立つ。

「Perlのプログラミングスキルは大前提」で解説したとおり、Perlエンジニアになりたいならコードが書けることは必須条件です。

まずはサンプルを参考に、プログラムを作ってみましょう。サンプルは参考書にあるものだけでなく、Webで公開されているものも活用できます。

Perlに慣れてきたら、自力でプログラムを作ってみましょう。標準モジュールやCPANモジュールを組み合わせて開発すると、実践に近づけます。

一通り学び終わったら外部に実力を示す方法として、成果物などのポートフォリオを作ってみましょう。誰にでもわかりやすいように作成すると、転職活動に有利に活用できます。

技術者のコミュニティ・セミナーに参加し、積極的に情報を得る

コミュニティなどに参加することで、技術的なことだけでなく業界に関する情報も入手できる。

Perlは30年以上の歴史がある言語ゆえに、技術者によるさまざまな「知の蓄積」があります。そのため以下のように、Perlをより深く知る場がWeb上に用意されています。

  • コミュニティやフォーラムといった形で、技術者どうしが交流できる場
  • ニュースグループやニュースサイトなど、有益な情報を得られる場

もちろんPerlの基礎的な部分は、自ら学ぶ必要があります。しかしひととおりPerlで開発できるようになったらこれらのサイトを活用して、先人の知恵を得ることがよい開発者への近道となります。

またコミュニティなどに参加することで業界に関する情報が入手でき、求人応募へのヒントが見つかるかもしれません。

Perlの他に、最低でももう一つ得意言語を増やしておく

Perlのほかに1つ以上の得意言語を持つことで、より多くの開発案件に携わりやすくなる。

Perlが登場した頃はプログラミング言語の種類が少なかったこともあり、多くのシステム開発に使われていました。

しかし現在では多種多様な言語が登場しているため、システムの特徴に応じて開発言語が使い分けされることが特徴です。そのためPerlにこだわると、せっかくのチャンスを逃す可能性があることに注意しなければなりません。

Perlのほかに1つ以上の得意言語を持つことで、より多くの開発案件に携わりやすくなります。

PythonRubyJavaScriptPHPなどのなかから、あなたに合った言語を選び習得するとよいでしょう。

ITエンジニアの転職に強い転職エージェントを活用する

ミスマッチ転職を避けるためにも、ITエンジニアの転職に強い転職エージェントを活用する。

Perlエンジニアの求人はさまざまです。あなたがIT業界の経験がない、Perlエンジニアの事情がよくわかっていないという場合、どのレベルの求人に応募すればよいか迷うことでしょう。

もし高いレベルのスキルが求められる企業に入社すると、後々苦労することになりかねません。周りについていけなければ、離職を余儀なくされるおそれもあります。

これを防ぐためには、ITエンジニアの転職に強い転職エージェントを活用することがおすすめです。転職エージェントは募集背景やどのレベルのエンジニアを求めているかなど、さまざまな情報を得ています。

転職エージェントを活用すれば、Perlエンジニアとして初めて転職する方でも、相談して応募先を決めることで安心して転職活動を進められます。

転職エージェントサービスの仕組み

Perlエンジニアの求人を取り扱う転職エージェントは多くあります。
選ぶ際は、「Perlエンジニアの求人が豊富か」「希望する転職地域に対応しているか」「担当者はこちらの希望をしっかり聴いて理解してくれるか」の3点を意識すると良いでしょう。

1点目の求人数と2点目の対応エリアについては、本記事が紹介するおすすめサービスをまずチェックすると良いでしょう。
3点目の「担当者の品質」については、まずは「ここが良さそう」と感じたサービスを2~3つ登録して、そのうえで自分に合った担当者を見出して利用を絞っていくのがおすすめです。

ITエンジニアの方が転職エージェントを利用する際の選び方・活用法を紹介します。「自分に合った転職エージェントを見つけたい」という方は、以下ご参考ください。

ITエンジニアの転職で転職エージェントを有効活用するポイント1
ITエンジニアの転職で転職エージェントを有効活用するポイント2、ポイント3

Perlエンジニアでの転職で、転職エージェントを活用するポイントは以下の3点です。

  • Point1 各ITエンジニア向け転職エージェントの、それぞれの特徴を知っておく
  • Point2 はじめに2~3つ「複数」の転職エージェントに登録しておく
  • Point3 何度かのやりとりで「相性」と「やりやすさ」を確認する

特にポイント3つ目の「相性とやりやすさ」は重要です。転職エージェントの担当者とは、転職期間中はずっと付き合いを続けていきますので、「自分に合った担当アドバイザー」を早めに見出していくことが、転職成功のひとつの要となるでしょう。

ITエンジニアの転職で自分に合ったアドバイザーを見分けるポイント3つ

  • キャリア相談に、親身に乗ってくれるか
  • 求人を紹介する際に、「何故おすすめなのか」についてきちんと納得できる説明をしてくれるか
  • 求人紹介の量・その後の連絡ペースが、適切と感じられるか
ITエンジニア向けの転職エージェントの選び方について詳しく見る

マイナビIT AGENT

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
POINT!

マイナビ社が運営する、ITエンジニア転職に特化した転職エージェント。好条件求人の紹介、書類作成・面接準備へのサポートの手厚さに強みがあります。

マイナビIT AGENTは人材紹介会社の大手マイナビが運営する「IT/Webエンジニア専用」の転職支援を行うエージェントです。
サポート対応地域は全国。オンラインでの面談も受け付けています。

マイナビIT AGENTの大きな特徴は、エンジニア向け求人数の豊富さ、そしてシステム会社から事業会社まで幅広い業界の求人に対応している点が挙げられます。

また、マイナビの転職サービスは「サポートの丁寧さ」にも定評があり、職歴書の作成や面接対策に不安を感じている人におすすめです。

また、マイナビIT AGENTを利用した人の転職後定着率は97.5%(※公式サイトより)。
転職者一人ひとりにマッチする求人紹介とサポートが期待できます。

マイナビIT AGENTの特徴

特徴
  • ITエンジニアの求人数は国内トップレベル。システム会社から事業会社まで幅広く網羅
  • 担当者の対応が丁寧。書類添削から面接対策までじっくり取り組んでくれる
  • 企業とのリレーションが強く、独自の非公開求人が多数
サービス対応地域 全国
Perlエンジニアの公開求人数 約700件(2022年11月現在)

リクルートエージェント

リクルートエージェントIT
POINT!

Perlエンジニア求人数は国内最多!豊富な転職ノウハウと支援ツールで、「スピーディな転職」を実現できます。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

ITエンジニアの転職支援にも強く、2022年11月時点のITエンジニア向け公開求人数は約8万件、Perlエンジニア関連の求人は約7,000件と、他のエージェントから群を抜いての豊富さです。

また、これまでの培ったノウハウと企業とのリレーションをもとにした支援ツール・サービスの充実がリクルートエージェントの強みです。

たとえば、リクルートエージェントでは志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」を用意してくれます。
ITエンジニアの転職では、その職場の開発環境から求められるスキルや働き方まで、ネットで公開されていないような企業情報が必要となることも多いでしょう。その際に、レポート情報は大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとにPerlエンジニアの転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • ITエンジニアの求人数および転職支援実績 国内No1。全エンジニア職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • 面接力向上セミナー等のセミナー・イベントも随時開催
サービス対応地域 全国
Perlエンジニアの公開求人数 約7,000件(2022年11月現在)
エンジニア求人国内No.1
登録は5~10分程で完了します。

レバテックキャリア

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
POINT!

レバテックキャリアの担当エージェントは全員エンジニア経験者。「希望の企業に転職」96%、「転職後の年収アップ率」80%以上の高い実績を誇ります。

レバテックキャリアは「エンジニア実務経験者」のサポートに特化した転職エージェントサービスです。

保有求人数もIT・Web業界特化型サービスの中ではトップクラスで、かつエンジニアの専門知識を持つ担当エージェントからサポートを受けることができます。

とくに書類添削サポートおよび企業への交渉力に強みがあり、「希望の企業に転職」96%、「転職後の年収アップ率」80%以上と、非常に高い高い実績を誇っています(※公式サイトより)。

「年収アップなど待遇面での改善をしたい」、「エンジニアとしてのキャリアプランを掘り下げたい」、「書類や面接で評価してもらえるようアドバイスを欲しい」というエンジニアの方は、レバテックキャリアがおすすめです。

レバテックキャリアの特徴

特徴
  • 担当アドバイザーは全員エンジニア経験者。専門分野において適切なサポート・アドバイスが受けられる
  • 企業情報を熟知した担当のフォローにより、書類通過率・内定決定率が高い
  • 「希望の企業に転職」96%、「転職後の年収アップ率」80%以上の高い実績(※公式サイトより)
サービス対応地域 全国
Perlエンジニアの公開求人数 約500件(2022年11月現在)

ワークポート

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
POINT!

「未経験からの転職に強い」と評判の転職エージェント。エンジニアのキャリアチェンジ転職の際にも積極的な支援が期待できます。

ワークポートはリクルートエージェント・dodaに次ぐ豊富な求人を抱える転職エージェントです。

とくにITエンジニア系職種に関する求人が多く、また同サービスは「業界・職種未経験者」への転職成功に多くの実績があります。

そのため、「プログラマーからSE」、「SEからPL」、「サーバーエンジニアからセキュリティエンジニア」といったエンジニアのキャリアアップ・キャリアチェンジの際は、とくに多くの求人を紹介されやすいでしょう。

検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、転職先の選択肢を広げる際にもおすすめです。

ワークポートの特徴

特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
Perlエンジニアの公開求人数 約500件(2022年11月現在)
転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

まとめ)さまざまな方法を活用して、Perlエンジニアへの転職を実現しよう

Perlは歴史の長い言語であるため、経験の長いベテランのエンジニアも少なくありません。一方でPerlには、これまでの知恵がさまざまな形で集積されています。したがって未経験からPerlエンジニアを目指すためには自学自習はもちろん、先人の知恵を活用することも重要なスキルの1つです

Perlエンジニアの転職は競争相手も多いですが、求人数も多いです。人手不足の時代でもありますから、きちんと準備しスキルを身につけ転職エージェントを活用することで、希望する職場での就職に近づけます。さまざまな方法を活用して、Perlエンジニアへの転職を実現しましょう。

目次[ 閉じる ]