『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

有料老人ホームで働くには?仕事内容・準備すべきポイント紹介

[最終更新日]2020/04/14

有料老人ホームで働くには。

有料老人ホームと聞いて、すぐに施設形態や仕事内容などがイメージできるでしょうか?

おそらく多くの方が…

「普通の老人ホームと何が違うの?」
「施設にはどんな特徴があるの?」


…など、わからない点が多くあるはず。

そのため、本記事では『有料老人ホームの業務内容』から『仕事のやりがいと大変なところ』などを網羅的に紹介していきます。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)有料老人ホームって、どんな職場?仕事内容は?

有料老人ホームとは

有料老人ホームは、特別養護老人ホーム(通称:特養)に代わる施設として、ここ近年急速に数が増えている介護施設の1つです。

税金の一部が開設費に利用される特別養護老人ホームと違い、民間企業の資本で施設インフラを整備できるというメリットがあることから増加傾向にあるのです。

また民間企業が運営元であるという特徴から、「施設のバリエーションが豊富」「サービスの種類が多い」という点が魅力の1つとなっています。

例えば富裕層の高齢者を対象に、高級ホテルさながらの豪華なサービスが用意された施設も存在します。

他にも通常の介護保険サービスに上乗せして様々な介護サービスが受けられるなど、企業の裁量や方針に任せた自由なケアを選択できるのです。

「有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」の違いは?

たまに、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅を混同して覚えている方もいらっしゃいます。

有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)の最も大きな違いは、『入居対象者』です。

有料老人ホームは原則として65歳以上で「自立・要支援1~要介護5」に該当する方が入居対象なのに対し、サ高住では原則として60歳以上で「自立~軽度の要介護」の方を入居対象としています。

また有料老人ホームでは「終身利用」が一般的なのも特徴です。住居、介護サービスを同時に契約し、利用者は最後までサービスを受け続けます。

逆にサ高住では「建物賃貸借契約」という形をとっており、入居に払う金額はあくまで敷金として支払っています。そのため、介護サービスを受けるためには別途契約をする必要があるのです。



有料老人ホームの主な仕事内容

有料老人ホームの主な仕事内容は以下の通りです。

  • 食事介助
  • 排泄介助
  • 入浴介助(清拭介助)
  • 更衣介助
  • 整容介助
  • 移乗介助
  • 移動介助
  • 体位変換介助
  • 服薬介助
  • 通院・外出介助
  • レクリエーションの企画・運営
  • 清掃
  • 見守り
  • 業務記録

一般的な身体介護・生活支援に加え、レクリエーションの企画・運営も行います。

季節のイベントといった凝ったレクリエーションを行うなど、民間企業が運営元であるがゆえの自由さを生かした特色ある施設も多いですね。



有料老人ホーム業務の一日の流れ

有料老人ホームの一日の流れは以下の通りです。

9:00 出勤 夜勤者からの申し送りを受け、今日の予定を確認します。その後は入浴準備やトイレ誘導などを行うことが多いです。
10:00 入浴や見守り 1人20分程度のスパンで入浴介助を行います。その日の予定によっては午後に行うこともあります。
11:30 昼食準備 昼食前に離床介助やトイレ誘導を行います。
12:00 昼食 自力で召し上がることのできない方のみ、食事介助を行います。終わった後は服薬介助や口腔ケアをすることが多いです。
13:00 レクリエーション スタッフ同士連携を取りながら、レクリエーションを企画,運営していきます。
15:00 おやつ 昼食同様、食事介助を行います。
15:30 記録の作成、清掃など 記録の作成、施設内の清掃、その他個人的な業務などを行います。
16:30 夕食準備 夕食前に離床介助やトイレ誘導を行います。
17:00 夕食 食事介助を行います。終わった後は服薬介助や口腔ケアをすることが多いです。
18:00 申し送り&勤務終了 夜勤スタッフ、看護師、施設長などに変わった点はなかったかなど、必要事項を伝えます。その後は記録類が終わったら勤務終了です。




2)有料老人ホーム勤務の大変な点ややりがいは?

ここからは『有料老人ホームの大変な点とやりがい』を紹介していきます。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設といった介護施設と比較しても、有料老人ホームは似ている部分が多いです。そのため有料老人ホームの勤務実情を知れば、介護業界全体を理解する大きな手立てとなります。

とはいえ、民間企業が運営元であるからこその特徴も多少あるため、ぜひこの機会に有料老人ホームの実情について理解を深めてみてください。



有料老人ホームの大変な点

有料老人ホームの大変な点は以下の3つです。

職場により求められる仕事が変わるレクリエーション企画・運営力夜勤がある
  • 職場によって求められる仕事が大きく異なる
  • レクリエーションの企画力・運営力が求められる
  • 夜勤がある

有料老人ホームは施設によって特色が異なるため、別の介護施設から転職した際に仕事内容が違い過ぎて驚くことがあります。

例えば、要介護度が高く人手も少ない大変な施設もあれば、それとは真逆のまるで高級ホテルのような施設もあります。当然、それらの施設では求められるサービスも全くの別物です。

また、有料老人ホームではレクリエーションが難しい仕事の1つと言えます。

数十人に楽しんでもらえるようなレクリエーションを考え、少ないスタッフで運営するのは慣れるまで大変です。うまくコミュニケーションが取れず文句を言われてしまうケースもたくさんあります。

更に介護職特有の「夜勤」も体力を使う仕事ですね。生活リズムを整えるのが難しくなるため、こちらも慣れるまでは苦労するでしょう。





有料老人ホームのやりがい

有料老人ホームのやりがいは以下の3つです。

利用者から感謝されることスキルの向上を実感できること施設ごとの特色を味わえること
  • 利用者から感謝されること
  • スキルの向上を実感できること
  • 施設ごとの特色を味わえること

有料老人ホーム最大のやりがいは「利用者から感謝されること」です。

身体介護や生活支援を行っていると、高齢者ならではの寛容さから「ありがとうね」と屈託のない笑顔を向けてくれます。これが働く側からすると「頑張ってよかった!」と活力になるのです。

また、日々のレクリエーションや介護業務全般で自分がスキルアップしていることを実感できます。

前回よりも盛り上がった、多くの利用者から感謝された、よりスピード感を持って仕事を行えた…など、同じ施設で毎日仕事をするからこその気付きがたくさんあるのです。

さらに、有料老人ホーム特有の楽しみが味わえます。例えば「庭に畑がある施設」では野菜を育てて実際に食べることができたり、「カラオケセットがある施設」では毎日宴会のような盛り上がりを楽しめたりするのです。

まとめると、有料老人ホームでは人との繋がりを大切にしながら、自分自身も成長できるという魅力があるのですね。



3)有料老人ホームに就職・転職する際に準備しておきたいポイント3点

ここまでの内容を踏まえ、『有料老人ホームに就職・転職する際に準備しておきたいポイント3点』を紹介していきます。

有料老人ホームでは、民間企業が運営元であるからこその注意ポイントがいくつか存在します。それらを知らないで就職・転職してミスマッチが起こることのないよう、ぜひ理解を深めてみてください。

福利厚生をより詳細に調べる施設ごとの人員体制を把握する介護専門の転職サービスを活用する
  • ポイント#1 福利厚生をより詳細に調べる
  • ポイント#2 施設ごとの人員体制を把握する
  • ポイント#3 介護専門の転職サービスを活用しよう

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



ポイント#1 福利厚生をより詳細に調べる

有料老人ホームでは『福利厚生』をしっかりと調べることが重要です。

なぜなら、民間企業が運営元であるケースが多く、公的団体と比べ福利厚生に大きく差が出るからです。

企業によっては「住宅手当」「家族手当」といった介護業界では珍しい福利厚生が付くこともあります。しかし、逆に全く福利厚生が付かない企業もあるため、同じ仕事であっても待遇が全然違う…ということが起こり得るのです。

福利厚生は会社のHPや面接時に詳しく聞くことができます。そのため、複数の企業を調査して選択肢を増やすようにしましょう。





ポイント#2 施設ごとの人員体制を把握する

有料老人ホームでは『人員体制』も差が出るポイントの1つです。

介護保険法では、有料老人ホームの開設には1:3(=1人の利用者に対して3人の職員)という人員体制が定められています。
しかし昨今の人手不足の影響もあり、施設開始から時間が経って人手が減ってしまった…というケースがあるのです。

すると入社後、体力的にかなり厳しい仕事量を割り当てられてしまう可能性が否めません。
そのため、施設のHPで確認後、面接時に施設長などから人員体制について詳しく聞いておくことをオススメします。





ポイント#3 介護専門の転職サービスを活用しよう

介護職に詳しくない…という未経験の方は、転職サービスを利用することもミスマッチを減らす手立てになります。

なぜなら、転職サービスでは介護業界を良く知る専門のキャリアコンサルタントが、あなたの特徴を踏まえて客観的に合う施設を探し出してくれるからです。

介護業界には特有のキャリアパスや、人手不足など深刻な問題が複雑に絡み合っています。

そのため、自ら調べて転職先を探すことも重要ですが、同時に介護に知見のあるコンサルタントから意見をもらい、より転職の制度を高めることが必要不可欠なのです。



4)有料老人ホームへの転職を目指す際に、おすすめの介護専門転職サービス

有料老人ホームへの転職を目指す場合、適当に転職サービスを選ぶことは絶対にやめましょう。

なぜなら、介護向けの転職サービスは複数あるからです。さらにサービスごとに「雇用形態(正社員か派遣か)」「求人数」「対応エリア」「サポートの手厚さ(マンツーマンかどうかなど)」といった部分で違いがあります。

そのため、自分はどのような雇用形態が良いのか、どの地域で働きたいのか…など、あなたの希望に沿った転職サービスを検討した上で利用することが非常に重要です。

より効率的に良いマッチングを実現するためにも、ぜひこの機会に各転職サービスの特徴を理解してみてください。

おすすめの介護専門転職サービス

                   
転職サービス 求人の雇用形態 求人数対応エリア(拠点)サポート

きらケア
正社員、派遣〇多い 北海道、宮城、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫、奈良、広島、福岡 ◎非常に手厚い

かいご畑
正社員、派遣、パート〇多い 北海道、東京、埼玉、千葉、栃木、群馬、静岡、愛知、大阪、京都、神戸、広島、福岡 ◎非常に手厚い

ジョブメドレー
正社員、派遣、パート◎非常に多い 全国 △普通

マイナビ介護士
正社員、派遣、パート〇多い 北海道、東京、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡 ◎非常に手厚い

スタッフサービスメディカル
派遣◎非常に多い 全国 〇手厚い

クリックジョブ介護
正社員、派遣、パート〇多い 全国 〇手厚い

カイゴナビ派遣
派遣◎非常に多い 全国 〇手厚い

メドフィット
正社員、派遣、パート〇多い 全国 △普通




まとめ)施設ごとに特徴が違う「有料老人ホーム」では客観的な判断が必須

有料老人ホームは「民間企業が主な運営元である」ということから、日本でも施設数が急増しています。そして施設数が増えているということは、私たちの就職・転職先の候補としても有力だということです。

そのため、各有料老人ホームの特徴をしっかりとリサーチし、比較検討したうえで自分に合う施設を選ぶ客観性が求められます。

福利厚生や人員体制、施設の特色など、転職サービスを頼りながらジックリと選び、より満足のいく就職・転職ができるよう努めてみてください。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー