『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

宮城県で働く際のメリット・デメリットと転職活動を効果的に進めるポイント3点

[最終更新日]2022/09/24

宮城県の転職 メリットとデメリット 失敗しない転職に向けてのポイント3つ

東北地方で唯一の政令指定都市・仙台を中心とする宮城県

東京へのアクセスも良く、生活に不便がない上ほんの少し足を伸ばせば自然にも触れられるとても魅力的な宮城県に、数々の企業が拠点を移しています。

給与の安定している仕事が多く環境も良い事から宮城県で転職活動をしよう!と考えている方は多いでしょう。

しかし、地方都市での転職活動は初めてで最初の一歩が踏み出せずにいる方、宮城県内の転職をスムーズに進めるにはどうしたら良いのかと迷っている方も多いのではないでしょうか。

目次

1)宮城で働く「メリット・デメリット」を知ろう

宮城で働くメリット

宮城県で転職するメリット ●地域によっては生活費が安い ●東北地方の中でも求人倍率が高い ●UターンIターン支援に積極的 ●通勤ラッシュから解放される

宮城県での転職・就職を考えている理由は何でしょうか?

実家近くでの就職を希望するUターンやIターン、それともそれとも暮らしやすい環境を求めてのことでしょうか?

理由は何であれ、宮城県での転職・就職はあなたにいくつかのメリットをもたらすでしょう。

宮城県で働くメリットは具体的に以下が挙げられます。

宮城県で働くメリット

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

地域によっては生活費が安い

宮城県内での転職で得られる大きなメリットは、地域によっては東京や神奈川などと比べて生活費が安いことです。

特に毎月の固定費である家賃の安さに驚くことでしょう。消費者物価地域差指数にも、宮城県の住居費が東京・神奈川よりも低いことが表れています。

宮城県と神奈川・東京都の消費者物価地域差指数比較(全国平均=100)
都道府県 総合 住居
宮城県 99.3 96.9
神奈川県 103.2 101.6
東京都 105.2 105.2

(「小売物価統計調査(構造編)2020年(令和2年)結果」より)

一人暮らしであっても、家族と一緒であっても大都市より遥かに低い家賃で広い部屋に住めるはずです。

生活費が安いと経済的に余裕が生まれて、経済的に余裕が出ると精神的にも一層落ち着いて充実した毎日が送れます。

結果、仕事にもより集中しやすい良い循環が生み出せることでしょう。

東北地方の中でも求人倍率が高い

宮城県の求人数は東北地方で最も多く、たくさんのチャンスがあることが分かります。

東日本大震災後、一度は滞ったものの現在は回復し求人倍率は右肩上がりとなっています。

2022年2月の宮城県内の有効求人倍率は1.36倍、新規求人倍率は2.25倍となっています。
※ 参照:厚生労働省 宮城労働局「2022年03月29日 宮城県の雇用情勢(令和4年2月)【報道発表】 」

大企業への転職を目指す場合であっても、東京よりは少ないものの良い求人がとても多くあるので狙い目と言って良いでしょう。

UターンIターン支援に積極的

宮城県はU・Iターン支援に積極的で、様々な支援サポートや仕組みがあります。

たとえば、宮城県のU・Iターン支援窓口である「みやぎ移住サポートセンター」では、以下のサポートを行っています(2022年4月現在)。

  • 移住・就職の無料相談(現地または電話)
  • 宮城県内求人企業の紹介
  • 就職セミナー等、イベント・セミナーの開催
  • 移住支援金の案内
みやぎ移住ガイド

ひとつ目の「移住・就職の無料相談」については、宮城県への移住に伴っての仕事や住居だけでなく、医療・介護、子育て、教育といった事柄について相談可能です。

フリーダイヤル回線が用意されており、かつ土日も受付可能です。

みやぎ移住ガイドサポートセンター
HP:https://miyagi-ijuguide.jp/
TEL:090-1559-4714(窓口時間 火曜-日曜 10時-18時 ※月曜、祝日、夏季休暇、年末年始は休日)

また、県外からの移住に積極的な地元企業も多いです。
その理由は、「都心からの若手人材を獲得したい」というニーズがあり、更にUIJターン転職者を受け入れた際に県から助成金を得られることもあるからです。

宮城県プロフェッショナル人材UIJターン助成金事業
宮城県プロフェッショナル人材UIJターン助成金事業

上記は、宮城県の企業に向けて県外からの求職者を受け入れた際に採用費の2/3(最大300万円)が給付される制度です(2022年4月現在)。

こうした制度もあって、宮城県では中間管理職や若い世代向けの求人が常に多く確認できます。

通勤ラッシュから解放される

5つめのメリットとして上げられるのが「通勤ラッシュから開放される」ことです。

毎朝ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗る必要がなくなる、と言うのは思っている以上の開放感を得られます。

通勤時のストレスが大幅に軽減されることで仕事に対するモチベーションも自然と上がって行きますし、結果として質の良い時間を過ごすことができます。

もちろん地下鉄の路線によっては混雑する時間帯もありますが、東京の通勤ラッシュとは比べ物になりません。

宮城で働くデメリット

宮崎県で転職するデメリット ●年収が下がる可能性もある ●選べる業種・職種が限られる可能性がある ●仙台を含む県内全域が車社会 ●地方の風習に慣れなければいけない

一見メリットばかりに見える宮城県内での転職・就職ですが、デメリットもいくつか存在します。
メリットの面だけでなく、デメリットの面もしっかりと理解した上で転職や移住を検討することが重要です。

主なデメリットは、以下の4点です。

宮城県で働くデメリット・注意点

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

年収が下がる可能性がある

宮城県における一人あたりの県民所得は2,943千円であるのに対して、一人当たりの国民所得は3,181円(※)です。

令和元年度宮城県民経済計算年次推計-みやぎの経済のすがた2019-

また、宮城県の最低賃金は下記の通り全国平均と比べて低い水準となっており、東京・大阪などと大きく差が開いています。

宮城県と他地域の最低賃金の比較
都道府県 最低賃金
宮城県 853円
東京都 1,041円
大阪府 992円
全国平均 930円

(厚生労働所「令和3年度地域別最低賃金改定状況」より)

他地域から宮城県に転職した場合、前職よりも年収が下がるケースが少なくないと想定されます。

同じ仕事内容・ポジションであっても、他地域で就業していたときより年収が下がることを覚悟しておく必要があるでしょう。

選べる業種・職種が限られる可能性がある

宮城県は東北地方の中では求人倍率が高いとはいえ、選べる業種・職種にはやや偏りがあります。

参考:リクルートエージェントにおける、宮城県の職種毎 公開求人数(2022年4月時点)
職種 公開求人数
営業・販売・カスタマーサービス 1,420件
建築・土木・設備 629件
SE・ITエンジニア 618件
エンジニア(設計・生産技術・品質管理) 556件
講師・調理師・介護・その他 139件
管理・事務 94件
クリエイティブ 70件
企画・マーケティング 66件
不動産専門職 50件
コンサルタント 42件
物流・購買・貿易・店舗開発 31件
医療・医薬・化粧品 16件
金融専門職 4件

上表の通り、とくに専門職系の求人が少ない傾向があります。
とくにアクチュアリーなどの金融専門職は東京に求人が集中しやすく、宮城県では求人そのものがほとんど見つからない可能性もあるのです。

仙台を含む県内全域が車社会

宮城県における車の保有台数は東北地方で第一位 です。仙台を含む県内全域で車は必須になると考えておいた方がよいでしょう。

これまで車のない生活をしてきた人にとって、宮城県への転職は「車を所有する生活に変わる」ことを意味しています。
車の購入費だけでなく、駐車場代やガソリン代、保険料、自動車重量税といった維持費を含めると、相当な金額にのぼるはずです。

通勤ラッシュから解放されるとはいえ、毎日が車通勤となる可能性が高いことから交通事故のリスクも高まります。
ペーパードライバーの期間が長い人や、車の運転が好きではない人にとって、車社会の地域で暮らすことは一定のハードルとなり得るのです。

地方の文化・風習に慣れなければいけない

憧れの地方都市暮らしでのんびりできる!と思っているのなら少し待ってください。

宮城に限らず地方都市は、東京に比べると確かにのんびりしている部分もあるでしょう。

息苦しい満員電車に乗らずにも済みますし、家族との時間も増える可能性が高いです。

しかし、地方都市で働き生活を営むためにはその土地ならではの風習に慣れる必要もあります。

地方では都市部であってもご近所付き合いを求められることもしばしばあります。

求められる、と言うよりは東京都心とは異なりお付き合いが根付いている土地なのです。

田舎に行けば行くほどコミュニティに溶け込み、土地の事をよく知る必要があるので大都市での生活より大変な面もあると覚えておきましょう。

デメリットに分類しましたが、人付き合いが好きな方にとっては大きなメリットにもなるご近所付き合いは、都市部にはない地方文化・風習のひとつです。

2)宮城県で転職する際に押さえておきたいポイント

ここまで宮城県で働くメリット、デメリットを紹介しました。

地方転職では避けて通れないデメリット部分を加味してみても、宮城県への転職は十分にメリットの方が大きいと感じるのではないでしょうか。

では、続いて実際に宮城県で転職活動を行うためのポイントをいくつか見て行きましょう。

宮城県での転職・就職を成功させる為のポイントを集めましたのでぜひ参考にしてください。

転職・移住に向けての事前準備はしっかりしよう

宮城県での転職 ポイント#1 ●事前準備はしっかりと。→はじめに転職・移住のスケジュールを立てておこう。

転職を伴う引越しは人生で何度も訪れるものではありません。

これから先の人生を左右しかねない重大な決断ですから、まずはまずは、以下の4点をはっきりさせておくことが大切です。

  • どうして転職を希望しているのか?
  • 本当に宮城県で働きたいのか?
  • どのような職種を希望するのか?
  • 宮城県を選ぶ理由は何か?

の4点をはっきりさせておくことが大切です。

転職を希望する理由、宮城県を選ぶ理由は実際に面接でも必ず聞かれることですので、その後の転職面接の対策にもなります。

ここで宮城県へのU・Iターン転職への意思を固めた後は、具体的なスケジュールを立てていきます。

U・Iターン転職のスケジュールの立て方

通常、U・Iターン転職には、おおよそ6ヶ月前後の期間がかかるといいます。

どのようなプロセスがあるかについて、詳しく見てみましょう。

  • ①情報収集(数日~数週間)
  • ②スケジューリング(数日~数週間)
  • ③求人の応募と面接(2~3ヶ月)
  • ④移転先の住居探し(2~3ヶ月 ※賃貸物件の場合)
  • ⑤現職での退職届、業務引き継ぎ(1~2ヶ月)
  • ⑥引っ越し

※カッコ内の期間は、各プロセスにかかる期間目安です。状況によって変動しますのでご注意ください。また、①~③および④と⑤は並行して進めることが多いです。

流れ 説明
①情報収集 以下について情報収集を行います。

  • 移住先で自分が求める仕事があるかどうかの確認
  • 移住先の地域情報(交通手段、家賃相場、周辺環境等)
  • 利用する転職サービス(転職エージェント)の検討
②スケジューリング 以下について大よそのスケジュールを立てておきます。

  • 事前準備(情報収集、自己分析、キャリアの棚卸し、職歴書作成等)
  • 求人の応募と面接
  • 内定承諾後の、移転先の住居探し
  • 現職での退職届、業務引き継ぎ
  • 引っ越し

「移転先の住居探し」と「業務引き継ぎ」は並行して行われることが多いです。
③求人の応募と面接 転職活動を本格的に開始します。
通常の転職活動同様に、以下の流れに沿って進めます。

  • 求人の応募(履歴書・職務経歴書の作成と提出)
  • 面接(企業によって回数は異なります)
  • 最終面接
  • 内定の承諾
転職活動~入社までの期間目安

最近ではUターン転職・Iターン転職向けにオンライン面接を実施している企業が多くなりましたが、現地での対面面接を求める企業も少なくありません(特に最終面接では現地対面とする企業は多いです)。

現地への往復が多くなると負担も増えますので、応募企業に対してオンライン面接が可能かの確認をする、現地面接の日は複数の面接ができるように調整するなどの対処を意識すると良いでしょう。
④移転先の住居探し 移転先の住居探しを行います。 賃貸の場合は大よそ2~3ヶ月ほどの期間となることが多いですが、新居購入や買い替えの場合は更に期間がかかります。

また、この間も内覧等で現地への往復が数回発生することが見込まれます。
⑤現職での退職届、業務引き継ぎ 上司への退職の申し出、退職願・退職届の提出、業務引き継ぎ、そのほか有給消化の期間を持ちます。※多くの場合、④移転先の住居探しと並行して行います。
おおよそ1~2ヶ月の期間となることが多いです。

退職願・退職届の、おおよそのスケジュールイメージ 2ヶ月前 ●上司への退職の申し出(退職交渉) ●引 継 ぎ の 実 施 →1ヶ月前 ●退職願・退職届を提出 ●有給の消化 →退職日 「退職の1.5~2ヶ月前を目途に、直属の上司に退職の意思を伝えられると良いでしょう」
⑥引っ越し 宮城県への移転をします。

また、宮城県でどんな生活を送りたいのか、仕事はどんな職種を希望するのか、希望の年収などと、自分の今までの経歴やスキルなどを照らし合わせてこれからのキャリアプランを検討する時間も必要でしょう。

参考:キャリアプランとは

キャリアプランとは、あなたが将来に望む仕事や働き方を実現するためのプランニング(行動計画)のことをいいます。

具体的には、以下のようにプランを建てていきます。

キャリアプランの建て方 Step1 キャリアの棚卸しを行う これまで経験した業務を洗い出します。そして更に「得意なもの」「これからも続けていきたいこと」についても考えていきます。 STEP2 新たにチャレンジしたいことを考える STEP1で出したリストを見ながら、「新たにチャレンジしたいこと・実現したいこと」を考えてリストに追加します。 STEP3 実現するために、必要な知識・スキルを考える STEP2の「実現したいこと」を叶えるために、どんな知識・スキルが必要になるか、またそのために求められるアクションを考えます。 STEP4 キャリアプランのスケジュールを建てる STEP2と3で導き出した「実現したいこと」と「必要なアクション」を時系列で整理します。 ※ まず1年~3年のスパンで考えると、整理しやすいです □キャリアプランの例 1年後 実現したいこと ・リーダー職 ・ディレクターとして充分な業務遂行スキルを持つ そのためにやること ・ディレクションスキルを高める ・業界知識を深める 3年後 実現したいこと ・マネージャー職 ・プロジェクトの責任者として活躍 そのためにやること ・マネジメントスキルを高める ・育成スキルを高める 5年後 実現したいこと ・自身のサービスを手掛ける、または独立起業 そのためにやること ・事業運営の上流から下流までの経験 ・経営の知識を深める

キャリアプランは、上記の「キャリアプランの例」にあるように時期ごとに「実現したいこと」と「そのためにやること」を表形式に落とし込むと、そのイメージを整理しやすくなります

ポイントは、半年や1年ではなく、3年・5年といった中長期的な期間を見据えることです。
今のうちにマスターしておくべき知識・スキルや取得しておくべき資格が出てくるかもしれません。

数か月に1度のペースでキャリアプランを考えておくと、普段においてもキャリアの軸を持てるようになり、迷いのない判断をしやすくなります。

キャリアプランの立て方を詳しく見る

これまでのキャリアを振り返り、そして宮城県の地で実現したいキャリアプランを立てることで企業へのアピールポイントがはっきりし、面接でしっかり自己アピールをすることもできるようになります。

地方移住という大きなできごとの前に一度、職歴や自分のスキルを振り返ってみましょう。

U・Iターンの支援制度を使おう

宮城県での転職 ポイント#2 U・Iターンの支援制度の活用を ●宮城県のU・Iターン支援制度の例 ・みやぎ移住ガイド  ・仙台市 UIJターン転職プロジェクト

求人を探す間に一緒にチェックするべきなのが宮城県のUターン・Iターンの支援制度です。

1章でふれた通り、宮城県は積極的に県外からの移住者を受け入れています。

たとえば現在の住まいまたは職場が東京にあるという人は、以下の支援金制度が活用できるかもしれません(2022年4月現在)。

宮城県の移住支援金制度

宮城県移住支援金制度の概要

東京23区に在住または、東京圏在住で23区内に通勤(大学・専門学校等への通学期間も含む)する方が宮城県に移住し、対象求人へ就業する等の一定の要件を満たす場合に、世帯100万円、単身60万円の移住支援金を移住先の市町村が予算の範囲内において支給するものです。

参照元:みやぎ移住ガイド「移住支援金制度について

上記支援金制度を設けている「みやぎ移住ガイド」では、支援金制度だけでなく、宮城県の仕事、住居、そのほか医療や介護、育児、教育などに関わる情報提供の相談も受け付けています。

U・Iターン転職のスケジュールを固めた後は、窓口に計画と合わせて相談してみるとよいでしょう。

また、地方都市向けの転職支援に強い転職エージェントヒューレックスでは、仙台市と協力して「仙台市 UIJターン転職プロジェクト」を実施しています。

仙台市 UIJターン転職プロジェクト:

みやぎIJUターン就職支援オフィス

参照元:ヒューレックス「仙台市 UIJターン転職プロジェクト

プロジェクトの窓口では、専門の転職コンサルタントが宮城での就職や転職をサポートしてくれます。

オフィスは東京、大阪、名古屋、福岡に設けられており、オンラインでの相談も可能です。

転職サイト・エージェントは「複数のサービス」で活用しよう

宮城県での転職 ポイント#3 宮城県の転職支援に強い転職サービスを活用しよう

分からないことだらけの転職活動、しかも地方都市への移住も伴うとなると不安になることも多いでしょう。

ただでさえエネルギーを使う転職や就職は力強くサポートをしてくれる転職エージェントを使うのがおすすめです。

特に宮城県外から宮城に惚れ込んで移住をしたい方の場合は、宮城のこと、宮城の求人のこと、企業のことを良く知る転職サービスを利用するのを強くおすすめします。

宮城県内には県内を拠点としてサポートを行う会社がいくつもあるので、いくつか同時に登録をしてたくさんの情報を集めるようにしましょう。

以下に宮城県内でぜひ利用したい、おすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。

宮城県で転職する際のおすすめ転職サイト・エージェント

 
サービス名 ヒューレックス
ヒューレックス
doda
doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
パソナキャリア
パソナキャリア
ワークポート
ワークポート
メリット
  • 地元優良企業のリレーション
  • U・Iターン転職の支援に強い
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • ヘッドハンターを指名できる
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 未経験職種のサポートに強い
  • エンジニア求人が豊富
デメリット
  • 職種によっては求人が少ない
  • 提案の電話・メールが多い
  • 活動ペースを急かすことも
  • 急ぎの転職には不向き
  • 専門知識には強くない
  • 求人は「質より量」傾向
北海道求人数 1,800 3,800 3,600 4,000 540 940
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
おすすめの人
  • 地元企業の情報を知りたい人
  • 積極的に提案を受けたい人
  • 転職を早く決めたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • 未経験職種にジョブチェンジしたい人
公式サイト

表内の求人数は2022年4月時点のものです。

まとめ)宮城県での転職・就職を成功させよう

宮城県仙台市

今回は宮城県に注目し、転職・就職の進め方やおすすめの転職サイト・エージェントなどをご紹介しました。

東北地方の中心都市、仙台のある宮城県はこれから先日本のITの拠点となりうる街です。

東京での一極集中が疑問視される昨今、一足先に宮城県での就職活動は今この時期がちょうど狙い目です。

暮らしやすく働きやすい宮城県での転職活動をぜひ進めて行きましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]