『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

愛知(名古屋)で働くメリット・デメリットと転職活動を効果的に進めるポイント3点

[最終更新日]2022/09/24

愛知県の転職 ●メリットとデメリット ●失敗しない転職に向けてのポイント3つ

愛知県への移住やU・Iターン転職を、検討している人は多いでしょう。

市町村では国内第三の人口を擁する都市、名古屋を中心とする愛知県。
東京と大阪のちょうど真ん中に位置し、どこへ行くにも便利で住みやすい名古屋は求人数も多く、働きながら住むにはとても良い街です。

他県から愛知県への就職・転職を考えている方は、愛知県内の「働く環境」としての特徴、メリット・デメリットを知っておくことが大切です。

目次

1)愛知県で働くメリット

愛知県で転職するメリット ●国内有数の有名企業が多数存在 ●年収アップが見込める ●転職難易度が比較的低い ●交通アクセスがよい

まずは愛知県・名古屋市で働くメリットから見ていきましょう。
メリットは、主に下記の4点があります。

メリット1 国内有数の有名企業が多数存在

愛知県で活動する企業といえば、まず思いつくのが「トヨタ自動車」ではないでしょうか。

全国、全世界で知らない人はいないトヨタ自動車の本社があるのは、名古屋から少し離れた愛知県豊田市。

県内のあちこちにトヨタ関係の大きな工場があったり、グループ会社があったりとトヨタ関連の働き口はとてもたくさんあります。

もちろんトヨタ自動車だけではなく、愛知県に本社を置く有名企業は非常に多いです。

愛知県に拠点を持つ上場企業(一部)

業種 企業名|所在
製造
  • トヨタ自動車|愛知県豊田市
  • デンソー|愛知県刈谷市
  • 豊田合成|愛知県清須市
  • アイシン|愛知県刈谷市
  • トヨタ紡織|愛知県刈谷市
  • 豊田自動織機|愛知県刈谷市
  • ジェイテクト|愛知県刈谷市
  • ホシザキ|愛知県豊明市
  • DMG森精機|愛知県名古屋市
  • サン電子|愛知県名古屋市
  • テクノホライゾン|愛知県名古屋市
  • ブラザー工業|愛知県名古屋市
  • サンテック|愛知県小牧市
  • 朝日インテック|愛知県瀬戸市
  • メニコン|愛知県名古屋市
情報・通信
  • エイチーム|愛知県名古屋市
  • トビラシステムズ|愛知県名古屋市
  • プロトコーポレーション|愛知県名古屋市
  • ディー・ディー・エス|愛知県名古屋市
  • アイサンテクノロジー|愛知県名古屋市
  • ワンダープラネット|愛知県名古屋市
  • シェアリングテクノロジー|愛知県名古屋市
食品
  • カゴメ|愛知県名古屋市
小売
  • ゲオホールディングス|愛知県名古屋市
  • リネットジャパングループ|愛知県大府市
  • 壱番屋|愛知県一宮市
  • グッドスピード|愛知県名古屋市
  • アイケイ|愛知県名古屋市
  • アルペン|愛知県名古屋市
  • コメ兵ホールディングス|愛知県名古屋市
サービス
  • コプロ・ホールディングス|愛知県名古屋市
  • 日本空調サービス|愛知県名古屋市
  • リゾートトラスト|愛知県名古屋市
インフラ
  • 中部電力|愛知県名古屋市
  • 東邦瓦斯|愛知県名古屋市
  • 東海旅客鉄道|愛知県名古屋市
  • 名古屋鉄道|愛知県名古屋市

上の表でわかる通り、愛知県は製造業の企業が非常に多く、一方で情報・通信系や小売、サービス、インフラの大手企業も多数あります。

そして、大きな企業が集まるところには、関連産業の中小企業も集まる傾向があります。

よって、隣接する県・地域と比較して非常に働き口が多いのが、愛知県(名古屋市)の特徴です。

年収アップを見込めやすい

転職の際に年収がどうなるか気になる人は多いでしょう。

愛知県に転職する場合、年収がアップする可能性は十分にあります。

2021年の統計によると、全国の平均賃金は307.4千円。愛知県の平均賃金は317.3千円と全国第4位となっています(厚生労働省「令和3年賃金構造基本調査結果」より)。

参考:全都道府県の平均賃金比較

全都道府県の平均賃金比較(令和3年)─全国平均と愛知県比較

引用元:厚生労働省「令和3年賃金構造基本調査結果」 ※グラフは弊社作成

日本を代表する大企業が集まっているため、整った環境で高収入を実現できる可能性も十分にあるでしょう。

年収アップが見込めることは、他の地域から愛知県へ転職するメリットの1つといえます。

求人倍率が高く、転職難易度が比較的低い

愛知県、特に名古屋市内は求人数が多いことでも知られています。

令和4年3月の全国有効求人倍率は1.22倍で、最も高いのが福井県の1.89倍です。

対して愛知県全体の有効求人倍率は1.33倍と全国平均よりも高く、求職者に対して求人数が多いことがわかります(※1)。

名古屋市に限ってみると1.71倍(※2)です。

転職を考えている人にとって、名古屋はとても恵まれた環境といってよいでしょう。

さらに愛知県内で人材を募集している業種・職種もとても幅広く、あらゆる業界で働くチャンスがあるのも特徴です。

自動車産業を中心に製造業、金融業、各種サービス業、IT業など希望の業界へ転職できる可能性が名古屋にはあります。

※1)労働政策研究・研修機構「職業紹介-都道府県別有効求人倍率」より

※2)厚生労働省愛知労働局「令和4年3月分 速報 最近の雇用情勢」より

中京圏の中枢で交通が発達している

東海地方の中心である名古屋市は、交通アクセスも抜群です。

市内は地下鉄が張り巡らされ、バスも多く走っていることから、名古屋市の中心地であれば電車やバスで通勤することができます。

また、大阪や東京へのアクセスも新幹線一本なので、日帰りでの出張も可能です。

郊外には住みやすく子育てもしやすい住宅街が広がり、マンションだけでなく一戸建ても持ちやすい環境といえるでしょう。

郊外の市町村にも企業は多く存在しているので、通勤のために車が必要になることも多いものの、駐車場代は高くても1万円ほど。

一戸建てであれば駐車場付きの物件も数多く存在します。

治安の悪いエリアもほとんどなく、安心して快適に生活ができるのは大きな魅力です。

2)愛知県で働くデメリット

愛知県で転職するデメリット ●転居前の地域によっては年収が下がる可能性もある ●地方ならではの慣習や地域性を考慮すべきときもある

愛知県で働くデメリットは、主に下の2点があります。

転居前の地域によっては年収が下がる可能性もある

日本国内で最も平均年収が高いのは東京都です。

東京の平均賃金(令和3年)は364.2千円と、愛知県の平均賃金317.3千円を上回っています。

そのため、東京都心で平均賃金を得ていた方が愛知県で転職した場合、収入がダウンする可能性もあります。

しかし、東京都内に比べると名古屋は物価が安く家賃も安いので、生活水準が大きく下がることはないでしょう。

東京都の消費者物価地域差指数(全国平均=100)は105.2、愛知県は97.6と、愛知県は全国平均と比べて物価が安いことが分かります(総務省「消費者物価地域差指数(令和2年)」より)。

とくに住居費に関しては、東京が134.5に対して愛知は95.0と大きな差が見られるのです。

直近の暮らしに関しては、年収が下がったとしても大きな影響は受けないかもしれません。

ただし、長い目で見た場合に年収は将来の年金や退職金にも少なからず影響します。

将来的な生活設計をじっくりと考えた上で、愛知県での転職がベターな選択かどうかを検討しておく必要があるでしょう。

地方ならではの慣習や地域性を考慮すべきときもある

愛知県と一口に言っても、尾張地区と三河地区では文化や慣習が大きく異なります。

方言に関しても、名古屋を中心とする尾張地方は名古屋弁であるのに対して、三河地方では三河弁が使われているのです。

県外から移住する人にとっては、語尾が「〜だがや・〜だがね」で終わることの多い名古屋弁はややきついニュアンスに感じることもあるでしょう。

方言に関しては、生活していく中で徐々に慣れていくしかありません。

また、愛知県は地元愛の強い方々が多く、地元ではごく普通に使われている言葉の意味が分からないこともあるかもしれません。

たとえば、人との待ち合わせ場所が名古屋駅であれば「金時計(=桜通口方面)」「銀時計(=太閤口方面)」といった呼称がごく一般的な用語として使われています。

名鉄百貨店にある巨大なマネキン「ナナちゃん人形」の存在を知らないと、地元の方々に戸惑った顔をされてしまうことも。

地元愛の強い地域だからこそ、地域に馴染もうとする努力がいろいろな場面で必要になるでしょう。

3)愛知県での転職を成功するためのポイント3点

Iターン、Uターン問わず、転職には不安がつきまとうもの。

ここからは、愛知県での転職を成功させ、しっかりと収入を得ながら私生活も充実した暮らしを実現させるためのポイントを紹介します。

ポイント1:活動全体のスケジュールを立てておく

愛知県での転職 ポイント#1 移住に向けてのスケジュールを立てる  U・Iターン転職の場合、転職─移住までの期間目途は6ヶ月前後。

他県から愛知県への転職・移住を検討している人は、事前のスケジューリングがとても大切です。

通常、U・Iターン転職には、おおよそ6ヶ月前後の期間がかかるといいます。

どのようなプロセスがあるかについて、詳しく見てみましょう。

  • ①情報収集(数日~数週間)
  • ②スケジューリング(数日~数週間)
  • ③求人の応募と面接(2~3ヶ月)
  • ④移転先の住居探し(2~3ヶ月 ※賃貸物件の場合)
  • ⑤現職での退職届、業務引き継ぎ(1~2ヶ月)
  • ⑥引っ越し

※カッコ内の期間は、各プロセスにかかる期間目安です。状況によって変動しますのでご注意ください。また、①~③および④と⑤は並行して進めることが多いです。

流れ 説明
①情報収集 以下について情報収集を行います。

  • 移住先で自分が求める仕事があるかどうかの確認
  • 移住先の地域情報(交通手段、家賃相場、周辺環境等)
  • 利用する転職サービス(転職エージェント)の検討
②スケジューリング 以下について大よそのスケジュールを立てておきます。

  • 事前準備(情報収集、自己分析、キャリアの棚卸し、職歴書作成等)
  • 求人の応募と面接
  • 内定承諾後の、移転先の住居探し
  • 現職での退職届、業務引き継ぎ
  • 引っ越し

「移転先の住居探し」と「業務引き継ぎ」は並行して行われることが多いです。
③求人の応募と面接 転職活動を本格的に開始します。
通常の転職活動同様に、以下の流れに沿って進めます。

  • 求人の応募(履歴書・職務経歴書の作成と提出)
  • 面接(企業によって回数は異なります)
  • 最終面接
  • 内定の承諾
転職活動~入社までの期間目安

最近ではUターン転職・Iターン転職向けにオンライン面接を実施している企業が多くなりましたが、現地での対面面接を求める企業も少なくありません(特に最終面接では現地対面とする企業は多いです)。

現地への往復が多くなると負担も増えますので、応募企業に対してオンライン面接が可能かの確認をする、現地面接の日は複数の面接ができるように調整するなどの対処を意識すると良いでしょう。
④移転先の住居探し 移転先の住居探しを行います。 賃貸の場合は大よそ2~3ヶ月ほどの期間となることが多いですが、新居購入や買い替えの場合は更に期間がかかります。

また、この間も内覧等で現地への往復が数回発生することが見込まれます。
⑤現職での退職届、業務引き継ぎ 上司への退職の申し出、退職願・退職届の提出、業務引き継ぎ、そのほか有給消化の期間を持ちます。※多くの場合、④移転先の住居探しと並行して行います。
おおよそ1~2ヶ月の期間となることが多いです。

退職願・退職届の、おおよそのスケジュールイメージ 2ヶ月前 ●上司への退職の申し出(退職交渉) ●引 継 ぎ の 実 施 →1ヶ月前 ●退職願・退職届を提出 ●有給の消化 →退職日 「退職の1.5~2ヶ月前を目途に、直属の上司に退職の意思を伝えられると良いでしょう」
⑥引っ越し 愛知県への移転をします。

また、愛知県でどんな生活を送りたいのか、仕事はどんな職種を希望するのか、希望の年収などと、自分の今までの経歴やスキルなどを照らし合わせてこれからのキャリアプランを検討する時間も必要でしょう。

参考:キャリアプランとは

キャリアプランとは、あなたが将来に望む仕事や働き方を実現するためのプランニング(行動計画)のことをいいます。

具体的には、以下のようにプランを建てていきます。

キャリアプランの建て方 Step1 キャリアの棚卸しを行う これまで経験した業務を洗い出します。そして更に「得意なもの」「これからも続けていきたいこと」についても考えていきます。 STEP2 新たにチャレンジしたいことを考える STEP1で出したリストを見ながら、「新たにチャレンジしたいこと・実現したいこと」を考えてリストに追加します。 STEP3 実現するために、必要な知識・スキルを考える STEP2の「実現したいこと」を叶えるために、どんな知識・スキルが必要になるか、またそのために求められるアクションを考えます。 STEP4 キャリアプランのスケジュールを建てる STEP2と3で導き出した「実現したいこと」と「必要なアクション」を時系列で整理します。 ※ まず1年~3年のスパンで考えると、整理しやすいです □キャリアプランの例 1年後 実現したいこと ・リーダー職 ・ディレクターとして充分な業務遂行スキルを持つ そのためにやること ・ディレクションスキルを高める ・業界知識を深める 3年後 実現したいこと ・マネージャー職 ・プロジェクトの責任者として活躍 そのためにやること ・マネジメントスキルを高める ・育成スキルを高める 5年後 実現したいこと ・自身のサービスを手掛ける、または独立起業 そのためにやること ・事業運営の上流から下流までの経験 ・経営の知識を深める

キャリアプランは、上記の「キャリアプランの例」にあるように時期ごとに「実現したいこと」と「そのためにやること」を表形式に落とし込むと、そのイメージを整理しやすくなります

ポイントは、半年や1年ではなく、3年・5年といった中長期的な期間を見据えることです。
今のうちにマスターしておくべき知識・スキルや取得しておくべき資格が出てくるかもしれません。

数か月に1度のペースでキャリアプランを考えておくと、普段においてもキャリアの軸を持てるようになり、迷いのない判断をしやすくなります。

キャリアプランの立て方を詳しく見る

これまでのキャリアを振り返り、そして愛知の地で実現したいキャリアプランを立てることで企業へのアピールポイントがはっきりし、面接でしっかり自己アピールをすることもできるようになります。

愛知への移住という大きなできごとの前に一度、職歴や自分のスキルを振り返ってみましょう。

ポイント2:UターンIターンの支援制度を使おう

愛知県での転職 ポイント#2 U・Iターンの支援制度の活用を ●愛知県のU・Iターン支援制度の例: ・移住支援金制度→東京23区から愛知県へ移住し、移住支援金対象求人に就業した方に、移住支援金を支給

愛知県内は求人数も多く大学の数も多いため、愛知県で生まれ育ち、地元で就職・転職する人も少なくありません。

大学や就職で県外へ出ても、求人数が豊富で住みやすい名古屋へ戻りたいと考えている方は多いでしょう。

愛知県ではそういった方々のために、UIターンの転職サポートにとても力を入れています。

東京23区内から支援対象となっている企業への転職を決めた場合、単身者であれば60万円、1世帯あたり100万円の移住支援金が受け取れます(2022年5月現在)。

上記の支援金の条件は以下のとおりです。

  • 東京都内に5年以上居住している、もしくは通勤していること
  • 愛知県内の対象市町村に居住すること
  • 移住支援金対象の企業へ入社すること
  • 5年以上愛知県に住む意思があること

支援金の対象に当てはまるかどうかは「あいちUIJターン支援センター」のホームページで診断ができるのでぜひチェックしてみましょう。

あいちUIJターン支援センターでは、移住や転職の相談も受け付けています。

あいちUIJターン支援センター

加えて、名古屋市内では採用を希望する地元企業と、地元に戻りたいUターン転職者をつなぐ転職フェアも頻繁に開催されているので、ぜひ一度足を運んでみましょう

(※転職フェアの開催状況は上記「あいちUIJターン支援センター」または愛知県の公式HP「UIJターン促進」等で確認できます)。

ポイント3:転職エージェントは愛知県の転職支援に強いサービスを「複数」活用する

愛知県での転職 ポイント#3 愛知県の転職支援に強い転職サービスを活用しよう

求人数のとても多い愛知県。

膨大な数の求人の中から自分に合う仕事を見つけるのはなかなか難しいものです。

そこでぜひ活用したいのが転職エージェントのサービスです。

転職活動の際には、多くの人が「転職エージェント」を利用しています。

その主な理由は、国内の少なくない企業がハローワークや転職サイトではなく転職エージェントのみに「非公開求人」を出しているからです。

「非公開求人」とは?=企業が社名を明かさず人材を募集すること。▽企業が非公開求人を行う理由●企業側で急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない。●企業の人事採用側の事務コストの節約。●機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用。

ですが、私たちが転職エージェントを利用する際は「求人を紹介してくれる人」としてではなく、「転職活動全般を相談できる人」として活用したほうがより効果的でしょう。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

上記図で表す通り、「求人紹介」は転職エージェントが提供するサービスの一部でしかありません。

それ以外のサービス、例えばキャリアプランのアドバイス(キャリア相談)、書類添削、面接対策などの選考通過のためのサポートも受けることによって、転職成功の角度を高めていけるはずです。

ただし、転職エージェントは国内多くのサービスがあり、またどの担当者が付くかによってもサポートの提供のされ方が変わります。

あなたに合った転職エージェント(または担当アドバイザー)を見つけるためにも、はじめに2~3つのサービスに登録して、利用のしやすさやコミュニケーションの取りやすさを比較しておくことをおすすめします。

転職エージェントについての説明を詳しく見る

転職が初めてで、何から手をつけて良いか分からないという方も、キャリアに自信がないという方もしっかりとサポートが受けられる転職エージェントが愛知県にはいくつもあります。

求職者側は無料で転職エージェントを利用できるので、複数のエージェントの良いところをそれぞれ利用しながらより自分に合った転職先を見つけるのがおすすめです。

転職エージェントごとに得意な職種や特別なサポートがあるので上手に活用していきましょう。

愛知県への転職でおすすめの転職サイト・エージェント

 
サービス名 リクルートエージェント
リクルートエージェント
doda
doda
パソナキャリア
パソナキャリア
みらいキャリア
みらいキャリア
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
ワークポート
ワークポート
R4CAREER
R4CAREER
メリット
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 愛知に拠点 対面サポート可
  • メーカー・製造業に特化
  • 愛知・東海エリアに強い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • ヘッドハンターを指名できる
  • 未経験職種のサポートに強い
  • エンジニア求人が豊富
  • 愛知・岐阜・三重に特化
  • 人材領域での実績が豊富
デメリット
  • 活動ペースを急かすことも
  • 提案の電話・メールが多い
  • 専門知識には強くない
  • 製造・メーカー以外の求人は少ない
  • 急ぎの転職には不向き
  • 求人は「質より量」傾向
  • 職種により求人は少なめ
愛知県求人数 19,000 12,000 3,100 1,300 5,600 3,000 870
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 製造・メーカー 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
おすすめの人
  • 転職を早く決めたい人
  • 積極的に提案を受けたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • 製造・メーカー業界志望の人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 未経験職種にジョブチェンジしたい人
  • U・Iターン転職したい人
公式サイト

表内の求人数は2022年5月時点のものです。

まとめ)愛知県で新しい仕事、新しい暮らしを始めよう

愛知県名古屋市の街並み

今回は愛知県内、特に名古屋市の転職事情をご紹介しました。

洗練された都会でありながらも暮らしやすい愛知県は、日本で最も景気の良い街といっても過言ではありません。

的に有名な大企業への転職を目指すも良し、憧れていた職種にキャリアチェンジするも良し。

求人数の多い名古屋で新しい仕事と新しい生活を手に入れましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]