『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

Webプロデューサー・Webディレクターの転職におすすめの転職エージェント8選

[最終更新日]2022/10/31

Webプロデューサー・Webディレクターおすすめ転職エージェント8選

現在、Webプロデューサー・Webディレクターとして活躍している人の中には、さらなるキャリアアップを図るべく転職を視野に入れている人もいることでしょう。

即戦力が求められるWeb業界の経験者採用においては、これまでの実績や経験を存分にアピールしていくことが大切です。

ところで、WebプロデューサーやWebディレクターが転職する場合、どのような転職サービスを利用すればいいのでしょうか。Web関連職種の求人を掲載している媒体は多数ありますが、サービスごとに求人数やサポート内容は異なります。

目次

Webプロデューサー・Webディレクターへの転職 おすすめ転職エージェント8選

サービス名 リクルートエージェント
リクルートエージェント
ワークポート
ワークポート
doda
doda
パソナキャリア
パソナキャリア
ビズリーチ
ビズリーチ
JACリクルートメント
JACリクルートメント
マイナビエージェント
マイナビエージェント
type転職エージェント
メリット
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 対応がスピーディ
  • 職種未経験者へのサポートも
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点 対面サポート〇
  • 企業からのスカウトが多い
  • ヘッドハンターのサポート品質◎
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • 外資系企業への支援実績が豊富
  • 20~30代の転職支援に強い
  • 「無期限」で転職をサポート
  • IT・Web系の支援に強い
  • 条件交渉に強く年収UPに◎
デメリット
  • 活動ペースを急かすことも
  • 求人は質よりも量重視
  • 提案の電話・メールが多い
  • 専門知識には強くない
  • 経験不測の場合、サポートを断られる事も
  • 全体の求人は少なめ
  • ハイクラス求人は少なめ
  • 地方の求人は少ない
Webプロデューサー
Webディレクター求人数
2,400 850 1,800 450 1,300 200 600 400
サポート地域 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 東京・神奈川・埼玉・千葉
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
おすすめの人
  • 転職を早く決めたい人
  • ジョブチェンジしたい人
  • 積極的に提案を受けたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • ヘッドハンティングを利用したい人
  • 転職で年収アップしたい人
  • 転職をじっくり進めたい人
  • 東京でIT/Web系を狙う人
公式サイト

表内の求人数は2022年10月時点のものです。

Webプロデューサー・Webディレクター転職の、転職エージェント探し&利用のポイント

Webプロデューサー・Webディレクターの経験があり、かつ「より良い環境で働きたい」と思っている人は、転職エージェントの利用をおすすめします。

キャリアに関する相談や非公開求人の紹介など、転職エージェントを利用するメリットは多くあります。
転職エージェント選びは、主に以下の3点を重視するとよいでしょう。

転職エージェントは、1社のみ登録よりも複数登録した方が転職成功しやすい

転職エージェントは一社だけに絞らず、複数社に登録しておいた方が転職成功の確度を高められます。

転職エージェントを最大限有効活用できるときとは、あなたが「この人は信頼できる」と心から思えるエージェントに出会えたときだからです。

1社のみ登録→失敗 複数社に登録→成功!となりやすい

また、複数のエージェントに登録していれば複数名のキャリアアドバイザーに担当してもらうことができ、異なる視点からアドバイスを受けることができます。

各社が取り扱っている非公開求人もカバーしやすくなるため、希望条件に合った求人に出会う確率も高まるでしょう。

キャリアアドバイザーとの接点を多くとり、サポート力と自身との相性を見極める

転職エージェントに登録後は、担当キャリアアドバイザーと面談したのち、主にメールか電話を通じて求人紹介などのサポートを受けていくことになります。

しかし、担当キャリアアドバイザーから紹介される求人は、最初から必ずしも希望条件にぴったり合ったものではない可能性があります。

なぜなら、キャリアアドバイザーはあなたの実績・経験や希望条件を元に求人を選定しており、あなたのことをどれだけ理解しているかによってその精度は変動するからです。

ときどき「転職エージェントに登録したものの、希望条件に合った求人を紹介してもらえなかった」といった声を聞くことがありますが、中には担当キャリアアドバイザーとのコミュニケーション不足が原因だったケースもあります。

キャリアアドバイザーとの接点は努めて多くとり、サポート力と相性をできる限り最適化する姿勢を意識しましょう。

担当キャリアアドバイザーとの「相性・やり取りのしやすさ」といった点にも注目

アドバイザーとのやり取りにストレスを感じてしまうと、転職活動の進捗にも影響が出てしまいます。
具体的には、以下の3点をもとに、担当アドバイザーとの相性を見極めてみてください。

  • こちらの話を親身に聴いてくれるか
  • 求人紹介の際に、「なぜそれがおすすめか」について納得いく説明をしてくれるか
  • 目指す業界・職種および企業について、詳しいか

あまりきちんと考えて求人紹介していないと感じられた場合や、「こちらの希望する分野について、あまり詳しくなさそうだ」と感じられるようでしたら、他の転職エージェントにシフトしていくか、またはキャリアアドバイザーの担当変更を検討することをおすすめします。

自分で求人を探せる転職サイトも併用しておくとより安心

転職サービスは、大きく2つの形式がある。転職サイト形式。専門のサイトが用意されており、転職者はサイト上の求人情報を見て、自発的に求人選び、応募、面接を進めていくサービス形式。転職エージェント形式。担当のアドバイザーがついて、転職者の希望を聞きながら求人選び、その後の応募から面接までフォローを受けられるサービス形式。

転職エージェントと転職サイトはなるべく併用していくのがおすすめです。

転職サイトを利用して自分で求人を検索しているうちに、求人情報の傾向を把握しやすくなります。求人の動向を把握した状態でキャリアアドバイザーに相談することで、より的確な希望条件を伝えやすくなるのです。

反対に、キャリアアドバイザーのアドバイスを元に転職サイトで求人を探していけば、自分の適性に合った求人をより効率よく探し当てやすくなるでしょう。

このように、転職エージェントと転職サイトを併用することにより相乗効果が生まれ、転職活動により弾みをつける効果が期待できるのです。

Webプロデューサー・Webディレクターの転職におすすめの転職サイト

サービス名 Green
Green
doda
doda
リクナビNEXT
リクナビNEXT
Wantedly
Wantedly
メリット
  • IT・Web系の求人が豊富
  • 企業からのスカウトが多い
  • 常時10万件以上の求人。地方にも強い
  • 転職エージェントの併用も可
  • 全業種・職種に向けて新着求人が活性
  • 未経験者歓迎の求人が豊富
  • 企業からのスカウトの頻度が高い
  • カジュアル面談可能
デメリット
  • 職種によって求人が少ない
  • 営業の電話・メールが多い
  • スカウト内容が合わないことも
  • 給与や福利厚生などの情報が分からない
Webプロデューサー
Webディレクターの求人数
2,200 1,800 2,000 非公開
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県
スカウトの多さ 多い 多い ふつう ふつう
おすすめの人
  • IT・Web業界への転職を検討中の人
  • 多くの求人を比較検討したい人
  • 未経験者可の求人をチェックしたい人
  • 企業からのスカウトが欲しい人
公式サイト

表内の求人数は2022年10月時点のものです。

Webプロデューサー・Webディレクター転職、おすすめ転職エージェント8 選

ここからは、Webプロデューサー・Webディレクター転職におすすめの転職エージェントを8社ご紹介します。
各サービスの特徴、Webプロデューサー・Webディレクターの求人数も掲載しています。

気になるサービスを2~3つ選択し利用することで、転職成功の可能性も上がるはずです。

サービス名 リクルートエージェント
リクルートエージェント
ワークポート
ワークポート
doda
doda
パソナキャリア
パソナキャリア
ビズリーチ
ビズリーチ
JACリクルートメント
JACリクルートメント
マイナビエージェント
マイナビエージェント
type転職エージェント
メリット
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 対応がスピーディ
  • 職種未経験者へのサポートも
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点 対面サポート〇
  • 企業からのスカウトが多い
  • ヘッドハンターのサポート品質◎
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • 外資系企業への支援実績が豊富
  • 20~30代の転職支援に強い
  • 「無期限」で転職をサポート
  • IT・Web系の支援に強い
  • 条件交渉に強く年収UPに◎
デメリット
  • 活動ペースを急かすことも
  • 求人は質よりも量重視
  • 提案の電話・メールが多い
  • 専門知識には強くない
  • 経験不測の場合、サポートを断られる事も
  • 全体の求人は少なめ
  • ハイクラス求人は少なめ
  • 地方の求人は少ない
Webプロデューサー
Webディレクター求人数
2,400 850 1,800 450 1,300 200 600 400
サポート地域 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 東京・神奈川・埼玉・千葉
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
おすすめの人
  • 転職を早く決めたい人
  • ジョブチェンジしたい人
  • 積極的に提案を受けたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • ヘッドハンティングを利用したい人
  • 転職で年収アップしたい人
  • 転職をじっくり進めたい人
  • 東京でIT/Web系を狙う人
公式サイト

表内の求人数は2022年10月時点のものです。

リクルートエージェント|国内No.1の転職支援実績を誇る転職エージェント

リクルートエージェント
Webプロデューサー・Webディレクターの求人数 約2,400件(2022年10月時点)
特徴
  • 国内No.1の転職支援実績
  • 豊富な実績と企業とのコネクションを活かした転職サポート
  • 企業からスカウトを受けることも
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントの強みは、これまで約30万人の転職を成功へと導いてきた圧倒的な実績と独自のサービスにあります。

一例として、キャリアアドバイザーが独自に作成する「エージェントレポート」では、業界分析から応募企業の選考のポイントがまとめられています。

応募先企業の社員による職場の自己評価や評判、業界のトレンド、仕事のやりがいや環境といった面にまで踏み込んでまとめられていますので、応募前に目を通しておくことで業界・企業分析を効率的に行うことができます

Webプロデューサー・Webディレクターの方は、在職のまま転職活動を進めるケースが多いはずです。

忙しい合間を縫って取り組む転職活動を少しでも効率的に無駄なく進めたいのであれば、リクリートエージェントのサポート体制にメリットを感じられるはずです。

ワンポイントアドバイス

リクルートエージェントのサポートは効率的かつスピーディに進みます。日頃の活動にかけられる時間を確保しておくと、より有意義にサービスを受けられるでしょう。

求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。

ワークポート|未経験からキャリアチェンジしたい人におすすめ

ワークポート
Webプロデューサー・Webディレクターの求人数 約850件(2022年10月時点)
特徴
  • 求人紹介の量・スピードの対応が速い
  • 業界・職種未経験者へのサポートが手厚い
  • 無料で受講可能なエンジニアスクールも運営
対応エリア 全国
公式サイト https://www.workport.co.jp/

ワークポートのおすすめポイント

ワークポートは幅広い業種・職種に対応可能な転職エージェントですが、もともとはIT・Web・ゲーム業界への転職に強いエージェントとして知られていました。

この傾向は今も顕在で、Web業界への転職を検討している人にとって心強い存在であり続けています

Webプロデューサー・Webディレクターの経験者にとって、Web業界での業務内容や実務上の豊富な知識を持ったキャリアアドバイザーに担当してもらいたいと感じるのはごく自然なことです。

一般論ではなく実際の仕事内容を理解しているキャリアアドバイザーに担当してほしいと考えている人は、Web業界に強いワークポートへの登録をおすすめします。

ワンポイントアドバイス

積極的な提案がウリのワークポートですが、「電話・メールが多い」という声も。初回面談時に、希望職種とあわせて活動ペースや時間帯も伝えておくとよいでしょう。

転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

doda|国内最大級の転職エージェント。事務職の非公開求人も豊富

doda
Webプロデューサー・Webディレクターの求人数 約1,800件(2022年10月時点)
特徴
  • 国内最大級の転職エージェント
  • 国内トップクラスのマスコミ業界求人数
  • 求人検索・アドバイザーからの求人紹介・企業からのスカウトという3つのルートで求人を探せる
対応エリア 全国
公式サイト https://doda.jp/

dodaのおすすめポイント

dodaの強みは業界でもトップクラスと言われる求人数の豊富さにあります。常時全国10万件の求人情報を取り扱っており、そのうち非公開求人はおよそ8〜9割にのぼります。

仮に他のエージェントを利用すると決めている人であっても、dodaも併用しておくと思わぬところで希望に合った求人を紹介してもらえる可能性があります。

Webプロデューサー・Webディレクターに職種を絞って転職活動を進める場合、Web関連職種の中でも希望条件に合った求人は数が限られてしまいがちです。

少しでも求人情報の裾野を広げておき、選択肢を多く持っておいたほうが希望を叶えやすくなる可能性が高いでしょう。

できるだけ多くの求人を比較検討した上で、納得して転職先を決めたいと考えている人に、dodaはおすすめの転職エージェントです。

ワンポイントアドバイス

積極的な提案がウリのワークポートですが、「電話・メールが多い」という声も。初回面談時に、希望職種とあわせて活動ペースや時間帯も伝えておくとよいでしょう。

転職者満足度 No1
登録は5~10分程で完了します。

パソナキャリア|丁寧なサポートに定評がある大手転職エージェント

パソナキャリア
Webプロデューサー・Webディレクターの求人数 約450件(2022年10月時点)
特徴
  • 25万人以上の転職支援実績
  • 2021年オリコン顧客満足度調査で、転職エージェント部門3年連続1位
  • 47都道府県すべてに拠点を置く
対応エリア 全国
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアはキャリアアドバイザーの親身なサポートに定評のある転職エージェントです。

応募書類の添削や模擬面接の専任アドバイザーが在籍しており、直近の職場環境や業務内容についての生の情報を得ているからこそ、1人1人の転職者に対してきめ細やかに対応することができるのです。

Webプロデューサー・Webディレクターは現場を統括する立場になるケースが多いため、入社後に配属される職場の環境や一緒に働く社員の特徴はとくに気になるポイントでしょう。

こうした「」に左右されやすい要素について、面接前にどれだけ事前情報を得ているかによって採否が分かれるだけでなく、入社後のミスマッチを未然に防ぐことにもつながります。希少性の高い情報を得ておきたい人は、パソナキャリアを活用するといいでしょう。

ワンポイントアドバイス

転職するにあたって「これだけは譲れない」という希望条件を整理しておくと、担当エージェントも求人紹介がしやすくなります。

利用者満足度4年連続【1位】
登録は3分程で完了します。

ビズリーチ|優秀なヘッドハンターと良質な企業からスカウトが届きやすい

ビズリーチ
Webプロデューサー・Webディレクターの求人数 約1,300件(2022年10月時点)
特徴
  • 企業やヘッドハンターからのスカウトが多い
  • ヘッドハンターのサポート品質が高い
  • 有料会員で年収1,000万円以上の求人も閲覧可能
対応エリア 全国
公式サイト https://www.bizreach.jp/

ビズリーチのおすすめポイント

ビズリーチは「年収600万円クラス」のハイキャリア人材に特化した転職エージェントです。登録後は企業やヘッドハンターから直接オファーを受け取ることができる仕組みになっています。

企業の中でも重要なポジションや管理職採用といった希少性の高い案件は、非公開求人やヘッドハンターを通じた紹介に応募を限定しているケースが少なくありません。

ビズリーチに登録しておくことで希少なオファーが届くこともあるため、管理職経験者などハイキャリア人材から支持を得ています。

Webプロデューサー・Webディレクターとしてキャリアアップを目指したい人は、ビズリーチがおすすめです。

企業側も一定以上の実績がある人材を探しているケースが多いため、これまでの経験や実績が企業のニーズとマッチすれば、スムーズに選考が進み短期間で採用が決まることもあるでしょう。

ワンポイントアドバイス

ビズリーチで企業からのスカウトを多く得るためには、レジュメ(職歴書)の品質を上げること!どのような自己PRが企業からの目にとまりやすいかをじっくり考えて、取り組んでみましょう。

企業からスカウトがたくさん届く
登録は5~10分程で完了します。

JACリクルートメント|キャリアアップ転職で、しっかりキャリア相談を受けたい人におすすめ

JACリクルートメント
Webプロデューサー・Webディレクターの求人数 約200件(2022年10月時点)
特徴
  • 好条件のハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア面談、キャリアプラン相談の品質が高い
  • 外資系・グローバル企業への支援実績が豊富
対応エリア 全国
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントのおすすめポイント

JACリクルートメントはハイキャリア・エグゼクティブ向けの案件が豊富な転職エージェントです。

新規事業や管理職ポジションでの人材募集など、一般的な求人媒体にはあまり出回らない希少な求人を紹介してもらえるため、30代〜40代を中心としたミドル層の転職希望者を中心に支持を集めています

Webプロデューサー・Webディレクターを募集している企業は、これまで自社になかったサービスの立ち上げを検討していたり、組織を次のフェーズへと進める段階にあると判断していたりするケースもあります。

Webプロデューサー・Webディレクターとして次のステップに進みたいと考えている人にとって、希望条件にぴったりのポジションが見つかる可能性もあります。

ワンポイントアドバイス

サポートの充実がウリのJACリクルートメントですが、求人数は少なめです。登録の際は希望条件をやや広めに&他の転職サービスにも登録しておくのがおすすめです。

43万人の転職支援実績あり
登録は5~10分程で完了します。

マイナビエージェント|20代~30代への転職支援に強い転職エージェント

マイナビエージェント
Webプロデューサー・Webディレクターの求人数 約600件(2022年10月時点)
特徴
  • 大手人材会社マイナビが運営
  • 若手人材への転職支援に強い
  • 広告・Webメディア、マーケティングの求人が多い
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントのおすすめポイント

マイナビエージェントは企業各社の人事採用担当者と太いパイプを持っており、独自の求人情報を取り扱っていることで知られます。
そのため、他の転職エージェントでは紹介されないレア求人が見つかることもあります。

古くからマイナビ社と付き合いのある企業であれば、転職者としても安心して応募・入社できるはずです。

Webプロデューサー・Webディレクターが転職するにあたって、働きやすさや企業としての信頼度も転職先を選ぶ上で重要な要素でしょう。

大企業だけでなく中小の優良企業、さらにはベンチャー企業に至るまで、魅力的な求人を独自に取り扱っているため、規模に関わらず企業とのマッチングを重視する人におすすめです。

ワンポイントアドバイス

登録時に「転職理由」と「希望条件(優先したいこと・叶えたいこと)」を丁寧に記入しておくと、その後の求人紹介やサポートもスムーズに進みます。

20代の利用満足度No1
登録は5~10分程で完了します。

type転職エージェント|一都三県での転職に強い転職エージェント

type転職エージェント
Webプロデューサー・Webディレクターの求人数 約400件(2022年10月時点)
特徴
  • 一都三県に強い転職エージェント
  • 31万人以上の転職支援実績
  • 女性求職者専用の窓口も
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉が中心
公式サイト https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントのおすすめポイント

type転職エージェントは転職者の年収アップにこだわって転職サポートに取り組んでいる転職エージェントです。

転職者の年収アップ率は71%と、転職エージェントの中でも高い水準となっています(※公式サイトより)。

IT・通信業界の転職成約実績が豊富であるほか、Web業界に関しても多くの案件を取り扱っていますので、Web業界への転職に際して手厚いサポートが期待できるでしょう。

より着実に年収アップに向けて転職活動を進めていきたい人は、type転職エージェントがおすすめです。

ワンポイントアドバイス

type転職エージェントは20代~30代の若手社会人への転職支援を強みにしています。紹介求人が少ないと感じる場合はdoda・リクルートエージェントにも併せて登録しておくと安心でしょう。

3人に2人が年収アップ
登録は5分ほどで完了します。

まとめ)転職エージェントをフル活用して希望条件を実現させよう

ここまでの内容を振り返ってみましょう。

Webプロデューサー・Webディレクター転職の、転職エージェント探し&利用のポイント

  • 転職エージェントは、1社のみ登録よりも複数登録した方が転職成功しやすい
  • キャリアアドバイザーとの接点を多くとり、サポート力と自身との相性を見極める
  • 自分で求人を探せる転職サイトも併用しておくとより安心

転職エージェントは各社に強みや特徴があるため、自分の希望条件に合った転職エージェントを選択することが大切です。

また、転職にはタイミングも重要な要素となり得ます。自分のスキルや経験を求めている企業が偶然にも人材を募集しているかどうかは、タイミング次第の部分も大きいのです。

転職活動を進める際には、複数の転職エージェントを併用しつつ、同時に転職サイトにも登録しておくことで、各サービスのメリットをフル活用して求人が見つかるチャンスを広げることができるでしょう。

目次[ 閉じる ]