『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

宮崎県で働くメリット・デメリットと転職活動を効果的に進めるポイント3点

[最終更新日]2022/11/09

宮崎県での転職 ●メリットとデメリット ●失敗しない転職に向けてのポイント3つ

宮崎県への転職・移住を検討している方にとって、事前に知っておきたい情報は数多くあるはずです。

給与条件がどうなるのか、生活環境はどう変わるのかなど、転職に伴うメリット・デメリットを把握しておく必要があります。

目次

1)宮崎県で働く「メリット・デメリット」を知ろう

宮崎県内で就職・転職する場合、地域に特有のメリット・デメリットがあることを知っておくことが大切です。
とくに首都圏をはじめ都市部からの転職や転入を検討している方は注意しておく必要があります。

宮崎県で働くメリットとデメリットの両面を把握し、実際に働く際のイメージをつかんでおきましょう。

宮崎県で働くメリット

宮崎県で転職するメリット ●気候が温暖で物価が安く、生活固定費も低く抑えられる ●移住やUIターン転職に積極的支援がある ●通勤や通学など、移動時間が短い
  • 気候が温暖で物価が安く、生活固定費も低く抑えられる
  • 移住やU・Iターン転職に積極的支援がある
  • 通勤や通学など、移動時間が短い

気候が温暖で物価が安く、生活固定費も低く抑えられる

宮崎県の魅力はなんといってもその温暖な気候。
日照時間は九州で一番長く、年間平均気温も17℃と穏やかで住みやすい気候です。

「日本のひなた」というキャッチフレーズが示す通り、冬は暖かな日差しに包まれる一方夏は涼しいのが特徴。
宮崎県の住みやすい気候は大きなメリットです。

また物価が安く、生活固定費を低く抑えられます。

宮崎県における令和2年度の平均消費者物価地域差指数は95.9と、47都道府県で最も低い水準でした。

宮崎県と都道府県別の物価水準 宮崎県の物価水準は95.9と、全国で最も低い水準(令和2年度の平均消費者物価地域差指数)

費目別に見た場合の全国順位と、全国平均(=100)との差は次の通りです。

費目 指数 指数の全国順位 全国平均との指数の差
食料 96.0 46位 −4.0
住居 88.1 30位 −11.9
保健医療 96.1 47位 −3.9
教養娯楽 92.5 46位 −7.5
諸雑費 93.1 46位 −6.9

引用元:宮崎県HP「宮崎県の小売物価統計調査(構造編)令和2年分結果(消費者物価地域差指数)

上表の通り、住居費が全国平均と比べてとくに低いほか、食料や保健医療など生活していく上で欠かせない費用も抑えられることが分かります。

移住やUIターン転職に積極的支援がある

転職、そして地方移住の際に必ずチェックしておきたいのが県ごとの支援です。

地方都市への移住、そしてその土地での就労には一定の条件を満たせば金銭的な支援を受けられることが多く、何かと出費の重なる引っ越しなどをその支援金で賄うことができる場合もあります。

宮崎県の場合は、以下の条件で移住支援金制度を活用できます。

  • 宮崎県意外の都道府県に5年以上居住していること
  • 「ふるさと宮崎人材バンク」の移住支援金対象企業に応募し就職
  • 働き始めて3ヶ月後に支援金受給の申請が可能
宮崎県移住支援金制度をはじめました

引用元:宮崎県HP「宮崎県移住支援金制度をご活用ください!

一世帯あたり100万円、単身であれば60万円の支援金を受け取れるので、移住の際には大きな助けとなりますね。

移住支援についての詳細は、「ふるさとみやざき人材バンク」でも詳しく紹介されています。併せてご覧ください。

通勤や通学など、移動時間が短い

宮崎県は全国でも有数の通勤・通学時間が短い県です。

宮崎県の平均通勤時間は41分で、最も通勤時間が長い神奈川県の89分と比べると倍以上の差があります(総務省統計局「平成28年社会生活基本調査」より)。

電車移動が中心の都市部と車社会の宮崎県では事情が異なるものの、通勤時間が短ければプライベートの時間を確保しやすくなりますよね。

とくに都内からUIターンを検討している人にとって、毎朝の通勤ラッシュから解放されるのは大きなメリットといえるでしょう。

宮崎県で働くデメリット

宮崎県で働くメリットがある反面、デメリットとなり得る面があるのも事実です。
転職・移住後の暮らしをできるだけ早く軌道に乗せるためにも、デメリットの面を把握しておく必要があります。

次に挙げる3点は、宮崎に就職・転職した場合にデメリットとなる可能性が高い要素として押さえておきましょう。

宮崎県で転職するデメリット ●年収が下がる可能性がもある ●選べる業種・職種が限られる ●公共の移動手段が少ない、自家用車は必須
  • 年収が下がる可能性がある
  • 選べる業種・職種が限られる
  • 公共の移動手段が少ない、自家用車は必須

年収が下がる可能性がある

宮崎県へ転職することで想定されるデメリットとして、年収が下がる可能性が高いことが挙げられます。

都道府県別賃金は宮崎県が24.8万円であるのに対して、東京都は37.3万円と67%ほどの水準となっています(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」のうち「都道府県別賃金(男女計)」より抜粋)。

賞与や退職金は基本給を元に算出されるケースが多いことから、月給が下がることで年収も下がる確率が高いのです。
また、平均標準報酬月額が下がると、将来的に公的年金の受取額も減ることになります。

直近の暮らしについて考えておくのはもちろん重要ですが、将来的な生活設計も併せてよく検討しておくことも忘れないようにしましょう。

選べる業種・職種が限られる

宮崎県で働くことの2つめのデメリットは、選べる業種・職種が限られる可能性があることです。

下表は大手転職サービスに宮崎県の求人が比較的多く見られる業種・職種を示しています。

業種別
業種 求人数
全業種 302件
不動産・建設業界 63件
人材業界 63件
機械・電気業界 49件
小売・卸売・サービス業界 32件
職種別
職種 求人数
全職種 302件
営業 111件
カスタマーサービス 37件
機械エンジニア 34件
建築 27件
電気エンジニア 21件

リクルートエージェント2022年3月時点での公開求人数

業種・職種によっては求人が数件しか確認できないものもあります。

とくに管理・事務系職種やクリエイティブ職、医療・医薬関連職は求人がほとんど見られません。
こうした職種は本社機能が集中する首都圏をはじめ、都市部で人材の需要が高いからです。

宮崎県での転職を検討する際には、自身のキャリアや保有スキルが活かせる求人があるかどうか、事前によく調べておく必要があるでしょう。

公共の移動手段が少ない、自家用車は必須

宮崎県では自動車・軽自動車・二輪車を含めた自家用車の1世帯当たり台数が約1.8台です(一般社団法人 自動車検査登録情報協会「都道府県別の自家用乗用車の普及状況 平成28年現在」より)。

1人当たり台数としては全国7位の多さであり、日常生活において車やバイクが必須であることが分かります。

これまで都市部で暮らしてきた人の中には、実質的にペーパードライバーだったという人も少なくないでしょう。

宮崎県で暮らしていく以上、車の所有と日常的な運転は避けて通れないでしょう。
車の購入費だけでなく、維持費の面も考慮して生活設計を立てていく必要があります。

2)宮崎県で転職する際に押さえておきたいポイント

続いて宮崎県で転職活動をする前に知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

地方移住を伴う転職活動は不安がつきものです。

転職活動の不安を少しでも和らげ、実りあるものにするために3つのポイントを押さえましょう。

ポイント1:事前準備はしっかりしよう

宮崎県での転職 ポイント#1 U・Iターン転職の場合、トータルでかかる期間は6か月前後 入念なスケジューリング&事前準備を。

人生の大きなターニングポイントとなりうる地方移住や転職に事前の準備は欠かせません。

U・Iターン転職には、おおよそ6ヶ月前後の期間がかかるといいます。

どのようなプロセスがあるかについて、詳しく見てみましょう。

  • ①情報収集(数日~数週間)
  • ②スケジューリング(数日~数週間)
  • ③求人の応募と面接(2~3ヶ月)
  • ④移転先の住居探し(2~3ヶ月 ※賃貸物件の場合)
  • ⑤現職での退職届、業務引き継ぎ(1~2ヶ月)
  • ⑥引っ越し

※カッコ内の期間は、各プロセスにかかる期間目安です。状況によって変動しますのでご注意ください。また、①~③および④と⑤は並行して進めることが多いです。

流れ 説明
①情報収集 以下について情報収集を行います。

  • 移住先で自分が求める仕事があるかどうかの確認
  • 移住先の地域情報(交通手段、家賃相場、周辺環境等)
  • 利用する転職サービス(転職エージェント)の検討
②スケジューリング 以下について大よそのスケジュールを立てておきます。

  • 事前準備(情報収集、自己分析、キャリアの棚卸し、職歴書作成等)
  • 求人の応募と面接
  • 内定承諾後の、移転先の住居探し
  • 現職での退職届、業務引き継ぎ
  • 引っ越し

「移転先の住居探し」と「業務引き継ぎ」は並行して行われることが多いです。
③求人の応募と面接 転職活動を本格的に開始します。
通常の転職活動同様に、以下の流れに沿って進めます。

  • 求人の応募(履歴書・職務経歴書の作成と提出)
  • 面接(企業によって回数は異なります)
  • 最終面接
  • 内定の承諾
転職活動~入社までの期間目安

最近ではUターン転職・Iターン転職向けにオンライン面接を実施している企業が多くなりましたが、現地での対面面接を求める企業も少なくありません(特に最終面接では現地対面とする企業は多いです)。

現地への往復が多くなると負担も増えますので、応募企業に対してオンライン面接が可能かの確認をする、現地面接の日は複数の面接ができるように調整するなどの対処を意識すると良いでしょう。
④移転先の住居探し 移転先の住居探しを行います。 賃貸の場合は大よそ2~3ヶ月ほどの期間となることが多いですが、新居購入や買い替えの場合は更に期間がかかります。

また、この間も内覧等で現地への往復が数回発生することが見込まれます。
⑤現職での退職届、業務引き継ぎ 上司への退職の申し出、退職願・退職届の提出、業務引き継ぎ、そのほか有給消化の期間を持ちます。※多くの場合、④移転先の住居探しと並行して行います。
おおよそ1~2ヶ月の期間となることが多いです。

退職願・退職届の、おおよそのスケジュールイメージ 2ヶ月前 ●上司への退職の申し出(退職交渉) ●引 継 ぎ の 実 施 →1ヶ月前 ●退職願・退職届を提出 ●有給の消化 →退職日 「退職の1.5~2ヶ月前を目途に、直属の上司に退職の意思を伝えられると良いでしょう」
⑥引っ越し 宮崎への移転をします。

また、宮崎県でどんな生活を送りたいのか、仕事はどんな職種を希望するのか、希望の年収などと、自分の今までの経歴やスキルなどを照らし合わせてこれからのキャリアプランを検討する時間も必要でしょう。

参考:キャリアプランとは

キャリアプランとは、あなたが将来に望む仕事や働き方を実現するためのプランニング(行動計画)のことをいいます。

具体的には、以下のようにプランを建てていきます。

キャリアプランの建て方 Step1 キャリアの棚卸しを行う これまで経験した業務を洗い出します。そして更に「得意なもの」「これからも続けていきたいこと」についても考えていきます。 STEP2 新たにチャレンジしたいことを考える STEP1で出したリストを見ながら、「新たにチャレンジしたいこと・実現したいこと」を考えてリストに追加します。 STEP3 実現するために、必要な知識・スキルを考える STEP2の「実現したいこと」を叶えるために、どんな知識・スキルが必要になるか、またそのために求められるアクションを考えます。 STEP4 キャリアプランのスケジュールを建てる STEP2と3で導き出した「実現したいこと」と「必要なアクション」を時系列で整理します。 ※ まず1年~3年のスパンで考えると、整理しやすいです □キャリアプランの例 1年後 実現したいこと ・リーダー職 ・ディレクターとして充分な業務遂行スキルを持つ そのためにやること ・ディレクションスキルを高める ・業界知識を深める 3年後 実現したいこと ・マネージャー職 ・プロジェクトの責任者として活躍 そのためにやること ・マネジメントスキルを高める ・育成スキルを高める 5年後 実現したいこと ・自身のサービスを手掛ける、または独立起業 そのためにやること ・事業運営の上流から下流までの経験 ・経営の知識を深める

キャリアプランを建てる際、まず「キャリアの棚卸し」を行います。

キャリアの棚卸しで出てきた経験(または知識・スキル)をもとに、あなたが新天地でチャレンジしたい働き方をイメージし、そしてそれを実現するためにどんな行動が必要かを考えていきます。

キャリアプランは、上記の「キャリアプランの例」にあるように時期ごとに「実現したいこと」と「そのためにやること」を表形式に落とし込むと、そのイメージを整理しやすくなります

ポイントは、半年や1年ではなく、3年・5年といった中長期的な期間を見据えることです。
今のうちにマスターしておくべき知識・スキルや取得しておくべき資格が出てくるかもしれません。

数か月に1度のペースでキャリアプランを考えておくと、普段においてもキャリアの軸を持てるようになり、迷いのない判断をしやすくなります。

キャリアプランの立て方を詳しく見る

これまでのキャリアを振り返り、そして宮崎の地で実現したいキャリアプランを立てることで企業へのアピールポイントがはっきりし、面接でしっかり自己アピールをすることもできるようになります。

地方移住という大きなできごとの前に一度、職歴や自分のスキルを振り返ってみましょう。

宮崎県のUIターン支援制度を使おう

宮崎県での転職 ポイント#2 宮崎県のUIターン支援制度を使おう ●宮崎県移住支援金制度  所定の条件を満たした場合、1世帯 100万円、または単身60万円の支援金が給付される。

宮崎県への転職、移住は県が提供しているIターン・Uターン支援制度を使うのがおすすめです。

県が提供してくれるのは求人情報だけではなく、移住し就職を果たせば現金での支援が受けられます。

移住支援金を受け取るためには「ふるさと宮崎人材バンク」に掲載されている求人のうち、「移住支援金対象」と表示されている企業の求人に応募、就職することが条件に含まれています。

ふるさと宮崎人材バンク

ふるさと宮崎人材バンク

この「移住支援金対象」の求人数は、2022年3月現在で1,026件にのぼります。

移住支援金対象求人の職種と求人数は下記の通りです。

職種 求人件数
土木・建設 229件
営業 170件
福祉 152件
看護・医療 146件
技術・研究 134件
製造 117件
事務 80件
コンピューター関連 65件
SE・プログラマー 59件
運送・配送 45件
販売 35件
飲食 33件
農林・漁業 26件
塾・教育 15件

宮崎県での支援実績の豊富な転職サイト・エージェントを活用しよう

宮崎県での転職 ポイント#3 宮崎県での支援実績の豊富な転職サイト・エージェントを活用

宮崎県やその他地方への転職の際には転職エージェントが大きな力になってくれます。

転職活動の際には、多くの人が「転職エージェント」を利用しています。

その主な理由は、国内の少なくない企業がハローワークや転職サイトではなく転職エージェントのみに「非公開求人」を出しているからです。

「非公開求人」とは?=企業が社名を明かさず人材を募集すること。▽企業が非公開求人を行う理由●企業側で急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない。●企業の人事採用側の事務コストの節約。●機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用。

ですが、私たちが転職エージェントを利用する際は「求人を紹介してくれる人」としてではなく、「転職活動全般を相談できる人」として活用したほうがより効果的でしょう。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

上記図で表す通り、「求人紹介」は転職エージェントが提供するサービスの一部でしかありません。

それ以外のサービス、例えばキャリアプランのアドバイス(キャリア相談)、書類添削、面接対策などの選考通過のためのサポートも受けることによって、転職成功の角度を高めていけるはずです。

ただし、転職エージェントは国内多くのサービスがあり、またどの担当者が付くかによってもサポートの提供のされ方が変わります。

あなたに合った転職エージェント(または担当アドバイザー)を見つけるためにも、はじめに2~3つのサービスに登録して、利用のしやすさやコミュニケーションの取りやすさを比較しておくことをおすすめします。

転職エージェントについての説明を詳しく見る

転職のプロ、そしてその地方の企業と強い繋がりを持つ転職エージェントは地方都市で働き生活をする良さも、大変さも知り尽くしています。

転職エージェントは全国的に有名なものからその地方で強いパイプを持つものまで様々ですが、ひとつに絞らず複数のエージェントに登録をすることで欠けている部分を補い合うことができます。

宮崎県で転職する際のおすすめ転職サイト・エージェント

 
サービス名 doda
doda
インタークロス
インタークロス
リクルートエージェント
リクルートエージェント
キャリクル
キャリクル
パソナキャリア
パソナキャリア
ランスタッド
ランスタッド
メリット
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 宮崎県で1,500社以上の求人
  • U・Iターン支援にも強い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 宮崎では営業職の求人が多い
  • 日本で50年以上の歴史
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 宮崎に拠点 対面サポート〇
  • 世界最大級の人材紹介企業
  • 求人の80%は800万円~
デメリット
  • 提案の電話・メールが多い
  • ハイクラス求人は少ない
  • 活動ペースを急かすことも
  • エリアによって求人が少ない
  • 専門知識には強くない
  • 全体の求人数は少なめ
宮崎県求人数 2,100 190 690 90 70 40
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
おすすめの人
  • 積極的に提案を受けたい人
  • 地域密着のサービスを受けたい人
  • 転職を早く決めたい人
  • 営業職に転職したい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • 年収アップしたい人
公式サイト

表内の求人数は2022年10月時点のものです。

まとめ)宮崎県での就職・転職の鍵は地域に拠点のある転職エージェントの活用!

宮崎県 宮崎駅前

自然に囲まれ暮らしやすい宮崎県。

宮崎への転職を検討している方は、転職エージェントや県の提供する支援制度などを使いスムーズに転職活動をすすめていきましょう。

地元企業の動向や生活事情に詳しいアドバイザーにサポートしてもらうことで、自力では収集するのが難しい情報を効率よく入手できるはずです。

複数のエージェントに登録をし、宮崎で良い仕事に出会いましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]