『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

介護職の「訪問介護の仕事を辞めたい…」と思った時の対策ポイント

[最終更新日]2020/07/30

訪問介護の仕事を辞めたい……と思った時の対策

「訪問介護の仕事がつらい。もう辞めたい…」と考えているあなた。

人手が足りないことで毎日の訪問が忙しくなり、それでも給与などの待遇は良くならない。そんな現状を抱える方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「なぜ訪問介護の仕事を辞めたくなるのか」という根本的な理由を、データを元にしながら解説していきます。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1) 訪問介護は深刻な人手不足。それゆえの負担は大きい

訪問介護が抱える大きな課題の1つに「人手不足問題」が挙げられます。

1対1で介助を行う訪問介護は、誰か一人が辞めるとその負担を分散させることが難しいため、特にその影響を受けやすいです。

では人手不足を始め、訪問介護を辞めたいと感じてしまう理由は他にどんなものがあるのか?ここからは訪問介護が忙しい本質的な理由を理解すべく、アンケート情報を元に深堀していきましょう。

参考:「人手不足であなたにどのような影響が出ていますか」アンケート結果

引用元:「介護労働実態調査 報告書」より

「介護労働実態調査 報告書」より
「介護労働実態調査 報告書」より



「人手不足であなたにどのような影響が出ていますか」で特に多い意見

  • ヘルパーが高齢化している
  • 予定外の訪問が入る
  • 訪問に追われ他の事務的な業務(介護計画・手順書の作成など)ができない

人手不足による影響で最も多かったのが「ヘルパーの高齢化」です。

全体の半数以上がヘルパーの高齢化を認識しており、実際に介護の現場では50代、60代を超えるヘルパーが多数在籍しています。

ヘルパーの高齢化による影響としては、力仕事が難しかったり、若い介護士と比較すると体力が少なかったりすることが考えられます。そのため30代~40代の職員にそういったハードな仕事が回ってくる確率が増えるのです。

次に多かった意見は「予定外の訪問が入ること」です。

主婦や高齢のヘルパーが多い訪問介護の現場では、育児や健康管理に関する急な休みが多くなります。するとそのぶんの仕事が別の職員に回ってくる…ということが発生しやすいです。

3番目に多かった意見は「訪問に追われ他の事務的な業務(介護計画・手順書の作成など)ができない」というものです。

訪問介護では介護計画や、それに伴う手順書、請求書などを作成する事務作業が発生します。これらはメインの訪問介護とは別に行うのですが、訪問自体が忙しいことで時間をとりづらいのです。

そのため残業が多く発生してしまい、忙しさを覚える方は多いです。こういった問題は人手不足の解決はもちろん、業務の効率化やIT導入の促進が求められています。



2)訪問介護の仕事を辞めたい理由毎に、振り返りと対策を

訪問介護の仕事を辞めたいと感じたときこそ、その理由を客観的に振り返る必要があります。

なぜなら介護業界は慢性的な人手不足のため、もし介護業界内で転職できたとしても、前回と同じ理由で悩んでしまう可能性が高いからです。

そのためここからは「なぜ訪問介護の仕事を辞めたいのか?」という理由を整理し、理由ごとに振り返りと対策を行いましょう。

「訪問介護を辞めたい」で特に多い意見

待遇・給与への不満忙しさ、責任等の精神的・身体的負担利用者(入居者)との人間関係
  • 待遇・給与への不満
  • 忙しさ、責任等の仕事への精神的・身体的負担
  • 利用者(入居者)との人間関係




「待遇・給与への不満」で辞めたいと思った時の対策・できることは?

社会人として給料が安いというのは大きな課題です。ただし「介護業界は給料の水準が高い」と感じる人は少ないのではないでしょうか?

しかし介護業界であっても正しく対策をすれば、給料をアップすることは可能です。キャリアアップによる昇給などを目指すうえで、知っておくべき具体的な対策について解説していきます。

上位資格の取得でどれくらい昇給できるか考えるサービス提供責任者(サ責)を目指すよりよい条件の施設に転職する手当を増やす
  • 対策1:上位資格の取得(実務者研修・介護福祉士など)で、1~3年後までにどれくらい昇給できるかを考える
  • 対策2:サービス提供責任者(サ責)をめざす
  • 対策3:より条件の良い施設に転職する
  • 対策4:手当を増やす

対策1:上位資格の取得(実務者研修・介護福祉士など)で、1~3年後までにどれくらい昇給できるかを考える

1つ目の対策は「介護の上位資格をとること」です。上位資格とは「介護福祉士実務者研修(以後、実務者研修)」「介護福祉士」などが該当し、これらの資格を所持していると手当てが出たり、昇級に繋がりやすかったりとメリットが多いです。

ただしこれらの上位資格は短期で取得できるものではありません。実務者研修であれば最短でも半年程度。介護福祉士は実務経験を積みながらであれば、最短でも3年以上が必要です。

そのため1~3年程度の長期スパンで、自分が求める給料と現実の昇給額を照らし合わせてみましょう。

今は資格取得を金銭的に支援してくれる現場も増えているため、そういった福利厚生があるかどうかを確認してみるのもおすすめです。


対策2:サービス提供責任者(サ責)をめざす

2つ目の対策は訪問介護事業所の職員をまとめる「サービス提供責任者(以後、サ責)を目指す」というものです。

訪問介護事業所では40人に対し1人サ責を配置することが義務付けられています。すると責任の比重が増すぶん、通常の介護職員より給料がアップするのです。

またこういった責任ある仕事を経験することで、介護業界内における「市場価値」が上がります。以降に解説する「より好待遇な施設への転職」を検討する上でも、サ責を目指すのはオススメです。


対策3:より条件の良い施設に転職する

3つ目の対策は「今の職場よりも待遇や給料面の条件が良い施設に転職する」というものです。

  • 給料
  • 賞与
  • 福利厚生(資格支援、資格手当)

…などは求人サイトでも必ず公開されています。それらを今の職場と比較し、より高い水準の施設に転職すればそれだけ給料などは上がります。

ただし転職を検討する際の注意点として、「仕事の忙しさ」にも注目するようにしましょう。

なぜなら「通常よりも夜勤が多い」「みなし残業代が含まれている」など、じつは給料が上がったぶん働く時間が増えてしまう…というケースがあるからです。

介護業界の転職では数字など表面だけを見るのではなく、より客観的に求人をチェックすることが重要です。


対策4:手当を増やす

対策3の「より条件の良い施設への転職」に付随し、夜勤手当が出る施設へ転職することで給料を上げることができます。

通常夜勤手当は1回につき、給料に加えて5,000~8,000円程度が支給されます。そのため夜勤に抵抗のない方は、夜勤シフトの希望を多く出すことで着実に給料が上がるのです。

ただし夜勤は決して簡単な仕事ではありません。大人数の利用者に対し、職員は1人…ということも多いです。そのため生活リズムの変化や体力的な負荷をシッカリと考慮したうえで、選択肢の1つにするよう心がけましょう。



「忙しさ、責任等の仕事への精神的・身体的負担」で辞めたいと思った時の対策・できることは?

訪問介護は施設介護と違い、一対一での介護が求められます。他にも訪問先への移動など、施設介護とは異なる忙しさを覚えることも多いです。

そこでここからは、仕事の忙しさや心身への負担を軽減する対策について解説していきます。

「訪問介護の仕事が忙しいのは仕方ない…」と諦めてしまうと、現状は変わりません。1つ1つ問題点と向き合い、より働きやすい環境を作っていきましょう。

福祉用具の導入や介護体制の見直しを相談するリラックスできる時間を作るより条件の良い施設に転職する移動時間を短縮する
  • 対策1:福祉用具の導入や介護体制の見直しなど、改善点を職場で相談する
  • 対策2:リラックスできる時間を作る
  • 対策3:より条件の良い施設に転職する
  • 対策4:移動時間を短縮する

対策1:福祉用具の導入や介護体制の見直しなど、改善点を職場で相談する

1つ目の対策は「改善点を職場全体・上司と話し合う」というものです。

現場で働いていると、「ここはもっとこうした方がいいのに…」と仕事に対する気付きが生まれます。それらを心の中に留めるのではなく、上司や同僚などに相談してみましょう。

すると忙しさの要因を根本から解決できるだけでなく、上司から「向上心がある」と評価されます。

忙しさの改善はもちろん、給料アップなどの付加価値が期待できるため、ぜひ普段から意識してみてください。


対策2:リラックスできる時間を作る

2つ目の対策は「リラックスできる時間を作る」というものです。

特に仕事に追われて精神的な負担が大きくなっている場合、土日祝日や休憩時間をリラックスする時間に充てることで、精神的な余裕が生まれます。

すると仕事のミスが減ったり、より効率的な業務の方法を考えることができたりと、結果として仕事全体に余裕が生まれるのでオススメです。


対策3:より条件の良い施設に転職する

3つ目の対策は「より条件の良い施設に転職する」というものです。

会社の経営方針に不満を持っていたり、密室で一対一の介護を行う訪問介護自体が苦手だったりするのであれば、思い切って別の介護施設へ転職を検討しましょう。

そういった根本的な問題は解決するのが難しいため、改善することなくズルズルと心身への負担だけが増えてしまいます。

もし今の職場・訪問介護の仕事では解決が難しいと判断したのであれば、転職エージェントや求人サイト等を活用し、自分に合った施設を探してみるのも良いでしょう。


対策4:移動時間を短縮する

4つ目の対策は「移動時間を短縮する」というものです。

訪問先から別の訪問先へ移動する際、自転車を使っているという方は多いのではないでしょうか?

すると介護の仕事だけでなく、移動時間も身体への負担が増してしまいます。もし身体的な辛さを感じるようであれば、少しでも改善できるよう上司や同僚に相談するのがオススメです。

具体的には電動自転車の導入をお願いしたり、訪問先を近場で固めてもらったりすると、根本的な解決に繋がりやすいですよ。



「利用者(入居者)との人間関係」で辞めたいと思った時の対策・できることは?

訪問介護で利用者との人間関係に悩んでいる場合、日々の訪問が憂鬱になってしまいますよね。

そんな人間関係を改善することは難しいと思われがちですが、相手ではなく「自分を変える」という意識を持つことで、根本的な解決に繋がりやすくなります。

ここからは利用者との人間関係を改善できるよう、4つの対策に分けて詳しく解説していきます。明日からすぐできる対策も多いので、ぜひ実践する際のイメージを持ちながら読み進めてみてください。

自身の働きかけで変えられることはないか考える信頼できる上司・同僚に相談する親しい友人と過ごす時間を作るより条件の良い施設に転職
  • 対策1:自身の考えの改め、または自身の働きかけで変えられることはないか考える
  • 対策2:信頼できる上司・同僚に相談する
  • 対策3:親しい友人などと過ごす時間を作る
  • 対策4: より条件の良い施設に転職する

対策1:自身の考えの改め、または自身の働きかけで変えられることはないか考える

1つ目の対策は「自信の考えを改める」というものです。

基本的に他者を変えることはできないため、まずは自分自身を見つめ直し、できることはないか考えましょう。

  • どういった部分に苦しさを感じているのか?
  • 自分が求めていることと、現状のギャップは?
  • 今すぐできる改善策はないか?

上記のような問いかけをすることで、自分の考えを客観視できます。

「自分にも問題がある」と考えるのはかなり大変な作業です。しかし認知症の方とコミュニケーションをとることの多い介護職では、他者に責任転嫁し過ぎない能力は重要といえます。

そのためこの機会に自分を見つめ直してみると、大きな成長につながりますよ。

【注】ただし睡眠不足など健康面に異常が出ている場合は、うつ病などの疑いがあるため無理をしないでください。


対策2:信頼できる上司・同僚に相談する

2つ目の対策は「信頼できる上司や同僚に相談する」というものです。

どうしても苦手な利用者がいる場合、上司や同僚に相談することでシフトを変えてもらえるなど、根本的な解決に繋がります。

他にもアドバイスがもらえたり、気がまぎれたりとメリットは多いので、1人で悩み過ぎないよう心がけましょう。


対策3:親しい友人などと過ごす時間を作る

仕事にかかわりのない友人や家族に相談することで、客観的なアドバイスをもらえる、気持ちがまぎれるなどのメリットがあります。

人間関係の悩みは介護職に限らず、どの仕事でも起こり得るものです。そのため上司や同僚には相談しづらい…などの事情がある場合、身近な信頼する人へ相談するのも選択肢の1つといえます。

ただし仕事で得た情報を外部に漏らすのは厳禁です。そのため個人名などがわからないよう、工夫しながら相談してみましょう。


対策4:より条件の良い施設に転職する

あらゆる対策を行っても好転しない場合、思い切って転職することも視野に入れておくと良いでしょう。

日々の業務でストレスを溜め続けると、心身ともに苦労して長続きしません。むしろ周りの人や職場にも悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため訪問介護以外の選択肢も持ちながら、より条件のよい施設に転職することを検討しましょう。



3)より良い環境の職場への転職も検討を。おすすめの介護向け転職サービス

「どうしても今の職場では厳しい…」と判断したのであれば、転職を検討しましょう。

介護の仕事は施設の種類や、施設介護か訪問介護か…などによって求められるスキルが異なります。そのためズルズルと嫌な気持ちのまま働くより、自分が楽しく働ける環境に移った方が良い場合も多々あるのです。

そこでここからは、介護転職を検討し始めた方にオススメの介護向け転職サービスを紹介していきます。



きらケア

きらケア。あなたらしく働ける介護を。きらケアは、介護のお仕事探しを支援するサービスです。
サービス名 きらケア(派遣)
特徴 介護・医療に精通した専門のアドバイザーの支援・フォローが定評の、介護専門の転職サービス「きらケア」。
介護が初めての転職になる方や、異業種から介護業界への転職で、活動に不安を感じている方にはとても心強い味方となってくれることでしょう。
企業名 レバレジーズメディカルケア株式会社(2018年11月)




かいご畑

介護の求人・転職・募集ならかいご畑
サービス名 かいご畑
特徴 介護向け転職支援と併せて、介護資格の無料取得サービスもあるかいご畑」!

介護未経験の方、無資格の方も、専任コーディネーターのOne To Oneのきめ細やかなサポートと、常時4万件を超える介護向け求人情報が、あなたの転職活動を力強く支援してくれます。
企業名 株式会社ニーソネット(1999年9月)




マイナビ介護職

一人ひとりに寄り添える転職を。マイナビ介護職。
サービス名 マイナビ介護職
特徴 公開・非公開求人あわせて14,000件以上をかかえる、介護向け転職サービス。
業界専門のアドバイザーによるサポートと、「正社員」「派遣」「パート」など、ライフスタイルに合わせた求人の検索も可能。
介護業界未経験者や、将来的なキャリアアップをめざす方におすすめ。
企業名 株式会社 マイナビ(昭和48年(1973年)8月15日)




ジョブメドレー介護

ジョブメドレー。ぴったりの仕事、見つかる
サービス名 ジョブメドレー介護
特徴 介護向け求人情報の豊富さは、国内No1!

ジョブメドレー介護のサービスは、「未経験から介護職に転職したい」、「出産・育児後の復職をしたい」、「介護職としてのキャリアアップを目指したい」といった様々なニーズに応える、豊富でかつ高品質な求人情報と、キャリアサポートを提供しています。
企業名 株式会社メドレー(2009年6月)




まとめ)訪問介護の仕事を辞めたいと思ったときこそ冷静に対策!

「訪問介護の仕事を辞めたい!」と思った時こそ、慌てず客観的に判断することが重要です。

  • 待遇、給与面
  • 忙しさや仕事への責任
  • 主に利用者との人間関係

訪問介護の仕事を辞めたい理由として、上記3つが大枠として考えられます。自分が負担に感じ易いのはどこか理解することで、今後同じような悩みを抱えてしまうリスクを軽減できるのです。

衝動的に動くのではなく、長く楽しく働けるような判断を心がけてみてください。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー