『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「転職エージェントとの面談」って?面談するメリットと準備するポイントは?

[最終更新日]2020/08/20

エージェントとの面談用意するものや服装ポイントは?

転職をしようと決めた時、とても頼りになるのが転職エージェントです。

一人で転職を進めて行くのではなく、専門のキャリアアドバイザーがあなたと一緒により良い転職先を探してくれます。

登録をすると、まずは最寄りの支店で直接キャリアアドバイザーと会って面談が行われるケースも多くあります。

しかし、初めての転職の場合まずこの「キャリアアドバイザーとの面談」自体がどのようなものなのか今一つイメージのつきづらい部分もあるかと思います。

面談にあたって何を持っていくべきなのか、どんな服装で行けば良いのか、面談の流れはどのようなものなのか……。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)転職エージェントでの「面談」。目的とメリットは?

「面談」という言葉を聞くと、「転職エージェントの方で、キャリアや学歴で仕事を紹介する人を選ぶんだろうか……?」と不安に感じてしまう方もいるでしょう。

しかし転職エージェントで行われる面談の目的は、いわゆる面接とは全く異なるもの。

転職エージェントでの面談の目的とそのメリットを理解しておけば、キャリアアドバイザーに伝えておくべきことが分かってきます。



転職エージェントで面談を行う目的

転職エージェントで面談を行う一番の目的は、転職希望者のこれまでのキャリアやそれぞれの持つ適正、または転職に求めるものを知ることにあります。

キャリアアドバイザーは実際に転職希望者と会い情報を共有することで、より希望やキャリアに合った求人を選び紹介することができます。

キャリアアドバイザーは企業とも強い繋がりを持っているので企業内の雰囲気もよく知っています。

転職エージェントで行う面談は職歴や学歴だけではなく、転職希望者が紹介する企業の雰囲気に合いそうか、入社して長く勤められそうかなど総合的に判断する材料にもなるというわけですね。



転職エージェントの面談を利用するメリット

転職エージェントでの面談は必ず受けなければいけないというわけではありません。

転職エージェントによっては必須となっているところもありますが、そもそも支店が近くになく電話やメールでの対応となる場合もあります。

しかし、この面談には転職希望者にとってもいくつもメリットがあります。

  • 転職先への希望をしっかりと伝えられる
  • プロの視点から適正を判断してもらえる
  • キャリアアドバイザーの人となりが分かり、安心して転職活動を進められる
  • 転職を希望する理由がはっきりする
  • 情報が共有できる

などがメリットとしてあげられます。

特に自分の転職を手伝ってくれるキャリアアドバイザーの人となりを知ることで信頼感が生まれ、安心して転職活動を進めることができるようになるのは面談の最大のメリットですね。



2)転職エージェントでの面談の流れ

続いて初めての転職エージェントでの面談の流れについて見ていきましょう。

エージェントによって内容は様々ですが、一般的に以下のような流れで進められます。

場所は転職エージェントの支店である場合が多いですが、場合によってはカフェなどで行われることもあります。

それぞれのステップで話される内容を詳しく見ていきましょう。

STEP1 自己紹介STEP2 これまでの経歴・スキルの確認STEP3 転職理由とキャリアプランSTEP4 希望条件の確認STEP5 求人紹介
  • STEP1 自己紹介
  • STEP2 これまでの経歴・スキルの確認
  • STEP3 転職の理由とこれからのキャリアへの目標
  • STEP4 希望条件の確認
  • STEP5 求人紹介



自己紹介

キャリアアドバイザーとの面談で最初に行われるのはお互いの自己紹介です。

自己紹介の時にチェックしておきたいのは、キャリアアドバイザー自身が今までどんな仕事をしてきたのか、どの分野への転職が得意なのか、です。

自分の希望する職種への転職が得意、または実績の多いキャリアアドバイザーであれば安心できますよね。

面談は初対面ではあるものの堅苦しくなく、穏やかな雰囲気の中で行われることがほとんどです。

キャリアアドバイザーはあなたの希望を聞き出して、より満足のいく転職先を探してくれるパートナーになろうとしてくれます。

忖度なく、素直に何でも話せるような雰囲気なので安心して仕事について話をしましょう。


これまでの経歴・スキルの確認

続いて本題に入っていきます。

あなたのこれまでの職歴や持っているスキル、経験などを包み隠さず話しましょう。

履歴書や職務経歴書は事前に送付するか、インターネット上で登録するところが多いので必ず済ませておきましょう。

今までどんな企業で、どんな内容の業務を行ってきたのかを細かく話すのがポイントです。

あなたにとっては「小さな仕事」の経験であっても、キャリアアドバイザーにはその経験がとても大きく映ることがあり、そこから思いもよらない仕事に繋がることもあります。

自分では無理かなと思っていた業種であっても、プロの視点から見ると十分に可能な場合もあるのでしっかりとアピールをしましょう。


転職の理由とこれからのキャリアへの目標

続いて行われるのが転職を希望する理由やこれからのキャリアについてのヒアリングです。

これからどんな仕事に就きたいのか、転職を考えるきっかけとなったものは何なのかを話しながら紐解いて行きます。

なんとなく転職を希望した、という場合であってもキャリアアドバイザーと話をするうちに理由が明確になることもよくあります。

同じくこれからのキャリアビジョンが明確でない場合であってもキャリアアドバイザーからは適切なアドバイスがもらえるので安心してください。

転職を考えている理由が年収や労働時間などの条件面であったとしても、キャリアアドバイザーには隠す必要はありません。

企業には言いにくい転職理由でもキャリアアドバイザーには包み隠さず「本音で」話をしましょう。


希望条件の確認

次は希望する条件の確認です。

年収、休日日数、福利厚生や勤務スタイルなど仕事に求める条件は人それぞれ。

こちらもキャリアアドバイザーには隠す必要はありませんので、ストレートに伝えましょう。

しかし、「全ての条件を満たす企業じゃないと」と希望に固執してしまうと転職先が見つからなかったり、時間がかかりすぎてしまいます。

そのため希望の条件には予め優先順位を付けておくことが大切です。

絶対に譲れない条件を明確にしておき、あとは妥協してもいい、という姿勢でいることが大切です。


求人紹介

ここまでのステップを踏まえた上で、最後に求人が紹介されます。

紹介される求人数はエージェントや希望する職種によってまちまちですが、10社前後が相場といえるでしょう。

それぞれの企業の特徴や、どうしてこの企業を選んだのかなどの説明を受けながらより良いものを選んでいきます。

紹介される求人が多すぎたり、少なすぎたりする場合は条件を付け足したり減らしたりして絞り込んで行くことが大切です。

キャリアアドバイザーから希望以外の職種を提案されることもありますが、「この業種以外は嫌!」と突っぱねてしまうのではなく、どうしてこの業種が合うと思ったのかを聞くようにしましょう。

プロの視点から見ると新たな適正が見えてくる場合もあります。



3)転職エージェントでの面談を行う際に意識しておきたい3つのポイント

転職エージェントでの面接の流れは十分に把握できたでしょうか。

続いて、この面談をスムーズに、そして有意義な時間にするために事前に準備しておきたいことや心構えを見ていきましょう。

面談を行う際に意識しておきたいポイントは以下の3点です。

自己PR・経歴は面談当日までに話す内容をまとめておく面談当日の持ち物・服装を確認しておくキャリアアドバイザーには「本音」を伝える
  • 自己PR・これまでの経歴は、面談当日までに話す内容をまとめておく
  • 面談当日の持ち物・服装を確認しておく
  • キャリアアドバイザーには「本音」を伝える

それぞれを詳しく見ていきましょう。



自己PR・これまでの経歴は、面談当日までに話す内容をまとめておく

まず最も大切なことは「転職エージェントにすべて任せれば大丈夫だろう」と思わないことです。

キャリアアドバイザーは転職のプロですが、あなたの希望や職歴はあなた自身しか知り得ないもの。

自分の性格、過去の経歴、希望の職種、転職先に求めるものなどをきちんと言葉にできないとキャリアアドバイザーには伝わりません。

面談に訪れたもののキャリアアドバイザーときちんと話ができない方、すべてを任せっきりにしてしまう方は「転職に対する意欲が薄い」と見なされ求人の紹介を断られることもあります。

また、「希望とまったく違う業種を紹介された!」と不満を感じる方の多くは、希望をきちんと伝えられていないことが原因のひとつです。

キャリアアドバイザーと話をしながら分かってくることも多くありますが、自分のPRポイントや今までの業務内容、経験などは予め整理をしておくようにしましょう。
同時に転職先に求めるものの優先順位を付けておけばスムーズに求人を紹介してもらえます。

おすすめの方法はキャリアアドバイザーに送る職務経歴書をコピーしておき、どのような業務を行ってきたか箇条書きにしておくことです。

当日はその箇条書きを見ながら話をすれば、転職に対する熱意も伝わりますし、しっかりと準備をしている良い転職希望者という印象を与えられます。



面談当日の持ち物・服装を確認しておく

当日の服装については、迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

転職エージェントとの面談は企業との面接とは異なり、「私服で構いませんよ」と言われることがほとんどです。

しかし、より良い印象を与えるためにもきちんとした服装で出かける方が良いでしょう。
かっちりとしたスーツでなくても構いませんが、シャツやジャケットの着用をおすすめします。

男性も女性も、いわゆるオフィスカジュアルであれば問題ありません。
Tシャツにジーパンなどのラフな服装はなるべく避けるようにしましょう。

また、面談の後に模擬面接を行う場合は本番と同じ服装で出かけるようにしましょう。
キャリアアドバイザーからは面接時の服装やヘアスタイルなどのアドバイスがもらえます。

面談当日の持ち物は職務経歴書や履歴書を事前に提出しているなら筆記用具やメモ帳以外は必要ありません。



キャリアアドバイザーには「本音」を伝える

転職エージェントでの面談で一番意識しておきたいことが、「キャリアアドバイザーには本音で話すこと」です。

初対面の相手に自分の本音を話すのは苦手だという方も多いですが、キャリアアドバイザーに限っては本音で話すことがとても大切。

どうして転職をしようとしているのか、企業に求める条件、新しい職種へチャレンジしたい気持ちなど仕事にまつわることは何でも話しましょう。

取り繕った一般的な意見ばかりを言っていると、本当にぴったりな求人があったとしても出会いにくくなってしまいます。

少しくらい欲張った条件を希望しても大丈夫です。
本音で話をする転職希望者には、キャリアアドバイザー側も本音で向き合ってくれます。



4)面談サービスに定評のある、おすすめの転職エージェント5選

転職エージェントで行われる面談の流れやコツをご紹介しました。

最後に、しっかりとした面談を行ってくれると評判の転職エージェントを5つご紹介します。

転職エージェントの利用はひとつに絞り込む必要はありません。

担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性はどうしても影響しますし、持っている求人も異なるので複数の転職エージェントに登録することで、より多くのアドバイス、求人に出会える可能性が高まります。

視野を広く持ち、たくさんの意見を聞くことがより良い転職先へと繋がって行きます。

サービス名 対応エリア 拠点

doda
全国 北海道・宮城・東京・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡

マイナビエージェント
全国 東京(京橋)、新宿、横浜、札幌、静岡、名古屋、京都、大阪、兵庫、福岡

リクルートエージェント
全国 北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡

JACリクルートメント
全国 埼玉・東京・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・兵庫・広島

WORKPORT
全国 東京(大崎、立川)・埼玉・横浜・千葉・仙台・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・ソウル(韓国)・バンコク(タイ)・ホーチミン(ベトナム)




求人の選択肢を広げたいならdodaがおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)




丁寧なサポートならマイナビエージェントがおすすめ

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約10か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)




質の高いアドバイスが欲しいならリクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)




年収600万円以上のキャリアアップを目指したいならJACリクルートメントがおすすめ

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。
サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)




IT・Web業界に転職したいならWORKPORTがおすすめ

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)




まとめ)転職エージェントとの面談は、転職活動の「第一歩」

転職エージェントに所属するキャリアアドバイザーとの面談は転職への第一歩です。

キャリアアドバイザーはあなたの市場価値を決める相手ではなく、一緒になってより良い環境を探してくれるとても強い味方です。
面談を不安に思う必要はありません。

しっかりと準備をし、社会人としてのマナーを守って対応することでキャリアアドバイザーから大きなサポートを受けられるでしょう。

理想の企業と出会えるように、大きな一歩を踏み出して行きましょう。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー