『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

グロースハッカーってどんな仕事?未経験でグロースハッカーに転職する際のポイント4点

[最終更新日]2022/03/22

グロースハッカーって、どんな仕事?

IT・WEB業界で今大注目されているのが「グロースハッカー」という職業です。

日本ではまだ一般的には馴染みのない職業ですが、マーケティングの世界では欠かせない存在となったグロースハッカーとは、一体どんな職業なのでしょうか?

また、いち早く日本でグロースハッカーとして転職をするにはどのような手段が近道なのでしょうか?

目次

1)そもそもグロースハッカーって何?

【グロースハッカーとは】■米Qualaroo社CEOショーン・エリスが提唱 ■アプリ・HPなどをより多くの人に届けるために市場分析やユーザー獲得・収益向上を担う ■業務は多岐にわたる「ビジネス成長の請負人」

グロースハッカーという仕事は2010年、アメリカQualaroo社CEOショーン・エリスによって提唱され初めて認識された職業です。

とても新しいこのグロースハッカーという職業は、「ハッカー」という言葉の響きからITやWEB業界だけの業種だと思われがちですが、その活動はインターネット上だけではありません。

アプリやホームページなどを含む製品やサービスをより多くの人に届けるためにはどのように動けばよいのか、どこに市場があるのかなどを分析し、ユーザーの獲得や収益の向上を目指すのがグロースハッカーの仕事です。

例えばひとつのアプリに関わるグロースハッカーの場合、アプリ利用者がどのような年齢層でどんなことに興味があるのか、使う時間帯やアプリのヘビーユーザーになるきっかけなどを細かく分析しアプリ自体を急成長させていくのがグロースハッカーの仕事内容。

業務はデザインや内容の改善など多岐に渡り、市場調査から改善まで何でも行うのが特徴。

簡単にまとめると「ビジネス成長の請負人」といったところでしょうか。

グロースハッカーとマーケターとの違い

グロースハッカー:自らの手で売れるように改善する マーケター:完成したサービスを売り込む

市場を分析し、製品やサービスを成長させる職業と聞くと今まであった「マーケター」という仕事と似ていることに気が付きます。

グロースハッカーとマーケターは確かに似た部分もありますが、決定的に違うのがマーケターが完成したサービスや製品を売り込むという仕事内容であることに対してグロースハッカーは売り込むだけでなく自らの手で売れるように改善していくということです。

グロースハッカーは製品やサービスを売れるであろう市場に売りに行くだけでなく、それらを改善しより売れる方向へと導くのがメインの仕事です。

マーケターという仕事とエンジニアという両方の面を併せ持っているのがグロースハッカーという訳ですね。

グロースハッカーとマーケターとの違いを詳しく見る

グロースハッカーの業務内容

【グロースハッカーの主な業務内容】■Acquisition(ユーザーの獲得) ■Activation(ユーザーの活性化) ■Retention(ユーザーの継続利用) ■Referral(ユーザーによる外部への紹介) ■Revenue(収益)

マーケティング、そしてエンジニアという2つの面を持つグロースハッカーの業務は多岐に渡ります。

世の中のニーズを分析し、求められている方向へと製品やサービスを導くグロースハッカーの業務内容にはっきりと「これ!」といった定義はありません。

成長のためには何でも行うのがグロースハッカーですが、大まかな業務内容としてよく語られるのが「AARRR(アー)」というフレームワーク。

  • Acquisition(ユーザーの獲得)
  • Activation(ユーザーの活性化)
  • Retention(ユーザーの継続利用)
  • Referral(ユーザーによる外部への紹介)
  • Revenue(収益)

の5つの点の頭文字を取ってAARRRと呼ばれています。

まずは製品やサービスの特徴や理解し適切なところへ売り込み知ってもらうように戦略を立て、ユーザーを獲得していきます。

次により多くのユーザーを取り込めるように製品やサービスの活性化を図ります。

次にユーザーにより使ってもらえるように改善を繰り返したり、他サービスとの連携をはかりながら継続して利用してもらえるようにします。

ユーザーが定着した後はユーザーによって外部へ紹介してもらえる仕組みを考え、最終的には収益へと繋げていきます。

グロースハッカーはこの業務を繰り返し、より多くの人に製品やサービスを使ってもらえるようにするのが業務内容です。

グロースハッカーの業務内容を詳しく見る

2)グロースハッカーのやりがい・年収イメージ

グロースハッカーのやりがい

【グロースハッカーのやりがい】 ■サービスの制作や改善に向けた試行錯誤 ■自身のスキル次第でサービスを大きくすることが可能

グロースハッカーはやりがいに満ちた仕事です。

ひとつの製品やサービスを自分で作り上げたり、改善をしたりして巨大なビジネスへと繋げて行くのは簡単にできる仕事ではありません。

しかし、成功を目指して試行錯誤するのもとても面白くやりがいに繋がります。

グロースハッカーの仕事に正解はないため、製品やサービスが誰にも知られないまま埋もれてしまうのも、誰もが知る巨大なビジネスになるのも腕次第。

売り込むだけでなく、ゼロから作り上げていけるのも大きなやりがいのひとつです。

グロースハッカーのやりがいを詳しく見る

グロースハッカーの年収イメージ

【グロースハッカーの平均年収】平均年収500万円ほど。スキルアップにより年収2,000万円も可能

グロースハッカーはこれから最も需要が高まる職業のひとつです。

インターネットの発達で様々な新しい職業が生まれて来ましたが、グロースハッカーはその中でも新しくまだまだ伸びしろが大きい職業です。

グロースハッカーの年収はまだはっきりとしたデータはありません。

しかし請け負う業務が多彩であること、成功へ導くことができれば大きな収益を生むことなどから一流のグロースハッカーとなると年収2,000万円も夢ではないといわれています。

かけだしのグロースハッカーであればマーケターと同じくらいの年収になるので平均年収で500万円ほどと考えてよいでしょう。

腕が上がれば上がるほど評価され、比例して年収が上がっていくのがグロースハッカーの仕事です。

結果が売上やユーザー数など数字となって現れるためモチベーションを保つのも難しくありません。

グロースハッカーの年収イメージを詳しく見る

3)グロースハッカーに求められる知識・スキル

続いてグロースハッカーとして活躍するためにはどんな知識やスキルが必要なのかを見ていきましょう。

グロースハッカーに求められる仕事は幅が広いため、必要な知識もとても多いです。

その中でも最も必要とされる基本のスキルのは以下の3つです。それぞれ、順を追って見ていきましょう。

分析力

分析力:データの示すものを冷静に判断し、現状欠けているものを解析し改善していくための能力

グロースハッカーを目指すのであれば必ず身につけておかなければいけないのが高い分析力です。

市場の発見からそこで求められているもの、サイトや製品に興味を持ちアクセスをした人々の傾向などをデータに基づいて冷静に分析する力が必要です。

グロースハッカーにとってのデータは、仮に自分の立てた仮説や狙いとかけ離れたものであっても最も重要なもののひとつです。

データの示すものは何なのかを冷静に判断し、ビジネスを成功させるために欠けているものを解析し改善していく力が求められます。

例えばホームページなどの場合開かれる回数は多いのに滞在時間が短く収益に繋がらない、などの問題が発生した場合、滞在時間を長くするための改善が求められることが分かります。

グロースハッカーは様々なデータから改善するべきポイントを見つけ、スピーディーに手を加えることができるスキルが求められます。

プログラミングの知識

プログラミングの知識:HPを見やすく、使いやすくするために改善・機能追加できる能力

グロースハッカーが生まれたのがIT・WEB企業であったことからも分かるとおり、主な仕事場はインターネット上です。

インターネットは余分な広告費などをかけずにサービスを世の中に周知してもらえる最高のツールです。

実際の製品を提供するわけではなく、インターネットという情報提供ツールを使って莫大な収益を上げている企業はたくさんありますよね。

すっかり生活に定着しているtwitterやinstagramなどはその最たるものです。

グロースハッカーはインターネット企業で活躍することが多いためプログラミングに関する知識も必要とされています。

ホームページを見やすく、高感度が高まるように改善をしたり機能を追加したりするスキルを身につけておかないとエンジニアチームとの連携も難しくなってしまいます。

創造力

創造力:正解がない仕事のため、前例のない改善にも対応できる能力

グロースハッカーには新しいものを生み出す創造力も求められます。

仕事の幅が広く、どのように行えば成功するという正解がないのがグロースハッカーの仕事です。

そのため過去のグロースハックを参考にすることはあっても、まったく同じ手法で同じように目標が達成できるとも限りません。

ユーザーに求められているように手を加えていかなければならないため、前例のない改善を求められることも多いに考えられます。

データの解析やプログラミング能力を駆使して、創造力を働かせながらより良いものを生み出していくスキルがグロースハッカーに絶対に必要です。

新しいものへの興味関心はもちろん、好奇心旺盛でなんにでもチャレンジするという姿勢も良いグロスハッカーに共通することです。

4)グロースハッカーへの転職を成功するために、意識したいポイント4つ

新しい職業であるグロースハッカーは日本ではまだ働き口が多いとは言えません。
しかしアメリカではとても重要視されている職業なので、これから大いに需要が出る可能性は十分にあります。

資格もなければ正解もないグロースハッカーの仕事ですが、これから転職を目指す方は以下の4点を意識しておくと良いでしょう。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

データ分析や統計学について知識を蓄える

データ分析や統計学について知識を蓄える:統計学:集めたデータが何を示しているか解析する学問

先程必要なスキルの項目でも触れたように、グロースハッカーとして転職を考えているのならデータ分析についてのスキルは必ず必要になります。

データ分析の能力に必要なのが統計学の知識です。

プログラミング能力や創造力があってもデータの分析、そしてそれが何を意味するのかを正しく理解できないとグロースハッカーとして活躍することはできません。

統計学は集めたデータが何を示しているのかを根拠を持って解析する学問です。

グロースハッカーにとって統計学はデータを見るうえで必ず必要となる能力なので、それに関する知識を蓄えておくことが必要です。

スタートアップ企画やWebサービスの立ち上げなどで経験を積む

スタートアップ企画やWebサービスの立上げなど経験を積む:未経験からの挑戦は難易度が高い。0からマーケティングやデザインに関わるのが近道。

資格のない仕事で、IT・WEB業界で働きある程度のプログラミング能力を持つ方なら誰でも目指せるグロースハッカーは何よりも過去の経験が重視される職業といえます。

未経験で大きな企業へグロースハッカーとして転職を成功させることはとても難しいので、まずはスタートアップ企業やWEBサービスの立ち上げなどから関わっていき経験を積んでいくことがとても大切です

この方法はグロースハッカーとして成長していくための最も近道ともいえます。

これから伸びていこうとするスタートアップ企業でゼロからマーケティングやデザインに関わるのも良いですし、すでにある程度の知識のある方であれば自らサービスを提供できるシステムを生み出すのもおすすめです。

副業として活動を始めるのも良い手段ですね。

グロースハックを行うためのフレームワークについて理解しておく

グロースハックを行うためのフレームワークを理解する:【AARRR(アー)】と呼ばれる基本の型が存在する

とても幅広い業務を求められるグロースハッカーですが、基本となる「型(フレームワーク)」が存在しています。

それが先程紹介した「AARRR(アー)」と呼ばれるものです。

【AARRR(アー)】

基本となるこのAARRRをしっかりと理解し、それぞれの段階でどのような方法があるのかを知っておくようにしましょう。

AARRRへの理解が深めることが良いグロースハッカーへの近道となります。

また、過去のグロースハッカーの成功例を見ておくのも必要なことです。

同じような手法を取れば成功するというわけではありませんが、過去の事例からはたくさんのことが読み取れます。

業界知識や転職活動のノウハウがある、転職エージェントを活用しよう

業界知識が豊富な転職エージェントも活用しよう:【メリット】■キャリアプランの相談ができる ■非公開求人の紹介をしてくれる ■書類添削/面接対策をしてくれる ■内定後の条件交渉も代行してくれる

すでにIT・WEB業界で働いた経験があり、AARRRへの理解も十分!という方でも、グロースハッカーとしての仕事を見つけようとする際は転職エージェントを活用することを強くおすすめします。

転職エージェントの中にはIT・WEB業界への転職に特化したものがいくつも存在しています。

専門のキャリアアドバイザーが転職活動を支えてくれるので、自分一人の力で転職先を探すよりも効率がよくスムーズです。

また、転職エージェントを利用すればそのエージェントだけが持つ非公開求人も合わせて探すことが可能になるため転職成功の可能性が高まります。

エージェントはひとつではなく複数登録をし、選択肢を増やした増えでよりよい求人を選ぶことを心がけるようにしましょう。

5)グロースハッカーへ転職する際におすすめの転職エージェント

では続いてグロースハッカーへの転職先探しにおすすめの転職エージェントを5つご紹介していきましょう。

どのエージェントもIT・WEB業界に強く求人数も多いのでいくつか登録をしておくことをおすすめします。

また、エージェントによってサービスが異なるためご自分のスキルや経験を考慮した上で転職エージェントを選びましょう。

doda──幅広く充実したボリュームの求人と、積極的な提案

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

dodaは国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。
保有求人は常時10万件以上、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でじっくり求人チェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

dodaの活用メリットとおすすめポイント

dodaでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため企業から熱意あるスカウトメールが届きやすいです。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

dodaに登録すれば、「自分が今どんな企業から関心を持たれているか」について、スカウトメールの傾向から確認することができるでしょう。

スカウトメールは登録時のレジュメ内容をもとに送付されます。
登録者全員に送付される「軽いオファー」もあれば、面接が確約された「本気のオファー」もあります。

一方のdodaのデメリット・注意点は、担当アドバイザーの品質にバラつきがある点です。応募・エントリーを急かされたり、希望する分野への知識の浅いアドバイザーが就いてしまうこともあるでしょう。

丁寧かつ実績のあるアドバイザーに担当に付いてほしい」という場合は、パソナキャリア(全世代向け)、JACリクルートメントリクルートダイレクトスカウト(ハイクラス向け)といったベテラン層が厚いと評判の転職サービスがおすすめです。

リクルートエージェント──国内No1の求人数 転職支援ツールも充実

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

リクルートエージェントの活用メリットおすすめポイント

リクルートエージェントでは、志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」を用意してくれます。
●業界・企業情報はネットで公開されていないものも多いため、レポート情報はあなたの活動に大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとにグロースハッカーへの転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェント登録後に無料で活用できる、職務経歴書を自動で作成できる「職務経歴書エディタ」や無料の「面接力向上セミナー」のサービスもおすすめです。

職務経歴書エディター
職務経歴書エディタ
テンプレートや入力例に沿って、職務経歴書を半自動で作成できるサービス。作成後にWordファイルにダウンロードして利用することも可能。
面接力向上セミナー
面接力向上セミナー
企業が「採用したい」と思える面接の必勝法が学べるセミナー。参加者の99%が「満足」以上の回答。
現在(2022年3月)はLIVE配信(オンライン)で行われている。

一方のリクルートエージェントのデメリット・注意点としては、これらサポートの提供は適切かつとても「スピーディ」であるということです。担当者によっては、活動ペースを急かしてくることもあるかもしれません。

じっくりと、自分のペースで転職活動をしたい」という場合は、パソナキャリア(全世代向け)、マイナビエージェント(若手社会人向け)、JACリクルートメントリクルートダイレクトスカウト(ハイクラス向け)にも併せて登録し、より自身にマッチするサービスを選んでおくと良いでしょう。

パソナキャリア──全都道府県に拠点あり、地方転職に強い&じっくり相談に乗ってもらえる

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!イチ押し

パソナキャリアは、人材派遣業の代表的な企業として知られるパソナグループが運営する転職エージェントです。派遣事業で築いてきた信頼は厚く、取引企業数は16,000社以上にのぼります。過去の転職支援実績は累計25万人に達しており、豊富な転職ノウハウを有しているのが特徴です。

転職コンサルタントによる丁寧なサポートを特徴としており、利用者の年収アップ率67.1%という実績からもサポート品質の高さがうかがえます。

サポート対応地域は全国、かつ全都道府県に支店があります。対面サポートもしやすいエージェントです。

パソナキャリアの活用メリットおすすめポイント

人材サービスを総合的に手掛けるパソナグループならではの特色として、拠点が全国の都道府県にある点が挙げられます。
拠点が各地にあることで、キャリアアドバイザーによるサポートも受けやすくなるはずです。

転職サービスによっては首都圏や大都市部のみが対象エリアとなっていることも少なくない中、地方での転職にも対応できるのは大きなメリットといえるでしょう。

また、地元の企業との信頼関係を築く上でも、エージェントの企業担当者が高頻度で採用担当者とコンタクトを取っていることは重要です。

地方に本社・支社がある企業の詳細な情報を得られるだけでなく、「パソナキャリアが推薦する人材なら採用を前向きに検討しよう」と思ってもらえる可能性が高いでしょう。
そうした背景もあり、パソナキャリア利用者の67.1%が内定後の年収アップに成功しているといいます(※公式サイトより)。

転職後の年収の増減
 

引用元:パソナキャリア公式サイト

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、さらには自己分析やキャリアの棚卸しについても、キャリアアドバイザーが親身になって二人三脚で取り組んでくれるので、「転職活動をひとりで進めるのは不安…」という人には特に心強いパートナーとなるでしょう。

一方のパソナキャリアの注意点は、サポートは手厚いが、転職意欲の低い人は優先度を下げられる可能性がある点、そのほか職種・業種によっては提案される求人が少ない場合もあることです。

doda(全世代向け)、リクルートエージェント(全世代向け)、リクルートダイレクトスカウト(ハイクラス向け)といった求人数が豊富でかつ担当から積極的なスカウトや提案の受けられるサービスも並行して登録しておくと、安心でしょう。

ビズリーチ──優秀なヘッドハンターと良質な企業からスカウトが届きやすい

ビズリーチ。年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1

ビズリーチは主にハイキャリア人材を対象とした転職サービスです。

一般的にハイキャリア転職サービスは求人数が少なくなりがちですが、ビズリーチは近年求人数が増えており、首都圏はもちろんのこと地方での転職においても非常に豊富な求人を確認することができます

「ハイクラス転職サービスにはどんな求人があるのだろう?」「自分の場合、どのような企業からスカウトが届くのか?」といったことを知っておくだけでも、今後のキャリアプランを考える上で十分参考になるはずです。

現在の年収が500万円以上で、ゆくゆく転職を検討する可能性のある方であれば、登録する価値が十分にあるサービスといえるでしょう。

ビズリーチの活用メリットとおすすめポイント

BIZREACHの仕組み

ビズリーチの登録者に届くスカウトには、企業からの直接スカウトとヘッドハンターによるスカウトの2種類があります

紹介される求人は経営管理(管理職・役員)プロジェクト管理専門職といった事業の上流工程を支える重要なポジションのものが多いです。
カバーしている業種も幅広いため各業界の最前線で活躍するポジションへの転職が期待できます。

紹介される会社は大企業だけでなく、中小の優良企業の求人も扱っています。
また、独自に「BizReach創業者ファンド」を創設するなど、スタートアップ企業の支援も積極的に行っていることから、スタートアップ企業やベンチャー企業への転職支援にも強いのが特徴です。

一方のビズリーチのデメリット・注意点は、求人が年収600万円以上のハイクラス向けのものに寄っている点、および基本的にヘッドハンターからの提案を待つ転職スタイルになるため、急ぎの転職には向かない点が挙げられます。

希望年収はもう少し低くなる」場合や「なるべく早く転職したい」場合は、幅広い求人数を扱い、かつスピーディな対応が可能なリクルートエージェント(全世代向け)、doda(全世代向け)、パソナキャリア(全世代向け)などの転職サービスがおすすめです。

リクルートダイレクトスカウト──実績豊富なヘッドハンターを転職者が選んで、提案を受けられる

Career Carverリクルートダイレクトスカウト リクルートのヘッドハンティングサービス

リクルートダイレクトスカウト(旧CAREER CARVER(キャリアカーバー))は、転職大手「リクルート」が運営するヘッドハンティング型の転職サービスです。

年収600万円以上のミドル・ハイクラス層をメインにサポートを行っており、優秀なヘッドハンターからのスカウトを待つことができます。

リクルートダイレクトスカウトの活用メリットとおすすめポイント

リクルートダイレクトスカウトでは「転職者がヘッドハンターを選ぶ」という逆指名制を採用しているのが大きな特徴です。

リクルートダイレクトスカウトは転職者がヘッドハンターを選べる!

自分が希望する業種・職種に関する知識が豊富か、優れた転職支援実績があるか、といった点を見極めるために、ヘッドハンターのプロフィールを閲覧することができます
優秀なヘッドハンターを見つけたら、転職者のほうからヘッドハンターを選んで求人紹介を依頼できるのです。

また、ヘッドハンターは複数名を同時に指名することも可能です。

一方のリクルートダイレクトスカウトのデメリット・注意点は、求人が年収600万円以上のハイクラス向けのものに寄っている点、および基本的に「スカウトを待つ」活動スタイルになるため、急ぎの転職には向かない点、です。

希望年収はもう少し低くなる」場合や「なるべく早く転職したい」場合は、幅広い求人数を扱い、かつスピーディな対応が可能なリクルートエージェント(全世代向け)、doda(全世代向け)、パソナキャリア(全世代向け)などの転職サービスがおすすめです。

まとめ)グロースハッカーとして一歩を踏み出そう

今回は今注目されているグロースハッカーという職業に迫ってみました。

インターネットサービスは既に私達の生活に欠かせないものとなっています。

次々と生み出される新しいサービスの裏には、グロースハッカーの存在が欠かせません。
サービスを受け取る側ではなく、発信する側がグロースハッカーという存在です。

やりがいのある新しいこの仕事は、製品やサービスを提供する側にとって今後ますます欠かせなくなって行くことが予想されます。

転職エージェントを活用し、いち早くグロースハッカーとしての第一歩を踏み出しましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー