『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

30代転職者に絶対知って欲しい、転職成功する為のポイント3つ

[最終更新日]2018/11/23


120
仕事の電話をかける30代男性と会議中眠そうにしている30代女性

「30代での転職は売り手市場っていうけど本当?」

「『30代での転職もなかなか決まりにくい』って聞いたけれど、実際はどうなんだろう…」

30代は、これからのキャリアの描き方や転職について、特に考えることの多い時期でしょう。企業側も、30代の転職者を積極的に採用しているところも増えてきています。

ですが、そうは言っても「30代ならだれでも転職成功する」という訳ではありません。

採用する企業のほうでも、「こういう30代の方に来てほしい」というイメージがあるものです。

目次

30代の方にオススメの、転職支援サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。

1)なぜ30代の転職は、採用担当から注目されるのか

はじめに、「なぜ30代の転職が企業・採用担当から注目される傾向にあるのか」について整理してみましょう。

20代や40代と比べて、30代の転職者が企業から受け入れられやすい理由、それは「即戦力があって、かつ新しいことへの適応力やリーダーシップが期待できる」からです。

転職者の、年代別にみられるイメージの違い

年代 転職時に企業から抱かれやすい、
良いイメージ
転職時に企業から抱かれやすい、
悪いイメージ
20代転職者
  • 最低限のビジネスマナー、社会人基礎スキルを所有している
  • 新しいことへの適応力がある
  • まだ経験が浅い
  • まだ実績がない(将来実績を出せるかがわからない)
30代転職者
  • (これまでの実績、経験から)即戦力への期待のイメージがしやすい
  • 新しい取り組みへの適応能力がある
  • リーダーシップを持てる
  • 特になし
    (協調性や謙虚さを問われる場合あり)
40代転職者
  • 豊富な社会人経験
  • 専門スキルの高さ
  • マネジメント能力、管理職スキルがある
  • 新しい環境に適応できるかの不安
  • 積極性や行動力が若い人と比べて低い
  • 給与ベースが高い

上記の表で見ると、各年代の一般的な企業から抱かれるイメージにおいて、30代の転職者に対するイメージが非常に安定していることが伺えます。また、30代の転職者に対しては特に悪いイメージがない(あくまで一般的かつ平均的な見方ですが)というのが特徴的ですね。

となると、「30代の転職って、かなり有利なのでは?」と思われる方も多いことでしょう。確かに、年代だけで言うと30代の転職は他の年代の転職より有利に働くことが多いです。
ですが、もう一度30代転職者の、「転職時に企業から抱かれやすい、良いイメージ」のところを見てみましょう。 「即戦力」、「適応能力」、「リーダーシップ」──30代だからといって、必ずしもこれらが備わっているとは限りませんよね。つまり、30代の転職者の方々も、転職に向けて相応の準備が必要とされているのです。

──では、続いてこれら「即戦力」、「適応能力」、「リーダーシップ」を中心に、30代の方が、転職の際に「準備・意識しておきたい」ポイントをお話していきたい思います。

2) 30代の転職者の方が、準備しておきたい3つのポイント

30代の転職者に求められるのは、「即戦力」と「適応力」と「リーダーシップ」

転職先で、「即戦力」として働けるための準備をする

30代の転職者の方が準備しておきたいポイントの一つ目が、「即戦力」です。──まずは、以下人事・採用担当の方30代転職についてのコメントをお読みください。

人事・採用担当の声(情報通信サービス 創業20年目、従業員300名)

人事・
採用担当
Aさん

30代の転職者は、積極的に採用活動を行っています。

転職組で、早いタイミングでチームの中核となって活躍するメンバーも多いですね。
ただ、当社はデータ・マーケティング事業を行っているということもあって、営業職や企画職であったとしても、データベースに関しての知識や関心があまりない方は、書類審査や面接の際にお断りさせていただいています。
前職で同様の業務を行っていた──とまでではないにせよ、その分野に興味があって、自身でも情報収集やスキルアップしていることが確認できないようでしたら、即戦力としては期待できませんからね。

職場も20代の若い人が多く、皆それなりにスキル・経験は積んでいます。30代の転職者の方に期待したいのは、その中でイニシアティブを取っていけるようなリーダーシップですね。

転職される方が、「今回考えている転職先は、職種や業種等新しい分野へのチャレンジの要素が大きい」という場合は、上記人事・採用担当Aさんのコメントも参考にしておくと良いでしょう。特にITやベンチャー企業のような、比較的年齢層の若い企業に転職する場合は、「その業界の知識やスキルはある程度持っていて当然」という見られ方をします。

必ずしも、同じ業界での経験や実績が求められるわけではありません。ですが、「その分野に対しての知識と関心を持っていて、かつそれが行動に紐づいていること」── 求められる「即戦力」に応えるためには、最低でもそのレベルはクリアしておく必要があるでしょう。

つまり、転職する際には、目指す企業で求められる知識・情報はある程度キャッチアップ(事前準備、自己学習)した上で臨んだほうが良い、ということですね。

高い「適応力」を発揮するための準備をする

30代の転職者の方が準備しておきたいポイントの2つ目は、「高い適応力」です。

適応力と言っても、やや表現があいまいですので補足しておきますと、「適応力=様々な環境や状況に対処してけるための能力」です(順応力という表現で言われることもあります)。

ビジネスで言うと、新しいチャレンジを伴う仕事であったり、顧客の新規開拓、障害やクレームなどのトラブル発生の際に、この適応力が求められる、ということですね。こう説明すると、より納得感を持って、「転職の際には企業から適応力を求められる」ということを理解いただけるのではないでしょうか。

とはいっても、「では、適応力を高めるためにはどうすればよいか?」といった疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。また、自分自身が適応力を持っているかというのは、なかなか主観的には判断しづらいですよね。そこで、適応力を身に付けるための基本アプローチを3点、紹介したいと思います。

適応力の身に付け方

  • ものごとを決めつけで考えない。【スロー思考】を意識する。
  • どちらが合理的なのかを常に考えるようにする。
  • 考えた後、そのままにしない。常に「やってみる」──行動を意識する。
人の思考パターンは、大きく「ファスト思考」と「スロー思考」の2パターンに分けることができる

一つ目の「スロー思考」という単語はご存知でしたでしょうか。

人の思考パターンは、大きくファスト思考とスロー思考の2パターンに分けることができます。
ファスト思考というのは、「信号が赤になったから止まろう」であったり、「あ、この絵本のイラスト、自分好みだな」といったような、判断がすぐに行われるような思考パターンです。
それに対してスロー思考とは、「今日のミーティングは皆活気がなかったけど、なんでだろう‥・」であったり、「自分は10年後、どういう状態になっていたら幸せだろう…」というような、判断や新しい気付きを得るまでに一定の時間を要するような思考パターンです。

ちなみに、ファスト思考するときとスロー思考するときは、脳の活動領域も異なってくるそうです。

怖いのが、人は本能に身を任せると「ファスト思考」寄りになってしまうということです。例えば、人のことを表面上(外見や肩書)だけで判断してしまう人や、仕事の内容を「言われたこと」以上のことがなかなかできない人など、皆さんの周りにもいらっしゃるのではないでしょうか。これらのケースがまさに、「ファスト思考寄り」の思考パターンに陥ってしまっている状態ですね。

 

ルーティンワークならともかく、深い洞察力や難しい決断を求められるシーンにおいては、「ファスト思考」ではなく「スロー思考」が必要となります。思考パターンをより「スロー思考」に寄せていく為には、「ファスト思考にならない」ことを常に意識することです。もう少しわかりやすく言うと、「感覚や直感だけに頼りすぎない」ということですね。
たまに、「人の直感は90%正しい。だから直感に従うのが大切なんだ」なんてことを書いてある記事もありますが、はっきり言って、全くの幻想でしょう。

誤解のないように言うと、「感覚や直感は必要ない」ということではありません。それがとても大切になることもあります。ですが、その感覚や直感を一度は自分でも疑ってみて、より確実なものにしていく必要が、特にビジネスの世界では必要ですよ、ということです。

また、物事をいつも合理的に考えること、そして、考えた後行動を起こすこと、これらをいつも意識するようにしてみましょう。そうすることによって、適応力は自然と身についてくることでしょう。

転職先で、「リーダーシップ」を発揮していけるための準備をする

30代の転職者の方が、転職の際に準備しておきたいポイントの最後が、「リーダーシップ」です。

人事・採用担当Bさんの声(メーカー(機械) 創業30年、従業員500名)

人事・
採用担当
Bさん

当社では、主に新卒と30代の中途の転職者をメインに採用活動を行っています。
メンバーの数も多いので、チームをまとめていくリーダーシップは必須ですね。かつ私たちの会社では、1年目社員から「リーダーシップを持って仕事をするように」と伝えていますので、中堅社員はその手本となっていただかないといけませんので。

なぜリーダーシップが大切かというと、ルーティンワークだけでは解決できない課題が多いからです。社員は皆、新しい課題やチャレンジについて、自発的に考え、行動することが求められています。

「30代の転職者に求めるものは?」の質問に答えてくれた上記人事・採用担当Bさんのコメントでは、これでもか、というくらい「リーダーシップ」が連呼されていますね笑。さて、Bさんに限らず非常に良く耳にするこのキーワードですが、「リーダーシップについて、具体的に説明してください」と言われて、パッと答えられますでしょうか? ──結構難しいですよね。

参考程度に、一般的に言われている「リーダーシップの定義」と、そのチェック表を用意してみました。ご自身のリーダーシップ度合が気になるという方は、チェック項目と併せてご確認ください。

リーダーシップの定義

                                       
リーダーシップの定義     チェック項目    
ビジョン・未来を
掲げる    
     
       
  • □ 自身が任されているチームや部署を中長期的視点で見れているか
  •        
  • □ 目指したい将来を描いて、行動に移せているか
  •        
  • □ 自分の案が実現可能かどうか、周囲の意見に耳を傾けているか
  •        
  • □ 他人の意見を取り込み、自身の意見をより良くさせる柔軟性を持っているか
  •        
  • □ 自身の考えやアイデアを周囲に印象強く伝えられているか
  •      
   
部下のやる気を
引き出す    
     
           
  • □ 自身の情熱や信念を周囲に伝えられているか
  •        
  • □ 部下の強みとやる気を引き出す為の行動が充分にとれているか
  •        
  • □ 自身のメッセージの効果を高める為の工夫がなされているか
  •        
  • □ 周囲を排除・孤立させず、たくさんの人を巻き込めているか
  •        
  • □ 部下や仲間の状態、これから先の将来を見据えた行動をとれているか
  •      
   
チームの推進力を
高める    
     
           
  • □ 自身が任されているチームや部署のレバレッジポイントを押さえられているか
  •        
  • □ リーダーとして自身が何をすべきか、行動の優先順位が整理されているか
  •        
  • □ 変革や変化を恐れず、業務・行動に速やかに取り入れているか
  •        
  • □ 部下や仲間に重要な責任・業務を強調し、必要に応じて任せることができるか
  •        
  • □ 部下や仲間の行動に対し、評価に値する内容をふんだんに認め称賛できているか
  •      
   

いかがでしたでしょうか。1項目につきチェックが3つ未満になる箇所は、課題箇所として見ておくと良いでしょう。

上記のリーダーシップチェックテストを行って、多くの方が点数を高く付けられずに悩むところが、「ビジョン・未来を掲げる」の項目です。変化が激しい現代社会において、未来を描くというのは確かに大変難しいことですので、当然と言えば当然かもしれませんね。

ですが、リーダーはメンバーを導いていく役柄です。導いていくとしたら、未来はしっかり見出しておかないと、行先を誤ってしまいかねません。つまり、「ビジョン・未来を掲げる」が出来ていない状態でのリーダーシップ、というのはありえないのです。

そして、30代の転職者に多くの企業が求めるのもまた、ビジョン・未来を描ける人材なのです。

「自分にはまだリーダーシップが培われていない…」という方は上記のチェック項目を確認して、まずは自分の不足ポイントを明確にしておきましょう。まずは意識するところから始めるのが肝心です。

3) 30代転職の成功率をより高めていく為に

夕日に立つ30代男性

続いては、30代転職の成功率をより高めていく為に、意識していきたい点をまとめていきましょう。

ポイントは、以下の2点です。

  • 転職活動をより効果的・効率的に進める工夫をする
  • 書類選考の通過率を上げる 職務経歴書はしっかりと!

転職活動をより効果的・効率的に進める工夫をする

30代に限らず、転職は「意識・スタンスさえ高めておけば成功する」と言い切れるものではありません。 特に、以下の点には意識を重く置いておくべきでしょう。

  • プロセスとスケジュールを整理する
  • リサーチ・情報収集の時間を確保する

多くの30代転職活動者の方々は、現職での忙しい業務をこなしながらの転職活動となるでしょう。
一方で、30代転職者の活動期間は、50%以上の人が現職退職後0~1ヶ月間で次の勤め先に転職しています。

つまり、現職在職中からの活動と、効率的なプロセス・スケジュール進行が重要となる、ということですね。

転職活動における主なプロセスは以下の通りです。

1) 転職への意思決定

2) 調査(自己分析、転職先の業界や企業のリサーチ)

3) 求人企業へのアプローチ(書類応募、面談)

この記事を読まれている多くの方は、すでに1)の「転職への意思決定」はお済みだと思いますので、いかに2)、3)を効率的に進めるかが重要となってくるでしょう。
また、この部分に「どれだけ時間をかけるか」は人それぞれでしょうが、それでも「期間を気にせず進める」のはNGです。じっくりやるにしても、「今から〇ヶ月以内に転職を実現しよう」という意思を持って進めたほうが効果的です。

期間の一つの目安は、「2)調査」と「3)求人企業へのアプローチ」を合わせて3か月です。かつ、この期間を在職中から開始されることをお薦めします。

また、ここで「具体的なプロセス、スケジュールのイメージが付かない」という方は、転職エージェントのサポートを活用されると良いでしょう。以下に、30代の方お薦めの転職エージェントサービスを紹介します。

30代の方にオススメの、転職支援サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。

書類選考の通過率を上げる 職務経歴書はしっかりと!

続いて、30代転職の成功率を上げるために意識しておきたい点は、「書類選考の通過率を上げていくこと」です。
特に、職務経歴書はしっかりと記載しておくべきでしょう。

現在、優良な求人情報の倍率は数十倍~数百倍と言われています。かつ、企業側が応募者に対して面談を持てる時間は限られています。──つまり、書類選考で相応の割合が落とされるということです。

これまでの経験・実績も培われている30代の転職だからこそ、書類選考で重要となる履歴書・職務経歴書は大切に扱っていきたいものです。特に、職務経歴書はいわば転職活動におけるあなた自身の「プレゼン資料」です。
ここにはしっかり時間をかけて臨むべきでしょう。

職務経歴書の対応方法については、以下記事にて詳しくまとめています。 宜しければ、併せてご覧ください。

4)まとめ 30代からの転職は、早め早めの「準備」を!

 ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

「30代の転職は、企業からの期待も高い。そして、それ故に【即戦力】や【適応力】、【リーダーシップ】も見られる」──こう見ると、30代という転職適齢期においても、相応に準備が必要となることが伺えたのではないでしょうか。

ですが、他の40代、50代での転職と比べて、30代の転職は企業からの需要が多いのもやはり事実です。「やっぱり転職は、ちょっと大変そうだな…」と思って行動を起こさずにそのままにいると、いつの間にかもっと転職しにくい状況になってしまうことだって考えられます。

転職について検討しつつもまだ行動を起こせていないという30代の方は、まずは「その市場や企業を知る」であったり、「自身のキャリアプランを見直してみる」といった準備を、少しずつでも始めてみることをオススメします。どんなに悩ましい問題も、一つ一つ丁寧に見ていくと、意外と道は開けてくるものです。


皆さまが転職活動をされる際に、本記事の内容が役立てられることを、心より願っております。

この記事を編集した人

アーティエンス株式会社 メディア事業部

アーティエンス株式会社(メディア事業・研修事業を営む会社)所属。
メディア事業部では、「サービスに携わる人たちの、”心揺さぶる瞬間”を創出していくこと」をモットーに、企画・運用活動を行っています。

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.22
Loading...
<スポンサーリンク>