『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

30代の転職を成功するために準備すべきポイントは?成功者の体験談も紹介!

[最終更新日]2021/02/25

185
30代の転職を成功するために準備すべき5つのポイント

社会人として一定の経験を積み、スキルや実績にも自信が持てるようになってきた30代の人の中には、次なるステップとして「転職」という選択を考えている人もいることでしょう。

転職そのものが決してめずらしいものではなくなっている現在、30代の転職は一般的に見ても十分あり得る選択肢と言えます。

一方で、30代での転職が本当にベストなタイミングかどうか、転職するメリット・デメリットを理解した上で決めていくことが大切です。
転職に適したタイミングは人によって異なるため、一般論や雰囲気に流されてしまうのはリスクが高いでしょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)30代の転職は本当にベストタイミング?メリット・デメリットは?

なんで、30代の転職者が有利なんだろう…?

20代や40代と比べて、30代の転職者は求人企業の採用担当者に注目される傾向にあります。
はじめに、各年代での転職者に求人企業がどのようなイメージを抱いているのか整理してみましょう。

転職者の、年代別にみられるイメージの違い

年代 転職時に求人企業から抱かれやすい、
良いイメージ
転職時に求人企業から抱かれやすい、
悪いイメージ
20代転職者
  • 最低限のビジネスマナー、社会人基礎スキルを所有している
  • 新しいことへの適応力がある
  • まだ経験が浅い
  • まだ実績がない(将来実績を出せるかがわからない)
30代転職者
  • (これまでの実績、経験から)即戦力への期待のイメージがしやすい
  • 新しい取り組みへの適応能力がある
  • リーダーシップを持てる
  • 特になし
    (協調性や謙虚さを問われる場合あり)
40代転職者
  • 豊富な社会人経験
  • 専門スキルの高さ
  • マネジメント能力、管理職スキルがある
  • 新しい環境に適応できるかの不安
  • 積極性や行動力が若い人と比べて低い
  • 給与ベースが高い

上記の表で見ると、求人企業から抱かれる一般的なイメージにおいて、30代の転職者に対するイメージは他の年代と比べて非常に安定していることが伺えます。
年代だけで言うと30代の転職は他の年代の転職より有利に働き、転職成功の確率を高めていくことは可能なようです。

一方で、この表から求人企業が30代の転職者に求めるものが「即戦力があって、かつ新しいことへの適応力やリーダーシップが期待できる」人材であることもわかります。

これらを踏まえて、30代の転職のメリットと注意点を考えてみましょう。



30代の転職、そのメリットと注意点

30代で転職することのメリット

これまでの経歴やスキルをPRに活かせる求人企業から好待遇で受け入れてもらいやすいビジネス上での人脈を活かして転職しやすい
  • これまでの職務経験や培った知識・スキルをPRに活かせる
  • 求人企業から好条件・好待遇で受け入れてもらいやすい
  • ビジネス上での人脈を活かした転職を行いやすい

30代の転職では20代までと比べて、これまでの職務経験や身につけてきたスキルなどの「土台」を生かして次のステップを目指しやすくなります。

すでに一定以上の社会人経験があるため、企業としても求めるスキルや経験に合った人材かどうかを判断する材料が豊富にそろっているからです。

転職後に「このポジションで活躍してもらいたい」といった明確な役割を与えられる可能性も十分にあるでしょう。

その場合、これまでの実績や経験を加味して給与条件が決定されることにより、前職よりも良い条件・待遇で転職が決まることもめずらしくありません。

さらに、前職で顧客や取引先、勤務先の同僚・上司といった人脈を転職後に生かせる可能性があります。

本来なら入社してから何年もかけて人脈を築いていくはずのところを、入社時点で人脈を抱えた人材を採用するわけですから、企業としては人材1名を採用する以上のメリットを得ることができるのです。


30代で転職することのデメリット・注意点

企業は30代に対して「即戦力」を求める傾向未経験職種への難易度は増す条件によっては、年収が今より下がる可能性も
  • 求人企業は30代転職者に対して「即戦力」を求める傾向が高い
  • 未経験職種への転職難易度がやや高まる
  • 転職先の条件によっては、年収が下がるケースもある

30代の人材に対して企業は多くのことを期待しています。そのため、20代までであれば要求されなかったレベルの期待を寄せているケースが少なくありません。

とくに顕著なのは、未経験職種への転職を希望する際のハードルの高さでしょう。企業側は30代の中途採用者に対して即戦力を求める傾向があり、新卒や20代の転職者のように時間をかけて「育てなくては」とは考えていない可能性があります。

意欲やポテンシャルよりも「実績」を重視した選考が行われると考えておくほうが現実に即しているはずです。

また、30代の人材はすでに昇給や昇進により一定水準の給与を得ていることが多いため、転職後に同水準の年収を維持できないことも考えられます。

転職先の条件によっては、入社時点で現職よりも年収が下がってしまうケースが少なくないのは、30代の転職におけるデメリットと言えます。



2)30代の転職成功に向けて準備しておきたい5つのポイント

転職活動を始めるとなると「内定が得られるかどうか」に関心を寄せがちになりますが、内定さえもらえれば転職成功というわけではありません。

転職後に希望条件が叶えられるかどうか、納得のいくキャリアを築けるかどうか、といった見通しを持って準備を進めておくことが大切です。

そこで、30代の転職を成功させる上で準備しておきたいポイントについて解説します。
これから転職活動を始めようとしている人は、次の5つのポイントを事前に確認しておくようにしましょう。

  転職までの「スケジュール」を綿密に立てる「重視したい条件」「妥協できる条件」を決める「スキルの棚卸し」と「アピールポイント」企業研究は入念に30代のサポートに強い転職エージェントの活用
  • 転職までの「スケジュール」を綿密に立てておく
  • 「重視したい条件」「妥協できる条件」を決めておく
  • 「スキル・経験の棚卸し」と自身の「アピールポイント」を明確に
  • 「企業研究」は入念に行う
  • 30代のサポートに強い転職エージェントの活用




転職までの「スケジュール」を綿密に立てておく

転職者の転職活動にかける期間の平均は約3か月。転職活動にかかる期間は人それぞれです。「最短で3か月、場合によってはそれ以上かかる」といったイメージを持つと良いでしょう。

大前提として、転職活動は現職の仕事を続けながら行うようにしましょう。

ひとたび退職して失業すると、企業からの目が途端にシビアになるといったことはめずらしくありません。よほどの事情がない限り、転職先が決まってから退職を申し出るのが鉄則です。

30代の人材は現職で重要なポジションを担っているなど、多忙な日々を送っているはずです。
内定を獲得して現職での引き継ぎを行い、退職するまでのスケジュールを綿密に立てておく必要があります。転職活動の期間は余裕をもって確保し、慌てて転職先を決めてしまうことのないように注意しましょう。

ただし、スケジュールを立てると言っても、現職での担当業務の区切りや繁忙度合いを気にしていると、いつまで経っても転職活動に着手できないことも考えられます。

いつ転職したいのかゴールを先に決め、その目標に向けていつまでに何をしておくべきなのか逆算して計画を立てておくことが大切です。





「重視したい条件」「妥協できる条件」を決めておく

2つの扉の前で悩む女性

転職するのであればできる限り条件の良い職場を選びたいのは山々ですが、あまり多くの条件を付けすぎてしまうと希望を叶えられる転職先がなかなか見つからないという事態になりがちです。

転職するにあたって「これだけは譲れない」といった優先度の高い条件を決めておくと同時に、「この点は妥協しても仕方がない」といった条件を整理しておきましょう。

転職先に求める条件を考える上で重要になるのが、なぜ転職したいのかという動機です。「年収を上げたい」「仕事の幅を広げたい」「キャリアアップしたい」といった転職の動機を明確にしておくことによって、転職先に何を求めるのかが定まっていくはずです。

ワークライフバランスが改善する代わりに、年収はやや下がる」といったように、転職先に求める条件はトレードオフの関係にあることを念頭に置く必要があります。





「スキル・経験の棚卸し」と自身の「アピールポイント」を明確に

男性の腕

採用選考において自身の強みや実績をアピールできる機会は限られています。

採用担当者にとって応募者は初対面の人ですので、これまでの実績・経験や身につけてきたスキルをいかに「刺さる」ように伝えられるかがポイントとなります。

現職で経験してきた仕事内容や挙げてきた実績を細分化し、何をどのようにアピールすべきなのか、アピールすることで採用担当者にどう評価してもらいたいのか、といった点を整理しておく必要があります。

自分にとっては当たり前だと思っていた経験やスキルが応募先企業にとっては希少なものとして映る可能性も十分にありますので、先入観を持たずにキャリアの棚卸しをすることが大切です。

アピールする材料が応募先企業の求めるスキル・経験と合致していれば、好条件での採用に至る可能性が高まるでしょう。





「企業研究」は入念に行う

企業研究イメージ

異業種に転職する場合はもちろんのこと、たとえ同業種への転職を希望する場合であっても、企業研究は必ず入念に行いましょう。

職場が変われば文化や習慣も大きく変わります。「同じ業界だから、だいたいのことは分かっているはず」と高をくくっていると、転職後にイメージとのギャップに直面することも十分に考えられますので、収集できる限りの情報を集めておくべきです。

求人情報や企業ホームページを隅々まで確認するだけでなく、過去のプレスリリースや決算公告、社員や経営者のSNSにおける発信内容など、企業研究のヒントとなる情報源はたくさんあります。

職場の雰囲気や企業文化は入社してみないと分からないと思われがちですが、企業の口コミサイトや同業者の間での評判など、参考にできる情報は必ず見つかるはずです。





30代のサポートに強い転職エージェントの活用

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職者側だけでなく企業側からの視点でもアドバイスをしてくれますので、より効果的にアピールする方法を伝授してもらえることがあります。

また、内定時の条件交渉など転職者自身が言い出しにくいこともキャリアアドバイザーが代行してくれますので、納得度の高い転職を実現するためにも転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

転職活動の準備に際して、自力でできる限りのことをしておくのは重要な心がけですが、転職活動は1人で進めなくてはならないというルールはありません。

とくにキャリアの棚卸しや企業研究は主観が入ってしまいやすく、第三者の視点からアドバイスしてもらうことで自分にはなかった視点を得られることも少なくないのです。

30代の転職サポートに強い転職エージェントを活用することによって、自力で準備を進める中で見落としていた点や不足していた情報を補ってもらえる可能性があります。



3)30代のサポートに強いおすすめ転職エージェントサービス

ここでは30代の転職支援に強い転職エージェントと、あなたに合ったサービスの見つけ方について解説していきます。

30代の転職で転職エージェントを有効活用するポイント3つ。Point1 それぞれの転職エージェントの特徴を知っておく
Point2 「自分に合いそう」と思える転職エージェント2~3つに登録する。Point3 面談やメール・電話のやり取りから「相性」と「やりやすさ」を確認する

30代の転職で、転職エージェントを活用するポイントは以下の3点です。

  • Point1 主な30代向け向け転職エージェントの、それぞれの特徴を知っておく
  • Point2 はじめに2~3つ「複数」の転職エージェントに登録しておく
  • Point3 何度かのやりとりで「相性」と「やりやすさ」を確認する

特にポイント3つ目の「相性とやりやすさ」は重要です。転職エージェントの担当者とは、転職期間中はずっと付き合いを続けていきますので、「自分に合った担当アドバイザー」を早めに見出していくことが、転職成功のひとつの要となるでしょう。

30代の転職で自分に合ったアドバイザーを見分けるポイント。キャリア相談に、親身に乗ってくれるか。求人を紹介する際に、「何故おすすめなのか」についてきちんと納得できる説明をしてくれるか。求人紹介の量・その後の連絡ペースが、適切と感じられるか

転職エージェントに登録したら、担当者からの連絡があった際に上記の「親身に相談に乗ってくれるか」、「紹介する求人について、おすすめの理由をきちんと説明してくれるか」、「紹介・連絡のペースは適切か」について確認すると良いでしょう。
そうすると、自然とあなたにマッチする担当(サービス)かの判断がつきやすくなります。



30代の転職におすすめの、転職エージェント#1 【総合型】

サービス名 特徴

doda
  • 保有求人国内トップクラス
  • 企業からのスカウトメールが多い
  • 高品質かつスピーディーな対応

リクルートエージェント
  • 転職成功実績国内No.1
  • 独自のサービス内容にも定評あり
  • 他サービスにはない非公開求人多数

JACリクルートメント
  • 転職エージェント型サービスに特化
  • 管理職・ハイクラス系求人が豊富
  • 外資系・グローバル企業の求人も豊富

マイナビエージェント
  • 転職者一人一人へのサポート体制が充実
  • 応募書類の選考通過率が高い
  • 20~30代の転職支援に強い

type転職エージェント
  • 内定後の年収アップ率が高い
  • 面接通過率が高い
  • IT・通信業界の転職成功実績が豊富




30代の転職におすすめの、転職エージェント#2 【特化型】

業界・業種・対象ターゲット サービス名 特徴
管理職・ハイクラス向け
キャリアカーバー
  • 年収800万円以上の高年収求人がメイン
  • 優良なヘッドハンターに相談できる

パソナキャリア ハイクラス
  • 年収700万円以上の求人が多い
  • 首都圏限定のキャリアアドバイザー「逆指名サービス」

ビズリーチ
  • ヘッドハンティング型の転職サービス
  • 登録者がヘッドハンターを選ぶことができる

dodaエグゼクティブ
  • エグゼクティブ転職に役立つ情報が充実
  • ハイクラス向け独占求人が豊富
外資系・グローバル
ロバート・ウォルターズ
  • 外資系企業へのサポートが強い
  • 「海外勤務」も視野に入れた転職が可能

エンワールド
  • ハイクラス・グローバル企業へのサポートに強い
  • ヘッドハンターからスカウトがもらえる
女性向け
リブズキャリア
  • キャリアコンサルタントの親身なサポート
  • 働き方の幅が広がるスカウト機能あり

パソナキャリア
  • 利用者の67.1%が年収アップ
  • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い

とらばーゆ
  • サイトの更新頻度が高い
  • 転職ノウハウやトピックの充実
ITエンジニア系
レバテックキャリア
  • エンジニア経験者に特化したサービス
  • 求人企業の詳しい内情が分かる

マイナビITエージェント
  • 特化型サービスとしては国内最大規模
  • 登録から内定まで一貫したサポート

GeekOut(ギークアウト)
  • 転職者ひとりひとりの個性・スキルに合わせてじっくりとサポートしてくれる
  • 自分からも求人探し・応募もできる

ワークポート
  • IT・Web業界の転職支援に強い!
  • キャリアアドバイザーが積極的に求人提案をしてくれる

doda ITエンジニア
  • 転職サイト+転職エージェントのダブル効果
  • 圧倒的な非公開求人の多さ

Geekly(ギークリー)
  • Web業界・ゲーム業界の転職支援に強い!
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
  • 拠点:東京
介護
きらケア
  • 介護系求人情報が豊富
  • 条件交渉から内定後のフォローまできめ細やかなサポート

マイナビ介護職
  • 高い品質の求人が揃っている
  • 登録簡単&サービス無料
管理職業務全般
MS-Japan
  • 独自のネットワークによる優良求人の紹介
  • 利用者からの満足度も高い
マスコミ系
マスメディアン
  • 広告・Web・マスコミ専門職に強い
  • 「宣伝会議」グループの人脈・情報を駆使したサポート内容




4)【体験談】30代転職者の「転職成功のきっかけ」って?

夕日に立つ30代男性

新卒採用の時とは打って変わって、転職活動は誰かと足並みを合わせることもなく、一人で進めていかなくてはいけません。

そんな時に、同じ世代の方の成功例を知ることは、時として強い励みにもなるはずです。

実際に30代で転職をした方々は、どのようなきっかけで成功へと漕ぎつけたのでしょうか。

皆さんの体験談を元に、見ていきましょう。



仕事に「やりがい」を見いだせない→キャリアプランに悩む中で見えてきた“軸”(のぶたさん/33歳/男性)

やりがいとは何だろう……?まずはそこから考え始めました。


転職前 転職後
職業 システム・インテグレーション ITソリューション
職種 システムエンジニア ITコンサルタント
従業員規模 10,000~20,000人 1,000人~1,500人
年収 500~600万円 600~800万円


「今の仕事で“やりがい”を持ち続けられるのか」自問自答の末、転職を決意

このまま仕事で経験を積んでいけば、自分は先輩方と同じようにプロジェクトリーダーを任されていくのだろう──そう、思っていました。

プロジェクトリーダーになれば、仕事の進め方は完全に自分の考え次第。つまり、更にやりやすい環境になります。

・・・でも、自分たちの仕事は、あくまで自社製品のシステムパッケージをお客様企業の環境に導入する──その限られた世界の繰り返しから抜け出ることはありません。


「このまま経験を積んでも、お金は稼げるようになるかもしれない・・・でも、これから先もずっと【やりがい】を持ち続けることができるだろうか・・・」


そんなことを考えるようになって──。

何度も何度も考えましたね。
そして、私はとうとう、次のステージで働くことを決意し、会社を辞めることに決めたのです。




転職成功のきっかけは「キャリアプランの再確認」

転職活動中は、本当に転職すべきか、キャリアプランの再確認に非常に苦労しました。
「そもそも、なぜ俺はシステムエンジニアになったんだっけ?」
まずそこから考えました。

転職エージェントの「リクルートエージェント」に申し込んで、キャリアコンサルタントの方にも相談しました。でも、なかなか良いアドバイスを頂くことができなくて。

それは、転職エージェントの方の問題というよりかは、その頃は「働く」ということに対して自分の中でちゃんとした判断軸がなかったんですよね。だからだと思います。

でも、時間はかかりましたが、最終的にはその問いの答えにたどり着きました。

「シンプルに考え、自分の強みとするコトで誰かに貢献したい、困っていることを解決したい、助けたい」──これが、自分の「働くこと」のモチベーションで、自分の強みとすることは、「IT知識・スキル」でした。

そして、その二つを掛け合わせ、更に経験を積んでキャリアの幅を広げられそうな、【ITコンサルタント】を目指そう、と思ったのです。

詳しい体験談はこちら:https://min-ten.com/age30/job_change_story_1154/




「なぜその仕事なのか」を明確化する

のぶたさんは、これまでの仕事に、これからも「やりがい」を持って取り組んでいくビジョンが持てずに、転職を決意します。

しかし、のぶたさんの転職活動は、やや難航を極めたようです。
その理由は、自身の中で「やりがいのある仕事とは」の判断軸が曖昧だったためです。

転職活動において重要なことの一つは、活動を進めるうえでの明確な「軸」を、自分自身に設定することです。

のぶたさんのケースで言えば「なぜ自分はシステムエンジニアになったのか」→「自分の得意なITの知識が活かせるから」→「ではなぜ前職では満足できなかったのか」→「その要因を取り除ける仕事は何か」というように、軸を探すための問いかけを行ったことで、それ以降の動機の掘り下げもスムーズに行うことができたと言えるでしょう。

また、明確な軸を持っておけば、転職エージェントなどの第三者もアドバイスがしやすくなります。

転職活動においては、スピードばかりを重視するのではなく、時には立ち止まりながらも「なぜこの仕事でなければいけないのか」をしっかり振返る時間も必要だということを理解しておきましょう。



PCに張り付く仕事に感じた「違和感」→職種は変えずに「人と関われる職場」に転職!(はなさん/32歳/女性)

この場所で、この人たちと、一緒に働きたい!心から、そう思えた。


転職前 転職後
職業 オフィス オフィス
職種 OA機器操作(OA事務) OA機器操作(OA事務)
従業員規模 約5,000人 1,000人~2,000人
年収 300~350万円 300~350万円


「もっと人と関われる仕事がしたい」という思いが膨らんで…

「私の仕事って、ほとんどパソコン相手だ…。」
ふと、そんな想いが出てきたのです。

それは、一人暮らしを始めて、プライベートが充実してきたことがきっかけで出てきた思いだったのでしょう。

プライベートの私は人と会ったり話したりするのが好きです。しかし仕事では、一日8時間、パソコンに張り付いていて、人と話すことなど殆どない状態です。業務は正直言って退屈でしたし、特にやりがいを感じることもありませんでした。

そして、自分はなぜ仕事とプライベートとで、ここまで「在り方」が違うのだろう、と疑問に感じ始めるようになりました。

いつしかその疑問は、「もっと人と関われる仕事にしていきたい」という思いに変わっていき、次第にそれは、「転職しよう」という意思へと移ろいでいきました。




職場の環境を確認するための積極的な行動が転職成功のきっかけに!

もっと人と関われる仕事がしたい。OA事務でも人と接しながらやれることはあるはずだ。
──しばらく悩み考えた末に出てきた私の答えはこれでした。

そして、私は希望職種は変えずに、「職場の環境」を重要視することに決めました。

なるべくアットホームで仕事中にも軽く雑談できるような職場がいいなと思い、担当の方に電話で問い合わせ、職場見学のできる会社に面接を申し込みました。人事の方だけではなく、上司になる方ともお会いしたいという旨を伝えました。

・・・今考えると、かなり生意気な要望ですよね(苦笑)。ですが、私は仕事に就く前にどうしても一緒に働く人や雰囲気を確かめたかったのです。

何社かの転職面接を受け、その中で、「あ、ここ良いな」と思える企業に出会えました。
そのときの面接では、上司になる方と先輩になる方、二人の方とお話させていただきました。

面接はとてもフランクで、終始なごやかな雰囲気で行われました。実際に働くフロアへいくと、社員の方々が優しく接してくださいました。
「この職場でこの人たちと働いてみたいな」という印象を持ちました。

詳しい体験談はこちら:https://min-ten.com/age30/job_change_story_1021/




現状への不満は、職種なのか、職場なのか

はなさんはデスクワークが中心の現状に不満を覚え、「もっと人と関わることができる場所」への転職を決意します。

しかし、転職にあたって「何をどう選んだらいいのか」はなさんは悩んでしまったとのこと。

そんなはなさんを救った発想の転換は、「何も職種ごと変えずとも、人と話せるアットホームな雰囲気の会社に出会えればいい」というものでした。

はなさんのケースのような状況で転職活動で行き詰った際には、「問題の解決は職種か、職場か」で判断すると打開策が見えてきます。

「仕事内容」への不満であれば、同職種に転職をしても同じような不満はつき纏うでしょうから、思い切って異業種へ転職を試みるという手がありますし、職場への不満であれば、職種はそのままに環境を変えるための転職で済みます。それならば前職での経験をそのまま活かすことができますし、もし異動願いが可能な職場ならば、転職をせずとも望ましい環境で働ける可能性もあります。

転職活動に迷った際には「問題の根源」と「その打開策」を今一度検討しなおしてみましょう。
そして方針が固まったならば、その方針に見合う企業を転職エージェントに紹介してもらえると、効率の良い転職活動を行うことができます。





まとめ)30代の転職はチャンスが多いからこそ入念な準備を!

歩き出す男性

転職を希望する業種・職種によっては、30代の人材を強く求めているケースも見られます。転職活動を始めてみたところ、想像していた以上に好条件の求人が見つかったり、魅力的な企業から声がかかったりすることもあるかもしれません。

30代の転職はチャンスが多く、転職活動の進め方しだいではキャリアアップを実現することも十分可能です。

だからこそ、チャンスを最大限に生かせるよう入念な準備をしておくことが何よりも大切になるのです。
転職したいと考えるようになった動機や、転職を通じて実現したい目標など、本質的なことをしっかりと考えた上で転職活動にのぞみましょう。

しっかりと準備してのぞむことで、より充実したキャリアを築くきっかけをつかめるはずです。





レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー