『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

キャリアの棚卸しは簡単にできる!具体的なやり方・例とおすすめのサポートサービス

[最終更新日]2022/11/04

キャリアの棚卸しは簡単にできる!

人生をより充実したものにするためにも、何が自分にとって最善かを考えるのは大事なことですよね。
その中でも、「仕事」が人生の大半を占める人は多いでしょう。

自分に合った仕事って何だろう?
今の仕事って自分に本当に合ってるのかな?

など、「自分の今後のキャリアの歩み方をどうするか」について考えたことは誰しもあるはずです。

とは言っても、「具体的にどう考えたらいいか」がわからず、考えがまとまらないままになってしまうこともあると思います。

そんな時、「キャリアの棚卸し」を行うことは、非常に効果があります。

目次

キャリアの棚卸しは簡単にできる ●キャリアの棚卸しとは:これまでの自分のキャリアで何をやってきたのかを全て洗い出すこと ●キャリアの棚卸しで得られる効果:・今後のキャリアプランを考える土台になる ・職務経歴書をスムーズにかつ高品質に作成できる ●キャリアの棚卸しの進め方 ①「自分は今、仕事で何ができるのか?」を考える ②出てきたスキル・知識に対して「好きか・嫌いか」を考える ③「その先の未来に何があるのか」を探求する

1)キャリアの棚卸しとは

キャリアの棚卸しとは「これまでのキャリアで何をやってきたのかを全て洗い出すこと」

キャリアの棚卸しとは、「これまでの自分のキャリアで何をやってきたのかを全て洗い出すこと」です。

これを聞くと、

「何か特別に成し遂げたことはないな…」
「まだそこまで長くキャリアを積めてない…」

と、何か目立った功績を探そうとする人もいるかと思います。
もちろん、明らかな功績があれば、面接などでアピールポイントになるでしょう。

ですが、キャリアの棚卸しでは「出してきた結果」を振り返るよりも、「業務の過程」を振り返ることが重要なのです

普段行っている業務だとしても、そこにはあなたのスキルや人間性が反映されているはず。
むしろ自然とこなしている仕事だからこそ、あなたが気づかない自身の特徴や強みを見つけることができるかもしれないのです。

つまり、キャリアの棚卸しは、過去の業務を通してありのままの自分を理解するという、「ひとつの自己分析」と言えるでしょう。

キャリアの棚卸しで得られる効果

キャリアの棚卸で得られる効果

では、実際にキャリアの棚卸しをすることでどんな効果があるのか、具体的に見ていきましょう。

まず一つ目が、「今後のキャリアプランを考える土台になる」ことです。

キャリアの棚卸しを通して、あなた自身の特徴や強みをより深く理解することができれば、向いている職種や業種を考える材料になります。

次に、「転職活動の際に、職務経歴書をスムーズに、かつ高品質に作成できる」ことです。

職務経歴書においてあなた自身の強みや特徴を書くときに、キャリアの棚卸しを通して振り返った具体的な業務やエピソードがあれば、より説得力を持たせることができますよね。

このように、キャリアの棚卸しをすることで、これから先のキャリア形成と、そして転職に向けての具体的な行動に活かすことができるのです。

2)キャリアの棚卸しの進め方

キャリアの棚卸しの進め方

キャリアの棚卸しが重要なのはわかったけど、どうやってやればいいの?

キャリアの棚卸しは漠然と取り組んでみても進まないものです。そのため、適切な手順を知っておくことが大切です。

キャリアの棚卸しは、社会人としての実務経験をある程度積んだ人(目安としては3年以上)と、まだ社会人としての経験の浅い人とでやり方を分けた方が効率的です。

キャリアの棚卸しの進め方:社会人としての実務経験をある程度積んだ人

STEP1 「キャリアの棚卸し」表の作成

キャリアの棚卸しは、まず時系列ごとに携わった仕事内容・役割、学べたこと・身に付いたことなどをまとめていきます。

キャリアの棚卸し作成表の例

「キャリアの棚卸し」で整理する項目
  • 業界・職務
  • 仕事内容・役割
  • 学べたこと・身に付いたこと
  • とくに意識して取り組めたこと
  • 情熱を掲げられたこと
  • 失敗したこと
  • 失敗からの教訓・学んだこと

※Excelで作成する際は、よろしければ「キャリアの棚卸し作成表」ファイルをダウンロードしてお使いください。

「キャリアの棚卸し」表の例
期間 2003年4月~2010年9月 2010年10月~2015年3月 2015年4月~現在
業界・職務
  • 教育研修会社の営業職
  • インターネットサービス会社のディレクター
  • インターネットサービス会社のプロデューサ
仕事内容・役割
  • 企業への研修提案営業
  • 研修コンテンツの企画
  • 自社Webサイトの運用
  • Webサービスの企画立案
  • プロジェクトマネジメント
学べたこと・
身に付いたこと
  • スキル・経験:法人営業/企画提案/プレゼン/発論理的思考/調整力・ディレクション
  • 知識:人材開発/組織論・組織開発
  • スキル・経験:Webディレクション/コンテンツ開発/スケジュール管理
  • 知識:SEO/Webマーケティング/Web解析・マーケティング
  • スキル・経験:Webプロデュース/サービス企画立案/予算管理
  • 知識:Webマーケティング/コンテンツ企画開発/事業計画
とくに意識して
取り組めたこと
  • 企業との信頼構築
  • サービス提供の顧客満足
  • サービスのアクセス数・売上
  • サービス品質・リピート率
  • サービスの中長期的な売上
  • サービス品質・ブランディング
情熱を掲げられたこと
  • 企画書の作成
  • 研修コンテンツ企画開発
    →ゼロからアイデアを築くこと
  • より良いコンテンツ企画
  • 運用の効率化とチーム内のモチベーション管理
    →メンバーと協働で企画業務を進めていくこと
  • 事業運営ノウハウの蓄積
  • 人材の評価・育成
    →より中長期的な成長・発展へのモチベーション
失敗したこと
  • 研修講師とのリレーション
  • 上長との進捗共有
  • 業務の優先度整理
  • ターゲットニーズの見極め
  • サービス撤退の見極め
失敗からの教訓・
学んだこと
  • 全体を俯瞰する視点
  • 調整力・ディレクションの大切さ
  • 業務遂行力の大切さ
  • Webサービスのターゲティングノウハウ
  • コスト管理、リスクヘッジの大切さ

※横にスクロールして右側の情報を確認できます。

とくに大切なのは「意識して取り組めたこと」そして「情熱を掲げられたこと」です。
これらをしっかり振り返ることによって、将来の働き方について「自分だったらこんな活躍ができそうだ」というイメージを形成しやすくなります。

また、「どうせ自分はここまでしか出来ない」「あまり人に誇れるような実績はない」という気持ちのままキャリアの棚卸しを行っても、よいアウトプットは出てきません。

人生において、無駄な経験など一つもないはずです。
あまり成果を出せなかった時期でも「この期間があったから、自分はこんなことを学べたのかもしれない」と捉え、これまでの軌跡ひとつひとつに光を照らしていくように、振り返っていくとよいでしょう。

STEP2 これからチャレンジしたい働き方を言語化する

キャリアの棚卸しを終えたら、これから先の働き方についてイメージを膨らませていきます。
これまでのキャリアからどのような知識・スキルが付いて、その結果どの領域に進展していったかという「流れ」を感じ取ると、イメージが付きやすいです。

たとえば上のキャリアの棚卸し表では、一貫して企画系の業務に携わりつつ段々と個人からチーム、チームから事業、そして組織へと視点・視座が高まっていることが確認できます。
この場合は、現在のプロデューサ業務以外にも、事業開発や経営企画、そのほか組織コンサルといったキャリアプランも選択肢としてありかもしれません。

このように、キャリアの棚卸しはこれまでの過去を振り返って終わりではなく、これから先の未来の方向付けまで行います。

キャリアの棚卸しの進め方:まだ社会人としての経験の浅い人

まだ社会人としての経験の浅い人は、以下の3つの手順に沿ってキャリアの棚卸しを進めていくとよいでしょう。

  • STEP1 「自分は今、仕事で何ができるのか?」を考える
  • STEP2 出てきたスキル・知識に対して、「好きか・嫌いか」を考える
  • STEP3 「その先の未来に何があるのか」を探求する

STEP1 「自分は今、仕事で何ができるか?」を考える

まずは、自分がこれまで行ってきた業務内容を箇条書きで出していきましょう

例えばこれまで「営業」の仕事をしていた人は、以下のような業務を書き出していきます。

  • 営業事務作業
  • 企画書・提案書の作成
  • サービス進捗のデータ入力
  • 定例会議の参加

今回は例として4つほど書き出しましたが、項目はもっとたくさん出しても構いません。

そして、それら業務を遂行するうえで「必要な知識・スキル」は何かを洗い出していきます。

STEP1 「自分は今、仕事でなにができるのか」を考える

「必要な知識・スキル」は必ずしも現在あなたが会得していなくとも構いません

STEP2 出てきたスキル・知識に対して、「好きか・嫌いか」を考える

続いては、STEP1で導き出した「必要な知識・スキル」について、あなた自身が「今後もやっていきたい」「もっと知識・スキルを伸ばしていきたい」と思えるものに印を付けていきます。

STEP2 出てきたスキル・知識に対して、「好きか・嫌いか」を考える

上の図では、例として「提案力」、「企画力」、「資料作成力」、「調査業務」に印が付いています。もちろん、どれに印を付けるかはその人によって大きく変わるはずです。
あなたの正直な気持ちで、「この分野について、今後も携わっていきたい」と思えるものに印を付けて行きましょう。

ここでのポイントは、印をつける際に、「得意かどうか」で選ぶのではなく、「今後もやっていきたいと思えるか」または「(その項目に対して)もっと高みを目指していきたいか」を判断軸にして選ぶことです。

「得意なこと」と「好きなこと」が必ずしも同じであるとは限りませんよね。

ですが、「自分が興味を持てるもの、好きだと思えるもの」とは、特に意識せずとも積極的な行動を起こしやすく、自然と知識・スキルが培われていくものです。

これから先、自分自身が納得できるキャリアを歩んでいくためにも、「この分野には興味・関心を持てる」と思えるものに対して積極的に印を付けておくと良いでしょう。

キャリアの棚卸しは、過去の仕事を振り返ることが目的ではありません。それよりも、「自分の可能性を探していく」ことを大切にするべきです。
できるだけ多くの「今後も習得していきたい・伸ばしていきたいと思える知識・スキル」に注目して、将来の可能性を狭めないようにすると良いでしょう。

STEP3 「その先の未来に何があるのか」を探求する

STEP2で「今後も習得していきたい、伸ばしていきたい知識・スキル」が見えてきたら、続いては「今後その知識・スキルを使ってどんな働き方・仕事ができるか」について考えていきます。

STEP3「その先の未来に何があるか」を考える

上の図では、「提案力・企画力・資料作成力・調査業務」を伸ばしていくことによって、「サービスプランナー」や「プロデューサー」としての活躍ができそうだという結論に至っています。

「どんな活躍ができるか」で具体的な働き方や職種のイメージが付かないという方は、以下の「働き方・職種一覧」を参考にすると良いでしょう。

職種・業種例 働き方イメージ(※一例)
営業
  • 営業エキスパート
  • 企画営業
  • 商品企画
  • マーケティング
  • チームリーダー・管理職
…等
管理業務(総務・人事・経理・事務等)
  • 財務・会計・経理
  • 人事・総務・労務
  • 広報・IR
  • 物流・購買管理
  • チームリーダー・管理職
…等
経営企画・マーケティング
  • 事業開発・事業戦略
  • サービス企画・商品開発
  • マーケティング
  • 管理職・事業責任者
  • 専門スペシャリスト
  • 人材開発
  • 店舗開発
…等
サービス・販売・外食
  • 商品企画
  • マーケティング・宣伝
  • 広報・IR
  • 専門スペシャリスト
  • ビジネスコンサルタント
  • プロデューサー・商品開発
  • 人材開発
  • チームリーダー・管理職
…等
IT・Web・インターネット・ゲーム
  • プランナー・ディレクター
  • プロデューサー
  • デザイナー
  • ITエンジニア・SE・ITコンサルタント
  • マーケティング・データサイエンティスト
  • チームリーダー・管理職
…等
クリエイティブ(広告・グラフィック関連、出版・印刷、映像・音響、ファッション・インテリア等)
  • ディレクター・編集者
  • 販売・企画営業
  • プランナー(商品・サービス企画)・デザイナー
  • プロデューサー
  • マーケティング・データサイエンティスト
  • チームリーダー・管理職
  • 人材開発
…等
専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産等)
  • 企画営業
  • ビジネスコンサルタント
  • 専門エキスパート
  • 営業・企画営業
  • 分析・マーケティング
  • チームリーダー・管理職
  • 人材開発
…等
エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)
  • 開発・研究・設計
  • 組み込みエンジニア
  • セールスエンジニア・サポートエンジニア
  • プロダクトマネージャー
  • 品質管理・製品管理・生産管理
  • チームリーダー・管理職
  • 人材開発
…等
素材・化学・食品・医療品技術職
  • 生産・製造
  • 開発エキスパート・研究者
  • セールスエンジニア・サポートエンジニア
  • プロダクトマネージャー
  • 品質管理・製品管理・生産管理
  • チームリーダー・管理職
  • 人材開発
…等
建築・土木技術職
  • 施工管理・現場責任者
  • 設計データ集計
  • 品質管理・保守、メンテナンス業務
  • 解体業務
  • チームリーダー・管理職・人材開発
  • 事務・書類作成・在庫管理
…等

上記表はあくまで一例です。これ以外にも様々な職種や働き方があります。
また、現在の職種の欄から「今後その知識・スキルを使ってどんな働き方・仕事ができるか」を選んでも良いでしょうし、異なる職種・業種から選んでみても良いでしょう。

ポイントは、「候補は1つではなく複数出しておくこと」、そして「導き出した働き方が、自分にとってポジティブな気持ちになれるものかどうかを確認すること」です。

人は、その為の時間と労力をかければ大抵の働き方は実現できるものです。
「今現在の知識・スキルではとても無理」とすぐに諦めてしまうのではなく、「この働き方を実現できたら、どんな未来が待っているんだろう」という観点で考えてみてください。

3)キャリアの棚卸しがうまくできなかった場合は

ここまで、キャリアの棚卸しの意味や効果、具体的な手順についてご紹介してきました。

もしかしたら、「手順に沿ってやってみたけど、自分に合う仕事がわからなかった…」、「本当にこれが自分の目指すべき道なのか、他の人からの意見も聞きたい」など、不安が残ってしまった人もいるかもしれませんね。

そんな時は、「キャリアコンサルタント」に相談してみると良いでしょう。

キャリアコンサルタントに相談してみよう

キャリアの専門家に、より客観的で具体的なアドバイスをもらう

キャリアコンサルタントは、相談者のキャリアや働き方について一緒に整理していき、「今後どのようにキャリアを歩んでいけばいいのか」(具体的にはどんな職業を選択するかや、スキルの発見なども含む)という問いに対してアドバイスをしてくれます

両親や先輩・友人に相談することも一つの方法ではありますが、キャリアコンサルタントはあなたのことを完全にフラットな目線で見ることができる、かつキャリアの専門家でもあるので、より客観的で具体的なアドバイスを与えてくれるでしょう。

転職エージェントなら、無料でキャリアコンサルティングが受けられる

キャリアコンサルティングを受ける場合は、一般的に費用がかかります。
ですが、転職エージェント」に申し込むとキャリアコンサルタントからのサポートを無料で受けることができます

転職エージェントは「今すぐに転職したい」と思っている人のみのサービスではありません。現在またはこれからのキャリア・働き方について悩んでいる人もサポートの対象としています。

つまり、転職における具体的な求人紹介ではなく、キャリア相談をメインにサービスを受けることも可能なのです。

転職エージェントは対面でのサポートをはじめ、電話やオンラインでの面談も可能となっているところがほとんどです。

次の章では、キャリア相談が可能な転職エージェントの具体的なサービスを紹介していますので、興味のある人は参考にしてみてください。

4) キャリア相談が可能な、サポートの厚いおすすめの転職エージェント

20代~30代前半は、マイナビエージェントがおすすめ

マイナビエージェント

マイナビエージェント」は、株式会社マイナビが運営する、国内でも有数の全国展開型の転職支援サービスです。

特徴としては、「20代~30代の求人に強い」ということが挙げられます。
20代30代では、「今後のキャリアをどうしていこうか」などに悩みを持っている人が比較的多い世代と言えますよね。

マイナビエージェントには、そんな20代30代の悩みに対して具体的なアドバイスができるキャリアコンサルタントが多く揃っています

20代の利用満足度No1
登録は5~10分程で完了します。
マイナビエージェントについて詳しく見る

ミドル世代・ハイクラス層の人は、JACリクルートメントがおすすめ

JACリクルートメント。30~50代で後悔しない転職を

JACリクルートメントは、30代~50代などいわゆるミドル・ハイクラス層に強い転職エージェントです。特に「キャリアップの転職」への転職支援に高い評判があります。
30代以降にもなってくると否応なく働き方にその人独自の専門性が出てきて、これから先の働き方やキャリアプランについて相談に乗ってくれる人は限られてくるものです。

JACリクルートメントのキャリアコンサルタントは、「ベテラン」と呼ばれる人たちも多く、あなたの「これからのキャリア」について、親身にかつ的確に対応してくれる可能性が高いです。

43万人の転職支援実績あり
登録は5~10分程で完了します。
JACリクルートメントについて詳しく見る

本気で転職を目指している人は、リクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが展開する、国内最大手の転職エージェントサービスで、求人の豊富さは実質国内No1です(非公開求人数:約20万人 ※2020年10月 公式サイトより)。

リクルートエージェントの特徴は、その求人数の多さと、キャリアアドバイザーの品質の高さ。実際、利用される転職者の方々の99%が「リクルートエージェントのサービスに満足」と応えています。

現在キャリアの棚卸しと併せて転職も検討している方は、リクルートエージェントのキャリアコンサルタントは非常に力になってくれるでしょう。

求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。
リクルートエージェントについて詳しく見る

IT・Web業界の方/目指している方は、ワークポートがおすすめ

ワークポートは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。

ワークポートの転職コンシェルジュ(キャリアコンサルタント)は、それぞれの業界への知識量と理解度がずば抜けていているので、業界未経験の方(特にIT・Web業界への転職を目指す方)へのキャリア相談にうってつけのサービスです。

転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。
ワークポートについて詳しく見る

派遣での仕事探しと並行したい方は、テンプスタッフがおすすめ

事務の転職なら、テンプスタッフ

キャリア相談と併せて、派遣での仕事を探しているという方におすすめなのが「テンプスタッフ」です。

テンプスタッフは、派遣会社の中でもトップクラスの求人数を誇っている派遣サービスです。

扱っている職種も非常に豊富で、一般事務などをはじめとするオフィスワークはもちろん、営業やクリエイティブ系、保育・介護といった業種の求人も多いです。
他の派遣会社と比べても、選べる選択肢は非常に多くなるはずです。

加えて、テンプスタッフは全国に437拠点あるので、対面での相談も実現しやすいです。

派遣会社満足度 No1
登録は3分ほどで完了します。
テンプスタッフについて詳しく見る

5)転職エージェント以外で、キャリアコンサルタントに相談したい人は

「現在は転職する予定はないため、転職エージェントへの相談はしづらい」という人は、「ココナラ」や「タイムチケット」といったスキルシェアサービスを利用するとよいでしょう。

ココナラ – プロが集まる日本最大級のスキルマーケット

ココナラ - プロが集まる日本最大級のスキルマーケット

URL:https://coconala.com/

タイムチケット _ 個人の時間を30分単位で売り買い

タイムチケット _ 個人の時間を30分単位で売り買い

URL:https://www.timeticket.jp/

これらスキルシェアサービスではキャリアコンサルタントの登録も多く、だいたい3,000円~5,000円の価格でキャリア相談を受け付けています。
また、相談はオンラインまたは電話で実施できるケースが多く、地方にお住いの人も問題なくサービスを受けられるでしょう。

お金はかかってしまいますが、第三者の視点からキャリアを振り返ってもらうことによって新たな気づきを得たり、今後の働き方をより良くするきっかけに繋げていきやすいです。

キャリアコンサルタントを選ぶポイントは、あなたの希望する(または興味のある)領域でのコンサル実績の豊富な人を選ぶことです。

各サービスではサービス提供者のプロフィール情報でこれまでの実績が紹介されていますので、「この人だったら、自分がまだ持ち得ていない視点でアドバイスを貰えそう」というキャリアコンサルタントを選んでみてください。

まとめ)キャリアの棚卸しをすることで、より良い人生を!

笑顔の男性

キャリアの棚卸しは、これまでのキャリアを全て振り返っていくので、ときに大変な作業になることもあるでしょう。

ですが、棚卸しを行って導き出した答えは、きっとあなたのこれからより良い働き方と人生に、大いに役立てられることでしょう

「ひとりで考えるのが難しい」と感じる場合は、この記事で紹介したように転職エージェントの「キャリアコンサルタント」に相談するのも有効な手段です。

あなたにとって、より良いキャリア、人生を築いていけることを願っています。

目次[ 閉じる ]