『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

組み込みエンジニアに転職するには?未経験で転職するポイント・注意点まとめ

[最終更新日]2022/11/28

組み込みエンジニアに転職するには?未経験で転職するポイント・注意点まとめ

組み込みエンジニアへの転職を検討している方は多いのではないでしょうか。

組み込み系システムは、IoT(モノのインターネット)で話題となっています。モノづくりに関わりたくて組み込みエンジニアを目指す方も、いることでしょう。

組み込みエンジニアは、他のIT系職種と異なる点があることに注意が必要です。
ITエンジニア経験がない方はもちろん、他の職種で経験を積んだ方も職種の特徴を十分に把握し、準備を進めることが成功への道です。

目次

組み込みエンジニアは、家電や自動車、産業機械やロボットなどで動作するシステムを開発するエンジニアです。

たとえばご自宅にある炊飯器や電子レンジも、組み込みエンジニアが開発したシステムが使われていますから、日々の暮らしを支えるエンジニアといえるでしょう。

これは他のITエンジニアがパソコンなど、汎用のIT機器で動くシステムに特化している点と対照的です。

最近話題のIoTも、組み込みエンジニアが開発しています。このためシステム開発を通じてさまざまな業界に貢献できるだけでなく、時代をリードする技術を学び取れることも魅力の1つです。

一方で組み込みシステムは小型化される場合が多く、システム開発にあたりさまざまな制約があります。
このため開発する際には、知恵を絞ることが求められます。

組み込みエンジニアの業務内容

組み込み系システムの開発ステップ 仕様の検討から設計、開発、テストの順に進む

組み込み系システムの開発ステップは、仕様の検討から設計、開発、テストの順に進むことが一般的です。このことは、他のシステム開発と大きな違いはありません。

一方で組み込み系システムは、ハードウェアに特化することも特徴の1つです。たとえばエアコンなら、エアコン専用のシステムが開発されます。このため他の職種にはあまりみられない、以下の業務も行う場合があります。

  • 電子基板の設計など、ハードウェアに関する開発
  • 実際の家電や機器、機械を使ってテストを行う
  • IoTを搭載した機器では、センサーに関する技術を使った開発

なお開発作業は機能別のチームに分かれ、少人数で進められることも特徴の1つです。

組み込みエンジニアの年収

組み込みエンジニアの年収:平均509.6万円 組み込みエンジニアはITエンジニアの中でも高い年収が期待できる→年収を上げるには他の職種と同様、要件定義や設計など上流工程に携わる力をつけること

転職情報サイト「doda」では、組み込みエンジニアの年収イメージが公開されています。その内容は、以下の通りです。

  • 平均年収は509.6万円
  • 全体の78%の方は、300万円~700万円の年収額
  • ボーナスは2018年の冬で84万円、2019年の夏は68.1万円

出典:パーソルキャリア「あの職種とはどんな仕事?doda職種図鑑 組み込みソフトウェア開発」

dodaでは、ITエンジニア全体の年収も公表しています。2019年の平均は457万円ですから、組み込みエンジニアの年収は平均より50万円多くなっています。
つまり、組み込みエンジニアはITエンジニアの中でも高い年収が期待できる職種といえるでしょう。

年収を上げるには他の職種と同様、要件定義や設計など上流工程に携わる力をつけることが有効です。

加えて組み込みエンジニアでは、アセンブラよりもC言語で開発できる方の年収が高い傾向にあります。
C言語は難しい言語ですがさまざまな応用もききますから、習得しておくとさまざまな点でプラスになります。

組み込みエンジニアの将来性

組み込みエンジニアの将来性は、他のIT系職種に比べても高い。 IoTへの対応など、多くの仕事が想定されているが、人手不足→求められる機能や技術の変化にこたえる姿勢とスキルアップは必要

組み込みエンジニアの将来性は、他のIT系職種に比べても高いといえます。それは、以下の理由があるためです。

  • 一人前のエンジニアになるまでのハードルが高い
  • 主に使う言語がアセンブラやC言語であるため、他の職種から流入しにくい
  • 人手不足である一方、他のIT系職種と比べて人気がない
  • IoTへの対応など、多くの仕事が想定されている

一人前になるまでは大変ですが、できるエンジニアに成長すれば安定して続けられる職種といえるでしょう。もっとも求められる機能や技術は変化しますから、時代の要請にこたえる姿勢とスキルアップは必要です。

また、キャリアパスについては他の職種と同様、コーディングやテスト担当から上流工程に進み、プロジェクトリーダープロジェクトマネージャーへ進むことが多いです。

組み込みエンジニアで求められるスキルには、以下の4つがあげられます。

●限られた性能の機器やOSに必要な機能を実装するスキル:シンプルな実装を意識することが欠かせない ●品質にこだわり、安全を第一に考える姿勢:設計や開発の時点から、絶対にミスをしない姿勢が必須 ●セキュリティに関する知識も重要:セキュリティを踏まえた設計と実装が求められる ●コミュニケーション能力も必要:顧客や、メンバー間の円滑な意思疎通が求められる

組み込みエンジニアならではのスキルもありますから、しっかり押さえておきましょう。
それぞれについて、詳しく解説していきます。

限られた性能の機器やOSに、必要な機能を実装するスキル

組み込みエンジニアが関わる機器は、製品や機械に組み込まれて提供されます。
もし仕組みが複雑になると、コストアップにつながります。このため必要な機能は実装しつつ、できるだけ簡素な環境で動かす工夫が求められます。

開発で想定されるハードウェアやOSのスペックは、余裕がない場合も多いでしょう。

冗長な記述ができないこともあり、「もう少しスペックが高ければ、実装しやすいのに」と思うケースも、多いかもしれません。

しかしそれこそが、組み込みエンジニアの能力を決める重要なポイントです。
熟練したエンジニアなら、必要な機能をコンパクトに実装できるスキルを備えています。組み込みエンジニアとして働くなら、シンプルな実装を意識することが欠かせません。

品質にこだわり、安全を第一に考える姿勢

組み込み系システムの特徴として、製品化後の修正が難しい点は見逃せないポイントです。
万が一不具合が発生した場合は、すべての製品を回収する、機械を使った業務の停止を余儀なくされるといった、甚大な影響を与えるおそれもあります。

また組み込み系システムはさまざまな機器・機械に内蔵されるため、不具合があると設備や建物の破損、人身事故や火災など、重大な事故を引き起こすおそれもあります。

このような事態は、ぜひとも防がなくてはなりません。万が一誤動作したり危険な事象が発生したりした場合は、機器の停止など安全な方法を自動で選ぶ「フェイルセーフ(フェールセーフ)」 の仕組みも必要です。

このため設計や開発の時点から、「絶対にミスをしない」「製品に起因する危険な事象を起こさない」というこだわりが必須です。その上で、テストを入念に行うことが信頼につながります。

セキュリティに関する知識も重要

組み込み系システムはセキュリティのリスクと無縁と思われがちですが、そうではありません。IoTの進展に伴い、家電や機械もインターネットに接続するものが多くなっています。

このため悪意のある方がインターネットを経由してシステムを利用不能にする、ウイルス感染の踏み台にするなどの行為を行うリスクがあります。

実際に国内外で、以下のような事例が起きています。

  • HDDレコーダーに不正侵入され、ブログにスパムコメントが大量に投稿される
  • 複合機に蓄積された個人情報を含むデータが、外部から参照可能な状態になっていた
  • 工場の生産設備を破壊する
  • ATMにウイルスを感染させ、不正に現金を引き出させる

参考:
ユビテック「-組込みセキュリティ事例紹介-自動車、医療、住宅・・・迫る脅威と守るポイント」
日本ネットワークインフォメーションセンター「IoTのセキュリティ~ハッカーによる攻撃の現状と対策ポイント~」

このため組み込みエンジニアも他の職種と同様に、セキュリティを踏まえた設計と実装が求められます。

コミュニケーション能力も重要。まずはチームメンバーとの円滑なコミュニケーションを

組み込みエンジニアは、少人数のチームに分かれて開発を行う場合が多いです。求められる品質をクリアし、ミスなく仕上げるためには、チームメンバーとの密接なコミュニケーションが欠かせません。

快適に働ける環境づくりのため、丁寧なコミュニケーションは必要です。スムーズに開発を進めるためにも、相手が話す内容を正しく理解するとともに、不明な点があれば遠慮なく質問しましょう。
その上で自らの報告も正しく行うとともに、主張すべきはきちんと主張することが重要です。

なおキャリアを積むと、顧客担当者との対応スキルも求められる場合があります。
しかしこれから組み込みエンジニアになる方は、まずチームメンバーとのコミュニケーションを円滑に行うことに優先して取り組むとよいでしょう。

未経験から組み込みエンジニアに転職を目指すならば、以下にあげるポイントを押さえて準備することをおすすめします。

こちらも、組み込み系ならではの内容が多く含まれています。それぞれの理由について、順に解説していきましょう。

組み込み系でよく使われる開発言語やOS、ネットワークの知識が必要

組み込み系システムで使われる言語の習得し、プログラミングのスキルを高めておく。

多くのシステム開発と異なり、組み込み系システムでは以下の技術が使われます。

  • C言語やC++
  • アセンブラ
  • TRON
  • 有線・無線ネットワーク

上記のスキルを身につけていない方は、転職までに学ぶ必要があります。

組み込みエンジニアは即戦力と正確性が求められますから、ミスなく正確に、かつ迅速に動くシステムを作成できるよう、プログラミングスキルを高めておきましょう。また組み込み系システムで使われる言語の習得は決して簡単ではないため、スクールなどを活用することも1つの方法です。

加えて組み込み系システムではリアルタイム性に特化したOS(RTOS)として、TRONがよく使われます。事前に学び、知識を得ておくとよいでしょう。

ハードウェアの知識も習得することをおすすめ

ハードウェアの持ち味を生かすプログラミングが求められるため、半導体チップやセンサー回路などの知識があるとよい。

組み込み系システムはICなど、特定のハードウェアと組み合わせて使われます。

いわばハードウェアに特化したシステムですから、ハードウェアの持ち味を生かすプログラミングが求められます。プロジェクトによっては、ハードウェアの開発に携わる場合もあります。

このため組み込みエンジニアを目指すなら、ハードウェアの知識を習得しておくこともおすすめです。一例として、半導体チップやセンサー回路などがあげられます。書籍やWebを使って、学習しておきましょう。

英語力もあるとよい

マニュアルを読める程度の英語力を身につけてからの転職がおすすめ。

組み込みエンジニアになるためには、英語力をつけておくこともおすすめです。その理由は、以下の2つにまとめられます。

  • 必要な情報が日本語で提供されておらず、英語の文章を読む必要に迫られる場合がある
  • オフショア開発により、海外のエンジニアとコミュニケーションを取る可能性がある

せっかくC言語やアセンブラの高いスキルがあっても、英語がわからないためにシステムを組めないといった事態は避けたいもの。最低でも、マニュアルを読める程度の英語力を身につけてから転職することをおすすめします。可能であればTOEICで700点以上のスコアを取るとよいでしょう。

業界に強い転職エージェントを利用しよう

業界に詳しい転職エージェントを活用してプロのサポートを受け、転職成功率を高める。

ここまで解説したとおり、組み込みエンジニアは他のITエンジニアと異なる特徴を多く持っていることが特徴です。このため組み込み系システムへの転職には、業界に強い転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは企業ごとの特徴を押さえているため、あなたが入社後に活躍できるか事前に判断できます。

加えて非公開求人も多く持っているため、独力で探すよりも選択の幅が広がります。もちろんキャリアアドバイザーは、組み込み系システムならではの特徴も押さえていますから安心です。

また転職エージェントを活用することで、書類作成や面接のアドバイスを受けられることも、内定に近づく上では欠かせないメリットです。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

未経験から組み込みエンジニアを目指す方にとって、転職エージェントの選択は極めて重要です。できれば未経験者にも手厚いサポートがあり、豊富な選択肢から選べる転職エージェントに依頼したいことでしょう。

ここでは組み込みエンジニアを目指す際の、おすすめの転職エージェントを紹介します。あなたに合った転職エージェントを見つけられるよう、ぜひご参考ください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントIT
POINT!

組み込み・制御エンジニア求人数は国内No1の豊富さ!豊富な転職ノウハウと支援ツールで、「スピーディな転職」を実現できます。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

組み込みエンジニアの転職支援にも強く、2022年11月の組み込み・制御エンジニア向け公開求人数は1.3万件と、他のエージェントから群を抜いての豊富さです。

これまでの培ったノウハウと企業とのリレーションをもとにした支援ツール・サービスの充実がリクルートエージェントの強みです。

たとえば、リクルートエージェントでは志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」を用意してくれます。
組み込みエンジニアの転職では、その職場の開発環境から求められるスキルや働き方まで、ネットで公開されていないような企業情報が必要となることも多いでしょう。その際に、レポート情報は大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとにITエンジニアの転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • ITエンジニアの求人数および転職支援実績 国内No1。全エンジニア職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • 面接力向上セミナー等のセミナー・イベントも随時開催
サービス対応地域 全国
組込み・制御エンジニアの公開求人数 約1.3万件(2022年11月現在)
エンジニア求人国内No.1
登録は5~10分程で完了します。

doda(デューダ)

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
POINT!

豊富な求人と、担当からの積極的な提案が特徴。「本気でいい求人を探したい!」ならぜひ登録しておきたい転職サイトです。

dodaは国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。
組み込みエンジニア系求人も常時5,000件ほど取り揃えており、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分で組み込みエンジニアの求人をチェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

そのほか、dodaは「レジュメビルダー(職務経歴書作成ツール)」や「年収査定」など、転職活動をサポートしてくれるツールも豊富です。これらを無料で利用するメリットだけでもdodaに登録する価値はあるでしょう。

dodaの特徴

特徴
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
サービス対応地域 全国
組み込みエンジニアの公開求人数 約4,900件(2022年11月現在)
転職者満足度 No1
登録は5~10分程で完了します。

ワークポート

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
POINT!

「未経験からの転職に強い」と評判の転職エージェント。他の業種からものづくりエンジニアへの転職へのキャリアチェンジの際にも積極的な支援が期待できます。

ワークポートはリクルートエージェント・dodaに次ぐ豊富な求人を抱える転職エージェントです。

とくにエンジニア系・メーカ系職種に関する求人が多く、また同サービスは「業界・職種未経験者」への転職成功に多くの実績があります。

そのため、「生産管理から組み込みエンジニア」、「ITエンジニアから制御エンジニア」といったエンジニアのキャリアアップ・キャリアチェンジの際は、とくに多くの求人を紹介されやすいでしょう。

検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、転職先の選択肢を広げる際にもおすすめです。

ワークポートの特徴

特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
ものづくりエンジニアの公開求人数 約7,000件(2022年11月現在)
転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

マイナビエージェント

POINT!

書類作成、面接準備のサポートの手厚さが特徴。とくに「はじめての転職で、不安…」という人におすすめです。

マイナビエージェントは専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

また、マイナビエージェントは業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、専門知識を持つプロからアドバイスしてもらえるのが特徴です。
組み込みエンジニアおよびメーカー業界に特有の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーに相談したい人に適しています。

マイナビエージェントの特徴

特徴
  • 国内企業とのリレーションが強く、優良求人の紹介を受けやすい
  • 特に20代~30代の若手社会人への転職支援に強み
  • 書類添削や面接対策などの支援サポートをじっくり丁寧に行ってくれる
サービス対応地域 全国
組み込み・制御エンジニアの公開求人数 約1,800件(2022年11月現在)
20代の利用満足度No1
登録は5~10分程で完了します。

まとめ)将来性のある職種だが、難易度は高め。事前の準備を万全に

組み込みエンジニアは、さまざまな機器や機械の開発で役立てます。

このため将来性ややりがいがある一方でエンジニアに要求される技術のレベルは高く、簡単に参入できる職種ではありません。そもそもC言語は、難しい言語の1つであることにも留意が必要です。

加えて採用においても即戦力や正確性が求められる傾向にありますから、プログラミング言語の習得など事前の準備を万全に行った上で転職活動を進めるとよいでしょう。

転職活動をスムーズに進めるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。あなたに合った企業を紹介してもらえますから、入社後のアンマッチを防ぎ、活躍できる可能性を高めます。積極的に活用し、希望どおりの未来を実現しましょう。

目次[ 閉じる ]