『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

宮城で介護士の仕事を探す際のポイント・注意点と、おすすめの転職サービス

[最終更新日]2020/11/18

宮城で介護士の仕事を探す際のポイント注意点とオススメ転職サービス

宮城で、介護士の仕事をしようと悩んでいるあなた。

宮城へ移住して、介護の仕事をしたい
介護の職場って沢山あるから、どのように選んだら良いのか分からない
実務経験は浅いけど、大丈夫?

こういった意見も多いのではないでしょうか。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

1)宮城で介護の仕事をするメリット

1)宮城で介護の仕事をするメリット,介護事業所数が訪問系・通所系・入所系サービスどれも多く、職場を見つけやすい

求人数・求人倍率ともに非常に高く、就職・転職しやすい

東北では最も大きい都市なので住みやすい

宮城県が介護職の資格取得支援をしている

東京から300㎞に位置し、東北地方の中心に位置する宮城県。そんな宮城県で、介護の仕事をするメリットについて、解説していきます。

宮城で仕事探しをする際に、気になる点は、介護事業所の数や、求人数や倍率交通機関の実態などではないでしょうか。また、介護職の資格取得支援の体制は整っているのか、といった部分も気になるところです。

今回ご紹介するメリットをそれぞれ把握した上で、今後の仕事探しにお役立て頂ければと思います。

それでは、宮城県で介護の仕事をするメリット「4点」について、見ていきましょう。

  • 介護事業所数が訪問系・通所系・入所系サービスどれも多く、職場を見つけやすい
  • 求人数・求人倍率ともに非常に高く、就職・転職しやすい
  • 東北では最も大きい都市なので住みやすい
  • 宮城県が介護職の資格取得支援をしている



介護事業所数が訪問系・通所系・入所系サービスどれも多く、職場を見つけやすい

宮城県の人口ランキングは全国的にみても上位で、14位に位置しています。これは13位の京都府に次ぐ人口です。
それに伴って、訪問系・通所系・入所系のどれもが多く、特に、仙台市や、石巻市大崎市あたりの求人がとても人気です。下記の表「宮城の市区町村別 介護事業所数」について一緒に確認していきましょう。



参考:宮城の市区町村別 介護事業所数

 訪問系サービス通所系サービス入所系サービス相談系サービス
総計7509981,063632
石巻市58768341
岩沼市9221911
大河原町131289
大崎市47895746
大郷町3372
大衡村0343
女川町2251
角田市1012199
加美町51382
川崎町22103
栗原市市25875739
気仙沼市24333723
蔵王町34122
塩竈市23282021
色麻町2473
七ヶ宿町1131
七ヶ浜町3854
柴田町79166
白石市12161712
仙台市青葉区897811660
仙台市泉区62789553
仙台市太白区1038410163
仙台市宮城野区59487333
仙台市若林区41494841
大和町7111011
多賀城市23251615
富谷市10111811
登米市18616326
名取市28272016
東松島市16241613
松島町61076
丸森町14123
美里町716148
南三陸町371113
村田町2373
山元町6896
利府町36126
涌谷町31486
亘理町9111311

※厚生労働省「介護サービス情報公表システム」より地域別で確認された事業所数を元に、2020年10月弊社作成
※ひとつの事業所にて複数サービスで登録されている場合、重複して計上されます。数値はあくまで目安としてご利用ください


介護サービス事業所数は、市区町村によっては、数に開きがあるため、その点も押さえておきたいところです。また、同じ市区町村でも、訪問系・通所系・入所系サービスの事業所数にバラつきがあることもあります。

例えば、登米市については、通所系・入所系の事業所数に対し、訪問系の数が少ないように見受けられます。

登米市には、市が独自で行なっている在宅福祉サービス「軽度生活援助サービス」があり、ホームヘルパーなどが自宅を訪問して、買物や掃除、庭の草むしりなどの日常生活上の支援を行なってくれます。
65歳以上の一人暮らしや高齢者のみの世帯で、介護認定を受けていない方が対象で、家事援助サービスは、週1回1時間までが原則(1時間当たり224円)で、その他の援助サービスは年間12時間まで(1時間当たり100円)、と規定があります。

一方で、登米市には通所系(デイサービス)の利用を促す「生きがい対応デイサービス」というものもあります。

65歳以上で、一人暮らしや高齢者のみの世帯、また日中一人暮らしの人で、介護認定を受けていない人が対象で、週に1回、デイサービスセンターなどに通所して健康増進・介護予防を図るといった目的です。料金は1回400円(+食費は自己負担)とリーズナブル。

登米市は、介護保険の訪問系サービスを補うものが存在する反面、介護予防目的に、デイサービスの積極的な利用を促したり、グループホームや特養、近年ではサービス付き高齢者向け住宅が増加している傾向にあるため、事業所数に多少差が出ているようです。

このように、市区町村によって様々な取り組みが存在するため、事業所の数にも少なからず影響はありそうです。数字はあくまでも参考程度にすると良いでしょう。




求人数・求人倍率ともにやや高めで、就職・転職しやすい

宮城は、求人数・求人倍率が、全国平均と比べても高めで、就職・転職がしやすいという点が特徴的です。

厚生労働省「介護人材確保対策」の「地域ごとの状況(都道府県別有効求人倍率(平成29年5月)と地域別の高齢化の状況)」によると、平成29年5月の有効求人倍率は、以下のようになっています。

宮城県(介護) 3.37倍
全国平均(介護) 3.15倍
全国平均(全職業) 1.22倍

全国平均(介護)と比べても倍率はやや高く、全国平均(全職業)と比較すると3倍に迫る勢いです。宮城にだけ言えることではありませんが、介護施設の大半は人材不足と言われています。全国でワースト1位の高知県でさえ1.57倍の求人倍率です。それだけ介護職は求められているということ。

介護向け求人サイト「ジョブメドレー(令和2年11月時点)」によると、宮城県の介護職/ヘルパー求人は1078件が募集中。転職のチャンスは沢山あると言えるでしょう。




東北では最も大きい都市なので住みやすい

宮城県は、東北地方の中心に位置し、人口約230万人。

中でも、仙台市は人口100万人を超える東北最大の政令指定都市です。仙台から東京まで、東北新幹線で約1時間半。仙台を中心に、高速道路、空港もあり、遊びにもビジネスにも便利な場所です。
太平洋側に比べ、降雪が少ないのも特徴で、住みやすいといったメリットがあります。

東京で、住宅を購入する場合の地価、平均価格は、41万5千2百円/㎡(平成31年1月)です。
(引用:東京都財務局「平成31年度地価公示 区市町村別用途別平均価格表」より )

一方、宮城県の、住宅を購入する場合の地価、平均価格は3万8千6百円/㎡(30年度)で、東京の約10分の1の価格で、その点も住みやすいポイントです。
(引用:宮城県ホームページ「市(区)町村別・用途別集計表(平均価格・平均変動率)」より 

宮城県が介護職の資格取得や就労への支援を行っている

宮城県では、県及び、県社会福祉協議会で、介護職の資格取得や就労に向けての支援を行なっています。

特に、宮城県で「これから介護職を目指したい」という方は、是非チェックしておきましょう。

具体的には、以下の2点です。

  • ①「介護職員初任者研修受講料」
  • ②「介護人材再就職準備金貸付事業制度」

①の「介護職員初任者研修受講料」は、県が支援する令和2年度介護人材確保支援事業の中の一つで、介護の入門資格とも呼べる初任者研修の受講料を補助してくれます。1人当たり上限9万6千円(税込み)で、受講料や研修受講に係る教材費が対象です。
(引用:宮城県ホームページ「令和2年度介護人材確保支援事業」より)

②の「介護人材再就職準備金貸付制度」は、一度離職してしまった介護職員が、介護職として一定の知識や経験を有する場合、再就職の準備金を貸し付けることにより、県内の介護人材を確保しようという目的のものです。
(引用:社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会「介護人材再就職準備金貸付事業制度」より )

それぞれ条件や、期間に定めがあるため、都度確認をしましょう。



2) 宮城で介護の仕事をするデメリット・注意点

大阪で介護の仕事をするデメリット・注意点,東京・大阪と比較すると平均年収はやや低め
労働環境の良くない職場に入ってしまう可能性

ここからはデメリット・注意点についてです。ここまでは、宮城県で介護職をするメリットについて述べてきましたが、良いことばかりではありません。宮城県ならではのメリットもあれば、宮城県だからこそのデメリットもあります。

それでは特に注意しておきたいデメリット2点について、一緒に見ていきましょう。

  • 東京・大阪と比較すると平均年収はやや低め
  • 労働環境の良くない職場に入ってしまう可能性



東京・大阪と比較すると平均年収はやや低め

宮城の、医療・福祉分野における平均年収は、東京や大阪と比較すると、やや低めです。

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、下記の表の通り宮城の月収は(27.5万円)で、東北6県の中ではトップです。しかし、東京が(32.6万円)。大阪は(31.4万円)。宮城と、東京との差は、月5万円。大阪との差は、月約4万円となります。

ただし、宮城はその分、先に述べた通り、地価が東京都の約10分の1。東京や大阪と比べ、収入が低い部分をその点でカバーすることが出来ます

交通の便も良く、東京のように、電車通勤のラッシュで疲弊することもありません。宮城県の中心である、仙台市は、政令指定都市でありながら、自然に恵まれているため、良い環境で過ごせることでしょう。

収入だけに目を向けるのではなく、収支のバランスをみて、土地柄なども踏まえた上で、就職・転職を検討すると良いでしょう。

都道府県別・医療福祉分野の平均賃金

引用元:「令和元年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)の内容を元に、弊社グラフ作成




労働環境の良くない職場に入ってしまう可能性

介護業界に限ったことではありませんが、労働環境の良くない職場に入ってしまう可能性があります。いわゆる、ブラック企業経営状態の良くない企業・倒産のリスクがある企業、も中にはあります。

事業所別に見てみると、「訪問介護」、「通所介護」、「有料老人ホーム」が多くの割合を占めています。

その原因は、下記の3点です。

  • ① 人材不足により、サービスの質が低下しているため、集客に繋がらない
  • ② 離職率が高い為、人材育成や離職を防ぐための人件費が過剰に掛かってしまっている
  • ③ 新規参入しやすいが故に、相次いだ結果、競争率が高まり潰し合いになってしまった

また、2000年に介護保険がスタート。2020年は介護事業者の倒産がここ20年間で過去最多(上半期時点)を記録しています。就職・転職を検討の際は、各施設について、下調べをしっかりと行なっておきましょう。




3) 宮城で介護の仕事を探す際のポイント

宮城で介護の仕事を探す際のポイント
  気になった職場は応募前にしっかり調査する
自分でも直接事業所を見学する、電話するなどの行動を取ってみる
介護専門の転職サービスを複数利用する

ここまでは、宮城で介護の仕事を行なう上で、抑えておきたいメリットと、デメリット・注意点について、整理してきました。

宮城県は介護事業所が多数あり、事業所毎の特徴や環境もそれぞれ異なります。就職・転職の際は、各事業所の特徴を理解した上で、応募したいところです。

この章では、どうやって自身に合う職場探しを行なっていくかについて、説明していきます。




気になった職場は応募前にしっかり調査する!

応募前の職場選び・職場研究はとても大切です。これは介護職に限ったことではありません。

ネット検索だけではなく、直接施設に問い合わせをして、気になった点は一つずつ調査し、整理しておくと良いでしょう

それでは、介護の仕事を本気で探すあなたが、どのポイントを特にチェックすべきか、まとめましたので、一緒に見ていきましょう。きっと役立つ情報となることでしょう。



介護の働く職場選びで、チェックするポイント

  • ①求人内容(サービス内容、業務内容、待遇、福利厚生)
  • ②職員数(利用者に対して人数が少なすぎないか、有資格者は一定層居るか、退職者の多さはどうか)
  • ③育成・研修、マニュアルの整備等は充実しているか
  • ④気になる事業所の法人について


①求人内容(サービス内容、業務内容、待遇、福利厚生)

まずは、求人内容をよく確認しましょう。「介護士」にも色々な事業所があり、高齢者分野か、障害者分野か。また、訪問系か通所系か、それとも入所系か。業務内容はそれらによって大きく異なります。

例えば、訪問系は訪問先のお宅が主な職場となり、個人で仕事をして報告する、というスタイルがメインとなります。通所系や入所系は、施設が職場となり、チーム対応が重要視されます。

サービス業種(特別養護老人ホーム、デイサービス、訪問介護)や、夜勤の有無によっても給与は異なってきます。また、社会保険の加入昇給賞与交通費住宅手当扶養手当食事代の補助などについても調べておく必要があるでしょう。

②職員数(利用者に対して人数が少なすぎないか、有資格者は一定層居るか、退職者の多さはどうか)

気力・体力ともに余裕を持って良いケアにあたるためには、利用者に対する職員数がどのくらい配置されているのかということは、とても重要です。経営側としては、人員基準を守ることが重要ですが、介護現場は人員基準だけでは現場がまわらないことが多々あるからです。

また、有資格者が一定層いることも重要です。介護に対しての意識が高いと、良いケアが提供できるかどうかにも関係してきます。また、働き方にも余裕が生まれ、急なトラブル事にも迅速対応できるのは、経験の長い有資格者でしょう。

さらには、退職者の多さはどうか。職場環境や、教育体制が不十分であると、必然と退職者も増えてきてしまうため、この点もチェックしておきたいところです。

これら3点については、「厚生労働省 介護サービス情報公表システム」でも確認することができます。

介護サービス情報公表システム
介護サービス情報公表システムイメージ画像
介護サービス情報公表システムイメージ画像

URL:https://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/
※高齢者介護分野の事業所検索サイトです。

③育成・研修、マニュアルの整備等は充実しているか

介護の仕事をする上で、自身を持って介助したり、事故予防や、不安解消のためにも、職員の育成・研修、マニュアルの整備等は充実しているかどうかは、とても重要なポイントです

例えば、介助に対して、その方法がいくつもあるケースが多々存在します。職員によって介助方法が違うと、利用者は混乱し、事故にも繋がりかねません。職員も不安が強くなると、その結果「離職」に結びついてしまいます。

そのため、育成・研修、マニュアル整備等が充実しているかどうかという点は、非常に重要です。

事業所の研修、マニュアルの整備状況の確認については、直接事業所に確認するのも良いですが、「ワムネット 障害福祉サービス等情報検索」を活用すると良いでしょう。

ワムネット 障害福祉サービス等情報検索
ワムネット 障害福祉サービス等情報検索イメージ画像
ワムネット 障害福祉サービス等情報検索イメージ画像

公式サイトURL:https://www.wam.go.jp/sfkohyoout/COP000100E0000.do
※障害福祉分野の事業所検索サイトです。

ワムネットは、障害福祉分野の事業所検索サイトで、前述の介護サービス情報公表システム同様に、事業所の体制、取り組み等が、詳細に載っています

ただし、紹介されている情報が最新でない場合もあるため、詳しい内容が知りたい場合は、事業所に直接確認することをおすすめします。

④気になる事業所の法人について

法人内にある全ての事業所について調べておく、ということはとても重要です。

例えば、デイサービスの介護士に就こうと考えていたとしても、デイサービスの情報だけではなく、その法人全体の情報を得ておく必要があります。

例)社会福祉法人〇〇
  ・通所介護(デイサービス)
  ・短期入所生活介護(ショートステイ)
  ・特別養護老人ホーム
  ・訪問介護
  ・居宅介護支援事業所

人材不足が慢性化している介護業界では、同法人内で「人のやりくり(人事異動)」は珍しい話ではありません。

デイサービスで採用されたはずが、数か月後に法人の都合で、特別養護老人ホームや訪問介護などに人事異動が発令されることもあります。

希望している事業所だけではなく、その法人全体の情報も得た上で、人事異動の有無についても、事前に確認しておくことをおすすめします。



自分でも、直接事業所を見学する・電話するなどの行動を取ってみよう

気になった事業所があれば、直接見学や電話をすることをおすすめします。

「応募前に、事業所に直接見学に行くのは抵抗がある」、という方もいるのではないでしょうか。
ですが、決して気にすることはありません。事業所側からしても、入職してすぐに「思っていたのと違いました、辞めます」と言われても困ります。教育に対する労力や人件費も全くの無駄となってしまうからです。

それと、事業所に電話をして、その対応の様子を確認しておくことも良いでしょう。
電話対応は「事業所の顔」とも言い換えることができます。
一日のうち大半の時間を事務所で過ごすケースが多い施設長(場合によって、理事長や管理者)。その施設長の、介護に対する考えは、その事業所の介護士の業務に、大きく影響を及ぼします。

よって、事務員の電話対応がしっかりしている事業所は、施設長の教育や考えがしっかりしていると捉えることが出来るでしょう。
言い換えるならば、電話対応が悪ければ、施設長の教育や考えがしっかりしておらず、介護士の質も悪い事が想像できてしまう、ということです。

ネット等で下調べを終えた上で、気になる事業所がありましたら、事前にアポイントをとった上で、見学に行ったり、電話対応の様子を確認する等、積極的に行動していきましょう。

介護専門の転職サービスを複数利用する!

介護専門の転職サービスを複数利用する!

介護の職場は様々で、選ぶのも一苦労。特に、経験の浅い方や、未経験から介護の仕事に就こうと考えている方は、介護専門転職サービスの利用をおすすめします。
転職サービスは多数あり、扱っている求人情報に若干の違いがあったり、それぞれ得意とする分野が違っているため、複数の登録利用がおすすめです。

介護専門の転職サービスには、膨大な情報量から情報を得られるサイトから、介護専門のキャリアコンサルタントがあなたに合った職場を提案してくれるものまで、様々あります。

中でもおすすめなのは、やはり介護専門のキャリアコンサルタントがいる転職サービスです。
先に紹介した通り「介護の働く職場選びで、チェックするポイント」をキャリアコンサルタントが把握した上で対応してもらえるケースが多く、アドバイスを受けながらスムーズに転職活動を進めることが出来るため、就職・転職の成功率が確実に上がります。

それぞれの転職サービスの強みを活かして、あなたに合った職場選びをしていきましょう。

4)宮城での介護の転職におすすめの転職サービス

この章では、宮城で介護の仕事を探している方におすすめの転職サービスをご紹介していきます。

どのサービスも無料で利用できますので、それぞれのサービスの特徴を読んで「自分に合いそう」というものがあったら、一度相談してみると良いでしょう。



#1 すべての人におすすめ「きらケア」

きらケア。あなたらしく働ける介護を。きらケアは、介護のお仕事探しを支援するサービスです。

きらケア」はレバレジーズメディカルケア株式会社が運営する、介護分野に特化した転職・就職支援サービスです。

転職のサポートをしてくれるアドバイザーは、医療・介護業界での警官が豊富なエキスパートたちなので、安心してアドバイスをもらうことができます。

そして、きらケアは保有している求人も豊富なので、多くの選択肢から事業所を選ぶことができるでしょう。

拠点に関しても、宮城県内では仙台支店(宮城県仙台市青葉区中央1-2-3 仙台マークワン17F)がありますので、お近くにお住いの方で、医療・介護業界での転職を考えているという方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。




#2 質の高い求人とサポートを求める人は「マイナビ介護職」がおすすめ

一人ひとりに寄り添える転職を。マイナビ介護職。

就職・転職の斡旋だけでなく、「これからの働き方やキャリアプランの相談をしたい」という方は「マイナビ介護職」がおすすめです。

マイナビ介護職は、株式会社マイナビが運営する「介護専門のキャリアアドバイザー」が転職支援を行っているサービスです。

単に転職先を紹介してくれるというだけでなく、転職者のキャリアプランの相談にも乗ってくれるので、「これからの自分のキャリアについてもアドバイスをもらいたい」という方にはおすすめのサービスです

また、マイナビ介護職は「職員の定着率が著しく低いところは原則として紹介しない」との前提で求人紹介を行っているため、「求人の質」も良いものが揃っています。
マイナビ介護職の担当者が、求人先の医療機関や施設の情報を収集し、働きやすい職場の求人を厳選しているところから、質の高い求人を確保できているのです。

宮城県では、仙台市(宮城県仙台市青葉区 中央一丁目6番35号 東京建物仙台ビル 8F)にマイナビ介護職の拠点があります。




#3 求人数の多さ、運営会社の信頼性を重視する人は「カイゴジョブエージェント」がおすすめ

介護専門のキャリアアドバイザーが、無料で就職・転職の支援。カイゴジョブエージェント。

カイゴジョブエージェント」は、医療介護のキャリア関連事業を専門とする株式会社エス・エム・エス キャリアが運営する転職エージェントです。

保有している求人は約5万件以上※と、全国でもトップクラスの求人数を誇っています(※2020年11月現在 公式サイトより)。

また、カイゴジョブエージェントでは「カイゴジョブアカデミー」という介護未経験の方に対して資格取得から介護事業所への就職までをサポートするサービスを実施しています
資格を取得するための研修も無料(※条件付き)で受講することができます。

宮城県内の拠点は仙台市(宮城県仙台市青葉区中央3-2-23 野村不動産仙台青葉通ビル2F)にあります。「介護職への転職を考えてるけど、経験も資格もないから不安…」という方は、カイゴジョブアカデミーと併せて、カイゴジョブエージェントの利用を検討してみると良いでしょう。




#4 多くの求人を検討したいという人は「ジョブメドレー介護」がおすすめ

ジョブメドレー。ぴったりの仕事見つかる

ジョブメドレー介護」は、医療介護分野の人材紹介大手「株式会社メドレー」が運営する転職サービスです。

ジョブメドレー介護の一番の特徴は、約7万件を保有※している、国内No.1の求人数の多さです(2020年11月 公式サイトより)。

また、様々な転職者のニーズに合わせた求人を扱っているため、「それぞれの転職者に合わせた求人の紹介が可能」という点で、例えば「子育てにかける時間を確保しつつ、復職したい」であったり、「介護士としてキャリアアップを目指せる職場で働きたい」といった様々な希望に対応可能です。

また、ジョブメドレーにはサービスを利用して転職・復職した人に最大10万円の「お祝金」が贈呈される制度もあります。

祝い金について

ただし、ジョブメドレー介護は求職者が自分で求人を探し応募する「転職サイト」形式のサービスです。キャリアアドバイザーのサービスを受けることも可能ですが、サポートは電話やメールでの手段が主となります。

一方で、「紹介されるだけでなく、自分でもより多くの求人を見たい」「他の転職サービスだけでは不安」という方にとって、多くの選択肢を提供できるジョブメドレー介護はおすすめのサービスでしょう。

まとめ)宮城で介護士の仕事をするなら、環境や収支にも目を向けよう!

今回は、宮城県で、介護士の仕事を探す際のポイント・注意点と、おすすめの転職サービスについて、紹介しました。

宮城県は、求人数や求人倍率ともに非常に高く、就職・転職がしやすい状況です。さらに、東北1の都市で、交通機関も整っていながら、自然にも恵まれている素晴らしいところです。資格取得支援制度もあり、これから介護職を目指す方には、おすすめです。

しかし、東京や大阪と比べると年収は低いなどのデメリットもあります。それについては、年収では劣るものの、物価が安いため、収支バランスをみて判断すると良いでしょう

仕事を探す際のポイントを押さえた上で、介護専門の転職サービスを上手に活用して、介護の転職・就職活動を行なっていくことをおすすめします。




レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー