『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職エージェントは担当変更できる!スムーズな伝え方・メール文例を紹介

[最終更新日]2022/11/13

転職エージェントは担当変更できる!スムーズな伝え方・メール文例を紹介

転職エージェントを利用していると、担当者と合わないと感じることもあります。
できれば担当を別の人に代わってもらいたいけれども、何となく申し訳ない気がして言い出しづらい…。そんなふうに感じている人もいるでしょう。

先に結論をお伝えすると、転職エージェントの担当変更は可能です。
担当エージェントとの相性はとても重要です。満足いく転職を実現するためにも、「合わないな…」と感じてしまうのなら担当変更はいちど検討しておくべきでしょう。

目次

 

1)エージェントの担当変更は可能だが、きちんとした理由が必要!

転職エージェント「不満点がわからないと後任が選びにくい…」

まず大前提として、転職エージェントの担当を変更してもらうことは可能なのでしょうか。

結論から言うと、担当を変更してもらうことはできます。担当は転職エージェントに登録すると自動的に決められているのが一般的ですので、転職者との相性の良し悪しはどうしても出てくるからです。

ただし、担当エージェントの変更を申し出る際にはきちんとした【理由】を添えて申し出る必要があります。

担当変更の際に、なぜ【理由】を伝える必要があるのか

1つは、転職エージェント側が受ける印象面への配慮です。

はっきりした理由もなく気まぐれに担当の変更を申し出てくる転職者は、「仕事もすぐ変わろうとするのではないか」などと悪い印象を持たれやすいのです。仮に担当者の変更に応じてもらえたとしても、信頼をなくしてしまう恐れがあります。

更にもう1つは、理由を共有しないと「どんな点が不満だったのか」が伝わらないことが挙げられます。
何に不満を感じたのかが分からないため、あなたにとって適した後任者を選びにくくなってしまうのです。

転職エージェントの担当変更は可能。ただし、きちんと理由を添える必要がある」と覚えておきましょう。

2)エージェントの担当変更前に確認しておきたいこと

担当エージェントと「合わない」と感じると、別の担当者ならうまくいくのでは?と考えがちです。
でも、いったん冷静になって考えてみましょう。担当者の変更は本当にあなたにとって最善の解決策でしょうか?

もし本当に「合わない」原因がエージェント側にあるとすれば、変更を申し出るのも1つの方法です。
ただ、場合によっては担当者を変更しないほうが転職活動においてプラスになることもあります。あるいは、担当者の変更よりも効果的な解決策が見つかるケースもあります。

そこで、担当変更を申し出る前に、次の2つの点について今一度考えておきましょう。

  • 担当者の変更は本当に必要なことなのか?
  • 場合によっては、転職エージェント自体の変更も考える

担当者の変更が「本当に必要なことか」について、いま一度振り返る

転職エージェント担当者「ご希望の企業はスキルが足りないため無理ですね」転職者「言い方がきついし合わないかも…?」→限られた時間の中で
有益なアドバイスをしようとして、物事をはっきりと言うタイプの可能性も。優秀なエージェントを見極めるポイント…業界や職種に関する知識は豊富だったか?中長期的なキャリアを見据えたアドバイスをしてくれたか?求人を勧める時、理由や背景について丁寧に説明をしたか?

担当者の変更が必要かどうかを見極めるには、「今の担当者はエージェントとして優秀かどうか」という視点を持つことが大切です。

しばしば誤解されやすい点として、物事をはっきりと言うタイプのエージェントは「言い方がきつい」などと受け取られることがあります。

しかし、面談のように限られた時間の中で有益なアドバイスをしようとする熱心なエージェントほど、明確に、ときにストレートにものを言うこともあるのです。

反対に、いわゆる「人当たりが良い」「優しい」印象を与えるエージェントは話していて気分は良いのですが、転職エージェントとして優秀かどうかはこれだけでは一概に判断できません。

話しているときの印象や物腰だけでなく、転職を希望する業界や職種に関する知識は豊富だったか、中長期的なキャリアを見据えた客観的なアドバイスをしてくれたか、といった点も加味して考えてみてください。

「たしかに言い方はきついところがあったけれども、厳しいことも隠さず言ってくれたのはプロだからかもしれない」と思えるようなら、担当エージェントを変更しないほうが転職活動にプラスになる可能性があります。

反対に、次に挙げるような特徴を持ったエージェントなら、変更を申し出たほうが事態は好転するでしょう。

担当変更すべきエージェントの特徴

  • 転職を希望する業界・職種について明らかに知識が不足している
  • 希望と異なる職種や業種の仕事ばかり強引に勧めてくる
  • 勤務時間中でも頻繁に電話をかけてくるなど配慮が感じられない
  • 何度も伝えたことを忘れてしまうなどいい加減な面が多々ある
  • 失礼な態度・乱暴な言葉遣いなどマナーの悪さが目立つ

程度や頻度にもよりますが、上に挙げたような理由で担当エージェントに対して不満を持っているとしたら、担当者を変更してもらったほうが良い方向に向かう可能性が高いと考えられます。

エージェントは転職支援のプロですが、あらゆる業界・職種の転職支援にまんべんなく通じているとは限りません。

偶然にもあなたが希望する業界や職種に関する知識・実績が豊富でない担当者に当たってしまうこともあり得ます。あまりにも知識が不足していて頼りないと感じるようなら、担当を変更してもらう正当な理由となります。

また、エージェント自身のノルマ達成ばかり考えているケースや、転職者への配慮や思いやりに欠けるケースも、そのエージェント個人の問題である可能性が高いことから、変更を申し出たほうが得策でしょう。

自分に合ったエージェントの見分け方は?

自分に合ったエージェントを見分けるポイント。キャリア相談に、親身に乗ってくれるか。求人を紹介する際に、「何故おすすめなのか」についてきちんと納得できる説明をしてくれるか。求人紹介の量・その後の連絡ペースが、適切と感じられるか

自分に合ったエージェントかどうかを見分ける機会として最適なのは、やはり(対面・オンライン問わず)面談の場と言えます。

あなたが抱えるキャリアの悩みや疑問点に対して真剣に考え、親身になってアドバイスをしてくれるかどうかを見極めましょう。

求人を勧めるとき、理由や背景についても丁寧に説明をしているかどうかも判断材料の1つとなるはずです。しっかりと納得できる説明をしてくれたと感じられれば、自分に合ったエージェントの可能性が高いと考えられます。

さらに、継続的に求人紹介を受ける場合は、紹介される量や連絡のペースが自分にとって適切と感じられるかどうかも重要なポイントです。多すぎたり少なすぎたりせず、ちょうど良いペースで紹介してくれていれば、自分に合ったエージェントと言えるでしょう。

場合によっては、転職エージェントの変更も考える

転職エージェント担当者「この職種ではご紹介難しいんですけどうちでは〇〇さんのような未経験の方にこちらの…」転職者「全然希望してない職種をすすめられた!」→転職エージェントの方針が合わないと感じたら、転職エージェントを変更する検討を。転職エージェントは各社に特色があるため、希望する業界・職種に強い転職エージェントや、現在の年齢・年収などに合った転職エージェントに変える

担当エージェントが自分に合わないと感じている原因は、もしかしたら登録している転職エージェント自体が合っていないことにあるのかもしれません。

エージェントの発言や会話内容を振り返ってみて、担当者の個人的な考えというよりも転職エージェントの方針があなたに合わないと感じるようなら、転職エージェントそのものを変更することも検討しましょう

転職エージェントは各社に特色があり、得意とする転職支援の分野もさまざまです。
希望する業界・職種に強い転職エージェントや、現在の年齢・年収といった自分の属性に合った転職エージェントに変えることで、対応が驚くほど変わることも少なくありません。

一度登録したら転職エージェントを変えてはいけないというルールはありませんので、活用する転職エージェントごと変更するのも1つの方法です。

3)エージェント担当変更の際の伝え方・メール文例

担当エージェントの変更を申し出る際の具体的な方法として、次の3点が挙げられます。

丁寧な表現で伝えたい方はメールを。感謝の気持ちを直接伝えたいという方は電話を。転職エージェントによってはWebサイトから担当変更可能。
  • 丁寧な表現で伝えたい方はメールを
  • 感謝の気持ちを直接伝えたいという方は電話を
  • 転職エージェントによっては、Webサイトからも担当変更は可能

「メール」で担当者の変更を申し出る場合

担当エージェントとメールでやりとりするケースは多いはずです。
メールは文面をあらかじめ準備した上で申し出ることができるため、丁寧な表現で伝えたい場合に適した方法と言えるでしょう。

エージェントは何名もの転職者を同時に担当しますので、非常に忙しいケースが少なくありません。相手にとって都合のよいタイミングで読んでもらえるメールは、相手に配慮する意味においてもおすすめの方法です。

メール文例①:エージェントとの相性が理由で担当変更を申し出る場合

件名 担当変更のご相談

◆◆エージェント△△様

いつも大変お世話になっております。

この度御社の転職支援のサービスを受けております、<あなたの名前>でございます。
これまで多くの求人情報と活動に向けて有益な情報を頂き、大変感謝しております。

さて、現在私は<現担当エージェントの名前>様に担当していただいております。これまで<現担当エージェントの名前>様よりさまざまなアドバイスを頂戴し、熱心にサポートしていただきました。

ただ、<現担当エージェントの名前>様がお考えになる転職プランと、私が目指しているプランとの間にずれがあるように感じております。そのため、面談やお電話において意見が食い違っていたことが何度かあり、かねてから気になっておりました。

私自身に至らない点があることは承知しておりますが、もし可能であれば、ご担当エージェント様の変更を検討していただけないかと考えております。

お手数をおかけいたしますが、ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。

———————————–
〔氏名〕
電話:090-XXXX-XXXX
e-mail: min-ten@XXXX.com
———————————–

メール例②:エージェントの知識や専門性が理由で担当変更を申し出る場合

件名 担当変更のご相談

◆◆エージェント△△様

いつも大変お世話になっております。

この度御社の転職支援のサービスを受けております、<あなたの名前>でございます。
これまで多くの求人情報と活動に向けて有益な情報を頂き、大変感謝しております。

さて、現在私は<現担当エージェントの名前>様に担当していただいております。これまで<現担当エージェントの名前>様よりさまざまなアドバイスを頂戴し、熱心にサポートしていただきました。

ただ、私が転職を希望しております<志望する業界・職種>が限定されていることもあり、大変失礼ながら<現担当エージェントの名前>様からいただいた情報以外にも知りたいことがたくさん出てまいりました。

私自身に至らない点があることは承知しておりますが、もし可能であれば、<志望する業界・職種>に関する詳しい情報をお持ちのご担当者様への変更を検討していただけないかと考えております。

お手数をおかけいたしますが、ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。

———————————–
〔氏名〕
電話:090-XXXX-XXXX
e-mail: min-ten@XXXX.com
———————————–

「電話」で申し出る場合

結果的にエージェントの変更を申し出ることになったとはいえ、担当者の人柄には好感を持てたという場合もあるでしょう。

担当が変われば前任者との接点はなくなりますので、最後にひとこと感謝の気持ちを伝えておきたいこともあるはずです。このようなケースでは、電話で申し出ることによって、感謝の気持ちが伝わりやすくなることもあります。

「Webサイト」から申し出る場合

転職エージェントによっては、利用者向けの問い合わせフォームや申請ページが用意されていることがあります。

メールや電話と比べて気軽に申し出やすいような印象を受けますが、担当変更の事実がエージェント本人に伝わることには変わりありません。メールで申し出る場合と同様、丁寧な表現を選んで申し出ることを心がけましょう。

4)担当変更後に注意しておきたいポイント

担当の変更を申し出た結果、希望通りにエージェントを変更してもらえたとしても、そこで安心するのは禁物です。

担当エージェントを変更してもらうのがゴールではなく、転職を成功させることが本来の目的なのですから、新たな担当者がどのような人なのか再度見極めていく必要があります。

また、後任の担当者は初対面の人ですので、円滑にコミュニケーションを図り関係性を築いていくことが非常に重要なポイントとなります。

次の2点について、担当変更後はとくに注意しておきましょう。

  • 新しい担当者と面談を行って、エージェントとの相性や能力を確認する
  • いち早く、担当者との信頼関係を築く

新しい担当者と面談を行って、エージェントとの相性や能力を確認する

面談の中で、新しい担当者の業界知識やエージェントとしての経験・実績も確認しておく

新しい担当エージェントとは必ず面談を実施してもらい、変更後のエージェントとの相性を確認しましょう。同じ転職エージェントのサービスとはいえ、相手は初対面の人です。転職者自身の第一印象にも気を配り、良い関係性を築くためのコミュニケーションに気を配ることが大切です。

また、新しい担当者の業界知識やエージェントとしての経験・実績も確認しておきたいところです。
受け答えの的確さや話しぶりなど、視覚・聴覚をフル活用してよく観察しましょう。

もし可能なら、志望する業界・職種と同じ分野へ転職を成功させてきた実績について、それとなく聞いてみるのも1つの方法です。

エージェントによっては、転職者に安心感を与えるために自分から実績を話す人もいます。こうした情報収集を通して、新しい担当者がエージェントとして優秀かどうかを総合的に判断しましょう。

いち早く、新担当者との信頼関係を築く

エージェント側も信頼できる人物か観察しているため、しっかりとビジネスマナーを守って対応すること

担当エージェントとの信頼関係を築くことは、良い意味で遠慮のないコミュニケーションを図るために重要なポイントとなります。

エージェントの側でも転職者が社会人として、あるいはビジネスパーソンとして信頼できる人物かどうかを観察していますので、しっかりとビジネスマナーを守って対応することが大切です。

新しい担当者とメールをやりとりする際には、できるだけ早く返信して転職に対する意欲を伝えましょう。

すぐにメールが返せないときは遅くとも当日中には返信するように心がけ、エージェントからの信頼をなくさないようにする必要があります。

エージェントとしても、信頼できる人を優先的に企業へ紹介したいと考えるものです。聞かれたことには率直に、かつ誠実に答えるとともに、転職に対する積極的な姿勢を知ってもらえるように努めましょう。

5)ベストな担当に出会える為に、転職エージェントは複数登録を

ここまで見てきたように、担当エージェントを変更してもらうことは可能です。

ただ、あまり何度も担当者の変更を申し出るのは印象が良くないばかりでなく、仮に変更してもらったとしても相性の良い担当者に必ず巡り会える保証はありません。

自分にとってベストな担当者に出会う確率を高めるにも、複数の転職エージェントに登録しておき、その中から自分に合ったエージェントを見極める方法をおすすめします。

転職エージェントにはさまざまなタイプがありますので、複数登録するならタイプの異なるエージェントを活用するのが理想的です。転職エージェントのタイプ別の特徴について確認しておきましょう。

転職エージェントは、「総合型」サービスと「特化型」サービスを使い分ける

総合型:幅広い業界・職種に対応している。特化型:ある特定の業界・職種に対応している

転職エージェントには、大きく分けて「総合型」「特化型」があります。

総合型エージェントとは幅広くさまざまな業界・職種に対応している転職エージェントです。特定の業種や職種に絞るのではなく、いろいろなタイプの求人を紹介してほしい場合に適しています。

これに対して特化型エージェントは特定の業界や職種を専門とする転職エージェントを指します。転職を希望する業界や職種がすでに決まっており、特定の分野に絞って求人を紹介してほしい場合には特化型エージェントが向いていると言えるでしょう。

総合型・特化型それぞれの転職エージェントにおいて、どのようなタイプのエージェントが多く在籍しているのか、具体的なサービス名とともにまとめました。

「エージェントとの相性や能力」を気にする方は、「総合型」サービスを

総合型サービスにはいわゆる大手の転職エージェントも含まれており、取り扱っている求人数も豊富です。
そのため、過去の転職者のデータやノウハウが蓄積されやすく、在籍しているエージェントも経験豊富なベテラン勢が少なくありません。

エージェントとの相性や転職支援に関する基本的な能力面が気になる人は、総合型サービスを活用することで自分に合ったエージェントに出会える確率が高まるはずです。

現在すでに転職エージェントを利用中の人も、別のエージェントに複数登録しておくことをおすすめします。

「総合型」転職エージェントおすすめ一覧

 
サービス名マイナビエージェント
マイナビエージェント
doda
doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
type転職エージェント
JACリクルートメント
メリット
  • 幅広い求人紹介
  • 書類添削・面接対策が手厚い
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 丁寧なサポート・面接通過率が高い
  • 若手向けのIT/Web求人が豊富
デメリット
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 提案の電話・メールが多い
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • IT/Web業界以外の求人は少なめ
公開求人数 4.1万 17万 28万 3.9万 6,800
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 東京・神奈川・埼玉・千葉
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策をしっかり行いたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • 東京首都圏でIT・Web系の仕事を探している人
公式サイト

表内の求人数は2022年11月時点のものです。

「エージェントの知識・専門性」を気にする方は、「特化型」サービスを

特化型サービスは特定の業種・職種を専門としているため、「狭く深く」業界の事情に通じているエージェントが多いのが特徴です。志望する業種・職種が決まっているのであれば、希望の仕事内容に合った求人をピンポイントで紹介してもらいやすいでしょう。

特化型サービスには扱う分野の業界出身のエージェントも多数在籍しており、現場のリアルな情報や働く人の目線に立ったアドバイスを得やすい傾向があります。

利用中の転職エージェントで担当者の知識面や専門性に課題を感じている人は、特化型サービスを併用することをおすすめします。

「特化型」の転職エージェントおすすめ一覧

   
タイプ 20代に特化 20代・若手 20代に特化 ITエンジニア ITエンジニア IT・Web業界 リーダー・マネージャー リーダー・マネージャー リーダー・マネージャー 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門 外資・グローバル 外資・グローバル 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
サービス名 マイナビジョブ'20s
マイナビジョブ20's
JAIC(ジェイック)
JAIC(ジェイック)
就職Shop
就職Shop
マイナビITエージェント
マイナビITエージェント
レバテックキャリア
ワークポート
ワークポート
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
マスメディアン
マスメディアン
クリーデンス
クリーデンス
MS-Agent
MS-Agent
エンワールド
エンワールド
ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズ
メイテックネクスト
メイテックネクスト
きらケア
きらケア
かいご畑
かいご畑
メリット
  • 「担当のサポートがよかった」評判多数
  • 転職ノウハウを学べるオンラインセミナー
  • 利用者の81.1%が正社員転職に成功
  • 社会人基礎スキルを学べる研修
  • 未経験からの正社員内定率80.4%
  • 書類審査なし応募可能求人あり
  • 書類添削・面接対策が充実
  • 優良企業やレア求人が豊富
  • 求人のマッチング率が高い
  • 担当は全員エンジニア経験者
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 未経験転職への支援に強い
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 企業からのスカウトが多い
  • 都市部から地方までハイクラス層求人が豊富
  • 会計、税務、経理分野に強み
  • 担当から専門性の高いサポート
  • マスコミ・メディア系転職に強い
  • 独占求人・非公開求人が多い
  • アパレル・販売系業界に特化
  • 業界経験ある担当のサポート
  • 管理部門・士業の転職支援専門
  • 管理部門支援実績は業界No1
  • 外資系・グローバル転職に強い
  • 入社後も定期的なフォロー・定着支援
  • 選考突破率の高さで評判
  • 英文レジュメの作成支援あり
  • 製造系エンジニア支援実績No1
  • 模擬面接サポートが手厚い
  • 職場環境を詳しく聞ける
  • 担当から専門性の高いサポート
  • 未経験向け求人豊富
  • 資格取得の支援制度あり
デメリット
  • 地方の求人は少なめ
  • 営業以外の求人は少ない
  • 希望の職種・業種以外を勧められることも
  • 求人は都市部に寄っている
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 求人は質よりも量を重視
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 急ぎの転職には不向き
  • 全ての求人を見るには有料会員になる必要あり
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 正社員求人は少なめ
公開求人数 3,700 非公開 非公開 1.6万 1.6万 6.1万 1.5万 30万 8.4万 3,500 4,100 1,200 7,500 1,000 2,000 3,000 2.9万 1万
得意業界/職種 全業種・職種 営業職メイン デスクワークメイン IT・Web IT・Web 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門・士業 外資系 外資系 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
対象地域 関東・関西・中部 関東・関西・東海・中国・九州 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・中部(東海) 東京・大阪 関東・関西・東海 全都道府県 東京・愛知・大阪+海外 東京・愛知・大阪+海外 東京・名古屋・大阪・福岡 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 既卒・第二新卒での転職を目指す人
  • フリーター・既卒・第二新卒から正社員を目指す人
  • 正社員への就職を目指している人
  • 書類添削・面接対策のサポートをしっかり受けたい人
  • キャリアアップ・年収アップを目指す人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 企業からスカウトを多く欲しい人
  • 会計、税務、経理、財務分野を目指す人
  • マスコミ・メディア系職種の人
  • アパレル・ファッション系業種の人
  • 管理部門・士業での転職を検討している人
  • ハイクラス・グローバル系企業を目指す人
  • 英語力を生かした転職をしたい人
  • ものづくり・製造系エンジニアの人
  • 職場環境を重要視する人
  • 未経験から介護職を目指す人
公式サイト

表内の求人数は2022年11月時点のものです。

まとめ)エージェントの担当変更は「遠慮せず、礼儀を尽くして」が基本

転職エージェントは人材支援サービスの1つです。人材を求める企業と転職先を探す人材をマッチングすることを最大の目的としていますので、担当エージェントと合わないと感じていることが転職活動の障壁となっているのであれば、変に遠慮することなく担当変更を申し出ても問題ありません。

むしろ、担当を変更したことで転職先がスムーズに決まれば、転職エージェントとしても喜ばしいはずです。

ただし、転職に関する情報をエージェントから提供してもらっていることは紛れもない事実です。
たとえ相性が良くないと感じたとしても、担当者はベストを尽くして転職をサポートしていることでしょう。

担当変更を申し出るのであれば、できる限りの礼儀を尽くして感謝の気持ちを伝えることも忘れないようにしましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]