『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

AWSエンジニアになるには? 求められるスキル・未経験からの転職成功のポイント

[最終更新日]2022/11/18

”AWSエンジニアになるには?”

企業活動において、クラウドサービスの活用は急速に広まっています。クラウドに関わる仕事として、AWSエンジニアになりたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

AWSエンジニアになるためには、エンジニアとしてある程度のスキルが求められます。そのため求められるスキルを知り、目標に向かって努力することが夢を実現する鍵です。

目次

AWS=Amazon Web Service

AWSはAmazon Web Servicesの略で、世界における3大クラウドサービスの1つとなっています。パブリッククラウドとなっているため、料金を支払えば誰でも利用できることが特徴に挙げられます。

AWSはこれまで主流となっていた「社内にサーバーを配置」「データセンターにサーバーを預ける」のどちらとも異なることが特徴です。

必要なときに必要な容量と期間だけサーバーを使えることは、魅力の1つといえるでしょう。このため、以下のような企業や用途に向いています。

  • ベンチャー企業や新規事業など、事業が急拡大している場合(メモリや記憶領域をすぐに追加できる)
  • 懸賞応募サイトなど、一時的に使用するサイトの場合(サーバーを用意する必要がなく、低コストで済む)

AWSでは、何ができる?

AWSでは、100種類以上のサービスが用意されています。
このこともありWebサーバーなど新規にサーバーを立ち上げる用途はもちろん、さまざまな用途にも対応しています。一例として、以下のものが挙げられます。

  • ストレージを使ってデータを保存する
  • データベースサービスを活用する

もちろん新規にサーバーを立ち上げる場合も、複数のOSやデータベースから選択可能。 サービスを利用する企業のニーズに対応できることは、AWSの魅力といえます。

ここからはAWSを扱う「AWSエンジニア」について、詳しくみていきましょう。

AWSエンジニアの、実際の仕事内容

PCイメージ

AWSエンジニアの仕事内容は、インフラエンジニアと重なります。つまり設計から始まり構築を行って、本稼働後は運用を行うといった流れとなります。

一方で、AWSならではの仕事内容もあります。ここでは設計・構築・運用の3つのフェーズに分けて、AWSエンジニアの仕事内容を確認していきましょう。

設計 AWS上で動かすシステムの設計を行い、構築に用いる設計書を作成します。操作する場所とサーバーのある場所が離れているため、クラウドサービスで動作することを意識した設計が必要です。このためOSだけでなく、ネットワークやセキュリティなど広範囲にわたる設計が求められます。一例として、WebサーバーやLDAP、DevOpsなどが挙げられます。

設計にあたっては、可用性や拡張性といった、使いやすさやメンテナンスのしやすさも考慮する必要があります。また要件によっては、パラメーターシートやテスト計画の作成を行う場合もあります。
構築 設計書に基づき、AWS上にシステムの構築を行います。担当する範囲はプロジェクトやシステム要件により異なりますが、以下の通り幅広い範囲が対象となり得ます。
  • 仮想マシン
  • ネットワーク
  • ストレージ
  • ロードバランサ
  • ミドルウェア(データベースなど)
  • セキュリティ
構築作業の多くで、AWSが提供するサービスを使用することが特徴です。また運用の自動化を行う場合は、構成管理ツールを構築の対象に含めるケースもあります。
運用 本稼働後、導入したシステムが正常に稼働するよう監視し、メンテナンスする業務です。業務内容は以下の通り、幅広いことが特徴です。
  • システムの監視
  • トラブルそのものはもちろん、トラブルにつながりうる事象(インシデント)への対応
  • セキュリティパッチの適用や、ソフトウェアのアップデートを実施
  • 仮想マシンやミドルウェアのチューニングや設定変更
運用業務では、シフト制を組んで勤務する場合もあります。このため職場によっては、休日出勤や夜勤が組まれる可能性もあります。

AWSエンジニアの将来性

将来性イメージ

AWSエンジニアの将来性は、高いといえます。それは、以下に挙げる3つの理由によります。

  • 「所有するシステム」から「利用するシステム」への転換。クラウドの活用が進んでいる
  • クラウドサービスのなかでは、AWSのシェアが高い
  • AWSエンジニアの需要は高い一方、エンジニアの数が少ない

企業ではこれまで事業に必要なシステムをすべて保有することが主流でしたが、クラウドを活用し、必要なときに必要な分を使う動きが進んでいます。

クラウドサービスのなかでもインフラ周りから提供する企業は数社ありますが、2020年第2四半期におけるAWSのシェアは33%(Synergy Research Group調べ) であり、最大のシェアを持っています

一方でAWSはここ数年で主流となったサービスであり、需要に対するエンジニアの数は多くありません。このこともあり、AWSエンジニアの将来性は高いと考えられます。

AWSエンジニアとして働く際に求められる知識やスキルは、以下の4点にまとめられます。

●AWSや仮想化に関する知識やスキル ●オンプレミスとクラウドの特徴を把握し適切に移行するスキル ●自力でシェルプログラミングを組めるスキル ●他のクラウドプラットフォームに関する知識
  • AWSや仮想化に関する知識やスキル
  • オンプレミスとクラウドそれぞれの特徴を把握し、適切に移行するスキル
  • 自力でシェルプログラミングを組めるスキル
  • 他のクラウドプラットフォームに関する知識

いずれもプロジェクトで活躍するためには、欠かせないものです。それぞれについて、順に解説していきましょう。

AWSや仮想化に関する知識やスキル

知識イメージ

AWSエンジニアになりたいならば、転職を実現させる前にAWSに関する知識を身につけておく必要があります。以下のサービスに関するスキルは、ぜひ押さえておきましょう。

  • Amazon EC2
  • Amazon S3
  • Amazon RDS

学習用サイトや書籍などを活用しつつ、ご自身で手を動かし学ぶことが必要です。AWSには無料利用枠もありますから、上手に活用しスキルを高めましょう。

またAWSを使った構築では、論理的にサーバーを構築する「仮想化技術」も必須となりますから、使い方をマスターしておくことも求められます。

オンプレミスとクラウドそれぞれの特徴を把握し、適切に移行するスキル

スキルイメージ

今はクラウドサービスの活用が急拡大している時代。これは、オンプレミス(企業内でサーバーを保有し利用する形態)からクラウドへの移行も進んでいることを示します。
両者には、以下の違いがあることに留意しなければなりません。

  • サーバーの配置箇所(自社で管理できるスペースから、他社にデータごと預けることになる)
  • トラブルが発生した場合の影響範囲や復旧方法
  • セキュリティを確保する方法と実装する手段

今までオンプレミスで使っていた企業にとって、クラウドでの常識は当たり前ではありません。この点に留意し、それぞれの特徴を把握しながら適切に移行するスキルが求められます。

自力でシェルプログラミングを組めるスキル

プログラミングイメージ

意外に思われるかもしれませんが、AWSエンジニアとして転職する際にはある程度のプログラミングスキルが求められます。

これはインフラエンジニアから転職する場合も例外ではありません。それは以下に挙げる3つの理由によります。

  • そもそもLinuxサーバーの場合は、シェルプログラミングのスキルを必須とされる場合が多い
  • WindowsでもPowerShellの活用により、効率的な管理ができる
  • AWSなどのクラウドサービスでは、プログラムを使ってインフラを制御する重要性が増している

このため本格的なプログラミングスキルまでは必須とはいえないものの、自力でシェルプログラミングを行い、OSを制御できるスキルは必要です。何らかの方法で、プログラミングスキルも習得しておきましょう。

他のクラウドサービスに関する知識

知識イメージ

AWSは以下に挙げる、他のクラウドサービスと比較される場合も多いです。

  • GCP(Google Cloud Platform)
  • Microsoft Azure

それぞれの特徴を把握することでGCPやAzureからの移行がスムーズに行えるだけでなく、AWSの特徴をより深く学ぶことにもつながります。

「AWSエンジニアだから、AWSだけ知っておけばよい」と視野を狭めず、主なクラウドサービスの知識を得ておくことがプロジェクトでの活躍につながります。

AWSエンジニアへの転職を成功させるためには、以下に挙げる4つのポイントがあります。

●エンジニアとしての実務経験は必須 ●学習用サイトや書籍を活用する ●本格的なスキル獲得には「AWS認定資格」も視野に ●IT業界に強い転職エージェントの活用
  • エンジニアとしての実務経験は必須
  • 学習用サイトや書籍を活用する
  • より本格的なスキル獲得を目指す際は、「AWS認定資格」も視野に
  • IT業界に強い転職エージェントを活用する

いずれも希望する職場へ転職し、活躍するためにはぜひ押さえておきたいポイントです。それぞれの内容を確認していきましょう。

エンジニアとしての実務経験は必須

PCイメージ

AWSエンジニアにはインフラやシステム開発に関するスキルに加えて、AWSのスキルを求められることが特徴です。このため土台となるエンジニアとしての実務経験が必須となりますから、いきなりAWSエンジニアになることは難しいのが現実です。

実務経験を得られる方法は、大きく以下の2通りに分けられます。どちらも3年以上の経験が、1つの目安となります。

  • 1.インフラエンジニアとして就職し、設計から運用まで一通りの経験を積む
  • 2.プログラマーやSEとして就職し、複数のWebアプリケーションに関する開発経験を積む

AWSエンジニアはインフラ系の傾向が強いものの、プログラマーやSEからでもAWSエンジニアの道につなげることが可能です。あなたの興味や関心にあわせて、進むべき道を選ぶとよいでしょう。

学習用サイトや書籍を活用する

AWSエンジニアとして転職するためには、事前にAWSに関する知識とスキルが必要です。職場ではそもそも学ぶ環境がない方や、学びにくい方も多いでしょう。
そのような場合は就業時間外の時間を使って、自ら学ばなければなりません。

AWSでは、AWSエンジニアになるための教材を用意しています。知識をつけることはもちろん、実際に構築するメニューも用意されています。まずは「AWSトレーニングサイト」「AWS での構築の学習:ウェブサイト」などを活用し、ひと通りのスキルを習得するとよいでしょう。

AWSは、書籍による学習も可能です。おすすめの書籍には、以下のものが挙げられます。

より本格的なスキル獲得を目指す際は、「AWS認定資格」も視野に

資格イメージ

AWSエンジニアのスキルを本格的に身につけたい方は、「AWS認定資格」の取得も視野に入れるとよいでしょう。AWS認定資格の取得により、AWSを使うスキルがAmazonにより認定されます。もちろんAWSを正しく使うスキルを体系的に、かつ最短距離で学べることも魅力の1つです。

AWS認定資格は、以下の3種類に分けられます。

資格名 レベル
基礎コース(クラウドプラクティショナー) 6か月間の基礎的な AWS クラウドと業界知識
アソシエイト 1年間のAWSクラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験
プロフェッショナル 2年間のAWS クラウドを使用したソリューションの設計、運用、およびトラブルシューティングに関する包括的な経験

引用:Amazon Web Services「AWS 認定」

多くの方は、基礎コースから順に取得を目指すことと思います。可能であれば、アソシエイト以上の資格を取得するとよいでしょう。

ITエンジニアに強い転職エージェントからの支援を受ける

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

AWSエンジニアは、ITエンジニアのなかでも新しい職種です。もしIT業界をよく知らない転職エージェントに依頼すると、AWSと関係のない転職先を紹介されるおそれがあります。これではあなたの希望を実現させることはできません。

希望する転職の実現には、ITエンジニアに強い転職エージェントを活用し、支援を受けることが近道です。

キャリアの相談やあなたに合った転職先を紹介してもらえることは、転職エージェントの魅力。応募先に関する情報が得られ、応募書類や面接への対策など強力なバックアップが得られることも大きなメリットに挙げられます。

それでは、どのような転職エージェントを選べばよいのでしょうか。次の章で、そのポイントを解説していきます。

マイナビIT AGENT──IT・Web業界への転職支援に強い&丁寧なサポート

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
マイナビIT AGENTの特徴
  • ITエンジニアの求人数は国内トップレベル。システム会社から事業会社まで幅広く網羅
  • 担当者の対応が丁寧。書類添削から面接対策までじっくり取り組んでくれる
  • 企業とのリレーションが強く、独自の非公開求人が多数
サービス対応地域 全国
拠点 東京(2か所)、神奈川、北海道、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡
AWSエンジニア求人数 約3,400件(2022年9月現在)

マイナビIT AGENTは人材紹介会社の大手マイナビが運営する「IT/Webエンジニア専用」の転職支援を行うエージェントです。
サポート対応地域は全国。オンラインでの面談も受け付けています。

AWS開発に関わる求人数は、約3,400件あります(2022年9月現在)。

マイナビIT AGENTの所属アドバイザーは、全員がIT・Web業界に精通したプロフェッショナルです。

エンジニアの転職事情を十分に理解しているため、未経験からのAWSエンジニアへの転職に向けて、どのような働き方やキャリアパスあがあるかについて、転職者一人ひとりに合わせてアドバイスしてもらえるでしょう。

また、マイナビの転職サービスは「サポートの丁寧さ」にも定評があり、職歴書の作成や面接対策に不安を感じている人におすすめです。

ITエンジニア求人トップクラス
登録は3分程で完了します。

リクルートエージェント──ITエンジニア求人数:国内No1。幅広いエンジニア職種に対応

リクルートエージェントIT
リクルートエージェントの特徴
  • ITエンジニアの求人数および転職支援実績 国内No1。全エンジニア職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • 面接力向上セミナー等のセミナー・イベントも随時開催
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
AWSエンジニアの公開求人数 約1万件(2022年9月現在)

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

ITエンジニアの転職支援にも強く、2022年9月のAWSエンジニア向け公開求人数は約1万件と、他のエージェントから群を抜いての豊富さです。

また、これまでの培ったノウハウと企業とのリレーションをもとにした支援ツール・サービスの充実がリクルートエージェントの強みです。

リクルートエージェント:豊富な事例と企業との強力なリレーションをもとに力強くサポート

たとえば、リクルートエージェントでは志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」を用意してくれます。
AWSエンジニアの転職では、その職場の開発環境から求められ働き方まで、入念な企業研究が転職成功に大きく関わります。その際に、レポート情報は大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとにAWSエンジニアの転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

レバテックキャリア──IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
レバテックキャリアの特徴
  • 担当アドバイザーは全員エンジニア経験者。専門分野において適切なサポート・アドバイスが受けられる
  • 企業情報を熟知した担当のフォローにより、書類通過率・内定決定率が高い
  • AI・ビッグデータ・FinTechなどのトレンド技術を扱う求人が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 東京、神奈川、大阪、福岡
AWSエンジニア求人数 約6,000件(2022年9月現在)

レバテックキャリアは「エンジニア実務経験者」のサポートに特化した転職エージェントサービスです。

保有求人数もIT・Web業界特化型サービスの中ではトップクラスで、かつエンジニアの専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

レバテックキャリアはAWSを扱う「クラウドエンジニア」のほか、「AI」、「機械学習」、「ビックデータ」、「FinTech」などのトレンド技術を扱う求人を多く抱えており、エンジニアとしてキャリア開拓を目指す人にフィットしやすいのです。

レバテックキャリアは最新技術・トレンド技術分野の求人が豊富! DX推進:約200件 AI・機械学習:1,000件以上 ビッグデータ:約1,000件 FinTech:約500件 クラウドエンジニア:約200件
 

また、「年収アップなど待遇面での改善をしたい」、「エンジニアとしてのキャリアプランを掘り下げたい」、「書類や面接で評価してもらえるようアドバイスを欲しい」というエンジニアの方にも、レバテックキャリアはおすすめです。

利用者の8割が年収アップ
登録は5~10分程で完了します。

doda ITエンジニア──幅広く充実したボリュームの求人と、積極的な提案

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda
doda ITエンジニアの特徴
  • 全国トップレベルのAWSエンジニア求人数。都市部だけだなく地方求人にも強い
  • 企業からのスカウト・オファーが届きやすい
  • 転職サイト・転職エージェントどちらのサービスも利用できる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡
求人数 約8,000件(2022年9月現在)

doda ITエンジニアは国内大手人材会社「doda」の、ITエンジニアに特化した転職エージェントサービスです。
ITエンジニア系のエージェントは都市部に特化したところが多い中、doda ITエンジニアは都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でAWSエンジニアの求人をじっくりチェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

また、doda ITエンジニアでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため実績のあるエンジニアは企業から熱意あるスカウトメールが届くことが多いでしょう。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

スカウトメールは登録時のレジュメ内容をもとに送付されます。レジュメ内容を充実し、さらにAWSエンジニアとしての志向をアピールをすることによって、希望する分野の求人企業からスカウトメールをもらう確率を高めることができます。

Geekly──IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

IT業界に特化した転職支援ならGEEKLY(ギークリー)。
Geeklyの特徴
  • Web業界・ゲーム業界の転職支援に強い
  • 担当アドバイザーのほとんどがITエンジニア経験者
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
サービス対応地域 全国
拠点 東京
AWSエンジニア求人数 約2,800件(2022年9月現在)

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスです。
他の転職サービスには掲載されていない「非公開求人」の数も豊富で、独自のノウハウにより転職者の希望の条件にマッチする企業の紹介を行っています。

ギークリーのキャリアコンサルタントは、最低でもIT業界で3年以上のコンサルティング経験を持っています。未経験からAWSエンジニアへの転職に成功した事例をいくつも持っているコンサルタントもいることでしょう。

かつては「35歳転職限界説」もありましたが、ギークリーの転職成功者のうち、およそ4割近くは36歳以降のミドル世代であり(※公式サイトより)、幅広い年代で偏りなく実績を積んでいる点もギークリーの大きなメリットです。

書類選考の通過率3.4倍
登録は3分程で完了します。

ワークポート──未経験者向け支援、特にIT・Web業界へのサポートに強い

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
ワークポートの特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
AWSエンジニア求人数 約3,700件(2022年9月現在)

ワークポート(WORKPORT)は「業界・職種未経験者」のサポートに優れており、なかでもIT・Web業界の支援に強い転職エージェントです。
全都道府県の地域を対象としており、オンライン面談も受け付けています。

ワークポートは「未経験職種」へのサポートが手厚いことでも知られています。
未経験からAWSエンジニアへと新たにジョブチェンジを検討している方は、ワークポートの担当から積極的な提案をうけやすいでしょう。

ワークポートのここが強み! ■あなたの可能性を最大限に引き出すプロの力 ■個別の面接対策、書類作成のアドバイス

引用元:ワークポート 「転職コンシェルジュの転職相談サービス

他の転職エージェントに登録したものの、想像していたほど求人を紹介してもらえなかった人や、担当者のレスポンスが鈍く転職活動が進まないと感じていた人にこそ、ワークポートを利用するメリットを実感できるはずです。

転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

まとめ)まずはエンジニアとしての実績を。その上でAWSを学び、AWSエンジニアを目指そう

エンジニアイメージ

AWSエンジニアは新しい職種ではあるものの、その実態はインフラエンジニアやプログラマー、SEといった職種に、AWSに対応するスキルを付け加えたものです
もしベースとなる各職種でのスキルがなければ、AWSエンジニアとしての活躍も望めません。

このためAWSエンジニアを目指すなら、まずはあなたが今いる職場で、エンジニアとしての実績や評価を得ることが先決です。

その上で日々の業務をこなしながら、AWSについて積極的に学びましょう。少々回り道のようですが、この方法がAWSエンジニアとして活躍する近道となります。

また転職活動には、ITエンジニアに強い転職エージェントも有効です。積極的に活用し、あなたが活躍できる職場を見つけましょう。

目次[ 閉じる ]