『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「人と関わらない仕事」ってどんな仕事があるの?おすすめの職種と転職時のポイント・注意点

[最終更新日]2021/06/15

”人と関わらない仕事がしたい。ポイント・注意点を解説”

人と話すことがとても苦手
社内の人間関係がどうにも煩わしい

こうした悩みを抱えている人は実は少なくありません。対人コミュニケーションの必要に迫られなければ、一人でコツコツと仕事を進められるのに・・・・・・と感じている人もいることでしょう。

しかし仕事をするとなると、人との関わりは避けて通れないケースがほとんどです。できるだけ人と関わりを持たずに働くことは可能なのでしょうか。

目次

1)そもそも、人と関わらずに仕事はできるの?

一人の仕事イメージ

仕事をすることは、言い換えれば社会と接点を持つことです。そのため、働くとなるとさまざまな人と関わり合いを持つ機会が増えることになります。

しかし、人と関わることが苦手な人にとって、できれば人と関わらずに仕事をしたいという思いは切実なものがあるでしょう。

では、人となるべく関わらずに進められる仕事はそもそも世の中に存在するのでしょうか。まずはこの点について考えていきます。

ほんのひと昔前まで、働くことは人と関わることを意味していました。人とできるだけ関わりたくないと思った瞬間から、選べる仕事はほとんどなくなってしまうのが実情だったのです。

ところが、近年ではインターネットが広く普及し、ネット環境さえ整っていれば場所を選ぶことなく働けるようになりつつあります。特定の業種や職種に限らず、オフィスに出社しないワークスタイルはコロナ禍をきっかけにますます一般的なものとなりつつあるのです。

ただし、人との関わりが必要最小限で済む仕事が増えてきたとはいえ、完全に人との関わり合いを断って一人で黙々と働くのは現実的に難しいでしょう。

メールや電話、または必要な打ち合わせといった場面で、どの業種・職種でも人とのコミュニケーションが必要となる場面が多少はあることを理解しておく必要があります。



「人との関わりが少ない仕事」に就く方法は主に2パターン

出社はするが、基本一人でやる仕事。在宅でできる仕事(フリーランス等)

人との関わり合いが少なくて済む仕事には、大きく分けて以下の2つのパターンがあります。

  • 出社はするが一人作業が多い仕事
  • 在宅でできる仕事



出社はするが一人作業が多い仕事

職場に出社して働くスタイルの仕事でも、実務上では基本的に一人で黙々と作業をこなす仕事は存在します。

挨拶や事務連絡など必要最低限のコミュニケーションは必要になるものの、1日の大半を自分の仕事を進めることに専念できれば、実質的に人との関わりはかなり減らせると言っていいでしょう。

つまり、転職する職種の選び方しだいでは、たとえ会社員としてオフィスなどに出社するとしても、実際にはほとんど人と関わらずに仕事をしていくことが可能になります。

出社はするが一人作業が多い仕事の例
プログラマー・エンジニア Webデザイナー
警備員 工場作業員
清掃員 配送・配達ドライバー
ビルメンテナンス 自動販売機の補充スタッフ



在宅でできる仕事(フリーランス含む)

在宅勤務が基本の会社を転職先に選んだり、フリーランスとして自分のペースで仕事を進めたりできる仕事を選べば、人と関わる機会がほとんどない場合もあります。

業務上の連絡などはチャットやメールで行い、出社して打ち合わせを行うことはほとんどない仕事も実は世の中には存在します。

このように一定レベル以上のスキルや知識があれば、人との関わりを最小限に留めて働くことも可能です。

在宅でできる仕事の例
Webライター 翻訳
映像・動画制作 作曲・音楽編集
データ入力 トレーダー
ブロガー



◇◇◇



人との接点をできるだけ減らして働くのであれば、転職する際の業種・職種選びにこだわることが重要になります。そもそも人との関わりが少ない仕事を選ぶことができれば、対人コミュニケーションに苦手意識を持っていることが働いていく上でのネックにならずに済むからです。

では、人との関わりが少ない仕事には具体的にどのような業種・職種があるのでしょうか。「出社はするが極力一人で作業をこなす仕事」「在宅でできる仕事(フリーランス含む)」のそれぞれ代表的な職種を見ていきましょう。





2)代表的な「出社はするが極力一人で作業をこなす仕事」

プログラマー・エンジニア

PCイメージ
主な業務 仕様書や指示書に基づき、プログラムコードを組んだり、バグの修正を行ったりする仕事。
求められる資質・スキル プログラミング言語に関する知識と、一定の開発経験は必須。また、テストやバグ修正といった業務は根気強さが求められる。「人と話すのは得意でないけれども、一人で集中して何かに取り組むのは好き」というタイプの人に向いている。
平均年収 440万円
参考:求人ボックス

プログラマーやエンジニアといったIT系の技術職は、必要最低限のミーティングなどが発生することはありますが、案件が走り出してしまえば一人で進める仕事が大半となります。

ただし、エンジニアの中でもシステムエンジニア(SE)の場合、顧客との折衝や社内スタッフの調整といった業務も少なくないため、一定以上の対人コミュニケーション能力が求められる機会も多くなるでしょう。

一般的に、上流工程と呼ばれるポジションになればなるほど人との関わりが増え、報酬の面でも高くなる傾向があります。

一方で、プログラマ―としてスキルが高ければ、対人コミュニケーションが多少苦手でも報酬面ではSEと同等かそれ以上の条件を提示してもらえる場合もあります。スキル次第では人との関わり合いを最小限に抑えて働くことも可能です。





Webデザイナー

PCイメージ
主な業務 Webサイトを製作するにあたって、ページをデザインする工程を担う仕事。
求められる資質・スキル HTMLやCSSへの理解、およびPhotoshopやIllustratorといったデザインソフトを扱えるスキルも求められる。
平均年収 453万円
参考:求人ボックス

Webデザイナーもプログラマーと同様、ひとたび案件が走り始めれば基本的に一人で進める作業が多くなることから、人との関わりを最小限に抑えたい人に向いている仕事と言えるでしょう。

ただし、クライアントとの打ち合わせや進行確認など人とのコミュニケーションが発生する場面もないわけではありません。

実際、クライアントが求めているのは「要望を理解してくれるWebデザイナー」であることが大半のため、コミュニケーションが得意な人のほうが重宝される傾向があるのは否めません。

仕事の内容次第では、あらかじめ用意された指示書通りにデザインすることが求められるケースもあります。こうした業務では、クライアントとのやりとりは主にメールやチャットなどの文字ベースによるコミュニケーションとなります。





警備員

警備員イメージ
主な業務 病院やオフィスビル、テーマパーク、ホテル、工場などの警備を行う仕事。仕事内容は、盗難や犯罪の防止、その他施設の状態・環境管理、来客対応や消灯など多岐にわたる。
求められる資質・スキル 長時間にわたり業務を続けるための体調管理や忍耐力が求められる。
平均年収 307万円
参考:求人ボックス

警備員は病院やオフィスビル、ホテルなど人の出入りが頻繁な場所での仕事になりますが、基本的には時間ごとに交代制で行うため業務上での人との関わりは少ない仕事です。

しかし、仕事内容は犯罪の防止や不審者の出入りが無いかを見回る重要な役割で、その他にも業者の出入管理や防災管理など、業務内容は多岐にわたります。

立哨警備と呼ばれる施設や建物の出入り口に立ち見張りを行ったり、建物内に不審物や不審者はいないかと見回る巡回業務など、業務にあたっては相応の体力が求められる仕事でもあります。

また、病院やテーマパークなどの施設警備では遺失物の管理やクレーム対応などが発生する場合もあり、人との関わりも無いわけではありません。





工場作業員

工場作業イメージ
主な業務 工場で生産する商品や機材の確認・点検や部品組み立てなどを行う仕事。ライン作業などが主になるので、業務中の人との関わりは少ない。
求められる資質・スキル 黙々と作業を続けることが苦ではない人・単純作業が好きな人に向いている。
平均年収 351万円
参考:求人ボックス

人との関わりが少ない仕事として工場作業員を思い浮かべる方も少なくないでしょう。
工場作業員の主な業務内容としては「ライン作業」「ピッキング」「生産・工程管理」などが挙げられます。

ライン作業はコンベアーから流れてくる製品・部品を仕分け・点検する仕事で、自身の手で検品を行うか機械によるオペレーション作業を行うかの違いはあるものの、いずれにしても一人で黙々と行う作業になります。

ピッキング作業は伝票の内容をもとに、該当する商品や品物をピックアップする仕事で、作業にあたっては正確性を求められます。

生産・工程管理では作業が計画通りに進んでいるかどうかをチェックし、問題があれば改善策を考える仕事のため、他の社員との連携もある程度必要になってくるでしょう。

いずれも特別な資格は必要なく未経験者でも始めやすい仕事ですが、自動車工場など扱う製品によっては別途必要な資格が発生する可能性もあります。





清掃員

清掃イメージ
主な業務 施設(オフィスビルやホテル、工場、病院、学校等)の清掃を行う仕事。ゴミ回収からトイレ掃除、窓ふき、床掃除などがある。
求められる資質・スキル 黙々と作業を続けることが苦ではない人・身の周りの整理整頓が得意な人に向いている。また、体力も相応に求められる。
平均年収 327万円
参考:求人ボックス

日常生活において身の周りの整理整頓を心がけている方はいるかもしれませんが、清掃員の仕事はその作業が施設全体に及び、大量のごみを回収し処分していく必要があります。

主に駅や商業施設、病院、オフィスビルなどが主な作業場となり、様々な人が行き交う公共の場所になるので目につく汚れやごみはしっかり落とさなければなりません。体力や根気の必要な仕事である反面、自身の作業成果が目に見えるかたちで分かりやすいのでやりがいも感じやすいと言えます。

公共の場の清掃は必要な業務なので、需要が無くなる心配が無いのもメリットと言えるでしょう。

担当の清掃箇所が分けられている場合、多くは一人での作業となり人との関わりもほとんどありませんが、勤務先によってはチーム制で作業を行うこともあるため、その際は同僚とのコミュニケーションが必要となってくるでしょう。





配送・配達ドライバー

ドライバーイメージ
主な業務 トラックや自動車で個人宅、もしくは会社宛の荷物を配達する仕事。決められたルートを回る配送や、ネット通販などの所品を配達する。
求められる資質・スキル 車の運転は必須のため「普通自動車第一種運転免許」「中型・大型自動車第一種運転免許」は取得しておく必要がある。
平均年収 366万円
参考:求人ボックス

配送・配達ドライバーの仕事はよく知られているように、指定の場所へ荷物を届ける仕事です。
扱う荷物は様々で、大きなものを運ぶ際には2tトラックや4tトラックなどの大型車を運転できる免許・スキルが求められます。

定められたエリアを回るルート配送と長距離配送に分けられ、いずれも配送場所へ向かう運転中は一人きりの空間となります。
そのため、人との関わりを極力減らしたい人には向いている仕事でしょう。

一方で、配達時間の指定された荷物に関しては時間通りに届ける必要があるため、業務はほとんど分刻みのスケジュールと言っても良いでしょう。

また、長距離配送の場合は夜中に長時間車を走らせる必要がありますので、昼夜逆転の生活になることも覚悟しておく必要があります。





ビルメンテナンス

ビルイメージ
主な業務 オフィスビルなどの、ビルのメンテナンスを行う仕事。電気や空調、設備の管理、メンテナンス、清掃など業務は多岐にわたる。
求められる資質・スキル 未経験で就ける仕事だが、長く続けていくうえでは資格の取得も必要となるため、自ら学び続ける意欲がある人が向いている。
平均年収 383万円
参考:求人ボックス

ビルメンテナンスはその名の通り、オフィスビルなどの建築物をメンテナンスする仕事で、いわば「建築物が長生きできるよう管理する」役目を担っています。
そのため業務内容も電気や空調の整備からビル内の清掃、エレベーターの故障対応など多岐にわたります。

万が一設備等に不具合が見られた場合は専門の業者を手配する必要があり、その際は不具合箇所の説明や作業の立ち合いなどにより外部とのコミュニケーションも発生します。

また、空調や消防設備などは24時間稼働しているため、急なトラブルにも対応できるよう、勤務地によっては「24時間勤務(3日に1回の勤務)」などの条件で働くことになる可能性もあります

ビルメンテナンス業界では「ビルメン4点セット(「第二種電気工事士」「2級ボイラー技士」「第三種冷凍機械取扱者」「乙4類危険物取扱者」)」と呼ばれる資格があり、キャリアアップを考えるうえで取得は欠かせないものとなっています。





自動販売機の補充スタッフ

自販機イメージ
主な業務 自動販売機の商品を補充する仕事。持ち回りの補充が終わったら、帰社して売上金額の清算を行う。
求められる資質・スキル ルートも作業もある程度決まっており、単純作業や黙々と仕事をこなしたい人に向いている。
平均年収 350万円
参考:自由な仕事Navi

定められたルート内にある自動販売機を回り、商品の補充を行う仕事です。
トラックに商品を積み込み、1日におよそ20~30台を巡回します。
商品の補充以外にも、ハンディー端末により売り上げを確認したり、ゴミ箱の中身を回収したりもします。

1日の大半は一人での作業となるため、一人でコツコツと仕事をしたい人に向いているでしょう。

しかし一方で、人々の利便性や販売促進のための「自販機営業」の業務も含まれており、新たに自販機を設置できそうな建物や土地のオーナーに提案するための営業力が求められます。
人との関わりは極めて少ないものの、年収アップのためにはこうした営業活動も避けては通れません。





3)代表的な「在宅でできる仕事(フリーランス含む)」

Webライター

PCイメージ
主な業務 WebサイトやWebメディアに掲載する文章を書く仕事。クラウドソーシング上での案件の受注も可能。
求められる資質・スキル ライティング対象のテーマを調査するうえでの情報収集力、および読みやすく、かつ正確な文章を書く力が求められる。
平均年収 447万円
参考:求人ボックス

Webライターは仕事の受注時や納品時にクライアントとのコミュニケーションが発生しますが、基本的にチャットやメールで行うため、対面でのコミュニケーションがほぼ全く行われないこともめずらしくありません。

記事を書いている間は黙々とPCに向かうことになりますので、人との関わりは実質的に非常に少ない職種と言えるでしょう。

現在はクラウドソーシングでライティング案件を受注することも可能になっており、未経験者や経験の浅いライターにも門戸が開かれつつあります。

ただし、正確で読みやすい文章を書くスキルが必要になるのはもちろんのこと、案件によってはジャンルに応じた知識が求められたり、SEOなどWebマーケティング関連のスキルが必要になったりすることもあります。

プログラマーやWebデザイナーと比べると特別なスキルが不要な仕事と思われがちですが、一定以上の報酬を得るには相応の知識・スキルを身につける必要があるでしょう。




ライターとして本格的に生計を立てたい人は、「レバテッククリエイター」がおすすめ

レバテッククリエイターは、Web・ゲーム業界専門のクリエイターを専門としてフリーランス案件を紹介しているエージェントです

ライターやシナリオ制作の高単価案件が多く、なかには有名ゲームに関わるライティング業務もあります。

サイトには公開されていない「非公開」の求人も多くありますので、エンタメ系でのライティングに興味のある方は一度登録してみることをおすすめします。

サービス名 レバテッククリエイター
特徴 レバテッククリエイターは、ゲーム・Web分野でデザイナー・イラストレーター・ライターを目指す人におすすめの、フリーランスエンジニアです。
高単価の案件が豊富で、かつ専門性の高いコーディネイターが「あなたに合った、クリエイターのお仕事案件」を紹介してくれます。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)




翻訳

翻訳イメージ
主な業務 海外の言語を日本語に翻訳する仕事。「文芸翻訳」「実務翻訳」「映像翻訳」の3つに大別される。
求められる資質・スキル 海外の言語への知識はもちろんのこと、日本語に直した際の読みやすさ・表現力も求められる。
平均年収 473万円
参考:求人ボックス

翻訳は海外の言語を日本語にする仕事ですが、対象により「文芸翻訳」「実務翻訳」「映像翻訳」の3つに分けることができます。

「文芸翻訳」は海外小説やノンフィクション、雑誌などの文章を日本語に翻訳する仕事、「実務翻訳」は学術書や実用書といった専門性の高い文章を翻訳する仕事、「映像翻訳」は海外映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの映像作品の音声を日本語に翻訳する仕事です。

業務上のコミュニケーションはクライアントとのスケジュールのやり取りが主なため、基本的には在宅で行うことができます。

海外の言語を解する語学力はもちろん必須ですが、同時に表現力や読み手の知識量に合わせた日本語力が求められる仕事でもあります。
現状での語学スキルに限らず、日々研鑽が必要となるでしょう。





映像・動画制作

PCイメージ
主な業務 主に企業サイトや商品の広告や宣伝用の動画を制作する仕事。
求められる資質・スキル クライアントの意向を尊重した表現力と、動画編集ソフト・画像編集ソフトをはじめとする映像制作ツールを使いこなせるスキルが求められる。
平均年収 447万円
参考:求人ボックス

映像・動画制作の仕事は企業サイトや商品の広告、テレビCMやイベント動画などの動画全般をつくる仕事です。

ただ自分のアート的な表現を打ち出せばいいのではなく、クライアントの意向を正確に汲み取ったうえで動画を作り上げていく必要があります。
そのため、クライアントとの打ち合わせやコミュニケーションは適宜発生する仕事と考えた方が良いでしょう。

また、動画制作に必要な最新ツールを使いこなせるだけのスキルも必要となるため、テクニック向上のためには日々勉強を積み重ねていくこととなります。

表現一つを間違えることによって、クライアントのイメージダウンにつながるおそれもあるため、業務には正確性と一般常識も求められます。





作曲・音楽編集

作曲イメージ
主な業務 曲の作成や音楽データの加工・編集を行う仕事。
求められる資質・スキル 作曲の才能はもちろん、クライアントの意向を尊重した表現力と、音楽編集ソフトを使いこなせるスキルが求められる。
平均年収 実力・条件により様々

作曲・音楽編集の仕事は、アーティストへの楽曲提供や映画・アニメ・ドラマなどの映像作品で使われる音楽を提供します。

プロダクションに所属し正社員として仕事を行う方もいれば、フリーランスとして在宅で仕事をする方もおり、後者の場合は人との関わりもあまり無いと言えるでしょう。
とはいえクライアントとの打ち合わせやコミュニケーションはある程度は発生します。

近年ではネット上で自身の楽曲を公開し、その反響により仕事を受注するなどの方法も珍しくありませんが、作曲・音楽編集の大きな収入源は印税なので、フリーランスとして働く場合、安定性はあまり保証されていません。

しかし、音楽や楽曲制作が好きな方にとっては、自分の好きなもので生活ができるのは大きなやりがいとなるはずです。





データ入力

データ入力イメージ
主な業務 手書きのデータやアンケートの回答などをPCに入力していく仕事。
求められる資質・スキル Word、Excelに関する知識は必須。
平均年収 314万円
参考:求人ボックス

「データ入力」の仕事はオフィスに出勤し行うイメージのある方もいらっしゃるかもしれませんが、PCにWord、Excelが入っていれば在宅でもできる仕事になります
最近ではクラウドソーシング上で案件の募集をかけていることも多く、フリーランスとして一定の金額を稼ぐことも不可能ではありません。

正社員の場合は企業によって働き方は異なり、データ入力作業だけを任されることもあれば、電話応対や事務作業なども付随する場合もあります。
よって、人との関わりを極力減らしたいのであれば、フリーランスとしての働き方が向いていると言えるでしょう。

しかし、フリーランスの仕事全般に言えることではありますが、いつでも・恒久的に仕事を受注できるわけではありません。
また、コツコツとデータを入力していくだけの単調な業務になりますので、相応の根気が求められる仕事でもあります。





トレーダー

トレーダーイメージ
主な業務 株式などの短期売買を行う仕事。会社には属さず、個人で行うケースが多い。
求められる資質・スキル 金融・投資に関する知識、および市場の流れを読み取る分析力
平均年収 個人による

トレーダーの仕事は企業に属するケースと、会社には属さず個人で投資を行うケースの2種類があり、人との関わりを減らすという意味では個人トレーダーとしての働き方が向いているでしょう。

企業に属するトレーダーは中長期的なスパンで株式や債券の取引仲介を担いますが、個人のトレーダーの場合は1日の短期売買(デイトレーダー)を行い生計を立てます。
デイトレーダーとして十分な収入を獲得している人もいますが、ごく一握りです。

専業として生活をしていくには株式や為替をはじめとする投資全般の知識を習得していく必要があります。
また、一度の失敗が大きな損失に繋がることもあるため、世界中のニュースや最新の経済情報を常にキャッチしていかなければなりません。





ブロガー

ブロガーイメージ
主な業務 個人でブログを立ち上げ、ブログ内の広告で収益を目指す仕事。フリーランスとして活動するケースがほとんどだが、WEB制作会社で社員募集をしているケースもある。
求められる資質・スキル 「読みたい」と人に思われる文章を書く力、およびSEOをはじめとするWebマーケティングのの知識。
平均年収 個人による

ブロガーはWebライターと同じく「書く仕事」ではありますが、一番の違いは「自分の趣味や得意な分野について書ける」ことでしょう。
個人でブログを立ち上げ、「クリック型広告」「アフィリエイト広告」などで収益化を目指します。

ブログ記事の執筆・運営のみで生活が賄える状態の人は「プロブロガー」と呼ばれますが、極めてまれなケースです。
何より「この人の書く文章は面白い/もっと読みたい」と思わせる表現力や文章力が必要となり、それは必ずしも日本語的な正しさとイコールとは限りません。

ブログの開設や運営にあたっての知識を習得をすれば誰でもできる仕事ですが、専業とするためにはサイト訪問者を増やすためのSEOやGoogleアルゴリズムに関する知識が必要となるでしょう





◇◇◇



上に挙げた職種は、いずれも人との関わりが少なくて済む仕事です。

対面でのコミュニケーションの機会を最小限に抑えられる反面、賃金の水準はあまり高くない職種も少なくありません。

機械化や自動化が難しい仕事にはたいてい「人」が関わっており、コミュニケーションを通じた問題解決力に対価を支払いたいと考える企業が少なくないからです。

実際、これらの職種には非正規雇用や業務委託の仕事も多く、自分以外の人に代替可能なポジションで働くことも想定しておく必要があるでしょう。

また、ここで挙げた職種の多くは転職サイトで公開求人として募集しているケースが多く見られます。

転職を希望する場合、リクナビNEXTなど掲載求人数の豊富な大手転職サービスを活用するほうが得策と言えるでしょう。

サービス名 リクナビNEXT(リクナビネクスト)
特徴 求人企業の多さは安定の国内No1!。転職を少しでも検討し始めたら、まずは登録して間違いのない、ブランド力、実績共に信頼できる転職サイト
企業名 株式会社リクルート(1977年11月)




4)「人との関わりが少ない仕事」を目指す際に注意しておきたい3つのポイント

対人コミュニケーションに負担を感じる人にとって、人との関わりが少ない仕事に就くことはメリットが多いように思えます。

しかし、一方で人との関わりが少ないことによるデメリットもあることに注意しておく必要があります。

次に挙げる3つの点は、人との関わりが少ない傾向のある仕事に就く際に注意しておきたいポイントです。これらの点についてどう対策を講じるべきかしっかりと考えておきましょう。

成長・スキルアップに向けての自助努力は求められるコミュ力不足が「市場価値の低下」に繋がることもフリーランスでは「行動力」「調整力」も求められる
  • 成長・スキルアップに向けての「自助努力」は相応に求められる
  • コミュ力不足が「市場価値の低下」に繋がることも
  • フリーランスの場合、「行動力」や顧客との「調整力」も求められる




成長・スキルアップに向けての「自助努力」は相応に求められる

努力イメージ

基本的に一人で仕事を進めるということは、裏を返せば周囲の人には頼れないことを意味しています。
仕事をしていて何らかのトラブルが発生した場合や、困った事態に遭遇して解決方法を知らない場合にも、自分自身で対処できるだけの知識やスキルが求められます。

一方、コミュニケーション機会の少ない環境で働いていると、どうしても自分ができる範囲の仕事しかしなくなりがちです。

チームワークであれば、お互いに困ったことが出てきた場合は助け合う必要がありますので、自分が苦手な仕事や経験の浅い仕事であっても担わなくてはならないケースが出てくるでしょう。
人と関わりが少なくなる分、自己成長やスキルアップの機会を自ら進んで創り出していく必要があります。





コミュ力不足が「市場価値の低下」に繋がることも

”男性後姿”

コミュニケーションをうまく図ることができないことを理由に人との関わりを避ける働き方を選ぶと、仕事を通じてビジネス上の人間関係や人との距離感を学ぶ機会が失われてしまいます。

一般的に、組織において上流の仕事になればなるほど人をまとめたり指導したりする手腕が問われるようになっていきます。

その点で、人との関わりそのものが少ない環境で働き続けることにより、自身の市場価値を高めるチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

前に挙げた職種の中にも、仕事を続けていく中でクライアントに対して積極的に提案したり、相手が置かれた状況に配慮した対応ができたりすることによって評価が高まり、継続受注や報酬アップにつながるケースも十分にあり得ます。

「言われたことをこなすだけ」「チャットやメールでの対応が不完全」といった状態を続けていると、結果的に市場価値の低下に繋がってしまうこともあるのです。





フリーランスの場合、「行動力」や顧客との「調整力」も求められる

フリーランスイメージ

フリーランスとして独立して働く選択をするのであれば、求められるのは実務上のスキルに限りません。

常に現状に満足することなくレベルの高い案件に挑戦する姿勢や、クライアントが求める以上の成果物を納品する意識も必要になります。

そのためには、新たな知識を積極的に吸収し、それらの知識を生かせる仕事を取りに行く行動力が求められるでしょう。

また、フリーランスであれば自分自身が顧客の窓口担当者になるため、スケジュールや報酬をはじめさまざまな調整・交渉を自身で行う能力が必要になります。

正社員のように解雇規制で守られている立場ではありませんので、トラブルに発展すれば仕事を失うことも十分にあり得ます。短期的には稼ぐことができたとしても、この先10年、20年というスパンで安定的な収入を得るには相応の努力が必須となるのです。

人と関わる機会を減らすという観点だけでなく、フリーランスになることで負わなくてはならないさまざまなリスクがあることについても十分に理解しておくことが大切です。





5)「人との関わりが少ない仕事」探しは、企業情報に精通した転職エージェントで

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

ここまで人との関わりが少ない職種と、それらを転職先として選ぶ際の注意点について述べてきました。
ただ、ここで紹介してきた職種はあくまで一般論です。

実際には転職する企業や仕事内容によって、人との関わり方の度合いは異なります。一人で黙々と作業する仕事のつもりで転職したら、実はチーム単位で仕事をしていくことが前提になっていた、といったケースもないとは言い切れません。

人との関わりが少ない仕事を選ぶのであれば、仕事内容や職場環境までしっかりとリサーチした上で転職先を選ぶ必要があります。

企業の内情や仕事内容をより客観的に把握するためにも、企業情報に精通した転職エージェントを活用することをおすすめします。

サービス名 特徴

リクルートエージェント
  • 転職成功実績国内No.1
  • 独自のサービス内容にも定評あり
  • 他サービスにはない非公開求人多数

doda
  • 保有求人国内トップクラス
  • 企業からのスカウトメールが多い
  • 高品質かつスピーディーな対応

マイナビエージェント
  • 転職者一人一人へのサポート体制が充実
  • 応募書類の選考通過率が高い
  • 20~30代の転職支援に強い

パソナキャリア
  • 利用者の67.1%が年収アップ
  • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い
  • ハイクラス層向けの転職サポートも行っている

ワークポート
  • エンジニア以外でもクリエイター、ディレクターなどの求人が豊富
  • 業界未経験者へのサポートも手厚い
  • ユーザーページ機能が充実




実績豊富なキャリアアドバイザーからの支援を受けたい方は「リクルートエージェント」

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルート(1977年11月)




効率的に転職活動を進めたい方は「doda」がおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)




20代~30代前半の、転職活動の進め方が不安な方は「マイナビエージェント」

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約10か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)




キャリアアドバイザーにじっくり相談したい方は「パソナキャリア」がおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア

幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)




エンジニア・プログラマ狙いの人は「ワークポート」がおすすめ

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)




まとめ)「人との関わりを減らしたい」を「個としての強み」に変えよう

フリーランスの仕事風景

「人との関わりを少なくしたい」という考え方は、仕事を選ぶ上でややネガティブな受け取り方をされがちです。

実際、人と関わることが得意なほうが選べる仕事の幅が広く、キャリアアップの面でも有利になりやすいのは事実です。

AIが台頭していく時代においては、人と人との不定型なコミュニケーションはますます重要視されていく可能性があります。

ただし、人との関わりが少ない環境でも個人としてスキルを発揮できることは、これからの時代において強みにもなり得ます。

得意分野や好きな仕事がある人は、人との関わりを減らしたいという希望条件を「個としての強み」を発揮できるというアピールポイントに変えていきましょう。

あなたの強みを生かして活躍できる場所がきっと見つかるはずです。