『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

dodaの適職診断ってどんなもの? サービスの概要と活用法を解説

[最終更新日]2021/03/26

”dodaの適職診断ツールサービスの概要と活用法”

転職サービスとしてよく知られているdodaには「適職診断」というツールが用意されているのをご存知でしょうか?
転職活動を始めるにあたって自己分析をどのように進めたらいいのか分からないと感じている人にとって、こうしたサービスは有効に活用できる場合があります。一方で、こんな疑問や不安を感じる人もいるはずです。

  • 診断は無料で受けられる?
  • dodaに登録しないと診断できないの?
  • 診断にはどのぐらいの時間が必要?
  • 診断結果は信頼できる?
サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

目次

1)そもそも、dodaの適職診断って何?

はじめに、dodaの適職診断とはどのようなものかを確認しておきましょう。

dodaの適職診断には3種類のツールが用意されています。3種類の診断はいずれも無料で受けられるのが特徴です。診断を受けることで料金を請求されることはありませんので、安心して利用することができます。

どの診断を受けたらいいのか、それぞれの診断のメリットも踏まえて判断したい人もいるはずです。そこで、dodaの適職診断ツールの内容と診断を受けるメリットについて解説します。



dodaの適職診断ツールの概要

適職診断イメージ

dodaの適職診断ツールとして用意されているのは、次の3種類の診断です。

ICQキャリアタイプ診断

自身の強み・弱みの把握や向いている仕事スタイル・企業風土などがわかる診断です。これからどのような仕事をしていきたいと考えているのか、意識していない部分まで含めて把握することに役立ちます。


転職タイプ診断

仕事を選ぶにあたって重視していることと、現在の仕事への満足度を知ることができる診断です。現状にどのような不満があり、転職先としてどういったタイプの仕事を選べばよいかがわかります。


エゴグラム適職診断

行動パターンから判定を行う性格診断として広く知られているエゴグラム診断を、適職診断に応用したツールです。自覚している性格の傾向だけでなく、自分では気づいていなかった面も把握することができます。



dodaの適職診断ツールにはどんなメリットがある?

より精度の高い自己分析ができる強みが活かせる業界・職種が分かり、方向性が固まる志望動機・自己PRを作りやすい

より精度の高い自己分析ができる

転職活動において、自分自身の強み・弱みを客観的に把握し、それを元に転職先の候補を探していくことは非常に重要です。
自己分析の精度を高めることができれば、応募書類や面接選考で自身の強みを効果的にアピールすることにも役立つでしょう。誰しも自分のことは自分ではわからない・気づかない面があるものです。

客観的なデータに基づいた診断結果が提示されることで、自己分析の精度を高めることにつながります。膨大な転職事例を擁するdodaのデータを元に判定してもらえることは、大きなメリットと言えるでしょう。


自身の強みが活かせる業界・職種がわかるため、企業選びの方向性も固まる

適職診断を通じて自身の強みが把握できれば、強みを活かせる業界や職種を判断しやすくなります。

転職において、自分が「やってみたい」「挑戦したい」と感じている仕事と、実際に向いている仕事・力を発揮できる仕事は微妙に異なっていることもめずらしくありません。

こうしたずれを修正しておく上で、自身の強みを客観的なデータに基づいて把握しておくことは、企業選びの方向性を固めておくにあたって役立つはずです。自分に向いている業界や職種がわからないと感じている人はとくに、適職診断のメリットを実感できるでしょう。


志望動機・自己PRを作りやすい

適職診断で自身の強みや優れた点が判定されたということは、採用担当者の目から見ても同様の点が強みとして映る可能性が高いと言えます。

つまり、採用選考において効果が高いと思われる志望動機や自己PRのポイントを把握することができるのです。

志望動機や自己PRは自分から見た場合の視点で作成しがちですが、客観的な視点が加わることでより伝わりやすいものにすることができます。志望動機や自己PRを考えるのがあまり得意ではない人にとって、適職診断の結果は頼りになる材料となるはずです。


2)dodaの主な適職診断ツール3つ

ここからは、適職診断ツールの具体的な内容について見ていきます。前に触れた通り、dodaの適職診断ツールとしては主に次の3種類があります。

  • ICQキャリアタイプ診断
  • 転職タイプ診断
  • エゴグラム適職診断

それぞれの診断ツールを活用すると、どのようなことがわかるのでしょうか。
また、診断にはどの程度の質問項目があり、所要時間はどれだけかかるかなど、気になる点もあるはずです。実際に適職診断を受けてみた感想も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。





dodaの適職診断ツール① ICQキャリアタイプ診断

dodaキャリアタイプ診断

この診断ツールでわかること

性格・気質傾向 性格や気質による自身の強み・弱みがわかります。
能力傾向 仕事で必要とされる6つの能力の傾向がわかります。
行動基準 ふだんどのような基準で判断・行動しているのかがわかります。
あなたに向いている仕事スタイル スペシャリスト寄りかゼネラリスト寄りかなど、自分に向いている仕事の仕方がわかります。
あなたに向いている企業風土 革新的・安定的など、自分に適した企業の風土や環境がわかります。



診断ツールの進め方

ICQキャリアタイプ診断は、今回紹介する3つの適職診断のうちdodaの会員登録が必要な唯一の診断ツールです。dodaへの会員登録は無料で行うことができますので、診断ツールも無料で利用することができます。

診断には全120項目の質問があり、所要時間は10分前後です。

診断結果は「パーソナリティ診断結果」「キャリア診断結果」の2項目で構成され、パーソナリティを総合的に診断した結果と、それを元に診断された自分に向いている仕事スタイルや企業風土を提示してもらうことができます。


実際に診断ツールを利用しての感想

質問数は120問と、かなり多く感じました。所要時間はおおよそ20分ほどでしたが、一つの質問についてじっくり考えてしまうタイプの人はもう少し時間がかかるかもしれません。私はあまり悩まずにすらすらと答えられました。

回答を終えると、「パーソナリティ診断」「キャリア診断」についての結果が表示されます。


参考:ICQキャリアタイプ診断の「パーソナリティ診断」結果(一部抜粋)

ICQキャリアタイプ診断の「パーソナリティ診断」結果(一部抜粋)

参照:診断結果より一部を抜粋


参考:ICQキャリアタイプ診断の「キャリア診断」結果(一部抜粋)

ICQキャリアタイプ診断の「キャリア診断」結果(一部抜粋)

参照:診断結果より一部を抜粋

パーソナリティ診断の方は、自分自身でも自覚的な要素が半分ほどと、そうでない要素が半分といった具合でした。基本的にはポジティブ寄りの診断結果になっており、「こういう部分は少し気をつけて」といった忠告が少しだけ書かれていました。

どちらかと言うと、「キャリア診断」の結果が転職活動に結び付けられそうだと思いました。
自身の希望に合った働き方のスタイルと企業風土が表示されるので、企業選びの際の参考になると思います。


dodaの適職診断ツール② 転職タイプ診断

doda転職タイプ診断

この診断ツールでわかること

あなたの転職タイプ 転職先に何を求めているか、重視したいことは何かを元に、仕事選びのヒントを提示してくれます。
今の仕事への満足度 現在の勤務先の仕事に対する満足度が「仕事」「給与・待遇」「職場環境」「労働時間」の各要素から判定されます。



診断ツールの進め方

転職タイプ診断を受けるにあたって、dodaへの会員登録は不要です。誰でも手軽に診断を受けることができます。

合計60項目の質問に2択または3択形式で回答します。STEP1では、仕事において重要と思うことについて「重要」「気にしない」のいずれかを選びます。STEP2では、直近の仕事をふりかえって感じていることを「はい」「どちらでもない」「いいえ」から選択します。

全ての質問に回答し終え、最後に性別・学歴・年代・職業分類を選択すると診断結果が表示されます。標準的な所要時間は約7分です。


実際に診断ツールを利用しての感想

質問内容は決して難しいものではなく、1つ1つの質問に要する回答時間は数秒程度。すらすらと直感で選んでいくことができました。所要時間の目安は約7分とのことでしたが、実際にやってみると結果の確認まで含めて3分程度で終えることができました。

診断結果に関しては、日ごろ感じている自分自身の傾向とおおむね一致していました。

現状と今後の両面から診断結果が提示されるので、自分がなぜ転職したいのか、転職先に何を求めているのかを再認識できます。転職活動の方向性を判断する上で有効なツールとなると感じました。
転職先をどのような基準で選んだらいいのか決めかねている人にとって参考になるでしょう。

転職タイプ診断結果(一部抜粋)
転職タイプ診断結果(一部抜粋)

参照:診断結果より一部を抜粋





dodaの適職診断ツール③ エゴグラム適職診断

dodaエゴグラム適職診断

この診断ツールでわかること

CP:厳しさ 正義感や理想を追求する姿勢・傾向の強さがわかります。
NP:優しさ 相手や周囲の人を保護しようとする傾向の度合いがわかります。
A:論理性 理知的な判断に基づき冷静に分析・対処する度合いがわかります。
FC:奔放性 無邪気さや天真爛漫なさまがどの程度強いかがわかります。
AC:順性 周囲への適応力や良く見られたいと感じる傾向の強さがわかります。



診断ツールの進め方

エゴグラム診断も他の2つの診断と同様に会員登録不要ですので、誰でも手軽に受けることができます。質問は計50項目で、「はい」「どちらでもない」「いいえ」の3択形式となっています。

質問には直感で答えればよく、考え込む必要はありませんので、1つ1つの質問への回答時間はものの2〜3秒です。質問は50項目と多めの印象を受けるかもしれませんが、質問への回答と結果の確認を合わせても3分前後で終えることができるでしょう。


実際に診断ツールを利用しての感想

質問内容は一般的なエゴグラム診断とほぼ変わりないと感じました。

診断結果から、思考・行動の傾向を解説した「特徴」と、向いていると考えられる「適職」を具体的に示してもらえます。

私の場合は営業・販売や交渉ごとに関わる仕事が合っているとの診断でしたが、目的意識が強いために規則に縛られやすい傾向もあるという指摘は自分では気づいていない新たな発見でした。

自分自身の性格の傾向を把握した上で、どのような仕事が向いているのかを客観的に判断してもらうには適したツールになるでしょう。

エゴグラム適職診断結果(一部抜粋)

参照:診断結果より一部を抜粋





3)より効率的に転職活動を進めたいなら、転職エージェントの活用もおすすめ

doda適職診断を受けることで自分自身の傾向がわかり、自己分析に役立つ情報が把握しやすくなります。同時に、自分では気づいていなかった自身の性格や適性が判明して戸惑うこともあるはずです。

そこで、転職エージェントに相談して応募書類の作成や面接に関する対策をアドバイスしてもらうのも1つの方法です。転職エージェントは企業の採用担当者から採用のポイントや求める人物像をヒアリングしていますので、効果の高い自己PR方法に関しても有益なアドバイスをしてもらうことができます。

dodaにも転職エージェントのサービスが用意されていますので、活用しておくといいでしょう。
同時に、他の転職エージェントを併用することで、相性の良いアドバイザーが見つけやすくなり、複数の視点からアドバイスを得やすくなります。

活用したい転職サポートのタイプ別に転職エージェントを紹介しますので、2〜3つの転職エージェントに登録しておきましょう。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。
Point1 「自分に合いそう」と思える転職エージェント2~3つに登録する。Point2 面談やメール・電話のやり取りから「相性」と「やりやすさ」を確認する

おすすめの総合型転職サービス

サービス名 特徴

doda
  • 保有求人国内トップクラス
  • 企業からのスカウトメールが多い
  • 北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡

マイナビエージェント
  • 転職者一人一人へのサポート体制が充実
  • 応募書類の選考通過率が高い
  • 拠点:全国

パソナキャリア
  • 利用者の67.1%が年収アップ
  • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い
  • 拠点:全国

JACリクルートメント
  • 転職エージェント型サービスに特化
  • 外資系・グローバル企業の求人が豊富
  • 拠点:東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島

type転職エージェント
  • 内定後の年収アップ率が高い
  • 面接通過率が高い
  • 拠点:東京




実績豊富なキャリアアドバイザーからの支援を受けたい方は「リクルートエージェント」

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントはdodaと並ぶ大手転職エージェントです。転職成功事例が豊富で、キャリアアドバイザーによる転職サポートに力を入れているのが特徴です。

高品質な転職サポートは、就活サイト「リクナビ」や転職サイト「リクナビNEXT」などを運営してきたリクルートグループの強みに裏打ちされています。長年にわたって取引してきた企業からの信頼は厚く、在籍キャリアアドバイザーにも必然的に精度の高い情報が集まりやすくなります。

加えて、業界最大手のサービスのため優秀なアドバイザーが在籍しており、転職希望者にとって得られるメリットの多いサービスといえます。

実績豊富なキャリアアドバイザーによる転職支援を受けたい人は、リクルートエージェントに登録しておくといいでしょう。





20代~30代前半の、転職活動の進め方が不安な方は「マイナビエージェント」

マイナビエージェントは20代〜30代前半の転職希望者へのサポートに強いことで知られる転職エージェントです。

キャリアが浅い方や転職が初めての方は、転職活動の進め方に不安を抱くことも多いもの。マイナビエージェントでは応募書類の添削や面接サポートに力を入れており、転職活動の進め方について具体的にアドバイスしてもらえるのが特徴です。

希望業種・職種での有効なアプローチ方法が分からない人にとって、アドバイザーから具体的なアドバイスをしてもらえることは非常に心強いはずです。転職活動の進め方に不安を感じる人は、マイナビエージェントを活用しましょう。





キャリアアドバイザーにじっくり相談したい方は「パソナキャリア」がおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

パソナキャリアは、人材派遣事業を長らく営んできたパソナグループが展開する転職エージェントです。企業側から高く評価されているケースが多く、質の高い求人が集まりやすい特徴があります。
実際、パソナキャリアを活用して転職した人の67.1%が年収アップを実現しています。

パソナキャリアだけが扱う独占求人も豊富ですので、年収アップや希少なポジションでの求人を紹介してほしい人にもおすすめの転職エージェントと言えます。

キャリアアドバイザーにじっくり相談した上で、納得のいく転職活動にしたいと考えている人は、パソナキャリアに相談しておくことをおすすめします。





キャリアプランについてじっくり相談したい方は「JACリクルートメント」がおすすめ

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。

JACリクルートメントは、人材紹介事業を営む企業の中でもめずらしく転職エージェント事業に特化しているサービスです。

転職エージェント専門サービスのため、キャリア相談やキャリアプラン策定のスペシャリストであるコンサルタントにじっくりと相談することができます。

自身の強みや得意分野を生かせる転職を実現することは重要ですが、先々のキャリアプランを視野に入れて練職活動を進めることも見過ごすべきではない視点の1つです。キャリアプランについてじっくり相談した上で、本当の意味で「転職して良かった」と思える決断を下したい人は、JACリクルートメントを活用するといいでしょう。





東京・神奈川・千葉・埼玉での、年収UP転職を目指す人は「type転職エージェント」

type転職エージェント。ひとつ上を目指すあなたの転職アドバイザー。

type転職エージェントは関東一都三県を対象とした転職サポートに定評のあるサービスです。とくにIT・通信業界での転職成功事例が豊富で、typeを活用した転職成功者の71%が年収アップを実現しています。

年収アップを実現するには、自身の強みやスキルを最大限に生かして企業にアプローチすることが重要となります。type転職エージェントでは模擬面接にも力を入れており、面接官役のコンサルタントから具体的なアドバイスを得ることができますので、自身の強みを余すことなく面接で発揮することができます。

一都三県で年収アップを目指して転職活動を進めたい人には、type転職エージェントへの登録をおすすめします。





まとめ)適職診断を自己分析やキャリアプラン策定に役立てよう

自己分析イメージ

doda適職診断は、転職活動に向けて自己分析や業界研究を進めたい人にとって頼りになるツールです。自身の傾向や行動の特徴は、分かっているようで把握しにくいものです。

適職診断を通じて客観的な指標を提示してもらうことができますので、より伝わりやすい自己PRや強みのアピールにつなげることができるでしょう。

適職診断を自己分析やキャリアプラン策定に役立てることで、転職活動の方向性を定めやすくなり、後悔のない転職活動にするための重要なヒントを見つけられるはずです。今回紹介した3種類の適職診断を活用して、ぜひ転職活動を成功へと導いてください。



<>