『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

dodaを退会・解約する正しい方法と、あとで失敗・後悔しないための注意点

[最終更新日]2021/04/12

”dodaを退会・解約する正しい方法と、あとで失敗・後悔しないための注意点”

dodaを退会したいけど、何からすれば良いの?
個人情報の扱いが心配…

dodaを退会するにあたって、「転職先が決まったから」「自分に合わない」「転職先は決まっていないけど、一度休止したい」など、理由は様々なはずです。

目次

1)dodaを退会・解約する前に確認しておくべきこと

はじめに、転職先がまだ決定していない方に向けて、dodaを退会する前に確認しておきたい2つのポイントを説明していきます。

  • 本当に退会するべきか、再度考えてみる
  • サービスの「退会」ではなく、「停止」という方法も

「転職先が決まったので、dodaを退会したい」という方は、本章は飛ばして次章から読み進めてください。



本当に退会するべきか、再度考えてみる

イメージ図:考えている

転職活動を継続中の方で、dodaの退会を検討している方には様々な背景があると思いますが、今一度「退会したい理由」を考えてみましょう

その理由によっては、dodaを退会する必要はないかもしれません。

dodaの退会理由の中でも、よくあるものが以下2つです。

  • アドバイザーへの不満を持っている
  • 良い求人を紹介してもらえない

退会理由が上記2つのいずれか(もしくは、両方)に当てはまる場合は、ご自身の働きかけ次第で、現状を好転させられる可能性があります。

dodaは、国内でもリクルートエージェントに次ぐ求人数を有しています。一般の求人媒体には紹介されない「非公開求人」も多く、dodaでしか出会えない求人もあります。
求人の選択肢を多く確保しておく」為には、転職活動中においてdodaのサービスは利用し続けたほうが効果的でしょう。

それでは、先に挙げた2つ不満(退会理由)に対して「どのように対処していけば良いのか」、詳しく見ていきましょう。




退会したい理由が、「アドバイザー」にある場合

退会を考えている理由がアドバイザーにある場合は、先に「担当者の変更」を検討することをおすすめします。

わざわざ転職エージェントを変えずとも相性の良い、新しい担当アドバイザーに出会える可能性もありますし、あなたの志望や活動状況は前任者から引き継がれていますので、スムーズに活動を再開できるはずです。

また、担当の変更を依頼する際は、相手への配慮を考えたうえで、しっかりと理由を伝えることが重要です
明確な理由を伝えずに担当の変更を申し出てしまうと、「すぐに担当を変更したがる人」と、マイナスな印象を持たれてしまうかもしれません。

丁寧に担当変更の依頼を行うためにも、メールまたは電話で依頼することをおすすめします。



担当変更依頼のメール例
件名 今後の転職サポートに関して
◆◆エージェント△△様 いつも大変お世話になっております。

この度御社の転職支援のサービスを受けております、<あなたの名前>でございます。

これまで多くの求人情報と活動に向けて有益な情報を頂きました。大変感謝しています。

さて、現在私は<現担当キャリアアドバイザーの名前>様に担当していただき、毎回適切かつ丁寧なアドバイスをいただいており、感謝しております。

しかしながら、<現担当キャリアアドバイザーの名前>様がお考えになる転職プランと、私が目指しているプランとで、若干のずれがあることを気にしており、そのため面談やお電話の場においてもやや意見の食い違いが生じているように感じております。

もちろん、コミュニケーションがうまく取れていないことは私自身の知識不足や至らなさによるものであることは承知の上なのですが、もし可能であれば、他の担当者の方とお話をする機会もいただければと考えております。

お手数をおかけいたしますが、ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。

———————————–
〔氏名〕
電話:090-XXXX-XXXX
e-mail: min-ten@XXXX.com
———————————–






退会したい理由が、「良い求人を紹介されない」ことにある場合

dodaの退会を考える理由が「良い求人を紹介されない」ことにある場合は、以下2つのことを試してみてください。

  • 自分の希望が担当者にきちんと伝わっているかを振り返る
  • 併用して他の転職エージェントを利用する

まずは担当者とのやり取りの中で、「自分の希望は担当者にきちんと伝わっているか」を考えてみましょう。
大抵の人は転職する理由を複数持っているものです。例えば、「●●の業務に携わりたい」、「年収アップしたい」、「残業は少ないほうが良い」、「人間関係の良い職場環境で働きたい」等、それぞれの理由の背景は人によって様々ですし、優先度合いの違いもあります。

これら理由や希望について、担当者にしっかり本音で話せているかを振り返ってみてください。もし、「もしかしたら、きちんと伝えきれていなかったかもしれない」と思うようなら、今後の担当者とのコミュニケーションによって、提案される求人の品質は改善される可能性があります

また、同時に複数の転職エージェントを活用しながら、dodaの活用を続けるのかを判断しても良いでしょう。

以下は、リクルート社の調査した【転職エージェント(人材紹介会社)利用社数】の結果をもとに作成したグラフです(同社サイトを参照 2021年1月時点)。

転職エージェント利用者数調査。転職者全体が2.1つなのに対し、転職成功者は4.2つのエージェントを利用している

グラフからは、転職成功者は全体と比較してより多くのエージェントに登録する傾向にあることがわかります。


また、他のサービスと比較することによって、dodaを継続するべきかについて適切な判断もしやすくなるでしょう。




サービスの「退会」ではなく、「停止」という方法も

転職先が決まっておらず、今後もdodaを利用する可能性があるという方は、サービスの退会ではなく、「停止」することをおすすめします。

dodaは一度退会してもサービスの利用はできますが、その場合は職務経歴書などの情報を一から登録し直さなければなりません。
サービスの停止を行えば、登録情報は残したまま、dodaからのメールや電話、一部サービスを止めることができます。

停止方法に関しては、dodaのマイページ上にある「登録情報設定」からお手続きが可能です。

詳しくは、以下の画像をクリックして確認してください。

dodaの活用を再開したいと思ったときに、スムーズにサービスを受けられるようにしておくためにも、「dodaのサービス停止」を考慮してみると良いでしょう。





2)dodaの退会手順

dodaを退会する際の手順について説明していきます。
退会する際には、以下2つ(または3つ)のステップを踏みます。

  • ①応募、または選考中の企業がないかを確認する
  • (②個人情報(書類)の返却を希望する場合は、退会手続き前に行う)
  • ③dodaの退会手続きを2つの方法から選んで行う



①応募、または選考中の企業がないかを確認する

dodaを退会する前にまず確認しておきたいことは、「現在、応募・選考中の企業がないか」です。

転職エージェントと求人を掲載している企業の間には信頼関係があります。あなたが連絡をせずに企業の選考を辞めてしまうなどの行動を取った場合、doda側にも迷惑がかかってしまうのです。

そうなると、もしあなたが再度、dodaを活用して転職活動を行おうとしたときに悪い印象が残ってしまう可能性もあります。

企業と転職エージェントに迷惑の掛からない対応をすることはもちろん、あなた自身の信頼が損なわれてしまうことがないよう、退会を決めたらすぐに担当アドバイザーに連絡を入れることが大切です。


退会手続きを行うタイミングは、基本「すべての選考が終わった後」にしましょう。


②個人情報(書類)の返却を希望する場合は、退会手続き前に行う

dodaの退会が完了した後、doda側では登録していた個人情報や提出書類は責任をもって廃棄することになっています。

もしここで提出書類の返却を希望する場合には、「退会前」に返却の手続きを行う必要があります。

返却手続きを行う際は、「電子データ」または「書類」のいずれかの方法を選べます。




電子データ(インターネット)での返却を希望する場合

以下、お問い合わせフォームから申請の手続きを進めていきます。

お問い合わせフォーム

その他のお問い合わせ

必要事項を入力して、doda側で本人確認が取れ次第、個人情報を含む書類はメールで送られてきます。




書類(郵送)での返却を希望する場合

郵送で提出書類を返却してもらう場合には、「個人情報の取り扱いについて」から申請の手続きを進めていきます。

個人情報の取り扱いについて

上記ページにアクセスした後の流れは、以下をご覧ください。

① 「個人情報に関するご要望の受付」をクリック

個人情報の取り扱いについて

② 「郵送による請求」欄にある「個人情報の開示・訂正・消去法等の請求書」をクリック

郵送による請求

③ 請求書をダウンロードし、必要事項を記入して提出

個人情報開示請求書

ダウンロードした書類に、必要事項を記入してdodaに郵送すれば手続きは完了ですが、実際に書類が返却されるまでには2週間ほどかかることもあるようです。




③dodaの退会手続きを2つの方法から選んで行う

dodaの退会には、2つの方法があります。
ご自身の都合や状況に合わせて、どちらの方法が良いか検討してみてください。

  • WEBページから退会申請する
  • 担当者にメール、または電話で直接、退会希望を伝える



WEBページ

WEBで退会する際には、マイページ右上(スマホだとメニューバーの中)にある「登録情報設定」をクリックします。

dodaマイページ 登録情報設定

次に、ページを下にスクロールしていくと、「退会申請」のボタンがあるので、ここをクリックします。

退会申請

以上で手続きは完了です。
退会の際は入力しなければならない項目はないので、手続きはすぐに完了するでしょう。



担当者にメール、または電話で直接、退会希望を伝える

担当者に直接、メールや電話で退会の連絡をする際には、以下3つの内容を伝えます。

  • 退会手続きの申し出
  • 退会理由
  • 担当者への感謝の言葉

基本的に、担当者への連絡はメールで問題ありませんが、「口頭で感謝の気持ちを伝えたい」という場合は、電話で退会希望を伝えると良いでしょう。


以下、メールで退会希望を伝える際の例文です。



メール文例
件名 退会手続きのお願い
◆◆エージェント△△様 お世話になっております。
○○です。

このたび転職先が決定しましたので、退会手続きをお願いしたく、ご連絡を差し上げております。

△△様には、魅力的な求人の紹介をはじめ、面接時のアドバイスやキャリアのアドバイスをいただき、大変感謝しております。
これまで転職活動をサポートしていただきまして、誠にありがとうございました。

△△様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

———————————–
〔氏名〕
電話:090-XXXX-XXXX
e-mail: min-ten@XXXX.com
———————————–




3)転職活動を続ける際に、押さえておきたいおすすめ転職エージェント

ここでは、今後も転職活動を継続している方に向けて、おすすめの転職エージェントをタイプ別にご紹介していきます。

転職エージェントには、リクルートエージェントをはじめとする全業種・職種の求人紹介を行う「総合型」のサービスと、特定の業種・職種等の分野を絞って求人紹介を行う「特化型」サービスの、2つのタイプがあります。

総合型と特化型転職エージェントの違い。総合型は幅広い業界・職種に対応している。特化型はある特定の業界・職種に対応している

複数のサービスに登録し使い勝手を確認しておくことによって、、あなたにフィットする転職エージェントや相性の良い担当アドバイザーに出会える可能性を高められます。


以下、総合型と特化型に分けて転職サービスをご紹介しているので、参考にしてみてください。

「総合型」の転職エージェントおすすめ一覧


リクルートエージェント
  • 転職成功実績国内No.1
  • 独自のサービス内容にも定評あり
  • 他サービスにはない非公開求人多数
  • 拠点:東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡

マイナビエージェント
  • アドバイザーのサポートが丁寧だと評判
  • 20代前半・第二新卒の転職に強い
  • サポート期間が無期限なので(通常は3か月)、自身のペースで転職活動を進められる
  • 拠点:北海道・東京(京橋・宝町)・横浜・名古屋・大阪・福岡

JACリクルートメント
  • アドバイザーおよびの求人の品質が高い
  • 外資系・グローバル企業の求人が豊富
  • キャリアアップ転職・ハイクラス転職向け
  • ・拠点:東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島

パソナキャリア
  • 利用者の67.1%が年収アップ
  • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い
  • ハイクラス層向けの転職サポートも行っている
  • 拠点:全国

type転職エージェント
  • 内定後の年収アップ率が高い
  • 面接通過率が高い
  • IT・通信業界の転職成功実績が豊富

Spring転職エージェント
  • コンサルタントの知識が豊富
  • 外資系・グローバル企業へのサポートに強い
  • 拠点:東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・京都・滋賀・和歌山・奈良・兵庫・静岡・愛知・岐阜・三重



複数のサービスに登録し使い勝手を確認しておくことによって、、あなたにフィットする転職エージェントや相性の良い担当アドバイザーに出会える可能性を高められます。

「特化型」の転職エージェントおすすめ一覧

業界・業種・対象ターゲット サービス名 特徴
管理職・ハイクラス向け
キャリアカーバー
  • 年収800万円以上の高年収求人がメイン
  • 優良なヘッドハンターに相談できる

パソナキャリア ハイクラス
  • 年収700万円以上の求人が多い
  • 首都圏限定のキャリアアドバイザー「逆指名サービス」
  • 拠点:全国

ビズリーチ
  • ヘッドハンティング型の転職サービス
  • 登録者がヘッドハンターを選ぶことができる

dodaエグゼクティブ
  • エグゼクティブ転職に役立つ情報が充実
  • ハイクラス向け独占求人が豊富
  • 拠点:北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡
外資系・グローバル
ロバート・ウォルターズ
  • 外資系企業へのサポートが強い
  • 「海外勤務」も視野に入れた転職が可能

エンワールド
  • ハイクラス・グローバル企業へのサポートに強い
  • ヘッドハンターからスカウトがもらえる
  • 拠点:東京・名古屋・大阪
女性向け
リブズキャリア
  • キャリアコンサルタントの親身なサポート
  • 働き方の幅が広がるスカウト機能あり
  • 拠点:東京

パソナキャリア
  • 利用者の67.1%が年収アップ
  • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚い
  • 拠点:全国

とらばーゆ
  • サイトの更新頻度が高い
  • 転職ノウハウやトピックの充実
  • 拠点:全国
ITエンジニア系
レバテックキャリア
  • エンジニア経験者に特化したサービス
  • 求人企業の詳しい内情が分かる
  • 拠点:東京・愛知・大阪・福岡

マイナビITエージェント
  • 特化型サービスとしては国内最大規模
  • 登録から内定まで一貫したサポート
  • 拠点:東京・神奈川・北海道・宮城・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡

GeekOut(ギークアウト)
  • 転職者ひとりひとりの個性・スキルに合わせてじっくりとサポートしてくれる
  • 自分からも求人探し・応募もできる
  • 拠点:東京・大阪・愛知・神奈川・静岡・広島・福岡

ワークポート
  • IT・Web業界の転職支援に強い!
  • キャリアアドバイザーが積極的に求人提案をしてくれる
  • 拠点:東京・埼玉・横浜・千葉・仙台・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・札幌

doda ITエンジニア
  • 転職サイト+転職エージェントのダブル効果
  • 圧倒的な非公開求人の多さ
  • 拠点:北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡

Geekly(ギークリー)
  • Web業界・ゲーム業界の転職支援に強い!
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
  • 拠点:東京
介護
きらケア
  • 介護系求人情報が豊富
  • 条件交渉から内定後のフォローまできめ細やかなサポート
  • 拠点:北海道・宮城・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・奈良・広島・福岡

マイナビ介護職
  • 高い品質の求人が揃っている
  • 登録簡単&サービス無料
  • 拠点:東京・神奈川・北海道・宮城・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡
管理職業務全般
MS-Japan
  • 独自のネットワークによる優良求人の紹介
  • 利用者からの満足度も高い
マスコミ系
マスメディアン
  • 広告・Web・マスコミ専門職に強い
  • 「宣伝会議」グループの人脈・情報を駆使したサポート内容
フリーター・派遣社員からの転職
JAIC
  • 第二新卒・フリーターのサポートに強い
  • 若手育成の意欲が高い企業の求人が多い

ハタラクティブ
  • 業界未経験の人への転職支援に強い
  • アドバイザーのきめ細かいサポートで内定率が高い




まとめ)サービスの「停止」も含めて、退会が本当に必要なのか考えよう

イメージ図:

dodaに限らず、転職エージェントを退会する際には、担当者やdoda側にネガティブな印象を残さないために丁寧な対応を心がけることが大切です。


また、今後も転職活動を継続していく方が、すぐにdodaの退会を選んでしまっては、「続けておけば良かった…」と、後悔するかもしれません。

転職先が決まっている方がdodaを退会するのは当然ですが、現在も転職活動中の方は、サービスの停止や他の転職サービスとの併用も考えたうえで、「dodaを退会することが自身にとってベストな方法なのか」を判断すると良いでしょう。