『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

リクルートエージェントは、ITエンジニアの転職にも強い?メリット・デメリット、評判をチェック!

[最終更新日]2021/04/12

ITエンジニアの転職支援ならリクルートエージェント。

ITエンジニアの転職で、「リクルートエージェントを使っての転職はどうなんだろう…」と考えている人は少なくないでしょう。

リクルートエージェントは保有求人数およびこれまでの転職支援実績において国内No1(2021年3月現在)の、最大手転職エージェントです。

ただし、ITエンジニア向けの転職サービスとして「リクルートエージェントがもっともおすすめな転職エージェントか」というと、利用する人のタイプや状況によってその解答は変わるでしょう。

目次

「リクルートエージェントITエンジニア向けサービス」の特徴

「リクルートエージェントITエンジニア向けサービス」(以下、「リクルートエージェントITエンジニア」とします。)は、リクルートエージェントがITエンジニア専用に設けた転職エージェントサービスです。

リクルートエージェントが保有するITエンジニア向けの豊富な求人にアプローチできて、かつITエンジニアの転職支援に強いキャリアアドバイザーが担当に付いてサポートに付いてくれるのが、同サービスの強みです。

リクルートエージェントITエンジニアの概要

対象エリア 全国
拠点 東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡
ITエンジニアの求人数 公開求人30,929件 / 非公開求人48,303件(2021年3月時点)
運営会社 株式会社リクルート(設立:1977年11月28日)



リクルートエージェントITエンジニアの強み

  • リクルートエージェントが保有するITエンジニア向けの豊富な求人にアプローチできる
  • ITエンジニアの転職支援に強いキャリアアドバイザーが担当に付いてくれる


参考:リクルートエージェントITエンジニアの保有する求人数(2021年3月8日現在)
リクルートエージェントIT求人情報ページ

引用元:リクルートエージェントIT公式HP



参考:リクルートエージェントITエンジニアの専属キャリアアドバイザー(※一部)
リクルートエージェントITエンジニアの専属キャリアアドバイザー

引用元:リクルートエージェントIT公式HP





リクルートエージェントITエンジニアの3つのメリット

リクルートエージェントITエンジニアの利用を検討する際に、まず押さえておきたいメリットは以下の3点です。

リクルートエージェントITエンジニア3つのメリット。ITエンジニアの求人数の多さは国内トップクラスサービス体制の充実セミナー・転職フェアの評判が高い
  • ITエンジニアの求人数の多さは、国内トップクラス
  • サービス体制の充実さ
  • セミナー・転職フェアの評判が高い




ITエンジニアの求人数の多さは、国内トップクラス

エンジニア求人の多さ

リクルートエージェントITエンジニアの保有求人数は、国内のITエンジニア向け転職エージェントと比較して群を抜いた多さです。

参考:国内主要ITエンジニア向け転職エージェントの保有求人数(2021年2月現在)

転職サービス 求人数
リクルートエージェントITエンジニア 約80,000件
ワークポート 約13,000件
マイナビIT AGENT 約13,000件
レバテックキャリア 約11,000件
ギークリー 約8,000件

上の表からは、リクルートエージェントITエンジニアがどれだけ豊富な求人を保有しているかが分かります。

ワークポートやマイナビIT AGENT、レバテックキャリアといった転職エージェントを利用していて、「自分に合う求人をあまり紹介されなかった…」という方は、リクルートエージェントITエンジニアのサービスで希望する求人に出会える可能性が少なからずあるでしょう。


参考:リクルートエージェントITエンジニアの職種ごと保有求人数(2021年3月時点)

職種(大区分) 職種(中区分) 求人数
プログラマー・Webエンジニア アプリエンジニア | サーバエンジニア | ネットワークエンジニア | データベースエンジニア | セキュリティエンジニア | 通信系インフラエンジニア | ITアーキテクト | サポートエンジニア・運用SE 61,235件
社内SE 社内SE(アプリ) | 社内SE(インフラ) | IT戦略・システム企画担当 | ヘルプデスク 12,485件
製品開発・ASP 基礎研究・R&D | プロマネ | 製品開発 11,177件
組込み・制御エンジニア 組込み・制御エンジニア 8,803件
プリセールス・セールスエンジニア プリセールス・セールスエンジニア 5,034件
テクニカルサポート テクニカルサポート 3,494件
品質管理 品質管理 2,308件
テスト・QAエンジニア テスト・QAエンジニア 2,747件

※求人数は公式サイトの情報をもとに弊社作成(非公開求人も含まれます)。





サービス体制の充実さ

リクルートエージェントITエンジニアの母体である「リクルートエージェント」は、1995年より人材紹介事業を開始しており、26年の運用実績を誇る老舗転職エージェントです。その為、他のエージェントと比較して転職支援ツールがとても充実しています。

参考:リクルートエージェントの主な転職支援ツール

Personal Desktop(PDT)
Personal Desktop(PDT)

紹介された求人情報の閲覧、応募手続き、担当アドバイザーとの連絡のやり取り、スケジューリングを一元で管理・操作できる。スマートフォンにも対応。
職務経歴書エディター
職務経歴書エディター

職務経歴書の作成ツール。様々な業種・職種ごとに用意されたサンプル文章を見ながらWeb上で作成できる。
エージェントレポート
エージェントレポート

これまでの転職支援実績をもとに、志望先の業界分析から応募企業の選考のポイントまでをまとめた企業分析レポート。企業応募時にキャリアアドバイザーから提供される。

リクルートエージェントITエンジニアに登録した際も、上記ツールを利用できます。
特に、職務経歴書エディターは応募書類の品質向上にとても役立ちます。「書類作成が苦手…」「準備する時間をあまり持てない」という方には心強い味方になってくれるでしょう。



セミナー・転職フェアの評判が高い

リクルートエージェントイベント情報ページ

引用元:リクルートエージェントIT公式HP

リクルートエージェントでは、転職者の面接対応力向上を目指した「面接力向上セミナー」はじめ、セミナーや転職フェアを都度開催しています。

これまでは都市部中心の現地開催がメインでしたが、2021年以降は「オンラインLIVE配信」も増えてきていますので、お住まいの場所や移動時間を気にせず、参加できるでしょう

特に面接力向上セミナーの評判は非常に高く、ネット上でも「面接で言葉に詰まることがなくなった」「面接通過率が高まった」という声が多くありました。

ちなみに、リクルートエージェントのサイト上でセミナーを受けることによって「受講者の面接通過率35%アップした」と紹介しています。かなり高い効果が期待できそうですね。



リクルートエージェントITエンジニアのデメリット・注意点は──

ここまで、リクルートエージェントITエンジニアの特徴・メリットを中心にお伝えしましたが、注意すべきデメリット点もあります。

サービスの登録前に、リクルートエージェントITエンジニアには以下2点の傾向があることについて知っておくと良いでしょう。

リクルートエージェントITエンジニアデメリット・注意点。アドバイザーが必ずしもエンジニア経験者とは限らない良くも悪くも対応はスピーディ
  • キャリアアドバイザーは、必ずしもITエンジニア経験者とは限らない
  • 良くも悪くも、対応は「スピーディ」




キャリアアドバイザーは、必ずしもITエンジニア経験者とは限らない

面談イメージ

リクルートエージェントITエンジニア利用時に担当となるキャリアアドバイザーの多くはITエンジニアの実務経験を持っていますが、全員ではありません。
つまり、あなたの担当につくアドバイザーが、ITエンジニアのスキルや働き方についてそれほど詳しくない場合もあるのです

「ITエンジニアについて詳しくなくとも、求人さえ紹介してくれればそれでよい」という人もいるかもしれませんが、あなたのスキルやエンジニアの志向性に沿った求人を紹介するためには、その業界・分野への相応の知識・経験も求められます。

少しでも転職成功の確度を上げていくのなら、ITエンジニア実務経験ありの担当が付いてほしいところでしょう。

サービスを利用した際に担当キャリアアドバイザーの知識・スキル不足が気になるようでしたら、併せて「レバテックキャリア」や「ギークリー」といった、アドバイザーのITエンジニア実務経験者の割合が高い転職エージェントを利用してみることをおすすめします。





良くも悪くも、対応は「スピーディ」

”スピーディな対応イメージ”

リクルートエージェントは利用者も多く、その為キャリアアドバイザーが一人の転職者へのサポートにかける時間は短くなりがちです。

また、これは大手人材紹介会社によくある傾向ですが、「転職にかける時間をしっかり持てている活動者やスキル・実績のある転職成功角度の高い人を優先して支援する」というスタンスは、この後紹介する「リクルートエージェントITエンジニアの評判」からも垣間見えます。

ITエンジニアとしての実務経験がそれほどない方や、あまり急がず自分のペースで転職を進めたいという方は、「マイナビエージェント」や「type転職エージェント」、「パソナキャリア」といった、あまり急かさず、じっくり丁寧に支援してくれると評判の転職エージェントを併用しておくと良いでしょう。





リクルートエージェントITエンジニアを実際に活用された転職者の評判は

評判

「リクルートエージェントITエンジニアを利用して良かった点」で多かった評判

  • 沢山の求人を紹介してくれた。自分にマッチする求人を見つけられた
  • キャリアアドバイザーのアドバイス・サポートが的確だった
  • 書類添削、面接対策が役に立った
  • 面接力向上セミナーが役立った

評判・口コミ①これからのキャリアについてしっかり相談に応じてくれた

ともちゃん:SE→SE  38歳・男性・年収550万円(北海道)
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった

キャリアアドバイザーと直接、対面でお話する機会があったのが良かったです。

私はこれまでもSEでしたが、IT業界で働くことが辛く、他の業界へ移ることも考えていました。ですが担当アドバイザーの方から、「これまでの経歴を無駄にしてしまうのがもったいないですよ。もっと良い職場環境を探していきましょう」と提案してくれて。結果としてこれまで培ったスキルを活用できる、良い職場に転職することができました。

また、応募の際に職務経歴書の添削をして頂けたのがよかったです。自分自身という商品をいかにアピールするかとういう点をもっと盛り込んだ方が良いとアドバイスを頂き、より良い経歴書を書くことができました。

評判・口コミ②求人を他社よりも多く紹介してくれた。

しんじさん:カスタマーサポート→SE  36歳・男性・年収400万円(愛知県)
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった

リクルートエージェントの担当者の方は、私の現在の状況や希望を詳しくヒアリングしたうえで、その条件に沿った案件を「他社よりも多く」紹介していただきました。
当時、dodaやJACリクルートメントにも登録していましたが、リクルートエージェントから紹介される求人数が一番多かったです。
その後も定期的に「その後どうですか」といった連絡と併せて、新しい求人を紹介いただけました。





「リクルートエージェントを利用して残念だった点」で多かった評判

  • 担当者がITエンジニアについてあまり詳しくなかった
  • 電話で連絡される頻度が多く、煩雑さや焦りを感じた

評判・口コミ③希望しない求人を紹介されることがあった。

AKUさん:SE→SE  32歳・男性・年収550万円(東京都)
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった

担当キャリアアドバイザーの方が途中で転勤になってしまい、後から別のキャリアアドバイザーの方が担当となりました。その担当の方が、何度か私の希望しない企業を薦めてきて、私が「こういうのではなく、もっと別の求人が欲しい」と言うと、「私の友人も勤務しているから大丈夫」と言われました。──いやいや、そうではないでしょうと思いましたし、(ただ単純に成約実績を稼ごうとしているだけなのでは…)と感じてしまいました。

前担当の方と比べて、アドバイスのレベルも低く、キャリアアドバイザーの方のレベルにムラがあると感じました。





「リクルートエージェント ITエンジニアの評判・口コミ」総評

多くの方のリクルートエージェントITエンジニアの評判・口コミから、同サービスの評価ポイントは「求人数の多さ」および「これまでの転職支援実績に基づいた、アドバイザーの適切かつ高品質な対応」にあることが解ります。

一方で、「アドバイザー品質のムラ」や「活動・対応を急かされる」ことにネガティブな感想を持った人もいました。特に担当アドバイザーの品質(または相性)については、転職者の方ではなかなかコントロールできない問題です。

リクルートエージェントを利用していて「この担当者だと不安」と感じた場合は、「担当アドバイザーの変更依頼」をするか、もしくは他の転職エージェントを併用してサービス・サポートの使い勝手を確認しておくと良いかもしれません。





リクルートエージェントITエンジニアは、こんな方におすすめ

リクルートエージェントITエンジニアこんな方におすすめ。求人を多く参照し、比較検討していきたい書類添削・面接対策などの支援を受けたいなるべく早く転職活動を終えたいエンジニアの幅広い職種から転職先を探したい
  • 求人をなるべく多く参照して、比較検討していきたい方
  • 書類添削サービスや、面接力向上の支援を受けたい方
  • なるべく早く転職活動を終えたい方
  • ITエンジニアとして、幅広い職種・業種から次の仕事を探していきたい方

前章ではリクルートエージェントITエンジニアのメリットだけではなくデメリットについても紹介しましたが、それでも他の転職エージェントを圧倒する求人数の多さとこれまでの転職支援実績の豊富さ、転職支援ツールの充実さは一度利用する価値は充分あるでしょう。

「リクルートエージェントITエンジニアのサービスだけで進めていいか不安…」という方は、次章の「その他のおすすめ転職サービス」で紹介しているサービスを併せて複数登録しておくと安心かもしれません。





リクルートエージェントITエンジニアと併せて利用したい、転職支援サービス

「ITエンジニア実務経験のある担当者にサポートしてほしい」という方は、レバテックキャリア

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門

レバテックキャリアは、レバテック株式会社が運営するITエンジニア実務経験者向けの転職エージェントです。

レバテックキャリアの大きな特徴としては、担当キャリアアドバイザーの殆どが「ITエンジニア実務経験者」にあることです。これからのITエンジニアの働き方・キャリアプランについて、その分野を知っている人だからこその充実したアドバイスを受けられるでしょう。

また、書類添削などの支援サービスも充実しており、レバテックキャリアの書類添削を受けた際の書類通過率は64.6%と、非常に高い率を出しています。このことからも、ITエンジニア転職者への支援の品質の高さは伺えるでしょう。





「ITエンジニア転職への手厚いサポートをしてほしい」という方は、マイナビIT AGENT

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ

マイナビIT AGENTは、株式会社マイナビが運営する「IT・Webエンジニア」への転職支援に強いエージェントサービスです。

マイナビグループとしてのブランド力による国内企業とのパイプの太さと、業界の最新情報を熟知した専門のアドバイザーによる手厚いサポートにより、IT・Webエンジニアが求める「年収アップ」「ワークライフバランス」などの条件を満たした転職ができると評判です

「納得のいく転職をじっくり進めていきたい」、「担当キャリアアドバイザーからの手厚いサポートが欲しい」という方は、マイナビIT AGENTのサービスがフィットしやすいでしょう。





「積極的にITエンジニアの求人紹介をしてほしい」という方は、ワークポートも併せて検討を!

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。

ワークポートは、人材紹介業歴18年、転職支援者数50万人の老舗転職エージェントです。
IT業界への転職支援に強く、在籍するキャリアアドバイザーもITエンジニアに詳しい人が多いです。

ワークポートの特徴で挙げられるのは、「保有するIT業界向け求人の多さ」「キャリアアドバイザーの積極的な提案スタンス」です。
例えば、他の転職エージェントの場合「この人にはこの求人はやや敷居が高いかもしれない」と紹介されないような求人も、ワークポートは「チャレンジしてみませんか」と提案されることが多いのです。

業界未経験者の転職支援にも強いので、「エンジニア経験は浅いけど、求人は積極的に提案して欲しい」という方はワークポートをいちど利用してみると良いかもしれません。





「自分に合う仕事について、一緒に考えてほしい」という方は、Geeklyも併せて検討を!

GEEKLY(ギークリー)。IT・web・ゲーム業界専門の人材総合会社。

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスです。

ギークリーの特徴は、「ITエンジニア経験の担当キャリアアドバイザーが大多数」であること、また「20~50代まで、幅広い年齢層への転職支援を積極的に行っている」ことが挙げられます。

ギークリーのキャリアコンサルタントは、その殆どがIT業界で最低3年以上のコンサルティング実績を持っています(※公式サイトより)。業界のトレンドであったり、企業ごとの特徴についてを把握したうえで、転職者の経験やスキル、適正にマッチした求人情報の提案やアドバイスが期待できるでしょう。





まとめ)ITエンジニアの求人を幅広くチェックするなら、リクルートエージェントはぜひ活用したいサービス

エンジニアイメージ

リクルートエージェントITエンジニアは、求人数の豊富さ、キャリアアドバイザーの適切なサポート、そして豊富な転職支援ツールに強みを持つ転職エージェントです。

また、もうひとつ忘れてはいけないのが、運営会社であるリクルート社の、企業体力の強さです。

2020年~2021年と、新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの企業が採用活動を縮小・停止する判断をしました。その影響で、求職者への求人紹介が充分にできなくなってしまった転職エージェントも少なくありません。
リクルートエージェントはその時期においてもほとんど変わらず多くの求人を抱え、多くの転職者の支援を行ってきました。

企業規模・企業体力があるからこその活動と言えるでしょうが、利用する私たちからすれば心強さも大いに感じられるでしょう。

ただし、転職エージェントの「一つのサービスのみ利用」については、前述の通り「担当キャリアアドバイザーの品質のムラ」等のリスクもあります。

よりつつがなく転職活動を進めていくうえでは、リクルートエージェントITのメリット面をうまく引き出しつつ、他の転職エージェントも併用しての「リスクヘッジ運用」が望ましいでしょう。





この記事を書いた人

スタジオテイル Webメディア事業部

これまで転職された500名以上の方の転職体験談と、現職キャリアアドバイザー・ヘッドハンターの方々からの情報をもとに、「これからの転職・キャリア」にまつわる良質な情報を随時提供していきます。

よかったら、シェアと評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
<>