『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

未経験からITエンジニアに転職できる?転職失敗しないための4つのポイント

[最終更新日]2023/01/27

未経験からのITエンジニア失敗しないための4つのポイント

未経験からITエンジニアに転職したい」と考えている人は、多いと思います。

そのITエンジニアですが、近年とくに人手不足に拍車がかかっている職種の1つといわれています。
経済産業省の試算によれば、2030年にはおよそ59万人のITエンジニアが不足し、今後ますます需要が高まる分野と考えられています※。

別の視点から見ると、ITエンジニアは将来有望な職業の1つと考えることもできます。実際、未経験からITエンジニアを目指したいと考える人は決して少なくありません。

※ みずほ情報総研株式会社(経済産業省委託事業)「- IT 人材需給に関する調査 -」より

目次

1)そもそも、未経験からのエンジニア転職は可能?

未経験からエンジニアに転職するとなると、「高いスキルが必要になるのでは?」「20代など若いうちでないと無理なのでは?」といったイメージを持つ人も多いはずです。

事実、「エンジニア35歳限界説」のように、一定以上の年齢に達するとエンジニア職は続けられない・転職できないと言われていた時期があります。

では、そもそも未経験からエンジニアを目指し、実際に転職することは可能なのでしょうか。まずはこの点から疑問を解決しておきましょう。

IT・Web業界を取り巻く現状

IT・Web業界は慢性的に人手不足と言われ続けています。なぜ、このような状況が生じているのでしょうか。
主な理由として、次の2点があるといわれています。

1つめの理由として、エンジニアの「なり手」が増えていない点が挙げられます。
IT人材の供給は2019年をピークに減少へと転じており、IT人材が増加する見込みは今のところ立っていません。

2020年度より小学校でのプログラミング教育が必修化されましたが、先進諸国と比べてコンピュータサイエンスに関する教育は遅れを取っています。エンジニアを養成するための素地ができていないことは、人材供給の不足と決して無関係ではないでしょう。

2つめの理由として、ITエンジニアの需要が増加していることが挙げられます。
AIやIoTといったテクノロジーの進歩は目を見張るものがあり、それに伴ってITエンジニアはますます求められるようになっています。
私たちの社会は、今後もITエンジニアを必要としていく公算が高いと考えられます。

結論:失敗パターンに陥らなければ未経験からの転職は十分に可能

エンジニアとひとくちに言っても、スキルレベルはさまざまです。設計・開発・運用までを一手に引き受けるフルスタックエンジニアから、作業的な工程を担うエンジニアまで多種多様な働き方があるのが実情です。

前述のとおり、IT人材不足は深刻な状況にあります。仮に未経験から勉強を始めたとしても、努力しだいでエンジニアに転職することは十分に可能といえるでしょう。

年齢は若ければ若いほど有利にはなりますが、かつてのように35歳が限界ということはありません。20代なら未経験でも十分に転職でき、30代でもやり方しだいでは転職することは可能です。

ただし、未経験からITエンジニアに転職する場合、「これだけは避けたい」といった失敗パターンが存在します。
失敗パターンに陥らないことが転職を実現するポイントにもなりますので、十分に気をつけておく必要があるでしょう。

2)未経験からITエンジニアへの転職で陥りがちな失敗パターン

ITエンジニアは専門性の高い職種です。そのため、未経験から転職を目指す場合に情報が不足しやすい傾向があります。

情報が不足したまま転職活動を進め、必ず押さえておくべき重要なポイントを外してしまうと転職できなかったり、転職できても仕事が長続きしなかったりすることにもなりかねないのです。

未経験からITエンジニアへ転職する際、陥りやすい失敗パターンとして次の3点が挙げられます。これらのパターンに該当しないよう、しっかりと対策を練っておく必要があります。

●充分な情報収集ができていなかった ●エンジニアのキャリアパスがイメージできていない ●転職活動をすべて独力で進めようとする

失敗パターン①「十分な情報収集ができていなかった」

未経験からエンジニア転職をした方の体験談①(出版業→Webデザイナー兼プログラマー)

これまで出版業で働いていましたが、プログラマーになろうと思い、転職をしました。

当時のエンジニアスキルはほぼなく、資格も何も取得していませんでした。
IT関係に関する知識は基本独学でインターネットやYouTubeなどを利用して学びました。

苦労したことは私が住んでおる地域の職場をネットの求人サイトで探したところ、経験者のみ募集のものがほとんどで未経験者を受け入れてくれるところを探すのに苦労しました。
事前に業界のことをしっかり知っておく必要があったと反省しました。

ニックネーム: Nishino 20代/男性/Webデザイナー/年収: 350万円

「この会社は多分こんな感じ」という中途半端な情報収集は、ミスマッチ転職に繋がりやすい。

ITエンジニアの仕事内容は、イメージと実際が大きく異なっていることもめずらしくありません。
ある程度コードを書ければ通用するのでは?と思っていたところ、実務ではバグ取りやテストなど根気の要る作業が大半を占めている場合や、自らコードを書くことよりも要件定義や設計のほうが重要視されている場合があるからです

こうした情報を事前につかんでいないと、採用選考を全くパスしない状況が続いたり、運よく採用されても現場に配属されてから自分自身が苦しんだりする可能性があります。

未経験だからこそ知っておくべき情報は非常に多くあり、情報収集の不足は深刻なミスマッチにもつながりかねないことを十分に理解しておく必要があるでしょう。

失敗パターン②「エンジニアとしてのキャリアパスをイメージできていない」

未経験からエンジニア転職をした方の体験談②(製造業→ITコンサルタント)

「ITエンジニアとして、将来的になにがしたいか」を明確かつ論理的に説明できないと転職自体は非常に難しいと思います。
私の場合、単にSEという働き方に興味があるというあいまいな理由で転職活動を始めましたが、面接ではさんざん落とされました。なぜそれがやりたいのかについて応募先が納得する理由を用意しないと厳しいと感じました。

転職するときは、自分のこれからのキャリアプランを確認するところから行うといいと思います。

ニックネーム: 崎山 20代/男性/SE/年収: 500万円

「エンジニアになること自体がゴール」の転職活動は、企業からマイナス評価されやすい

未経験者が陥りやすい失敗として、「転職先を見つけることに必死で、その先が見えていない」といったパターンが挙げられます。

技術職のキャリアはサイクルが早く、10年・20年と同じ仕事を続けることはめったにありません。先々どのような働き方をしていきたいのか、エンジニアとしてどうなりたいのかをイメージしておかないと、目の前の仕事をこなすだけで精一杯になってしまいます。

先を見据えた動きを取れないと、必然的に「今なにをすべきなのか?」を見失いやすくなり、成長スピードが鈍化する可能性が高くなります。

その結果、せっかく転職できても「合わない」と判断して短期間で退職してしまったり、エンジニアとしてキャリアを歩み続けることができなくなってしまったりする恐れもあるのです。

失敗パターンその3「転職活動をすべて独力で進めようとする」

未経験からエンジニア転職をした方の体験談③(事務職→プログラマー)

派遣社員として事務職の仕事をしていましたが、これから長く働ける環境にしていきたいと思い、正社員のITエンジニアを目指そうと転職しました。もともとプログラミングスクールを出ていたので、基本的なスキルは持っているつもりでしたので。

転職でいちばん苦労した点は、「企業ごとに志望動機を考える」ことです。
多くの企業は、「同業他社ではなくなぜ当社なのか」ということを面接で聞いてきました。
しかし、情報が少なく1つの企業ごとに差別化することが難しかったです。

書類選考は、50社に書類を送り10社ぐらい面接に進む状況でした。
面接まで進めないと、アピールが全くできないので何とかならないかなぁと思っていました。
結果、客先常駐と自社開発の両方を行っている企業に就職できましたが、転職エージェントをもっと早くから利用すれば良かったと思います。

転職エージェントは、自分のスキルや人柄に合った企業を客観的に分析して紹介してくれます。
自力で求人を見つけて受けるよりも、プロの力を借りた方が確実に就職は成功すると思いました。

結局、自分のことを判断して選考の採否を決めるのは「他人」です。
面接官もエージェントの担当者も他人。

自分で書類や面接の出来をどう思おうと、決めるのは応募先の会社です。
つまり、他人から客観的な意見をもらうことが転職を成功させる近道だと思いました。

ニックネーム: sasari 30代/男性/プログラマー/年収: 350万円

未知の業界・仕事内容への転職は、周囲のサポートがあってこそ見込みが出る

未経験者がITエンジニアへの転職を目指して活動する中で、最も陥りやすいのがこのパターンです。

できる限り自力で情報を集めようとする姿勢でのぞむことは大切ですが、未知の業界・仕事内容ですので、知り得ない・調べようがない情報は必ず出てくるでしょう。

独力のみで選考を通過しようとすることにも無理があります。応募先企業の採用担当者や面接官はIT業界の方々ですので、応募者の知識・技能のレベルをすぐに見抜いてしまいます。

「わりとよく調べているほうだと思う」などと自分の基準で判断するのではなく、応募先企業にしっかりと伝わる方法でアピールしなくてはなりません。未経験者だからこそ、独力のみで転職活動を進めるのはあまりにもリスクが高いと捉えるべきでしょう。

3)未経験からのITエンジニア転職を失敗しないための4つのポイント

未経験からのITエンジニア転職でよくある失敗パターンに陥らないようにするには、ポイントを押さえて準備を進めることが非常に重要です。

次に挙げる4点は、いずれも未経験者がITエンジニアを目指す際に欠かせないポイントです。

準備として欠けているものがあると失敗パターンに陥りやすくなりますので、全ての対策を漏れなく講じておくことをおすすめします。ぜひ転職活動をスタートさせる前のチェックリストとして活用してください。

●スクールや学習ツールを活用しよう ●企業研究は入念に行う ●スキルパス・キャリアプランを明確に ●IT業界に強い転職エージェントの活用
  • 最低限のエンジニア知識は必須。スクールや学習ツールを活用しよう
  • 企業研究は入念に行う
  • エンジニアとしてのスキルパス・キャリアプランを明確に
  • ITエンジニアの転職支援に強い転職エージェントの活用

最低限のエンジニア知識は必須。スクールや学習ツールを活用しよう

ITエンジニアを目指すにあたって、基礎的なプログラミングの知識は必須です。コードを書くのが実務ではメインの仕事でない場合でも、プログラミングが全く分からない状態でエンジニアになることはあり得ません。
プログラミングのエキスパートとまではいかなくても、ある程度の基礎的な知識は習得しておく必要があるでしょう。

プログラミングの基礎を学ぶには、プログラミングスクールに通う方法とオンライン学習サービスなどを活用する方法があります。
とくに初心者はプログラミング学習の初期段階で挫折しやすいポイントがいくつもあるため、基礎をひととおり学ぶところまでは教えてくれる・質問できる人についてもらったほうが安心です。

未経験からエンジニア転職をした方からのアドバイス①(接客業→ITエンジニア)

ITスクールで勉学をしていましたが、今までは接客業でしたのでITとは無縁で、かなり勉学に労力を要したと同時に費用もかかり、転職までにかなりの時間を要しました。
転職の為の準備は早くした方がいいと思います。

また、今回はプログラミングスキルのみを学びましたが、「ITパスポート」「情報セキュリティマネジメント」などの資格を取得すべきだったと反省しています。

ニックネーム: カツ 20代/男性/派遣エンジニア/年収: 250万円

参考:正社員としてITエンジニアを目指す際の、おすすめのエンジニアスクール

エンジニアスクール 特徴

コードキャンプゲート
  • オンラインプログラミングスクールで、現役エンジニアによるマンツーマンの指導が評判!
  • 学習内容:HTML5/CSS3、JavaScript/jQuery、PHP、MySQL 等

DMM WEBCAMP
  • オンライン教材で自主学習をし、最終的にはチーム開発に必要な知識まで習得できるプログラミングスクール
  • 学習内容:HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Rails、ECサイトの開発、ポートフォリオの作成 など

Tech Academy(テックアカデミー)
  • コース数が非常に豊富(29コース:2020年11月現在)な、オンライン型のプログラミングスクール
  • 学習内容:PHP、JAVA、jQuery、Ruby、Python、Scala、Kotlin、Unity、ブロックチェーン、AI、Node.js、Google Apps Script、AI、データサイエンス、UI/UX…等


企業研究は入念に行う

エンジニア未経験者や初心者を募集対象としている企業の多くは、何らかの意図があって未経験者にも門戸を開いています。
求人情報を隈なく熟読するのはもちろんのこと、企業HPや開発している商品をリサーチし、どのようなスキル・経験を求めているのか読み解く必要があるでしょう。

未経験者の転職でとくに起こりがちなケースとして、思い描いていた仕事内容と実務にギャップを感じることは少なくありません。
プログラミングスキルを求めているというよりは、顧客との折衝や現場を取りまとめる手腕に期待を寄せているケースもあります。

自分が「できること」と、企業が「求めていること」がマッチしているのか、しっかりと見極めた上で応募することによって、選考通過率を高めるだけでなく、就業開始後も実務へとスムーズに入ることができるはずです。

未経験からエンジニア転職をした方からのアドバイス②(小売業→インフラエンジニア)

コロナ禍で、あらゆる仕事が不況の煽りを受ける中IT業界だけは変わらない強さと将来性を持っていたので転職しようと決めました。

マイナビ転職を利用し転職活動をしました。非公開求人や未経験歓迎の求人も多く助かりました。独学はプログラミング言語Cという本を使い行いました。アマゾンでもよく売れているようです。

やはり未経験だったので、ITスキル以外でどのように自分をアピールするかをひたすら考えました。あとは、実際の勤務形態について知るために直接求人を出している会社に訪問したこともあります。求人企業については、求人票の内容と実際の業務が異なる場合もあるので、しっかり下調べをしておくといいと思います。

ニックネーム: マーチス 20代/男性/SE/年収: 600万円

企業研究 見るべきポイント

企業研究を行う際に、優先して見るべきポイントは以下の通りです。

チェック項目 確認ポイント どこで確認するか
事業内容 自分自身の知識領域にあるか、また今後も興味・関心を持続して持ち続けられる内容かを確認する 企業HP
主力商品・サービス その商品・サービスの開発・運用を自身が携わることになる際に、どの範囲まで知っていて、どの範囲を知らないかを確認する 企業HP、業界ニュース、四季報、業界地図、競合他社のHP等
強み・独自性 同業他社をいくつか確認し、「この会社ならではの特色・強み」がどこにあるかを見出す
企業理念 企業理念から、求められる人物像(主にスタンス面)をイメージし、自身との適合性を家訓する
社風・雰囲気 歓迎される人物像や業務への取り組み姿勢をイメージする インタビュー記事、口コミサイト等
求められる知識・スキル 現在の自身の知識・スキルと照らし合わせて、過不足を確認する 企業HP、求人票等

こうしたリサーチを重ねた結果、「この企業で働いてみたい」「こういった文化の会社なら馴染めそうだ」といった手応えを得ることができれば、入社後のミスマッチを軽減する効果が期待できます。

企業研究のやり方を詳しく見る

エンジニアとしてのキャリアプランを明確に

キャリアプランとは、あなたが将来に望む仕事や働き方を実現するためのプランニング(行動計画)のことをいいます。

具体的には、以下のようにプランを建てていきます。

キャリアプランの建て方 Step1 キャリアの棚卸しを行う これまで経験した業務を洗い出します。そして更に「得意なもの」「これからも続けていきたいこと」についても考えていきます。 STEP2 新たにチャレンジしたいことを考える STEP1で出したリストを見ながら、「新たにチャレンジしたいこと・実現したいこと」を考えてリストに追加します。 STEP3 実現するために、必要な知識・スキルを考える STEP2の「実現したいこと」を叶えるために、どんな知識・スキルが必要になるか、またそのために求められるアクションを考えます。 STEP4 キャリアプランのスケジュールを建てる STEP2と3で導き出した「実現したいこと」と「必要なアクション」を時系列で整理します。 ※ まず1年~3年のスパンで考えると、整理しやすいです □キャリアプランの例(ITエンジニアの場合) 1年後 実現したいこと ・リーダー職 SEとして上流工程に携わる そのためにやること 言語およびサーバー環境に関する知識 業務遂行力を高める 3年後 実現したいこと プロジェクトマネージャーとして活躍 そのためにやること 専門スキルを高める マネジメントスキルを高める 5年後 実現したいこと ITサービスの新規事業立ち上げ または独立・フリーランスに そのためにやること事業運営の上流から下流までの経験 経営の知識を深める

キャリアプランは、上記の「キャリアプランの例」にあるように時期ごとに「実現したいこと」と「そのためにやること」を表形式に落とし込むと、そのイメージを整理しやすくなります。

ポイントは、ITエンジニアとして働いていくうえで「これから先、どんな知識・スキルを身につけたらより自身が望む働き方が出来そうか」というように、これから先の未来にあるポジティブ要素を見出していくことです。

また、ITエンジニアはずっとコードを書き続けるのが仕事になるとは限りません。
エンジニアのキャリアプランとしては、以下の3つのパターンが良く挙げられます。

●エンジニアの主なキャリアプラン ①スペシャリスト ②プロジェクトマネージャー ③管理職

① スペシャリスト

システムの設計を担うアーキテクトやAIスペシャリストのように、特定の分野における技術面の専門家。エンジニアとして技術を極める道であり、ベンチャーやスタートアップのCTOに就任する人もいる。

② プロジェクトマネージャー

個々のプログラムではなく、プロジェクト全体を俯瞰し統括するポジション。複数のエンジニアや委託先など多くの人をまとめ上げ、予算管理や進行管理を担えるだけの技量が求められる。

③ 管理職

プロジェクトマネージャーがプロジェクト単位でのマネジメントに携わるのに対して、管理職は組織内での人員配置や人事考課に向けた査定を担う。①②よりもゼネラリストとしての能力が求められる傾向がある。

これらのキャリアプランのうち、自分がゆくゆくどの道に進みたいのかを明確にしておく必要があります。5年後・10年後を見据える感覚を持ち、キャリアプランを明確にしておくことが求められます。

ITエンジニアの転職支援に強い転職エージェントの活用

未経験者にとって最も不足しがちなのは「情報」です。業界内でスタンダードとされる考え方やスキルに対する報酬の相場感がつかめていないと、いくら業界研究や企業研究を行っても肝心な情報が抜け落ちてしまうことになりかねません。

たしかな情報にもとづいて転職活動を進めるには、ITエンジニアの転職支援に強い転職エージェントを活用するのが近道です。
転職エージェントは応募者と企業との間に立ち、スキルレベルに合った案件の紹介や企業との条件交渉を代行してくれるほか、面接対策など選考を有利に進めるためのコツも教えてくれます。

求人情報からは読み取れない現場の情報を提供してくれることもありますので、未経験者こそ転職エージェントを活用することを強くおすすめします。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

未経験からエンジニア転職をした方からのアドバイス③(保険アドバイザー→ITエンジニア)

IT系の仕事に就てスキルを身につけ、長く働きたいなぁと考えていたのでエンジニアへ転職を希望しました。IT系は未経験でも募集しているところが多々ある印象でした。

転職エージェント(リクルートエージェント)に登録して、アドバイザーの方と相談しながらIT系エンジニアとして転職は可能かどうか、トータルで判断して、アドバイスをもらい、転職を成功させることができました。
未経験ですと何かと分からないことも多いと思いますから、エージェントの存在は貴重だと思います。

ニックネーム: やまちゃん 40代/女性/派遣エンジニア/年収: 240万円

4)未経験からITエンジニアへの転職におすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントIT
POINT!

ITエンジニア求人数は国内No1!豊富な転職ノウハウと支援ツールで、「スピーディな転職」を実現できます。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

ITエンジニアの転職支援にも強く、2022年11月のITエンジニア向け公開求人数は7.6万件と、他のエージェントから群を抜いての豊富さです。

これまでの培ったノウハウと企業とのリレーションをもとにした支援ツール・サービスの充実がリクルートエージェントの強みです。

たとえば、リクルートエージェントでは志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」を用意してくれます。
ITエンジニアの転職では、その職場の開発環境から求められるスキルや働き方まで、ネットで公開されていないような企業情報が必要となることも多いでしょう。その際に、レポート情報は大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとにITエンジニアの転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • ITエンジニアの求人数および転職支援実績 国内No1。全エンジニア職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • 面接力向上セミナー等のセミナー・イベントも随時開催
サービス対応地域 全国
ITエンジニアの公開求人数 約7.6万件(2022年11月現在)
とくに多いエンジニア職種 プログラマー・Webエンジニア、社内SE、製品開発・ASP、組込み・制御エンジニア、ITコンサル
エンジニア求人国内No.1
登録は5~10分程で完了します。

doda ITエンジニア──幅広く充実したボリュームの求人と、積極的な提案

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda
POINT!

dodaのITエンジニア転職に特化した転職エージェント。幅広いエンジニア職種と地方求人の豊富さに強みがあります。

doda ITエンジニアは国内大手人材会社「doda」の、ITエンジニアに特化した転職エージェントサービスです。
ITエンジニア系のエージェントは都市部に特化したところが多い中、doda ITエンジニアは都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でじっくり求人チェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

doda ITエンジニアでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため実績のあるエンジニアは企業から熱意あるスカウトメールが届くことが多いでしょう。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

dodaに登録すれば、「自分が今どんな企業から関心を持たれているか」について、スカウトメールの傾向から確認することができるでしょう。

スカウトメールは登録時のレジュメ内容をもとに送付されますので、「スカウト・オファーを沢山ほしい」という方は、レジュメ内容を充実させることをおすすめします。

doda エンジニアITの特徴

doda ITエンジニアの特徴
  • 全国トップレベルのITエンジニア求人数。都市部だけだなく地方求人にも強い
  • 企業からのスカウト・オファーが届きやすい
  • 転職サイト・転職エージェントどちらのサービスも利用できる
サービス対応地域 全国
ITエンジニアの公開求人数 約3.7万件(2022年11月現在)

ワークポート

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
POINT!

「未経験からの転職に強い」と評判の転職エージェント。PG→SE、SE→PLといったエンジニアのキャリアチェンジの際にも積極的な支援が期待できます。

ワークポートはリクルートエージェント・dodaに次ぐ豊富な求人を抱える転職エージェントです。

とくにIT・Web系職種に関する求人が多く、また同サービスは「業界・職種未経験者」への転職成功に多くの実績があります。

そのため、「プログラマーからSE」、「SEからPL」、「サーバーエンジニアからセキュリティエンジニア」といったエンジニアのキャリアアップ・キャリアチェンジの際は、とくに多くの求人を紹介されやすいでしょう。

検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、転職先の選択肢を広げる際にもおすすめです。

ワークポートの特徴

特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約1.9万件(2022年11月現在)
とくに多い職種 SE・PG、PL・PM、インフラエンジニア、社内SE
転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's。20代・第二新卒向け転職エージェント
POINT!

第二新卒・フリーターへの転職支援に特化したサービス。求人の7割が「未経験OK」なので、プログラマーへのジョブチェンジにもおすすめです!

マイナビジョブ20’sは若手社会人に特化した転職サービスです。
今回が初めての転職という人や、社会人としての経験が浅い第二新卒・既卒の人におすすめのサービスです。

社会人経験の浅い人や未経験者向けの求人が充実しており、今回が初めての転職という人も、「経験が浅い」「社会人経験が短い」ことを理由に転職支援を断られることはありません。

また、マイナビジョブ20’sはTechCareerというITエンジニア専門のサポートチームがあり、ここでは「エンジニアとしてできることがない」「スキルがない」と不安を感じている方でも、入社後のポテンシャルを見込んで 採用する求人を紹介してもらえます。

マイナビジョブ20's。TechCareer

参考:マイナビジョブ20’s公式HP

未経験でも意欲を重視して採用する企業を紹介してもらえますので、社会経験を問わず転職先を見つけやすいのが特徴です。

マイナビジョブ20’sの特徴

特徴
  • 保有求人の7割が「未経験OK」の求人
  • スカウトサービスにより企業から直接オファーが届くことも
  • 転職後の定着率93.6%
サービス対応地域 東京・神奈川・札幌・大阪・愛知
ITエンジニアの公開求人数 約600件(2022年11月現在)
とくに多い職種 Webアプリケーションエンジニア|フロントエンジニア|社内SE|サーバーサイドエンジニア|データベースエンジニア|機械設定技術者|プログラマー・SEなど
転職後の定着率93.6%
登録は5~10分程で完了します。

Geekly(ギークリー)

IT業界に特化した転職支援ならGEEKLY(ギークリー)。
POINT!

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。各職種別に専門コンサルタントが在籍しており、目指す領域の最新トレンドをキャッチしながらの転職活動が実現できます。

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスです。

ギークリーのキャリアコンサルタントは、最低でもIT業界で3年以上のコンサルティング経験を持っています。
また、サポートの際は細分化された職種別に担当が付きますので、目指す領域のトレンドや転職事例を知りつつの活動ができるでしょう。

そうしたサポート体制もあって、ギークリーを利用した転職者の年収アップ率は77%といいます(※2022年11月 公式サイトより)。

Geekly(ギークリー)の特徴

特徴
  • Web業界・ゲーム業界はじめコンシューマ向け開発への転職支援に強い
  • 担当アドバイザーのほとんどがITエンジニア経験者
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
サービス対応地域 全国
拠点 東京
公開求人数 約1.7万件(2022年11月現在)
とくに多いエンジニア職種 プログラマー、SE、PL・PM、その他トレンド性の高い分野(エンタメ、ディープテック、SaaSなど)

まとめ)ITエンジニア未経験者はポイントを押さえて転職活動を進めよう

ITエンジニア未経験者がエンジニアに転職する場合、業界全般の知識と技術的な知識の双方が求められるため、転職成功へのハードルが高いイメージを持たれがちです。

もちろん経験者と比べて転職の難易度が高い面があるのは否めませんが、未経験からITエンジニアに転職するのは決して不可能ではありません。

未経験者だからこそ、失敗しないためのポイントをしっかりと押さえて転職活動を進めることが重要です。今回解説してきたポイントを着実に押さえて、ぜひITエンジニアへの転職成功につなげてください。

目次[ 閉じる ]