『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

デイケアに転職するには?仕事内容・向いている人・準備するポイント紹介

[最終更新日]2022/08/06

デイケア(通所リハビリテーション)の仕事内容・転職する際のポイント

あなたは今、デイケア(通所リハビリテーション)で介護士の仕事をしようか、悩んでいませんか?

「どんな人がデイケアの介護士に向いてるの?」
「デイケアって、デイサービスと、どう違うの?」
「デイケアで介護士の仕事をしたいけど、介護経験が浅くて不安」

などという意見が多いのではないでしょうか。

目次

1)そもそもデイケアってどんな仕事?

介護施設イメージ

通所リハビリテーション(通称:デイケア)とは、病院・診療所や介護老人保健施設(通称:老健)などに併設されており、在宅で生活している利用者が、日帰りでリハビリに通う、介護保険のサービスです。

間違われやすい介護サービスに、通所介護(通称:デイサービス)があります。どちらも日帰りで通うことには違いありませんが、デイサービスはレクリエーションを主とし、他者との交流、食事や入浴、機能訓練(集団体操、他)などの介護サービスを受けます。

一方デイケアは、おおよその内容はデイサービスと似ていますが、リハビリの専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)によるリハビリを医師の指示のもと受けられることが主となるため、レクリエーションがメイン(=デイサービス)か、リハビリがメイン(=デイケア)かという違いがあります

デイケアの主な仕事内容

デイケア(通所リハビリテーション)の主な仕事内容

デイケアでは、自立した在宅生活が送れるよう生活機能を向上させるリハビリテーションを行います。事業所毎に特色の違いはありますが、共通する主な内容は以下の通りです。

申し送り(朝・夕)

朝は1日の流れやその日の利用者について、職員間で確認をしておきます。夕方はその日あった出来事を振り返り、反省点があれば次回以降に活かせるよう打ち合わせをします。

送迎(迎え・送り)

利用者にとってデイケアは、送迎に始まり送迎に終わります。送迎の際には、在宅の様子を確認することが出来ます。家族がいれば、その日の様子や体調を伝え、コミュニケーションを取っておくことも重要です。

健康チェック

健康チェックを実施し入浴やリハビリへ繋げます。バイタル異常が見受けられれば、医療機関への受診を促すこともあります。

入浴介助

入浴を希望する利用者に対し、バイタル異常が無ければ、入浴介助、もしくは見守りを行います。

リハビリテーション

医師の指示のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリテーションを実施。リハビリの専門職が、利用者一人一人の状態に合わせたリハビリ計画を作成し、実施、評価してくれます。利用者の状態に応じ、筋力トレーニングだけでなく、ストレッチやマッサージ、電気治療を行う事もあります。

食事介助

利用者の状態に合わせた食事形態(例えば、減塩食、糖尿病食、粥、刻み、とろみなど)で食事を配膳し、必要に応じ、介助もしくは見守りを行ないます。

レクリエーション

楽しみながら行える、脳トレーニングや、利用者同士の交流を促すものなど、内容は工夫次第です。また、外出の機会が減っていたり、自力では外出が困難な方が利用している事も多いため、季節を感じられるものも良いです。夕方の申し送りや、企画会議などで話し合って決めます。

掃除

テーブル下に食べこぼしはないか、以前と比べてそれは増えていないか、トイレ等の状態はどうか。掃除から得られる利用者の情報も沢山あります。細かなことに気付くことが重要です。

以上が、デイケアの主な業務内容です。

仕事の大変な点とやりがい

介護イメージ

デイケアでは病院のリハビリと違い、曜日毎に利用者が入れ替わるため、顔・名前だけでなく、一人一人の状態を把握した上で適切な対応をしなくてはいけません。また、1日のスケジュールがある程度決まっているため、その時間に合わせた動きをしなくてはいけません。

さらにレクリエーションの時間もあるため、定期的に新しいレクリエーションを提供するための情報収集が大変、という点も挙げられます。

しかし、入所サービスと比べると、利用者のリハビリ意欲は高く、比較的平均介護度も低いこともあって、利用者とのコミュニケーションを楽しむことが出来ます。
送迎の際には、家族と顔を合わせることも多く、家族から感謝の言葉をもらったり、家族の介護負担の軽減を身近に感じることが出来る点は、やりがいと言えるでしょう

また、レクリエーションの時間では、自身で考えたレクリエーションで、利用者に楽しんでもらうことができることもやりがいのひとつです。

2)デイケアの仕事はどんな人に向いている?

介護士の仕事は、通所系のサービスから訪問系、入所系のサービスまで様々です。

人には得意、不得意があり、性格やライフスタイルも人それぞれです。特に、経験の浅い介護士や、未経験の場合、自身がどのようなサービス事業所に向いているのか、よく考えておく必要があります。

デイケアの介護士に向いている人について、3点まとめましたので、順を追って確認していきましょう。

人とのコミュニケーションが好きな人予想外の出来事に対しても臨機応変に対応できる人早出や遅出、夜勤などがない環境で働きたい人
  • 人とのコミュニケーションが好きな人
  • 予定外の出来事に対しても臨機応変に対応できる人
  • 早出や遅出、夜勤などがない環境で働きたい人

人とのコミュニケーションが好きな人

介護イメージ

デイケアは要支援1~要介護2程度の利用者が多く、利用者としっかりコミュニケーションを取りながら支援を進めていくことが、特に求められます。

そのため、人とのコミュニケーションが好きであるという点は、大事なポイントです。話しかけられるのを待つのではなく、自ら歩み寄って声を掛ける姿勢で、コミュニケーションを取っていくことが非常に重要です。

また、レクリエーションでは、1対1のコミュニケーションだけでなく、1対多数のコミュニケーションスキルも求められます。

介護が未経験の方でも、コミュニケーション能力があれば、介護スキルはいずれついてくるため、心配ありません。

予定外の出来事に対しても臨機応変に対応できる人

介護イメージ

多数の利用者を相手に、介護士は様々な業務をこなさなくてはいけません。しかし、予定外の出来事や緊急事態はつきものです。そういった場面に出くわした際に、臨機応変な対応が求められます。

利用者は高齢のため、様々な疾患を持っています。そのため、浴室で急に意識消失をすることもあります。また、利用者同士のトラブルもあります。

決まったことを毎日の繰り返しのように行うのではなく、日頃から様々な可能性を想定しながら業務に当たることが重要です。

1点だけを見るのではなく、全体に目を向けて、細かな事に気付ける人、臨機応変に動ける人は、デイケアの介護士に向いていると言えるでしょう。

早出や遅出、夜勤などがない環境で働きたい人

時間イメージ

デイケアは、基本的に日中の業務の為、早出や遅出、夜勤などがありません(※宿泊型の施設では、例外的に夜勤が発生する場合があります)。
夜勤や早出手当などの収入は期待できませんが、1日のスケジュールがほぼ決まっているため、予定外の残業が少ないことがメリットと言えるでしょう。

また、勤務日が月~金曜日もしくは土曜日までという施設が多く、週末のプライベートを充実させたい人にも向いています。

さらには、送迎手当などの福利厚生が充実している施設も多く、日勤希望で小さなお子さんの送り迎えと併せての車通勤を希望する人には、向いている職場と言えるでしょう。

3)デイケア(通所リハビリテーション)の転職で意識しておきたい3つのポイント

何らかの原因で心身の機能が低下したり、失われたものに対して、機能回復のためにリハビリを行うデイケア。

ここまでは、デイケアの仕事がどんなものか。また、その仕事はどんな人に向いているのか、について紹介してきました。ここからは、デイケアへ転職の際に、意識しておきたい3つのポイントについて紹介します。

それぞれのポイントをしっかりと抑えておくことで、自身に合った職場かどうかの見極めができたり、又は転職失敗を未然に防ぐことができるでしょう。

それでは、一緒に確認していきましょう。

リハビリに対する知識を持っておく福利厚生面など、勤務地選びは慎重に介護向け転職サービスを活用する
  • リハビリに対する考え方・知識をしっかり持っておこう
  • 施設によって福利厚生は異なる。勤務地選びは慎重に
  • 介護向け転職サービスを活用する

リハビリに対する考え方・知識をしっかり持っておこう

知識イメージ

リハビリをすれば、誰でも100%元気だった頃に戻れるわけではありません。例えば、スタスタ歩いていて転倒して大腿骨を骨折してしまった人と、10年かけて足腰が弱っていた人とでは、リハビリのゴール(目標)が違います。

まず、リハビリテーション計画を立てる際に、どのようなことが原因でリハビリを必要とするようになったのか、一人一人原因となるものを把握しておく必要があります。

また、リハビリは理学療法士等による運動やマッサージだけがリハビリではありません。掃除、洗濯などの家事も生活リハビリです。家庭内でも役割を持って、出来ることは出来るだけ自分で行う、という考え方を根本に持っておくことが大切です。

デイケアで介護士の仕事をする際には、リハビリを必要としている理由を一人一人把握しておく必要があるでしょう。

施設によって待遇・福利厚生は大きく異なる。職場選びは慎重に

職場選びイメージ

介護の仕事は「未経験や経験が浅くてもOK」という募集が多い反面、資格取得やキャリアアップ制度に重点を置いている施設が多いです。

また、資格手当や賞与その他の福利厚生は、施設によって大きく異なります。成長途中の介護サービス業界の中では、経営状態の良くない、いわゆるブラックな事業所もあることは把握しておきましょう。

ブラックな事業所を避けるためにも、きちんとした社員教育の仕組みがあるか、資格取得の資金援助などはあるかなど、についても事前によく調べておき、自身に合ったデイケアの求人に出会えるように、職場選びは慎重にいきましょう。

介護の働く職場選びで、チェックするポイント

  • ①求人内容(サービス内容、業務内容、待遇、福利厚生)
  • ②職員数(利用者に対して人数が少なすぎないか、有資格者は一定層居るか、退職者の多さはどうか)
  • ③育成・研修、マニュアルの整備等は充実しているか
  • ④施設に電話した際の対応の様子
  • ⑤気になっている事業所の法人について

①求人内容(サービス内容、業務内容、待遇、福利厚生)

・サービス内容/業務内容:

介護士と一言で言っても、高齢者分野なのか、障害者分野なのか。また、通所なのか、訪問なのか、入所なのか。それによって、業務内容も大きく異なります
例えば、高齢者分野のデイサービスの介護士であれば、入浴介助やレクリエーションなど。特別養護老人ホームであれば、食事介助、入浴介助や排泄介助などが、主な業務となることでしょう。

・待遇/福利厚生:

サービス業種(訪問介護、デイサービス、特別養護老人ホームなど…)や夜勤の有無によっても給与は大きく異なります。
また、昇給や賞与はあるか、社会保険に加入しているか、退職金制度はあるか、交通費、扶養手当、住宅手当、食事代補助は出るのかなど、調べておくと良いでしょう
仕事をしていく上でのモチベーションにもなるポイントです。



②職員数(利用者に対して人数が少なすぎないか、有資格者は一定層居るか、退職者の多さはどうか)

・利用者に対して人数が少なすぎないか:

職員が少ないと体力・気力ともに余裕が無くなってしまいます。経営側は、人員基準をクリアすることに必死ですが、現場は人員基準の最低人数だけでは現場がまわらないことが多々あります。
良いケアを提供するためにも、重要なポイントです。

・有資格者は一定層居るか:

有資格者がいる≒ケアに対しての理解がある≒良いケアが提供できる。すると、働き方にも余裕が生まれ、急なトラブルなどにも迅速に対応することが出来ることでしょう。

・退職者の多さはどうか:

心身共に大変な介護職。職場環境が悪かったり、職員の教育制度が不十分であると、必然と退職者も増えてきます。この点もチェックしておくと良いでしょう。

上記3点については、「厚生労働省 介護サービス情報公表システム」でも確認することができます。



介護サービス情報公表システム

介護サービス情報公表システムイメージ画像

公式サイトURL:https://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/

介護サービス情報公表システムは、高齢者介護分野の検索サイトです。このサイトでは、上記に挙げたような各事業所の情報を確認することが出来るのです。

介護サービス情報公表システムイメージ画像

ただし、介護施設は多くの場合人の出入りが激しく、介護サービス情報公表システムで紹介されている情報が最新でない場合もあります。
紹介されている数字は参考程度にしておき、詳細はTELや見学するなどして、直接確認すると良いでしょう。



③育成・研修、マニュアルの整備等は充実しているか

職員の、育成・研修体制はどうか、マニュアルの整備等は整っているかという点は、非常に重要なポイントです
例えば、介護の仕事をしていると、一つの介助に対して、方法がいくつもあるケースが多々あります。

職員によって介助方法が違うと利用者側は混乱し、その結果、事故の原因にもなりかねません。職員も不安感が強くなり、その積み重ねで、「離職」に結び付いてしまいます。

そこで、職員の育成や研修、マニュアルの整備等を行なっている職場は、介助に対して自信を持って対応できる上、離職の防止にも繋がります。

事業所の研修、マニュアルの整備状況の確認については、直接事業所に確認するほかに、「ワムネット 障害福祉サービス等情報検索」を活用すると良いでしょう。



ワムネット 障害福祉サービス等情報検索

ワムネット 障害福祉サービス等情報検索イメージ画像

公式サイトURL:https://www.wam.go.jp/sfkohyoout/COP000100E0000.do

ワムネット 障害福祉サービス等情報検索イメージ画像

ワムネットは障害福祉分野の事業所検索サイトで、前述の介護サービス情報公表システム同様に事業所の体制、取り組み等かなり細かいところまで確認することができます。

ただし、すべての事業所が完全に網羅されているわけではないこと、また紹介されている情報が最新でない場合もありますので、最新の情報は事業所に直接確認することをおすすめします。



④施設に電話した際の対応の様子

事務所の電話対応で、「その事業所の中身が全て分かる」と言えるくらい、事務所の電話対応はとても重要です
いわゆる『施設の顔』なわけですから、ネット等で下調べを終えた後は、直接電話をしてみることをおすすめします

介護施設は特に、施設長(場合によっては理事長)の介護に対する考えが、介護士の仕事を大きく左右します。
その施設長は、一日のうち大半の時間を事務所で過ごすわけですから、事務員の電話対応がしっかりしているところは、施設長の考えや教育がしっかりしている、と捉えても良いでしょう。

言い方を変えると、電話対応が悪いと、介護士の質も悪い事が容易に想像できてしまう、という事です。
入職を決める前に、事務職員の電話対応についても、チェックしておくと良いでしょう。



⑤気になっている事業所の法人について

法人内にある全ての事業所についても、知っておく必要があります

例えば、「社会福祉法人〇〇」という訪問介護事業所に採用が決まったとします。かつ、社会福祉法人〇〇には、訪問介護のほか4つの事業所(合計5つ)が存在したとします。

  • 訪問介護
  • 通所介護(デイサービス)
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 特別養護老人ホーム
  • 居宅介護支援事業所

恒常的な人材不足である介護業界では、「同法人内の別事業所へ異動」というケースは多々あります。

最初は、訪問介護の事業所で採用になったものの、しばらくして仕事に慣れてきた頃、通所介護や短期入所生活介護の人手が欠けた時に、人事異動が発令される、ということがあります

事前に法人全体の事業所を調べ、人事異動の有無についても、確認しておくことをおすすめします。

介護職場選びで、チェックするポイントについて詳しく見る

介護向け転職サービスを活用する

忙しい日々の中での、転職活動はとても大変なことです。他業種からの転職を検討していて不安を感じている方、施設選びの際のポイントなどを知りたい方は特に、専門の知識を有した介護向け転職エージェントの活用をおすすめします。

また、転職サービスには、それぞれ特徴があります。たとえば、正社員転職に向いている転職サービスから、特定の地域・職種の支援に強い転職サービスまで様々です。
また、アドバイザーとの相性などもあるため、1ヶ所にこだわらず、それぞれの転職サービスの強みを活かせるよう、なるべく複数のサービスを活用することがおすすめです。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

4)デイケア(通所リハビリテーション)の転職におすすめの介護系転職サービス

ここからは、デイケア(通所リハビリテーション)への転職におすすめの介護系サービスについて、紹介します。

気になったものがあったらまずは登録後に担当者とのコミュニケーションを数回重ねて、自分に合いそうかを見極めていくと良いでしょう。

#1 すべての人におすすめ「きらケア」

きらケア。あなたらしく働ける介護を。きらケアは、介護のお仕事探しを支援するサービスです。

きらケアは介護向け求人の豊富さとアドバイザーのサポートの充実さの評判が高い転職エージェントです。

求人を出している職場の雰囲気や働き方などについて専門アドバイザーが詳しく伝えてくれますので、職場選びが不安な方には特におすすめのサービスです。

紹介求人はインターネットからも閲覧することができますので、まずはどんな求人があるかを確認するだけでも、登録するメリットはあるでしょう。

#2 未経験者または派遣・パートで働く人は「かいご畑」がおすすめ

介護の求人・転職・募集ならかいご畑

介護職の仕事未経験で、アドバイザーから丁寧なサポートを希望する方は「かいご畑」がおすすめです。
かいご畑は、無資格者や介護の実務が未経験の人の異業種転職に強い転職サービスといわれています。資格取得を実質無料でできるサービスもあったりと、「介護の仕事について、学びながら仕事探しをしたい」という方はかいご畑のサービスがマッチしやすいでしょう

かいご畑に掲載されている求人の70%以上が、派遣社員またはパート・アルバイトの募集となっています。
希望するワークライフバランスにも配慮して、「週3~4日勤務」「時短勤務」といった求人案件も常時取り揃えています。

無資格・未経験でもOK
登録は3分程で完了します。

#3 質の高い求人とサポートを求める人は「マイナビ介護士」がおすすめ

一人ひとりに寄り添える転職を。マイナビ介護職。

「良質な求人紹介を、なるべく優秀なアドバイザーの支援の下に受けたい」という方におすすめなのが、マイナビ介護職です。

マイナビの転職サービスは、「求人紹介から書類添削、面接対策まで、丁寧にサポートしてくれる」と評判で、マイナビ介護職では介護分野での転職者に向けて、介護の現場や業界の実情を理解しているキャリアアドバイザーが専属で的確なアドバイス・サポートを行ってくれます。

特に、介護士としてのキャリアを形成中で、新しい職場と更なるキャリアアップを目指して転職をする人にフィットしやすいでしょう。

転職相談会も実施中
登録は3分程で完了します。

まとめ)デイケアで介護士の仕事をするなら、まずリハビリに対する理解を!

デイケア(通所リハビリテーション)で介護士の仕事をするにあたり、仕事内容、大変な点や、やりがいについて、どんな人が向いているのか、意識しておきたいポイントなどについて、ご紹介させて頂きました。 

デイケアは、リハビリ目的で利用する方が対象になるため、介護士は利用者の把握はもちろんのこと、リハビリに対する考え方や、正しい知識をしっかりと持っておくことが重要です

また、事業所によって、福利厚生などに違いがあるため、転職サービスを複数活用し、事前に事業所情報をよく把握しておくことで、転職活動の成功率をアップさせましょう。

目次[ 閉じる ]