『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

リクルートエージェントってどんな転職エージェント?特徴、評判について紹介

[最終更新日]2018/11/23


85
転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

目次

リクルートエージェントの基本情報
(求人数、対応地域、職種・業種の傾向)

 

リクルートエージェントの基本情報

求人数 約50,000件
対応地域 全国
年収UP率 約60%

リクルートエージェントで求人の多い職種ベスト3

1位 2位 3位
営業職 ITエンジニア 電気・機械・化学エンジニア

リクルートエージェントで求人の多い業種ベスト3

1位 2位 3位
IT・通信業 医薬業 機械・輸送器具関連業

リクルートエージェントって?─リクルートエージェントの特徴

 
「リクルートエージェント」の特徴。転職支援サービスの質の高さ。(国内転職エージェントの実績No1!)その他にも…圧倒的な知名度とブランド力。求人情報の多さ。

転職業界の誰もが認める、リクルートエージェントの「求人情報の多さ」と「転職支援サービスの質の高さ」

リクルートエージェントは企業に対しての営業力も非常に高く、また「リクルート」ブランドの信頼性も手伝って、他の転職サービスを圧倒する程の”求人数”を揃え続けています。更には、日本全国の各地域を網羅した体制も大きな特徴の一つでしょう。

精力的な活動と、そして知名度の高さゆえに、企業側・転職希望者どちらからも集まってきて、サービスの活性に繋がっている──ということですね。

リクルートエージェントをオススメできる、3つのポイント

リクルートエージェント3つのオススメポイント。転職エージェントの、圧倒的な充実サポート。30万人の転職者を転職成功に導いた、万全の支援体制。他の転職サイトでは見られない、「非公開求人」が多数!
 

「担当の転職エージェントの【頼りになる】充実のサポート」

リクルートエージェントのキャリアドバイザーからサポートを受けるシーン
   

リクルートエージェントを利用された方からの評判で多いのが、「担当頂いた転職エージェントがとても頼りになった」というところ。運営しているリクルートキャリアでは、この「リクルートエージェント」にかなり力を入れているということもあり(実際業績も向上し続けているようです)、優秀なスタッフの方が担当エージェントになるケースがとても多いのです。

また、これまでの実績の多さから、転職活動者に伝えられる情報やサポートの品質もとても高い傾向にあるようです。転職エージェントが転職希望者の経験、希望している業界や市場の状況を総合的に見て、最適なステップを提案してくれます。更には、その先の求人企業との面談調整や条件の交渉までやってくれるので、転職活動者は面接などのコアな活動に集中することができます。

実際にリクルートエージェントを利用された方の生の声・評判

評判通りの、信頼と安定感のあるサポートでした

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの方と直接、対面でお話する機会を持てたのが良かったです。私はIT業界で働いていましたが、最近少し辛く感じてきていて「他の業界へ移ろうかな…」とも考えていたのですが、キャリアアドバイザーの方から「これまでのご経験を活かせば、もっと上流でのお仕事も見つかると思いますよ。また、安易に他の業界に移ると、年収が少なからずダウンする可能性があります」と教えていただいて、そこで踏みとどまりました笑。
一度お会いできただけで、とても信頼感を持てました。
(30代男性・IT業界・年収550万円 北海道)

「的確なアドバイスで力強くバックアップしてくれた」という印象です

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの方に最初に持った印象は、「業界の知識が、とても豊富だな」ということでした。一回目の面談の際に、私が転職の希望の条件等を伝えると、その業界ならではの傾向も押さえてくれたうえでそれにぴったり合った求人を厳選して紹介してくれました。
それ以降も、こちらの転職活動を的確なアドバイスで力強くバックアップしてもらえて。頼もしかったですね。
(30代男性・製造業・年収510万円 愛知県)

「これまで30万人の転職者を転職成功に導いた独自のサービス」

 

リクルートエージェントは、「転職成功実績」も事実上ナンバー1の転職エージェントです。これまでなんと、30万人以上もの規模の転職者を転職成功に導いています。 その実績を支えるのは、前述の転職エージェントの担当スタッフの品質と、これまでの豊富や転職ノウハウ、そして強力なサポート体制といった、「組織としての仕組み」です。 どんな「仕組み」があるのかというと、転職活動者に面接必勝法を伝授するという「面接力向上セミナー」、社風や選考情報など、生の企業情報を伝える「エージェント レポート」、そして転職活動者の進捗をグラフィカルにトラッキングできる「Personal Desktop(PDT)」──といった、様々な就職支援ツールで転職希望者を強力にバックアップしてくれます。

「面接力向上セミナー」とは?

リクルートエージェントのサービス、面接力向上セミナー
 

面接力向上セミナー」とは、リクルートエージェントのサービスにお申込みされたのちに無料で参加できるセミナーです。
転職における面接選考の概要から意識するポイント、事前のシミュレーションまで、詳しく知ることができます。

特に注目したいのは、「面接力向上セミナー」の満足度。参加者の99%がアンケートで「満足」以上と回答しているようです。他の転職サービスと比較しても、かなり強力な転職支援の仕組みですね。

「エージェント レポート」とは?

リクルートエージェントのサービス、エージェント レポート
 

エージェント レポート」とは、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが作成する、志望先の業界分析から応募企業の選考のポイントまでをまとめた、いわば「あなただけ」の転職お役立ちレポートです。
例えば応募企業の特徴やその業界の文化・トレンド、そのほか仕事のやりがいや環境についてもまとめてくれます。情報収集が非常に大切となる転職活動において、エージェントレポートは間違いなく大いに役立ちそうですよね。

Personal Desktop(PDT)

リクルートエージェントのサービス、Personal Desktop(PDT)
 

Personal Desktop」は、リクルートエージェントの転職サービスに登録した後に活用できる専用サイト(ページ)です。
この専用サイトを使って、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが紹介した求人情報を確認したり、応募手続きを行ったり、職務経歴書の作成まで行うことができます。
「自宅用PCは持っていないんだけど…」という方もご安心ください、スマホからのアクセスも可能です!

実際にリクルートエージェントを利用された方の生の声・評判

私の適性や特徴をきちんと見抜いてくれました。

リクルートエージェントのアドバイザーの方は、とても親切で的確なサポートをしてくれました。また、私の適性や特徴をきちんと見抜いてくれて、それに合った求人情報を紹介してくれました。
個人的に特に良かったと思うのが、職務経歴書のアドバイス(指導)と、エージェントレポートという、求人先企業の普段は知りえない詳細情報を記したレポートを頂けたことです。
(40代男性・メーカー・年収480万円 大分県)

本当に多様なサポートがあります

リクルートエージェントを利用してまず驚いたのが、「本当に多様なサポートがあるなあ!」ということでした。面接力向上セミナーや、エージェントレポートなどなど…。それから、キャリアアドバイザーの方の品質も高かったですね。今の私の年齢や実力に見合った仕事選びをしてくれました。
(40代男性・保険営業・年収500万円 大阪府)

他の転職サイトでは見られない、「非公開求人」が約10万件!

非公開求人とは?企業が社名を明かさず人材を募集すること
 

リクルートエージェントは一般には出回らない「非公開求人」を多く抱えており、その数は約10万件

ちなみに、「非公開求人」とは、企業が社名を明かさず人材を募集することです。なぜ企業は非公開で人材を募集するのかというと、大きく以下の3つの理由があります。

  • 企業側で、急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない
  • 企業の人事採用側の事務コストの節約
    (公開型求人は、関係各所への連絡や情報更新等の作業が発生するため)
  • (同業他社にあまり知られずに進めたいというような)
    機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用

つまり、非公開求人は、「企業側での採用における緊急性や重要性が高い場合が多い」ということです。また、非公開求人は大企業から出されているケースが非常に多いです。
その他、通常の「公開求人」も常時3万件も紹介されていますので、「他の転職サービスで紹介されている公開求人がリクルートエージェントでは紹介されていないのでは…」ということは、まずありませんのでご安心ください。

実際にリクルートエージェントを利用された方の生の声・評判

キャリアドバイザーの方は10件程の求人をコンスタントに紹介してくれました。

都合により神奈川から千葉に引っ越すことになって、それを兼ねての転職でした。つまり、神奈川県で暮らしてるうちに千葉県の求人を探す必要があったのです。「これは自力じゃ難しいな」と思って、リクルートエージェントさんを利用することにしました。 結果は、、、とても良かったですね。キャリアドバイザーの方は10件程の求人をコンスタントに紹介してくれて。「求人を選べる!」というのがまず嬉しかったし、対応の速さには助けられました。
(20代男性・飲食業・年収380万円)

自分一人では絶対に知りえない情報を、しっかりと、かつ詳細に教えてくれた。

リクルートエージェントは、他の転職サービスと比較して非常に多くの求人情報がありました。私が目的としていた事務職の求人数もとても多かったことが有難かったですね。

また、コンサルタントの方にも助けられました。例えば、私が「ここ良さそう…」と思っていた求人が、実は労働環境が過酷だったり…。自分一人では絶対に知りえない情報を、しっかりと、かつ詳細に教えてくれたのがありがたかったですね。
(30代男性・アパレル業・年収450万円)

リクルートエージェントの転職サービスは、こんな方にオススメ

  • リクルートグループの、これまでの転職ノウハウや情報力を活用して効果的に転職活動をしたいという方
  • 転職エージェントからの密なサポートを受けながら、転職を進めていきたい方
  • より多くの求人情報を比較検討しながら、転職先を決めていきたい方
  • 「面接力向上セミナー」、「エージェント レポート」、「Personal Desktop(PDT)」などの、リクルートエージェントの転職支援ツールを活用していきたい方

リクルートエージェントを実際に活用された、転職者の評判

「転職サービスをご利用された方の声」を見ながら話し合う男性と女性
 

ここからは、リクルートエージェントの転職サービスを実際に利用された方々の評判で多かったものを「リクルートエージェントを使って良かった点」、「リクルートエージェントを使って悪かった点」それぞれピックアップしてみましょう。

「リクルートエージェントを使って良かった点」で、多かった評判

  • 転職エージェントから、常に適切なサポートを貰え、効果的に転職活動を続けられた。
  • 求人の紹介数が、他者と比べて圧倒的に多かった。かつ、紹介される求人の品質も高かった。
  • 検討していた業界以外のところでも、「例えばこういうところはどうでしょう」といった提案を多くもらえた。
  • 転職未経験、転職初心者に対しても、しっかりしたわかりやすいサポートをしてくれた。
  • スピード感があった。こちらの希望する内容に、迅速に応えてくれた。
  • 模擬面談で、自分の話し方の癖などを指摘してくれ、もっと良い説明の仕方をレクチャーしてくれた。

「リクルートエージェントを使って残念だった点」で、多かった評判

  • こちらの希望や要望に沿わないような提案をしてくることが何度かあった。
  • キャリアアドバイザーの担当によって変わるのかもしれませんが、レスポンスがやや遅いことや、電話応対で済まされてしまうことがあった。

 ここまでの方の転職体験談を拝見していますと、「転職エージェントのしっかりとしたフォロー・サポート体制」が、リクルートエージェントの大きな満足要因であることが伺えます。そのほか、「求人数がとても多い」「登録してまず損はない」と言った評判も多く見受けられました。この辺りは、リクルートエージェントの特徴やおすすめポイントで挙げた点と通じるところですね。

気になる点としては、「レスポンスがやや遅い」であったり、「こちらの希望や要望に合わない」といったネガティブな評判もあるということ。リクルートエージェントに関わらず、転職エージェント系サービスは、担当エージェントの相性によって、評価が大きく変わる傾向があることも事実です。
この辺りが心配に感じる方は、別の転職サービスと併用しつつリクルートエージェントを利用されると良いかもしれません。

リクルートエージェントを活用するために意識したいこと

転職活動の計画を手帳に書き込む
 

さて、ここまでの内容で、リクルートエージェントのサービス内容のご理解は進まれたことと思います。
続いては、実際にリクルートエージェントを活用する際に、「私たち転職者が意識したいこと」について見ていきましょう。

「紹介数が少ない(または)多い」と感じたとき

まず、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが用意する紹介情報の数が少ない、または多いと感じたとき。
この場合は、まずご自身が想定している紹介数を一度振り返っておくと良いでしょう。

転職に成功した人の平均応募社数を調査した結果によると、20代で約20社、30代で約17社、40代で約14社という結果になっています。──かつ、これら応募数の数値は紹介された求人情報すべてに応募していることはないでしょうから、実際に転職成功者がキャリアアドバイザーから受ける紹介求人数はこれらの3~5倍程度と見ておいた方が良いでしょう

つまり、多くの転職者の方々は、50~100社程の求人情報をキャリアアドバイザーから紹介されているであろう、ということですね。

ここから、ご自身がイメージする転職活動期間で見ていって、現在の紹介数が少ないのか、多いのかを見ておくことが大切です。

そのうえで、もっと求人数を増やしたい(減らしたい)という想いが生じるようでしたら、その気持ちをしっかり担当のキャリアアドバイザーに伝えていくことが大切です。キャリアアドバイザーの方でも、あなたの要望を受けとめ、(ときに提案もしながら)対応してくれることでしょう。

キャリアアドバイザーとの付き合い方

キャリアアドバイザーとどう付き合っていくべきか分からない」──転職活動に慣れていない方で、良くこのようなお話をききます。

キャリアアドバイザーとの付き合い方で何よりも大切なのは、「本音でコミュニケーションを取ること」。転職活動は、転職者とキャリアアドバイザー、そして求人企業との三者のシナジーが高まってうまく行くものです。そして、まずは転職者(私たち)とキャリアアドバイザーが本音で話し合える関係を目指されると良いでしょう。

もしその際に、「キャリアアドバイザーとの相性が合わない」「こちらが本音で話しても、向こうは本音で来てくれない」等の不安・問題が起きるようでしたら、併せて以下の記事もご覧ください。

「希望条件と紹介される仕事にギャップがある」というとき

「キャリアアドバイザーから紹介される情報が、自分の希望条件とマッチしない…」という場合は、以下の2つの可能性が考えられます。

  • キャリアアドバイザーが、あなたの希望を把握し切れていない
  • キャリアアドバイザーが、転職を急がせている

前者の場合は、これからのコミュニケーションで改善できる可能性もあるでしょう。ですが、後者の場合(キャリアアドバイザーが、転職を急がせている)ですと、そのスピード感があなたの求めるものではない場合、担当キャリアアドバイザーの変更をされたほうが良い場合も多いでしょう。

そういった場合は、「別のコンサルタントの方のご意見も伺いたい」「業界に詳しい方のアドバイスをお聞きしたい」といった言い方で、暗に担当キャリアコンサルタントを変えてもらいたいということを伝えましょう。

転職エージェントの方も、転職者の方で「合う・合わない」があることは充分承知していますので、とくに問題はありません。

リクルートエージェントと併せて利用すると効果的な転職サービス

転職活動を、効果的・効率的に進めていくために…複数の転職サービスを活用する!男性「セカンド・オピニオンがあるとより信頼・安心感が持てますよね。」女性「コンサルタントとの相性も大切です!」
 

「求人情報を沢山見ながらの、転職支援サービスを受けていきたい」という場合は、
リクルートエージェント&doda(デューダ)で!

サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

dodaはリクルートキャリアに続く、国内市場第二位の転職支援サービスです。

また、dodaは「IT系、エンジニア職・技術職の求人に強い」とも言われており、dodaもリクルートエージェント同様、dodaだけの非公開求人を数多く取り揃えています。
IT・エンジニア系の転職を目指されている方や、「より多くの求人情報を確認して、比較検討していきたい」という方は、リクルートエージェントと併せてdodaも登録しておくと効果的でしょう。

「自身の市場価値や、キャリアプランを見定めながら転職活動をしていきたい」という方は、
「リクルートエージェント」&キャリトレで!

サービス名 キャリトレ
特徴 1日5分、レコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる「挑戦する20代の転職サイト」
企業名 株式会社ビズリーチ(2007年)

常に新しい人材支援サービスの形を追求する、株式会社ビズリーチの運営するキャリトレは、1日5分求人をチェックするだけで新しい可能性を発見できる支援サービスとして、少し前に多くのメディアを賑わせました。

サービスの概要は、入会登録時に合わせて適性診断アンケートを行い、するとその結果から転職者にマッチすると判断された求人情報が送られてくる──といったスタイルです。

紹介される求人情報については、利用された方からは「なかなか納得性が高く、かつ自分ではなかなか思いつかなそうなセレクト」といった声が多く、今後のキャリアプランを検討していくうえでも重要な気付きにつなげられることも多いでしょう。

近年の転職支援サービスは、大量の求人情報が送られてきたりと、「求人情報のスパム化」の傾向が強まってきています。「求人やオファーが沢山来すぎて、何が自分に向いているのかがどんどん分からなくなってくる…」といった、情報の多さに逆にストレスを感じてしまう方は、career treckの転職サービスを併せて活用すると、効果的でしょう。

リクルートエージェントの転職サービス 特徴・メリット まとめ

 ここまでの、リクルートエージェントの転職サービスにおける特徴、メリットをまとめてみましょう。

  • 担当の転職エージェントの【頼りになる】充実のサポート
  • 求人数がとても多く、紹介される求人情報の品質も高い
  •       
  • これまで30万人の転職者を転職成功に導いた実績
  • 他の転職サイトでは見られない、「非公開求人」が豊富!
  • 「面接力向上セミナー」「エージェント レポート」「Personal Desktop(PDT)」といった、様々な就職支援ツールが多数ある

リクルートエージェントを利用する一番のメリットはやはり、「転職エージェントの品質の高さ」そして、「組織的にも、これまでの実績で培われた充実の転職者サポートの仕組み」といったところでしょう。「まずはじめに登録しておいてほしい転職サービス」として、全ての転職者の方にオススメしたい実績と評判です。

この記事を編集した人

アーティエンス株式会社 メディア事業部

アーティエンス株式会社(メディア事業・研修事業を営む会社)所属。
メディア事業部では、「サービスに携わる人たちの、”心揺さぶる瞬間”を創出していくこと」をモットーに、企画・運用活動を行っています。

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.25
Loading...