『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

フルスタックエンジニアに転職するには?求められるスキルからキャリアパス、目指し方まで紹介!

[最終更新日]2021/05/15

フルスタックエンジニアに転職するには?

ITエンジニアの職種として、「フルスタックエンジニア」という言葉が聞かれるようになっています。

さまざまなスキルを持っていることが売りである一方で、正しい意味で使われないこともあるので注意が必要です。

実際にフルスタックエンジニアに求められるのは「何でも平均的にできる人」ではなく、「多方面で優れたパフォーマンスを発揮できるエンジニア」です。

そのため、フルスタックエンジニアになるためには相応の努力が必要なことも確かです。

目次

1)フルスタックエンジニアとは

PCイメージ

フルスタックエンジニアとは「マルチエンジニア」とも呼ばれ、システム開発のほぼすべての工程を担えるエンジニアを指します。実務で関わる工程には、以下のものが挙げられます。

  • コーディング(フロントエンド、サーバーサイドを問わない)
  • 設計
  • 保守・運用
  • UIやUXの検討
  • インフラやミドルウェアの設計・構築・運用
  • クラウドサービスの活用
  • プロジェクトマネジメント

上記に挙げた各々の役割において、いずれも優れたパフォーマンスを発揮できる方がフルスタックエンジニアです。いわば「スーパーマン」とも呼べるため、貴重な人材となるでしょう。

システム開発プロジェクトにおいて、上記に挙げた役割は個別に担当者を置くことが通常です。
一方でフルスタックエンジニアがいれば、複数の役割を兼任させることができます。もし小規模のシステム開発ならば、すべてを1人で担当することも可能です。



フルスタックエンジニアに求められる知識・技術

フルスタックエンジニアは業務を遂行する上で、多種多様なスキルが必要です。ここでは5つの項目に分け、求められる知識や技術をまとめました。以下の表をご参照ください。

インフラやネットワーク・ミドルウェアの知識 システムを円滑に実行する上で重要な分野。以下に挙げるスキルが求められる。

・機器構成やOSの選定や設計、構築、および運用
・スムーズに通信が行えるネットワークの設計や構築、運用
・開発するシステムに適したデータベースの選定や設計、構築、運用
・システム要件とデータベースの仕様に基づき、データの属性や記録・更新する際の仕様、速度改善などの適切な実施
・冗長化(RAID、ロードバランサ、待機系システムの準備など)
・Webサーバーや、システムで用いるミドルウェアに関する知識

各項目ともに、チューニングやトラブルシューティングを行えるスキルも求められる。
プログラミングスキル フロントエンドの開発で使われるHTML、CSS、JavaScriptに加えて、サーバーサイドで使われる言語を1つ以上マスターしておくことが必要。代表的な例として、PHPやRuby、Java、Pythonが挙げられる。

それぞれの言語は、最低でも独力で一通り開発できるレベルに達していることが欠かせない。
実力を証明するため、実務経験も求められる。ただ開発するだけでなく、保守をしやすいコーディングをしたなどの工夫も見られる。
デザイン(UI・UX)の知識 デザインはWebデザイナーの専門領域だが、予算やスキルの都合などによりアサインできない場合は、フルスタックエンジニアに任される。
Webデザイナーと同様、UIやUXを考慮したデザインができるスキルが求められる。
クラウドサービスの知識 コストや開発工数の削減を目的として、あるいは一時的に使用するシステムということを理由に、クラウドサービスが選択されるケースも多い。主なクラウドサービスとして、以下の3つが挙げられる。

・Amazon Web Services
・Google Cloud Platform
・Microsoft Azure

各サービスにはさまざまなメニューや機能がある一方で、オンプレミスのシステム開発とは異なる制約や条件もある。
どれか1つでよいのでクラウドサービスの知識を得ておき、スムーズな開発につなげることが求められる。
交渉やマネジメントスキル・リーディングスキル フルスタックエンジニアは、「設計者、開発者、運用担当を兼ねる」といった場合もある。この場合や顧客や営業担当といった方に対し交渉を行い、より適切なシステムにするスキルが求められる。

その上で円滑にプロジェクトを遂行できる、マネジメントスキルも必要。自らがプロジェクトマネージャーとなり、納期どおりに求められた品質で、予算の範囲内に収めるレベルは代表的な一例。これは「1人プロジェクト」の場合でも変わらない。

加えて他にメンバーがいる場合はチームとして成果を上げるため、リーディングやコーチングのスキルも求められる。




2)フルスタックエンジニアの需要は高い!特に活躍できるシーンは──

PCイメージ

企業側から見た場合、フルスタックエンジニアには高い需要があります。その理由は、以下の6点にまとめられます。

  • 人件費を節約できる。スタートアップ企業やベンチャー企業でも、スキルを揃えやすい
  • 1人で複数のスキルがあれば、開発もスムーズに行える。コミュニケーションコストも下がる
  • そもそもシステム開発の難度が下がっている(コモディティ化)
  • クラウドサービスの活用や技術全般の進化などにより、複数の分野で高いレベルを持つエンジニアを求めている
  • スクラム開発では、あまり開発チームのサイズを大きくできない
  • さまざまな知識やスキルを持っているため、総合的な視野に基づいた判断ができ、競争力のあるサービスを実現可能

このような事情があるため、フルスタックエンジニアが応募してきたら「多少給料をアップしてでも、ぜひ採用したい」と考える企業も多いもの。
1人で何役もこなせることは、それだけ価値のあることです。





フルスタックエンジニアが特に活躍できるシーン・領域

スタートアップ・ベンチャー企業開発マネージャー・プロジェクトマネージャーITスペシャリスト・ITアーキテクトCTO(最高技術責任者)
  • スタートアップ・ベンチャー企業
  • 開発マネージャー・プロジェクトマネージャー
  • ITスペシャリスト・ITアーキテクト
  • CTO(最高技術責任者)

フルスタックエンジニアが活躍できるシーンは、以下の2つに分けられます。

1.少ない人員で業務をこなす必要がある職場
2.責任者や有識者として、適切な判断を求められる職種

1番の代表例として、「スタートアップ・ベンチャー企業」が挙げられます。小規模なIT企業でも、開発に求められる職種の数は変わりません。一方で創業当初は、多くの人材を抱える資金がないことも事実。この点で複数の役割を兼ねられる「フルスタックエンジニア」は、ぜひ欲しい人材です。

残りの職種は、2番にまとめられます。高いレベルの職種になるほど、その判断はプロジェクトに大きな影響を与えます。特にCTOともなると、全社にわたる影響をおよぼすことになります。

さまざまなITの分野を俯瞰できる「フルスタックエンジニア」は、求められる職種の1つです。



3)一方で、「フルスタックエンジニアはいらない」という意見も

意見イメージ

フルスタックエンジニアを求める声も多い一方で、フルスタックエンジニアはいらないという意見もあります。

そもそもIT業界では、1つの技術を究めることも大変です。
そのため「複数の分野でスペシャリスト並みのアウトプットが、本当に出せるのか?」という疑問が出ることは、もっともといえます。
「現実的にはスペシャリストを複数揃えたほうが確実」という考え方の人も多いでしょう。

このような事情もあり、企業からは以下のように見られる場合もあります。

  • 強みのある分野がなく、どの技術も中途半端なレベル
  • フルスタックエンジニアといいつつ、コーディングしかしようとしない

一方でエンジニアから見た場合でも、以下に挙げるマイナスの意見があります。

  • すべてを1人でこなさなければならない
  • 職場の便利屋として使われる
  • 誰もやりたがらない仕事ばかりを押し付けられる

「なんでもできるから、多くの仕事を押し付けられ、パフォーマンスを発揮できない」という事態は、ぜひとも避けなければなりません。
その意味で関わる会社が「フルスタックエンジニア」についてどう考えているか、事前にチェックすることは大変重要です。





4)フルスタックエンジニアの年収・キャリアパスは

エンジニアならば、年収や将来のキャリアは気になるもの。ここからはフルスタックエンジニアの年収やキャリアパスについて、詳しく解説していきます。





フルスタックエンジニアの年収イメージ

年収イメージ

フルスタックエンジニアは比較的新しい職種のため、年収の調査結果や統計は少ないことが実情です。ここではStack Overflow「Developer Survey Results 2019」に記載された「Salary by Developer Type」の情報から、年収の情報を確認していきましょう。

フロントエンド・バックエンドエンジニアと比べた年収のデータは、以下のとおりです。

職種 年収(ドル) 年収(日本円:1ドル=105円と換算)
フルスタックエンジニア 57,000ドル 5,985,000円
バックエンドエンジニア 56,000ドル 5,880,000円
フロントエンドエンジニア 52,000ドル 5,460,000円

Stack Overflow「Salary by Developer Type」より参照 

フルスタックエンジニアはフロントエンドエンジニアと比べて1割程度、バックエンドエンジニアと比べても多少なりとも高給が見込めることがわかります。

もっとも、この数値は平均に過ぎません。企業ごとの差も大きいため、応募する際に必ず条件を確認することが重要です。





フルスタックエンジニアのキャリアパス

キャリアパスイメージ

フルスタックエンジニアからのキャリアパスは、以下のとおりさまざまな職種があります。
他の職種と同様、キャリアパスは大きく「管理サイド」「プレイヤーサイド」の2つに分けられます。働き方の特徴も含めて、違いを確認していきましょう。

種類 働き方の特徴 職種の代表例
管理サイド 広く豊富な知見をもとに適切な判断を下し、エンジニアを指揮する。通常、自ら現場の第一線でコーディングや操作などは行わない プロジェクトマネージャー、開発マネージャー、CTO
プレイヤーサイド 自らの持つ広く豊富な知見とスキルを、現場の第一線で発揮し、活躍する ITスペシャリスト、ITアーキテクト、AIエンジニア、フリーランスエンジニア

上記に挙げたとおり、管理サイドは「適切な判断を下し、指揮すること」、プレイヤーサイドは「自らの能力を現場の第一線で発揮すること」が特徴です。この点を基準に、キャリアパスを選ぶとよいでしょう。





5)フルスタックエンジニアを目指すために、取るべきアクション3つ

フルスタックエンジニアを目指すならば、自他ともに認められる高いレベルのエンジニアになることが欠かせません。
「なんでもそこそこにできるエンジニア」という評価は、ぜひとも避けたいところ。そのために取るべきアクションは、以下の3点にまとめられます。

「●軸」となる専門分野を持つ ●業界の最新情報をキャッチアップする ●具体的な目標を掲げスキルアップを行う
  • 「軸」となる専門分野を持つ
  • 業界全体を俯瞰し、常に最新情報をキャッチアップする
  • 具体的な目標を掲げ、スキルアップを欠かさず行う

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。



「軸」となる専門分野を持つ

”専門分野イメージ”

いまIT業界で求められている人材は、複数の分野で強みを持つエンジニアです。突き抜けて優れた分野がある方は、専門家として認知されやすいもの。

一方でどの分野も平均以上のレベルであるものの、特に優れた分野を持たない方はどうでしょうか。職場では重宝されるものの、専門家としてはなかなか認知されにくいことが実情です。

このためフルスタックエンジニアはなんらかの分野でスペシャリストとなれる、専門分野を持つことが重要です。その上で他の分野についても、平均的なエンジニアより高いレベルに達することが求められます。
専門分野を起点として、関連する分野のレベルアップをしていくことはよい方法の1つです。



業界全体を俯瞰し、常に最新情報をキャッチアップする

”最新情報イメージ”

フルスタックエンジニアは守備範囲が広いため、おのずとIT業界全体を俯瞰する、幅広い知識が必須となります。正しい判断を行うためには常に最新情報を収集し、キャッチアップすることが重要。どれだけ忙しくても、この取り組みは欠かせません。

最新情報の収集を継続することで、以下のメリットが得られます。

  • よりよい開発方法を選べる
  • 部下やメンバーからの提案を、正確にジャッジできる
  • 不具合情報やトラブルの解決方法を迅速に入手し、適切な対応を行える
  • 顧客に対し適切な提案を行え、信頼を勝ち取れる

いずれも、プロジェクトを適切に運営する上で欠かせないポイントです。幅広い範囲にわたる情報収集は大変ですが、継続は力なり。怠らないことが成功のコツです。



具体的な目標を掲げ、スキルアップを欠かさず行う

”スキルアップイメージ”

フルスタックエンジニアはさまざまなスキルを持っているため、絶えずスキルアップに励まなければ時代の流れから取り残されてしまいます。
そのため、「誰かに教えてもらう」といった受け身の姿勢は禁物です。スキルを習得するスピードが下がり、フルスタックエンジニアとして認められなくなるおそれもあります。

このため自ら目標を掲げ、自らの意思でスキルアップを欠かさず行うことが、フルスタックエンジニアとなり続けるための必須条件です。
他のエンジニアよりも高いレベルを維持し続けたいわけですから、人一倍の努力を継続することが必要です。
業務時間内・時間外を問わず、積極的にスキルアップに励みましょう。



6)フルスタックエンジニアへの転職に、おすすめの転職エージェント4点

ここからは、フルスタックエンジニアとして活躍できる職場への転職を検討している方向けに、おすすめの転職エージェントを紹介します。
紹介するサービスはどれもフルスタックエンジニアへの転職支援実績のあるエージェントです。

エージェントによってサポートの傾向や担当となるアドバイザーの性格も変わりますので、まずは自分に合うエージェントを見つけていくうえで2~3登録し、「ここがフィットする」エージェントに利用を絞っていくと良いでしょう。



レバテックキャリア

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
企業名 レバテック株式会社
エンジニア求人数 約11,000件(2021年2月現在)
フルスタックエンジニア求人数 582件(2021年3月25日 公開求人のみ)

レバテックキャリアは、レバテック株式会社が運営する転職エージェントです。
同サービスの特徴としては、アドバイザーの殆どが「エンジニア実務経験者」であること。IT業界についてエンジニアリングの技術的な事柄についても通じた担当が付いてくれる可能性が高いです。

フルスタックエンジニア向けの求人も多く、その数は582件(2021年3月25日 公開求人のみ)!
それら求人がどのような仕事内容で、どんな人材を求めているのかを確認するだけでも、レバテックキャリアを利用する価値があるでしょう。

また、エンジニアのキャリアアップを目指している方、キャリア相談を受けたいという方にもレバテックキャリアのサービスはフィットしやすいでしょう。





ワークポート

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
企業名 株式会社ワークポート
エンジニア求人数 約12,000件(2021年2月現在)
フルスタックエンジニア求人数 78件(2021年3月25日 公開求人のみ)

ワークポートは、株式会社ワークポートの運用する転職エージェントです。
人材紹介を行って17年(2021年現在)の実績と、古くからIT業界に特化してサービスを行ってきたこともあり、フルスタックエンジニアへの転職支援実績も相応に高いことが期待されます。

ワークポートのサービス特徴として、「担当アドバイザーが積極的な求人提案をしてくれること」が挙げられます。「チャレンジできる求人を、積極的に提案して欲しい」という方は、ワークポート担当者の提案力がマッチしやすいでしょう。





マイナビITエージェント

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
企業名 株式会社マイナビ
エンジニア求人数 約13,000件(2021年2月現在)
フルスタックエンジニア求人数 43件(2021年3月25日 非公開求人含む)

マイナビITエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。
マイナビの転職サービスの特徴として、「丁寧・じっくり型のサポート」、および「企業とのパイプが太い」点が挙げられます。

マイナビITエージェントにおいて、フルスタックエンジニアの求人数は43件(2021年3月25日 非公開求人含む)と若干少なめですが、その分求人とサポートの質の高さが期待できます。

フルスタックエンジニア以外の職種の提案も含めて、キャリアについて手厚いサポートを受けたい人におすすめです。





ビズリーチ

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH(ビズリーチ) 年収2,000万円以上の求人特集
企業名 株式会社ビズリーチ
エンジニア求人数 約9,000件(2021年2月現在)
フルスタックエンジニア求人数 21件(2021年3月25日 非公開求人含む)

TVCMでおなじみのビズリーチはハイクラス向け転職サービスですが、高いスキルセットを持つエンジニア向けの求人も多く取り揃えています。

ビズリーチは、採用に積極的な企業からのスカウトメールが活性しており、すでにエンジニアやITコンサルとして一定のキャリア・実績のある方でしたら、ビズリーチに登録しておくことで多くのスカウトメールを獲得できる可能性があります

フルスタックエンジニアとしてだけではなく、開発マネージャーやプロジェクトマネージャー、CTO等のマネジメントクラスでの転職を目指す人は登録する価値は充分にあると思います。





まとめ)フルスタックエンジニアは価値が高い。技術や最新情報を追いかける喜びを感じる方におすすめ

エンジニアイメージ

フルスタックエンジニアは、多くのIT分野において人よりも優れていることが求められます。そのため希望を実現するためには、人一倍の努力が必要です。

一方で高度なレベルの人材ゆえ、スタートアップ企業など多くの企業から求められる職種であることも事実です。

技術や最新情報を追いかけることに強い喜びを感じ、上昇志向の強い方には向いている職種です。
代表的な例として、「三度の食事よりもITが好きで、なんでも一番になりたい」といった方が挙げられます。

このような方はキャリアパスの1つとして、検討してみてはいかがでしょうか。

参考文献:

【全般】

エッジテクノロジー「フルスタックエンジニアとは?仕事内容・スキル・年収・将来性
Branding Engineer「フルスタックエンジニアとは?必要なスキル5選とキャリアパス9選紹介
Modis「フルスタックエンジニアになるには?年収や身に付けておきたいスキル
SAMURAI「フルスタックエンジニアはいらない? スキルをつけて市場価値を上げよう
世界が幸せで在ります様に「フルスタックエンジニアの末路!かつて英雄だった彼は何処へ



【1)フルスタックエンジニアとは】

ベネッセコーポレーション「フルスタックエンジニアになる方法とは?仕事内容や必要スキル・給料などをまとめて紹介!
デージーネット「冗長化とは
富士通クラウドテクノロジーズ「サーバー冗長化の手法-「ホットスタンバイ」「コールドスタンバイ」とは?-



【2)フルスタックエンジニアの需要は高い!特に活躍できるシーンは──】

Ken Schwaber, Jeff Sutherland「スクラム公式ガイド
情報処理推進機構「アジャイル領域へのスキル変革の指針 アジャイル開発の進め方



【3)一方で、「フルスタックエンジニアはいらない」という意見も】

Quora「フルスタックという言葉が嫌いなエンジニアが割といるのはなぜですか?



【4)フルスタックエンジニアの年収・キャリアパスは】

Qiita「「フロントエンドvsバックエンド あなたが向いているのはどっち?」を和訳した
Stack Overflow「Developer Survey Results 2019
Branding Engineer「フルスタックエンジニアとは?必要なスキル5選とキャリアパス9選紹介





<>