『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「職場で孤立している…」孤立感を感じた時の3つの対処法

[最終更新日]2021/05/06

職場で孤立しているときの、3つの対処法

職場の同僚とは毎日のように顔を合わせる間柄ですので、多くの人が集まって仕事をしていれば人間関係の悩みも出てくるものです。
良好な人間関係が維持できていれば仕事も楽しく進められますが、人間関係でトラブルを抱えていると仕事にも影響を及ぼしかねません。

周囲になじめず浮いてしまっていると、職場で孤立しているように感じる場合があります。

目次

1)職場で孤立感を感じるのはどんな時?

職場で孤立していると感じる状況には、いくつかのパターンが考えられます。
そもそもどのような状況で孤立感を抱いているかによって対処法も異なりますので、今まさに孤立していると感じているのであればどのパターンに当てはまるかを確認しておく必要があるでしょう。

職場で孤立感を抱きやすいパターンとして、主に次の4つが挙げられます。自分がどのパターンに近いのか、自身の現在の状況と照らし合わせてみてください。



企業文化や職場の雰囲気に馴染めない

周囲の会話に入れない、話しかけてもらえないなど、企業文化や職場の雰囲気にうまく馴染めない

人間関係は自分自身を映す鏡にたとえられることがあります。
孤立感を抱く原因を自分以外の人や状況に求めてしまいがちですが、実は自分の中で職場に馴染めていないという思いがあり、近寄りがたい雰囲気を醸し出しているのかもしれません。

同じ職場で働く人々の間では、仕事のことや同僚のことなど、お互いにとって共通の話題が挙がりやすい傾向があります。

この根底には「同じ組織に属している」という共通認識があるので、そもそも企業文化や職場の雰囲気に馴染めていない人は「異質」な存在として映ります

職場で周囲の会話に入れない、飲み会の席で話しかけてもらえないような場合、自分自身が職場に「馴染めていない」ことが原因を作っている可能性があります。



ひとりで行う業務が多い

主に一人で進める作業や管理職・リーダーなど、他の社員と関わる機会が極端に少ない

担当している仕事の性質上、孤独感を抱きやすくなるパターンも考えられます。

複数名からなるチームで仕事を進めていれば自然とコミュニケーションを図ることになりますが、主にひとりで進める仕事を担当していると必然的に周囲と会話をする機会が少なくなりがちです

周囲の人があなたのことを避けているつもりがなくても、他の社員が楽しそうに会話をしていたり話が盛り上がっていたりすると、疎外感を抱く原因になることもあるでしょう。

また、管理職やリーダーのように指揮・指導する立場にある場合、周囲の人が気軽に話しかけにくいことも考えられます。
立場上しかたのないことですが、何気なく雑談できるような相手がいないと本人としては孤立しているように感じてしまうことがあるのです。



「役に立っている」という実感を持てない

仕事で力を発揮できないミスばかりしてしまうなど、「役に立っている」という実感が持てない

職場はオフィシャルな場ですので、雑談以上に仕事でのコミュニケーションが重要です。
仕事で貢献できている・役に立てていると実感していれば、職場での存在意義を見いだすことができるだけでなく、周囲からも感謝される場面が出てくるはずです。

しかし、仕事であまり力を発揮できていなかったり、ミスが目立ったりするようだと、自分がその職場で「役に立っている」と実感しにくくなってしまいます

自分はいてもいなくても同じだ」「むしろ足を引っ張っている」と感じると、職場で孤立しているように感じる場面が増えていく可能性があります。



人間関係によるトラブル・いじめ

陰口を言われている、飲み会に自分だけ誘われない、自分だけ仕事を振られないなど人間関係のトラブル・いじめ

陰口を言われている」「飲み会に誘われない」「自分だけ仕事を振られない」といった、明らかなモラハラ・いじめが見られるようであれば、孤立していると感じる大きな原因となるのは必然です。

味方になってくれる人がいれば気持ちの面で支えになりますが、味方がほとんどいない・1人もいないといった状態では孤立していると感じざるを得ないでしょう。

職場の人間関係がそもそも良くなかったり、いじめの標的を作って仲間意識を増長させるタイプの同僚がいたりすると、そもそも「誰がターゲットになるか」が問題であることも少なくありません。

標的になると職場の人間関係から意図的に切り離されてしまうことも考えられるため、孤立した状態を変えるきっかけを作ることが難しくなっていくこともあり得ます。



2)「孤立感」をそのままにしておくと、仕事だけでなく私生活にも支障が生まれる

人の死亡リスクは、社会的孤立により29%、孤独感によって26%高い。

社会人にとって、職場で過ごす時間は生活の大部分を占めています。
孤立感を抱きながら働き続けていると、職場への不満が溜まりやすくなったりコミュニケーション不足によるミスが増えたりと、仕事に悪影響が及ぶようになります。

さらに、孤独感を抱き続けることでメンタルが病んでしまい、私生活にも支障をきたしていくことが少なくありません

米国ユタ州、ブリガム・ヤング大学のジュリアン・ホルト・ランスタッド教授らの研究によれば、人の死亡リスクは社会的孤立によって29%孤独感によって26%高まることが分かっています。
社会的つながりが強い人の生存率はつながりが弱い人と比べて50%高い、とも論じられています。

このように、社会的に孤立することは喫煙やアルコール依存による死亡リスクにも匹敵することが判明したのです。

重要なことは、本人の主観に関わらず社会的孤立が有害な影響を与えるとされている点です。
自分では「気にしていない」「孤立しても大丈夫」と思っていても、気づかないうちにメンタルが蝕まれていることは十分に考えられるのです。



3)「孤立している」と感じた時に実践しておきたい3つの対処法

職場で孤立している・孤立しそうな兆候があると感じたら、まずは状況をできるだけ改善するように努めることが大切です。

人間関係はとても曖昧なものですので、何らかのきっかけを境に劇的に改善するのは難しいかもしれません。
しかし、日常のちょっとした心がけや意識の変化によって、少しずつ良い方向に持っていくことは可能です。

孤立している・孤立しそうな状況に置かれていると感じている人は、次の対処法を実行していきましょう。

  • 日常的な挨拶ややり取りなど、小さなコミュニケーションを大切にする
  • 目の前の仕事に真摯に取り組む/集中する
  • 自身の振る舞いに問題が無いか振り返る




日常的な挨拶ややり取りなど、小さなコミュニケーションを大切にする

日常的な挨拶ややり取りなど小さなコミュニケーションを大切にする

「話しやすい人」と「話しにくい人」のどちらが職場で孤立しやすいかと問われたら、たいていの人は後者と答えるでしょう。

もともと人と話すのがあまり得意なほうでない場合、「話しやすい人」を目指すのは非常にハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、実は話しやすい人・話しにくい人を分けるのは、ちょっとした印象の違いでしかないケースが大半なのです

たとえば、出勤時や退勤時に周囲の人としっかりと目を合わせて挨拶しているでしょうか。
仕事上の連絡などでやりとりをする際、うなずきながら相手の話を聞いたり、笑顔で応じたりといったことができているでしょうか。

人は自分に興味を持ってくれる相手や、自分のことを受け入れてくれる相手に対して好感を持ちます。
日常的な挨拶ややりとりの中で見られるちょっとしたしぐさや受け答えの様子から、「この人は私に興味がないようだ」と思われてしまうことのないよう、まずは小さなコミュニケーションを大切にすることから心がけていきましょう。





目の前の仕事に真摯に取り組む/集中する

”目の前の仕事に真剣に取り組み「自分は必要とされている」という実感を持てるようにする”

職場は仕事をするための場所です。
仕事を円滑に進める上で人間関係は重要な要素になるとはいえ、仕事を遂行する上では副次的な事柄とも考えられます。そう割り切ってしまい、とにかく自分が担当する仕事に集中し、真摯に取り組むのも1つの考え方でしょう。

会社にとって、仕事に真面目に取り組む従業員や成果をあげる従業員は大切な存在です。
仕事をきちんと確実にこなしている人を排除するようなら、そもそも社会人としての本分を履き違えている従業員がいる職場の可能性があります。

また、与えられた仕事をこなすだけでなく、できる限り周囲の人を助ける・協力する行動を取るよう意識しましょう。
仕事で協力してもらった・サポートしてもらったことに対して、感謝してくれる人も出てくるはずです。

仕事で成果をあげ、評価を高めることができれば、おのずと周囲からの視線も変わっていくでしょう。

仕事で貢献できている実感が湧けば、「自分はこの職場で必要とされている」という意識も芽生えていきます。結果的に孤立感が薄らぎ、充実感を持って仕事に取り組むことができるようになるはずです。





自身の振る舞いに問題がないか振り返る

何気ない一言が相手を不快にさせていないか自身の振る舞いを思い返す

孤立してしまう原因はさまざまですが、孤立している人自身に問題があるケースばかりではありません。

たとえ本人に非がなかったとしても、周囲からの嫉妬心や「何となく話が合わない」といった曖昧な感覚によって避けられてしまうこともあるからです。孤立した原因をすべて自分に向ける必要はありませんので、過度に思い詰めないことが重要です。

ただし、中には自分の側に非があったと思える部分もあるかもしれません。
何気なく言っていたことが相手を不快にさせていなかったか、良かれと思って行動していたことがお節介だと思われていなかったか、といったことを1つ1つ振り返り、自身の振る舞いに問題がなかったか確認していきましょう。

もし思い当たる節があれば、自分の良くないところを直すように心がけるだけでなく、行動レベルで変えるようにしましょう。

自分の行動が変われば周囲の反応にも少しずつ変化が見られるはずです。振り返って行動を改善するサイクルを習慣化していくことで、職場での立ち位置が徐々に改善されていく可能性は十分にあります。





4)「孤立感」により精神的な疲弊を感じたら

ここまで孤立感への対処法について解説してきましたが、すでに孤立感によって精神的な疲弊を感じているとすれば、今の状況を自力で変えること以外の対応を考えたほうが得策かもしれません。

精神的な疲弊は時間を経るごとに悪化していくことも考えられますので、放置せずに手を打っておくことがとても重要です。

次に挙げる2点は、孤立感による精神的な疲弊に対応するための方策です。もし可能であれば、こうした手段を講じることも検討しておきましょう。



「第三者」に話を聞いてもらう

相談イメージ

職場で孤立感を抱いている人にとって、職場に悩みを打ち明けられる人がいないのは大きな問題です。
自分が置かれている状況や今の気持ちを聞いてもらうだけでも心が軽くなることはありますので、同僚以外の第三者に相談するのは悩みを緩和する上で適した方法といえます。

身近な知人や家族など、心を許せる相手に今の思いを聞いてもらい、少しでも胸の内をすっきりさせることを考えてみましょう。

ただし、相談する相手を間違えないことが重要です。
人によっては、相談を受けると何らかの解決策を示したいと思うあまり説教くさくなってしまったり、表面的な励ましや無難なアドバイスに留めてしまったりする場合があるからです。

ただ聞いてもらうだけでいい」という相談役として向いている人かどうか、自分との相性をよく見極めた上で打ち明けるようにしましょう。



現職場では改善が見込めそうもないなら、転職を視野に入れるのもアリ

転職イメージ

さまざまな対処法や解決策を講じても改善が見込めそうにないようなら、働く環境ごと変えてしまうのも1つの方法です。つまり、転職によって人間関係をリセットし、新たな環境で自身のキャリアを培っていくことに目を向けるのです。

実際、転職の本当の理由として職場の人間関係を挙げる人は決して少なくありません。
また、環境を変えたことによって人間関係が良好になり、仕事をしやすくなったと感じている人もいるのは事実です。

人間関係で悩んで転職するのは「逃げ」のように感じるかもしれませんが、現実問題として環境を変えるしか手立てがないのであれば、ためらわず転職に向けて動くことも選択肢の1つといえるでしょう

場合によっては、そもそも職場全体の人間関係が良くなく、就業環境として好ましくないことも考えられます。そうしたケースでは、転職することでいったん人間関係を振り出しに戻すことは有効な手段となるはずです。

ただし「転職=解決策」とは限らないケースもあるので注意

人間関係で悩んだ末に転職する人の多くが「別の職場へ行けば問題は解決する」と考えがちです。しかし、転職することが必ずしも解決につながるとは限らない点もよく理解しておく必要があります。

転職すると職場の人間関係を振り出しに戻すことができますが、同時に再びゼロから人間関係を構築していかなくてはなりません。

新たな職場にも「合わない」人は必ずいるはずですし、モラハラ・パワハラの加害者となる人物がいないとも限りません。仮に職場で孤立した原因が自分自身にもあるとすれば、次の職場でも似たような状況になってしまい、同じことの繰り返しになることも考えられます。

人間関係を理由に転職したものの、転職先でも同じ問題に直面することのないよう、孤立した原因をしっかりと分析しておくと同時に、人間関係以外のポジティブな転職理由も見いだしておくことが大切です





5)より良い職場選びに応じてくれる、おすすめの転職エージェント (タイプ別に紹介)

ここからは、より良い職場選びに向けて適切なサポート・アドバイスが期待できるおすすめの転職エージェントを、タイプ別に紹介していきます。

  • なるべく早く転職したい、積極的に求人提案を受けたいという人
  • キャリアアドバイザーにじっくり相談してもらいたい人
  • キャリアアップ転職を目指す人、好待遇の求人をチェックしたい人
  • 専門スキルを活かしての転職を検討している人

どれか一つのタイプではなく、複数のタイプが当てはまるという人もいるでしょう。
その場合は、それぞれのタイプでおすすめしているサービスを見て、自分にマッチしそうなサービスを2~3ピックアップしてみてください。



なるべく早く転職したい人はdoda・リクナビエージェント

”なるべく早く転職したい積極的に求人紹介を受けたい”

「なるべく早く転職したい」、「積極的に求人提案を受けたい」という人はdodaリクルートエージェントのサービスがおすすめです。

両サービスは共に国内最大手の人材紹介会社として、豊富な求人と充実したサービス体制があり、「的確かつスピーディな対応」への評判が高いです。転職について「今の環境をなるべく早く変えたい」という想いが強い人は、登録しておくべきでしょう。

また、dodaもリクルートエージェントも、職務経歴書などの書類添削や応募企業の情報収集、面接対策についてもしっかりサポートしてくれるので、転職活動の進め方に不安がある人にも心強い味方になってくれるでしょう。

ただし、両サービスは若手のキャリアアドバイザーも多く、サポートの品質は一定ではありません。
相性の良くないアドバイザーや経験の浅いアドバイザ―が担当になったときにうまくリスクヘッジできるように、複数の転職エージェントに登録しておき、サポート品質を比較確認できるようにしておくことをおすすめします

サービス名 特徴

doda
  • 全年齢層におすすめ
  • 豊富な求人と、キャリアアドバイザーからの積極的な求人紹介の評判が高い
  • サービス内の求人一覧ページより、自身で求人の検索・応募もできる

リクルートエージェント
  • 全年齢層におすすめ
  • 国内No1の求人数と転職支援実績、キャリアアドバイザーの品質も高い
  • 「職務経歴書エディタ」や「面接力向上セミナー」等の転職支援ツール・サービスも充実




キャリアアドバイザーにじっくり相談したい人はマイナビエージェント・パソナキャリア・JACリクルートメント

キャリアアドバイザーにじっくり相談に乗ってほしい

転職エージェントで今後のキャリアについての相談をしたい方、また転職活動自体に不安を感じている方は、じっくり相談を聴いてもらえる転職エージェントがおすすめです。

相談をどれだけ時間をかけて聞いてもらえるかは担当となるキャリアアドバイザーによっても変わってきますが、以下の転職エージェントは「話をよく聞いてもらえた」という評判が多いです。

マイナビエージェントは20代~30代前半の若手社会人向けの転職支援に強く、JACリクルートメントは年収600万円以上のリーダー・管理職層の転職支援に強いです。パソナキャリアは全年齢に満遍なく対応している転職エージェントです。

それぞれのサービスの特徴をチェックして、自分に合いそうと思うものから登録を検討してみてください。

サービス名 特徴

マイナビエージェント
  • 全国の20代~30代前半の若手社会人におすすめ
  • キャリアアドバイザーの丁寧かつ転職者のペースに合わせたサポートが評判
  • アドバイザーが各専門分野に分かれており、適切なアドバイスを受けやすい

パソナキャリア
  • 全国・全世代におすすめ
  • 全国都道府県に支店があり、対面でのサポートを受けやすい
  • 「キャリアアドバイザーがじっくり相談を聴いてくれる」ことで評判が高い

JACリクルートメント
  • 全国のキャリアアップ転職を目指すミドル世代におすすめ
  • 高パフォーマンスのキャリアアドバイザーが多数在籍し、安心してサポートを受けられる
  • 無料で受けられる「キャリア相談」のサービス品質が高い




キャリアアップ転職を目指す人は、JACリクルートメント、ビズリーチ

”キャリアアップ転職を目指している”

今回の転職で、より過ごしやすい職場環境と合わせて「キャリアアップや年収アップ」を目指している方は、ハイクラス向けの転職サービスについても検討をすると良いでしょう。

高年収または要職の求人はピンポイントのタイミングで募集されることが多く、その殆どが「非公開求人(転職サイト等一般の求人媒体には紹介されない求人)」か、それぞれの転職エージェントのみが持つ「独占求人」です。

よって、ハイクラス向けの転職エージェントは「中長期的に利用する」イメージで、かつ複数登録しておくのがおすすめです。

以下に紹介するのは、利用者からの評判の良い、転職支援実績の豊富なハイクラス向けの転職エージェント(一部ヘッドハンターサービス)です。

サービスの特徴を見て、自分に合いそうと感じたものから登録を検討してみてください。

サービス名 特徴

JACリクルートメント
  • 全国のキャリアアップ転職を目指すミドル世代におすすめ
  • 高パフォーマンスのキャリアアドバイザーが多数在籍し、安心してサポートを受けられる
  • 無料で受けられる「キャリア相談」のサービス品質が高い

ビズリーチ
  • 全国のハイクラス転職を目指す転職者におすすめ
  • ハイクラス・好条件の求人が多数掲載
  • 企業から熱量あるスカウト・オファーメールが届くことが多い

パソナキャリア ハイクラス
  • 全国のハイクラス転職を目指す転職者におすすめ
  • 書類添削、面接対策をじっくりサポートしてくれる
  • 企業とのパイプが太く、選考時にアドバイザーからの援護フォローをしてもらえることがある

キャリアカーバー
  • 全国のハイクラス転職を目指す転職者におすすめ
  • 実績豊富なヘッドハンターからのサポートを受けられる
  • 紹介される企業は、年収800万以上の高年収求人情報がメイン

iX転職
  • 全国のハイクラス転職を目指す転職者におすすめ
  • 厳選されたヘッドハンターによるスカウトがもらえる
  • アドバイザーと対話して悩みを解消できる「クラウドキャリアコーチ」が好評




専門スキルを活かしたい人は、「特化型」の転職エージェント

総合型と特化型の違い

ITエンジニアや管理業務、マスコミや介護など、これまで培った専門スキルを活かしての転職を検討している人は、「特化型」の転職エージェントがおすすめです。

特化型の転職エージェント利用の一番のメリットは、担当となるキャリアアドバイザーがその分野の業界情報やトレンドに詳しいということです。

今後のキャリア形成に向けてどのような知識やスキルの開発が必要かであったり、応募する企業でどのような知識・スキルが求められるかについて、具体的なアドバイスを貰いやすいでしょう。

分野 サービス名 特徴
IT・Web
マイナビITエージェント
■ITエンジニア実務経験者におすすめ
  • 業界の最新情報を熟知した専門のアドバイザーによる適切な支援
  • 書類添削、面接対策、企業への推薦紹介、内定後の条件交渉まで一貫して手厚いサポートをしてくれる

ワークポート
■ITエンジニア未経験者~実務経験者全般におすすめ
  • ITエンジニア、Webクリエイター(プロデューサ、ディレクター、プランナー)への転職支援に強い
  • 未経験職種・業種への転職支援に強く、積極的な求人提案を受けられる

レバテックキャリア
■ITエンジニア実務経験者におすすめ
  • エンジニア実務経験のあるアドバイザーからのサポート
  • 書類添削、面接対策のサポート品質が高い
マスコミ
マスメディアン
■テレビ・書籍・Web等のメディア系事業を目指す転職者におすすめ
  • 業界に精通したコンサルタントによる充実のサポート
  • 「宣伝会議」グループの人脈・情報を駆使して集めた良質な求人
アパレル
クリーデンス
■アパレル・ファッション業界を目指す転職者におすすめ
  • 業界に精通したコンサルタントによる充実のサポート
  • 他の転職サービスでは出会えない「非公開求人」も多数
管理業務
MS-Japan
■管理部門(経理・財務・人事・総務・法務等)の転職におすすめ
  • 職種の専門知識を持つアドバイザーがキャリア相談から転職支援まで手厚くサポート
  • 求人企業への情報に精通しており、優良企業に紹介してもらいやすい
外資系
ロバート・ウォルターズ
■外資系企業・日経グローバル企業の転職におすすめ
  • 外資系・グローバル人材に熟知したコンサルタントからのサポート
  • 選考から採用まで、スピード感のある対応
製造系エンジニア
メイテックネクスト
■製造系エンジニアへの転職を目指す人におすすめ
  • 製造系エンジニアの転職支援実績No.1
  • 応募企業に合わせた模擬面接のサポートが好評
介護
きらケア
■介護・福祉分野への転職を目指す人におすすめ
  • 業界に特化したアドバイザーが、マッチング度の高い求人を紹介してくれる
  • 条件交渉から内定後のアフターフォローまで、きめ細やかなサポート




まとめ)職場で孤立したら「打開」と「受容」のバランスを意識して対処しよう

孤立イメージ

職場に限らず、あらゆる集団において「馴染める人」と「孤立してしまう人」が一定数出てくるのは致し方ない面があります。孤立してしまった場合、どうにかして打開策を講じ、少しでも状況が良くなるよう地道に対処していくのは必要な努力といえるでしょう。

ただし、今回解説してきたように孤立する原因が必ずしも自分自身にあるとは限りません。場合によっては今の状況を受け入れたり、環境を変えたりすることも検討していく必要があります。

職場の人間関係は決して単純な問題ではなく、すぐに解決するのは難しいこともあります。そのような場合、守るべきは自分自身の「」であり、心身の健康を害してしまうことだけは避けたいものです。
打開」と「受容」のバランスを意識しつつ、今の状況から脱却するための方策を講じていきましょう。



<>