『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

なぜあの人は、私の陰口を言うの?職場で気になった時の対処法

[最終更新日]2022/10/09

なぜあの人は、私の陰口を言うの?職場で気になった時の対処法

職場では多種多様な人が集まって仕事をしています。
中には同僚の悪口や陰口を言うタイプの人もいることでしょう。

多くの人にとって悪口や陰口は不快に感じるものです。
更には悪口や陰口の矛先が自分に向けられている場合、どう対処すればいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。職場で毎日のように顔を合わせる間柄となると、ストレスを溜め込む原因にもなります。

目次

1)職場のあの人は、なぜ陰口を言うの?

陰口を言う人に考えられる心理とは

不満やストレスを解消したい、仲間と結託したい、相手より優位に立ちたい、共通の話題で盛り上がりたい

はじめに明確にしておくべきこととして、悪口や陰口を言われる原因が自分の側にないのであれば「気にしない」のが鉄則です。

身に覚えのないことでストレスを感じたり、精神的に追い詰められたりするほど不合理なことはないからです。

しかし、自分が標的になっているとすれば、気にしないように努めていても精神的な負担やストレスを感じてしまうものです。
なぜ悪口や陰口を言う人が現れるのでしょうか。よくある心理として、次の4点が挙げられます。

  • 不満やストレスを解消したい
  • 仲間と結託したい
  • 相手より優位に立ちたい
  • 共通の話題で盛り上がりたい

不満やストレスを解消したい

悪口・陰口を発してしまうのは、その人自身の心が弱いからです。

不満やストレスを感じたとき、自分の中でうまく折り合いをつけて解消できる人もいますが、心が弱い人は処理し切れず溜め込みやすい傾向があります。
ストレスに押し潰されないようにするには、何らかの方法で発散しなくてはなりません。ストレスを解消するための方法としてその人が選んでいるのが、「誰かの悪口・陰口を言うこと」なのです。

仲間と結託したい

仲間を作り結託する方法の1つに「仮想敵」を作ることが挙げられます。

誰かを標的にして共通の敵と見なすことにより、仲間内で互いに共感し合える話題ができるのです。共通の秘密を持つことで、まるで仲間との連帯感が強まっているかのように勘違いしてしまうケースもあるでしょう。

同じ感情を抱いた相手に対して親近感が湧くのは、人間の深層心理に刻まれている根源的な感情であるだけに厄介なパターンといえます。

相手より優位に立ちたい

悪口・陰口を言う人の多くは、本当は自分に自信がなく劣等感やコンプレックスを抱えています。
自信がある人は自分を高めることで正々堂々と周囲に認められようとしますが、自信がない人ほど周囲を貶めることで自分が優位に立とうとするのです。

悪口・陰口を吹聴することで標的とする人物の評判を落とし、自分が優位に立つのが狙いと見ることができるでしょう。

共通の話題で盛り上がりたい

悪口・陰口を言われている側からすると信じがたいことかもしれませんが、言っている当人は「楽しい話」をしているつもりになっていることが少なくありません。

同僚に関する話は職場において共通の話題になるため、あまり会話が得意でない人や興味関心の幅が限られている人でも話題を作りやすい面があります。

同僚の共通の話題で盛り上がりたいという欲求は、悪口・陰口の温床にもなり得るのです。

悪口・陰口の3つのパターン

悪口・陰口は不快なものですが、その中にもいくつかの典型的なパターンがあります。

どのように悪口・陰口を吹聴されているかによって対処法も変わりますので、パターンを見極めることが解決に向けたヒントをもたらしてくれることもあるのです。自身の状況が次のうちどのパターンに該当するか振り返ってみましょう。

本人のいないところで言う

本人のいないところで言う→陰口を言う心理がわかれば対策をとりやすい

最も多いのは、本人のいないところで悪口を言うパターンです。

まさしく「陰口」ですので、直接自分の耳に入ってくることは少なく、気にしないという対処もしやすいでしょう。

前項で解説した悪口・陰口を言う心理のいずれのパターンに当てはまるかが分かると、相手が悪口を言いたくなる原因を推測することができ、対策が立てやすくなることも考えられます。

本人の前でも言うことがある

本人の前でも言うことがある→改善してほしい旨のメッセージもしくはパワハラ・モラハラ

悪口をあえて本人に聞こえるように言ったり、明らかに自分のことだと分かるように言ったりする人がいます。この場合、2つの理由が考えられます。

1つは、「ここを改めてほしい」といったメッセージを込めているケースです。
もしかしたら、相手はあなたの側に落ち度があると思い込んでいるのかもしれません。面と向かって伝えるのは憚られるものの、できることなら気づいて直してほしいと日頃から感じている可能性があります。

もう1つは、パワハラ・モラハラに該当するケースです。
この場合はあなたのことを傷つけ、精神的なダメージを負わせることが目的ですので、時間が経つごとにエスカレートしていく恐れがあります。放置せずに何らかの解決策を探るべきでしょう。

本人の前で、暗にぼかして言う

本人の前で、暗にぼかして言う→親切を装って攻撃するタイプ関わらないようにするのが得策

本人の知らないところで言われていた悪口について、「そういえば、〇〇さんがこんなことを言っていたらしくて……」などとほのめかしてくる人がいます。

悪評について親切に知らせてくれているようで、実は知らなくてもよかったことをわざわざ伝えて感情を乱しているのです。

この手のタイプの人物にはかなり注意が必要です。
なぜなら、相手はただの気まぐれでネガティブな情報を与えているのではなく、いい人のふりをしてあなたを攻撃している可能性があるからです。

親切を装って精神的なダメージを与えてくるタイプの人とはできる限り距離を置き、関わらないようにするほうが得策です。
一見すると好人物に見えたり、無知を装っていたりすることがあるため、見た目の印象に惑わされないよう警戒する必要があります。

2)職場の陰口が気になったときの、4つの対処法

気に留めないようにしていても、やはり気になってしまうのが職場の悪口・陰口です。では、自分自身がその標的となっていると感じた場合、どのように対処したらいいのでしょうか。

対処法のポイントは、悪口・陰口を言われている状況を冷静に捉えることと、可能な限り解決策を模索することです。悪口・陰口によってストレスを抱え、心身に悪影響を及ぼす前にしかるべき対処を講じるようにしましょう。

具体的には、次の4つの対処法が考えられます。

今起きている事柄を「俯瞰」して見る

今起きている事実を客観視し、気持ちを整理する

まずは、今起きている事柄を客観的に整理し、俯瞰して捉える視点を持ちましょう。

悪口・陰口を言う相手の思考をコントロールすることはできません。「悪口をやめてほしい」「陰口を言わないでもらいたい」と思っても、その気持ちが相手に伝わることを望むのはかなりハードルが高いと言わざるを得ないのです。

そこで、願望や理想像はいったん度外視した上で、今起きている「事実」を観察しましょう

具体的にどのような悪口・陰口があったのか、そのときの状況はどうであったか、憶測を排除して事実だけを抽出します。そして、なぜ相手がそのようなことを言ったのか、自分なりの考察を加えてみましょう。

次に、言われたことに対してあなた自身はどう感じたのかを確認します。
その相手と今後どのような関係でいたいのか、歩み寄りたいのか疎遠になっても構わないのか、自分の気持ちを整理しておきます。

POINT1客観視

このように相手への「観察」と自分への「内省」の両面を持つことで、俯瞰的な視点を得やすくなるはずです。

信頼できる相手へ相談する

「困っているので相談したい」というスタンスで相談できる相手を見つける

悪口・陰口に対処する際に避けたいのが、問題を一人で抱え込むことで悩みが深くなってしまうパターンです。
ネガティブな気持ちが芽生えると、よりネガティブな方向に考えやすくなってしまうため、解決するために考えていたはずがかえってストレスを溜め込む原因を作ってしまうことにもなりかねません。

社内外で信頼できる相手がいれば、現在の状況や正直な気持ちを打ち明けて相談してみましょう。

自分にはなかった視点からアドバイスをしてくれる可能性もありますし、社内の人であれば味方になってくれることもあるはずです。単に聞いてもらうだけでも、気持ちが軽くなり前向きな思考を取り戻せる場合もあります。

ただし、悪口・陰口を言う相手に悪口で応戦しないように注意しましょう。

相談される側から見ると「お互い様」と映ってしまう恐れがあります。あくまで「困っているので相談したい」というスタンスで臨むことが大切です。

本人に直接話す

お互いに歩み寄れるかどうか本人に直接話して確認してみる

悪口や陰口が明らかな誤解にもとづいているケースでは、思い切って本人と直接話すのも1つの方法です。

あなたのことを悪く言う相手も誤解が元でストレスを抱えており、誤解を解くことでストレスから解放される可能性があるからです。

この場合、相手から見て「言い訳」や「言い逃れ」と映らないように注意を払うことが大切です。

言い訳をしていると思われると、かえって火に油を注ぐ結果になりかねません。自分の側にも非があると思うのであれば素直に認め、歩み寄る姿勢を見せるようにしましょう。

悪口・陰口を言う人物と直接話すことは、相手との今後の関係をどうすべきかを判断する上でも重要な材料となります。
お互いが誠実に話し合える相手かどうか、あなたの側にも判断する権利はあるのです。

環境を変える

関係修復が困難な場合は、転職して環境を変える

悪口・陰口を言う相手との関係修復が困難な場合には、あなた自身の環境を変えるのも有効な対処法です。

異動願を出したり、昇格や社内公募に手を挙げたりと、自身の立場・役割から環境を変えることを検討してみると良いかもしれません。

場合によっては、職場ごと変えてしまう「転職」という選択もあります。
そもそも悪口・陰口を言い続ける人物が咎められることもなく、立場が悪くならないような職場であれば、働く環境そのものが合っていない可能性も否定できないからです。

最も避けたいのは、悪口・陰口を言われる自分の側に専ら原因があると思い込み、自分自身を追い詰めてしまうことです。
環境が変われば前向きな思考を取り戻せる公算が大きいのであれば、転職という選択をするのも1つの考え方でしょう。

3)「転職」によって、職場環境を改善する際の注意点

ネガティブな理由のみの転職は、大抵成功しない

陰口が原因の転職であっても、ポジティブな転職理由を挙げられるようにしておく

悪口・陰口を言われていることを理由に転職する場合、転職理由は「人間関係」に大別されます。

人間関係は転職を検討するきっかけとして現実的によくある理由の1つですが、採用選考において良いイメージを持たれないのも事実です
採用する側の企業はあなたのことや職場の状況を知らない状態で選考を行いますので、「本人にも原因があったのでは?」「転職後も同じことで悩むのでは?」と判断されてしまう可能性があるからです。

職場での悪口・陰口が原因で転職を検討し始める場合でも、「今回の転職によって、自分は何を実現したいか」、「今後の働き方、生き方を、どうしていきたいか」についても考えを広げ、ポジティブな転職理由を挙げられるようにしておくと良いでしょう。

ネガティブな転職理由に終始しないことは、転職後に前向きな姿勢で仕事に取り組んでいく上でも重要な視点となるはずです。

信頼できるキャリアアドバイザーを味方につけよう

転職エージェントを活用し、より良い職場選びのためのアドバイスを受ける

同僚からの悪口・陰口をきっかけに転職を検討する場合、第三者からのアドバイスは非常に重要なヒントとなることが多いです。

第三者が客観的に見て「環境を変えたほうがいい」と判断するようなら、転職という選択に自信を得ることができるでしょう。

より良い職場選びに向けて相談に応じてもらうには、信頼できるキャリアアドバイザーを見つけることが大切です。

転職エージェントに登録した場合、自動的に担当キャリアアドバイザーが割り振られるのが一般的ですので、自分にとって信頼できるキャリアアドバイザーかどうかの見極めが必要になります。

転職エージェントはできるだけ複数のサービスに登録し、各サービスでキャリアアドバイザーの対応やアドバイスの内容を比較検討できる状況を作るように心がけましょう。

4)「より良い職場にむけての転職」を成功に導くための、おすすめ転職エージェント

ここからは、より良い職場選びに向けて適切なサポート・アドバイスが期待できるおすすめの転職エージェントを、タイプ別に紹介していきます。

どれか一つのタイプではなく、複数のタイプが当てはまるという人もいるでしょう。
その場合は、それぞれのタイプでおすすめしているサービスを見て、自分にマッチしそうなサービスを2~3ピックアップしてみてください。

なるべく早く転職したい人はdoda・リクルートエージェント

なるべく早く転職したい積極的に求人紹介を受けたい

「なるべく早く転職したい」、「積極的に求人提案を受けたい」という人はdodaリクルートエージェントのサービスがおすすめです。

両サービスは共に国内最大手の人材紹介会社として、豊富な求人と充実したサービス体制があり、「的確かつスピーディな対応」への評判が高いです。転職について「今の環境をなるべく早く変えたい」という想いが強い人は、登録しておくべきでしょう。

また、dodaもリクルートエージェントも、職務経歴書などの書類添削や応募企業の情報収集、面接対策についてもしっかりサポートしてくれるので、転職活動の進め方に不安がある人にも心強い味方になってくれるでしょう。

ただし、両サービスは若手のキャリアアドバイザーも多く、サポートの品質は一定ではありません。
相性の良くないアドバイザーや経験の浅いアドバイザ―が担当になったときにうまくリスクヘッジできるように、複数の転職エージェントに登録しておき、サポート品質を比較確認できるようにしておくことをおすすめします

サービス名 特徴

doda
  • 全年齢層におすすめ
  • 豊富な求人と、キャリアアドバイザーからの積極的な求人紹介の評判が高い
  • サービス内の求人一覧ページより、自身で求人の検索・応募もできる

リクルートエージェント
  • 全年齢層におすすめ
  • 国内No1の求人数と転職支援実績、キャリアアドバイザーの品質も高い
  • 「職務経歴書エディタ」や「面接力向上セミナー」等の転職支援ツール・サービスも充実

キャリアアドバイザーにじっくり相談したい人はマイナビエージェント・パソナキャリア・JACリクルートメント

キャリアアドバイザーにじっくり相談に乗ってほしい

転職エージェントで今後のキャリアについての相談をしたい方、また転職活動自体に不安を感じている方は、じっくり相談を聴いてもらえる転職エージェントがおすすめです。

相談をどれだけ時間をかけて聞いてもらえるかは担当となるキャリアアドバイザーによっても変わってきますが、以下の転職エージェントは「話をよく聞いてもらえた」という評判が多いです。

マイナビエージェントは20代~30代前半の若手社会人向けの転職支援に強く、JACリクルートメントは年収600万円以上のリーダー・管理職層の転職支援に強いです。パソナキャリアは全年齢に満遍なく対応している転職エージェントです。

それぞれのサービスの特徴をチェックして、自分に合いそうと思うものから登録を検討してみてください。

サービス名 特徴

マイナビエージェント
  • 全国の20代~30代前半の若手社会人におすすめ
  • キャリアアドバイザーの丁寧かつ転職者のペースに合わせたサポートが評判
  • アドバイザーが各専門分野に分かれており、適切なアドバイスを受けやすい

パソナキャリア
  • 全国・全世代におすすめ
  • 全国都道府県に支店があり、対面でのサポートを受けやすい
  • 「キャリアアドバイザーがじっくり相談を聴いてくれる」ことで評判が高い

JACリクルートメント
  • 全国のキャリアアップ転職を目指すミドル世代におすすめ
  • 高パフォーマンスのキャリアアドバイザーが多数在籍し、安心してサポートを受けられる
  • 無料で受けられる「キャリア相談」のサービス品質が高い

キャリアアップ転職を目指す人は、JACリクルートメント、ビズリーチ

キャリアアップ転職を目指している

今回の転職で、より過ごしやすい職場環境と合わせて「キャリアアップや年収アップ」を目指している方は、ハイクラス向けの転職サービスについても検討をすると良いでしょう。

高年収または要職の求人はピンポイントのタイミングで募集されることが多く、その殆どが「非公開求人(転職サイト等一般の求人媒体には紹介されない求人)」か、それぞれの転職エージェントのみが持つ「独占求人」です。

よって、ハイクラス向けの転職エージェントは「中長期的に利用する」イメージで、かつ複数登録しておくのがおすすめです。

以下に紹介するのは、利用者からの評判の良い、転職支援実績の豊富なハイクラス向けの転職エージェント(一部ヘッドハンターサービス)です。

サービスの特徴を見て、自分に合いそうと感じたものから登録を検討してみてください。

サービス名 特徴

JACリクルートメント
  • 全国のキャリアアップ転職を目指すミドル世代におすすめ
  • 高パフォーマンスのキャリアアドバイザーが多数在籍し、安心してサポートを受けられる
  • 無料で受けられる「キャリア相談」のサービス品質が高い

リクルートダイレクトスカウト
  • 全国のハイクラス転職を目指す転職者におすすめ
  • 実績豊富なヘッドハンターからのサポートを受けられる
  • 紹介される企業は、年収800万以上の高年収求人情報がメイン

ビズリーチ
  • 全国のハイクラス転職を目指す転職者におすすめ
  • ハイクラス・好条件の求人が多数掲載
  • 企業から熱量あるスカウト・オファーメールが届くことが多い

パソナキャリア ハイクラス
  • 全国のハイクラス転職を目指す転職者におすすめ
  • 書類添削、面接対策をじっくりサポートしてくれる
  • 企業とのパイプが太く、選考時にアドバイザーからの援護フォローをしてもらえることがある

doda X
  • 全国のハイクラス転職を目指す転職者におすすめ
  • 厳選されたヘッドハンターによるスカウトがもらえる
  • アドバイザーと対話して悩みを解消できる「クラウドキャリアコーチ」が好評

専門スキルを活かしたい人は、「特化型」の転職エージェント

総合型と特化型の違い

ITエンジニアや管理業務、マスコミや介護など、これまで培った専門スキルを活かしての転職を検討している人は、「特化型」の転職エージェントがおすすめです。

特化型の転職エージェント利用の一番のメリットは、担当となるキャリアアドバイザーがその分野の業界情報やトレンドに詳しいということです。

今後のキャリア形成に向けてどのような知識やスキルの開発が必要かであったり、応募する企業でどのような知識・スキルが求められるかについて、具体的なアドバイスを貰いやすいでしょう。

国内の代表的な特化型転職エージェント

   
タイプ ITエンジニア ITエンジニア IT・Web系職種 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門 外資・グローバル 外資・グローバル 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
サービス名 マイナビITエージェント
マイナビITエージェント
レバテックキャリア
ワークポート
ワークポート
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
マスメディアン
マスメディアン
クリーデンス
クリーデンス
MS-Agent
MS-Agent
エンワールド
エンワールド
ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズ
メイテックネクスト
メイテックネクスト
きらケア
きらケア
かいご畑
かいご畑
メリット
  • 書類添削・面接対策が充実
  • 優良企業やレア求人が豊富
  • 求人のマッチング率が高い
  • 担当は全員エンジニア経験者
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 未経験転職への支援に強い
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 企業からのスカウトが多い
  • 都市部から地方までハイクラス層求人が豊富
  • 会計、税務、経理分野に強み
  • 担当から専門性の高いサポート
  • マスコミ・メディア系転職に強い
  • 独占求人・非公開求人が多い
  • アパレル・販売系業界に特化
  • 業界経験ある担当のサポート
  • 管理部門・士業の転職支援専門
  • 管理部門支援実績は業界No1
  • 外資系・グローバル転職に強い
  • 入社後も定期的なフォロー・定着支援
  • 選考突破率の高さで評判
  • 英文レジュメの作成支援あり
  • 製造系エンジニア支援実績No1
  • 模擬面接サポートが手厚い
  • 職場環境を詳しく聞ける
  • 担当から専門性の高いサポート
  • 未経験向け求人豊富
  • 資格取得の支援制度あり
デメリット
  • 求人は都市部に寄っている
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 求人は質よりも量を重視
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 急ぎの転職には不向き
  • 全ての求人を見るには有料会員になる必要あり
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 正社員求人は少なめ
公開求人数 1.6万 1.6万 6.1万 1.5万 30万 8.4万 3,500 4,100 1,200 7,500 1,000 2,000 3,000 2.9万 1万
得意業界/職種 IT・Web IT・Web 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門・士業 外資系 外資系 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・中部(東海) 東京・大阪 関東・関西・東海 全都道府県 東京・愛知・大阪+海外 東京・愛知・大阪+海外 東京・名古屋・大阪・福岡 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策のサポートをしっかり受けたい人
  • キャリアアップ・年収アップを目指す人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 企業からスカウトを多く欲しい人
  • 会計、税務、経理、財務分野を目指す人
  • マスコミ・メディア系職種の人
  • アパレル・ファッション系業種の人
  • 管理部門・士業での転職を検討している人
  • ハイクラス・グローバル系企業を目指す人
  • 英語力を生かした転職をしたい人
  • ものづくり・製造系エンジニアの人
  • 職場環境を重要視する人
  • 未経験から介護職を目指す人
公式サイト

表内の求人数は2022年11月時点のものです。

まとめ)悪口・陰口には必ず改善策があるという信念を持とう

陰口を言う相手を変えるのは容易ではないが、自分自身の思考や行動はすぐに変えられる

人から悪口・陰口を言われるのは、誰にとっても気分の良いものではありません。世の中に完璧な人はいませんので、自分のことを悪く言われるとついネガティブな気持ちになりがちです。

しかし、そもそも多種多様な人が集まって働く職場において、特定の人の悪口・陰口を吹聴する側に問題があるのはほぼ間違いないと考えていいでしょう。
必要以上に自分を卑下したり、自責の念に駆られたりする思考に陥ってしまわないことが大切です。

悪口・陰口を言う相手を変えるのは容易ではありませんが、自分自身の思考や行動を変えるのであれば今この瞬間からできるはずです。転職などの選択肢を含めて、状況を改善する策は必ずあるという信念を持ち続けることが何より重要でしょう。

目次[ 閉じる ]