『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

未経験から始める介護のパート。職場選びのポイント、最初に知っておきたい注意点は?

[最終更新日]2021/05/07

未経験からの介護パート。職場選びのポイントと知っておきたい注意点

介護未経験でパート勤務を考えている方で、

介護のパートって、どんな仕事をするの?
介護の仕事は未経験だけど大変じゃない?
未経験者におすすめの施設、職場を知りたいけど、どのように調べればよいか分からない

などと考えている方も多いのではないでしょうか。

目次

1)介護職のパートは、どんな仕事内容?

家庭の都合でフルタイム勤務は難しいけど、「1日〇時間で週△勤務なら出来る」等という方も多いでしょう。

ここでは、介護パートとして就くにあたり、知っておきたい施設や事業所の区分、介護度など、介護の基礎的な知識をご紹介します。
また、介護施設の種類や、その内容についても、それぞれの特徴を抑えておくと良いでしょう。

基本的なことを知っておくことで、介護職のパート勤務を検討するための判断材料になります。
それでは、順を追って見ていきましょう。



まずは、介護の仕事の基礎知識を知っておこう

■入所系(特別養護老人ホームなど) ■通所系(デイサービス、デイケアなど) ■訪問系(訪問介護、訪問入浴など)

介護の職場と一言で言っても、色々とあります。介護の職場は入所系通所系訪問系の3つの区分に分類することが出来ます。

入所系(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、グループホームなど)

自宅の代わりとなる入所系サービス。24時間体制で、入所者の介護にあたります。

施設の種類により入所条件(介護度等)は違いますが、通所系や訪問系に比べると、平均介護度は比較的高くなり、身体的な介護が大きなウエイトを占めるため、体力を要します


通所系(デイサービス、デイケアなど)

在宅をベースに生活する方が、機能訓練(リハビリ)・レクリエーション・入浴・排泄・食事などの介助サービスを利用する、日帰りの施設です。

介護度は、バラつきがあるものの比較的軽度~中度の方が多く利用しています。
初めての介護サービスの利用がデイという高齢者も多く、介護職側は、体力面よりもどちらかというと細やかな気遣いを求められます。


訪問系(訪問介護、訪問入浴など)

利用者の自宅をホームヘルパーとして訪問します。
身体介護(入浴介助、排泄介助など)、生活援助(掃除、洗濯、買物代行など)のサービスを提供します。

軽度~中度の方が比較的多く利用していて、原則利用者が困難な部分のみ、支援を行います。身体介護と生活援助によって、支援内容が大きく異なります。



介護施設の種類

■デイサービス ■訪問介護 ■有料老人ホーム ■グループホーム ■介護老人保健施設 ■特別養護老人ホーム

主な介護施設は以下の通りです。

介護施設の種類 概要 利用者の介護度目安
デイサービス 通所系」サービス。主に公的施設、民間企業が運営。デイサービスは、日帰りで、送迎、入浴、機能訓練、交流、食事、レクリエーションなどを行なうところです。
近年では、要介護の状態にならないように、要支援1~2の利用者が積極的にサービスを利用する「介護予防」枠も重要視されています。
要支援1~要介護5
訪問介護 訪問系」サービス。主に公的施設、民間企業が運営。自宅に訪問して、身体介護(入浴介助、排泄介助など)や、生活援助(掃除、洗濯、買物代行、調理など)を行ないます。
デイサービスと同様に、自立支援目的で要支援1~2の利用者が積極的にサービスを利用する「介護予防」枠も重要視されています。
要支援1~要介護5
有料老人ホーム(①介護付き/②住宅型/③健康型) 入所系」サービス。主に民間企業が運営。
①介護付きは、施設職員の介護サービスを受けます。
②住宅型は、外部のデイサービスや訪問介護と契約してサービスを利用します。
③健康型は、食事や一部の家事支援などがついており、自立している方が利用する施設です。
自立、要支援1~要介護5(施設により条件が異なります)
グループホーム 入所系」サービス。主に民間企業が運営。認知症の方が対象の、5~9人・1ユニットの共同生活施設です。
認知症の特徴を理解した上での、声掛けや見守りが重要な業務となります。少人数のため、アットホームなイメージの強い介護施設です。
要支援2~要介護5
介護老人保健施設 入所系」サービス。主に医療法人や社会福祉法人などが運営する公的施設。リハビリを行ないながら自宅復帰を目指す一時入所場所です。
通称「老健」と呼ばれています。常勤の医師が配置されており、その管理のもとリハビリ専門職によるリハビリを実施。
要介護1~要介護5
特別養護老人ホーム 入所系」サービス。主に自治体や社会福祉法人が運営する公的施設。医療的な入院治療などが無い限り、最後まで暮らせる入所施設です。
入所条件は要介護3以上で、在宅生活が困難になり、家族に代わって介護を行なう施設です。通称「特養」と呼ばれています。
要介護3~要介護5

未経験から始める、介護職パートの主な仕事内容は、施設の種類によっても異なりますが、お茶出し、配膳・下膳、掃除、シーツ交換、トイレや浴室への移動介助、更衣の介助、ドライヤー、介護記録、レクリエーション、などがあります。

利用者の名前を覚え、信頼関係が出来始める頃に、身体介護(おむつ交換や、入浴介助など)を徐々に任されるようになるでしょう。

正職員と違い、限られた時間での業務になるため、新人教育や会議の参加などに時間を費やすことは少なく、介護業務に専念しやすいです。

しかし、職場によっては考え方に差があるため、パート勤務を希望する際は、どのような仕事を任されるのかをきちんと確認したうえで、応募すると良いでしょう



2)はじめての介護パートの、おすすめの施設は?

パートとして、初めて介護職へ就くにあたり、どのような施設を選べば良いか分からない、という方も多いのではないでしょうか。
正しい介護スキルを身に着ける前に、忙し過ぎる施設に入職してしまったがために、腰を痛めてしまった、というケースも時々耳にします。

ここでは、介護パートとして、無理なく経験を積んでいくためにも、下記の通りおすすめの3施設とその理由についてそれぞれ紹介します。

  • デイサービス
  • デイケア
  • グループホーム




デイサービス

デイサービス 介護度が比較的軽度な利用者が多い。未経験でもレクリエーション業務で活躍できる。夜勤がなく、日勤のみ。

初めての介護パートは、デイサービスがおすすめです。
デイサービスの利用者の介護度は、比較的軽度寄りの方が多く、介護者側は、焦らず経験を積みながら介護スキルを磨いていくことが出来ます。

デイサービスのお仕事であらかじめ知っておきたいのが「レクリエーション」業務です。
介護未経験であっても、利用者とコミュニケーションを取る姿勢さえあれば、介護スキルがなくともレクリエーション業務で活躍することもできるでしょう。



デイサービスは基本的に夜勤が無く、勤務は日勤帯のみです。
介護スキルを持っていないと困る場面にでくわす夜勤帯と違い、日勤帯は介護職員も多くいる中で、利用者の日中の生活状況に関わる介護を学ぶことが出来るため、おすすめです。

デイサービスの仕事が向いている人、準備するポイント

デイサービスでは、レクリエーションが業務全体のうち、大きなウエイトを占めます。
人前で身振り手振りをしてお手本を見せたり、場の雰囲気を盛り上げることも必要です。
明るい性格で、人との触れ合いが好き、人を楽しませることに喜びを感じられる人は、向いていると言えるでしょう。

デイサービスは、送迎に始まり送迎に終わります。介護職が送迎をすることが多く、自動車の安全運転が得意な方も向いています。

また、未経験でいきなりフルタイムの正職員を目指すのではなく、パートから段階を踏んで正職員を目指したいという方にも、デイサービスのパート介護職はおすすめです。

無資格でも募集していますが、転倒・急変など、高齢者は何があってもおかしくありません。
介護の基礎資格とも言える、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級相当)を所持していると、尚良いでしょう。





デイケア

デイケア リハビリ目的の利用者が多い。レクリエーション業務の機会が多い。様々な角度から介護の仕事を学べる。

初めての介護パートは、デイケアもおすすめです。

デイケアの利用者はリハビリを目的としており、比較的軽度寄りの介護度の方が多いです。そのため、介護職側は焦らずにその周辺のサポートに回ることが出来ます。

デイサービスと同様に、レクリエーションも重要な業務の一つで、利用者とコミュニケーションを取る姿勢さえあれば、介護スキルはある程度カバーすることが出来ます

おむつ交換の連続であったり、緊急時対応の判断をしなくてはいけない少人数の夜勤帯と違い、日勤帯の勤務のため、介護職員も多くいる中で様々な角度から介護を学ぶことが出来ます。

デイケアの仕事が向いている人、準備するポイント

デイケアでは、「本人の動作を見守れる人」が向いていると言えます。
リハビリは専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が主に行ないますが、それだけではなく、生活動作もリハビリのため、過剰介護をせずに、見守りし、必要時のみ介助をするように支援する必要があります。

それと、デイサービスと同様にデイケアも、送迎に始まり送迎に終わります。介護職が送迎をすることが多く自動車の安全運転が得意な方も向いているでしょう。

また、パートから段階を踏んで、フルタイムの正職員を目指したいという方にも、デイケアのパート介護職はおすすめです。

無資格でも募集していますが、高齢者は転倒・急変など、何があるか分かりません。できれば、介護の基礎資格とも言える、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級相当)を持っておきたいところです。





グループホーム

グループホーム 入居者のペースに合わせた介護を行う。業務が細分化されている。少人数でアットホームな雰囲気。

初めての介護パートでおすすめの施設には、そのほかグループホームもあります。

認知症の方が共同生活するグループホームは、他のサービス事業所以上に入居者のペースに合わせ、生活支援を行なっていく必要があります。

グループホームの職場は、各専門職がいて業務も細分化されているため、未経験でも比較的安心して任された業務に専念することができます。

1ユニット9名の、2ユニットで構成されている施設が大半を占めていて、少人数であることからアットホームな雰囲気が特徴的です。
食事や掃除など、家事を介護職と一緒に行ないながら、認知症や介護度の維持・改善を図っていきます。
未経験でも出来る内容のことも多く、焦らずに介護を学べるでしょう。

グループホームの仕事が向いている人、準備するポイント

入居者がもともと出来ていたことが、認知症などにより出来なくなってしまい、その部分を維持・改善できるよう職員はサポートにあたります。
そのため、過剰介護をせずに、入居者の行動を見守り、必要な部分のみ支援出来る我慢強い人が向いていると言えるでしょう。

業務内容には入浴介助や排泄介助、移乗介助以外に、一緒に調理や掃除をするなど、家事能力も求められます。専門的な介護スキルが無くても、始めやすい仕事です。

無資格でも募集していますが、高齢者は転倒・急変など、何があるか分かりません。介護の基礎資格とも言える、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級相当)を持っておきたいところです。
とはいえ、未経験でも経験のある先輩職員から教わりつつ、実践を積み重ねることで介護のコツを掴んでいくこともできますので心配しすぎることはないでしょう





これから長く働く場合は、資格取得を視野に

介護士として長く働こうと考えている方は、実務経験を積みつつ、それと同時に資格取得も狙っていきましょう。介護職は、未経験からでも始めやすい反面、資格の有無によって、給与にも差が出てきます。

厚生労働省が定めるキャリアパスに沿って資格取得をしていけば、給与アップの可能性がグンと上がります。

まずは、介護の基礎資格でもある『介護職員初任者研修』からはじまり、『介護福祉士実務者研修』、国家資格でもある『介護福祉士』、そして『認定介護福祉士』へとステップアップしていきます。
介護職で長く働くことを考えている場合は、キャリアパスについて、ある程度理解しておくことをおすすめします。

介護職員初任者研修 →介護福祉実務者研修 →介護福祉士 →認定介護福祉士

また、資格を所持していると、働き方の選択肢を増やすことが出来るため、よりやりがいも感じられるようになるでしょう。
正しい介護スキルだけでなく、早いタイミングで資格取得も視野に入れておくと良いでしょう。





3)初めての介護パートで、注意するべきポイント3点

ここからは、初めて介護パートとして勤める際の、注意すべきポイントについて、3点ご紹介させて頂きます。それぞれを把握しておくことで、不安なくスッキリした状態で介護パートを始められることでしょう。

ここまで紹介してきた、介護の基礎知識、施設の種類や、未経験の介護パートにおすすめの施設と、準備することや資格と一緒に、抑えておきましょう。

  • 介護パートの平均的な待遇・処遇改善・社会保険について知っておこう
  • 職場選びは慎重に!なるべく職場見学をしてから決定しよう
  • 介護パート・派遣の転職支援に強い転職サービスを利用しよう




介護パートの平均的な待遇・処遇改善・社会保険について知っておこう

POINT1 介護パートの平均的な待遇・処遇改善・社会保険について知っておこう

厚生労働省によると、介護職のパートの時給相場は、下記の通りです(※地域差等あり)。

介護職員(非常勤)の平均時給

平成28年 平成29年
1,090円 1,110円

※厚生労働省『平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果』の『第90表 介護従事者等の平均基本給額等(時給の者),職種別,勤務形態別(加算(Ⅰ)を取得している事業所)』より引用



ただ、介護業界は、所持している資格により給与が加算されていく傾向にあるため、上記の時給額は目安程度に捉えておくと良いでしょう。

また、介護職の賃金改善を目的に「介護職員処遇改善加算」や、「介護職員等特定処遇改善加算」という利用者から報酬を得る仕組みがあります。

施設側としても職員の教育体制や昇給の仕組み作り、労働環境の改善など、様々なものを国から求められているのです。
ここから得た報酬は、正職員だけでなく、パートや派遣社員などに分配できることとなっており、これにより時給アップや一時金が期待できます(※支給内容は職場により違いあり)。



それと、社会保険などについては、20時間以上/週勤務するなど、一定の要件により加入できますし、パートであっても、6カ月以上勤務し決められた労働日数の8割以上勤務していれば有休をもらうことができます

扶養内で働きたい場合は、年収130万円を超えないように勤務調整する必要があります(職場の規模などにより、年収130万円以下でも社会保険に加入しなくてはいけないことがあります)。それぞれ事前に確認しておくと良いでしょう。

より好条件の職場に就きたい場合は、「派遣」で探すのもあり

介護パートの求人は多く出ていますが、施設内の様子は求人情報では知ることが出来ません。事前に職場の雰囲気や給与などの細かな条件を把握しておける「派遣」で探すのも、一つの方法です。

派遣の場合は、派遣会社の人材コーディネーターが仲介役となってくれます。
給与面や、勤務時間の希望など、通常だと聞きにくい部分も、コーディネーターが本人に代わって行なってくれるので、安心して任せることが出来ます。

介護離職の一番の原因となる人間関係についても、職場の雰囲気などを聞くことが出来るため、その点もメリットと言えるでしょう。勤務が開始した後も、困ったことがあれば、コーディネーターに相談することが出来るため、非常に心強いです。

期間毎に契約を更新していくため、自身に合わない職場だと感じた場合は、契約期間満了後に他の職場へ移ることも出来ます。職場で介護能力を認められ、正職員へ移行する場合もあるため、雇用形態はパートに固執せず、派遣も一緒に検討すると良いでしょう。



職場選びは慎重に!なるべく職場見学をしてから決定しよう

POINT2 介護の離職理由1位は「人間関係」職場見学をしてから職場選びを!

介護の職場は様々です。
例えば、同じ通所系と言っても、デイサービスやデイケアがあります。またデイサービスにも、それぞれ特色があり、働く人も当然違うことから、その職場の持つ雰囲気も大きく異なってくるため、まずは、応募する前に職場見学をおすすめします。

「応募していないのに見学させてもらうのは気が引ける」と思う方もいるかもしれませんが、そんな心配はありません。

採用側としても、入職後すぐに「思っていた職場と違ったので、辞めます」と言われても困るため、真剣に検討している方の見学であれば、歓迎してもらえるはずです。

また、離職率の高い介護職。離職理由の1位は「人間関係」です。
見学の際は、職員間の様子や、職員の利用者に対する接し方、また、事務員の対応なども見て、その雰囲気を確認しておくことで、自身に合った職場を見つけるようにしましょう。





介護パート・派遣の転職支援に強い転職サービスを利用しよう

POINT3 介護パート・派遣の転職支援に強い転職サービスを活用しよう

介護の職場選びは、介護職に特化した転職サービスの利用がおすすめです。
ここでは特に利用者からの評判も良い、おすすめの転職サービスを3点紹介します。

  • かいご畑
  • ジョブメドレー
  • マイナビ介護士



かいご畑

介護の求人・転職・募集ならかいご畑
サービス名 かいご畑
特徴 介護向け転職支援と併せて、介護資格の無料取得サービスもあるかいご畑」!

介護未経験の方、無資格の方も、専任コーディネーターのOne To Oneのきめ細やかなサポートと、常時4万件を超える介護向け求人情報が、あなたの転職活動を力強く支援してくれます。
企業名 株式会社ニーソネット(1999年9月)



ジョブメドレー

ジョブメドレー。ぴったりの仕事、見つかる
サービス名 ジョブメドレー介護
特徴 介護向け求人情報の豊富さは、国内No1!

ジョブメドレー介護のサービスは、「未経験から介護職に転職したい」、「出産・育児後の復職をしたい」、「介護職としてのキャリアアップを目指したい」といった様々なニーズに応える、豊富でかつ高品質な求人情報と、キャリアサポートを提供しています。
企業名 株式会社メドレー(2009年6月)



マイナビ介護士

一人ひとりに寄り添える転職を。マイナビ介護職。
サービス名 マイナビ介護職
特徴 公開・非公開求人あわせて約80,000件(※推定値2020年10月現在)をかかえる、介護向け転職サービス。
業界専門のアドバイザーによるサポートと、「正社員」「派遣」「パート」など、ライフスタイルに合わせた求人の検索も可能。
介護業界未経験者や、将来的なキャリアアップをめざす方におすすめ。
企業名 株式会社 マイナビ(昭和48年(1973年)8月15日)




まとめ)介護パートは未経験からでも心配なし!資格取得を視野に!

介護パートについて、どんな仕事内容か、施設の種類はどのようなところがあるのか、資格取得について、おすすめの施設等についてご紹介してきました。

介護の仕事未経験の方は、不安を感じることもあるかもしれませんが、ポイントを抑えつつ転職サービスに複数登録し、それらを有効活用することで、職探しを成功させましょう



<>